食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。

その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。

料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。

一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。

それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。

料理に関する資格にはどんなものがある?

料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の資格も含めるとさまざまな資格があります。

その資格を目的別に大まかに分類したものをみていきましょう。

調理の技術を習得するもの

  • 調理師
  • ふぐ調理師
  • 家庭料理技能検定
  • 専門調理師・調理技能士

実際に料理を作る人、主にコックさんや料理人が必要とする資格で、調理の技術そのものを習得するための資格です。

人々の健康を支えるもの

  • 管理栄養士
  • 栄養士
  • 食生活アドバイザー
  • 介護食コーディネーター

料理や食材、調理方法に関する知識を習得し、食事や栄養の面で人々の健康をサポートするための資格です。

管理栄養士は厚生労働省の免許を受けた国家資格で、病気の人や高齢者も対象に各個人に合わせた栄養指導を行います。

栄養士は都道府県知事の免許を受けた資格で、給食など主に健康な人を対象とした栄養指導を行います。

質の高いサービスを提供するもの

  • レストランサービス技能検定
  • 日本酒検定
  • ソムリエ
  • 日本茶インストラクター
  • 野菜ソムリエ

専門的な知識でその料理や料理の魅力を伝えます。

客が要求することに高いレベルでアドバイスができるので、客の満足感や質の高いサービスにつながります。

食や料理の魅力を伝えるもの

  • フードコーディネーター
  • 食育インストラクター
  • キッチンスペシャリスト

料理の楽しさ、食べ物の美味しさなど、食の魅力を広げたり伝えるための資格です。

調理の技術だけでなく、料理を含めたキッチンや食卓などのトータルコーディネートや料理のエンタテイメント性などを追及します。

食の安全を守るもの

  • 食品安全検定
  • 食品衛生責任者
  • 食品衛生管理者
  • 製菓衛生師

飲食店などで食事を提供する場合、その衛生管理は大きな責任になってきます。

その安全・安心を保証するための正確な知識を持っていることを保証する資格です。

料理の資格を活かせる仕事11選

料理の資格にはさまざまな種類があることがわかりました。

それではその資格を活かせる仕事にはどのようなものがあるのか、詳しくみていきましょう。

料理を作る仕事

「シェフ」「コックさん」「料理人」と呼ばれているような、料理を作ることが仕事です。

作る料理の種類や場所にもよりますが、調理の技術や知識が不可欠となります。

調理師、ふぐ調理師、家庭料理技能検定、専門調理師・調理技能士などの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

レストラン、外食チェーン、ホテル、結婚式場、惣菜店、企業や病院の食堂、学校や保育園の給食室など、料理を作って提供する場所で調理をします。

外食チェーンなどでは決められたレシピに沿って全く同じように調理をすることが求められます。

病院や給食で提供する料理には塩分など調味料なども細かく分量が決まっており、決められた手順で正確に作らなければいけません。

個人経営の飲食店やレストランなどでは、その店オリジナルのレシピや味付けがあったり、自らがメニュー開発して料理をすることもあります。

おすすめポイントとは?

料理をするのが好きな人、作った料理を食べた人が喜んでくれることが嬉しいという人が真っ先にやりたいと思う仕事でしょう。

必ず持っていなければいけない資格はありませんが、調理師などの免許を取って基礎知識や技術を学んでからだと、スムーズに現場で働くことができます。

「企業に就職する」という安定した雇用で料理の仕事をしたいなら、資格がある方が有利です。

または、料理の技術は現場で覚えるという方法で料理人になることもできます。

身一つで店に飛び込んで現場で経験を積んでいき、独立して自分の店を出したりすることもできます。

この場合だと資格や学歴は関係なく、やる気があれば誰にでもチャンスがある方法です。

特定の料理・調理・食品に関する仕事

製菓店でケーキを作るパティシエ、バーでお酒を作るバーテンダー、寿司職人など、特定の料理や食品に関わる仕事です。

レストランやホテルで最適なワインを提供するソムリエなどもあります。

料理に関する幅広い知識と言うよりは、その分野のかなり専門的な深い知識や技術が必要です。

日本酒検定、ソムリエ、日本茶インストラクター、野菜ソムリエ、ふぐ調理師などの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

レストラン、バー、料亭、洋菓子・和菓子店、ふぐ料理屋などの飲食店が主に働く場となります。

またはデパートの野菜売り場とか、商店街の日本茶店のように、その食材を専門で扱う店で店頭でお客様にアドバイスしたりする仕事もあります。

パティシエや寿司職人などの作り手であればその料理を作ることが仕事です。

ソムリエなどは質の高いサービスを提供するためなので、その料理や商品の美味しい食べ方やおすすめのものを説明したり提供することが仕事です。

おすすめポイントとは?

「ケーキが好き」「ワインが好き」というように、その特定の料理や食品が好きな人がその道を極めつつ仕事として働くことができます。

作り手ならばその作ったものを「美味しい」と言って食べてもらえる喜びを感じられます。

豊富な知識をもとに料理屋お客様の好み考慮して最適ものを提供すること、人をもてなすことが好きな人にはやりがいを感じられる仕事でしょう。

食品メーカーで企画・商品開発・レシピ開発

同じ「カップラーメン」でも取り扱う会社が何社もあるように、食品を取り扱うメーカーは数多くあります。

大手メーカーからご当地の食品を扱う地域密着型の中小企業まで、会社の規模もさまざまです。

調理師や栄養士などの資格の他、その扱う食品に特化した資格(野菜を扱う食品メーカーなら野菜ソムリエなど)があると役立ちます。

その仕事内容とは?

食品メーカーで新商品の企画や開発をしたり、その商品を使ったレシピを考えたりすることが仕事です。

スーパーやコンビニに行くと毎日のように新商品が発売されていますが、例えばカップラーメンだけでも年間1000種類の新商品が出ています。

それらは各食品メーカーで毎日試行錯誤しながら新たに作り出し続けているのです。

味覚が優れているのはもちろんのこと、市場のマーケティングやコストも考慮しながら数々のアイデアを出していく発想力が必要な仕事です。

おすすめポイントとは?

自分が携わった商品が、実際に市場に出て小売店で売られているのを見たときは達成感や満足感があるでしょう。

「カップラーメンが好き」なら即席めん会社で商品開発に携わることができれば、毎日その食品を食べることもできます。

大手の食品メーカーなら、社員として安定した雇用で働くことができます。

細かい分量の調整や配合など細かい作業も多く、研究職のような仕事が好きな人に向いています。

外食チェーンでメニュー・レシピ開発

価格競争もありますが、やはり食べ物を提供する店なら料理の味で勝負したいものです。

市街地を中心に外食チェーンはたくさんあり、生き残りをかけてどの店でも日々新メニューが発売されています。

外食チェーンでのメニュー開発でも、調理師や栄養士などの資格の他、その扱う食品に特化した資格(野菜を扱う食品メーカーなら野菜ソムリエなど)があると役立ちます。

その仕事内容とは?

食品メーカーの商品開発の仕事と似ていますが、外食チェーンなら「商品」ではなく「メニュー」や「レシピ」を作ることになります。

良い食材を使ったり手間をかけると美味しいものができても、そのぶんコストも高くなってしまうので、特に外食チェーンではコストとの兼ね合いも大事です。

季節感などを考えながらいかに魅力的なメニューをコストを抑えながら作ることができるメニューを考えられるかがこの仕事では求められます。

おすすめポイントとは?

自分が考えたレシピで作られた料理が、たくさんの人に食べてもらえることが喜びと感じられる仕事です。

食べた人から直接感想が聞けるわけではありませんが、自分が携わった新メニューが好評でレギュラーメニューになったり、売り上げが上がったり、間接的に「美味しかった」と聞くことでやりがいが感じられます。

大手外食チェーンなら、商品開発だけでなく、興味があればマーケティングや経営、営業など様々な職種で働くこともできます。

食品販売店の販売員

デパート、スーパー、小売店などの食材を扱っている店で、その食材や食品の知識を活かした販売員という仕事もあります。

特定の料理・調理・食品に関する仕事とも共通するところがあります。

栄養士、日本酒検定、野菜ソムリエ、フードコーディネーター、食育インストラクターなどの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

店頭に立って来店したお客様にその食材の説明をしたり、アドバイスをして商品を購入してもらうことが仕事です。

試食を勧めたり、その商品を使ったレシピを紹介したりして販売促進をします。

おすすめポイントとは?

自分が好きな食べ物に関することならいくらでも覚えられるでしょう。

自分の好きなものなら他人にも勧めやすく、そうして得た知識を仕事に活かすことができます。

お客様が持ってきたものをただレジ打ちをして袋詰めするだけではないので、お客様とのコミュニケーションも生まれる接客業です。

病院や介護・福祉施設で献立を考える仕事

食や栄養に関する専門知識をもとに、病院や介護・福祉施設で特別なことに配慮した献立を考え、食事の管理をします。

管理栄養士、栄養士、介護食コーディネーターなどの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

病院ではそれぞれの患者の病状に応じて塩分やカロリーなどが決められており、その範囲内で栄養の観点から治療をサポートする献立を考えます。

入院している患者の食事の管理、退院後の食事の指導の他、外来の糖尿病や高血圧の患者の食事の指導なども行います。

介護・福祉施設では刻み食や柔菜食など材料の加工方法にも工夫が必要です。

また、栄養面での配慮だけでなく、味や飽きの来ないメニュー、季節感なども考えながらバランスのとれたメニューを考えなければなりません。

おすすめポイントとは?

健康な人ではなく、特別な配慮が必要な人の食事なので、より栄養学や医学的な知識が活かせます。

実際に調理を行うわけではありませんが、自分が考えた献立が患者に喜ばれ、病気が快復したり元気になる手助けをすることになるのです。

高齢者は年々増えており、それに比例して介護施設も増えていくので、今後需要が増えていく仕事でもあります。

保健所や市区町村役場の相談員

「健康増進課」などがあるように、市民の健康を守ることも役所の仕事です。

医療費の削減などにもつながります。

そこで具体的に食事の指導にあったったり相談に乗ったりする仕事も、料理の資格を活かすことができます。

管理栄養士、栄養士、食生活アドバイザーなどの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

市役所や保健センターで定期的に開催される離乳食や介護食教室で説明をしたり、食に関する電話相談や面談を受けます。

生活習慣病の予防を推進するための活動など、市民の健康を守るための活動やサポートを行います。

おすすめポイントとは?

お金を稼ぐ目的や会社の利益につながる仕事ではありませんが、食を通していろいろな人と触れ合うことができる仕事です。

利益優先とした仕事ではないので、ゆったりとした気持ちで働くことができるでしょう。

市区町村の施設での仕事なので、基本的に土日休みで残業などもなく、家事や育児とも両立しやすい仕事です。

料理研究家

テレビの料理番組などでよく見るのが「料理研究家」です。

レシピを紹介したり、料理教室を主宰したりしています。

栄養士、フードコーディネーター、食育インストラクター、キッチンスペシャリストなどの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

食材や調理の知識をもとにオリジナルのレシピを開発し、料理の楽しさや魅力を伝えることが仕事です。

具体的には、テレビや雑誌などの料理コーナーの出演や、レシピ本やブログなどでの情報発信、飲食店でレシピ開発のアドバイザーなどを行います。

おすすめポイントとは?

料理の楽しさや美味しさをたくさんの人に伝えることができます。

また、働き方が特徴的で、企業の社員ではなくフリーランスで働く人が多いです。

仕事量や働く時間を自分で調整できたり、自宅など働く場所も自分で好きなようにできます。

売れっ子になればテレビに出演したり、レシピ本が売れて高収入を得ることも可能です。

料理教室の講師

主婦や趣味で料理を習いたいという人に料理を教えます。

一度に教える人数は数人程度ですが、料理の楽しさを直接伝えることができて、反応も直に返ってくる楽しさがあります。

調理師、フードコーディネーター、食育インストラクター、キッチンスペシャリストなどの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

ショッピングセンターや駅ビルなどの中にある大手企業が運営する料理教室の他、キッチンスタジオや自宅で料理を教える仕事です。

生徒から直接質問されたり、毎回違うレシピを何も見ないで説明したりしなければいけないので、幅広い知識や料理の技術が必要です。

おすすめポイントとは?

料理をすることが好きで、段取りを組んだりてきぱきと要領よく作業をこなすことができる人に向いています。

直接料理を教えるので、コミュニケーション力が鍛えられます。

教えて作った料理をその場で食べて「美味しい」「ありがとう」と直接感想や感謝の言葉をかけてもらえます。

企業に所属して社員や契約社員などで働くこともできますし、個人宅で教えたりと自由に働くこともできます。

スポーツ選手の専属栄養士

プロスポーツ選手は食事の管理も徹底的におこなっています。

その食事全般をサポートするのも、料理の資格を活かすことができます。

管理栄養士、栄養士などの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

プロスポーツの世界は結果が全てなので、最高のパフォーマンスをするためにも食事にもとても気を使っています。

栄養学の観点から、その時にどんな栄養が必要で、そのためにはどんな食材を使ってどう調理するかを提案する、食事のサポートをする仕事です。

選手ごとの契約の内容によりますが、献立を考える他にも、実際に専属料理人になって調理を担当することもあります。

おすすめポイントとは?

一人の選手、または一つのチームの専属になれば、密なコミュニケーションや信頼関係が生まれます。

その選手の競技の結果が良かったら、自分が一役買うことができたということにもなり、とても嬉しく感じるでしょう。

選手を中心としてほかにもいろいろとサポートする人がいて、一つのチームとしてやりがいや達成感を感じることができます。

料理が好きで、スポーツも好きという人にとっては、その競技を見ることができたり他の選手とも話す機会ができたりして楽しめる仕事です。

フィットネスクラブで食事のアドバイス

健康意識の高まりもあってフィットネスクラブやスポーツジムは増加傾向にあり、差別化のためにも栄養や食事面のアドバイスをする人を置いている施設も増えています。

料理や調理というよりは栄養学の知識が必要になってきます。

管理栄養士、栄養士、食育インストラクターなどの資格が役立ちます。

その仕事内容とは?

スポーツクラブの会員向けに、栄養指導やトレーニングのサポートを行います。

栄養学の知識が必要な他、会員にトレーニング方法を教えたりするので、最低限のスポーツや運動に関する知識も必要になります。

アドバイスする側が不健康そうな体型をしていると説得力に欠けるので、自らの健康管理や体型維持も必要になってきます。

おすすめポイントとは?

体を動かすのが好きな人、自分自身も鍛えたり運動したりしている人は、栄養学の知識があると自分のためにもなります。

体を動かしながら仕事ができて、かつ栄養士などの資格があれば採用されやすかったり給料がUPすることにもつながるのです。

会員とコミュニケーションをとりながらの仕事になるので、話すことが好きな人にも向いています。

まとめ

料理に携わることができる仕事はたくさんあります。

食べることは人生の楽しみの一つで、美味しいものを食べた時、人は幸せを感じるでしょう。

栄養のある食事で元気になったり、いいパフォーマンスができるようになることにもつながります。

料理は誰にでも関係がある身近なことでありながら本当に奥が深いものです。

料理に携わる仕事に就くなら、正確な知識や技術を身に付けることが必要になってきます。

そのためにも、料理に関する資格はぜひ積極的にとっていくといいのではないでしょうか。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。「生命保険の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。「商品開発の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なの


仕事に関するコラム

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご

音楽に関わる仕事おすすめ18選。その仕事内容とおすすめの理由を紹介します

音楽と言っても様々なジャンルがありますが、皆さんはどんなジャンルの音楽が好みですか。クラッシック、オペラ、民謡・童謡・ロック・ジャズ・ポップス・演歌等いろんな場所で、色々なジャンルの音楽を耳にすると思いますが、皆さんが音楽を耳にするまでに、色々と音楽の仕事に携わっている人がいます。そこで今回は、音楽に関わる様々な仕事についてご紹介させて頂きます。音楽に関わる仕事にはどんなものがある?音楽に関わる仕事には、表で活躍する仕事と裏方での仕事が有ります。表の仕事は、歌手・楽器奏者等、前面に出て活躍する職業なので分かり易いですが、当然音楽制作関係の仕事をする人、その他には、映画やドラマ等に流す音楽を選定

自然に関わりたい人におすすめの仕事10選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

近年、キャンプや登山などのアウトドアを楽しむ人が増え、大自然の中で日々の疲れをリフレッシュしています。また、自分はインドア派だという人も、神社や広々とした高原へ出掛けると、自然の美しさや清々しい空気に、心が癒されるのではないでしょうか。元々自然が好きな人にとっては、自然に関わった仕事に就きたい、自然の中で仕事をしたいと思う人も居ると思います。そこで今回は、自然に関わる仕事を目指す人におすすめの仕事をご紹介いたします。自然に関わりたい人におすすめの仕事10選自然に関わる仕事は、探してみると実に多くの種類があります。資格が必要な仕事やボランティア、長期間や期間限定など条件も色々です。また、自然と接

田舎暮らしをしながらできる仕事とは?おすすめの仕事8選とおすすめの理由を紹介します

田舎暮らしと聞いて、あなたがイメージするのは、どのようなものでしょう。憧れのカントリーライフ?それとも望まぬ都落ち?いずれにしても、田舎で暮らすのなら、そこを自分の居場所として生活していく方法を見いだして、田舎暮らしを成功させたいですよね。田舎暮らしを成功させる条件とは、一体何なのでしょうか?暮らす場所が「田舎」であれば、まずその生活は「田舎暮らし」と呼ぶことはできるでしょう。ただそこに住まっているだけではなく、生活をしていくためには仕事をして収入を得る必要があります。田舎暮らしでの仕事は、どんなものがあるのかを詳しく見ていきます。田舎暮らしをしながらできる仕事にはどんなものがある?実際に田舎

妊婦が仕事に行きたくない時によくある原因とその乗り越え方。

ひと昔前と違い、最近では「結婚」しても仕事を続ける人がほとんどです。「出産」を機に退職する人は今でも一定数いますが、「妊娠中」はできるだけ仕事を続けようと思っている人は少なくありません。そして妊娠・出産後も仕事を続けていくという人はそれ以上に多くなってきています。つまり妊婦でありながら仕事を続けるという人がほとんどなのですが、仕事に対する考え方や働き方は妊娠前とまったく同じというわけにはいかなくなります。妊娠は体調面でも精神的にも大きな影響を与えるので、仕事に行きたくないと思うことも多くなるかもしれません。それでは、妊婦が仕事に行きたくないと思う理由や、そう思ってしまう場合にはどのように乗り越