社会福祉士は、福祉全般を範囲とする、福祉の専門職です。

社会福祉士が担当する分野は多岐にわたり、そこで接する人や抱える問題も様々。

そんな社会福祉士の仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。

社会福祉士の仕事内容を踏まえながら、向き不向き・活かせる経験などをご紹介します。

社会福祉士にはどんな仕事があるの?

社会福祉士が働く分野は、「病院」「介護」「障害」「子ども」「地域」「公的扶助」と、広い分野を担当します。

主に、生活上での悩みを抱える相談者(クライエント)との面談を行い、支援の計画を立てていきます。

これを「相談援助」と呼び、社会福祉士の仕事の中心となる業務です。

支援計画を立てて終わりではなく、支援が行われている時点での問題の有無を聞いたり、再度計画を立て直す、ということも。

また、今ある制度はどうしても、「制度と制度のはざま」に置かれてしまう人もいます。

実際に福祉の現場で働くことで、見えてくる今の社会の問題。

社会福祉士は、「今後の社会を変えていく」という役割を担っています。

社会福祉士の仕事はどんな人に向いている?

社会福祉士の仕事内容を踏まえて、どんな人に向いているのかを考えていきましょう。

人と接することが好きな人

社会福祉士の業務の中心は、「相談援助」です。

対人関係がとても重要となってくる仕事のため、人と接することが嫌いという場合、スムーズに面談が行えない可能性があります。

また、「相談援助」と並び、重要になってくるのが「他職種との連携」です。

病院で働く社会福祉士、「医療ソーシャルワーカー」と呼ばれる人であれば、医師や看護師、そのほかの職員や、病院外の施設、地域包括支援センターなどの職員とも、連絡を取り合うことが不可欠です。

仕事をしていく上で、接する人は年齢も、抱える問題も、職種も様々。

そのため、人と接することが好きという人は、社会福祉士の仕事に向いていると言えます。

臨機応変に対応できる人

対人援助を行っていく中で、マニュアル通りに事が進む、ということはありません。

そして、クライエントの抱える問題、置かれている状況も様々です。

そのため、どのような問題に対しても、冷静に、そして臨機応変に対応できる力が必要となってきます。

観察眼の鋭い人

クライエントは、不安を抱えながら、初対面である社会福祉士に、プライベートな話をしなくてはなりません。

抱える問題は、とても深刻なものも多くあります。

あなたは、初対面の人に、自分のプライベートな話を、包み隠さずすべて話すことができますか?

専門職とは言え、自分の深刻な話を初対面の人にするのは、少し気が引けるし、不安になりますよね。

そのため、社会福祉士には鋭い観察眼が求められます。

言葉にしなくても、顔つき、目線、話し口調などから、クライエントがどう感じているのかを読み取る力が必要です。

相手が本当に思っていることを読み取れる、そんな観察眼や洞察力のある人は、社会福祉士に向いていると言えるでしょう。

向上心のある人

社会の制度というのは、日々変わっていきます。

社会福祉士になる前に勉強した知識だけでは、対応しきれないことも。

そのため、最新の制度やサービスについて、常に把握していなければなりません。

病院や施設での研修、スキルアップのための講習などに参加する必要もあります。

また、社会福祉士にとって、「記録」という仕事も重要な役割を担っています。

担当した案件の詳細を、しっかり記録しておくことで、反省点を考え、今後の仕事に役立たせることができます。

人と接することが中心となりますが、記録をはじめ、事務的な作業もある社会福祉士。

こういった中でも、新しい知識を身につけ、今後のためにも記録を残して反省したり、役立てていくといった、向上心が求められます。

クライエントに寄り添える人

クライエントに対し、失礼な態度を取ったり、中途半端な対応をしてしまったら、その支援はうまくいきませんよね。

また、クライエントの抱える問題は様々ですが、どれも当人にとって深刻な問題です。

今後の人生が、大きく変わってしまう可能性のある問題もあります。

クライエントの抱える問題は、似たような問題があっても、それは同じではありません。

人それぞれ、置かれている状況や、問題の感じ方は違いますよね。

そのため、クライエントを一緒くたにせず、個別化して考えることが必要です。

社会福祉士が抱える案件は、一人一件というわけではありません。

多くの案件を抱える中でも、クライエントひとりひとりに寄り添える、「困っている人を助けたい!」という気持ちは、働く上でとても需要です。

逆に向いていない人の特徴は?

社会福祉士に向いている人の特徴は分かっていただけましたか?

次にご紹介するのは、逆に、社会福祉士に向いていない人の特徴です。

人と接することが嫌いな人

対人関係を築くことが、とても重要になってくる社会福祉士。

そのため、人と関わることが苦手な方や、初対面の人とコミュニケーションをとることが苦手な人は、あまり向いていない仕事です。

しかし、普段の生活の中で、コミュニケーション能力をあげていくことは可能です。

友人の相談にのったり、新しい環境に入っていく力を身につけるなど、小さなことから力をつけていきましょう。

マニュアルのある仕事が好きな人

一つの作業や、決まった仕事をする仕事は、社会に多くあります。

しかし、社会福祉士の仕事は、決まったマニュアルはありません。

また、クライエントの抱える問題は様々で、それに適切な対応をしていかなくてはなりません。

社会福祉士の主な業務である「相談援助」には、様々な決まり事や、押さえておきたい点があります。

「バイスティックの7原則」など、相談援助で欠かせない基本的な原則など、一種の「マニュアル」となる知識も。

決まった「マニュアル」はありませんが、仕事をする中で、大体の対応を身につけることも可能です。

身につけた知識を、どう活かせるか。

そこが重要なポイントとなってきます。

人の本心を見抜くことが苦手な人

普段の友人との関係で、「本当はどう思っているのだろう」と感じることはありませんか?

人は、言葉にすることすべてが本心というわけではないですし、本心をすべて言葉にするというわけでもありません。

そのため、顔つきや、話し口調、目線から、「非言語的」な感情を読み取ることが必要です。

こういったことが苦手な人は、日々の生活でも気をつけながら、観察眼を磨くことで、本心を読み取ることができるようになるかもしれません。

向上心のない人

部活動や趣味などにも共通しますが、練習をしなければ、上達することはないですよね。

元々うまくできる才能があったとしても、練習をしなければ、その腕はどんどん落ちていきます。

社会福祉士にも同じことが言えて、向上心がなければ、この仕事に向いていたとしても、仕事に対応しきれなくなってしまいます。

相談援助では、クライエントの本心を見抜いたり、聞き出す力が必要です。

こういった技術があっても、適切で最新の知識がなかったら、どうでしょう。

制度やサービスは、年々変わっていきます。

適切なものを紹介できなかったら、適切な支援はできませんよね。

そのため、職場での研修に参加したり、ニュースを見たり、再度勉強しなおす、といった向上心が重要となってきます。

クライエントの問題に深入りしすぎてしまう人

友人の相談を聞いていて、こちらも気分が重たくなってしまった、という経験はありませんか?

それは相手の話に親身になっている、ということの表れではありますが、仕事での深入りは注意点も。

クライエントの問題は深刻なものも多く、そして担当する案件も多くあります。

そのため、深入りしすぎると、働いている社会福祉士も精神的に追い詰められてしまうことも。

また、自身が病気や精神的な問題で病院を利用し、そこで会った社会福祉士に憧れ、自分も目指した、という方も多く居ます。

精神的に繊細な部分がある人も多く、こういった場合は特に深入りは厳禁です。

しかし、クライエントの問題に寄り添うというのは、とても大切なことです。

仕事と私生活の両立ができるよう、自身のストレス解消法や、考え方を変えるといった方法が必要です。

仕事に力を入れすぎる人

対人援助の仕事においては、「バーンアウト」という現象が起こりやすくなっています。

「燃え尽き症候群」とも呼ばれるこの「バーンアウト」。

仕事に意欲を持っていた責任感の強い人が、急にやる気をなくしたり、投げやりになってしまうことを指します。

うつ状態になったり、中には希死念慮を抱く人も。

一つのことにのめりこんでしまう人、クライエントを助けたいという気持ちが強い人などは、リスクが高いといえます。

社会福祉士の仕事は、人を相手にする仕事です。

そのため、成果が目に見えにくい、という問題があります。

徐々に進行していく「バーンアウト」。

仕事との向き合い方を変えていくことはもちろん、セルフケアの方法を身につけることが大切です。

社会福祉士の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

社会福祉士の仕事に活かせる経験は、どのようなものがあるでしょうか。

最近の社会の動向をふまえて、ご紹介します。

友達の話を聞くことが好き

社会福祉士の「相談援助」で、とても重要な「傾聴」や「受容」。

相手の話を聞きながら、相手のことを受け入れる、ということです。

資格やキャリアがなくても、学生の頃から身につけられる、そして今後活かせる経験になります。

教員

最近では、虐待や貧困など、学校現場での問題も深刻化しています。

そのため、各都道府県では、学校に配置する「スクールソーシャルワーカー」の人数を増やし、問題に対応してく動きが起こっています。

多くの募集要項に、応募資格は社会福祉士をはじめ、精神保健福祉士、教員などと記載されています。

学校現場をよく知る教員の、これまでの知識や経験を活かすことができます。

弁護士

虐待、高齢者の事件、貧困が要因となった事件など、福祉的な背景によって起きる事件も多い現代社会。

働いている中で、事件の背景には、社会の問題、特に福祉的な課題が隠されている、と感じる弁護士も少なくありません。

そのため、弁護士の資格と合わせて、社会福祉士の資格を取得し、両立しているという方も。

社会福祉士で働くメリットとは?

社会福祉士として働く上では、どのようなメリットがあるでしょうか。

国家資格であるため信頼度が高い

全ての福祉施設に、社会福祉士が何人も配置されている、というわけではありません。

また、社会福祉士は国家資格であり、その合格率は30%程度。

難関をくぐりぬけてきてからこそ、職場からの信頼度が高いと言えます。

幅広い活躍の場

福祉全般を範囲とする社会福祉士。

分野が様々であり、活躍の場はとても幅広くなっています。

また、転職してキャリアアップを目指す社会福祉士も、少なくありません。

幅広い分野を範囲とする社会福祉士だからこそ、様々な目線から、福祉の現場を見ることができます。

今後の自身の経験のためにも

社会福祉士として働く方も、その家族や、時にはご自身も福祉サービスや制度を利用することがあるかもしれません。

そういった時に、適切な制度やサービス、申請の仕方などが分かっていると、スムーズに利用することができますよね。

病院に社会福祉士が居る、ということを知っているだけでも、入院生活での不安は、少しでも拭えるでしょう。

家族のため、ご自身のためにもなる知識や経験が身につけられます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

先ほどもご紹介したように、活躍の幅が広い社会福祉士。

福祉業界はもちろん、これまでの経験は、その他の職種での仕事にも役立たせることができます。

最近導入が進んできているスクールソーシャルワーカーなど、これまでなかった仕事も増えてきています。

NPO団体など、仕事内容や職種、視点にとらわれず、自由な活動をしている場所も。

今後の社会や課題をふまえると、需要の高い仕事だと言えます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

一般企業においても、福祉的な目線が役立つ場面は多くあります。

労働環境や仕事内容が引き起こすうつ病、ストレス、障害のある方の就職など、福祉的な問題が取り沙汰される社会。

そのため、社会福祉士の経験は、労働環境の整備など、福祉的な観点から職場を変えていくことができます。

自分にあった社会福祉士の求人の選び方や注意点

社会福祉士の求人を選ぶ際に、注意しておきたい点をご紹介します。

勤務時間について

社会福祉士の仕事は、深刻な問題について対応することも多い仕事です。

そのため、心身面で無理なく働くことができる勤務時間なのか、しっかりチェックしておきましょう。

育児休暇や、リフレッシュ休暇などの有無も見ておきましょうね。

給料について

分野や施設によっても、異なる給料。

求人サイトでは、あまりにも高すぎる給料を掲載している場合、注意が必要です。

また、求人サイトだけでなく、公式サイトでの募集内容を確認し、求人サイトに掲載されている額が正しいのかどうかを見ておきましょう。

不明な点は連絡・見学をして確かめる

求人内容の文章だけでは、分かりにくい点が多くあります。

その場合は、分からない部分を連絡して確かめることも大切です。

また、見学可能な施設は、見学して、実際の労働環境を確かめてみましょう。

仕事内容は大体理解できても、具体的にどのような利用者がいるのか、施設によって異なります。

挨拶や職場の雰囲気など、働く上ではとても重要になってきます。

学生の場合

学生の場合は、興味のある求人を見つけたら、ゼミの先生や、キャリアサポートセンター等に相談することをおすすめします。

適切な求人であるか、今後の面接の対策など、就職に関する支援をしてもらえます。

また、社会福祉士として働く先輩に話を聞いたり、インターンシップなどに参加することもおすすめです。

学生だからこそ持てるネットワークを、大切にしていきましょう。

まとめ

社会福祉士として働く上で、どのような人に向いているのか、活かせる経験などについてご紹介しました。

社会福祉士を本格的に目指している人も、福祉分野での就職をぼんやりと考えている人にも、この記事が参考になればと思います。


関連キーワード

社会福祉士求人

社会福祉士求人についてもっと深堀りした情報を見る

社会福祉士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための注意点

安定した仕事がしたいとか、人の役に立ちなどといった理由から、社会福祉士を目指す社会人の方は多いですよね。福祉の仕事の経験がなくても、社会福祉士に転職することは可能なのでしょうか?著者も会社員を続けながら大学に通い、社会福祉士の資格を取ったので、その経験を基に解説していきます。社会福祉士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 社会福祉士の職場と言っても、多種多様な仕事があります。転職する際にはどんな職場を狙ったらよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。前職の経験を生かせる福祉の現場では、福祉系専門学校を出た後にずっと福祉職場で働いているという方も多くいます。もちろん専門職として続けているのは素晴

社会福祉士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

誰かの役に立ちたいという高い志をもって社会福祉士を目指しても、実際のところ、低賃金ではなかなか仕事を続けられない…と考える人は多いと思います。将来結婚したり、子育てをしたりたいと考えている人にとっては、生涯年収がご自身のライフプランに密接にかかわってきますから、当然のことです。資格を取ってしっかり稼いで、理想に近い人生を目指しましょう!社会福祉士の給料の相場はどのくらい?社会福祉士の一般的な年収は250万円~500万円ほどと言われており、残念ながら高給取りとは言えません。しかし勤務地や勤続年数などの条件によっては、年収アップも見込めます。どんな働き方だと給与がよいのか、確認してみましょう。正社