最近よくニュースで年金が半分になるとか5人に1人が60代と言われている時代がやってきます。

50代の人の中には早くも定年後どう過ごすか、仕事をどうするかなどの第二の人生設計が始まっています。

一方でシルバー人材派遣なる会社が増えてきており、定年後の60代を中心にまだ働きたい人、働き盛りな人に対して派遣の仕事を紹介しています。

今回は、定年後の仕事についてどんな仕事がおすすめか、どういうところがおすすめかや定年後の仕事探しについての注意点を紹介していきます。

定年後の仕事おすすめ8選

年金が少ない、生活費に困る可能性がある、まだまだ元気だから働きたいと定年後に仕事をする理由として色々あります。

60歳で定年ですが65歳から年金を受けたいと考えている人が多いため、定年後多くの人は何かしらの仕事を探しています。

では、定年後におすすめの仕事はどういうものがあるのかここで紹介していきます。

警備

シニアに人気の仕事の一つは警備です。

ビルや商業施設での警備や交通整理、工場などでの警備があります。

警備の仕事は、立ち仕事であることが多く、体力を必要としている仕事ですが、仕事が覚えやすく、立ち仕事であるが軽い運動代わりにもなることとそこまでつらい仕事でもないことから人気の仕事です。

その仕事内容とは?

警備の仕事は、ビルや商業施設などの安全チェックや交通整理の場合は、工事中の道路などの交通をスムーズにすべく旗振りをします。

工場の警備は、工場内の警備だけでなく、来客の受付や担当者への連絡を行います。

おすすめ理由とは?

警備の仕事は体力の必要な仕事ですが、体を動かす機会が多いことと仕事が覚えやすいことからおすすめの仕事です。

武道や運動経験のある人にも経験を活かして仕事をすることができるのでおすすめの仕事です。

警備の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

タクシードライバー

運転が好きならばタクシードライバーは安定した収入と仕事が見込めます。

60代でまだまだ現役として働きたいとか安定した収入がほしいならタクシードライバーは安定した収入と運転技術を活かすことができます。

その仕事内容とは?

タクシードライバーの仕事は、目的地まで乗客を安全に運ぶことです。

そのため、基本的には乗客がいなければ一人で仕事をすることが多く、駅や商業施設、ホテルなどのタクシー乗り場でお客様を待つか、会社に依頼のあったお客様を会社の無線指示に従い迎えに行くかになります。

タクシーの中が仕事場のため、職場の人間関係に縛られることはありませんし、自分のペースで仕事をすることも可能です。

またトラックと違い、タクシーは乗用車と同じサイズや運転方法は同じなので仕事も覚えやすいのが利点です。

おすすめ理由とは?

運転が好きなことや自分のペースで仕事をしたい、まだまだ現役でバリバリ働きたい人にはおすすめの仕事です。

タクシードライバーなら安定した収入が見込めますし、車の運転をして接客をしてお金を稼ぐことができるため、仕事も覚えやすく、未経験であっても始めやすい仕事です。

軽作業

軽作業とは、工場の検品や仕入れチェック、梱包作業は発送手配などのことです。

男性の場合は、梱包作業や仕分けなどはちょっとした運動になるため、体を動かすことが好きな人に人気を集めていますし、検品や仕入れチェックなどは体力をあまり使わずに仕事ができるので女性に人気を集めています。

その仕事内容とは?

軽作業の仕事内容は、工場での検品や加工、出荷貨物の梱包や発送手配などです。

梱包などは体力を使う仕事ですが、検品や加工は座って行うことができるため、体力を激しく消耗せずに仕事に打ち込むことができます。

おすすめ理由とは?

体力をあまり使わず仕事をしたいのなら軽作業はおすすめです。

検品や加工などの作業工程は座ったまま行うことが可能ですし、梱包作業を除くと軽作業で激しく体力を消耗することはなく、流れ作業で仕事をすることができるため、集中して仕事をしたいシニアにはおすすめの仕事です。

自営業

定年して仕事を新たに探すより元々やってみたかった仕事があるから事業を始めようとするシニアも少なくありません。

例えば、会社員として60歳まで勤め上げたから残りの人生はカフェの店長をやろうとか飲食店を開業しようや花屋を開こうなどと考えている人は少なくありません。

少し話がそれますがカーネルサンダースはケンタッキーを60歳超えてから立ち上げていますので、60歳という年齢で事業をすることは問題ではありません。

ただ、注意しなければいけないのは大勝負に出て銀行から多額の融資を受けるような事業を始めるのは年齢的に厳しいかもしれません。

その仕事内容とは?

自営業なので仕事内容は何をしたいかによります。

飲食店を開業したいのであれば仕事内容は飲食店に関することになりますし、花屋を開くなら花に関する仕事ですし、農業をするなら農業に関わることが仕事になります。

何をやるかにより自営業の仕事内容は異なってきますのでその人次第ということになります。

おすすめ理由とは?

自営業をすることで次の仕事が決まらず焦ることもないですし、自分の好きなことを仕事にできるため、仕事に対してのやりがいやモチベーションを高く仕事に取り組むことができるのでおすすめです。

ただその反面、自ら事業を起こすので失敗しない保証はありません。

失敗するリスクがあることを忘れずに綿密な事業計画の下、開業することをおすすめします。

経営コンサルタント

今の仕事の経験や知識を活かして独立して経営コンサルタントをする人がいます。

例えば、海外工場を一から立ち上げた経験のある人や長く中国や東南アジアなどに駐在していた人が、今後海外に工場や事業所を立ち上げようと考えている企業に対して、経営コンサルタントをすることで企業に重宝されます。

独立開業して経営コンサルタントとして活動することもできますし、アドバイザーという立場で企業に雇われて経営コンサルタントに携わることもできます。

その仕事内容とは?

経営コンサルタントの仕事は、企業の経営に対してアドバイスや相談に乗ることです。

今までの経験を活かしたアドバイスや経験したから言える話などの情報提供したり、企業の海外進出や企業の海外展開のコンサルタントをすることが主な仕事です。

おすすめ理由とは?

海外駐在や海外で工場や事業の立上げに長く携わった経験がある人にはおすすめです。

新たに仕事を覚えないといけないアルバイトをしたり、低収入に頭を悩ませるのであれば、自らコンサルタントとして前職のコネクションを活かして企業の経営に携わったり、海外展開に携わったりすることで収入を得ることができますのでおすすめです。

飲食店アルバイト

あまりイメージにはないかもしれませんが、マクドナルドやモスバーガーなどの飲食店で働くシニアが増えてきています。

日本では定年後に飲食店で働くことを考える人は少ないですがアメリカとかだとシニアでスターバックスで働くとかマクドナルドで働くとかごく普通にあります。

シニアだから飲食店で働くことを考えないのではなく、飲食店が好きだったり、飲食の仕事をしてみたかったと思うなら定年後に飲食店でのアルバイトはチャンスかもしれません。

その仕事内容とは?

飲食店の仕事内容は、業態にもよりますが、基本的には大きく分けて仕事は2種類です。

接客と調理になります。

マクドナルドを始めとしたファーストフード店の場合は作る人と接客する人に分かれて作業します。

居酒屋や和食チェーン店などの場合も同様にホールと調理場で分かれて仕事をします。

おすすめ理由とは?

定年後に飲食店で働くことを考えない人は多いかもしれませんが飲食店に興味を持っていたり、定年後カフェをオープンしたいと考えていたりするなら経験を積む意味で飲食店で働くことはおすすめです。

清掃員や警備員に比べるとしんどい仕事かもしれませんが、やりがいと充実は他に比べて大きいといえます。

清掃員

警備員と同じくらいシニアに人気のアルバイトは清掃員です。

日中の仕事であることやシフト制のため時間に柔軟性があること、仕事が覚えやすいことなどが人気の要因です。

最近はマンションやビル、商業施設の清掃にシルバー人材派遣会社を通じて、シニア人材を採用しているところが多く、雇用側の人気も高いため一部ではシルバー人材不足があるようです。

その仕事内容とは?

清掃員の主な仕事内容は清掃することです。

ビルやマンション、商業施設や駅などの公共施設のトイレなどが主な仕事場所になります。

基本的に担当場所を予め決めて作業するため仕事は覚えやすく、じっくりと仕事に取り組むことができます。

おすすめ理由とは?

集中して仕事ができる、掃除するのが好きな人には特におすすめの仕事です。

仕事は覚えやすく、シフト制のため時間の融通も利きます。

がっつり稼ぐことはできないですが、定年後時間を持て余しているかな何かしたいと考えている人にも最適の仕事です。

清掃員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

現在の職場で再雇用制度を利用

もっとも手っ取り早く、仕事にも馴染みやすいのは現在の職場で再雇用制度を利用することです。

本人の希望により65歳まで再雇用することを企業に義務付けたため、希望すれば65歳まで現在の職場で仕事をすることが可能です。

ただし、注意が必要なのは現在と全く同じ仕事が用意される保証はないということです。

例えば、現在課長をしている人が定年を迎えて再雇用された時に、同じ課長のポジションで仕事をする可能性はあまりないと考えておいた方がいいかもしれません。

その仕事内容とは?

仕事内容は現在の職場とほぼ同じ内容になるため、新たに覚えることはあまりありません。

60歳までこなしてきた仕事と同じ内容の仕事である可能性が高いためです。

例えば、営業職をしていた人が、60歳で定年後、再雇用を希望した場合、同じ営業職で再雇用してもらえる可能性が高いです。

おすすめ理由とは?

今の職場に残るので安心して働くことができるのと新たなことを覚える必要がないので60歳から残り5年を安定的に勤め上げることができるのでおすすめです。

但し、注意が必要なのは、60歳以降は本人の希望により65歳まで再雇用してもらえますが、ほとんどの企業は1年ずつの契約更新になります。

そのため、雇用形態は契約社員になる可能性があるので注意が必要です。

仕事探しの時の注意点とは?

定年後仕事を探すにあたり、現役時代とは異なるところに注意が必要ですし、現役時代と同じであることはまずないと思った方がいいかもしれません。

ここでは定年後の仕事探しについて注意点をまとめてみました。

現役時代の待遇にこだわる

定年してすぐは体も心も元気なため、まだまだ自分はやれると考えている人は少なくありません。

ただ、60歳で定年を迎えると雇う側としては10年20年先も働いてもらえる保証がないため、契約期間が短くなりますし、高い給料をもらっていた人は特に雇用する企業からすれば、高い人件費を払って雇う価値があるかどうかを査定するため、現役時代の待遇にこだわると仕事探しが限定的になるだけでなく、下手したら仕事先が見つからない可能性が高くなります。

定年をむかえて一度現役を引退しているということを受け入れて仕事探しをしましょう。

正社員へのこだわり

年金があまり支給されないと認識されている最近は、アルバイトでは生計がたてれないため、定年後も引き続き正社員で雇用してもらうことを考えている人が少なくありません。

ただ、年齢不問で正社員募集をかけている企業もありますが、基本的には正社員を募集するにあたり企業の希望年齢層がありますので、定年後の人材を正社員として雇うことは多くありません。

収入格差

高い給料をもらっていた人が陥りがちですが、アルバイトの給料と現役時代の給料に大きな格差が生じることです。

収入格差は現役時代とどうしても差が現れますし、現役時代と同じ給料をもらえる仕事を探したところで見つからない可能性が高いです。

そのため、アルバイトや契約社員などで仕事を見つけた場合、収入格差があることをしっかりと認識し、生活にかかる費用の見直しも必要になります。

理想と現実のギャップ

定年してから企業にヘッドハンティングされて幹部としてむかえてもらったとか、定年したら悠々自適の生活をおくるなど様々な理想があるかと思います。

しかし、現実問題、年金が十分に支給されるかわからず、60歳から年金を受けると65歳以降に受け取れる年金額が変わったり、80歳や90歳まで生きたとしたらますますお金がかかります。

そうならないためにも仕事を探すというのであればまず理想と現実のギャップを受け入れることが大切です。

契約書や雇用形態の確認

定年後、仕事が見つかったからといって契約書にサインをする前に、雇用形態や契約書の内容についてしっかりチェックしましょう。

定年後の人材を雇うにあたり、1年契約にしているところがあります。

契約社員や正社員で雇用の話しがあっても、書面の内容をしっかり確認してからサインするようにしましょう。

定年後の職探し方法

定年後、みんなはどうやって仕事を探しているのでしょうか?

定年をむかえていざ仕事やアルバイトをしてみようと思い、アルバイト雑誌を開いたものの、思うような仕事がないので右往左往してしまう人がいます。

また、他の人がどうやって仕事を見つけているのか気になるところです。

最近は、少子化の影響から若手の人材が確保できず、定年直後くらいのシニア層を正社員として迎えてくれるところも増えてきていますがまだまだ少数派です。

ここでは、定年後の職探し方法について紹介します。

ハローワーク

定年後仕事探しをするにあたり王道の方法はハローワークの利用です。

ハローワークは正社員だけでなく契約や派遣社員などの募集も用意してあります。

ただ、定年後なので正社員としての再就職はハードルが正直高いですが、年齢不問で募集している仕事もあるのでチャレンジする価値はあります。

仕事探しに困ったのならまずはハローワークで募集要項をチェックしてみましょう。

シルバー人材派遣

シルバー人材派遣は定年後仕事を探しているシニアに人気の仕事探し方法です。

人材派遣会社が用意した信頼できる企業へ派遣してもらえるため、安心して働くことができます。

ただ、シルバー人材派遣は、場合によって年会費や登録費を必要とするところがありますので応募の際に注意が必要です。

前職のコネ

定年を迎える人の中には前職のコネを使って客先や知り合いの会社などに再就職するケースがあります。

高齢な人材は必要としない企業がある一方で、経験と知識が豊富ということから、アドバイザーや教育係として採用したいと考えている企業も増えてきました。

例えば、営業職なら客先から定年後にスカウトされたり、銀行員なら中小企業などの経理や経営アドバイザーなどの立場で仕事をもらえる可能性があります。

知人・友人の紹介

知人や友人から、定年後に知り合いや友人の友人などへ仕事を紹介してもらう方法もあります。

例えば、友人の友人が工場長をしていて経験豊富な教育係を探しているや知人が経営する飲食店の店員を募集しているなど一般のアルバイトや職探しサイトなどを使い、全く知らないところで働くより知人や友人のツテを使って仕事を探すと信頼した仕事先を紹介してもらえる可能性が高くなります。

前職に再雇用

一番安心して一番手っ取り早く仕事を得るなら前職に再雇用してもらう方法もあります。

ただし、再雇用となった場合は正社員ではなく契約社員になる可能性が高いことと同じ仕事が確保されるわけではありません。

それでも今まで働いていた会社で再雇用してもらうことで、職場の環境や仕事の内容などもともと知っていることを続けることができるため安心して働くことができます。

最近は、例えば、営業職として定年を迎えた人を本人の希望により再雇用し、そのまま同じ営業職を提供する会社と定年後は事務などの補佐役に回す企業などがあります。

定年までにやっておくべきこと

定年後まだまだ働きたい人にとって定年後に仕事がなくならないように準備をする必要があります。

また定年後も一定の収入を得たいなら資格をとったり、功績を残したりと早い段階から準備するにこしたことはありません。

ここでは、定年までにやっておくべきことをまとめてみました。

資格取得

定年までに資格を取得して定年後に資格を活かして仕事をする方法があります。

ただ、資格ならなんでもいいわけではなく、定年後に有効活用できるような資格や独立して働くことができる資格などを取得することをおすすめします。

例えば、行政書士や社会保険労務士などは法的手続きの代行なので再就職せずに独立して働くことも可能です。

独立して働くことができる資格があれば、定年後に次の仕事探しをせずに自分で事業を起こして生涯現役を貫くこともできます。

再雇用制度の確認

多くの企業では60歳の定年を65歳まで引き上げることができるようになってきています。

ただ、企業によっては60歳から65歳までは本人の希望に基づき、1年間毎に契約を更新していくスタイルが一般的です。

再雇用制度を利用するにあたり注意点や、どのように会社へ申請するかなどは総務部や人事部などに予め確認しておくことをおすすめします。

定年前に確認して必要な手続きがありすぎて、定年までに色々やらなければならないことになると定年までの残りの仕事をきちんと終わらせられない可能性が出てきて、本来の仕事に影響しかねません。

定年後のコスト試算

意外と細かくやる人は少ないかもしれませんが、定年後、つまり60歳以降にかかる費用がどれくらいか試算しておくことは大切です。

例えば、生活費以外に家の修復が必要になったり、病院代、住宅や車のローン、どちらかが介護を必要とした場合、介護費用などを予め算出しておくことであとどれくらいお金が必要なのか、現役時代にどれくらい貯蓄をしておくべきなのかを確認してみましょう。

まとめ

今回は定年後のおすすめの仕事について紹介しました。

定年後の年金や生活への不安を抱えている人や60歳で定年した後65歳までの最低5年間は仕事を続けたい人がたくさんいます。

定年後の仕事は現役時代と同じ条件は厳しいものの仕事がまったくないというわけではありません。

また、仕事の種類も様々です。

定年後はもう働きたくないという人も少なくありませんので、定年後どうするかを今のうちから考えておくといいかもしれません。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。「生命保険の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。「商品開発の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なの


仕事に関するコラム

芸術に関わる仕事おすすめ5選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

「芸術」の仕事と聞くと、かっこいいイメージがあるかもしれません。誰でも出来ることではなく、専門的な勉強が必要な場合がほとんど。それでも中には、未経験でもやる気があれば出来る仕事もあります。芸術に関わる仕事には、具体的にどのようなものがあるのか、解説します。「芸術」に関わる仕事ってどんなものがあるの?「芸術」とは、文芸・絵画・音楽など、独特な表現様式によって美を創作することや表現する活動のことを意味します。芸術に関わる仕事は小説家やミュージシャン、カメラマン、ヘアメイクなど幅広いもの。会社勤務をしている人も多いですが、経験を積むとフリーで活動することもあります。自分の考えやメッセージを作品で表現

国家資格を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「国家資格を活かせる仕事」と聞いて、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。お医者さん?弁護士さん?一般人には手が届かないような職業ばかりのように感じる人も多いのではないかと思います。今回は国家資格とはそもそも何なのか、ごく普通の一般人にも取得できる国家資格はあるのかなどを解説していきます。国家資格と他の資格の違いとは?国家資格は、文字の通り国の法律に基づいて証明される資格のことです。また、国家資格の中にはいくつか種類がありますので簡単にご紹介します。一つは、「業務独占資格」というものです。例えば、お医者さんは「医師」資格が必須です。「私は医師です。」と名乗り、病院で医療行為をするには、この医師

仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?

仕事の期限が迫っているのに、眠くて作業が進まない……。集中しなければいけないのに、会議中どうしてもうとうとしてしまう……。なんてこと、大人になってからもありますよね。日中眠くなってしまう癖は学生の頃から、という人も中にはいるかもしれません。学生時代なら叱ってくれる先生がいましたが、会社にそんな優しい人はいないもの。うとうとを断ち切らなければ、手元には大量の仕事が残ります。そう、自分の力で自分自身に打ち勝たなければ、仕事は終わらないのです。今回は仕事中眠くなってしまうことに悩んでいる人のために、その原因や対処方法について解説いたします。仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?仕事中、突然

体力のない人向けの仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

体力のない人でもできる仕事というものは、一見なさそうに見えますが探してみるとそれほど多くはないですが見つけることができるでしょう。もともと体力があまりない人でも継続してできる仕事から、身体的なハンデから体力を必要としない仕事をお探しの方もいるかもしれません。そんな方々へ仕事を探すヒントになればと思います。体力がない人向けの仕事おすすめ7選体力を必要としない仕事と言っても、人それぞれ体力を使う行為というのは異なります。座って仕事する。立って仕事をする。ある程度仕事することはできるが長い時間働けないなどと様々です。その中の条件のいずれかに当てはまる仕事を紹介していきます。施設警備員警備員の仕事は比

職人気質の仕事おすすめ6選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

皆さんは職人気質と聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。なんとなく職人と付くだけでも、少し強面で、頑固で怖い印象が浮かんでしまう人もいるかもしれません。一見怖そうな印象が付くのには理由があるのだと思います。自分の持っているスキルや技術に自信を持っていて、一度受けた仕事はとことんやり抜く気概を感じたり、一見誰も気づかないような、細かい部分なども一切手を抜かずに完璧を求める。仕事に自信は持っているが、決して奢らず自分の力が最大限発揮できる仕事を選ぶ。自分が納得出来る案件だけを引き受ける。あげてみるだけでも職人気質の人は仕事に熱中し、任せておいたら安心だと言える、信頼を持ち合わせているようです。