職場の人間関係でよくある悩みと解決法についての写真

職場で一番の悩みどころはやはり人間関係ですよね。

人間関係に悩むと、それだけで仕事が嫌になってしまいます。

今回はそんな人間関係でよくある悩みと、悩む原因とそれに対する解決策をご紹介します。

原因と解決策が分かればもう嫌なことがあっても、すぐに対応することができますね。

それでは一つずつ見ていきましょう。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まずは「職場」の仕事例をチェック

職場の人間関係でよくある9個の悩み

職場の人間関係で悩まない人はいません。

今回はそんな人間関係の悩みの中でも「よくあるな!」と思われるものについてご紹介していきます。

あなたの悩みもあてはまるかもしれませんね。

先輩からいびられる

上下関係が激しい職場では出る杭は打たれることがあります。

先輩よりも成果を出してしまっている、先輩よりも上司に褒められている、本来であればいいことであるにも関わらずそれを不服に思った先輩からいじめられることもあります。

成果は出したい、仕事もしたい、上司には褒められる、だけど先輩にいびられ先輩たちから避難されると嫌になってしまいますよね。

できすぎるというのも反感を買ってしまいがちです。

実力主義が染み付いているところであれば先輩後輩関係ありませんが、年功序列なところではこの傾向が強いですよね。

同僚から仲間外れにされる

同僚から仲間外れにされる男性

学生のようで幼稚ですが、人間はいつまで経っても気に入らない人は仲間外れにするということが身についている人たちがいます。

特に女性社会はこの傾向が強いです。

男性はそこまで仲間意識を燃やしませんが、女性は自分たちと同じ人を求めます。

そのため少し考え方が違っていたり、少し男性に褒められる機会が多いだけで仲間外れにされてしまいます。

特に女性の場合は仕事は時間内でこなせばいい、と考えている人たちの集まりの中に「仕事がんばりたい」とやる気のある女性が来ると、自分たちがなまけているように思われるのが嫌で辞めさせようとします。

どうしても人が集まると同じ価値観で固まり、違う価値観の人を除外しようとする意思が働いてしまいます。

上司が話を聞いてくれない

嫌な職場というのはたいてい上司が話を聞いてくれないところです。

上司が悩みを聞いてくれれば、上司がもっと自分たちの意見に耳を傾けてくれればやる気も出るのになーという悩みは多いです。

それが原因で転職を考える人が多いくらいです。

その人の下について、その人の言う通りに仕事をしなければなりません。

それが話を聞いてくれない人だとこの人の下につきたくないと思いますよね。

上司とのコミュニケーションが取れないのは一番のストレスとなります。

自分の意見を押し付けてきて反論を許さないようなパワハラ上司もいれば、仕事を頼むだけ頼んでおいて後は勝手にやってくれと投げ出す上司と様々います。

気の合う人がいない

社会人になれば職場で過ごす時間が一番多くなります。

付き合う人も必然的に職場の人が多くなります。

そのような状態にも関わらず、職場で気の合う人がいなければ話をする人もいなくなります。

職場に行っても黙々と仕事をこなし、業務的なことだけを話し、休日は一人で過ごす日々が続いてしまうとしんどいですよね。

コミュニケーションを取ることが苦手な人や、考え方が合わない人たちの中でいるとしんどくなってしまいます。

ただ話していなくて気の合う人がいないと判断していることもあれば、話したけれど気が合わないということもあります。

一人でも話せる人がいればいいですが、話せる人が一人もいないとストレスになります。

仕事上で意見が合わない

仕事に関することで毎回自分だけ意見が合わない、プロジェクトの方針に対して自分だけ意見が違うこともあります。

意見が合わないと自分の意見を聞いてもらうことにも体力を使いますし、毎回違う意見を言っているとどんどん孤立していきます。

普通に話す分には意見が合うのに、仕事のことになると意見が合わないな、となると転職を考えますよね。

もしかしたら自分はこの会社の考え方にはそぐわないのかもしれません。

権力を持った人に逆らえない

職場の中に「この人に逆らったら終わりだ」と言われるドンのような存在の人がいます。

みんなその人の機嫌を損ねないように気を遣う日々になります。

気を遣うことが当たり前になってしまうと、言いたいことがあっても中々言えずストレスになりますよね。

誰かが声を上げれば、全員で声を上げればいい話ですが、こういう時は中々人は結束しないものです。

自分が声を上げればその人に狙われ、周りからも狙われて居心地が悪くなります。

そうなるくらいなら黙っておこうと黙っておきながらも、いつかどうにかできないかなとフラストレーションを貯めることになってしまいます。

殺伐としている

殺伐とした職場というのも悩みどころです。

自分は職場のみんなとはわいわいしていたいのに、周りのみんなが誰とも話そうとしない。

自分一人だけが声を上げても「こいつ何しているんだ?」「そんなことする暇あったら仕事しろ」と怒鳴られてしまうなど改善できない場合は辛いものです。

職場は仕事をする場所とはいえ、やはり仕事は楽しくできなければ続きません。

まして企業であればチームワークが大事になります。

言われたから仕方なくで集まる会議では良い意見はでません。

やはりどんな場所でも一緒にいる人たちが仲良い場所ほど成果は上がります。

理不尽なことを言われる

理不尽なことを言われる女性

一番辛いのが理不尽なことを上司や先輩から言われる会社です。

成果が出ないのはお前が悪い、成果が出ないのならこうしてこいと絶対にできないようなことを言ってこられてもしんどいだけですよね。

理不尽なことに意見をすれば「口答えするな。とりあえず行動しろ」と言われるだけで結果が出ない日々を過ごすことになります。

理不尽なことを言われるとモチベーションも下がり、いつまで経っても成果が出ない日常を送り続け悪循環になってしまいます。

相談できる人がいない

同じ職場で働いていても、相談できる人がいないことがよくあります。

こういった人がうつ病になったり、突然自殺を図ったりと精神がダメになってしまいます。

職場の人たちがみんな自分のことに必死になってしまっていたり、追われている状態だと相談も切り出しにくいですよね。

同僚同士が張り合っていたり、人に弱みを見せるのが苦手な人たちが集まると相談すること自体が負けのように感じてしまいます。

その結果職場の人たちは悩んでいることも知らない状態になります。

相談できるほどに心を許した人がいる状況が案外少ないのが現状です。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

職場別のよくある14個の悩み

仕事をする上でも職場によって発生する悩みは変わります。

職場環境が違えば生じる悩みも変わってくるものです。

女性が多い職場、男性が多い職場など環境別に生じる悩みについて見ていきましょう。

女性が多い職場によくある悩み

女性が多い職場は男性からも「女子同士の争いは怖そう」とイメージがあります。

女性が集まると突然凶暴化するほどに女性社会は怖いものです。

そんな場所で生じるよくある悩みはこちらです。

派閥がある

女性社会では必ず派閥が生じます。

美人イケイケ系の派閥、おとなしい系の派閥、というように様々なグループが出来上がります。

その中で派閥の中では勿論派閥同士でもヒエラルキーが生じます。

美人イケイケ系の派閥がたいていは上に上がり、他の派閥の女性陣を見下す立場になります。

派閥に入らなければ仲間外れにされてしまったり、一度入った派閥から外されないためにトップの人のご機嫌を取ったりするようになります。

孤立しないために調子を合わせたりと、自分がやりたくないことも頑張ってやっているうちに「何やっているんだろう?」と考えてしまいます。

それでも辞めてしまうと何をされるかわからないという恐怖から、派閥から外れないように身を守ることに徹底するようになります。

陰口に怯える

女性は悪口が大好きです。

同じ派閥の中でもこの子のああいうところが嫌だ、本当は一緒にいたくないのに調子に乗っているなど、その人がいないところで陰口を言い合います。

勿論陰口を言い合っているわけですから、自分のいない場所では自分の陰口も言われていることは容易に想像がつきますね。

自分はどんな悪口を言われているのか?

悪口に乗っからなかったら、一緒になって言わなければ自分はもっとひどく言われるという恐怖心から同じように陰口を言い合うことになります。

お局さんが怖い

女性社会には必ずお局さん、その人には逆らえない人物がいます。

どんな理不尽なことを言われても、みんなは自分がターゲットにされないように下手なことは言いません。

そうしている間に誰かがターゲットとなりいじめられています。

それがわかっていながらも止められない現実にも嫌気がさしますし、罪悪感を抱きながらも手を出せない自分の余計嫌気がさします。

会話が悪口中心

女性が集まると会話はなぜだか悪口中心になります。

人の悪口を話すことでストレス発散をしていると言っても過言ではありません。

悪口を聞きたくない、言いたくないのに会話が悪口中心だからこそ参加せざるをえなくなります。

「もう悪口話すの辞めよう」と言った途端に会話から外されてしまいます。

女性というのはちょっと自分たちと違うな、と感じただけですぐに仲間から外します。

会話が悪口中心だから、発散している方はいいかもしれませんが、聞いている側はストレスが溜まります。

次々と様々な人がターゲットになり、時には聞きたくない人の悪口を聞く羽目にもなります。

嫉妬の嵐が怖い

女性社会で一番の恐怖は嫉妬です。

派閥の中のトップの女性が気に入っている上司や、気に入っている男性に褒められる人がいると嫉妬の矢が向きます。

トップの人であるからこそ、その派閥に入っている人はその女性の機嫌を損ねないために嫉妬の対象になった人をいじめるようになります。

「あの人のお気に入りなんだから近づかないでよ。色目使ったんでしょう」とあらぬ誤解をかけられることになります。

仕事を頑張っただけなのに、仕事を頑張って褒めてもらいたいのに、褒められると嫉妬の嵐が更にひどくなる。

悪循環の中でどうにもできずに、転職を考えるほどに板挟みとなってしまいます。

陰湿ないじめがある

社会人になっても女性が集まるといじめが起こってしまいます。

気の弱い女の子が仕事を押し付けられたり、ミスをしたら全て責任をなすりつけられたりと言った内容です。

陰湿ないじめが起こる職場は一人権力の強い子がいて、その子を中心に他の女性もグルになって行われます。

遊びに行きたいからと残業になる仕事を全て押し付けられたり、責任のある仕事ばかりをさせられたりと言うようなことが起こります。

そして、仕事を押し付けていることが発覚した場合は「手伝ってくれるって言ったから」というような言い訳で逃れていきます。

気の弱い子ほど周りに相談できないので抱え込んでしまいます。

男性が多い職場によくある悩み

男性が多い職場では、実は女性とは反対のメラメラと火花が散るような悩みがあります。

どのような悩みがあるのか具体的に見ていきましょう。

上司と性格が合わない

男性同士の場合上司と性格が合わないと、仕事がうまくいきません。

特に同性同士だと上司は絶対に譲らず、また自分自身も譲りたくない気持ちがあればどちらも譲らずに言い合いになります。

言い合いになった場合は立場的に上司が絶対に勝ってしまいます。

同僚からライバル視される

男性の職場は戦場です。

男性には7人の敵がいると言われているように、同僚にはライバルがたくさんいます。

「一緒にがんばっていこうね」というよりかは、「俺の方ができるんだぞ」と張り合ってくることが多いです。

ライバル視されると自分も男性として勿論勝ちたいと思い挑戦します。

しかし仕事は戦いの場ではないため、悩んだ時に相談できる人がおらずにしんどい思いをしてしまいます。

威張られる

同時期に入り同じような経路を辿って仕事をする仲間だと、自分の方が成果を出していると威張られます。

「俺はここまでできるようになった、この前上司から褒められたぞ、お前は何もできていないだろう」と自分の勝利を確認するために威張る同僚がいます。

威張る同僚にはむかついて自分も勝とうとしますが、差が開いてしまっていたり戦うことに必死になって自分のやりたかったことができないとフラストレーションが溜まってしまいます。

蹴落とそうとされる

中には自分が出世したいがばかりに蹴落とそうと考える人もいます。

先輩なのに自分よりもできる後輩の企画を盗んで自分の手柄にしたり、わざと怒られるように図ったりと姑息な真似をする人もいます。

自分の頑張りを認められない、自分が頑張ったのに上司は先輩を評価してしまう現実は耐えられませんよね。

姑息な真似をする人ほど普段上司に気に入られるような行動を取っていたり、疑われないようにすることに長けているため自分の意見を聞いてもらえずに蹴落とされてしまいます。

そこで自分が意見をすれば、反対に横取りしようとしていると思われて自分の評価が下がるという悪循環に陥ってしまいます。

説教したがる人が多い

男性同士の場合、自分の権力を見せつけたいがばかりに説教をしてくる人が現れます。

仕事ができないベテランの先輩に多く、説教をすることで「俺はお前よりできるんだぞ、すごいだろう」ということを見せつけようとしています。

説教の内容もたいていはちんぷんかんぷんのものが多いです。

しかし先輩からの言葉だからこそ無下にすることはできず、無駄な時間を使い理不尽に怒られることにストレスが溜まる一方です。

女性関係の話題がめんどくさい

男性ばかりが集まると必ず話題に上るのが恋愛話です。

特に顔立ちの良い男性の場合は、モテない先輩からあれやこれやと詮索されます。

「お前モテるんだろう、一人くらい女紹介してくれよ」と会う度に言われてしまっては面倒ですよね。

しかもそういうことを頼む先輩に限って女子ウケせずに、知り合いの女性にも申し訳なく誘えずに板挟みになってしまいます。

誘えば誘ったで女子からブーイングが来てしまうからです。

また「お前彼女いるのか?」と聞いてくるのも面倒ですね。

正直なことは話さずに適当に受け流すのが正解です。

平均年齢が高めの職場でよくある悩み

平均年齢が高い職場では、その中に20代の社員が入ったら大変です。

体力あるだろう、元気だからなんでもできるだろうと無理を強いられることが多くなります。

年上の言うことは聞きなさいと立場関係なくこき使われることもあるため若い人が平均年齢高い職場に行くと体力が持たなくなります。

また話もついていけないことが多いので、職場では居場所がなくなってしまいます。

また、自分の方が仕事ができても年功序列が強いために、仕事ができない人から指図されるという状況になります。

ワンマン社長の会社でよくある悩み

ワンマン社長の会社ではとにかく社長の機嫌を損ねないようにすることが大変です。

気に入らない社員がいれば即刻クビにしたり、部署異動させたりと理不尽に切られてしまいます。

ワンマン社長は社員のことを会社の中で働く道具としか思っていません。

そのため社員の意見は全く聞き入れず、自分がしたいように、自分がなってほしい方向性に向かうように社員に洗脳を働きます。

社長に歯向かう人は容赦なく切り捨てられるため、会社の中で歯車として動くしかなくなります。

経費などもケチるため、社員が無理な予算の中で仕事を強いられたりと、社員一人ひとりへの負担が大きくなっていきます。

特に人件費を削減しようとするため、プロジェクトを行う際に通常必要な人数よりも少ない人数で行います。

そのため給料以上の働きを強いられることになります。

また社員に対して矢が向く時は自分がプライベートで嫌なことがあって機嫌が悪い時など、社員に全く非がなくても怒られてしまいます。

社長が全て正しいという気持ちから、社員にご機嫌を取らせようとします。

そのような会社では虐げられている社員同士の結束は強くなるかもしれませんが、トップが嫌な人だと仕事へのモチベーションはどんどん下がっていきます。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

職場の人間関係で悩む原因と改善方法とは?

職場の人間関係の悩みには必ず原因があります。

今回は原因別に悩みを改善する方法をお伝えしていきます。

原因別への改善方法がわかるので、あなたの悩みを解決する方法が見つかるかもしれませんね。

近づいていいかわからない

職場がよそよそしくなってしまうと感じているのは、お互いがお互いに近づいていいかわからずに気を遣ってしまっているからです。

職場でどれくらい話しかけていいのかわからない、むしろ話しかけない方がいいのではないかと考えています。

改善方法とは?

誰かが先人を切ることを待っています。

そのためよそよそしいのが嫌だな、もっと仲良くしたいなと考えているのであれば、自分から話しかけに行くことが大事です。

みんな誰か話してくれないかなとずっと待ってしまっています。

こちらから歩み寄って「話して良いんだよ」という空気を作ることによって話す人が増えていきます。

どう思われてるか気にしすぎる

人間関係が上手く行っていないと全体が感じる職場では、皆が一人一人「周りにどう思われているんだろう?」と心配しすぎて、自分の思っていることを言えていないのが原因です。

気にしているからこそなるべく人を避け、業務の内容など必要最低限のことしか話さないようになります。

改善方法とは?

人はどう思われているんだろう?と自分のことに目を向けているくらいに周りを見ていません。

つまり話していても相手は自分のことばかりに気を向けているのです。

職場の人数人と話していてあなたが変な一言を言ったとしても、周りのみんなはあなたが言った変な一言よりも「自分は変なことを言っていないかな?」ということに意識を向けています。

それくらい人は他人に興味がない、ということを意識してみましょう。

そうすれば相手を傷つける言葉を言わない限り、あなたは何を言っても問題ありません。

苦手な人への対応がわからない

職場は学生時代と違って苦手だから関わらないでおこう、というわけにはいきません。

直属の上司であったり、仕事上で絶対に関わらなければならない先輩など、苦手と感じていても関わることが必須になります。

そうなった場合に苦手な人と関わる時間を短くしようと考えたり、いかに関わらないようにするかを考えるようになります。

そして、そういった気持ちは態度に現れ自分が苦手としている相手からも、良い態度では接されずに関わる度に嫌いになっていきます。

関わらざるを得ない時間が長いほどに苦痛で仕方ないですよね。

それはお互い様になり、どんどん空気が悪くなっていきます。

改善方法とは?

苦手な人といると人は相手の嫌なところをコントロールしようとします。

例えば自分が上司で苦手な部下がいた場合は、「お前のこういうところを直せ」と一方的に言ってしまいます。

しかし、その人のためだからではなく「嫌だから直せ」という気持ちが強いため、相手にも嫌な形に伝わります。

また自分が部下の場合は上司と関わるのが面倒だからと、上司のいいなりになります。

歯向かうとめんどくさいから言われたことを大人しく聞いておけばいいと考えてしまうのです。

苦手な人との関係をよくするためには、まず自分が苦手意識を持たないことです。

人は鏡です。

相手の対応は自分がその人に対してしている対応になります。

つまりあなたが苦手と感じているからこそ、相手も苦手を感じるのです。

あなたが相手に好意を寄せれば相手のあなたへの態度が変わります。

他人を変えることはできません。

相手の態度を変えたいと思ったら、自分の対応を変えればいいのです。

意見が合わない人にわかってもらおうとしている

自分の発言や方針に対していつも反論してくる人、そんなものが通るわけがないと真っ向から否定してくる人もいますね。

意見が合わない人がいると理解してほしいと考えます。

しかし、理解してほしいと思い自分の意見を話せば話すほど相手との距離は離れていきます。

やがて言い合いになり、その人には話せなくなってしまいます。

そういった経験があると、自分の意見を他人に言うことすら億劫になってしまったり、自分の意見をすぐに妥協してしまうことに繋がります。

改善方法とは?

世の中にはあなたの意見をわかってくれる人もいれば、意見が合わない人もいます。

これはどれだけ頑張っても必ず合わない人というのは出てくるものです。

芸能人でもファンがいればアンチがいるのと同じです。

これは自然の摂理です。

これを理解してこの人は自分とは違う考えを持っている人なんだな、と理解することによって改善されます。

意見が合わない人には無理にわかってもらおうとする必要はありません。

違う意見を持っている人は自分が考えないような考え方をしています。

違う意見の人からは違った角度からの意見をもらおうと言うふうに、違うことを認めることで関わりやすくなります。

自分が正しいと考えている

人間関係が上手くいかない一番の原因は、自分が正しいと考えてしまっていることです。

自分が正しいと思っているからこそ違う意見を言われたり、間違っていたり、改善方法を提示されると全て自分が否定されたと捉えてしまいます。

そのため他人と合わせることが難しく、自分の意見を強く押し通そうとしてしまいます。

改善方法とは?

人それぞれ考え方が違うのは当たり前です。

それぞれ自分の価値観を持っています。

違う意見を言い合うことや、改善方法を言われることは否定をしているわけではありません。

特に改善方法を言うのはあなたがそのままでより良くなる点を見てもらえているのです。

自分が今よりもより良くなるための意見と考えるようにしましょう。

そして人の意見や考え方には正しい、間違っているという判断はできません。

なぜなら人それぞれ違うからです。

勿論状況に応じて一番適した意見というのは存在します。

しかしそれは状況によって変わるために、今回はこの意見が一番いい、だけど次は違う意見の方がいいということはいくらでもあります。

自分も正しいけれど、みんなも正しいと考えることでそれぞれの人を尊重することができます。

嫌われているような気がする

職場の人たちに嫌われているような気がしてよそよそしくなってしまうのが原因です。

自分はこの人に嫌われていると思ってしまうと、自分の態度が悪くなってしまいます。

その結果相手が「今関わってほしくなさそうだから、話さないでおこう」となってしまうのです。

改善方法とは?

本当に嫌われているかどうかは本人に聞かなければわかりませんが、勘違いの可能性が高いです。

なぜなら人というのは「自分は嫌われている、みんなから必要とされていないんだ」と考えている時はどんな言動も全てネガティブに捉えてしまうからです。

その反対に自分がポジティブな時は全てがポジティブに捉えられて、どんどん人と話したくなります。

つまり嫌われているような気がするときは、嫌われているのが原因ではなく自分の心の中で思い込んでいることが原因です。

嫌われていると感じるのであれば、その人を食事に誘ってみることや休憩中に話しかけてみるなど行動を起こしましょう。

相手が気さくに話してくれる場合は嫌われていません。

自分の頭の中で想像する前に行動してみましょう。

人間関係が職場の要です

仕事を決める時はどんな仕事内容で働くか、勤務形態は何がいいかと仕事内容や待遇に目を向けます。

しかし実際働き始めてから一番気になるのは人間関係です。

人の悩みの9割は人間関係です。

そして、職場を辞める時の多くの理由も人間関係によるものです。

仕事内容が自分が思っていたことと違っていても、職場の人間関係がよければ気になりません。

その反対に自分の好きな仕事をしていても、人間関係が悪いと働きたくなくなります。

それくらい人間関係で大きく変わります。

例えば仕事が大変で残業をし続けないと仕事が終わらない時も、人間関係が良ければ人に手伝ってもらうという選択肢も出てきます。

何か悩み事や問題事が起きても人間関係が良ければすぐに相談することができます。

多くの職場は人間関係が悪かったり、上司との距離が遠いためにうつ病になったり自殺を図ることもありうるのです。

まとめ

職場の人間関係には様々な悩みがありましたね。

あなたも日々人間関係の悩みに疲れてしまっていませんか?

人間関係が良好になるだけで同じ職場でも今までと違う居心地の良さを感じるようになります。

仲の良い職場の方が仕事の効率が良かったり、売上にも直結します。

今あなたが悩んでいる悩みの中で改善方法が見えたなら、今すぐに試してみるのがおすすめです。

人間関係を良くするのはまずは一人が意識して変えていくことです。

周りと嫌な空気に流されずに、自分が理想とする職場の雰囲気にあなたが導いてあげましょう。

あなたが変われば周りも変わっていきます。



関連キーワード

仕事の悩み

仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務を辞めたいという方はぜひこの記事をご一読ください。調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業ですよね?しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあるそうです。この記事では、そんな調剤薬局事務員が辞めたい理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務は忙しいながらも、そのやりがいを知っていただけたらと思います。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見する

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じる一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いんです!今回はそんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話しします。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したも

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職