最近よくニュースで年金が半分になるとか5人に1人が60代と言われている時代がやってきます。

50代の人の中には早くも定年後どう過ごすか、仕事をどうするかなどの第二の人生設計が始まっています。

一方でシルバー人材派遣なる会社が増えてきており、定年後の60代を中心にまだ働きたい人、働き盛りな人に対して派遣の仕事を紹介しています。

今回は、定年後の仕事についてどんな仕事がおすすめか、どういうところがおすすめかや定年後の仕事探しについての注意点を紹介していきます。

定年後の仕事おすすめ8選

年金が少ない、生活費に困る可能性がある、まだまだ元気だから働きたいと定年後に仕事をする理由として色々あります。

60歳で定年ですが65歳から年金を受けたいと考えている人が多いため、定年後多くの人は何かしらの仕事を探しています。

では、定年後におすすめの仕事はどういうものがあるのかここで紹介していきます。

警備

シニアに人気の仕事の一つは警備です。

ビルや商業施設での警備や交通整理、工場などでの警備があります。

警備の仕事は、立ち仕事であることが多く、体力を必要としている仕事ですが、仕事が覚えやすく、立ち仕事であるが軽い運動代わりにもなることとそこまでつらい仕事でもないことから人気の仕事です。

その仕事内容とは?

警備の仕事は、ビルや商業施設などの安全チェックや交通整理の場合は、工事中の道路などの交通をスムーズにすべく旗振りをします。

工場の警備は、工場内の警備だけでなく、来客の受付や担当者への連絡を行います。

おすすめ理由とは?

警備の仕事は体力の必要な仕事ですが、体を動かす機会が多いことと仕事が覚えやすいことからおすすめの仕事です。

武道や運動経験のある人にも経験を活かして仕事をすることができるのでおすすめの仕事です。

警備の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

タクシードライバー

運転が好きならばタクシードライバーは安定した収入と仕事が見込めます。

60代でまだまだ現役として働きたいとか安定した収入がほしいならタクシードライバーは安定した収入と運転技術を活かすことができます。

その仕事内容とは?

タクシードライバーの仕事は、目的地まで乗客を安全に運ぶことです。

そのため、基本的には乗客がいなければ一人で仕事をすることが多く、駅や商業施設、ホテルなどのタクシー乗り場でお客様を待つか、会社に依頼のあったお客様を会社の無線指示に従い迎えに行くかになります。

タクシーの中が仕事場のため、職場の人間関係に縛られることはありませんし、自分のペースで仕事をすることも可能です。

またトラックと違い、タクシーは乗用車と同じサイズや運転方法は同じなので仕事も覚えやすいのが利点です。

おすすめ理由とは?

運転が好きなことや自分のペースで仕事をしたい、まだまだ現役でバリバリ働きたい人にはおすすめの仕事です。

タクシードライバーなら安定した収入が見込めますし、車の運転をして接客をしてお金を稼ぐことができるため、仕事も覚えやすく、未経験であっても始めやすい仕事です。

軽作業

軽作業とは、工場の検品や仕入れチェック、梱包作業は発送手配などのことです。

男性の場合は、梱包作業や仕分けなどはちょっとした運動になるため、体を動かすことが好きな人に人気を集めていますし、検品や仕入れチェックなどは体力をあまり使わずに仕事ができるので女性に人気を集めています。

その仕事内容とは?

軽作業の仕事内容は、工場での検品や加工、出荷貨物の梱包や発送手配などです。

梱包などは体力を使う仕事ですが、検品や加工は座って行うことができるため、体力を激しく消耗せずに仕事に打ち込むことができます。

おすすめ理由とは?

体力をあまり使わず仕事をしたいのなら軽作業はおすすめです。

検品や加工などの作業工程は座ったまま行うことが可能ですし、梱包作業を除くと軽作業で激しく体力を消耗することはなく、流れ作業で仕事をすることができるため、集中して仕事をしたいシニアにはおすすめの仕事です。

自営業

定年して仕事を新たに探すより元々やってみたかった仕事があるから事業を始めようとするシニアも少なくありません。

例えば、会社員として60歳まで勤め上げたから残りの人生はカフェの店長をやろうとか飲食店を開業しようや花屋を開こうなどと考えている人は少なくありません。

少し話がそれますがカーネルサンダースはケンタッキーを60歳超えてから立ち上げていますので、60歳という年齢で事業をすることは問題ではありません。

ただ、注意しなければいけないのは大勝負に出て銀行から多額の融資を受けるような事業を始めるのは年齢的に厳しいかもしれません。

その仕事内容とは?

自営業なので仕事内容は何をしたいかによります。

飲食店を開業したいのであれば仕事内容は飲食店に関することになりますし、花屋を開くなら花に関する仕事ですし、農業をするなら農業に関わることが仕事になります。

何をやるかにより自営業の仕事内容は異なってきますのでその人次第ということになります。

おすすめ理由とは?

自営業をすることで次の仕事が決まらず焦ることもないですし、自分の好きなことを仕事にできるため、仕事に対してのやりがいやモチベーションを高く仕事に取り組むことができるのでおすすめです。

ただその反面、自ら事業を起こすので失敗しない保証はありません。

失敗するリスクがあることを忘れずに綿密な事業計画の下、開業することをおすすめします。

経営コンサルタント

今の仕事の経験や知識を活かして独立して経営コンサルタントをする人がいます。

例えば、海外工場を一から立ち上げた経験のある人や長く中国や東南アジアなどに駐在していた人が、今後海外に工場や事業所を立ち上げようと考えている企業に対して、経営コンサルタントをすることで企業に重宝されます。

独立開業して経営コンサルタントとして活動することもできますし、アドバイザーという立場で企業に雇われて経営コンサルタントに携わることもできます。

その仕事内容とは?

経営コンサルタントの仕事は、企業の経営に対してアドバイスや相談に乗ることです。

今までの経験を活かしたアドバイスや経験したから言える話などの情報提供したり、企業の海外進出や企業の海外展開のコンサルタントをすることが主な仕事です。

おすすめ理由とは?

海外駐在や海外で工場や事業の立上げに長く携わった経験がある人にはおすすめです。

新たに仕事を覚えないといけないアルバイトをしたり、低収入に頭を悩ませるのであれば、自らコンサルタントとして前職のコネクションを活かして企業の経営に携わったり、海外展開に携わったりすることで収入を得ることができますのでおすすめです。

飲食店アルバイト

あまりイメージにはないかもしれませんが、マクドナルドやモスバーガーなどの飲食店で働くシニアが増えてきています。

日本では定年後に飲食店で働くことを考える人は少ないですがアメリカとかだとシニアでスターバックスで働くとかマクドナルドで働くとかごく普通にあります。

シニアだから飲食店で働くことを考えないのではなく、飲食店が好きだったり、飲食の仕事をしてみたかったと思うなら定年後に飲食店でのアルバイトはチャンスかもしれません。

その仕事内容とは?

飲食店の仕事内容は、業態にもよりますが、基本的には大きく分けて仕事は2種類です。

接客と調理になります。

マクドナルドを始めとしたファーストフード店の場合は作る人と接客する人に分かれて作業します。

居酒屋や和食チェーン店などの場合も同様にホールと調理場で分かれて仕事をします。

おすすめ理由とは?

定年後に飲食店で働くことを考えない人は多いかもしれませんが飲食店に興味を持っていたり、定年後カフェをオープンしたいと考えていたりするなら経験を積む意味で飲食店で働くことはおすすめです。

清掃員や警備員に比べるとしんどい仕事かもしれませんが、やりがいと充実は他に比べて大きいといえます。

清掃員

警備員と同じくらいシニアに人気のアルバイトは清掃員です。

日中の仕事であることやシフト制のため時間に柔軟性があること、仕事が覚えやすいことなどが人気の要因です。

最近はマンションやビル、商業施設の清掃にシルバー人材派遣会社を通じて、シニア人材を採用しているところが多く、雇用側の人気も高いため一部ではシルバー人材不足があるようです。

その仕事内容とは?

清掃員の主な仕事内容は清掃することです。

ビルやマンション、商業施設や駅などの公共施設のトイレなどが主な仕事場所になります。

基本的に担当場所を予め決めて作業するため仕事は覚えやすく、じっくりと仕事に取り組むことができます。

おすすめ理由とは?

集中して仕事ができる、掃除するのが好きな人には特におすすめの仕事です。

仕事は覚えやすく、シフト制のため時間の融通も利きます。

がっつり稼ぐことはできないですが、定年後時間を持て余しているかな何かしたいと考えている人にも最適の仕事です。

清掃員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

現在の職場で再雇用制度を利用

もっとも手っ取り早く、仕事にも馴染みやすいのは現在の職場で再雇用制度を利用することです。

本人の希望により65歳まで再雇用することを企業に義務付けたため、希望すれば65歳まで現在の職場で仕事をすることが可能です。

ただし、注意が必要なのは現在と全く同じ仕事が用意される保証はないということです。

例えば、現在課長をしている人が定年を迎えて再雇用された時に、同じ課長のポジションで仕事をする可能性はあまりないと考えておいた方がいいかもしれません。

その仕事内容とは?

仕事内容は現在の職場とほぼ同じ内容になるため、新たに覚えることはあまりありません。

60歳までこなしてきた仕事と同じ内容の仕事である可能性が高いためです。

例えば、営業職をしていた人が、60歳で定年後、再雇用を希望した場合、同じ営業職で再雇用してもらえる可能性が高いです。

おすすめ理由とは?

今の職場に残るので安心して働くことができるのと新たなことを覚える必要がないので60歳から残り5年を安定的に勤め上げることができるのでおすすめです。

但し、注意が必要なのは、60歳以降は本人の希望により65歳まで再雇用してもらえますが、ほとんどの企業は1年ずつの契約更新になります。

そのため、雇用形態は契約社員になる可能性があるので注意が必要です。

仕事探しの時の注意点とは?

定年後仕事を探すにあたり、現役時代とは異なるところに注意が必要ですし、現役時代と同じであることはまずないと思った方がいいかもしれません。

ここでは定年後の仕事探しについて注意点をまとめてみました。

現役時代の待遇にこだわる

定年してすぐは体も心も元気なため、まだまだ自分はやれると考えている人は少なくありません。

ただ、60歳で定年を迎えると雇う側としては10年20年先も働いてもらえる保証がないため、契約期間が短くなりますし、高い給料をもらっていた人は特に雇用する企業からすれば、高い人件費を払って雇う価値があるかどうかを査定するため、現役時代の待遇にこだわると仕事探しが限定的になるだけでなく、下手したら仕事先が見つからない可能性が高くなります。

定年をむかえて一度現役を引退しているということを受け入れて仕事探しをしましょう。

正社員へのこだわり

年金があまり支給されないと認識されている最近は、アルバイトでは生計がたてれないため、定年後も引き続き正社員で雇用してもらうことを考えている人が少なくありません。

ただ、年齢不問で正社員募集をかけている企業もありますが、基本的には正社員を募集するにあたり企業の希望年齢層がありますので、定年後の人材を正社員として雇うことは多くありません。

収入格差

高い給料をもらっていた人が陥りがちですが、アルバイトの給料と現役時代の給料に大きな格差が生じることです。

収入格差は現役時代とどうしても差が現れますし、現役時代と同じ給料をもらえる仕事を探したところで見つからない可能性が高いです。

そのため、アルバイトや契約社員などで仕事を見つけた場合、収入格差があることをしっかりと認識し、生活にかかる費用の見直しも必要になります。

理想と現実のギャップ

定年してから企業にヘッドハンティングされて幹部としてむかえてもらったとか、定年したら悠々自適の生活をおくるなど様々な理想があるかと思います。

しかし、現実問題、年金が十分に支給されるかわからず、60歳から年金を受けると65歳以降に受け取れる年金額が変わったり、80歳や90歳まで生きたとしたらますますお金がかかります。

そうならないためにも仕事を探すというのであればまず理想と現実のギャップを受け入れることが大切です。

契約書や雇用形態の確認

定年後、仕事が見つかったからといって契約書にサインをする前に、雇用形態や契約書の内容についてしっかりチェックしましょう。

定年後の人材を雇うにあたり、1年契約にしているところがあります。

契約社員や正社員で雇用の話しがあっても、書面の内容をしっかり確認してからサインするようにしましょう。

定年後の職探し方法

定年後、みんなはどうやって仕事を探しているのでしょうか?

定年をむかえていざ仕事やアルバイトをしてみようと思い、アルバイト雑誌を開いたものの、思うような仕事がないので右往左往してしまう人がいます。

また、他の人がどうやって仕事を見つけているのか気になるところです。

最近は、少子化の影響から若手の人材が確保できず、定年直後くらいのシニア層を正社員として迎えてくれるところも増えてきていますがまだまだ少数派です。

ここでは、定年後の職探し方法について紹介します。

ハローワーク

定年後仕事探しをするにあたり王道の方法はハローワークの利用です。

ハローワークは正社員だけでなく契約や派遣社員などの募集も用意してあります。

ただ、定年後なので正社員としての再就職はハードルが正直高いですが、年齢不問で募集している仕事もあるのでチャレンジする価値はあります。

仕事探しに困ったのならまずはハローワークで募集要項をチェックしてみましょう。

シルバー人材派遣

シルバー人材派遣は定年後仕事を探しているシニアに人気の仕事探し方法です。

人材派遣会社が用意した信頼できる企業へ派遣してもらえるため、安心して働くことができます。

ただ、シルバー人材派遣は、場合によって年会費や登録費を必要とするところがありますので応募の際に注意が必要です。

前職のコネ

定年を迎える人の中には前職のコネを使って客先や知り合いの会社などに再就職するケースがあります。

高齢な人材は必要としない企業がある一方で、経験と知識が豊富ということから、アドバイザーや教育係として採用したいと考えている企業も増えてきました。

例えば、営業職なら客先から定年後にスカウトされたり、銀行員なら中小企業などの経理や経営アドバイザーなどの立場で仕事をもらえる可能性があります。

知人・友人の紹介

知人や友人から、定年後に知り合いや友人の友人などへ仕事を紹介してもらう方法もあります。

例えば、友人の友人が工場長をしていて経験豊富な教育係を探しているや知人が経営する飲食店の店員を募集しているなど一般のアルバイトや職探しサイトなどを使い、全く知らないところで働くより知人や友人のツテを使って仕事を探すと信頼した仕事先を紹介してもらえる可能性が高くなります。

前職に再雇用

一番安心して一番手っ取り早く仕事を得るなら前職に再雇用してもらう方法もあります。

ただし、再雇用となった場合は正社員ではなく契約社員になる可能性が高いことと同じ仕事が確保されるわけではありません。

それでも今まで働いていた会社で再雇用してもらうことで、職場の環境や仕事の内容などもともと知っていることを続けることができるため安心して働くことができます。

最近は、例えば、営業職として定年を迎えた人を本人の希望により再雇用し、そのまま同じ営業職を提供する会社と定年後は事務などの補佐役に回す企業などがあります。

定年までにやっておくべきこと

定年後まだまだ働きたい人にとって定年後に仕事がなくならないように準備をする必要があります。

また定年後も一定の収入を得たいなら資格をとったり、功績を残したりと早い段階から準備するにこしたことはありません。

ここでは、定年までにやっておくべきことをまとめてみました。

資格取得

定年までに資格を取得して定年後に資格を活かして仕事をする方法があります。

ただ、資格ならなんでもいいわけではなく、定年後に有効活用できるような資格や独立して働くことができる資格などを取得することをおすすめします。

例えば、行政書士や社会保険労務士などは法的手続きの代行なので再就職せずに独立して働くことも可能です。

独立して働くことができる資格があれば、定年後に次の仕事探しをせずに自分で事業を起こして生涯現役を貫くこともできます。

再雇用制度の確認

多くの企業では60歳の定年を65歳まで引き上げることができるようになってきています。

ただ、企業によっては60歳から65歳までは本人の希望に基づき、1年間毎に契約を更新していくスタイルが一般的です。

再雇用制度を利用するにあたり注意点や、どのように会社へ申請するかなどは総務部や人事部などに予め確認しておくことをおすすめします。

定年前に確認して必要な手続きがありすぎて、定年までに色々やらなければならないことになると定年までの残りの仕事をきちんと終わらせられない可能性が出てきて、本来の仕事に影響しかねません。

定年後のコスト試算

意外と細かくやる人は少ないかもしれませんが、定年後、つまり60歳以降にかかる費用がどれくらいか試算しておくことは大切です。

例えば、生活費以外に家の修復が必要になったり、病院代、住宅や車のローン、どちらかが介護を必要とした場合、介護費用などを予め算出しておくことであとどれくらいお金が必要なのか、現役時代にどれくらい貯蓄をしておくべきなのかを確認してみましょう。

まとめ

今回は定年後のおすすめの仕事について紹介しました。

定年後の年金や生活への不安を抱えている人や60歳で定年した後65歳までの最低5年間は仕事を続けたい人がたくさんいます。

定年後の仕事は現役時代と同じ条件は厳しいものの仕事がまったくないというわけではありません。

また、仕事の種類も様々です。

定年後はもう働きたくないという人も少なくありませんので、定年後どうするかを今のうちから考えておくといいかもしれません。




職業・仕事まとめについてもっと深堀りした情報を見る

水産関係の仕事にはどんなものがある?色々な仕事を詳しくご紹介!

水産関係の仕事というとどんな仕事を思い浮かべますか?この記事では、水産関係の仕事にはどのようなものがあるのかご紹介していきます。水産関係の仕事とは?水産関係の仕事は様々ですが、大きなくくりとしては1次産業、2次産業、3次産業の3つに分けられます。みなさんはこれらの言葉を知っていますか?それぞれの仕事がどのカテゴリーに属するかで消費者との距離が微妙に変わります。まずは1次~3次産業の内容をおさらいしてみましょう。第1次産業経済の流れの中で「生産」を担う業種のことです。林業や農業、漁業といった「自然界に働きかけて直接に富を取得する産業」と定義されています。「生産者」といえばわかりやすいでしょうか。

テレビ関係の仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

現代日本ではインターネットが普及し、若者を中心に広がりを見せていますが、大衆娯楽としてテレビはまだまだ幅広い年代から支持を受けています。様々な方が楽しむテレビですが、その番組を制作するために多くの人が働いています。そんなテレビ関係の仕事の中でも今回はおすすめの物を紹介していこうと思います。テレビ関係の仕事おすすめ8選テレビ関係の仕事と一言で言っても、様々な職種が存在します。ここではその中でも特におすすめの職種を理由も合わせて紹介していきます。アナウンサーまず初めに挙げる職業はアナウンサーです。多くのテレビ局で毎年募集はあるものの募集人数に対して希望者が多く、倍率は1000倍とも言われています。

ゲーム関係の仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

ゲームに関係のある仕事は、500種類を超えると言われています。全てを紹介することはできないですが、代表的な仕事をいくつか紹介するので、ゲームに興味のある人はチェックしてみましょう。ゲーム関係の仕事おすすめ10選ゲーム関係というと、漫画家などの原作者、声優、ダンサー、イベント会社などなど、本当に数が多いのです。なので、自分が得意とする分野で関わるのが最もおすすめ。とはいえ、イメージしやすいように今回は、ゲーム作りの流れの中に登場する仕事を紹介します。プロデューサープロデューサーはゲーム作りの方向性を決める人です。「こんなゲームを作りましょう」というのを考えて、企画を立ち上げます。制作が始まれば総

法律に関わる仕事おすすめ9選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

法律に関わる仕事に興味がある人は多いかと思います。弁護士や裁判官、司法書士は、法律に関わる仕事の中でも特に人気が高い憧れの仕事です。ただ、法律に関わる仕事がこれら以外にどのようなものがあるかは知らない人が多いかもしれません。もしくは仕事は知っていても、それが法律に関わるとは思っていないかもしれません。今回は、法律に関わる仕事についてまとめてみました。法律に関わる仕事おすすめ9選法律に関わる仕事は、弁護士や裁判官、司法書士以外にどのようなものがあるか気になるところです。ここでは、法律に関わる仕事を紹介していきます。弁護士弁護士になるためには、代表的な方法として法科大学院で2年~3年の所定課程を修

運転する仕事おすすめ3選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

運転する仕事、つまり、ドライバーと呼ばれる仕事は、周知の通りたくさんあります。日常生活の中でもタクシーやバスを使いますが、タクシーやバスを動かして仕事をしている人はまさにドライバーです。運転が好きでドライバーの仕事を始める人もいれば、ドライバーの仕事に憧れてドライバーの仕事をする人、様々な理由が運転する仕事に就く人にはあります。今回は、運転する仕事について仕事内容やおすすめの理由などについて紹介します。運転をする仕事に必要なこと運転する仕事と言われると運転免許だけが必要なのかと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。運転するためにはもちろん免許も必要ですが、免許以外にも必要なことがあ

スポーツに関わる仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

野球にサッカー、バスケなど、一年を通して常に注目される「スポーツ界」。世界大会やオリンピックなど大きなイベントがあると、その関心はさらに高まりますよね。見ているだけでももちろん楽しいけれど、中にはスポーツを仕事にしたいと考える人も少なくないはず。でも、「今からスポーツ選手は無理……」なんて諦めていませんか?確かにスポーツ選手になるのは難しいけれど、世の中にはスポーツに関わる仕事がたくさん存在します。今回はスポーツが大好きな方のために、スポーツに関わる仕事についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!スポーツに関わる仕事おすすめ7選どんな人でも、一度はスポーツに関わったことがあると思い

ガテン系の仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

ガテン系の仕事というと皆さんはどういうイメージがありますか?建設現場で働く土木系の作業員や鳶職、大工などを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。ガテン系の仕事は、イメージ通り建設業も該当しますが。実はそれだけでなく、整備士や技術職などの各分野の専門的な知識などを必要としている専門職のことをガテン系と言います。つまり、建設系だけでなく、整備士やドライバー、船の航海士や機関士なども実はガテン系になります。この話を聞くと、では、ガテン系の仕事は具体的にどんな仕事があるのか気になるところです。今回は、ガテン系の仕事について紹介していきます。ガテン系の仕事おすすめ8選ガテン系の仕事は、建設系だけで

建築の仕事おすすめ9選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

建築の仕事は、土木や建設関連の仕事をイメージしがちですが、建築に関連した仕事は他にもあります。例えば、インテリアコーディネーターや空間デザイナーなど物を作るより空間をデザイン・コーディネートする仕事も建築の仕事になります。今回は、建築の仕事についてどんな仕事があるのか、その仕事内容はどういうものなのかについて紹介していきます。建築の仕事おすすめ9選建築の仕事には様々な職種があります。ここでは建築に関する仕事やその仕事内容などについて紹介していきます。建築士建築士になるためには、建築士の国家試験に合格しなければなりません。受験資格は、限られていて、大学、短大か高等専門学校の土木科を卒業して1年以

芸能に関わる仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

芸能界と言えば、誰もが一度は憧れたことがあるであろう世界。カッコいい人や可愛い人がたくさんいて、みんな素敵な装いで、とてもキラキラしている……なんてイメージをお持ちの方も多いでしょう。そのため、憧れや興味があっても「私には無理」とハナから諦めてしまう人も多いもの。また、芸能人になるためのオーディションを受けたけど落ちてしまったという方も少なくありません。でも、諦めるのはまだ早いです。テレビやCMで活躍するタレントだけが芸能界にいるわけではありません。芸能に関わる仕事は他にもたくさんあるのです。そこで今回は、芸能界に憧れる人にオススメの仕事についてご紹介いたします。そもそも、「芸能」に携わる仕事

ピアノを使った仕事にはどんなものがある?演奏者から講師まで色々な仕事を紹介します

昨今、音楽大学への進学率が低くなっている現状がありますが、実際に音楽大学を修了した後の進路に悩む学生さんも多いようです。もちろん一般企業に就職し、趣味で音楽を続ける人が多いのも事実ですが、せっかく大学で学んだスキルを活かして活動していくには、どうしたら良いでしょう?今回は、ピアノを使った仕事にはどんなものがあるのかを紹介していきたいと思います。ピアノを使った仕事にはどんなものがある?今回は、音楽学部の中でも器楽のピアノに焦点をあててご紹介したいと思います。大きくわけてピアノを使った仕事は二つに分けることができます。1つは自分が演奏をする仕事、もう1つは自分の技術・知識を活かして教える仕事です。


職業・仕事まとめに関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

出世する人の12個の特徴とは?見習いたいポイントはこんなところ!

以前よりはそこまで上昇志向があるという人は減ってきているとはいえ、仕事をするならそれなりに高い給料が欲しいし、同期よりは早く出世したいと思うでしょう。長く働いていれば自動的に出世していった時代とは異なり、実力で出世できるかできないかが決まるようになったとも言えます。それでは、出世する人はどういう人で、どのような共通点があるのでしょうか。出世する人の特徴や見習うべきポイントなどを解説していきます。出世する人の12個の特徴とは?出世する人はもともと持っている突出した能力や才能がある人もいますが、それ以外にも共通して見られる特徴があります。それでは、出世する人にはどのような特徴があるのか、詳しくみて

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。これを持っている事で美容師として仕事ができますが、逆を言うと「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を8つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省の認可を得た専門の機関で学び、国家試験に合格すると取得する事ができる国家資格です。美容師免許を持つ事でできる仕事は、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で受けられる施術の全てになります

美容に関わりたい人におすすめの仕事9選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

いつまでもずっと綺麗でいたい、今以上にもっと綺麗になりたい…。そんな願いを持つ女性は今も昔も後を絶ちません。近年では女性のみならず男性もエステに通い、メイクをする時代です。コスメも様々な種類があり、今や小学生でもメイクやネイルを楽しんでいます。そんな中、美容に関わる仕事に就きたいと思う人も増えています。そこで今回は美容に関わることができる仕事についてご紹介したいと思います。美容に関わりたい人におすすめの仕事9選美容といっても様々なジャンルがあります。頭から足の先まで考えると実に多くの仕事があります。今回はその中でもおすすめの美容に関わる仕事についてご紹介しましょう。エステティシャン美容の代表格