建築の仕事は、土木や建設関連の仕事をイメージしがちですが、建築に関連した仕事は他にもあります。

例えば、インテリアコーディネーターや空間デザイナーなど物を作るより空間をデザイン・コーディネートする仕事も建築の仕事になります。

今回は、建築の仕事についてどんな仕事があるのか、その仕事内容はどういうものなのかについて紹介していきます。

建築の仕事おすすめ9選

建築の仕事には様々な職種があります。

ここでは建築に関する仕事やその仕事内容などについて紹介していきます。

建築士

建築士になるためには、建築士の国家試験に合格しなければなりません。

受験資格は、限られていて、大学、短大か高等専門学校の土木科を卒業して1年以上の実務経験があるか、高校の建築や土木科を卒業して3年以上の実務経験があるか、大学、短大か高等専門学校の建築学科を卒業しているかになります。

ただ、建築系や土木系の学科を卒業していないが7年以上の実務経験があれば受験することは可能です。

その仕事内容とは?

建築士の仕事は、建設法に基づき、住宅やビルなどの建物の設計図を描き、その設計図に基づいて建築現場で監督や指揮をします。

建築士は依頼を受けてからクライアントの建設イメージや予算などを細かくヒアリングしていきます。

ヒアリングした内容をもとに建築士がアイデアを提案し、クライアントとのイメージを詰めていきます。

設計図だけでなく模型などを作成し、イメージを具体化したら再度クライアントと打ち合わせし、イメージ通りかどうかを確認します。

クライアントとのイメージが合致したなら、建築で使う材料や細かな内装などを決めていきます。

予算内でクライアントの要望に応えるために時には何度も何度も打ち合わせを繰り返します。

おすすめ理由とは?

自らのアイデアとイメージをクライアントのイメージと融合させて新しい建物や住宅を創造し、建築していきます。

イメージを具体化したり、建物が好きな人にとって、建築士の仕事はおすすめの仕事です。

空間デザイナー

空間デザイナーになるためには、取得しなければならない資格がありません。

一般的には、美術大学や専門学校などでデザインに関しての基礎知識を学んだ後、デザイン会社に就職し、製図や制作、照明器具などについての専門知識を習得していきます。

ある程度の実務経験や知識を身につけてフリーランスとして活躍することもできるのが空間デザイナーです。

その仕事内容とは?

空間デザイナーの仕事は、イベントやウィンドウディスプレイ、店舗の内装、展示会でのスペースを活かしたデザインなどを手がけることです。

空間デザイナーは、クライアントや設計士、外注業者や現場の担当者など様々な人とやりとりしながら空間を作り上げていきます。

力仕事を現場でこなすこともありますが、基本的にはスペースを有効活用するためのアイデアや閃き、センスで勝負する仕事なので女性の活躍も十分見込める仕事です。

おすすめ理由とは?

スペースを有効活用したり、スペースをうまく使うためのイメージやアイデアで勝負したい人には空間デザイナーの仕事はおすすめです。

空間デザイナーになるための資格はないため、いきなりフリーランスとして活動することも可能ですが、集客をするのに苦労する可能性があります。

下積みを長く必要とする仕事ですが、仕事が成功すると自ら手がけた建築物や展示会などが世間で知られるようになると大きなやりがいを感じます。

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者になるためには、宅地建物取引士資格試験に合格しなければなりません。

資格試験に合格したら、試験地の都道府県知事の登録を行い、宅地建物取引士証を受けることで宅地建物取引士として業務を開始することができます。

ただし、実務経験のない人が試験合格後に都道府県知事の登録をするためには実務講習を受講しなければなりません。

その仕事内容とは?

宅地建物取引士の仕事は、不動産の売買や貸借の際に土地や建物の状況などを調査し、まとめた重要事項説明書を取引の相手に対して説明することです。

契約を結ぶ前に当事者間のトラブルや誤解を防ぎ、専門知識を持った宅地建物取引士が間に立ち、円滑に契約できるようにサポートするのが役割です。

不動産業を営む事業者は、宅地建物取引士を事業所ごとに一定数置くことが義務付けられているため、不動産業にはなくてはならない存在です。

おすすめ理由とは?

宅地建物取引士は、不動産賃貸業で身近な存在である、物件の間取りを見るのが好きな人や物件を眺めるのが好きな人にはおすすめの仕事です。

もちろん、物件の間取りを見たり、物件を眺めるのは賃貸業の営業の仕事ではありますが、宅地建物取引士の資格は、営業でも事務でも関係なく取得することが可能な上、会社によっては宅地建物取引士の資格があるだけで資格手当を支給されるため、持っておいたほうがいい資格です。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターになるには、インテリアコーディネーターの資格があるものの必須の資格ではありません。

そのため、インテリアコーディネーターになるために、インテリアコーディネーターの資格を取らなければならないわけではありません。

一般的な方法として、住宅関連企業やインテリア関連企業に就職し、キャリアをスタートさせます。

その仕事内容とは?

インテリアコーディネーターの仕事は、クライアントの要望に応じた施設のインテリアを提案することです。

オフィスや店舗、住宅を始め、様々な施設のインテリアを家具や照明器具だけでなく、壁紙や床材など建物の内部全般的にコーディネートを提案することです。

インテリアを考えるにあたり、インテリアコーディネーターは、建築士や現場監督、職人やクライアントなど様々な人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めなければなりません。

おすすめ理由とは?

インテリアが好きな人や内装を模様替えしたり、内装を考えたりすることが好きな人にはインテリアコーディネーターの仕事はおすすめです。

不動産鑑定士

不動産鑑定士になるには、不動産鑑定士試験に合格しなければなりません。

不動産鑑定士試験は、難易度が高く、しっかりとした対策が必要なため、試験対策として学校などに通い集中的に勉強する人が多いようです。

不動産鑑定士試験に合格したら、実務講習を受け、修了考査をパスすることで不動産鑑定士としてキャリアをスタートできます。

その仕事内容とは?

不動産鑑定士の仕事は、不動産の適正な価値を査定し、不動産の適正価格をつけることです。

不動産鑑定士が決める不動産の価格は、適正な経済価値であり、不動産会社が販売時に掲示する販売価格とは異なります。

不動産の価値は、立地、地形、法令制限や延床面積、構造、築年数などの様々な要素が土地や建物の価値を決めますが、一般の人が把握することはかなり困難なため、不動産鑑定士がこれらの要素を一つ一つ精査し、不動産鑑定評価という報告書にまとめることが主な仕事内容になります。

不動産鑑定評価を元に依頼者に対して不動産の有効活用を提案するコンサルティングも不動産鑑定士によっては行なっています。

おすすめ理由とは?

不動産鑑定士は、独占業務のため、知名度は世間的にあまり高くはないですが、不動産鑑定士の鑑定は、社会の指標を作り、世間への影響は大きいため、経済を陰で支えたい人や特別な仕事に携わりたい人にはおすすめの仕事です。

土地家屋調査士

土地家屋調査士になるには、国家資格の土地家屋調査士試験に合格し、土地家屋調査士会に登録することです。

土地家屋調査士の仕事は測量だけでなく、法律関連の手続きなど専門性が高いため、試験に合格して土地家屋調査士会に登録したからすぐ活躍できるわけではなく、土地家屋調査士事務所などで実務経験を積まなければなりません。

その仕事内容とは?

建物を新築する際、建物の面積などを測量士、構造や用途などと一緒に法務局に表題登記の登録しなければなりませんが、この表題登記をする仕事を土地家屋調査士が担います。

また、この表題登記業務は、土地家屋調査士しか行うことを許可されていません。

加えて、土地の境界が曖昧な場合、土地家屋調査士が測量士て登記することで境界を確定することができます。

これを筆界特定といい、測量というと測量士が行うようにイメージされがちですが、筆界特定は、土地家屋調査士しか行えない独占業務になります。

おすすめ理由とは?

土地家屋調査士は、独占業務があり、地積測量図を作成した場合は、作成者の名前を半永久的に残すことができます。

人々の財産を守るのに一役買うこともありますので、人の役に立ちたい人や自分がした仕事に自分の名前を残したい人などにおすすめの仕事です。

マンション管理士

マンション管理士は、国土交通大臣の指定機関が実施するマンション管理士試験に合格しなければなりません。

マンション管理士は、国家資格ですが、管理組合などに対してマンション運営におけるコンサルティングは、マンション管理士の資格がなくても行えるため、独占業務ではありません。

その仕事内容とは?

マンション管理士の仕事は、マンションを適切に運営するために専門知識を元にアドバイスなどを行うことです。

例えば、分譲マンションは、法律で各マンション毎に管理組合を設けることが義務付けられています。

管理組合は、マンション住民から毎月管理費を徴収し、様々な管理業務を行なっていますが、管理費や修繕積立金の収支報告や予算作成、総会などの運営を始め、管理組合の仕事は多岐に渡ります。

そこで運営が円滑に進むようにサポートするのがマンション管理士の具体的な仕事になります。

おすすめ理由とは?

マンション管理士の資格は、公私で活かすことができます。

資格を取得し、仕事としてマンション管理士を名乗り、コンサルティング業を行うことはもちろんできますが、個人的な資産として持っているマンションを運営するにあたり、自らマンション管理士として自分の資産を守るために役立てることができます。

鳶職人

鳶職人になるには、実際の現場見習いからスタートします。

鳶職人になるための特別な資格はなく、一般的には中学校か高校を卒業してから土木関連の建設会社、工務店か鳶職人に弟子入りし、鳶職人に必要な知識や技術、実践経験を積む必要があります。

その仕事内容とは?

鳶職人の仕事は、建設現場の高所の作業が中心になります。

例えば、建設現場の足場を組んだり、鉄骨構造の建物の骨組みを組み立てたり、建物内部の大型機械などの据付を行うことです。

新築や改修工事には欠かせない存在ですが、常に危険と隣り合わせの仕事でもあるため、高い技術と集中力が求められます。

おすすめ理由とは?

鳶職人になるための特別な資格はありませんが、学歴より完全な現場主義であるため、実力がものをいう社会です。

特に新築や改修工事では、欠かせない存在のため、特別感のある仕事です。

そのため、自分の腕一本で勝負してみたい人や現場主義の仕事をしたい人にはおすすめの仕事です。

電気工事士

電気工事士になるためには、まず電気工事士の資格試験に合格しなければなりません。

しかし、電気工事士には、2種類の資格試験があり、一般住宅や店舗などの工事を行うためには第二種が必要であり、ビルや工場などの高圧電気を必要としてる施設に対して工事するには第一種の電気工事士の資格が必要になります。

加えて、電気工事士の仕事は、業務独占のため、資格がなければ仕事に従事することができません。

その仕事内容とは?

電気工事士の仕事とは、一般の住宅や店舗、病院、工場、ビルや学校などの様々な施設の電気設備の設計などを手がけることです。

新しい建物を建てる際には電気配線や配電盤の取り付けが必要になりますが、この作業は、電気工事士しかできません。

業務独占のため、資格がなければ仕事に従事できませんので特別感のある仕事です。

おすすめ理由とは?

電気工事士は、電気に関わる業務独占のため、資格がなければできない仕事です。

そのため、電気に関わる仕事がしたい人や配電盤などをみたり、作業したりするのが好きな人、専門性の高い仕事をしたい人にはおすすめの仕事です。

まとめ

今回は、建築の仕事について紹介しました。

色々な建築の仕事があることを知って頂けたと思います。

もちろんここで紹介した以外の仕事もあります。

もし気になった方は調べてみて下さい。


関連キーワード

仕事・職業まとめ

仕事・職業まとめについてもっと深堀りした情報を見る

テレビ関係の仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

現代日本ではインターネットが普及し、若者を中心に広がりを見せていますが、大衆娯楽としてテレビはまだまだ幅広い年代から支持を受けています。様々な方が楽しむテレビですが、その番組を制作するために多くの人が働いています。そんなテレビ関係の仕事の中でも今回はおすすめの物を紹介していこうと思います。テレビ関係の仕事おすすめ8選テレビ関係の仕事と一言で言っても、様々な職種が存在します。ここではその中でも特におすすめの職種を理由も合わせて紹介していきます。アナウンサーまず初めに挙げる職業はアナウンサーです。多くのテレビ局で毎年募集はあるものの募集人数に対して希望者が多く、倍率は1000倍とも言われています。

ゲーム関係の仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

ゲームに関係のある仕事は、500種類を超えると言われています。全てを紹介することはできないですが、代表的な仕事をいくつか紹介するので、ゲームに興味のある人はチェックしてみましょう。ゲーム関係の仕事おすすめ10選ゲーム関係というと、漫画家などの原作者、声優、ダンサー、イベント会社などなど、本当に数が多いのです。なので、自分が得意とする分野で関わるのが最もおすすめ。とはいえ、イメージしやすいように今回は、ゲーム作りの流れの中に登場する仕事を紹介します。プロデューサープロデューサーはゲーム作りの方向性を決める人です。「こんなゲームを作りましょう」というのを考えて、企画を立ち上げます。制作が始まれば総

法律に関わる仕事おすすめ9選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

法律に関わる仕事に興味がある人は多いかと思います。弁護士や裁判官、司法書士は、法律に関わる仕事の中でも特に人気が高い憧れの仕事です。ただ、法律に関わる仕事がこれら以外にどのようなものがあるかは知らない人が多いかもしれません。もしくは仕事は知っていても、それが法律に関わるとは思っていないかもしれません。今回は、法律に関わる仕事についてまとめてみました。法律に関わる仕事おすすめ9選法律に関わる仕事は、弁護士や裁判官、司法書士以外にどのようなものがあるか気になるところです。ここでは、法律に関わる仕事を紹介していきます。弁護士弁護士になるためには、代表的な方法として法科大学院で2年~3年の所定課程を修

運転する仕事おすすめ3選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

運転する仕事、つまり、ドライバーと呼ばれる仕事は、周知の通りたくさんあります。日常生活の中でもタクシーやバスを使いますが、タクシーやバスを動かして仕事をしている人はまさにドライバーです。運転が好きでドライバーの仕事を始める人もいれば、ドライバーの仕事に憧れてドライバーの仕事をする人、様々な理由が運転する仕事に就く人にはあります。今回は、運転する仕事について仕事内容やおすすめの理由などについて紹介します。運転をする仕事に必要なこと運転する仕事と言われると運転免許だけが必要なのかと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。運転するためにはもちろん免許も必要ですが、免許以外にも必要なことがあ

スポーツに関わる仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

野球にサッカー、バスケなど、一年を通して常に注目される「スポーツ界」。世界大会やオリンピックなど大きなイベントがあると、その関心はさらに高まりますよね。見ているだけでももちろん楽しいけれど、中にはスポーツを仕事にしたいと考える人も少なくないはず。でも、「今からスポーツ選手は無理……」なんて諦めていませんか?確かにスポーツ選手になるのは難しいけれど、世の中にはスポーツに関わる仕事がたくさん存在します。今回はスポーツが大好きな方のために、スポーツに関わる仕事についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!スポーツに関わる仕事おすすめ7選どんな人でも、一度はスポーツに関わったことがあると思い

ガテン系の仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

ガテン系の仕事というと皆さんはどういうイメージがありますか?建設現場で働く土木系の作業員や鳶職、大工などを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。ガテン系の仕事は、イメージ通り建設業も該当しますが。実はそれだけでなく、整備士や技術職などの各分野の専門的な知識などを必要としている専門職のことをガテン系と言います。つまり、建設系だけでなく、整備士やドライバー、船の航海士や機関士なども実はガテン系になります。この話を聞くと、では、ガテン系の仕事は具体的にどんな仕事があるのか気になるところです。今回は、ガテン系の仕事について紹介していきます。ガテン系の仕事おすすめ8選ガテン系の仕事は、建設系だけで

芸能に関わる仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

芸能界と言えば、誰もが一度は憧れたことがあるであろう世界。カッコいい人や可愛い人がたくさんいて、みんな素敵な装いで、とてもキラキラしている……なんてイメージをお持ちの方も多いでしょう。そのため、憧れや興味があっても「私には無理」とハナから諦めてしまう人も多いもの。また、芸能人になるためのオーディションを受けたけど落ちてしまったという方も少なくありません。でも、諦めるのはまだ早いです。テレビやCMで活躍するタレントだけが芸能界にいるわけではありません。芸能に関わる仕事は他にもたくさんあるのです。そこで今回は、芸能界に憧れる人にオススメの仕事についてご紹介いたします。そもそも、「芸能」に携わる仕事

ピアノを使った仕事にはどんなものがある?演奏者から講師まで色々な仕事を紹介します

昨今、音楽大学への進学率が低くなっている現状がありますが、実際に音楽大学を修了した後の進路に悩む学生さんも多いようです。もちろん一般企業に就職し、趣味で音楽を続ける人が多いのも事実ですが、せっかく大学で学んだスキルを活かして活動していくには、どうしたら良いでしょう?今回は、ピアノを使った仕事にはどんなものがあるのかを紹介していきたいと思います。ピアノを使った仕事にはどんなものがある?今回は、音楽学部の中でも器楽のピアノに焦点をあててご紹介したいと思います。大きくわけてピアノを使った仕事は二つに分けることができます。1つは自分が演奏をする仕事、もう1つは自分の技術・知識を活かして教える仕事です。

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

地図に関する仕事ってどんな仕事?向き不向きやキャリアについて解説します

今の時代では地図といえば、まっ先に頭に浮かぶのは、やはりGoogle Mapでしょうか。スマートフォンにはあたり前のように最初から入っていますし、テレビでも何かとGoogle MapやGoogle Earthの画像が出てきますよね。スマートフォンの現在位置情報と連携すれば、ほとんど迷うことなく目的地まで誘導してくれます。旅行中、進行方向に合わせて地図をあちこち向きを変えながらキョロキョロしながら歩く必要もありません。非常に便利な世の中になりました。今回はそんな「地図に関する仕事」に関して解説します。ひと口に地図の作成と言っても、突き詰めていくと、GISや衛星画像の解析、測量など専門用語も多く非

関西空港の仕事のオススメ6選。オススメの仕事や募集内容まで詳しく紹介します

皆さん、空港での仕事に興味や憧れはありませんか?空港とは、毎日たくさんの方が利用する場所です。日本人のお客さんはもちろん、海外から来られているお客さんもたくさん利用します。また、空港と聞くとなんだか少し特別のような場所に聞こえませんか?今回はそんな空港、関西空港について、関西空港でのオススメの仕事や募集内容まで詳しく紹介していきます。関西空港で働いてみたいと思っている方や空港での仕事に興味がある方は是非チェックしてみてください!あなたにぴったりの仕事が見つかるかもしれません。関西空港のオススメの仕事にはどんなものがある?関西空港でのオススメの仕事にははいったいどんなものがあるのかいくつか紹介し

旅行の仕事8選。ツアコンからバスガイド、企画など旅行に関するお仕事を紹介!

旅行会社と言えば、皆さまはどんな仕事を想像しますか?カウンターでの旅行商品販売?もしくは、ツアーに参加して添乗業務をする人?実際のところ、そこまで旅行に関する仕事を詳しく理解している人は、少ないのではないでしょうか。そんな皆様へ、今回は初心者でも分かる「旅行に関する仕事」についてお話します!旅行に関する仕事は結構たくさんある旅行業と一言で言っても、旅行に関する仕事は沢山あります!ツアーに同行し添乗業務をする人や、カウンター業務でお客様にツアーをご案内する人、裏方で予約手配をする人や、ツアーの企画をする人、旅行会社のコールセンターを担当する人などなど……仕事の分類を挙げていったらかなりの数になる

副業におすすめな仕事26選。女性向け、初心者向け、プロ向けなどカテゴリー別に解説!

本職として働いている人の中には、「副業をしてお小遣い稼ぎしたい」と思う人も多いでしょう。特に休日暇を持て余している人や、空いた時間に少しだけでも働きたいという人には副業をしたいという願いも強いはずです。そこで、ここでは副業をするにあたってお勧めできる仕事についてをご紹介できればと思います。お勧めする仕事の中でも女性向けの仕事や、副業が未経験の方にお勧めの職業などジャンルごとにご紹介できればと思います。副業に興味のある方はぜひ、参考にしてみてください。女性向けにおすすめな仕事10選まず初めに、女性向けにお勧めできる副業の仕事についてをご紹介していきます。副業として働く状態や環境に応じて適した仕事

田舎で仕事するならオススメの職種4選。都会から田舎へ移住を検討している人へ!

就職するときに、田舎から都会へ出た方がメリットが多いことから、都会を目指して就職活動をする方も少なくありません。特に、学生時代は都会のキラキラ輝いている環境に憧れて、卒業と同時に都会へ出ていく方も多くいます。しかし、田舎にも仕事に対しての魅力は当然ながらあります。都会にはない田舎の仕事の魅力を感じながら、仕事をしていくことでやりがいを感じることもあるでしょう。また、都会の激しく変わっていく環境に追いついていかず、田舎への移住する方も、中にはいることでしょう。ここでは、そんな田舎で仕事をする場合におすすめの職種について解説していきます。田舎に移住するメリットは?田舎には、田舎にしかないメリットが

病院の仕事には何がある?医師・看護師以外の仕事16選

人生の中で誰もが必ずお世話になるのが、病院です。そこに働く人は大学病院など大きいところでは数百人数千人が勤務しています。医師や看護師だけでは成り立ちません。病院の仕事はいろいろな職種がありますのでご紹介したいと思います。病院の仕事にはこんな色々な仕事があるんです!病院は、医師と看護師だけでは潰れてしまいます。それぞれの課によって別けられている病院が多く、医療事務、放射線技師、臨床検査技師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、栄養士、管理栄養士、医療秘書、保健師、助産師、歯科衛生士、歯科技工士、診療情報管理士、視能訓練士、救急救命士、清掃等があり、それぞれの役割の中で仕事を全うしていま

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

主婦におすすめな内職の仕事16選。初心者向けから、スキルが必要なものまで!

仕事はしたいけれどお子さんがいるなど家から出るのが難しかったり、シフト制だと前々から予定を決めないといけなくて困る、ということもありますよね。そんな時にも自宅で、しかも自分で時間を決めて進められる内職なら安心です。今回は、主婦の内職求人で初心者の方にもおすすめのものからスキルが必要なものまでご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください!主婦の内職で人気な職種とその理由まずは主婦の方に人気の内職を集めました。名前を聞いただけでは想像しづらいこともあると思いますのでどんなお仕事なのかと、人気になっている理由も一緒に記載します。内職についてよく知らないという方も確認してみてください。シール貼り食品など