仕事をしていると訪れる『辞めたい』時期…

辞めたいと思うのは色んな理由があると思いますが、辞めたいと思って辞めて正解だったパターンと、辞めなきゃよかったというパターンがありますよね。

他人から見たら『辞めたいなら辞めればいい』と思うかもしれません。

心の底から辞めたいのであれば辞めたらいいんですが、本当は心のどこかでどうしようか決めかねているから悩むんです。

今回はパートをしていて辞めたいと思った時、勢いで辞めてしまわないような対処法をご紹介します。

パートを辞めたいと感じてしまう5個の理由と対処法とは?

パートをしていて辞めたいと感じる瞬間はどんな時なのか、またそこで勢いで辞めてしまって後悔しないように対処法をお話していきます。

人間関係がうまくいかない

人間関係はパートを辞めたいと思う瞬間でトップを争う位の理由ではないでしょうか?

合わない人がいる・先輩が怖い等様々な理由があると思います。

私も実際そんな時がありましたし、誰にでもあり得る事なので落ち込まなくても大丈夫です。

対処法①:気にしない

対処法はまさに『気にしない』です。

それが出来たら苦労しないよ!

という声が聞こえてきそうですが一度やってみてください、できますから。

もちろん自分自身に『仕事でミスが多い』などの原因がある場合はダメですが、大体は理不尽な嫌がらせを受けているとかだと思います。

働いているということはある程度大人ですよね?

その大人が職場仲間に嫌がらせするなんてみっともない事ですし、相手が恥じるべきこと。

こちらが恐縮したり肩身の狭い思いをする必要は全く無いんです。

心の中で『この人は器の小さい人。まだ子供なんだ』と哀れんでみてください。

きっとスッとしますから。

とはいっても簡単にできることではないので、仲良しさんを作るという対処法もあります。

1人でも仲良しさんがいれば、愚痴を言ったり聴いたりすることで気持ちが楽になるかもしれません。

対処法②:人事に相談する

いじめのような酷いケースもあるので、その時は店長や相談センター・人事へ相談してください。

複数店舗あるところであれば移動させてくれる事もありますし、対象の人物に探りを入れて改善してくれます。

自分が去る選択はその後でも遅くはないと思います。

仕事が合わない

仕事していて『あ、これ合わないわ』と思うこともあるかと思います。

自分のやりたかったことじゃないと感じると辞めたいと思う瞬間が出てくるのではないでしょうか。

『それって応募の時に分かるよね?』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、働いているうちに『これじゃない』と感じることは往々にしてあることです。

あとは働いていて違う仕事を任されることも少なくはないでしょう。

対処法①:挑戦してみる

思ってた仕事じゃないということは、違うことに挑戦できるということ。

新しい仕事は自分のスキルアップにもなりますし、勉強だと思って働いてみるのもいいんではないでしょうか。

私も営業事務で働き始めたのですが、途中で違う仕事を任され困惑したことがあります。

本来その内容だったら応募すらしないような仕事だったのでその仕事は初めてのジャンルだったし、不安と『これじゃない感』は強かったのですが、やってみようという気持ちで続けました。

結果的に新しいジャンルの仕事を覚えることが出来ましたし、新しい発見もありスキルアップに繋がりました。

辞めるのはいつでもできるので、一度辞める前にチャレンジしてみてください。

シフトを減らされた

沢山働いて稼ぎたい人からしたら、シフトを減らされるのはパートを辞める理由になりますよね。

私の職場でもシフトを減らされたことで辞めていくパートさんが多かったですし、現に私も減らされて辞めようかなと思ったことがあります。

対処法①:ダブルワークをする

え?無理!と仰る方が多いのですが、それはなぜですか?

今まで私が耳にしてきた理由に一問一答式で返答していきたいと思います。

『新しい仕事を覚えるのが大変』→「今の職場から変わろうとしているのだから、どっちみち新しい仕事は覚えないといけない。」

『ダブルワークは大変!忙しい』→「どちらにせよ働かなければ給与はもらえない。もっと稼ぎたいなら忙しくなるのは当然。」

『2つも仕事したくない』→「新しい職場でもシフトが減らされたらまた辞めるのですか?それなら少ないシフトの数撃ちした方が効率よくないですか?」

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいて頭に浮かんだ事と同じだった方もいらっしゃると思います。

要は、シフトが少ないからという理由で職場を変わるのはもったいないよ!と言う事なんです。

せっかく覚えた仕事ですし、可能な限り続けていただきたいなと思います。

ダブルワークを禁止しているところもあると思いますが、そういうところでシフトがかなり少ないというのはあまり見ません。

それで少ないならば継続するのは難しいかもしれませんね…

対処法②:交渉する

店長などシフトを管理している人へ相談してください。

相手はこちらがシフトを減らされたくない事を知らないかもしれません。

言えば増やしてくれるかもしれないので、辞めると決める前に一度相談してみてはいかがでしょうか。

他にやりたい仕事が見つかった

仕事をしていると他の仕事がしたくなる瞬間が出てきますよね。

買い物に行ったりサービスを受けた時に『この仕事やってみたいな』と思うこともあるんじゃないでしょうか。

実際私もいろんな仕事をやってみたいと思うことは多いです。

ただそれが『他の仕事がやりたい=辞めたい』ではない事を覚えておいてほしいです。

対処法①:今一度自分の仕事と向き合う

よその畑は青く見えるもの。

他の仕事がしたいと思うのは一時の感情かもしれません。

それなのにすぐ辞めて仕事を変わった後に『やっぱ前のパートのが良かった』と思うことも出てくるかもしれません。

そうならない為にも、辞める決断をする前に自分の仕事と今一度向き合っていただきたいです。

今やってるパートのやりがいや仕事内容・人間関係…興味の出た仕事と比較してみてください。

仕事は1から覚えなおさなければならない、仕事に慣れるまではやりがいは感じられない、人間関係も1から構築しなければならない…

それを今の仕事と照らし合わせてみて、新しい仕事の方が勝っている時だけ転職を考えてください。

私の経験上、大抵は今のパートの方が勝っていました。

対処法②:そのやりたい仕事について調べる

『この仕事やってみたい』と思った時、まずはその仕事についてきちんと調べてください。

見えてる部分は良さそうでも、実はキツい・辛い現況があるかもしれません。

同業の方の意見を聞いてみるのもいいでしょう。

とにかくしっかりリサーチしてください。

家庭の事情

配偶者の転勤・親の介護などのどうしようもできない理由の時は、何も考えずに家庭を優先してください。

ただ、家族に相談することで解決することもあるので、そちらの理由をご紹介します。

子供が気になる

パートをしていると、専業主婦の頃より家庭で過ごす時間が減ります。

そんな時に一番に出てくるのが『子供に寂しい思いをさせているのではないか』という思い。

私の周りでもそんな声をよく耳にします。

学校から帰って来た時に居るはずの人がいないというのは寂しく感じるかもしれません。

対処法①:お子さんとしっかり話をする

帰ってきた時に家に誰もいない、所謂『かぎっ子』をお子さんがどう思っているのかをしっかり聴いてください。

私は小学校の頃かぎっ子でしたが、それなりに楽しんでいました。

母が帰ってくるまでに宿題や勉強を済まし、翌日の用意をするのが楽しみでした。

なぜなら帰ってきた母がその様子をすごくほめてくれたんです。

『1人でよくできたね』『おりこうさんだね』と言ってくれてしばらく一緒に遊んでくれました。

お子さんが寂しいようであれば辞めることも視野に入れるべきですが、きちんと自分でいろんなことを出来てその状況を楽しめているようであれば、そのまま様子を見てみるのもいいかと思います。

対処法②:パート時間を調整する

職場に勤務時間の調整を申し出てください。

パートに出ていてもお子さんが帰ってくるまでに帰宅できるようなシフトであれば、お子さんの事を気にすることもなくなりますよね。

『それ当然じゃない?』と思われるかもしれませんが、結構『会社に言いにくい…』と仰る方が多いです。

パートを辞めるのは、一度会社に申し出てみて却下された時に考えればいいんです。

家事に手が回らない

働いているとこういうことも出てくるかと思います。

夕食の準備が間に合わない・掃除が出来ない等、家事が疎かになってしまうこともあるでしょう。

だからと言ってパートをやめるというのはもったいないと思います。

対処法①:配偶者に相談する

何事も相談です。

配偶者に正直に家事が疎かになってしまっている事を話し、一緒に解決していってください。

もし配偶者と少しでも家事分担できれば、パートを続けることが出来ますね。

対処法②:吹っ切る

これは一番簡単でありながら難しい事です。

きっと真面目な方は、家事を完璧にこなそうとしているんじゃないかなと思います。

私なんか『仕事してるんだから』と思い、基本的なことしかしません(笑)

毎日やる掃除は、大まかな掃除機かけ・お風呂掃除しかしません。

キッチン周りは料理したついでに片付けていますし、トイレ掃除は2~3日に一度です。

窓ふきとか雑巾がけは適時必要な時だけですし、洗濯もある程度たまったら洗濯機にかけるだけ…

その位でご自身が納得できれば普通にパートに出ることが出来ると思います。

ですので『家事はある程度手抜き』位にしてみてください。

ただ、配偶者の方やご家族が『全て完璧にやれ』という考えのご家庭には向かない対処法です。

本当に辞めていいの?パートを辞める前に考えること

パートを辞めたいと思って勢いで辞めた後に後悔する…それはもったいないですよね。

辞めたいと思った時に決断する前に考えていただきたい事についてお話します。

上記内容と重複するところも出てくるかと思いますが、それは大切は事なのでご了承ください。

本当に合わない?

『仕事が自分に合っていない』という理由で辞めて新しい仕事が見つかったとしても、そこで何か問題が出てきたらまた辞めなければならなくなります。

仕事が合わないという理由の場合は踏ん張ってください。

合わないと思っても続けていれば自分の方が仕事に合うようになってくることもありますし、楽しくなってくることもあります。

自分に合う仕事の特徴は、こちらの記事を参考に!

収入は足りてる?

『もうやだ、辞めたい』と思うがまま衝動的に辞めてしまって、経済的に困ってしまう人も少なくないですし、私の友人にもいました。

その友人は辞めた後に収入が足りないことに気づき、慌てて新しいパート先を探すもなかなか見つからず、最終的に親から援助してもらっていました。

パートしたくなくても、辞めたくても、収入が足りていなくて生活できないようでは困ってしまいます。

先ほどの例のように援助を受けられる状況であればいいですが、最悪の場合、家をも失ってしまうかもしれません。

そうならない為にも、辞める前にきちんと生活していけるだけの収入があるのかだけは確認してください。

当然のことのように思えるかもしれませんが、その当然のことが出来ない位の辞めたいという状況に陥ることもあります。

そしてよく考えた上で辞められない状況であれば、上記の対処法を試してみてください。

本当に辞めたい?

働いていれば衝動的に辞めたいと思うこともあります。

ミスをしてしまった・上司や先輩に叱られた・お客様にすごく酷いことを言われてショックを受けた等…

しかしよく考えてみてください。

  • 人間なので完璧には出来ないでのミスもします。次は同じミスをしないようにすればいいのです。
  • 叱られるには何か自分に原因があるはずです。理不尽に叱られているのであれば問題ですが、どうして叱られたのかを今一度考えてみてください。
  • お客様の中にはいい方も嫌なことを仰る方もいますので、あまり気にしないでください。

いかがですか?

上に書いたように考え方を変えることで『辞めるまでもないか…』と思えてくるかもしれません。

まとめ

パートを辞めたいと思う瞬間や、その対処法についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

辞めたいと思われた時は、一旦離れて第三者目線で自分を見つめなおし、楽しいパートライフを満喫してください。