「仕事でストレスが溜まっている」「仕事のストレスを解消したい」と言う言葉を良く耳にしますよね。

私たちは日々様々なストレスに晒されながら生活をしています。

「ストレスなんてまったくない!」と自分で感じている人でも、知らず知らずのうちにストレスは溜まっているものです。

普段どんなに楽しく仕事をしていても、やりたい仕事ができていてもストレスを完全になくすのは不可能と考えられています。

どうしても感じてしまうストレスとは、適度に発散するなどして上手く付き合って行くしかありません。

ストレス発散を考えず、我慢して過ごしてしまうと体に異変が出たり何もかもにやる気が出なくなったりとやがて大きな問題になってしまうことも少なくありません。

今回は仕事でストレスが溜まると感じる時やストレスの発散方法などをご紹介して行きましょう。

仕事でストレスが溜まるときってどんな時?

人は誰でもストレスとバランスを取りながら生きています。

あなたがストレスを感じる瞬間は、きっと他の誰かも同じようにストレスを感じているはずです。

そう思うと、自分ひとりじゃないんだなと少し気が楽になりませんか。

ストレスが溜まる!と感じる出来事を共有しましょう。

仕事量が多い時

会社員、サービス業、製造業など職種に関わらず「忙しすぎる時」はストレスを感じる瞬間です。

どれだけ好きな仕事でも、その量が許容量を超えてしまい気を抜く暇もなく仕事に追われてしまうと誰でもストレスを感じるものです。

仕事の量が多すぎてストレスがすごい、そんな時は必ず周りに助けを求めるようにしましょう。

ストレスを感じやすい人は責任感が強く、真面目な性格の人であると言われています。

真面目な性格ですから「自分の仕事は自分がなんとかしなければ!」と思ってしまいがちなのでしょう。

しかし真面目で責任感が強い性格が災いして、ストレスに潰されてしまっては元も子もありません。

周囲の人に適度に仕事を任せ、助けてもらえるようになればストレスは軽減して行きます。

残業が続く時

残業をしなければいけないことが大きなストレスになっている、と言う方もいるでしょう。

私も実はその一人でした。

自分の仕事が終わっていても職場の空気を読んでなかなか帰れない、上司や先輩が残っているから先には帰れないなどに加えて先述したように仕事が終わらず帰れないと言う方もいるでしょう。

どちらにしても、自分の時間が不必要に削られていくと言うのはストレスの原因になりますよね。

仕事が終わらず帰れない、そんな時は仕事の仕方を見直してみましょう。

効率を良くすること、周囲に頼ることで時間内に仕事を終えることができるようになるかもしれません。

職場の空気を読んでしまう、そんな方にぜひ覚えていてほしいのが「外国人の考え方」です。

職場の空気を読んで、自分の時間を犠牲にするのは欧米ではありえません!

自分の仕事をしっかりとしているなら、残業している人のことは気にしないと言う考え方です。

日本で常に外国人のように振る舞うわけにはいきませんが、我慢をし続ける必要はないと言うことを心に置いておきましょう。

仕事内容がつまらないと感じる

仕事内容が自分の希望しているものと違ったり、つまらないと感じてしまうとストレスを大きく感じてしまいます。

好きなことを仕事にしている人を羨ましく思ってしまうこともありますが、実は好きなことを仕事にしている人でももちろんストレスを感じています。

つまらない、と感じるか面白いと感じるかは受け取り方に大きく左右されますので、面白い部分を探してそこに注目しながら働くほうがストレスを少なくすることができるでしょう。

上司との人間関係

仕事のストレスの原因に人間関係を上げる方が一番多いと言うアンケート結果が出ています。

中でも多くの人が頭を悩ませるのが上司との関係でしょう。

上司とウマが合い楽しく仕事をしている人ももちろん存在しますが、なかなか上手くは行かず悩んでしまっている人も多いでしょう。

気を使ってしまう性格の方は特に職場の人間関係が最大のストレスになってしまっている方も多いと思います。

今現在よく問題になっている職場でのパワハラやセクハラなどは論外ですが、上司が人として問題のない方ならそれほど気を使わなくても良いのではないでしょうか。

後述しますが、きっと上司も部下との関係に同じように悩んでいるに違いありません。

必要以上に気を使ってしまって距離を取ってしまうより、程よい距離感で一緒に仕事を楽しめる関係が理想ですね。

部下との人間関係

実は会社の上司の中には部下との関係に悩んでいる、部下との関係がストレスに感じてしまうと言う方も多いのです。

人を指導する、人を育てる立場というのは実際になってみないと分からない、とても大きな重圧がのしかかって来るものです。

部下が仕事上で何か失敗をすれば上司の責任になることは良くありますし、部下が思うように成長をしてくれないと自分の指導の至らなさだと感じてしまうこともあります。

若い新入社員とのコミュニケーションの取り方に悩んでいる方もとても多いです。

上司にとっても人間関係はストレスのタネになり得るものです。

取引先との人間関係

営業などの職種の方は、社内の人間関係に加えて取引先との関係にも気を使ってしまいますよね。

会社の中でも気を使い、外でも気を使って一日が終わる頃にはヘトヘトになってしまっていませんか。

社外の取引先ですから、自分の評価は会社の評価にもなってしまうと思うと余計に肩に力が入ってしまう方も多いでしょう。

仕事は仕事と割り切って乗り切るメンタルの強さを身に着けましょう。

給与への不満がある時

働いても働いても昇給に繋がらない・・・そんな期間が続くと仕事へのモチベーションも下がってしまいますしストレスも溜まってしまいますよね。

日本の企業は未だに社員に「やりがい」や「責任」を求めるところがあり、社員の不満解消には気を使っていないところも多いです。

海外はもっと分かりやすく「お金のために働く」と言う考え方を持っている人が多く、与えられる給与にもとてもシビアです。

自分で納得のいくように給与の交渉なども行い、場合によっては転職も怖がりません。

私達も見習いたい考え方ですね。

労働条件・福利厚生への不満がある時

労働時間が長すぎたり、福利厚生をきちんと整えてくれない会社があるのも事実です。

特に初めての職場ではその状態が普通になってしまい「みんなこんな大変な苦労をしながら働いているんだな」と思ってしまいます。

しかし労働条件に不満や疑問があるならきちんと調べてみることをおすすめします。

労働条件の良い、福利厚生の整った職場で働くとやはりストレスも減って行きますしやる気も生まれます。

納得の行く労働条件・福利厚生の守られた職場を探すことをおすすめします。

仕事が暇すぎる時

仕事量が多すぎるのも大変ですが、反対に暇すぎるのもストレスになってしまいます。

私も経験があるのですが派遣社員として働いていた接客・販売業であまりにもお客さんが来ず、ほとんど接客することもなく事務仕事もすぐに終わってしまい、ただぼんやりと一日を過ごすと言うのは想像以上に辛くストレスが溜まってしまいます。

最初の頃はやれる仕事を探していましたが、正社員に「仕事はなにもないよー」と言われてしまうとお客様を待つ以外にやることがありませんでした。

忙しすぎるのも、暇すぎるのも考えものです。

「自分は仕事ができない」と感じてしまう時

前向きな理由でもストレスを感じることもあります。

仕事を頑張りたいと思っていたり、好きな仕事をしている時には「もっとできるようになりたい」と感じたり小さなミスを大きく捉えてしまったりしがちです。

真面目で一生懸命に頑張っている人ほど「自分は仕事ができない」と言う思いにとらわれてしまい、ストレスになってしまうこともあるでしょう。

私のストレス発散方法とは?

ストレスが溜まってしょうがない!!と言う時は誰にでもあります。

そんな時、みなさんなりのストレス発散法を見つけておくことがとても大事です。

定期的にストレスを発散して、また次の日から仕事を頑張ろうと思う気持ちがとても大切です。

気持ちをリセットする方法をご紹介して行きましょう!

ストレッチなどで体を動かす

まずは定番、ストレッチや運動をして体を動かすことはストレスの解消に繋がります。

仕事終わりにひと駅分だけでも歩いてみたり、休みの日にジムに行って汗を流すのもとてもおすすめ。

運動をすることで新陳代謝アップにつながったり、脳内で作られる物質が変わるのでストレスに強い体になると言われています。

軽いストレッチなどを日々の生活に取り入れることで、ストレスの軽減にもなります。

ストレスを感じないようにするのは原因を取り除くためにたくさんの変化が必要で、その変化がまた新たなストレス源となってしまいます。

ストレスを受けても解消していくことが重要です。

休日は仕事のことを忘れる

休みの日まで仕事のことを考えてしまう方は心が落ち着くときがなく、ストレスの解消も上手く行きません。

休みの日はしっかり体を休めることと心を休めることが大切です。

趣味の時間をしっかりと取る

ストレスの解消に大きな役割を果たすのが趣味の時間です。

何か時間を忘れて没頭できる趣味を見つけることで、休みの日の楽しみが増え仕事にもハリが出ます。

ストレスの解消には仕事とプライベートの境をはっきりとさせることがとても有効です。

ですから、みんな休みの日に日常から離れて旅行に出かけたりするのですね。

旅行などガラッと環境を変えるのはストレス解消にとても良い手段と言えるでしょう。

自分へのご褒美を用意する

環境を変えるのはなかなか簡単なことではありません。

運動があまり好きではない方も中にはいらっしゃるでしょう。

そんな方は「仕事を頑張ったら◯◯する」のように何か自分にご褒美を用意するのもとても有効です。

大きなご褒美は必要ありません。

今日の帰りに美味しいご飯を食べる、欲しかったものを買うなど簡単なことで良いでしょう。

目の前に短期的な目標を掲げ、それを達成していくことはストレスの解消に繋がりますよ。

深呼吸をする

深呼吸がストレスの解消や軽減にとても効果があることをご存知でしょうか。

よく緊張した時などに「深呼吸をして落ち着こう」と言われますが、実はストレスにも効果的。

息を思い切り吸ってゆっくりと吐くことで、脳に「リラックスしなさい」と言う命令が送られます。

正しく深呼吸をすると体中に酸素が送られ、心拍数も下がり疲労回復にも繋がると言われています。

会社のデスクや通勤途中でも簡単にできる深呼吸でストレスを撃退しましょう!

最近流行りの「涙活」に参加してみる

笑うことがストレス解消になると言う話はよく耳にしますが、実は最近「泣くこと」の方がストレス解消に効果があると言う話を聞いたことはないでしょうか。

巷で流行の兆しを見せているのが、感動する動画や自分の悩みを打ち明けて涙を流すと言う「涙活(るいかつ)」です。

人は泣くと、リラックスを促す副交感神経の働きが活発になりそれがストレス解消に繋がると言われています。

大人になると泣くことは少なくなりますが、あえて涙を流してストレスを軽減できるのかどうか試してみる価値はあるでしょう。

ぼーっとする時間を作る

日常生活で忙しく動き回っている頭を休めるのはストレス解消にとても効果があります。

ぼーっとし、何も考えない時間と言うのは決して無駄な時間ではありません。

休みの日や通勤時間中はあえて何も考えない時間を作るようにおすすめします。

ぼーっとなんてできない!と言う方におすすめなのが「フラクタル」を眺めることです。

「フラクタル」とは簡単に説明すると自然の中にある決まった形を表す言葉で、花びらや葉っぱ、雲や波の動きなどがそれに当たります。

フラクタルを眺めてぼーっとすることで、なんとストレスの60%近くが解消されるという研究結果が出ています。

時には公園や浜辺に行って、フラクタルを眺めながら全てを忘れる時間を取りましょう。

カラオケなどで騒ぐ

「大声を出す」と言うのも定番のストレス解消法ですよね。

しかし家の中で無闇やたらに大きな声を出すわけには行きません。

そんな時おすすめなのは何と言ってもカラオケボックスでしょう。

皆さんのなかにはカラオケに定期的に足を運んでストレス解消を図っている方もいらっしゃると思います。

実はこれ、なんとなく「ストレスが解消している気がする」と思っている方が多いですがれっきとした根拠があります。

ある実験結果では、カラオケで好きな曲を3曲歌った後はストレスホルモンの分泌量が減少することが分かっています!

しかも、カラオケが好きではない人でも同じようにストレスホルモンの量が低下すると言うので驚きです。

ぜひカラオケでストレスを手軽に解消しましょう。

漫画やドラマで現実逃避

小説を読んだり、ドラマや漫画でしばし現実を忘れるのも良いストレス解消になります。

難しい現実のことや上手くいかない人間関係のことは考えれば考えるほど深みにはまっていく問題です。

時には全てを忘れ、小説やテレビの世界に浸るのも良いでしょう。

ストレス解消には小難しい内容のものではなく、主人公が活躍するような分かりやすい話のものがおすすめです。

ゆっくりとお風呂に入る

心身ともに疲れてしまった日の夜は、入浴剤などを入れてゆっくりとお風呂に入りましょう。

しかし、お風呂の中で今日起きた嫌なことやストレス源になっていると思われる出来事のことを考えるのは良くありません。

湯船に浸かるとこちらも副交感神経の働きが活発になります。

また、リラックスした時や幸せな時に出るホルモン、セロトニンが分泌され自然とストレスに強い状態になっていくと言われています。

そんな時に頭の中で考え事をしていてはもったいない。

リラックスタイムはきちんとリラックスすることだけを考えましょう。

少しだけ甘いものを食べる

ストレスの解消に美味しい、好きなものを好きなだけ食べる!

と言う方もいるかもしれません。

しかし、暴飲暴食ややけ食いは控えるほうが吉です。

いつもと違う量を食べすぎてしまうと胃に負担がかかりますし、体の調子が悪くなってしまいます。

特に食べ物だけではなくお酒を飲んでストレスを解消する方、ほどほどにしておかないと「お酒を飲まないとストレスを解消できない」と感じてしまうようになってしまう危険もあります。

好きなものを少しだけ食べて、幸せを感じられるようになりたいものですね。

仲の良い人に話す

誰かに話しをしてスッキリするのも良いストレス解消法ですよね。

休みの日はお茶を飲みながら仲の良い人と一緒に過ごす時間を作れば、ストレスの原因のことなどどうでも良くなるでしょう。

ストレスが溜まってしまうとどうなる?

ストレスはマイナスのイメージが強いものですが、実はある程度のストレスは私達の生活にとても良いものであることが分かっています。

全てはストレスとの付き合い方次第。

良いストレスは成長していく過程で発生するもので良い刺激となってくれると言います。

逆に悪いストレスは我慢を強いるものだったり、やりたくなことを無理して続けるなど強制され続けた上で発生するものと考えられています。

悪いストレスを溜めてしまうとどのような弊害が表れるのでしょうか。

体調に異変が出る

悪いストレスを溜めてしまい、発散もできなくなってしまうと体調に異変が出ます。

私自信も経験がありますが、大きな体調の異変ではなく少し肌が荒れる、原因不明の蕁麻疹が続くなど小さなものです。

皮膚科に行っても治らなかった蕁麻疹がストレスの原因から離れた途端に治り「ストレスが原因だったんだな」と実感しました。

仕事の効率が落ちる

頑張ることが良いことであると言う考え方を強く持っていると、ストレスを感じていても無理をし続けてしまうこともあります。

しかし過剰に頑張り続けてしまうと、逆に仕事の効率が下がってしまうと言う元も子もない状態に陥ることもあります。

日々の仕事を頑張るためにも息抜きとストレス解消の時間は意図的に取るようにすることをおすすめします。

ストレスを溜めないためにはどうすればいい?

ストレスを完全に取り除くのは不可能ですし、ストレスの質にもよると言うことが分かっていただけたかと思います。

でも、悪いストレスはできれば感じたくないし溜めたくもないものですよね。

ストレスを溜めないようにするには、どのようにすれば良いのでしょうか?

真面目に重く考えすぎない

何事も重く考え込んでしまう方は、肩の力を抜いて「まあ、いいか」「なんとかなる」と考えることをおすすめします。

何にも考えないのも困りものですが、仕事上の悩みは頭で考えていても解決しないことがほとんどです。

ただ目の前の仕事を一生懸命こなす、これを続けていけばそのうち良い方に物事が動き出すものです。

考え過ぎは禁物。

特にネガティブに考えるのは止めにしましょう。

人間関係の改善を!

ストレスの原因のほとんどは人間関係を改善することで取り除くことができます。

何よりもまずはコミュニケーションを取ることから始めましょう。

それでも、人間同士の合う合わないは必ず存在します。

まずコミュニケーションを取ってみて、相手の立場に立って考えてみて、それでも合わない方とは適度な距離を保ちましょう。

上司には上司の、部下には部下の考え方や悩みがあると言うことを理解すると自然とイライラすることも減ってくるものです。

溜まる前に発散を!

ストレスは感じることが悪いのではなく、溜め込んでしまうのが悪いのです。

最近仕事に集中できないなと感じたり、体調の変化の原因がストレスかも?と感じた時はストレス解消に時間を取りましょう。

先程ご紹介した解消法以外にもあなたなりのストレス解消法を見つけ、ストレスと上手に付き合って行きましょう。

まとめ

今回はストレスが溜まる時やその解消方法などをご紹介しました。

みなさんも思い当たるストレスの原因があったのではないでしょうか。

もちろん取り除くことができればそれが一番良いですが、それが難しいのはみんな同じです。

特に人間関係でのストレスはおそらくどこへ行っても感じるものでしょう。

このことから、取り除くことよりも解消法を見つけておくことが大事だと言えます。

ストレス解消法を見つけ、行き詰まった時は気持ちをリセットして明日の仕事も頑張りましょう!


関連キーワード

仕事