音楽と言っても様々なジャンルがありますが、皆さんはどんなジャンルの音楽が好みですか。

クラッシック、オペラ、民謡・童謡・ロック・ジャズ・ポップス・演歌等いろんな場所で、色々なジャンルの音楽を耳にすると思いますが、皆さんが音楽を耳にするまでに、色々と音楽の仕事に携わっている人がいます。

そこで今回は、音楽に関わる様々な仕事についてご紹介させて頂きます。

音楽に関わる仕事にはどんなものがある?

音楽に関わる仕事には、表で活躍する仕事と裏方での仕事が有ります。

表の仕事は、歌手・楽器奏者等、前面に出て活躍する職業なので分かり易いですが、当然音楽制作関係の仕事をする人、その他には、映画やドラマ等に流す音楽を選定する選曲の仕事や音を調整するPA等も有ります。

また、ライブハウスやスタジオを運営する仕事、スタジオミュージシャン、LIVEを企画運営するイベンターの仕事等、色々な職種が有ります。

皆さんが音楽を聴くまでに、色々な音楽関係の仕事に携わっている人がいます。

音楽に関わる仕事おすすめ18選

音楽に関わる仕事で代表的な仕事は、ミュージシャンです。

ミュージシャンもクラッシック、ジャズ、ロック、ポップス、オペラ、ラテン、民謡、演歌、童謡等、様々なジャンルのミュージシャンがいます。

その中でも、ボーカル・様々な楽器奏者の方がいます。

また、表舞台にには出てきませんが、スタジオミュージシャンやお店専属のミュージシャンをしている方もいます。

ミュージシャンが歌ったり演奏する曲の作詞家・作曲家・アレンジャー等の仕事も代表的な仕事です。

ミュージシャンが演奏する音楽を世に広める仕事として、プロダクション・ㇾ―コード会社、ライブハウスを運営する人、ライブやコンサート等のイベントを企画するイベンターと言う仕事も有ります。

また、DJの仕事はイベントを盛り上げる仕事として欠かせない仕事になります。

その他ですと、テレビや映画で流す音楽を決めシーンに合わせて音楽を入れる選曲の仕事や音響効果の仕事も代表的な仕事の一つになります。

1. ミュージシャン(アーティスト・バンドマン)

ボーカリストや楽器を演奏する人がミュージシャンです。

ソロで活動するミュージシャンもいますが、グループでバンドとして活躍する人も多くいます。

ミュージシャンは、テレビ出演したりコンサート(ライブ等)で歌ったり演奏するのが主な仕事になります。

また、メジャーデビューしているミュージシャンは、レコーディング等の仕事も有ります。

2でご紹介しますが、スタジオミュージシャンと言う仕事もあります。

ミュージシャンは、自分たちの曲を通して、世の中の人を感動させたり、幸せにする事ができる仕事と言えます。

その仕事内容とは?

まずは、ボーカリストは、音楽の主役の存在。

どのジャンルの音楽でもボーカリストの歌い方次第で、曲自体のイメージが変わります。

特に、ロックやジャズ、オペラ・クラッシク系のボーカリストの歌声は、人を引き付ける魅力・パワーの有る歌声です。

声量や表現力に自信が有り、歌が好きで自分の歌を人に聴いてもらいたい方は、チャレンジしてみて下さい。

次に、楽器奏者。

楽器奏者と言えば、オーケストラやバンドメンバーを思い浮かべますよね。

特に、クラッシックのオーケストラは、色々な種類の楽器で曲が構成されているので、重厚感・迫力が有り自然と曲に引き込まれますよね。

オーケストラの楽器奏者は、○○楽団や○○オーケストラに所属し活動りている方が多いです。

中には、フリーで様々な演奏に呼ばれるソリストの方もいますが、ソリストで活動できる方は、ごく一握りの奏者になります。

バンドでの楽器奏者は、音楽の趣味趣向が一致してるメンバーとバンドを結成するケースが多いです。

特に、ロック・ジャズ等でメジャーデビューを目指すバンドは多いですが、下積みが他の業種と比べ長く成功する人も一握りです。

競争も激しく・ロングランで継続し活動するのも至難の業です。

おすすめする理由とは?

ボーカリストは、自分の感情表現ができることと、曲を聴いた人がその感情表現に共感し感動を与えることができる仕事です。

また、ヒットしたら高収入も得られる点がおすすめの理由です。

ボーカリストは、常に主役であると言うプレッシャーも有るのと、最高の状態を作り上げる為に自己管理が重要ですが、その分歌い切った時の充実感は高い点が、おすすめの理由です。

また、楽器奏者は、様々な人に感動を与える事ができる仕事です。

競争率は高いですが、世界で通用する奏者を目指せ、夢が大きく持てる点がおすすめの理由です。

世界的な奏者になれば海外公演の仕事もあり、グローバルに音楽に触れる機会が増えます。

素晴らしい音色は万国共通で、言葉なしで通じ合えると言う点も魅力です。

2. スタジオミュージシャン

スタジオミュージシャンってよく聞くと思いますが、どんな仕事かご存知ですか?

レコーディングやライブでは、欠かせない仕事になります。

その仕事内容とは?

レコーディングやライブ等で演奏をサポートするのがスタジオミュージシャンの仕事です。

脇役では有りますが、色んなバンドの曲を演奏するので、高度な演奏能力が求められる仕事になります。

スタジオミュージシャンはフリーで活躍している人もいますが、多くのスタジオミュージシャンは、レコード会社や芸能プロダクションに所属し活動しています。

おすすめする理由とは?

スタジオミュージシャンは、基本的に資格・学歴に関係なく、演奏能力が高ければ、誰でも目指せる仕事と言う点が、おすすめする理由に成ります。

ただ、人脈や実績が無いとプロダクション等に所属するのはハードルが高いので、音楽関係の専門学校等に通い、人脈等の幅を広げる事をお勧めします。

自分のホームグランドで音楽を楽しめるのもおすすめの理由になります。

3. DJ

DJはディスクジョッキーの略になります。

ラジオDJやクラブDJ等がDJの代表的な仕事になります。

その仕事内容とは?

DJの仕事は、自身の選曲で場を盛り上げる仕事に成ります。

80年代はディスコでのDJの仕事がメインでしたが、ディスコ衰退に伴いクラブに移行し、クラブでのDJがメインの仕事になりました。

DJはイベントやテーマに合わせて、楽曲を選曲し構成します。

また、曲を流しながら場を盛り上げる為のMCも行います。

DJがイベントを盛り上げるプロデュース&運営をするので、非常に重要な仕事です。

おすすめする理由とは?

楽曲の選曲次第で、イベント自体を色んな構成にする事ができる点、音楽を体で感じる事の魅力を伝える事ができる点が、おすすめの理由になります。

また、楽曲がデジタル化になったので、誰でも簡単にプレイリストが作れる様になった為、以前と比べDJを目指すハードルが低くなっています。

但し、センスが求められる仕事に成ります。

また、活躍次第では、高収入を得る事ができる仕事です。

4. 作曲家・作詞家

世の中に出ている音楽は、作曲家・作詞家によって作られています。

曲を世の中に生み出す、重要な仕事になります。

その仕事内容とは?

作曲家は、レコード会社やプロダクションからの依頼で、依頼内容にそって曲(メロディー)を作るのが仕事になります。

曲を作る時に、楽器を使って作るので、キーボードかギターが弾ける事は必須です。

作詞家は、トレンドに敏感でセンスが求められる仕事になります。

またメロディーに合った詩を作るので非常に重要な仕事になります。

曲メロディーと歌詞がマッチして良い曲が生まれます。

おすすめする理由とは?

曲を世に生み出す醍醐味とヒットした時の嬉しさは、自分の子供の成長を見ている位の喜びが有ります。

また、以前は、音楽業界の人に認めてもらうまでが大変な仕事でしたが、最近では、ネットを活用すれば、世の中に自分が作った作品を、誰でも簡単に配信できるので、以前より簡単に人に知ってもらえるチャンスが増えた点が、おすすめの理由です。

その為、フリーランスでも活躍のチャンスが有ります。

5. アレンジャー

作曲家はメロディーを作る仕事ですが、アレンジャーは作曲家が作ったメロディーに音の肉付けをするのがアレンジャーです。

その仕事内容とは?

アレンジャー=編曲家です。

作曲家の作ったメロディーに、メロディー以外の部分を作り上げ、音の幅を広げ曲全体を仕上げる重要な仕事です。

アレンジャーは色々な楽器の特性音を熟知していないとできない仕事です。

アレンジ次第で曲は大まかに変わってしまうので、曲のコンセプトに合わせてアレンジしていきます。

おすすめする理由とは?

自分が完成させた曲を世の中に送り出すので、達成感が高い点がおすすめの理由です。

メインの仕事をスタジオミュージシャン(演奏家)や作曲をしている方が、編曲を行うことも多いです。

また、デジタル化が進んでいるので、依然と比べ編曲時間も短縮できています。

プレイヤーをしながら、できる仕事という点もおすすめの理由になります。

6. サウンドクリエーター

作曲家と似た領域ですが、ゲーム等の効果音やBGMを作るのが主な仕事です。

その仕事内容とは?

お客様の要望に合わせ、コンピューターでシーンに合わせた音を作り出す仕事です。

音楽はもちろん、効果音・音声など様々な音を、映像やシーンに合った音を作り出すのが、サウンドクリエーターの仕事になります。

音以外に、コンピューターのスキルも重要になります。

主にゲームメーカー・パチンコメーカー・音楽制作会社で活躍されている方が多いです。

おすすめする理由とは?

大手ゲームメーカー・パチンコメーカー・音楽制作会社等、就職先の選択肢が多く有ります。

自分が求めているサウンド制作に合わせて、就職先を選べる点は、おすすめする理由になります。

映像やシーンに合わせてサウンドを作り上げるので、創造力を活かせる仕事になります。

仕事によっては、収録現場に行く場合も有りますので、様々な経験を積める仕事です。

7. 音楽プロデューサー

日本でもミュージシャン、バンド、作曲家、作詞家など出身で、活躍されている音楽プロデューサーが多くいます。

音楽プロデューサーの出身は様々ですが、音楽業界でしっかり実績を残さないとできない仕事です。

その仕事内容とは?

音楽プロデューサーの仕事は、名前の通り音楽をプロデュースする仕事です。

音楽制作に関わる全てを指揮する責任者です。

コンセプトを決定したりサンド制作やプロモーション等、予算管理も全て音楽プロデューサーの指揮のもとすすめられます。

常に、音楽のトレンドを生み出す仕事に成ります。

アーティストが人気が出るのも音楽プロデューサーの力量にかかっています。

おすすめする理由とは?

全てが自分の責任の下、仕事を運営できる点です。

また重要度が高い分、達成感も非常に高い仕事と言う点が、おすすめの理由になります。

音楽プロデューサーは、自分が作り出した音楽でトレンドを作っていく夢のある仕事です。

成功するためには、スキル・経験値の高さが求められる仕事ですが、それだけに、成功した時の達成感は大きい仕事です。

8. ディレクター

プロデューサーが総監督で、そのもとで現場監督役をするのがディレクターの仕事になります。

その仕事内容とは?

一言で言うと現場の仕切り役=監督。

完成度の高い素晴らしい作品を仕上げる為に、プロデューサーの指揮のもと、現場を組み立てます。

その戦略を実現させる為に、陣頭指揮を取り、アーティストのケアや現場スタッフに指示出しをするプレイイングマネージャー的位置づけがディレクターの仕事です。

ディレクターは現場の誰よりも現場を知る必要があり、目配り・気配りが必要な仕事です。

おすすめする理由とは?

ディレクターの仕事は、制作開始から仕上がり(完成)まで、現場監督として責任をもって全うする仕事なので、非常に重要な仕事な分、高い達成感を味わえる仕事の一つです。

ディレクターになるには、現場での経験値が非常に重要になります。

制作に興味の有る方は、アシスタントでしっかり勉強・経験を積み、現場責任者のディレクターを目指してみては如何でしょうか。

9. ミキサー

ミキサーはレコーディングエンジニア、アーティストやディレクターが求めている音を作る仕事になります。

その仕事内容とは?

マイクセットやミキサーで音声・音楽・効果音などを効果的に表現できる様、音のバランスとったり、イコライジングを施すのが、ミキサーの仕事に成ります。

コンサート会場やイベント会場、レコーディング・ビデオ制作、テレビ番組の収録スタジオ等で、音響機器を活用し求められた音を作り出す仕事です。

音響機器の操作技術は勿論ですが、高度な音感が求められる仕事になります。

おすすめする理由とは?

放送局や録音スタジオ、レコード会社・音響会社・映像制作会社が主な就職先になります。

入社後すぐには、ミキサーの職にはつけませんが、アシスタント業務で経験値を高め・スキルを身に着けミキサーを目指しては如何でしょうか。

よりクオリティーの高い音を追求する仕事なので、アーティスト肌の人にお勧めです。

10. ローディ

ミュージシャンの楽器を管理するのが、ローディの役割です。

その仕事内容とは?

ローディーは、ロードクルー・ロードマネージャーと呼ばれることも有ります。

ローディーの仕事はミュージシャンに代わり、楽器を常にベストな状態にメンテナンスしたり、ライブ・スタジオにも同行し楽器の搬入や楽器のセッティング・チューニング・音チェックまでのミュージシャンに対するサポート全般をする仕事になります。

基本的にはミュージシャン付きで仕事をしています。

おすすめする理由とは?

ミュージシャンを始め音楽業界からローディーとしての職に就くことが多いです。

ミュージシャンに直接雇用されたり、ミュージシャンが所属するプロダクションに雇用されることが多いですが、フリーランスや契約社員として仕事をするローディーもいます。

また、ローディーマネージメント会社や楽器レンタル会社の社員としての雇用も有ります。

ローディーの仕事は専門職で有りながら、特別な資格等は必要なく仕事に就ける点が、おすすめの理由です。

11. プロモーター・イベンター

コンサートを開催するにあたって、全てを仕切るのがプロモーターになります。

その仕事内容とは?

クライアント・アーティストの交渉、コンサートの企画・制作・チケットの販売、宣伝・広報活動、またコンサートの運営責任者として全てを行うのが、プロモーターの仕事になります。

運営においては、会場の設営から撤収まで、進行警備体制を始め安全に運営できる体制を確立します。

またアーチスト・スタッフの交通手段・宿泊先・食事や打ち上げの手配をするのもプロモーターの仕事になります。

おすすめする理由とは?

プロモーターになる為に、必要な資格は特に無い職種になります。

ただ、現場を知らないと運営をスムーズに行えないので、知識と現場での経験を積む必要が有ります。

プロモーターの仕事の醍醐味としては、何も決まっていない状況から、全てを創り上げる仕事なので、企画力が生かせる点・大きなイベントの企画運営に携われる点、交渉力・企画力・宣伝ノウハウが身に付けられる点がおすすめの理由です。

自分が企画したステージで多くの人に感動を与える事ができる点もおすすめの理由になります。

12. PAエンジニア

ライブ等で、機械を操作し音を調整する人がPAエンジニアになります。

その仕事内容とは?

ライブ・コンサートは、様々な会場で行われます。

会場の広さや壁の素材、天井の高さ等により、音の反響状態が変わります。

状況に合わせて音の調整をしたり、アーティストの要望に合わせて、音の調整をする技術的な仕事がPAエンジニアの仕事になります。

PA機材は基本的にエンジニアが搬入・搬出、機材のセッティングを行います。

PAエンジニアに成るには、先ずはアシスタントからのスタートになります。

PAエンジニアになるには専門の学校で学んだ後数年の下積みが必要です。

おすすめする理由とは?

音が好きで機械をいじるのが好きな方には、ぴったりの仕事です。

録音スタジオは都市部に集中していますが、PAエンジニアを必要とする現場は全国に散らばっているのが現状で、PAエンジニアの仕事は国内全般で活動できるという点がおすすめの理由になります。

技術が有れば、日本のどこでも活躍できる仕事です。

13.ライブハウスの仕事

ライブやイベントを常に開催する場所なので、音楽好きには最高の仕事です。

その仕事内容とは?

ライブハウスの仕事はイベントの企画から始まり運営まで、ライブハウススタッフが全てを行っています。

イベントの企画の仕事は、出演者のキャスティング交渉、イベントの内容等を組み立てます。

企画が出来たら集客する為の宣伝を打ちます。

イベント当日は、舞台の照明担当・音響担当のPA・舞台のセッティングや演出の仕事やチケット販売やホールスタッフ等の運営の仕事があります。

おすすめする理由とは?

ライブハウスの仕事は毎日音楽に触れて仕事ができます。

また、雇用形態がアルバイトが殆どなので、職に就くハードルは高くない為、音楽に興味がある方で、将来音楽関係での技術者を目指している方は、現場での経験が積めると言う点が、おすすめの理由です。

将来プロモーターやイベンターを目指している方は、現場での作業全般の把握もでき、運営の勉強になります。

14.選曲

ドラマや映画のエンドロールに、選曲〇〇と名前が出ているのを観た事は無いですか。

ドラマや映画の制作系の仕事になります。

その仕事内容とは?

ドラマや映画でシーンを盛り上げる為に、そのシーンに合わせ音楽を挿入するのが、選曲の仕事です。

映像に合わせ曲を挿入し更に演出効果を高めます。

悲しいシーンには悲しさをより引き出す曲を、ハッピーエンドなシーンには、ほっこりする様な曲を選曲し挿入します。

曲を挿入する事により、感動を高める重要な仕事です。

センスが求められる仕事です。

おすすめする理由とは?

ドラマや映画が好きで音楽好きの方には、最高の仕事です。

また、色々なジャンルの音楽の知識も高まり、音楽での感情表現が身につく非常にアーティスティックな仕事です。

また、映画やドラマの1シーンの制作に携われる点がお勧めの理由です。

15.音楽雑誌の編集者の仕事

書店やコンビニの雑誌コーナーで目にする音楽系の雑誌を作る仕事になります。

企画から制作出版までの仕事を全て行うのが、音楽編集者の仕事になります。

その仕事内容とは?

購買者に興味を持ってもらえる内容に仕上げる能力が求められます。

記事内容の決定から出版までの一連の仕事全てに携わるので、知識・コミュニケーション能力が高く求められます。

また、出版する納期がありますので、スケジュール管理(進捗管理)を正確に行える能力も必要になります。

編集者の仕事の詳細:記事内容の計画・決定 → ライター他と打ち合わせ → 原稿発注・取材 → 原稿のリライト → 写真選び → デザイン発注 → 校正

おすすめする理由とは?

出版業界に就職するのは、非常に難しく狭き門ですが、能力を発揮できる職種です。

自己の能力を試したい方には、おすすめの職種になります。

特に企画段階から出版されるまでタイトなスケジュールでの仕事ですが、出版された時、出版物の売上が好調に推移した時の達成感が非常に高い仕事です。

16.音楽ライターの仕事

音楽についての執筆やライブ・コンサートの執筆、アーティストにインタビューをしてその内容を執筆するのが、音楽ライターの仕事になります。

その仕事内容とは?

実際にライブやコンサートを観に行き、色々な角度から内容をチェックし、文章で読む方に臨場感が伝わる内容に執筆します。

またアーティストの魅力を文章で伝える重要な役割があります。

音楽の知識、また、文章の表現力が求められる仕事です。

おすすめする理由とは?

常に音楽に携われ、音楽について自己の表現で人に伝える事が出来る仕事です。

仕事でライブやコンサートに行けたり、アーチストに取材をしたりするので、音楽フアンにとっては、羨ましい仕事ですよね。

また、音楽やアーティストの魅力を引き出すのもライターの腕にかかっています。

音楽好きで、文章能力・表現に自信のある方におすすめです。

17.音楽講師の仕事

楽器の演奏や歌い方を教える仕事です。

その仕事内容とは?

音楽専門学校や音楽教室カルチャーセンターで、また個人でピアノ教室等を開き講師・先生として、生徒に音楽を教えるのが仕事になります。

音楽講師になるには、講師自身が高い演奏技術が必要になります。

講師は音大出で奏者の道を目指していた方や奏者をしながら講師の仕事をしている方もいます。

ただ演奏が上手いからといって必ずしも講師になれるとは限りません。

様々なスキルの生徒に音楽を教える立場の仕事なので、高いティーチングスキル・コーチングスキルが求められる仕事になります。

おすすめする理由とは?

自分が持っているスキルを、子供を始め多くの方に伝えることができる仕事です。

教えている生徒が日々スキルアップを図れること・音楽の楽しさを伝えることができる点は、先生冥利につきると思います。

特に個人でピアノ教室等を開催する場合、自分のスケジュールに合わせてできるので、外に出て仕事に行けない環境の方でも、自宅で教室を開ける点がお勧めになります。

18.ボイストレーナーの仕事

発声や歌唱、声の出し方をトレーニング指導をするのが、ボイストレーナーの仕事です。

その仕事内容とは?

ボイストレーナーは歌手やコーラス出身の方が多く、生徒も趣味でトレーニングを受ける方から歌手・声優を始め声を出す仕事の方も多くいます。

ボイストレーナーはスクールに所属しているボイストレーナーもいますが、フリーランスで活動している方も多くいます。

また音楽関係の事務所・プロダクションに専属として所属するボイストレーナーもいます。

おすすめする理由とは?

資格がない仕事なので、音楽の仕事としてはハードルが低いのが、おすすめする理由です。

しかし、誰しもができる仕事ではなく、自身が良い発声ができ歌唱力が有るのが大前提で、尚且つ豊富な知識と高い指導力が求められる仕事です。

発声のトレーニング方法やテクニックを身に着けていて、人に教えるのが好きな人にはお勧めの仕事になります。

まとめ

音楽のおすすめの仕事18選のご紹介をしましたが、興味の有る仕事はありましたか。

色々な形で音楽に携わる仕事がありますが、音楽好きな方には、どれもおすすめの仕事です。

興味がある方は、音楽の仕事の門を叩いては如何でしょうか。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご