「継続は力なり」という言葉を誰でも聞いたことがあると思いますが、皆さんは何かを継続していることありますか?

例えば、朝のランニングを5年以上続けているとか、会社終わりの英会話スクールを3年以上続けているとかです。

継続することは力になるのは誰もが理解していることではありますが、継続することはシンプルですがとてもハードルの高いことです。

続けようとやっていてもどこかで続かなくなったり、何かがきっかけで一度止めてしまうと次、もう一度がめんどくさかったり、きっかけがなくて再開できなかったりします。

ただ、どの分野でもエキスパートやスペシャリスト、プロフェッショナルと呼ばれている人は、何かを継続しています。

プロスポーツ選手を例に挙げるとほとんど第一線で活躍している人にはルーティンワークがあります。

朝の習慣であったり、食事の習慣であったり、中にはトイレのタイミングや曜日によって靴下や下着などを決めていたりします。

今回は、継続力のある人に共通する特徴や継続力がある人、コツコツと努力できる人におすすめの仕事を紹介していきます。

継続力がある人の5個の特徴とは?

継続することは難しいのは誰もがわかっていますが、何かを継続してできる人を尊敬すると共に羨ましく思うこともあります。

継続できる人と継続できな人の違いは何かを考えた時に、継続できる人、継続力のある人には共通の特徴があります。

ここでは、継続力のある人の特徴を紹介していきます。

何かしらの明確な目標がある

継続するためにはモチベーションであったり、やる気を保ったりしなければなりませんが、ほとんどの人は、モチベーションややる気が保てないため、継続することができない、途中で挫折してしまう傾向にあります。

継続できる人、継続力のある人は、何かしらのしっかりとした目標があり、その目標に向けてコツコツと努力を積み重ねていきます。

目標があれば、目標達成に向けてどう努力すればいいのか、どうモチベーションを保てばいいのかをしっかりと考えて行動することができます。

また、継続力のある人と継続力のない人の違いは、目標が明確かどうか、目標達成に向けてのステップがしっかりとしているかどうかも違ってきます。

例えば、マラソンで4時間を切って走りたいと目標を立てたとすると4時間を切るためにはどういう練習をしたらいいのか、自分に何が足りないのかを分析して練習することができますが、ただ単にマラソンで走りたいだけでは何に向けて練習するのか、また、行き詰まった時に練習を継続するためのモチベーションが上がらなかったりします。

継続力のある人は、何かしらの明確な目標を持っています。

他の人と自分は違うと認識している

継続力のある人に共通するのは、他人は他人、自分は自分と割り切っていることです。

目標を持って取り組んでいたとすると同じような目標を持っている人がいたらすごく気になります。

例えば、ダイエットしたいと思い、入会したジムに同じ身長で同じ体重の人がいたとします。

この人が、自分と同じく10kg減量を目標としていたとして、2ヶ月後に自分が4kg減量したのに対して、もう一人の人が5kg減量したとなると焦りであったり、悔しさであったりを覚えて気になってしまいます。

頭では勝ち負けの問題ではなく、自分の目標が達成できたらいいとわかっていても他人を意識してしまうと負の連鎖からなかなか抜け出せません。

継続力のある人は、他人の結果や動向は特に気にせず、自分の目標に向けてコツコツと努力するため、他人は他人、自分は自分と割り切って余分な情報をシャットアウトすることができます。

分析をしっかりする

継続するためには明確な目標と高いモチベーションを維持でき、コツコツと努力することが一番大切です。

そのためにはどういう段取りで目標達成に向けて練習するか、行動するかを考えなければなりません。

継続力のある人は、目標達成に向けて、自分の現在地、何が足りていないのか、何を伸ばすべきなのか、どう取り組んでいくかなどをしっかりと分析して自分のペースにあったトレーニングであったり、作業であったりを考えることができます。

目標に向けて自分自身や目標を達成するための要素をしっかり分析することで無理なく目標達成するための道ずじを立てることができます。

時間を上手に使える

継続力のある人は、分析がしっかりしていたり、明確な目標と目標に向けてのステップをしっかり考えることができるため、時間を上手に使うことにも長けています。

1日に何時間もあればいいのですが、1日の時間は限られています。

例えば、資格試験に合格したいと目標を立てたとして、社会人の場合は、日中は仕事をしていますので運動したり、勉強したりすることは難しいです。

学生であっても日中は講義や他の勉強があるのでそれだけに集中することは容易ではありません。

継続力のある人は、隙間時間をうまく使うことができます。

社会人で日中は仕事をしていますが、お昼の休憩や通勤時の電車やバスの中では少し時間ができます。

学生も似たような状況で時間が空いたりします。

継続力のある人は、こういった時間を有効活用して、参考書を読んだり、満員電車で本が広げれないとわかっているなら音声で耳から学習したりすることができます。

小さな成功体験を積み重ねる

継続する上でモチベーションが大切ですが、モチベーションを保つためには何かができたという実感が必要になります。

継続力のある人は、モチベーションを保つためや自分がどこまで目標に近づいているかを確認するために小さな成功体験を積み重ねていきます。

例えば、資格試験に挑むにあたり、2週間後に模試で80点以上をマークするや1日に10ページは参考書を読むなど、もっと小さな目標を立てて成功体験を積み重ねるケースもあります。

もっと上手な人は、もっと小さな目標を立ててスケジュール帳やスマホのカレンダーなどにできたことをチェックしたり、書き込んだりしてあえて目に見えるようにして自分がちゃんとやった証拠を作ります。

小さな成功体験をただこなすだけでは大きく力をつけたり、何か飛躍的にできるようになるわけではありませんが、小さな成功体験を積み重ねることで少しずつ着実に力をつけていることと何より自分に対して頑張っているという証拠を作ることができるため、モチベーションを保ったり、やる気をおこしたりするのに有効な手段です。

継続力がある点を活かせる仕事8選

継続力のあることはもちろんですが仕事に活かすことができます。

継続する、つまり、常に何かにチャレンジして成長していく、マイペースに仕事をしていくなど様々な解釈があるかもしれませんが、それらを含めて継続力を活かして活躍できる仕事を調べてみましたので紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

もちろんですが、ここに挙げた仕事以外にも継続力のあることが役に立つ仕事であったり、継続力を必要とする仕事はありますので気になった人は自分でも調べてみて下さい。

農家

農家になるためには、学歴や資格は必要ありません。

農家になるために必要なのは農業に対しての知識と決意、農業をしたいという強い意志と熱意です。

学歴を必要としていませんので誰でも農家になろうと思えばすぐになることができます。

ただし、野菜や果物、米などを作るにあたり、農作物は非常にデリケートであること、同じものを作るのはかなり至難の技であることなど簡単にできるものではないということです。

土や水によっても野菜や果物、米の味は当然ですが変わってきますし、天候によっては野菜や果物などの農作物が思うように収穫できない時もあります。

また、農家といっても農業に携わるのは個人事業主としいて独立して働くか、法人に勤めて農業担当として農業に携わるのがメジャーな方法です。

その仕事内容とは?

農家の仕事は、米や野菜、果物などの農作物を育てることと育てた農作物を市場に出荷し、収入を得ることです。

個人事業主として活動する人がほとんどの農家では、全ての作業はほとんど一人でまかないます。

水やり、雑草取り、種植え、収穫、農薬まきなどをこなします。

土地や気候、畑の土の質によって作れる農作物は違うのでその土地に応じた農作物を作ることになります。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

農業は、ただ農作物を作るだけの仕事と思われがちですが、品質の良い農作物を継続して作ることは至難の技です。

その年その年の天候や土の質などの環境によっても大きく収穫が左右されますし、水をやり過ぎたりしても農作物は枯れて収穫できなかったりします。

しかも、個人事業主で農業をする人が多いので、誰かに認めてもらえたり、誰かに賞賛される機会はなかなかなく、自分一人との戦いになります。

継続力のある人は、目標を立てたり、小さな成功体験などでモチベーションを保つことができるのに加えて、時間をうまく活用することができるので農家に向いているといえます。

農家の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

パン職人

パン職人は、未経験者でもチャレンジすることができる仕事です。

一般的には製菓学校であったり、パン作りについて学べる専門学校に入学して、ある程度のパンに対しての知識やパン作りに対しての知識を身につけてからパン屋に就職し、パン職人として活動していきます。

しかし、弁護士であったり、医師であったり、絶対にこの方法でないとなれませんという仕事ではないため、高校や専門学校、中には大学を卒業してからパン屋に就職してパン職人の見習いとして働き始める人もいます。

また、最近はパン製造技能士や製菓衛生師などの資格を専門学校で取得するケースがありますが、これらの資格もパン職人になるためにあれば知識として有利だけど、ないと絶対にダメというわけではありません。

ただ、将来的に独立したり、大手チェーン店の店長を目指す場合は、食品衛生責任者の資格は必要になりますのでこの資格は取らないと店長やお店のオーナーになれない可能性があります。

その仕事内容とは?

パン職人の仕事は、パンを作ることです。

美味しいパンを消費者に提供することがパン職人の仕事になります。

パン職人の朝は非常に早く、夜が明ける前から活動が始まります。

小麦粉や材料を専用機材に入れてこねてパンの元となるネタを作ったり、前日の仕込みを確認したり、当日のパン作りの工程を確認したり、パンを捏ねている間には次の作業がスムーズにできるように機材を準備したり、捏ねた後にまた別の生地をすぐに作れるように準備したりします。

開店後は、接客をしたり、パンを店頭に陳列したりします。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

パン職人というとただパンを作るだけに思えるかもしれませんが、ただパンを作るだけでは将来につながる仕事をすることはできません。

パン職人は新しい商品を考えたり、試行錯誤して作りながら、通常の店頭に並ぶパンを作らなければなりません。

また、パンは、イースト菌を使うため、常に発酵し続けます。

そのため、その日の外気温や乾燥具合、水の量などに応じて焼き上がりや味が全然変わることもあります。

常に日々勉強の仕事であるパン職人は失敗したらなぜ失敗したのか、成功したらなぜうまく焼けたのかなどを分析したり、コツコツとした努力を積み重ねないとパン職人とし手の腕があがりません。

そのため、継続力のある人は、特徴を活かしてパン職人として活躍できる可能性が高いため、おすすめの仕事です。

和菓子職人

和菓子職人は、一人前として活躍するまでに長い修行期間を必要としていますが、特別な学歴や資格を取得する必要はないため、全くの未経験者が和菓子作りの現場にチャレンジすることもできます。

多くの人は、製菓学校などで和菓子作りの基本となる知識を学習してから製菓学校のパイプを持っている和菓子店に就職して和菓子職人になるべく実践を積む修行が始まります。

美的感覚や日本文化を重んじる心であったり、日本文化に対して親しむ気持ち、手先が器用で繊細でないと和菓子職人は務まりませんが、最近は和菓子の美しさに惚れて和菓子職人の修行を希望する外国人が増えてきています。

その仕事内容とは?

和菓子職人は、日本の伝統的な和菓子を作ることが仕事になります。

和菓子とひとえに言っても実は2種類あり、生菓子と干菓子があります。

和菓子を作るには豆類、粉類や果物などの食材の知識が必要になりますし、どう食材を活用することで和菓子の味と見栄えがいきてくるのかの創造力が必要でもあります。

幅広い食材に対しての知識は和菓子職人の仕事に大いに活用することができます。

和菓子は、ただ作るのではなく、茶道と共に発展してきた日本伝統の食べ物であるため、季節感やわび・さびを表現することも大切な要素です。

その大切な要素をうまく表現して活かすことも和菓子職人の仕事になります。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

和菓子職人は、色々な食材を組み合わせて新旧文化を融合した和菓子であったり、伝統的な和菓子であったりを作ります。

食材によっては、その年に豊富に収穫できたものを使ったり、珍しい食材を使ったりします。

どの食材を使ってどう季節感を表現するか、どのように和菓子として表現していくかなどは和菓子職人にかかっており、同じものを何度も作れないこともあります。

そのため、継続力のある人の特徴を発揮して活躍できる可能性が高い仕事といえます。

パティシエ

パティシエになるには、有名なパティシエの元へ修行を申し込むか製菓専門学校で洋菓子に対しての基礎知識を学んだ後、洋菓子店へ就職するか、パリなどの洋菓子の本場の国で有名店などで修行をするかによりなることができます。

パティシエには、取得が義務付けられている資格やパティシエになるために必要な学歴はありません。

高校を卒業してパティシエを目指す人もいれば、一度社会人になってからパティシエになりたいと思い、有名パティシエに弟子入りしたり、海外の有名店へ修行にいったりするケースもあります。

完全な現場実力主義の世界であるパティシエは、学歴より体力や洋菓子、食材に対しての幅広い知識が求められます。

その仕事内容とは?

パティシエの仕事は、洋菓子店、ホテル、レストランやイベント会場などでケーキ、フィナンシェ、クッキーなどの洋菓子を作って消費者に提供することです。

大きなお店のパティシエの場合、役職に応じてポジションが決まっていたり、仕上げはパティシエの長が務めたりすることもありますが、小さなお店であったり、自分で開業したお店であったり、人をあまり雇っていない場合は、パティシエが全ての工程を一人でこなすこともあります。

基本的には、粉や食材の計量、仕込み、生地作り、デコレーションや焼き上げをすることが仕事になります。

お店の営業中には実際に接客したり、商品を陳列したりすることもあります。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

パティシエは、常に成長をし続けないと長く続けることができない職です。

特に激戦区であるダウンタウンなどのエリアは常に新しいお店が出店し続けるため、ライバルが後を絶ちません。

少し売れたから、ちょっとブームになったからといって努力を継続しなければお店の売上は急降下してしまいます。

そのため、継続力のある人にはまさにうってつけの仕事といえます。

実力を磨くために努力し続ける、成長し続けるためには、継続しなければなりません。

継続するためにはモチベーションを保ったり、目標を立てたり、分析したりしなければなりませんので、継続力のある人の特徴は最大限に行かせる可能性が高いといえます。

営業職

営業職は、未経験でも始めることができる仕事ですが、一般的には大学もしくは大学院を卒業して商社やメーカー、不動産や保険などの会社に入社し、営業部へ配属されることからスタートします。

未経験でも始めれるため、他の仕事を経験してから中途採用で営業職に入社する人も少なくありません。

特別な資格は必要ないため、比較的未経験者や中途採用が受け入れてもらいやすい仕事です。

ただ、営業は入社後の方が大変でほとんどの会社は営業にノルマを課しているためお客様と会社の間でお互いがwin-winになるようにバランスを保つことも大切ですし、バランスを保ちながら利益もあげてノルマを超えなければなりません。

その代わり、営業の仕事はほとんどの会社がノルマ達成した際の特別報酬が設けられているため、収入は比較的良い仕事ともいえます。

その仕事内容とは?

営業の仕事は、自社の商品やサービスを個人や法人に向けて提供するために、顧客と会社の間に立ち、顧客の満足度を追求しつつ、会社に利益をもたらすwin-winの関係を築いたり、保ったりすることです。

例えば、不動産の営業担当であれば、お客様に家やマンションを買ってもらうのですが、お客様が納得するように家やマンションの特徴、お客様の疑問に答えて解決することが仕事です。

様々な業界に営業はいますので金融関係であれば、株や保険などの金融商品、クレジットカードなら法人用個人用のクレジットカードの契約、自動車関係なら車やバイクなどの購入があります。

業界によって若干異なりますが、基本的には、お客様のところへ出向いて商品やサービスを紹介したり、提案したりしますし、電話やメール、SNSやFAXなどを使いこなして新規開拓などをしたりもします。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

営業の仕事は、コツコツとした積み上げが大切な仕事といえます。

例えば、お客様と信頼関係を築くためには時間がかかったりします。

そのため、継続した努力が必要です。

もちろん、信頼関係を築くためだけでなく、常にどの業界も変化しているため、変化にも多様に対応していかなければなりません。

つまり、営業は継続や努力なくして成功し続けることが難しい仕事であるため、継続力のある人にはうってつけの仕事です。

モデル

モデルは、男女ともに憧れる人が多い仕事の一つです。

モデルになるには、いくつか方法があり、まずはタレントやモデル事務所からスカウトされること、タレントやモデルなどの芸能事務所に自ら売り込みに行くもしくは履歴書などを送って面接などの試験の機会をもらうのとファッション誌などが開催するモデルグランプリやオーディションに出場してグランプリや審査員賞などをとるなどがあります。

個性や美貌などがあることでモデルになれる可能性は上がりますが、成功するためには、継続した努力が必要になります。

その仕事内容とは?

モデルの仕事は、ファッションショーの被写体であったり、ジュエリーやファッション、ヘアメイクの雑誌などで被写体となり、企業が売りたい、プロモーションしたい商品などを身につけて読者や閲覧者に対して商品の魅力をアピールすることです。

企業などが自社の商品を宣伝したり、プロモーションしたりする際に商品のイメージにあったモデルに仕事を依頼してきますのでモデルは、企業と商品プロモーションの打ち合わせをし、商品の宣伝塔としてデザイナーやカメラマンなどと魅力的に見える世界を作り上げていきます。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

モデルの仕事は、個性があったり、美貌があったりすれば成功すると思われがちですが、ライバルが多く、様々な場面で熾烈な争いのある仕事のため、常にコツコツと努力や目標に向けてモチベーションを高めて続けることが必要になります。

他のライバルであるモデルとどう差別化して企業や雑誌などの仕事をもらうか、他にはあえてライバルと同じ土俵に上がらず、SNSなどで独自にファンを作り人気や地位を確立していくかなど継続する力は必要になりますし、継続力のある人には特徴を活かせる仕事です。

警察官

警察官は、警視庁や公安、高速機動隊、白バイなどの従来の警察官に加えて、最近はサイバーテロに立ち向かうための部隊や交番勤務であっても外国人犯罪などに対応するために国際感覚や語学力を必要としたりしています。

また、警視庁や公安は、国家公務員であるのに対して、交番勤務の警察官や都道府県警本部などに勤務する警察官は、都道府県警本部が独自に実施する採用試験にパスした人です。

国家公務員である警視庁や公安は、エリートやキャリア組と呼ばれ、なれる人もほんの一握りのため、学歴は大学卒業であれば受験できますが、倍率が高いため高学歴になる傾向にあります。

都道府県警本部が実施する警察官の採用試験は、大卒だけでなく高卒でも受験可能です。

その仕事内容とは?

警察官の仕事は、国民の安全や地域の平和を守ること、維持することです。

そのため、パトロールであったり、役人や著名人の警護、重要建物などの警備が仕事になります。

近年は、サイバー犯罪が増加しているため、サイバーアタックやサイバーテロに対応するためITの知識を持った警察官であったり、ITの知識が求められたりしています。

また、サイバー犯罪同様、増加しているのが外国人犯罪です。

今までとは違い、語学力や国際感覚も警察官に求められています。

警察官の仕事は、昨今変わってきていますがそれは犯罪の形も変わってきているということなのでその変化に対応できる柔軟性が求められています。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

警察の仕事は、継続や柔軟性が求められています。

特に近年は、外国人犯罪であったり、サイバー犯罪であったりと今までにない犯罪が増えてきているため、今までとは違ったIT知識や国際感覚が必要になってきています。

つまり、継続的に知識をつけたり、努力し続けないと様々なシーンで柔軟に対応できません。

継続して何かをしていないと成長できないですし、警官が成長しないと色々な犯罪に対応することができず、国民の安全や地域の平和を維持することは難しいといえます。

そのため、継続力のある人は、特徴を活かして活躍できる可能性が高い仕事いえます。

探偵

探偵は、探偵事務所に入所し、実際の現場で様々な体験や経験を通じて場数を踏むことで探偵に必要な知識や技術を学んでいきます。

そのため、学歴や特別な資格は必要としているわけではなく、体力やコミュニケーション能力、柔軟性が求められ、多くの場数を踏むことでこれらの能力は養われます。

最近は探偵養成学校で探偵の基礎を学んでから探偵事務所に入所する人も増えてきています。

その仕事内容とは?

探偵の仕事は、依頼人から受けた依頼調査を遂行し、依頼人に対して調査した調査事実を報告することです。

調査依頼内容は多岐に渡り、有名な浮気調査や人探しだけでなく、ストーカー対策であったり、電話代行や復縁工作なども受け持ちます。

探偵の仕事には、体力、忍耐力、コミュニケーション能力、柔軟性などが求められ、場数を踏むことでしか養えません。

様々な依頼に対応すべく様々な場数を踏むことで仕事をきっちりとこなし、依頼人の信頼を築くことができます。

ただし、探偵の仕事はあくまでも調査であり、警察のように確保したり、逮捕したりすることはできません。

そのため、漫画やドラマのようにターゲットなる人物に積極的に接近したり、戦ったりすることはありません。

あくまでも調査をメインにきちんとした情報を収集し、依頼人に報告することが仕事です。

継続力がある点を活かせるのはどんなところ?

探偵の仕事は、依頼人の調査を受けて調査するだけですが、調査内容は多岐に渡ります。

浮気調査や人探しが一般的ですが、他にも様々な調査依頼があります。

どんな仕事にせよ継続して調査をし、結果報告をしっかりと依頼人にしなければいけないため、派手さはないですが、コツコツとした努力や泥臭く任務遂行に対しての責任感が求められます。

そのため探偵の仕事も継続力のある人の特徴を活かせる仕事といえます。

まとめ

今回は継続力のある人の特徴や継続力が活かせる仕事についてまとめてみました。

継続することはシンプルです。

簡単に思えるかもしれませんが意外と継続し続けることは難しいことです。

ただ、どの分野においてもプロフェッショナルと呼ばれる人は何かを継続しています。

そういった人は、継続することの大切さや苦労などを知っているため、努力することも大切だと理解しています。

継続力をつけたい人、何かを継続してみたい人は、ここで紹介した継続力のある人の特徴や継続力を活かせる仕事は一部ですし、まだまだ他にも特徴であったり、継続力を活かせる仕事はあります。

気になった人はぜひ参考したり、自分でも調べてみて継続力を養ったり、継続力が活かせる仕事にしてチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。「生命保険の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。「商品開発の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なの


仕事に関するコラム

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご

音楽に関わる仕事おすすめ18選。その仕事内容とおすすめの理由を紹介します

音楽と言っても様々なジャンルがありますが、皆さんはどんなジャンルの音楽が好みですか。クラッシック、オペラ、民謡・童謡・ロック・ジャズ・ポップス・演歌等いろんな場所で、色々なジャンルの音楽を耳にすると思いますが、皆さんが音楽を耳にするまでに、色々と音楽の仕事に携わっている人がいます。そこで今回は、音楽に関わる様々な仕事についてご紹介させて頂きます。音楽に関わる仕事にはどんなものがある?音楽に関わる仕事には、表で活躍する仕事と裏方での仕事が有ります。表の仕事は、歌手・楽器奏者等、前面に出て活躍する職業なので分かり易いですが、当然音楽制作関係の仕事をする人、その他には、映画やドラマ等に流す音楽を選定

自然に関わりたい人におすすめの仕事10選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

近年、キャンプや登山などのアウトドアを楽しむ人が増え、大自然の中で日々の疲れをリフレッシュしています。また、自分はインドア派だという人も、神社や広々とした高原へ出掛けると、自然の美しさや清々しい空気に、心が癒されるのではないでしょうか。元々自然が好きな人にとっては、自然に関わった仕事に就きたい、自然の中で仕事をしたいと思う人も居ると思います。そこで今回は、自然に関わる仕事を目指す人におすすめの仕事をご紹介いたします。自然に関わりたい人におすすめの仕事10選自然に関わる仕事は、探してみると実に多くの種類があります。資格が必要な仕事やボランティア、長期間や期間限定など条件も色々です。また、自然と接

田舎暮らしをしながらできる仕事とは?おすすめの仕事8選とおすすめの理由を紹介します

田舎暮らしと聞いて、あなたがイメージするのは、どのようなものでしょう。憧れのカントリーライフ?それとも望まぬ都落ち?いずれにしても、田舎で暮らすのなら、そこを自分の居場所として生活していく方法を見いだして、田舎暮らしを成功させたいですよね。田舎暮らしを成功させる条件とは、一体何なのでしょうか?暮らす場所が「田舎」であれば、まずその生活は「田舎暮らし」と呼ぶことはできるでしょう。ただそこに住まっているだけではなく、生活をしていくためには仕事をして収入を得る必要があります。田舎暮らしでの仕事は、どんなものがあるのかを詳しく見ていきます。田舎暮らしをしながらできる仕事にはどんなものがある?実際に田舎