仕事が順調な時はあまり考えないですが、仕事で行き詰まりを感じたり、何か他に挑戦したことができたりすると今の職場を変えたくなります。

仕事を変えることで気分をリフレッシュしたり、新たな気持ちで新たなチャレンジをしたいとか理由は色々です。

仕事を変えようと思ってすぐ行動できればいいのですが、仕事を変えようかどうか、仕事を辞めようかどうか迷ってしまう時、どうしていいかわからなくなるものです。

今回は、仕事を辞めるかどうか迷った時にどうすべきか、実際に辞める時に後悔しないようにするためにやっておくべきことを紹介します。

仕事を辞めようかと悩んでいる人、転職しようか考えている人など参考にしてみて下さい。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

仕事を辞めるかどうか迷うときってどんな時?

仕事を辞めようと考える理由は様々です。

すぐに行動に移して辞めれる人もいればなかなか行動に移せず辞めれない人もいます。

また、辞めようと思っても何か引っかかるものがあるため、辞めることを迷ってしまう時もあります。

仕事を辞めたいと思いながらどうして辞めることに対して躊躇してしまうのでしょうか?

ここでは仕事を辞めようかどうか迷う時にどんなことがあるかをまとめてみました。

長時間労働で精神的に参った時

仕事を辞めようかどうしようか考えるときの理由としては長時間労働で精神的に参ってしまった時です。

長時間の拘束で仕事仕事でプライベートの時間やストレスを解消するタイミングや機会がないと精神的に疲れが蓄積され、ストレスに蝕まれてしまいます。

長時間の労働は精神的に蝕むため、しっかりとした判断力まで奪ってしまいます。

そのため、冷静に判断できず辞めたいと思うようになります。

職場の人間関係に疲れた時

職場の人間関係が良好かどうかは仕事に大きく影響してきます。

人間関係がよければ仕事が円滑に進み、仕事が楽しい環境になりますが、人間関係や職場の雰囲気が悪いと仕事が楽しくなくなったり、仕事が円滑に進まなかったりします。

また、自分が中心になっていない、派閥争いなどの職場の人間関係の対立などに巻き込まれてしまうと心身ともに疲れてしまいます。

心身ともに疲れてくると冷静な判断はできないですし、仕事に行くことが苦痛になってくるため、仕事を辞めようかどうしようかと考え始めてしまいます。

職場の人間関係で悩んだ時は、こちらの記事を参考に!

今の仕事がマンネリ化してきた時

気に入った仕事や仕事をやっててその仕事が好きになったとしても同じ仕事がずっと繰り返されるとちょっとずつ飽きがきてしまいます。

それは例えば、どんなに好きな食べ物があっても毎日毎食食べていたら飽きてしまいます。

それと同じくどんなに好きな仕事であっても、どんなに楽しい仕事であっても同じことを繰り返していたり、仕事内容に変化をつけにくい場合は、どこかのタイミングでマンネリ化してしまいます。

マンネリ化してくると他の仕事を良く思えてきたり、羨ましく思ったり、今の仕事が合わないのではないかと思い始め、仕事を辞めようかどうしようかと考えてしまいます。

ただ、マンネリ化のために辞めたいと思ったり、転職したいと思うのは一時的な感情の場合が多く、一度冷静になって改めて今の仕事を見つめ直す必要があります。

給与をカットされた時

仕事を続けるモチベーションの中にやはり給与は入ってきます。

給与がきちんと支払われていたり、昇給するとモチベーションになったり、ボーナスや特別報酬があるとさらに仕事に対してのやる気がおきます。

その反面、何かの理由で、例えば会社のコスト削減や査定が悪くなったためなどで給与をカットされると仕事に対してのモチベーションは下がるだけでなく、会社に対しての不満も募り始めて仕事を変えようかどうしようかと考えてしまいます。

会社からの評価に納得できない時

仕事へのモチベーションとして会社からきちんと評価されていることが大切な要因になります。

仕事をしっかりしている、頑張っていることに対してきちんと評価されると仕事へのやる気がおきますし、仕事を続けていくきっかけになります。

ただ、全てが平等に感じるときはなく、自分より仕事をしていないと思っている同僚の評価が高かったり、仕事ができないと思っている後輩が先に出世していくなど会社からの評価に理不尽を感じると転職を考えたり、仕事を辞めようかと考えてしまいます。

仕事自体がめんどくさくなってしまう時

誰にでも経験があるかもしれませんが急に何の前触れもなくやる気スイッチが切れたかのように仕事自体がめんどくなくなってしまう時があります。

原因がわかる時もあれば、原因がわからずモチベーションが下がる時があります。

仕事自体がめんどくさくなってしまうと職場にも当然行きたくなくなりますし、仕事自体を辞めて違うことをしようかと悩み始めてしまいます。

会社の将来性に不安を感じた時

会社に成長性がある場合は、色々な投資をしたり、従業員の昇給に積極的だったり、新たな施設や設備を設けたりと従業員やお客様へ還元する動きが活発ですが、会社の成長性がなく、つまり運営がうまくいかないと企業努力と称して色々なものを削減していきます。

それは例えば、出張費の制限や削減、備品の削減、電気代の節約などです。

色々と制限されてしまうと自由を感じなくなったり、この会社は大丈夫かなと不安になり、仕事を変えようかと思ってしまいます。

仕事でミスを続けてしまった時

新入社員や仕事に慣れてきた時期、転部などをした際によく起こりますが、新しい業務や仕事の環境下で慣れていない場合に仕事でミスを続けてしまうことで仕事へのモチベーションは減りますし、仕事を続けたくなくなります。

ただ、ミスといってもミスを取り戻せる仕事やミスするだけで致命的になる仕事もあります。

例えば、医療や介護の仕事はミスをすることは許されませんので一つのミスでも大きな事故につながってしまいかねません。

ただ、どの仕事であれ、ミスをしたことで仕事辞めたいと思ったり、転職したいと思ってしまうのは一時的なものに過ぎません。

それでも仕事でミスを継続してしまうことは、仕事をやめたい、転職をしたいと考えるタイミングでもあります。

会社のために尽くすことが大切なのか?

仕事の環境が悪かったり、仕事に対してや会社に対して不満があるのに我慢して仕事を続ける人がいます。

それは、仕事を途中放棄してしまうことは周りに迷惑をかけてしまうことや強い責任感から無理をして続けて最終的には体調を崩してしまったり、精神的なダメージを受けてしまったりします。

辞めようと思ったり、転職したいと考える理由は十人十色です。

一概にどれが正しいとは言えませんが、無理して仕事を続けたとしても誰も得はしないということを認識する必要があります。

なぜなら、精神的なダメージを受けてうつ病になったりしたとしても仕事を辞めてしまえば会社は何もしてくれませんし、頑張って騙し騙しやってたとしても働き盛りの年齢を過ぎてしまうと会社の業績悪化に伴い、人員整理されてしまったりします。

会社に対しての恩を感じることは悪いことではありませんが、転職したいと思ったり、辞めようかと悩んだ場合は、あくまでも自分の冷静な判断でどうするかを考える必要があります。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

後悔しないためにやっておくべき10個のこととは?

いざ仕事を辞めてみたものの、やり残したことややっておけばよかったなんてことを言う人がいます。

仕事を勢いで辞めてしまうとやっておくべきことは後回しになり、後回しにしてしまうと辞めるまではやることが多いためどんどんやらなくなってしまい、辞めてからやっておけばよかったと後悔してしまいます。

ここでは仕事を辞めてからあれすればよかったこれすればよかったと後悔しないためにやっておくべきことを10個紹介します。

有給の申請・消化について確認しておく

会社を辞めるとしたら確認しないといけないのは、有給休暇が残っているかどうかです。

せっかく与えられた権利なので有給が余っているなら使わないと損です。

退職したい日や有給消化を逆算して退職日を決めることをおすすめします。

有給休暇を使ってただ休んだり趣味なりに費やすのもいいですが、有給休暇中に次の仕事が決まっていない人は転職活動に時間を費やすのも有効です。

また、有給休暇は労働する上での権利なので、会社側から有給申請を断られたとしても有給は使うことができますし、よほどのブラック企業でない限り、会社側が有給申請に対して拒否をすることはしません。

有給を残したまま退職するとなった場合、会社から有給消化について促すことはあまりありません。

また、ブラック企業に勤めていて転職して再起を図りたいと思っている人は、なおさら今残っている有給を有効活用してリフレッシュしたり、体調管理に費やしたり、今後のために有効活用してから退職するべきです。

クレジットカードを作っておく

会社を辞めてしまうとローンなどと同じで社会的な信用度が低くなるため、次の仕事が決まったりしないとクレジットカードの審査に通りにくくなります。

会社員でなく、無職や失業中だと自営業同様、審査で落とされてしまいます。

もちろん、会社員じゃなくてもクレジットカードを作ることはできるかもしれませんが、選択肢はあまり多くないため、自分が気になるクレジットカードがあったり、クレジットカードのプランを見直したり、カードタイプを変更したいものがあるのであれば、退職してしまう前にやっておくべきことです。

診察や歯の治療をしておく

意外かもしれませんが、仕事を辞めると決めたなら仕事を辞める前に診療や歯の治療をしておくことです。

実際に仕事をやめると健康保険証が社会保険から国民保険に変わります。

そのため、新しい健康保険証に切り替えるまでの間にタイムラグが発生するため健康に不安のある人、特に持病がある人は治療を受けておいたり、多めに薬を処方してもらうなどしておくべきです。

退職してしまうと一時的に健康保険証が使えなくなったり、健康保険を任意で継続するか国民保険に切り替えるかどうかを選ばなければなりません。

すぐに決まって手続きが済めば問題ないのですが、仮に手続きに時間を要してしまうと、保険証が使えない状態で病院にいくようなことがあると、 診療代は全額自己負担になってしまいます。

中には退職する前に体調の不安なところを全て診察してから退職する人もいるようです。

仕事を辞める前にまずは診察や歯の治療をしておくことです。

転職エージェントに相談

仕事を辞めようと思い、勢いで辞めて次がないなんてことになってしまうと次の仕事先を探すのに時間がかかったり、新たな就職先について色々と調べることから始めないといけません。

そのため、仕事を辞めたい、仕事を変えようと思ったらまずは転職エージェントに相談してみることをお勧めします。

転職エージェントに客観的に適職度を診断してもらってたり、転職のタイミングが正しいのかどうか、適切なのかどうかなどを確認できます。

また、転職エージェントは企業の求人情報を持っているため、いい条件の転職先を探したいなら求人情報が多くなるタイミングなども相談できます。

焦って仕事を辞めて辞める前に相談しておけばよかったとか退職時期をずらせばよかったなどと後悔しなくてもいいように辞める前にまずは転職エージェントに相談してみましょう。

やりたくないことリストを作成する

仕事に飽きてしまった、会社からの評価に不満があると仕事を辞めたくして仕方なくなりますが、冷静さを失ってしまっていては正しい判断ができないため、本当に辞めるべきかどうか本当に辞めたいかどうかの判断ができません。

そのため、仕事が嫌になったり、辞めたいなと漠然と考えてしまったら、まずは辞めると意思表示をする前に何がダメなのかを考える必要があります。

そのため仕事でやりたくないこと、嫌なことリストを作成して仕事の何が嫌なのか何を不満に思っているのか可視化して確認してみましょう。

例えば、「上司と話したくない」とか「職場の雰囲気が嫌だ」なんて個人的感情になると改善できる可能性もあるため、仕事すぐに辞めることは避け、誰かに相談したり、解決策を考えることが必要になります。

上司や同僚など社内の人間とよく話し合う

仕事を辞める前に人脈構築という意味で上司や同僚など社内の人間とよく話し合うことも必要です。

辞めようと思う前はコミュニケーションしたことないような人と話してみることで意外と仕事のモチベーションに繋がって仕事を継続していこうという気になれたり、社内でたまたま話しした人に面白い人脈があったりと意外な発見があります。

仕事を辞めてから同じ職場の人がすごい人脈あったとかある分野に名の通った人だったとかわかってもう少し話しておけばよかったと後悔することになるため、辞めようと思っても辞める前に社内の人間と人脈構築をしておくことをおすすめします。

辞めたい理由を書き出し客観的にみてみる

どうしても辞めたい辞めたいと思ってしまうと冷静さがなくなってしまいます。

もしかしたら仕事の評価はよく、仕事内容も自分にあったものかもしれません。

けど、何かのきっかけで辞めたいと思ってしまった場合、辞めたい理由を書き出して可視化してみることが大切です。

辞めたくなって勢い余って辞めた人の中にはやっぱり辞めた会社はいいところだったとか次の仕事が決まらず仕事を早々に辞めなければよかったと後悔する人は少なくないため、辞めたい理由と向き合うことも大切です。

引越しをする

仕事を辞めて今現在住んでいるところから別の場所へ引っ越ししようと考えている場合、仕事を辞める前に物件の契約や引っ越しをしておく必要があります。

当然ですが、仕事がないと家賃が支払える保証がないため、信用度が低く、物件探しが難航してしまいます。

親が特別金持ちであったり、かなりの預金額を持っている場合でない限り、審査も当然ですが厳しくなりますし、大家さんが首を縦にふるかもわかりません。

そのために仕事辞めて違う土地へ引っ越したい場合は、退職前に手続きを済ませてしまうことをおすすめします。

ローンを組む

退職するとローンを組むことに対してハードルがかなり上がります。

車や家のローンの審査が通りにくくなるため、仕事を辞める前に必要な大きな買い物をしておくべきです。

ローンの審査が通ればあとは月々の支払いが滞らなければ問題はありません。

仕事を辞めてから車を買っておけばよかったとか家を買っておけばよかったと思っても失業中や仕事がないと金融機関のローン審査はハードルが高くなりますので難しくなります。

ただし、注意点として、ローンを無事組めたとしても仕事がなくなることで収入は減ります。

それゆえ、失業保険と貯金で当面やりくりできるだけの金額内でローンを借りるようにすることが必要です。

ローン審査が通るからといってギリギリいっぱいの額を借りてしまうと返済が難しくなり破城してしまいますので注意が必要です。

引き継ぎにかかる日数を逆算しスケジュールを考える

辞めようと決意して辞めると伝える前に引き継ぎに要する日数を逆算して退職までに必要なスケジュールを計画する必要があります。

引き継ぎをするのにも時間がかかりますし、人手不足の会社だったり、後任が決まってなかったりするとすぐに誰に引き継ぐか決まらずすぐに引き継ぎできるとも限りません。

引き継ぎにかかる日数に多少の余裕を計算してスケジュールして退職日を想定しておくことも大切です。

仕事を辞めるべき8個の場合

仕事を辞めるかどうか悩んた結果、仕事を辞めてはいけない人や仕事辞めるべきでない人がいますが、仕事を辞めようと思った時にもしくは周りから見てすぐにでも仕事を辞めるべき人もいます。

ここでは仕事を辞めていい、仕事を辞めて違う環境へ行くべき人の特徴を8つ紹介します。

もし、仕事を辞めようと悩んでいる人の中で当てはまる人がいたら今の仕事を辞めて次の仕事を探してもいいかもしれません。

精神的なダメージが継続して大きい場合

精神的なダメージが継続してしかも大きい場合は、すぐにでも仕事を変えて心療内科に行くことをおすすめします。

仕事のストレスで不眠症や過食症、拒食症などの摂食障害、うつ病などの病気を発症してしまうと様々な障害が発生してしまいますし、仕事辞めた後でもひきづってしまいます。

将来を考えて無理に仕事を続けるのは賢明とは言えませんので精神的なダメージが継続していて大きい場合は、早急に仕事を辞めるなり変えるなりしましょう。

加えて、パワハラまがいもしくはパワハラな上司や取引先、モラハラなどで精神的にも肉体的にもダメージを受け続けていると萎縮してしまいますし、本来の業務をすることができなくなります。

職場でいじめに遭っている

職場の人間関係で大きなストレスがあるもしくは職場でパワハラなどのいじめにあっている場合抱えている仕事をすぐにでも辞めて転職することをおすすめします。

職場でいじめにあっているということは精神的に大きなストレスを抱えています。

すぐ辞めて次の行動に移せたらいいのですが、ほとんどの人は、まだやれる、まだ我慢できるレベルと思い、頑張り過ぎてしまいます。

しかし、頭で理解していても精神的なストレスは、心に浸透してくるため、職場の人間関係によるストレスにより、徐々に徐々に精神的に追い詰められてしまいます。

精神的に追い詰められてしまうとひどい時にはうつ病のような症状が出てきたり、うつ病そのものになってしまいますのですぐに仕事を辞めて次のステップへ進みましょう。

また、我慢しすぎてうつ病などの精神的な疾患を患ってしまうと、精神的な病気は、身体的な物と比べて治療法が確立されてなかったり、有効な薬がなかったり、治りにくいかったりするので治療が長期化してしまいます。

そうすると今後の人生にも関わってきますし、症状がひどいと今後の人生に大きな影響を与えてしまいます。

そういったリスクを考えると、我慢できない、精神的な苦痛がひどい場合は仕事をすぐに辞めてしまうべきです。

会社での出来事を引きずり私生活にまで影響が出ている

仕事をして給料をもらうということは、生きるための生活費を稼ぐ、生活のための手段です。

当然ですが、誰も無給で仕事を続けたい人も続けていく人もいません。

労働に対しての対価がないと誰も頑張って仕事をすることもできません。

けれども、何らかの原因で仕事中に受けた精神的ショックや怒りを私生活にまで持ち越してしまう人がいる場合は、その仕事を続けるべきではないかもしれませんので注意が必要です。

今、働いているところを辞めたとしたら家族や自分の生活を維持することができたいのであれば、転職を考える前にまずは職場での環境改善を考えることが先かもしれません。

ただ、転職をしたら逆に生活が豊かになる、生活水準は維持できるのであれば、すぐ職場を変えてプライベートへの悪影響を改善する必要があります。

他にも拘束時間が長い、残業が多い、通勤時間が長いなど家族に迷惑をかけていたり、周りに悪影響を及ぼしている場合なども転職するに値します。

仕事が自分にあっていない

どれだけ仕事をやっていても仕事が自分に合っていないと考えてしまう時は、周りも同じく仕事が合っていないと言われたらその仕事は合ってない可能性があるため、別の仕事に変える必要があります。

ただし、注意が必要なのは最低でも1年以上続けてみてそう思ったり、周りから仕事が合っていないのではと言われた場合に限ります。

仕事を始めたばかりで仕事があっていないというのはちょっと判断材料が乏しいため、冷静な判断ができません。

ある程度の期間は仕事を継続して様子を見る必要があります。

仕事を始めたばかりの頃は色々と仕事を覚えることもありますし、上手く仕事を進めることもできないため、フラストレーションから仕事を辞めたいとか仕事を変えたいとか思うこともあります。

それでもある程度続けていると仕事に慣れ、少しずつ楽しくなってきたり、仕事に慣れてきたことで視野が広がり、自分に合っている、この仕事が面白いと思える可能性もあります。

もちろん、最初の頃に思ったこの仕事が合わないなと思う気持ちがそのまま継続される可能性もなくはないです。

ある程度の期間をおいて改めて自分の仕事を考えてみた時に合ってないと思うのなら仕事を変えてしまうべきかもしれません。

会社の将来性がない

会社に将来性がない場合も転職する必要があるかもしれません。

例えば、給料カットやコストカットなど仕事をする環境が悪化する中で改善する可能性があって仕事が好きなら続けてもいいかもしれませんが、会社の将来性がなく、仕事の環境が改善する可能性がない場合、仕事をやめたり転職して他に自分の能力を活かせる場所を探してみるのも一つの方法です。

もちろん、会社に対してお世話になった上司や先輩などがいてみんなが頑張っているのに辞めれない、みんなと一緒に頑張りたいという場合ももちろんですが、仕事を続けてもいいかと思います。

会社の将来性がないため、生活環境に支障をきたす恐れがあると思ったら転職したり辞めたりすることも選択肢の一つです。

労働時間が長く環境が悪い

労働時間が長く労働環境が悪いと多少の残業は許容範囲であっても度を超えてしまうとプライベートにまで影響を及ぼし、友達や恋人、家族との費やす時間がなくなってしまい、ストレスに感じてしまいます。

ひどい時には労働時間が長いために蓄積されたストレスが、不眠症などの睡眠障害を引き起こしたり、過食症や拒食症などの摂食障害を起こしたりします。

体は元気でやる気があったとしても心が悲鳴をあげてしまっては働く意義をも考える必要が出てきます。

また、労働時間の長い会社は、長く働く環境にあるとは言えず、いずれ体を壊してしまう可能性が高いため、早めに転職するなり、辞めて別の道に進むことがベターかもしれません。

ただ、いきなり辞めるのではなく、労働時間が長いことや仕事量が多すぎることはまず上司に相談してみましょう。

ただし、上司に相談したのに改善されなったり、相談自体に乗ってくれない場合は、退職や転職を考えるべきです。

会社が違法行為をしている

近年は会社内の不正が多く取り沙汰されています。

不明金などで不特定の人物が犯罪に手を染めているのならよくはありませんが、その人が摘発されてしまうことで解決することが多いのですが、会社が違法行為や違法すれすれの行為をしている場合は、早めに仕事を変えるべきかもしれません。

特にブラックと呼ばれる企業の場合は、利益優先のため、サービス残業を強要したり、パワハラ、モラハラなど社内の雰囲気もよくありません。

万が一、会社のやっていることが違法行為だと注目を浴びると場合によっては自分の今後のキャリアにも影響を及ぼしてきます。

また、会社が違法行為で摘発されたりすることで仕事自体がなくなってしまう可能性もあります。

そうなる前に早めに転職なりの手を打っておいたほうがいいかもしれません。

サービス残業が多く当たり前化された環境下にいる時

本来ならあってはいけないサービス残業ですが、働いたのにも関わらず残業として加算されず正当に賃金を支払われない習慣は今だに根強く残っています。

利益至上主義のブラック企業ではまだまだ当たり前のように残っていて、会社が得をして従業員だけが損をする図式は直りません。

サービス残業をすることで長時間労働の原因にもなりますし、毎日のようにサービス残業をしていると本来もらえる残業代ももらえず、労働時間だけ増えていくため、肉体的にも精神的にもストレスや疲れが知らず知らずのうちにどんどんと蓄積されていきます。

長時間労働同様に上司にまずは相談すべきかもしれませんが、サービス残業が常習化されている会社で上司に相談したとしても改善される見込みは非常に少なく、長く続けてきた習慣があるからこそのサービス残業の常習化なので、そういった職場は早めに見切りをつけて他へ転職するなり、会社を辞めた方がいいかもしれません。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

仕事をする上で誰もが辞めたいとか仕事を変えたいと一度は思うものです。

仕事を辞めるにしても転職するにしても一時的な感情に判断を委ねるのではなく、なぜ転職したいのか、なぜ仕事をしたいのかじっくり考える必要があります。

もちろん、上記で紹介した通り、すぐにでも辞めるべき理由や状況もあります。

ただ、それでも仕事を辞めたい、転職したいと思った時には辞めて本当に後悔しないのか、転職してその仕事が楽しいものなのか、自分に合っているのかどうかをしっかり判断した上で仕事を辞めるという行動に移すべきです。

人生を左右しかねない判断でもあるため、焦った判断は禁物です。




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務を辞めたいという方はぜひこの記事をご一読ください。調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業ですよね?しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあるそうです。この記事では、そんな調剤薬局事務員が辞めたい理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務は忙しいながらも、そのやりがいを知っていただけたらと思います。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見する

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気をつけること

事務の休み事情についてご存知でしょうか?今回は、事務職の方が休みを取る際に気をつけることなどを詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で、雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方は是非ご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、雇用形態別に休みの取り方に違いはあるのでしょうか?事務職と一口に言っても、正社員や派遣社員などその働き方は様々です。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていた

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

育休復帰を悩む方、多いのではないでしょうか?妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎりますよね。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けまでにやっておくことや、心配事、その対処法について紹介していきます。仕事に復帰することを希望されている方は必見です。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員の

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

社会福祉士を辞めたいとお考えの方は必見です。老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな一見やりがいの持てそうな社会福祉士を辞めたいと感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の忙しいというリアルな声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上に問題を抱える相談者や施設の利用者、時にはそのご家族に寄り添う仕事です。相談技術はもちろん制度

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いていない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、私って歯科衛生士に向いていないかも…とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説しますので、今の業務に自信を失くしている現役の歯科衛生士さんにはぜひ最後まで読んでいただきたいと思います。歯科衛生士とはどんな仕事?歯科衛生士の仕事は主に「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などです。歯科医のアシスタント、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士に向いていない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人とはどのような人でしょうか?また、どのよ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きてしまった・・・。他の仕事に転職するなら?オススメな4つの仕事

歯科衛生士としてある程度ベテランになってきて毎日充実しているはずなのに歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...、患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど歯を見る以外の仕事も経験してみたい....、そう感じる瞬間も少なくありません。では、他の職業に転職する時に歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は冬の退勤時です。診療中は忙しくて、飽きたと感じる瞬間もなく時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また午前診療はお昼休憩を楽しみ

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

昨今は歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって起こる様々な病気が見つかっています。人間の歯は一度欠けたり取れたりしたら、再生するということはありません。その場合は歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらうことになりますが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番キツいと言われている仕事の一つでもあります。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの二つが大きいですね。そしてもう一つ、粉まみれになることです。粉ま

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

物流倉庫の人間関係について気になる方はぜひご覧ください。広い倉庫の仕事と言えども避けて通れないのが職場での人間関係ですよね。仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってくる「倉庫の仕事の人間関係」や「業務内容」についてここでは詳しくお教えしたいと思います。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、実際はどうなのでしょうか?興味のある方は、最後までご一読いただけたらと思います。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いていない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。それはお金を頂き雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人は皆必ずしも完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗をしながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても「向いているタイプ」と「向いていないタイプ」が存在することもまた事実としてあります。今回は、社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきたいと思います。社会福祉士の仕事とはどんな内容

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

ウェディングプランナーの悩みについてここでお教えしちゃいます。特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできる職業ですが、その反面、悩みを持った方も沢山います。この記事では、そんなウェディングプランナーの大変なことについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーに向いてない人、向いている人、ご自身はどっちなのかをご参照いただけたらと思います。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるので

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士に向いてない人の特徴をここで詳しくご紹介させていただきます。そもそも管理栄養士になるためには何が必要だと思いますか?何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!栄養士に向いていない人に該当してしまった方も、乗り越え方を知って、諦めずに頑張ってみてください。管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情が気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は、働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いのか、連休が取りやすいのかどうかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情についてご紹介します。有給休暇の取り方や歯科衛生士の勤務時間についてぜひ参考にしてみてください。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的には休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いのは、何だと思いますか?現役の方は、今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人により様々な悩みがあると思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々な悩みをご紹介いたします。更に解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内します。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、上手くできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリきますし、自信を失くしてしまいます。上手なア

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

助産師がブラックな職業と感じてしまう理由って何だと思いますか?就職する前は応募した会社がブラックだなんてわかりませんし、そもそもストレスのない職業なんてありません。そんな中でも医療業界、特に助産師は厳しい職業だと言われています。今回は助産師が楽しくない原因についてお話ししていきたいと思います。また、助産師の現実を知った上で、それでも感じられるやりがいについてもご紹介させていただきます。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツいと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは「社会福祉士はやめたほうがいい」と言われてしまうようなブラックな仕事だと感じる原因について、経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックな職業と感じてしまった点をお伝えします。これからお伝えする内容はあくまで個人の主観的部分に当てはまるところなので、ご了承

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

薬剤師を辞めたい原因についてお話していこうと思います。ハローワークなどの求人に掲載されている給料や時給は高い方なので人気のある職業なはずの薬剤師。だからといってお金がたくさんもらえることだけが良い事とは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも特有の悩みだってあるんです。今回は、薬剤師を辞めて違う仕事に就こうかとお悩みの方に向けて、薬剤師を辞めたいと思う理由や乗り越え方、辞めた後のおすすめな仕事を紹介します。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れて

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も併せて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じることの一つに、職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため、歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いのです!今回は、そんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話します。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは、簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行っています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とてもストレスを感じやすい職種と言われています。人の役に立ちたい!と高い志を抱いて社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談に乗るばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士はどのようなことに悩み、どう解決しているのでしょうか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士がどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じやすい社会福祉士は施設や病院に何人もいるわけではなく、1人で業務をこなすケースも少なくあり