職場の人間関係でよくある悩みと解決法についての写真

職場で一番の悩みどころはやはり人間関係ですよね。

人間関係に悩むと、それだけで仕事が嫌になってしまいます。

今回はそんな人間関係でよくある悩みと、悩む原因とそれに対する解決策をご紹介します。

原因と解決策が分かればもう嫌なことがあっても、すぐに対応することができますね。

それでは一つずつ見ていきましょう。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

職場の人間関係でよくある9個の悩み

職場の人間関係で悩まない人はいません。

今回はそんな人間関係の悩みの中でも「よくあるな!」と思われるものについてご紹介していきます。

あなたの悩みもあてはまるかもしれませんね。

先輩からいびられる

上下関係が激しい職場では出る杭は打たれることがあります。

先輩よりも成果を出してしまっている、先輩よりも上司に褒められている、本来であればいいことであるにも関わらずそれを不服に思った先輩からいじめられることもあります。

成果は出したい、仕事もしたい、上司には褒められる、だけど先輩にいびられ先輩たちから避難されると嫌になってしまいますよね。

できすぎるというのも反感を買ってしまいがちです。

実力主義が染み付いているところであれば先輩後輩関係ありませんが、年功序列なところではこの傾向が強いですよね。

同僚から仲間外れにされる

同僚から仲間外れにされる男性

学生のようで幼稚ですが、人間はいつまで経っても気に入らない人は仲間外れにするということが身についている人たちがいます。

特に女性社会はこの傾向が強いです。

男性はそこまで仲間意識を燃やしませんが、女性は自分たちと同じ人を求めます。

そのため少し考え方が違っていたり、少し男性に褒められる機会が多いだけで仲間外れにされてしまいます。

特に女性の場合は仕事は時間内でこなせばいい、と考えている人たちの集まりの中に「仕事がんばりたい」とやる気のある女性が来ると、自分たちがなまけているように思われるのが嫌で辞めさせようとします。

どうしても人が集まると同じ価値観で固まり、違う価値観の人を除外しようとする意思が働いてしまいます。

上司が話を聞いてくれない

嫌な職場というのはたいてい上司が話を聞いてくれないところです。

上司が悩みを聞いてくれれば、上司がもっと自分たちの意見に耳を傾けてくれればやる気も出るのになーという悩みは多いです。

それが原因で転職を考える人が多いくらいです。

その人の下について、その人の言う通りに仕事をしなければなりません。

それが話を聞いてくれない人だとこの人の下につきたくないと思いますよね。

上司とのコミュニケーションが取れないのは一番のストレスとなります。

自分の意見を押し付けてきて反論を許さないようなパワハラ上司もいれば、仕事を頼むだけ頼んでおいて後は勝手にやってくれと投げ出す上司と様々います。

気の合う人がいない

社会人になれば職場で過ごす時間が一番多くなります。

付き合う人も必然的に職場の人が多くなります。

そのような状態にも関わらず、職場で気の合う人がいなければ話をする人もいなくなります。

職場に行っても黙々と仕事をこなし、業務的なことだけを話し、休日は一人で過ごす日々が続いてしまうとしんどいですよね。

コミュニケーションを取ることが苦手な人や、考え方が合わない人たちの中でいるとしんどくなってしまいます。

ただ話していなくて気の合う人がいないと判断していることもあれば、話したけれど気が合わないということもあります。

一人でも話せる人がいればいいですが、話せる人が一人もいないとストレスになります。

仕事上で意見が合わない

仕事に関することで毎回自分だけ意見が合わない、プロジェクトの方針に対して自分だけ意見が違うこともあります。

意見が合わないと自分の意見を聞いてもらうことにも体力を使いますし、毎回違う意見を言っているとどんどん孤立していきます。

普通に話す分には意見が合うのに、仕事のことになると意見が合わないな、となると転職を考えますよね。

もしかしたら自分はこの会社の考え方にはそぐわないのかもしれません。

権力を持った人に逆らえない

職場の中に「この人に逆らったら終わりだ」と言われるドンのような存在の人がいます。

みんなその人の機嫌を損ねないように気を遣う日々になります。

気を遣うことが当たり前になってしまうと、言いたいことがあっても中々言えずストレスになりますよね。

誰かが声を上げれば、全員で声を上げればいい話ですが、こういう時は中々人は結束しないものです。

自分が声を上げればその人に狙われ、周りからも狙われて居心地が悪くなります。

そうなるくらいなら黙っておこうと黙っておきながらも、いつかどうにかできないかなとフラストレーションを貯めることになってしまいます。

殺伐としている

殺伐とした職場というのも悩みどころです。

自分は職場のみんなとはわいわいしていたいのに、周りのみんなが誰とも話そうとしない。

自分一人だけが声を上げても「こいつ何しているんだ?」「そんなことする暇あったら仕事しろ」と怒鳴られてしまうなど改善できない場合は辛いものです。

職場は仕事をする場所とはいえ、やはり仕事は楽しくできなければ続きません。

まして企業であればチームワークが大事になります。

言われたから仕方なくで集まる会議では良い意見はでません。

やはりどんな場所でも一緒にいる人たちが仲良い場所ほど成果は上がります。

理不尽なことを言われる

理不尽なことを言われる女性

一番辛いのが理不尽なことを上司や先輩から言われる会社です。

成果が出ないのはお前が悪い、成果が出ないのならこうしてこいと絶対にできないようなことを言ってこられてもしんどいだけですよね。

理不尽なことに意見をすれば「口答えするな。とりあえず行動しろ」と言われるだけで結果が出ない日々を過ごすことになります。

理不尽なことを言われるとモチベーションも下がり、いつまで経っても成果が出ない日常を送り続け悪循環になってしまいます。

相談できる人がいない

同じ職場で働いていても、相談できる人がいないことがよくあります。

こういった人がうつ病になったり、突然自殺を図ったりと精神がダメになってしまいます。

職場の人たちがみんな自分のことに必死になってしまっていたり、追われている状態だと相談も切り出しにくいですよね。

同僚同士が張り合っていたり、人に弱みを見せるのが苦手な人たちが集まると相談すること自体が負けのように感じてしまいます。

その結果職場の人たちは悩んでいることも知らない状態になります。

相談できるほどに心を許した人がいる状況が案外少ないのが現状です。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

職場別のよくある14個の悩み

仕事をする上でも職場によって発生する悩みは変わります。

職場環境が違えば生じる悩みも変わってくるものです。

女性が多い職場、男性が多い職場など環境別に生じる悩みについて見ていきましょう。

女性が多い職場によくある悩み

女性が多い職場は男性からも「女子同士の争いは怖そう」とイメージがあります。

女性が集まると突然凶暴化するほどに女性社会は怖いものです。

そんな場所で生じるよくある悩みはこちらです。

派閥がある

女性社会では必ず派閥が生じます。

美人イケイケ系の派閥、おとなしい系の派閥、というように様々なグループが出来上がります。

その中で派閥の中では勿論派閥同士でもヒエラルキーが生じます。

美人イケイケ系の派閥がたいていは上に上がり、他の派閥の女性陣を見下す立場になります。

派閥に入らなければ仲間外れにされてしまったり、一度入った派閥から外されないためにトップの人のご機嫌を取ったりするようになります。

孤立しないために調子を合わせたりと、自分がやりたくないことも頑張ってやっているうちに「何やっているんだろう?」と考えてしまいます。

それでも辞めてしまうと何をされるかわからないという恐怖から、派閥から外れないように身を守ることに徹底するようになります。

陰口に怯える

女性は悪口が大好きです。

同じ派閥の中でもこの子のああいうところが嫌だ、本当は一緒にいたくないのに調子に乗っているなど、その人がいないところで陰口を言い合います。

勿論陰口を言い合っているわけですから、自分のいない場所では自分の陰口も言われていることは容易に想像がつきますね。

自分はどんな悪口を言われているのか?

悪口に乗っからなかったら、一緒になって言わなければ自分はもっとひどく言われるという恐怖心から同じように陰口を言い合うことになります。

お局さんが怖い

女性社会には必ずお局さん、その人には逆らえない人物がいます。

どんな理不尽なことを言われても、みんなは自分がターゲットにされないように下手なことは言いません。

そうしている間に誰かがターゲットとなりいじめられています。

それがわかっていながらも止められない現実にも嫌気がさしますし、罪悪感を抱きながらも手を出せない自分の余計嫌気がさします。

会話が悪口中心

女性が集まると会話はなぜだか悪口中心になります。

人の悪口を話すことでストレス発散をしていると言っても過言ではありません。

悪口を聞きたくない、言いたくないのに会話が悪口中心だからこそ参加せざるをえなくなります。

「もう悪口話すの辞めよう」と言った途端に会話から外されてしまいます。

女性というのはちょっと自分たちと違うな、と感じただけですぐに仲間から外します。

会話が悪口中心だから、発散している方はいいかもしれませんが、聞いている側はストレスが溜まります。

次々と様々な人がターゲットになり、時には聞きたくない人の悪口を聞く羽目にもなります。

嫉妬の嵐が怖い

女性社会で一番の恐怖は嫉妬です。

派閥の中のトップの女性が気に入っている上司や、気に入っている男性に褒められる人がいると嫉妬の矢が向きます。

トップの人であるからこそ、その派閥に入っている人はその女性の機嫌を損ねないために嫉妬の対象になった人をいじめるようになります。

「あの人のお気に入りなんだから近づかないでよ。色目使ったんでしょう」とあらぬ誤解をかけられることになります。

仕事を頑張っただけなのに、仕事を頑張って褒めてもらいたいのに、褒められると嫉妬の嵐が更にひどくなる。

悪循環の中でどうにもできずに、転職を考えるほどに板挟みとなってしまいます。

陰湿ないじめがある

社会人になっても女性が集まるといじめが起こってしまいます。

気の弱い女の子が仕事を押し付けられたり、ミスをしたら全て責任をなすりつけられたりと言った内容です。

陰湿ないじめが起こる職場は一人権力の強い子がいて、その子を中心に他の女性もグルになって行われます。

遊びに行きたいからと残業になる仕事を全て押し付けられたり、責任のある仕事ばかりをさせられたりと言うようなことが起こります。

そして、仕事を押し付けていることが発覚した場合は「手伝ってくれるって言ったから」というような言い訳で逃れていきます。

気の弱い子ほど周りに相談できないので抱え込んでしまいます。

男性が多い職場によくある悩み

男性が多い職場では、実は女性とは反対のメラメラと火花が散るような悩みがあります。

どのような悩みがあるのか具体的に見ていきましょう。

上司と性格が合わない

男性同士の場合上司と性格が合わないと、仕事がうまくいきません。

特に同性同士だと上司は絶対に譲らず、また自分自身も譲りたくない気持ちがあればどちらも譲らずに言い合いになります。

言い合いになった場合は立場的に上司が絶対に勝ってしまいます。

同僚からライバル視される

男性の職場は戦場です。

男性には7人の敵がいると言われているように、同僚にはライバルがたくさんいます。

「一緒にがんばっていこうね」というよりかは、「俺の方ができるんだぞ」と張り合ってくることが多いです。

ライバル視されると自分も男性として勿論勝ちたいと思い挑戦します。

しかし仕事は戦いの場ではないため、悩んだ時に相談できる人がおらずにしんどい思いをしてしまいます。

威張られる

同時期に入り同じような経路を辿って仕事をする仲間だと、自分の方が成果を出していると威張られます。

「俺はここまでできるようになった、この前上司から褒められたぞ、お前は何もできていないだろう」と自分の勝利を確認するために威張る同僚がいます。

威張る同僚にはむかついて自分も勝とうとしますが、差が開いてしまっていたり戦うことに必死になって自分のやりたかったことができないとフラストレーションが溜まってしまいます。

蹴落とそうとされる

中には自分が出世したいがばかりに蹴落とそうと考える人もいます。

先輩なのに自分よりもできる後輩の企画を盗んで自分の手柄にしたり、わざと怒られるように図ったりと姑息な真似をする人もいます。

自分の頑張りを認められない、自分が頑張ったのに上司は先輩を評価してしまう現実は耐えられませんよね。

姑息な真似をする人ほど普段上司に気に入られるような行動を取っていたり、疑われないようにすることに長けているため自分の意見を聞いてもらえずに蹴落とされてしまいます。

そこで自分が意見をすれば、反対に横取りしようとしていると思われて自分の評価が下がるという悪循環に陥ってしまいます。

説教したがる人が多い

男性同士の場合、自分の権力を見せつけたいがばかりに説教をしてくる人が現れます。

仕事ができないベテランの先輩に多く、説教をすることで「俺はお前よりできるんだぞ、すごいだろう」ということを見せつけようとしています。

説教の内容もたいていはちんぷんかんぷんのものが多いです。

しかし先輩からの言葉だからこそ無下にすることはできず、無駄な時間を使い理不尽に怒られることにストレスが溜まる一方です。

女性関係の話題がめんどくさい

男性ばかりが集まると必ず話題に上るのが恋愛話です。

特に顔立ちの良い男性の場合は、モテない先輩からあれやこれやと詮索されます。

「お前モテるんだろう、一人くらい女紹介してくれよ」と会う度に言われてしまっては面倒ですよね。

しかもそういうことを頼む先輩に限って女子ウケせずに、知り合いの女性にも申し訳なく誘えずに板挟みになってしまいます。

誘えば誘ったで女子からブーイングが来てしまうからです。

また「お前彼女いるのか?」と聞いてくるのも面倒ですね。

正直なことは話さずに適当に受け流すのが正解です。

平均年齢が高めの職場でよくある悩み

平均年齢が高い職場では、その中に20代の社員が入ったら大変です。

体力あるだろう、元気だからなんでもできるだろうと無理を強いられることが多くなります。

年上の言うことは聞きなさいと立場関係なくこき使われることもあるため若い人が平均年齢高い職場に行くと体力が持たなくなります。

また話もついていけないことが多いので、職場では居場所がなくなってしまいます。

また、自分の方が仕事ができても年功序列が強いために、仕事ができない人から指図されるという状況になります。

ワンマン社長の会社でよくある悩み

ワンマン社長の会社ではとにかく社長の機嫌を損ねないようにすることが大変です。

気に入らない社員がいれば即刻クビにしたり、部署異動させたりと理不尽に切られてしまいます。

ワンマン社長は社員のことを会社の中で働く道具としか思っていません。

そのため社員の意見は全く聞き入れず、自分がしたいように、自分がなってほしい方向性に向かうように社員に洗脳を働きます。

社長に歯向かう人は容赦なく切り捨てられるため、会社の中で歯車として動くしかなくなります。

経費などもケチるため、社員が無理な予算の中で仕事を強いられたりと、社員一人ひとりへの負担が大きくなっていきます。

特に人件費を削減しようとするため、プロジェクトを行う際に通常必要な人数よりも少ない人数で行います。

そのため給料以上の働きを強いられることになります。

また社員に対して矢が向く時は自分がプライベートで嫌なことがあって機嫌が悪い時など、社員に全く非がなくても怒られてしまいます。

社長が全て正しいという気持ちから、社員にご機嫌を取らせようとします。

そのような会社では虐げられている社員同士の結束は強くなるかもしれませんが、トップが嫌な人だと仕事へのモチベーションはどんどん下がっていきます。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

職場の人間関係で悩む原因と改善方法とは?

職場の人間関係の悩みには必ず原因があります。

今回は原因別に悩みを改善する方法をお伝えしていきます。

原因別への改善方法がわかるので、あなたの悩みを解決する方法が見つかるかもしれませんね。

近づいていいかわからない

職場がよそよそしくなってしまうと感じているのは、お互いがお互いに近づいていいかわからずに気を遣ってしまっているからです。

職場でどれくらい話しかけていいのかわからない、むしろ話しかけない方がいいのではないかと考えています。

改善方法とは?

誰かが先人を切ることを待っています。

そのためよそよそしいのが嫌だな、もっと仲良くしたいなと考えているのであれば、自分から話しかけに行くことが大事です。

みんな誰か話してくれないかなとずっと待ってしまっています。

こちらから歩み寄って「話して良いんだよ」という空気を作ることによって話す人が増えていきます。

どう思われてるか気にしすぎる

人間関係が上手く行っていないと全体が感じる職場では、皆が一人一人「周りにどう思われているんだろう?」と心配しすぎて、自分の思っていることを言えていないのが原因です。

気にしているからこそなるべく人を避け、業務の内容など必要最低限のことしか話さないようになります。

改善方法とは?

人はどう思われているんだろう?と自分のことに目を向けているくらいに周りを見ていません。

つまり話していても相手は自分のことばかりに気を向けているのです。

職場の人数人と話していてあなたが変な一言を言ったとしても、周りのみんなはあなたが言った変な一言よりも「自分は変なことを言っていないかな?」ということに意識を向けています。

それくらい人は他人に興味がない、ということを意識してみましょう。

そうすれば相手を傷つける言葉を言わない限り、あなたは何を言っても問題ありません。

苦手な人への対応がわからない

職場は学生時代と違って苦手だから関わらないでおこう、というわけにはいきません。

直属の上司であったり、仕事上で絶対に関わらなければならない先輩など、苦手と感じていても関わることが必須になります。

そうなった場合に苦手な人と関わる時間を短くしようと考えたり、いかに関わらないようにするかを考えるようになります。

そして、そういった気持ちは態度に現れ自分が苦手としている相手からも、良い態度では接されずに関わる度に嫌いになっていきます。

関わらざるを得ない時間が長いほどに苦痛で仕方ないですよね。

それはお互い様になり、どんどん空気が悪くなっていきます。

改善方法とは?

苦手な人といると人は相手の嫌なところをコントロールしようとします。

例えば自分が上司で苦手な部下がいた場合は、「お前のこういうところを直せ」と一方的に言ってしまいます。

しかし、その人のためだからではなく「嫌だから直せ」という気持ちが強いため、相手にも嫌な形に伝わります。

また自分が部下の場合は上司と関わるのが面倒だからと、上司のいいなりになります。

歯向かうとめんどくさいから言われたことを大人しく聞いておけばいいと考えてしまうのです。

苦手な人との関係をよくするためには、まず自分が苦手意識を持たないことです。

人は鏡です。

相手の対応は自分がその人に対してしている対応になります。

つまりあなたが苦手と感じているからこそ、相手も苦手を感じるのです。

あなたが相手に好意を寄せれば相手のあなたへの態度が変わります。

他人を変えることはできません。

相手の態度を変えたいと思ったら、自分の対応を変えればいいのです。

意見が合わない人にわかってもらおうとしている

自分の発言や方針に対していつも反論してくる人、そんなものが通るわけがないと真っ向から否定してくる人もいますね。

意見が合わない人がいると理解してほしいと考えます。

しかし、理解してほしいと思い自分の意見を話せば話すほど相手との距離は離れていきます。

やがて言い合いになり、その人には話せなくなってしまいます。

そういった経験があると、自分の意見を他人に言うことすら億劫になってしまったり、自分の意見をすぐに妥協してしまうことに繋がります。

改善方法とは?

世の中にはあなたの意見をわかってくれる人もいれば、意見が合わない人もいます。

これはどれだけ頑張っても必ず合わない人というのは出てくるものです。

芸能人でもファンがいればアンチがいるのと同じです。

これは自然の摂理です。

これを理解してこの人は自分とは違う考えを持っている人なんだな、と理解することによって改善されます。

意見が合わない人には無理にわかってもらおうとする必要はありません。

違う意見を持っている人は自分が考えないような考え方をしています。

違う意見の人からは違った角度からの意見をもらおうと言うふうに、違うことを認めることで関わりやすくなります。

自分が正しいと考えている

人間関係が上手くいかない一番の原因は、自分が正しいと考えてしまっていることです。

自分が正しいと思っているからこそ違う意見を言われたり、間違っていたり、改善方法を提示されると全て自分が否定されたと捉えてしまいます。

そのため他人と合わせることが難しく、自分の意見を強く押し通そうとしてしまいます。

改善方法とは?

人それぞれ考え方が違うのは当たり前です。

それぞれ自分の価値観を持っています。

違う意見を言い合うことや、改善方法を言われることは否定をしているわけではありません。

特に改善方法を言うのはあなたがそのままでより良くなる点を見てもらえているのです。

自分が今よりもより良くなるための意見と考えるようにしましょう。

そして人の意見や考え方には正しい、間違っているという判断はできません。

なぜなら人それぞれ違うからです。

勿論状況に応じて一番適した意見というのは存在します。

しかしそれは状況によって変わるために、今回はこの意見が一番いい、だけど次は違う意見の方がいいということはいくらでもあります。

自分も正しいけれど、みんなも正しいと考えることでそれぞれの人を尊重することができます。

嫌われているような気がする

職場の人たちに嫌われているような気がしてよそよそしくなってしまうのが原因です。

自分はこの人に嫌われていると思ってしまうと、自分の態度が悪くなってしまいます。

その結果相手が「今関わってほしくなさそうだから、話さないでおこう」となってしまうのです。

改善方法とは?

本当に嫌われているかどうかは本人に聞かなければわかりませんが、勘違いの可能性が高いです。

なぜなら人というのは「自分は嫌われている、みんなから必要とされていないんだ」と考えている時はどんな言動も全てネガティブに捉えてしまうからです。

その反対に自分がポジティブな時は全てがポジティブに捉えられて、どんどん人と話したくなります。

つまり嫌われているような気がするときは、嫌われているのが原因ではなく自分の心の中で思い込んでいることが原因です。

嫌われていると感じるのであれば、その人を食事に誘ってみることや休憩中に話しかけてみるなど行動を起こしましょう。

相手が気さくに話してくれる場合は嫌われていません。

自分の頭の中で想像する前に行動してみましょう。

人間関係が職場の要です

仕事を決める時はどんな仕事内容で働くか、勤務形態は何がいいかと仕事内容や待遇に目を向けます。

しかし実際働き始めてから一番気になるのは人間関係です。

人の悩みの9割は人間関係です。

そして、職場を辞める時の多くの理由も人間関係によるものです。

仕事内容が自分が思っていたことと違っていても、職場の人間関係がよければ気になりません。

その反対に自分の好きな仕事をしていても、人間関係が悪いと働きたくなくなります。

それくらい人間関係で大きく変わります。

例えば仕事が大変で残業をし続けないと仕事が終わらない時も、人間関係が良ければ人に手伝ってもらうという選択肢も出てきます。

何か悩み事や問題事が起きても人間関係が良ければすぐに相談することができます。

多くの職場は人間関係が悪かったり、上司との距離が遠いためにうつ病になったり自殺を図ることもありうるのです。

まとめ

職場の人間関係には様々な悩みがありましたね。

あなたも日々人間関係の悩みに疲れてしまっていませんか?

人間関係が良好になるだけで同じ職場でも今までと違う居心地の良さを感じるようになります。

仲の良い職場の方が仕事の効率が良かったり、売上にも直結します。

今あなたが悩んでいる悩みの中で改善方法が見えたなら、今すぐに試してみるのがおすすめです。

人間関係を良くするのはまずは一人が意識して変えていくことです。

周りと嫌な空気に流されずに、自分が理想とする職場の雰囲気にあなたが導いてあげましょう。

あなたが変われば周りも変わっていきます。