自分に合う仕事の特徴についての写真

働いていたり仕事を探している時には、この仕事は自分に合っているのかな、自分に合う仕事ってなんだろう、と思ってしまうこともありますよね。

今回はいくつかの仕事をしてみてから気が付いた自分に合っていると思える仕事の条件をご紹介します。

今働いている人も新しくお仕事を探している人もぜひ参考にしてみてください。

自分に合う仕事とはどんな仕事?

自分に合う仕事とはいったいどんな仕事なのでしょうか。

簡単に言えば、楽しいと思える割合が大きい仕事ではないでしょうか。

楽しいだけのお仕事というのは基本的にあり得ません。

趣味でさえつらいと思う部分が全くないというものはなかなかないでしょう。

ですから、自分に合う仕事とはツライよりも楽しい、あるいは欲求を満たしてくれる、が先立つものだと言えます。

具体的にはどんな特徴があるのか見てみましょう。

「自分に合う仕事」を診断で見てみるにはこちら →

「自分に合う仕事」と言える仕事の8個の特徴

楽しいなと思える部分があってもこれが確実に自分に合う仕事だと断言できる人は実は多くありません。

何故なら仕事というのは人生の中でそれほどいくつも経験できるものではなく、それなのに職場は無限にあるからです。

でも、次のような特徴をすべてでなくともいくつか満たしていたら十分自分に合う仕事だと言っていいでしょう。

褒められた経験がある

どんな小さなことであっても、褒められた経験があるという人は自分に合う仕事をしている可能性があります。

顧客からであれ社内の人からであれ、褒められるということはそこに自分がいてよかったと思っているということ、自分はその仕事に向いている部分があるのだと他者が認めているということです。

業務上の成功を褒められた経験だけでなく、笑顔であったりちょっとした対応などでも褒められていることに変わりはありません。

楽しいと思える仕事がある

自分が楽しいと思える仕事があることも特徴です。

全ての仕事が楽しい必要はありませんが、何かしら行っていたいと思える業務があるならその仕事は向いていると言えるでしょう。

人によって黙々とする事務作業だったり、人と話すことだったり、業務全体ではなく一部だけであることや何か達成した瞬間だけが楽しいということもあります。

またやりたいなと思える仕事があるのならその仕事は自分に合っているのでしょう。

平均以上の成績を出している

好き嫌いに関わらず成績が出せるのであればその仕事は向いているのかもしれません。

性格診断などがありますが、実際の仕事はやってみなければ分からないものです。

自分のやりたかったことや向いていると思っている仕事とは離れているけれど成績は人並み以上に出している、なんてことも起こり得ます。

そういった場合自分が気づいていないだけでその仕事に適正があると言えるでしょう。

給与や待遇に満足している

給与や待遇に満足しているサラリーマン

現状の給与や待遇が生活に見合っていると感じるのであれば、業務内容に関わらず自分に合った仕事をしている可能性が高まります。

仕事をする上でその対価は大切です。

貰っているものが十分である、または多いと感じるようならば、同じ仕事で給与が少ないと感じている人よりもその仕事を楽にできているということです。

十分向いていると言えるでしょう。

自信を持てる業務がある

自信が持てる内容の仕事があるのであれば、それも仕事に向いていると言える要因のひとつです。

自分でも自信が持てるくらいですから、人よりもその仕事ができるということでしょう。

どんな仕事であっても誰にでもできる訳ではありません。

例え自分の中では誰にでもできると思う仕事であったとしても、自信を持てるほど十分にできる業務があるのであれば、それは十分に適職だと言ってもいいでしょう。

職場の雰囲気がいいと思える

職場環境も大切です。

忙しい時やもめ事など常にいい雰囲気とはいかないかもしれませんが、普段いい雰囲気だと思えるのであればその職場が合っているのでしょう。

話しやすい人がいたり、上司の対応がいいと感じるのであればなおさら向いている仕事の可能性が高くなります。

実力に見合ったポジションを与えられていると感じる

入社してしばらくしてからなら、自分に合ったポジションが与えられているかもポイントになります。

実力に見合ったポジションを与えられていると感じるのであれば、その会社はしっかりと働きを評価してくれているということです。

そして評価されるだけの働きを見せているとも言えます。

そのような場合なら十分自分に合った仕事をしていると言えるでしょう。

業務を苦だと感じない

日常的に行っている仕事が苦にならないのであれば、それだけでも十分にその仕事は向いていると言えます。

からだを動かすのが好きな人、黙々と続けるのが好きな人、集中したい人、話しながらできる作業がいい人、その他仕事内容によって適正はいろいろです。

「自分に合う仕事」を診断で見てみるにはこちら →

「自分に合う仕事」の特徴を押さえたら、次に具体的な職種や業界を見てみましょう!

自分に合う仕事の特徴をご紹介しましたが、今の職場や考えている仕事に対してどうだったでしょうか。

合っていないかもしれないと思った方、自分に合うお仕事をぜひ見つけてみてください。

職種や業界にはいろいろなものがあります。

職種の例

まずは職種の例を見てみましょう。

特徴や向いている人の傾向を記載しました。

営業職

顧客のニーズに応えるお仕事であると共に、会社からの期待も大きくプレッシャーがかかります。

成績が目に見える形で提示される会社が多いです。

向いているのは人と話すのが好きな人や、会社からの重圧をやりがいに代えられるタイプの人。

自分が働いた分だけ明確に数字が出て認められる方が嬉しいという人にもいいでしょう。

事務職

事務職の仕事

座り仕事が基本で、屋内でお仕事ができます。

パソコンを使うことが多く数字を取り扱う場面がよく出ます。

ほとんど同じ場所で仕事をするので大きな会社だと人間関係が複雑になることもあるでしょう。

向いているのは黙々とした仕事が好きな人や時間管理が上手な人、顧客や他の社員さんとのすり合わせもあるので人の気持ちに立てる人も向いている傾向にあります。

経理

会社のお金を取り扱うお仕事です。

大きなお金を預かることになる他、経費の管理などでいろいろな部署の人と関わります。

経理という仕事をしている人は少ないことが多く、一人だけということも多々あります。

責任感が強い人、数字が苦手でなく細かい計算が苦にならない人、エクセルなどの使用に長けている人、簿記などの資格を持っている人などは向いているでしょう。

座り仕事で動くことも少ないため集中力があることも挙げられます。

企画・管理

企画を立ち上げたり会社の人事や仕事内容、進捗、予算などを管理したりするお仕事です。

会社の動向や営業成績を左右するため責任が大きく、またクリエイティブな意見が求められることも多いでしょう。

向いているのは仕事にやりがいを求める人、流行に敏感で知識欲が高い人、残業が苦にならない人、大きな仕事をしたい人などです。

自分の意見を他者に伝える力や、相手の立場に立った考えができることも重要になります。

サービス職

お客さんの対応が多いお仕事です。

書類仕事やモノを運ぶなどの作業が発生する場合も見られます。

商品を買う立場の人と直に顔を合わせるので自分の仕事に誇りを持ったり、やりがいは感じやすいでしょう。

反対にクレームがあったり、対応の難しいお客さんに当たったりとストレスもかかりやすいです。

向いているのは相手の反応を喜べる人、相手の立場に立った対応ができる人、サービスをすることに誇りややりがいを持てる人などです。

あとはストレス耐性が強い人も向いているでしょう。

技術職

開発や製造をするお仕事です。

ものづくりに携わるお仕事ですから、仕事で実際に何かを作っているという実感が得やすくそれがやりがいになるでしょう。

開発と製造でも少し異なりますが、どちらかと言えば黙々と作業をする業務が多いです。

向いているのは毎日同じことを繰り返すことに抵抗がない人、長時間似た作業ができる人、細かい作業が好きな人などです。

クリエイター

何かを創造するお仕事です。

内容はクリエイターによって様々ですが発想も技術も両方必要になり、常に新しいことを吸収していく必要があるでしょう。

向いているのは発想力のある人はもちろん、新しいことが好きな人、知識欲が高い人、教えてもらうことに抵抗がない人などが挙げられます。

また、仕事をもらうためにコミュニケーション能力や人脈が必要になる場合もあります。

業界の例

業界でも向き不向きが出ますから、業界ごとで考えてみるのもいいでしょう。

飲食業

よく募集があり、正社員になれる例も多いのが飲食業です。

チェーン店などで出世を目指す人もいれば独立開業を目指す人もいたりと将来設計も様々ですね。

調理をする人と接客をする人、両方をこなす人がいます。

調理だけであればもくもくと作業ができる人、細かい気配りができる人、あとは体力がある、技術を学ぶ姿勢が持てる、といった人に適正があるでしょう。

接客であれば体力はもちろん笑顔を向けるのが苦にならない人、柔軟な対応ができる人、なるべくいつでも気持ちのいい接客ができるように自分の気持ちを自分で整えられる人などが向いています。

建設業

現場で稼働する職人さんとその人たちをマネジメントする技術者さんに分けられることが多いです。

どちらかといえば職人さんの方が体力仕事だと言われます。

危険の多いお仕事もありますし、大きなものを取り扱うため安全管理ができる人、安全のために口うるさく言われることに対応できる人、几帳面な人、体力がある人、向上心がある人も向いています。

色々な年代の人が働いているのでコミュニケーション能力の高さがあるとなおいいでしょう。

金融業

金銭を取り扱うお仕事です。

部署にも寄りますが正確なお客様対応も求められます。

法律が深く関わる業務も多く、知識のアップデートが割合頻繁でしかもミスが許されないことが多々あります。

お金を取り扱うということで言葉遣いや姿勢などに厳しい業界であるのも特徴です。

向いているのは数字に強い人、正確で丁寧な仕事ができる人、責任感がある人などです。

コミュニケーション能力がある人も強いですね。

工業

工業系のお仕事では会社それぞれの特色が出やすいことにも注意した方がいいでしょう。

話しやすい環境もあれば会話禁止のところもありますし、特に中小企業も多いため昔ながらの社風のアットホームなところも多いです。

もちろん他の業種でもそうですが、ワンマン経営で社長とコミュニケーションが取れないと居づらいと言った声のある会社もあります。

コツコツとした作業を求められることが多いため細かいことをし続けられる人などが向いていますが、適応力が高い人、みんなに好かれるタイプの人なども向いていると言えるでしょう。

運輸業

運輸は運転手の募集が多く、一人でお仕事をする場面も多い業種です。

特に長距離トラックなどだと日をまたいで一人きりということもあります。

顧客の荷物を取り扱うため責任が大きく、集中力を要する職務が多いでしょう。

重いものを持ち上げたりと体力も必要になります。

向いているタイプにはそういった集中力や体力に長けている人、運転手であれば一人の時間を持てる方がリラックスできる人、責任感のある人などが挙げられます。

教育・学習支援

幼稚園や塾の先生などが含まれます。

人にモノを教えたり育成にも関わるお仕事ですから責任が大きく、その分やりがいも見出しやすいお仕事です。

相手に分かりやすく伝えるための能力であったり、自分とは違う年齢・考え方の相手のことを思いやる能力があると向いていると言えるでしょう。

教育現場は日々新しい常識が舞い込むため、常に学習していくという姿勢も大切になります。

情報通信業

システムエンジニアなどが有名です。

最新技術を扱い、新しい製品や新しいサービスをどんどん提供するお仕事です。

その分新しさについていけない人には向かない他、会社ごと倒産するケースも見られます。

自分の技術力に自信がある人、技術を生かしたい人、技術革新の激しさに負けず常に新しい知識と技術を得ようとする人などが向いています。

トラブル対応のために休日がなくなったり帰宅ができなくなったりということもあるため仕事にやりがいを求められることも大切になるでしょう。

医療・福祉業

資格が必要なことも多い業種です。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などなど普段あまり耳にしない専門の方もいます。

各種の福祉士や技師も多いですね。

人のカラダやココロのために働くお仕事で、いろいろな人と関わります。

同僚や他の部署・時には違う会社と連携することもあります。

職種にも寄りますがコミュニケーション能力の高い人、相手に尽くすことが苦にならない人、体力のある人、不規則な勤務時間に対応できる人などが向いています。

命に係わるお仕事なので責任感や、それでありながら過去にとらわれ過ぎないメンタル力も大切ですね。

公務

公務員になりたいという人は多いですね。

一般的に安定していて、余程のことがない限り定年まで辞めさせられることがないと言われています。

向いていると言われるのが安定を求める人、将来設計をきちんとしたい人、職種にも寄りますが年功序列に抵抗がない・大きな躍進はないかもしれないけれど少しずつステップアップしたい人などが挙げられます。

市民のために努めるのでサービス精神のある人も向いています。

電気・水道・ガス等

生活に必要なものを届けるお仕事です。

公務に近い部分があり会社が破綻することはあまりないためこちらも安定を求められるお仕事です。

社会を動かしているものなので供給が止まると大変なことになります。

そのため普段から点検や安全管理が重要になります。

有事の際には休日出勤なども起こるでしょう。

責任感がある人や黙々と作業ができる人、体力がある人、何も起こらないことに安全を守っているという満足感を得られる人などが向いています。

直接顧客と関わることも多いのでコミュニケーション能力も求められるでしょう。

条件的にも、自分に合うものを考えてみましょう

向き不向きを感じるには条件が合っているかも重要だということを述べました。

業務内容を見て自分に合っているかを考えるだけでなく、自分の求める条件がその会社にあるのかどうかもよく確認して選ぶといいでしょう。

年収

働くに当たって収入はどうしても大切になります。

どんなに楽しい仕事でも自分が生活していくための資金が不足していては辛い気持ちも大きくなりがちです。

逆に、辛い仕事でも年収が多いと気持ちに余裕できる傾向にあります。

金銭を支給されるということによって自分の働きが会社や社会から認められているという気持ちにもなりますので、自分がその仕事に向いているのだという認識もしやすいです。

年収は多いに越したことはありませんが、少なくとも自分の生活に見合っているか、自分がその業務をするストレスと釣り合いが取れているかは考えてみるといいでしょう。

働く場所

働く場所も重要です。

内勤がいいのか外で働きたいのか、動き回る方がいいのか一つのところからあまり動きたくないのかなどはまず決めた方がいいでしょう。

もちろん家から近い方が働きやすい、外食しやすい場所がいいなど自分の求める立地もあるためそちらも考えます。

空調の効いた場所もあればそうでない職場もありますし、人の多さなどの兼ね合いもあります。

環境によるストレスは大きいものです。

働く場所についてはしっかり確認しておきましょう。

ポジション

現場かマネージャーがもっと上の管理クラスかなど、ポジションは大切になります。

もちろん最初は役職ナシが基本になるでしょうが、ステップアップを狙えるのかどうかは、人によっては大きくモチベーションに関わります。

また、年収にも関係しますし将来設計にも影響するでしょう。

残業や責任が増える兼ね合いでなるべくなら特に役職などが欲しくないという人もいますから、自分の人生設計に合わせた働き方ができるのかどうかはしっかり会社選びの判断材料にします。

年間休日数

休日も重要視される要素です。

お休みがしっかり取れるとストレスの発散や体力の回復がしやすく業務への不満も減少しやすくなります。

また、そういった会社では他の人も休みが取れているわけですから人間関係も円滑になる条件がそろっています。

また、土日が休みのほうが都合がいい人もいれば、平日休みが嬉しい人もいるでしょうからそちらも確認しましょう。

月に一回でも二日休めればいい週休二日制と基本的に毎週二日休める完全週休二日制では違いますのでよく見ておくことも大切です。

また、完全週休二日制の場合でも連続で二日休める場合と水・日やシフトに寄るなど連続しないところもあるので好みに合わせて選びます。

また工場や外資系では国民の祝日は休みではないなどもあります。

年間休日数は求人に記載されていることが多いのでチェックしておくといいでしょう。

残業時間

たくさん残業をして少しでも多く稼ぎたい人、なるべく定時であがりたい人など、残業へのスタンスは様々です。

自分の働き方に合った残業の在り方かどうかは見極めた方がいいでしょう。

ただ、募集に書いてある残業時間は全ての部署に当てはまるとは限りません。

また、しばらく働くと残業が増えるという会社もありますし、そもそもあまり当てにならないということもあります。

インターネットなどで評判を確認したり、その業界や職種について調べたりして残業時間の多寡を確認してみてもいいでしょう。

サービス残業が常態化しているという口コミがあるところは注意した方がいいかもしれません。

福利厚生

福利厚生が手厚いかどうかも判断材料になります。

福利厚生のしっかりしている会社では貰える各種手当が多かったり、資格取得の勉強をサポートしてくれたりとメリットがたくさんあります。

会社が社員を大事にしている証拠でもあり、会社への不満が少なくなってストレスが減ったり仕事がしやすくなる可能性が高いです。

産休や育休の取りやすさなど、ライフプランに合わせた仕事の仕方ができるかどうかも見ておきましょう。

有休も取得を推奨している会社と残念ながら取りにくい会社が存在します。

歩合制かどうか

特に営業職では歩合制を取り入れているところがあります。

歩合制のポイントは自分の働きに給与が左右されるところです。

自分が成績を上げることができればその分給与も上がるためモチベーションが高まりやすく、やりがいも得やすいでしょう。

ただし、成績が伸ばせないと給与も下がってしまうため上手くいかない人は逆に苦しい制度でもあります。

やった分だけ金銭的にも認められたいという人は歩合制は向いているでしょうし、成績に囚われず自分のペースで仕事がしたいという人にはあまり向かないかもしれません。

完全歩合制の他、月給制に加えて手当として一部だけ歩合制を取り入れているところもありますし、半分程度などの割合で歩合があるところも存在します。

勤務時間

夜勤があるかどうかや、シフト制かどうか、働く時間はどのくらいかなど勤務時間はライフバランスに大きく関わります。

中には夜間だけの募集もあります。

夜に働くメリットは通勤時の渋滞が少ない、静かな職場が多い、夜間手当などで給与が高いなどが挙げられます。

シフト制だと平日や朝に休みが入ることがある、残業が少ない、人間関係で揉めた場合に時間をずらすという選択が取れるなどの利点が考えられます。

働く時間の長さや時間帯は自分の生活に合わせて考えましょう。

働ける時間帯が限られている人は、シフトでどの程度融通を利かせてもらえるのかも吟味します。

服装

毎日の服装も自分向きかどうか考えてみてください。

自分らしさを大事にしたいのであれば私服可のところやある程度髪型やネイルが自由なところを選ぶとモチベーションが上がります。

制服が素敵だと思うこともその仕事が自分に合っていると思える要因です。

スーツや作業服ならば毎日着る服を考えなくてもいいという利点があります。

自分の好みに合った服装から選ぶのも仕事選びのコツの一つです。

女性であればメイクのクオリティを求められるかどうかで支度の大変さが変わるという人も多いでしょう。

接客業などであれば特に、メイクや服装にこだわらなければならない会社もあります。

社員数

一概には言えませんが大きな会社と小さな会社では違いがあることも多いです。

一般的には大きな会社はマニュアルが整っている・教育制度が充実している・福利厚生が手厚い・社員の関係がいい意味でドライなどの特徴があります。

小さな会社だと工夫の余地が残されている・社長との距離が近く直接意見をぶつけられる・アットホームな雰囲気のところが多いなどの特徴が見られます。

どちらにもメリットデメリットや向き不向きがあるので、参考にしてもいいでしょう。

\自分に相性の良い会社を探したい人は/

優先順位をつけていきましょう

自分に向いている仕事かどうかの判断基準は、今回挙げただけでも本当にたくさんあります。

ストレスを減らすこと、自分の好みに合うことなどはどれも自分に向いている仕事になることに繋がるからです。

自分が仕事に求める条件の中で特に重要なものから優先順位をつけて仕事選びをすると上手くいきやすくなります。

上手く見つからないときの対処法

自分に合っていそうな仕事が上手く見つからないときはどうしたらいいでしょうか。

求人情報がたくさん手に入る世の中ですから絞り込めていないだけかもしれません。

また、余計に門を狭めすぎの可能性もあります。

次のようなことを試してみてください。

条件を増やしてみる

求人情報がたくさんあり過ぎると感じる場合は、フィルターにする条件を増やしたり、もっと高い条件にしてみましょう。

例えば年収250万円だけで調べている場合なら年間休日数の条件を追加したり、年収を300万円に引き上げたりします。

ある程度絞り込めるまで条件を足していくといいでしょう。

一番重要な条件だけで検索してみる

条件を詰め込み過ぎて見つからないという場合もあります。

そういった時は逆にまずは一番重要な条件だけを前提に調べてみてください。

今まで加えていた条件以外にもいいお仕事がひっかかる場合もあります。

一番重要なものだけでは広すぎると言う場合は上と同じく少しずつ条件を増やしてフィルターをかけてみましょう。

正社員求人を見ている場合は視野を広げてみる

正社員で調べてみたら求人が少なかったり、今すぐの募集が見当たらないということもよくあります。

正社員は一年に一度やそれ以下しか募集しないというところも多く、条件に適う仕事になかなか出会えない場合もあります。

そういった際は一旦派遣社員やアルバイトまで条件を広げてみましょう。

紹介予定派遣や正社員登用もありますし、現在は年収の面で見れば正社員とそれほど変わりがないという求人も多々見られます。

求人媒体を変えてみる

求人媒体一つだけで探している場合は、複数の求人媒体を使ってみるのもいいでしょう。

求人媒体ごとに特色がありますし、複数の媒体に登録しているわけではないという会社は多いです。

せっかく仕事を探すのですからいい会社を見逃さないように情報は広く集めましょう。

例えば転職だとハローワークだけに頼ってしまうという人がかなり見られます。

ハローワークは無料で求人が出せるため、地域にも寄りますがあまりお金のない会社が使っていることも多いです。

求人の数も限られるのでぜひ他の媒体も使ってみてください。

インターネットの悪評に流され過ぎない

会社の評判を調べるのは大事ですが、インターネットで検索すると悪評がよく見られます。

インターネットの意見は今現在仕事に夢中になっている人が書くということがあまりありません。

既にやめてしまった人、会社と合わなかった人が書くのがメインになります。

もちろん実際に会社で働いた人の意見ですから参考にしたいのですが、性格によるものもありますので信じすぎないことも重要になります。

特に人間関係などはその人の受け取り方、あるいは部署や時期にもよります。

あくまでも福利厚生や残業時間など明確に基準が分かるものについて見るのがいいでしょう。

もっと具体的な求人の選び方については、転職エージェントから教えて貰えます。

「自分に合う仕事」を診断で見てみるにはこちら →

まとめ

自分に合う仕事について記載しましたがいかがでしたでしょうか。

隣の芝は青い、とよく言われますが自分の仕事をしていると本当にこれでいいのかな、あっちの方がよさそうと思ってしまうものです。

でも、どの仕事にも一長一短があるもの。

自分に合っているところ、合っていないところが必ずあります。

そして自分に合っているということにはいろいろな条件があります。

転職を考える時にも就職先を選ぶ時にも、そのことはぜひ心に留めておいてくださいね。


関連キーワード

仕事