田舎で仕事するならオススメの職種についての写真

就職するときに、田舎から都会へ出た方がメリットが多いことから、都会を目指して就職活動をする方も少なくありません。

特に、学生時代は都会のキラキラ輝いている環境に憧れて、卒業と同時に都会へ出ていく方も多くいます。

しかし、田舎にも仕事に対しての魅力は当然ながらあります。

都会にはない田舎の仕事の魅力を感じながら、仕事をしていくことでやりがいを感じることもあるでしょう。

また、都会の激しく変わっていく環境に追いついていかず、田舎への移住する方も、中にはいることでしょう。

ここでは、そんな田舎で仕事をする場合におすすめの職種について解説していきます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

田舎に移住するメリットは?

田舎には、田舎にしかないメリットがたくさんあります。

都会と比べて人口が比較的少なく、就職などの競争率が低いことから、働きやすい環境にあります。

さらに、田舎だからといって、求人の出される募集数が少なくなるというわけではありません。

田舎でも求人に出される募集数は、都会と比べると若干の差はありますが、それでも満足することのできる内容で募集されている企業も数多く存在します。

さらに、田舎に移住することで仕事とプライベートがしっかり分けられます。

これは、田舎独特の環境によるものが大きく、都会と比べると企業内における仕事量に限りがあります。

つまり、企業の収入が都会と比べると少ない分、仕事量も負担が軽減される傾向にあります。

そのため、仕事での残業がほとんどなく、定時にあがることができたり、余暇時間を十分確保したりすることができます。

また、田舎に住むと、都会とのある違いに気付きます。

それは、全体的に静かであることです。

地域で大きな動きがあるわけでもなく、人口規模が小さいところが多くあることが理由として挙げられますが、地域住人の考え方が大きく影響しています。

地域ぐるみでアットホームな雰囲気で、関係性を保つ特徴があることから、地域を巻き込んでまで大きな行動をしようと考える方が少ないです。

このことから、田舎では静かに暮らすことができるというメリットもあります。

田舎に住むことで、物価や地価が低くなり、都会と比べると金銭的にも負担は軽減されます。

そして、自然に囲まれた広大な大地と、穏やかな地域の人柄に触れることができ、精神的にも落ち着いて仕事に専念することができます。

田舎でおすすめな職種や業界とその理由

田舎でも都会と変わらないくらいの豊富な職種が揃っています。

その中でもおすすめの職種は数多く存在します。

基本的に、田舎だからといって、都会とそう変わるものではありません。

物価や地価など、都会になると高騰する場合があるため、待遇や給与については若干の差異が生じることがありますが、職種において大差はありません。

ここでは、そんな田舎でおすすめな職種や業界について解説し、人気な理由についても挙げていきたいと思います。

飲食店の店員

飲食店の店員

田舎でも都会と同じで、さまざまな種類の飲食店があります。

中には全国チェーン展開している大手企業の参入もあり、都会とそれほど変わらない環境で仕事をすることができます。

しかし、田舎の飲食店には、都会にはない特徴があります。

それは、来客数による仕事量の違いと給与面についてです。

田舎の街は人口が少なく、都会と比べると飲食店の来客数が少ない場合が多くあります。

また、イベントや気候に来客数が影響を受けやすいことから、日によっては忙しい日と暇な日の差があります。

さらに、給与面については、都会と比べて来客数が少ないことから、若干低く設定される傾向にあります。

全国チェーン店でも田舎に従事する従業員に対しては、地域手当が出るなど給与面の待遇には差がある場合があります。

しかし、田舎の飲食店はメリットもたくさんあります。

田舎の方々は地域がアットホームな雰囲気を持っており、飲食店に従事することでお客様と顔見知りになることがあります。

したがって、お客様と接することが好きな方には是非おすすめの職種です。

人気な理由

田舎では、飲食店の仕事の人気が高いです。

特に学生などのアルバイトが多いですが、一番の理由として、収入が安定していることや人と接するための技術を身につけることができるというメリットが大きいことが挙げられます。

実際、飲食店に従事していると、以前は人見知りで人前で話すことも難しかった方も、お客様と接する機会が多い飲食店で従事していくにつれ、人見知りが改善されたという話も聞きます。

このように、飲食店の仕事は社会に通用する常識を学べる機会が多くあり、それが将来役に立つと確信している学生のアルバイトに大変人気があります。

しかし、人気があるのは学生のアルバイトだけではありません。

主婦やフリーターにも、時間の融通が利きやすかったり、正社員での待遇がよいところが多いことから、田舎では飲食店の仕事の人気があります。

「飲食店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理士

田舎の調理師は、比較的温和な方が多いです。

都会は厳しいというイメージがある方も少なくありません。

そこで、将来は腕の立つ調理師を目指していても、とりあえずは技術を磨きたいなど、スキルアップを求めて田舎で調理師となる方がいます。

田舎でも有望な調理師はたくさんいます。

中には、都会から田舎へ移住してお店を構えたいという方もいることでしょう。

田舎の地価は都会と比べると大変安く、出店しやすいというメリットがあります。

人気な理由

田舎の調理師は、都会で調理師をしている方からも人気があります。

一番の理由は、地価が安く出店しやすいということが挙げられます。

調理に従事している方の多くは、将来自分のお店を持ちたいと考えています。

しかし、都会で調理師として従事していると、ライバルが多く、地価も高いことから自分のお店を持つことは困難です。

したがって、都会よりも田舎の方が容易に出店できることから人気があります。

「調理師が自分に向いているか診断するにはこちら →

町や村役場の職員

田舎の街は全体的にゆったりした雰囲気が漂っています。

地域独特の雰囲気は総括する市町村役場が中心となって作られます。

田舎では、地域活性化を目的としてさまざまなイベントを企画したり、有名な方を招致したりします。

その中で、市町村役場の役割は大変大きなものであり、社会に貢献できることを身近に感じることができることから、やりがいを感じることのできる仕事です。

人気な理由

市町村役場の職員は、田舎でも大変人気があります。

これは、地方公務員で給与が他職種と比べると安定していることが挙げられます。

さらに、地域社会に直接貢献することができることから、目に見えて自身の存在意義ややりがいを感じることができます。

市町村役場の職員の職種は配置によって異なりますが、地域貢献を目的としてこの仕事を選ぶ方も少なくありません。

直接地域と触れ合いたいという方が多く、大変人気のある職種です。

農業

農業の仕事

田舎は都会とは異なり、農業に適した広大な大地が広がっている場合があります。

その広大な大地の特性を活かした農作物の栽培が、田舎では盛んに行われています。

地方によって、生産する農作物の種類は異なりますが、その土地の適した環境に応じて生産している農家がたくさんあります。

一般的に、田舎の農家は、自宅や自分の土地で野菜や果物などを生産している場合が多くあります。

そして、市場や路上販売を行うなどして収入を得ています。

このように、田舎の農業で生計を立てる農家が多く存在します。

田舎で農業で生計を立てる農家の多くは、どこにも負けない農作物を生産するというプライドを持っています。

地域に定着した農作物を生産することで、地産地消はもとより、全国にその味をアピールすることのできる環境を作ることができます。

つまり、地域で農業の中心となっている作物を生産することで、農家の方も農家であるという誇りを持っています。

一般的に、田舎の農家は世代を超えて代々受け継がれることが多くあります。

その地域に広がる広大な大地で生産する農作物を求めて、県外から問い合わせてきたり、県外の企業から生産にかかる依頼があったりすることがあります。

このように、田舎で農業を営む農家にとって農業とは、需要と供給のバランスを考えた社会のシステムで成り立っており、地域で採れる農作物を目的として参入してくる企業もあり、地域の活性化に繋がるとともに、農業の発展に寄与しています。

このような背景から、農家で生計をたてたいという方が増え、需要が高まってきました。

農業はやりがいを感じることのできる環境で、さまざまな経験を積むことができることから、おすすめの職種です。

人気な理由

田舎で農家をおすすめする理由は、まずは気候です。

田舎の地域にもよりますが、温暖な気候と過ごしやすい環境である場合が多いです。

このような環境で農業の仕事をすることができることが人気の秘訣です。

また、田舎のイメージとして山々に囲まれた広大な大地を想像する方も多くいることでしょう。

このような環境から、さまざまな農作物に適した生産を行うことができます。

さらに、田舎は都会と比べて地価が安価な傾向があります。

そこで、県外から田舎の農業地を目指して参入してくる企業があります。

このような、県外からの企業の参入により、田舎の農業が発展し、需要が高まることで人気が出てくる仕組みになっています。

さらに、県外からの企業の参入や、農業の安定した仕事で、収入も一般と変わらないくらいに得られるようになりました。

そして、田舎の農家が生産した農作物の販売方法も工夫されるようになりました。

これまで、市場での販売が主流でしたが、田舎では、路上でも販売する姿も見られるようになりました。

さらに、路上で販売するだけでなく、路上に販売場所を設置して、無人販売する農家の方も増えています。

このように、直接農業に触れることで、地域の方々と触れ合うことができるというメリットがあります。

地域の特産物を求めて県外に展開する卸業者も注目しています。

農業は、農家としてやりがいを感じることができることから、人気のある職種として田舎では定着しています。

農業に転職する時は、こちらの記事を参考に!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

タイプ別のおすすめ職種!田舎でできるのはどんな仕事?

田舎には、田舎にしかない魅力がたくさん詰まっています。

その魅力を感じながらする仕事はやりがいを感じることも少なくありません。

田舎にも、さまざまなタイプの職種が存在します。

田舎ではどのような仕事ができるのでしょうか。

仕事をしてどれくらい収入が欲しいのか、働く時間はどれくらいを求めているのか、などさまざまな情報を把握しておかなければ、後になってつらい思いをすることになり兼ねません。

ここでは、学生や主婦、現役を引退したシルバーなど、タイプ別におすすめの職種をご紹介していきます。

学生・主婦・シルバー人材のパートアルバイトなら

田舎でも、コンビニエンスストアは働きやすい環境が整っていることから、学生や主婦に人気のパート、アルバイトです。

田舎でもコンビニエンスストアは大手企業が参入していることから、待遇や給与が他の企業と比べて安定しているという特徴が挙げられます。

特に、高校生や大学生は勉強に部活、家に帰ってからも宿題やレポートに追われ、アルバイトをする時間もそれほどありません。

しかし、コンビニエンスストアのような比較的融通の利く仕事に就いていれば、合間をぬってアルバイトに励むことができます。

さらに、コンビニエンスストアは、シフトに柔軟で、万が一何かあった場合に備えて交代することができます。

正社員でなくアルバイトという待遇で入社している学生がほとんどだと思います。

しかし、少しでも勉強する時間の欲しい学生にとって働きやすい環境であることには違いありません。

また、主婦にとってもコンビニエンスストアのパートは、無理なく稼ぐことができるためおすすめの職種です。

特に、子供を抱えている主婦は、子供が熱を出して急遽休まなければならないことも少なくありません。

しかし、主婦で仕事をしていると実際はなかなかパートを休むことができません。

仮に、パートを休んでしまった場合は、希望する収入に達することができず、生活が苦しくなることもあります。

このような事態を回避するためにも、シフトに柔軟性を持たせ、安定した収入が得られるように相談するなどの調整することも大切です。

そして、定年退職して現役を引退したシルバー人材にもアルバイトはおすすめです。

日雇いで除草作業や運搬作業などの外作業が主な仕事内容となることが多いですが、地域には、社会福祉法人の社会福祉協議会があります。

そこには、シルバー人材の就労サポートをしているところがあります。

65歳以上の定年を迎えたにも関わらず、まだまだ現役で働くことができるシルバー人材を集めてアルバイトできるシステムです。

除草作業や運搬作業だけでなく、定年退職するまでに身につけた技術や知識を上手に活用することができる仕組みになっています。

正社員でちゃんと稼ぐなら

田舎で正社員としてちゃんと稼ぐなら、全国チェーン展開している大手の飲食店で働くことをおすすめします。

一番の理由として、給与や待遇が安定していることが挙げられます。

田舎でも正社員で募集している求人は数多く存在します。

しかし、その多くは民間の企業の中でも不安定な求人が多く、中には、実際に入社した後に求人内容と異なり、結果として長続きしなかったというケースがたくさんあります。

田舎でも、全国チェーン展開している飲食店はたくさんあります。

企業によって待遇や給与額が異なることから、自分に合った条件の求人を探すことが大切です。

派遣社員や契約社員で働くなら

派遣社員や契約社員の取り扱いの多くは、農業関連や畜産関連の職種に多くみられます。

例えば、にらを生産している農家があるとして、ある時期に収穫をしたいと考えたとします。

しかし、農家の多くは夫婦で営むか、個人で運営している場合が多くあります。

そこで、期間を限定して求人を募集することが多くあります。

この場合、収穫して市場に出すために、2か月ないし3か月程度の短期間で求人募集することがあります。

正社員として採用してしまうと、通年従事するため採算が合わず、倒産に追い込まれる危険性があります。

農業関連や畜産関連の職種は、収入面において生産量と時期の売上高に大きく左右されることから、やりくりが大変ですが、派遣社員や契約社員として短期間で稼ぐことができるため、期間を決めてしっかり稼ぎたいという方におすすめの職種です。

短期で働くなら

田舎で短期ではたらくなら、居酒屋でアルバイトするとよいでしょう。

主に、夕方から夜にかけての求人募集が多く出されています。

田舎でも都会と比べると来客数はそれほど多くはありませんが、居酒屋はシフトの融通が利いたり、短期間で働いたりすることも可能です。

田舎では、正社員で短期で働くことはなかなか難しいですが、アルバイトは短期でも十分対応することが可能なため、特に居酒屋のアルバイトはおすすめの職種です。

単身で移住を考えている人

田舎では、IT関連企業が複数存在します。

その多くは都会に本店を置く支店がほとんどですが、地価の安さとネットワークビジネスという新しいビジネスモデルを展開していることから、企業としての収入に田舎も都会もそれほど影響はないとされています。

このような、本店を都会においている企業は、田舎に支店を置いて従業員を転勤させて上手く運営できるように工夫しています。

このことから、単身で移住を考えている方は、転勤というスタイルで田舎へ移住することができるため、IT関連企業での職種がおすすめです。

家族で移住を考えている人

田舎には数多くの工場があります。

これは、モノづくりの日本において欠かせない技術を生み出す工場は、それなりに広さを要することから、かかる費用が莫大なものになります。

しかし、企業はそれほど莫大な資金を捻出することができないことから、少しでも地価の安い田舎に進出してくることがあります。

工場で働いている方は、転勤による部署異動もあることから、家族で移住する場合があります。

中には、社宅を完備している企業もあり、家族にとってはメリットも多い職種です。

セミリタイアして移住を考えている人

田舎での給与は比較的低く設定されています。

このような環境であることから、内職を取り扱う職種がいくつかあります。

都会で内職を行うと、物価や地価による収益に大きく影響を受けるため、なるべく田舎で運営していきたいと考えている内職業者が多くあります。

セミリタイアして移住を考えている方は、あとはのんびり暮らしたいと思っている場合が多いことでしょう。

内職をしながらゆっくりした時間を過ぎしていくというスタイルも悪くありません。

内職は、時間的な都合もつきやすいことから、セミリタイアした方にはおすすめの職種です。

田舎移住でこれから注目を集めそうな職種やその理由

田舎では、これ以上発展することが難しく、地域の発展というよりも維持する考え方が主流です。

このような環境であることから、田舎では盛んな農業の他にも、いくつかこれから人気を集めそうな職種が存在します。

ここでは、そんな田舎に移住することで注目を集めそうな職種について、その理由と一緒に解説していきます。

畜産業

田舎には、地域独特の名産品が存在します。

それら名産品を継承して守っていくためには、後継者が必要ですが、興味を持っていなければ何も意味がありません。

しかし、田舎の畜産農家は、プライドが高い方も多く、継承に当たってそのノウハウをしっかり身につけていくことでやりがいを感じ、それが意欲に繋がって業界の発展に寄与する方が多く存在します。

このことから、田舎の畜産業は、今後発展する可能性を秘めています。

注目を集めそうな理由

多くの名産品を取り扱う田舎では、さまざまな商品開発を手掛けるとともに、その材料となる畜産農家としての役割があります。

畜産農家は、比較的田舎では発展している農業と深い関係があります。

例えば、家畜などの飼料についても農業が深く関わり、品質によっては良質な畜産を生み出すことができます。

このように、農業の成果によって畜産が発展する場合があり、今後は、畜産業に注目が集まっています。

観光業

田舎には、数多くの記念碑や文化遺産などが存在します。

都会にはない、特有の存在であり、それを全国的にアピールすることで社会的な貢献に寄与します。

田舎において、観光業の多くは市町村役場が取り仕切り、円滑に運用できるようにしてある場合があります。

注目を集めそうな理由

田舎の市町村役場が中心となって、全国的に文化遺産などを広報することがあります。

田舎の一番の問題点は、人口が少なく、地域で生み出せる財産に限りがあることです。

そこで、文化遺産などを管理している市町村役場は、観光業に力を入れて、県外や海外からの観光客を招致しようと広報活動を行っています。

このことから、観光業は今後、注目を集める可能性があります。

「観光の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

田舎ならではの面白い職種とおすすめポイント

田舎には、さまざまな職種が存在しますが、中には都会では考えられない職種があります。

ここでは、そんな意外な職種について、おすすめのポイントと一緒に解説していきます。

茶畑における仕事

普段皆さんが飲んでいるお茶ですが、多くは田舎の広大な大地で生産されている場合がります。

地域によって生産方法や知名度はことなりますが、田舎の広大な大地と気候によっては茶畑を運営管理するところがあります。

おすすめポイント

田舎で生産されるお茶は、色々な企業や学校からタイアップ企画の提案を受けることが多くあります。

地域に根付いた習慣と知名度から、学校生徒の健全な育成を名目に、集団で何か一つのことを成し遂げるという意味合いが強く持たれています。

このように、田舎では教育機関と連携して農業関連のコラボレーションを行うことも珍しくありません。

また、学生をターゲットにすることで、地域の仕事に直接触れ合い、やりがいを感じさせることができます。

特に、地域で生産しているお茶の生産は、他の農作物とは異なり、馴染みがあまりありません。

そこで、興味を持つ学生も多くおすすめの職種です。

田舎移住で人気なエリア

日本全国でも、田舎と呼ばれる地域には人気の秘訣があります。

それぞれの地域の特徴の多くは、都会の環境に疲れてしまい、安らぎと安心を求めている方にとって、有意義なものになることでしょう。

ここでは、移住するにあたり人気のあるエリアについてご紹介していきます。

宮崎県日南市

九州南部に位置する宮崎県日南市は、昭和の新婚旅行のメッカでもある日南海岸でも有名です。

日南市は人口約5万人ほどで高齢化社会が大きく影響を受けている地域ですが、のどかな雰囲気とのんびりした環境がおすすめです。

人口が少なく、県外からの企業がなかなか参入する機会がほとんどなく、地域が自力で運営している環境です。

しかし、地域の取り組みにより、積極的なイベントの開催などで観光業を中心に、観光客の招致に成功している地域でもあります。

海岸に面した平野が広がっていますが、街の人口が少なく、高給な仕事はほとんどありません。

お金よりも雰囲気を楽しみたい方に人気のあるエリアです。

都会のあわただしい雰囲気の中、精神的にも身体的にも安らぎを求めたいと思っている方にはおすすめの地域です。

広島県呉市

瀬戸内海に面した平野が広がる土地で、海上自衛隊基地があることでも有名です。

あの有名な「戦艦大和」が造船された地域であることから、戦艦大和ファンの方がよく観光に来ます。

呉市は、海上自衛隊基地があることから田舎でも、それほど田舎らしさを感じることはありません。

さまざまな県外からの企業も参入し、それなりに発展を遂げている地域です。

夜の繁華街も大変にぎわい、アーケード街には多くの人が集まります。

街を歩いていると、多くの海上自衛隊員を目にします。

中には、制服を着たまま街に繰り出し、独特の雰囲気を醸し出す方も多くいます。

このような環境の中、呉市では一般の方と、海上自衛隊員関係者との割合にあまり差異がなく、このことが、呉市の大きな特徴でもあります。

また、呉市に海上自衛隊の基地があることから、海に面したところでは艦艇を見ることができます。

定期的に観艦式を行っており、自衛隊ファンには堪らない環境です。

このことから、自衛隊に興味がある方にはおすすめのエリアです。

鹿児島県霧島市

霧島市は、人口10万人程の小さな街ですが、神話が数多く語り継がれる場所です。

その代表格が高千穂峰に伝わる「天孫降臨」伝説です。

天孫降臨伝説は、天照大神(アマテラスオオミカミ)の命を受けた瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が初めて降り立ったとされる場所が高千穂峰という伝説です。

その瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が祭られているのが霧島神宮になります。

神の国の高天原から、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高千穂峰に降り立ったことが物語の始まりとなり、やがて地上を支配していた大国主命(オオクニヌシノミコト)から神々が日本国を譲り受けて統治するという「国譲り」の話へとつながります。

霧島神宮の現在の社殿は、1715年に薩摩藩主島字吉貴が建立したもので、豪華な彫刻が建立した本殿や勅使殿などは国の重要文化財に指定されています。

また、霧島は火山の炎の力を持っているパワースポットで、とても人気のある観光スポットです。

鹿児島の民謡の代表格である、おはら節にも「花は霧島、たばこは、国分」という歌いだしで、その両方とも霧島市であるといわれています。

この民謡が歌われはじめたのは、江戸時代の初期とする説が有力です。

さらに、神話で有名な霧島市には、霧島七不思議伝説と呼ばれる物語があります。

様々な人が様々な仕事をして、暮らす霧島市は、たくさんの可能性がある街だといえます。

歴史が深く、新発見も多い場所です。

仕事をして色々な人に出会う事で「霧島」という街を好きになっていくと思います。

新燃岳や硫黄岳の災害に苦しむこともありましたが、霧島の方々が変わらず元気に暮らせているのは、神話の通り、きっと霧島の自然に宿る神様が今も人々を見守っているようです。

このことから、神話や観光に興味のある方にはおすすめのエリアです。

霧島市で仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここでは、田舎で仕事をする場合のおすすめ職種についてご紹介してきました。

田舎にしかない雰囲気を感じたい方は多くいることでしょう。

都会での環境に慣れず、中には頑張っている方もいます。

しかし、都会からさまざまな理由で田舎へと移住を考えている方もいると思います。

田舎には、地域によってそれぞれの特徴と魅力が詰まっています。

都会では味わうことのできない、田舎独特の環境で生活してみるのもよいのではないでしょうか。