現代日本ではインターネットが普及し、若者を中心に広がりを見せていますが、大衆娯楽としてテレビはまだまだ幅広い年代から支持を受けています。

様々な方が楽しむテレビですが、その番組を制作するために多くの人が働いています。

そんなテレビ関係の仕事の中でも今回はおすすめの物を紹介していこうと思います。

テレビ関係の仕事おすすめ8選

テレビ関係の仕事と一言で言っても、様々な職種が存在します。

ここではその中でも特におすすめの職種を理由も合わせて紹介していきます。

アナウンサー

まず初めに挙げる職業はアナウンサーです。

多くのテレビ局で毎年募集はあるものの募集人数に対して希望者が多く、倍率は1000倍とも言われています。

首都圏のテレビ局に勤務するアナウンサーはキー局アナウンサーなどとも呼ばれ、他地方で働くアナウンサーと区別された呼び方をされる事もあります。

その仕事内容とは?

ニュース番組などのアナウンサーは用意された原稿を間違いなく読み、カメラの向こうにいる視聴者の人に正しい情報を伝える事が仕事になります。

しかし、淡々と原稿を読むだけではどの部分が重要か相手に伝わりにくいため、重要な部分は強調したり、内容によって声のトーンを変えるなど相手に伝わりやすく話す事が求められます。

また、最近では多くのアナウンサーがバラエティー番組などの進行アシスタントに起用されるようになっています。

バラエティー番組はニュース番組と異なり、細かな原稿がありませんので、出演者の話を聞き、場の流れを読んだうえで臨機応変な受け答えをする事が求められます。

おすすめポイントとは?

活動の幅が広く、様々な分野で活躍できる事はおすすめポイントです。

先に挙げた番組以外にもスポーツ番組の担当や、事件の直接取材なども仕事として担当する事もあります。

また、アナウンサーとして一定期間勤めた後にフリーアナウンサーとして活動する人も少なからずおり、多様な世界で活躍できる可能性があります。

俳優・女優

次に紹介するのは俳優・女優の職業です。

テレビドラマや映画などに欠かせない俳優・女優はテレビ関係の仕事でも表舞台に立つ事が多く、目立つ存在の仕事と言えます。

その仕事内容とは?

テレビドラマなどで役をもらい、求められている役を演じる事が仕事となります。

役をもらうためには高倍率のオーディションを受けて合格しなければならず、それに合格したら役のイメージをプロデューサーや脚本家などと打ち合わせした上で決定し、そのイメージ通りの役で演じる事が必要となります。

テレビドラマは舞台と比べて完成までの期間が短く、その中で役に入り込んで撮影に臨む事が求められる仕事となります。

おすすめポイントとは?

テレビドラマに出演するようになると、知名度がいっぺんに高まるため自分の存在を全国の人に知ってもらう事ができます。

また、演技の幅を広げる事で視聴者に与える影響は大きくなり、視聴者に感動を与える事も出来る仕事です。

自分の才能を活かし、相手の心を動かしたいと考える人にとってはおすすめの仕事と言えます。

また、俳優や女優は有名になればなるほど報酬が高くなる事が一般的なため、お金を稼ぎたいと考えている人にもおすすめの仕事になります。

声優

先に挙げた俳優・女優という仕事に対して、声の演技でお仕事をしている声優もテレビ関係でおすすめの仕事の一つです。

近年は声の仕事のみにとどまらないアイドル声優と呼ばれる人も増えてきています。

活躍の場はテレビ以外の舞台などにも広がりを見せています。

その仕事内容とは?

声優は自分の声を使って演技をしたり、ナレーションをしたりするお仕事です。

よく知られている仕事内容としては、アニメのキャラクター声優が挙げられます。

その他にもテレビ番組やCMのナレーションや海外映画の日本語吹き替えなども仕事として挙げられます。

テレビゲームも近年ではフルボイスの物も増えてきているため、ゲームのキャラクターに起用された声優がゲームを宣伝するためのコマーシャルに声優として出演する事もあります。

おすすめポイントとは?

様々なフィールドで活躍できる仕事という事がおすすめポイントと言えます。

特にアニメのキャラクター声優は、キャラクターの人気が出るとCDの発売などが行われる事があります。

担当したアニメのキャラクターがきっかけでアイドル声優として活躍されている方も存在しています。

テレビだけでなく、それ以外の様々な分野で活動したいと考えている人にとって声優の仕事はおすすめです。

テレビプロデューサー

テレビ番組を制作する際の総責任者であるテレビプロデューサーもテレビ関係の仕事の中で重要な役割を担う事になります。

入社してすぐこの職に就く事は不可能であり、通常はアシスタントディレクター、ディレクターという職を経験してから就く事が可能となります。

その仕事内容とは?

テレビプロデューサーはテレビ番組の制作について全ての決定権を持つ役割を担っています。

番組制作をする際の脚本や演出などを専門職と話し合ったり、その番組にかけられる予算を各部署に割り振るなど責任ある役割を担当する事となります。

番組に起用する演者を選ぶのもプロデューサーの役割となりますので、普段から様々な人と繋がりを持つ事が大切になる仕事です。

おすすめポイントとは?

自分が楽しい・面白いと感じる企画をテレビ番組として世の中に発信できる事が一番のおすすめポイントと言えるでしょう。

自分が思い描いたアイディアが形になって残るため、やりがいに繋がりやすい仕事と言えます。

気象予報士

私たちの生活に直結するテレビ関係の仕事に気象予報士の仕事があります。

ここではあまり知られていない気象予報士の仕事について紹介していきます。

その仕事内容とは?

様々な気象データを使用し、その地域の天気や気温、降水確率などを予測して視聴者に伝達する仕事になります。

テレビの仕事では天気予報を伝えるお天気キャスターが存在しますが、気象予報士の資格を実際に持っている人は少ないです。

気象予報士は資格を持っている人のみが行う事が出来る業務独占資格となりますので、お天気キャスターが読む原稿は気象予報士の資格を持つ人が作成する事になります。

ニュース番組のほとんどは天気予報のコーナーがあり、そのニュースの時間までにデータを分析し、原稿を作成しなければならないため、時間に厳しい仕事であると言えます。

おすすめポイントとは?

気象予報士は先に挙げた通り業務独占の仕事であり、時間厳守の厳しい仕事と言えます。

しかしそれ故その仕事専従で業務にあたる事ができます。

テレビ関係の仕事は多岐にわたるため、その他の仕事は様々な仕事を兼務し業務にあたる事が多いです。

しかし気象予報士は自分の資格を活かした自分の仕事に集中しやすい環境にあるため、気象予報士の仕事が好きな人にはおすすめできます。

また、気象予報士はテレビ関係の仕事の中では裏方業務の方が多いため、テレビ関係の仕事に従事したいけれども表に出る事は苦手であるという縁の下の力持ちタイプの人にはうってつけの仕事であると思います。

また、気象予報士の合格率は5%前後と低く、資格保持者は10000人に満たない状態のため、転職に困る事も無いでしょう。

脚本家

ドラマなどのテレビ番組を制作するために欠かせない職業です。

あまり表舞台に登場する事は無い仕事ですが、番組の骨組を作成する大事な職業と言えます。

その仕事内容とは?

脚本家はテレビ関係の監督やプロデューサーなどから仕事の依頼を受け、それに基づいて脚本を作成する仕事となります。

まずは依頼者と打ち合わせをし、どのような脚本を作成するのかを決めます。

必要があれば取材を行い、仮の脚本を作成します。

それをもとに再度依頼者と打ち合わせをし、修正部分があれば修正を行った後に脚本を完成させます。

また、脚本は完全にオリジナルの物もありますが、小説や漫画を原作として脚本作成を依頼される事もあります。

その場合は原作者の方も交えて打ち合わせを行う事となります。

おすすめポイントとは?

テレビ関係の仕事には四年制大学または短期大学を卒業している事を必須としている職種も多いですが、脚本家は学歴に関係なく誰でも目指す事が可能でという事がおすすめポイントの一つだと思います。

脚本家に必要なのは文章を書いたり構成したりする能力と、依頼者のニーズに合わせてその文章を修正し、イメージに合わせた脚本を制作する能力を持つ事が求められます。

他の人と協力して作った脚本が実際の映像となり視聴者に届けられる事になるため、それを目にした時にはやりがいも感じられる事となるでしょう。

また、人気脚本家になるとフリーで活動する人も多く、ある程度は自分のペースで仕事が出来る事もおすすめポイントとして挙げられます。

技術スタッフ

テレビ番組を制作する事は演者だけではできません。

カメラマンや照明、音響などを行う技術スタッフの存在無くしてはテレビ業界が成り立たなくなってしまいます。

この項目ではそんな技術スタッフについて説明していきたいと思います。

その仕事内容とは?

特定の技術を持って、その専門とされる役割を担うスタッフとなります。

職種としては撮影を行うカメラマンや会場の明るさや演出に効果的な色合いを考える照明、効果的な音楽を選定しタイミングを計って流す音響、小道具などを制作したり配置したりする美術スタッフなどが挙げられます。

おすすめポイントとは?

技術スタッフは入社前に専門学校等であらかじめ技術を学んだ上で仕事を始められる事がおすすめポイントと言えます。

テレビ関係の仕事は丁寧に仕事を指導してもらえる職種が少なく、見て覚えなければならない場面が多くあります。

一つ一つの仕事にスピードも求められるため、先輩たちも忙しくしており質問する機会が持ちづらい場合も少なくありません。

その点技術スタッフは専門学校等で必要な技術を学んだ場合、それが仕事に直結してくるため、最低限の準備を整えた状態で業務にあたる事が出来ます。

もちろん質問を一つもせずに全ての業務が出来る訳ではありませんが、事前に習得した技術を活かして働きたい場合には技術スタッフはおすすめの仕事と言えるでしょう。

アシスタントディレクター

通称「AD」と呼ばれる仕事です。

通常は裏方作業全般をこなす事になり、表舞台に出る事は基本的にありません。

しかし、一部バラエティー番組などでは特徴的なADを名物ADなどと紹介してテレビに登場させる事もあります。

その仕事内容とは?

テレビ番組を制作する際に、最初から最後まで関わる仕事がアシスタントディレクターの仕事になります。

番組の企画をする際に意見を求められたり、番組制作に必要な情報収集などを行ったりもします。

また、番組作成のスケジュールがある程度決まったら関係者にそれを伝達し、スケジュール調整を行ったりもします。

外に出て撮影や取材をする必要がある場合は撮影許可を取ったり、撮影隊のベースとなる場所の確保なども仕事になります。

スタジオ内で撮影する際は小道具の準備をしたり、機材の準備を行ったりもします。

近年増えているタレントのドッキリ番組などを制作する前には内容に危険が無いか確認するために、アシスタントディレクターがリハーサルを行ったりもします。

おすすめポイントとは?

アシスタントディレクターは現場を何年か体験した後、テレビディレクターを経てテレビプロデューサーになれる可能性があります。

目的意識を持って業務にあたる事でキャリアアップをはかれるという事がアシスタントディレクターのおすすめポイントと言えるでしょう。

アシスタントディレクターの仕事は多岐にわたり、多忙を極めますが、そこで体験した仕事内容は、後に自分がテレビディレクターやプロデューサーになった時の番組構成や進行方法を考える際に役立つ事となります。

テレビディレクターの番組演出技術は教えてもらって一朝一夕に身につけられるものではないため、アシスタントディレクター時代についたテレビディレクターの手法を目で見て盗み、自分の物にしようとする意欲を持つ事が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

テレビ関係の仕事で働く職種はたくさんあり、それぞれに色々な魅力があります。

この記事が自分に向いているテレビ関係の仕事を探す手助けになれば幸いです。

皆様が理想の職業に就ける事をお祈りしています。