主婦の方、小さなお子様を育てている方、ご家族の介護をしている方など、いろいろな事情で外で働かない、働けない方がいます。

今はスマートフォンやパソコン、ネット環境があるだけで、自宅でできる仕事がたくさんあるんです。

今はスマートフォンやパソコンを持っている方がほとんどなのではないでしょうか。

この記事では、家でできる仕事にはどんなものがあるのか、おすすめのお仕事やメリット・デメリットをご紹介します。

家でできる仕事にはどんなものがある?

家でできる仕事はたくさんありますが、大きく分けると2つに分けることができるでしょう。

ある程度の専門的知識やスキルが必要な仕事

自宅でのサロンを開設する、経理・税務に関する仕事、翻訳や在宅秘書などは、その分野についてある程度の専門知識が必要です。

誰でもできる仕事の中にも、専門的な資格を持っていた方が仕事を始めやすかったり、採用されやすい場合もあります。

アフィリエイターや投資などは免許は必要ありませんが、かなりの知識が必要です。

また専門的な知識やスキルが必要な仕事は手間がかかるものが多い。

その分報酬が高いのが特徴です。

専門知識や経験が不要な仕事

アンケートモニターやデータ入力、在宅オペレーターなどは、専門知識や経験が必要ない仕事です。

スマホやパソコンがネット環境にあれば気軽にできる仕事もあります。

多少の知識が必要だとしても、雇用主が教えてくれたりフォローアップしてくれることが多いのが現実です。

転売や写真販売は自分の経験があればできるでしょう。

占いや料理など自分が好きなことを仕事にすることもできます。

自分の趣味や得意なことを仕事として売り出すこともできます。

一方で①に挙げたような仕事と比較すると、報酬が低いと言えるでしょう。

家でできるおすすめの仕事5個~しっかり稼ぎたい人向け~

しっかり稼ぎたいなら、専門的な知識や資格を持っていた方がいいでしょう。

家で仕事をしながら取れる資格もあります。

家で仕事を始める前にやっていた仕事の経験が活かせる場合もあります。

投資やアフィリエイト

ハイリスクですが、ハイリターンなのが投資(株、Fxなど)やアフィリエイトです。

ただ難しい内容ですので、知識が必要です。

本などで自分で勉強することもできますが、誰か成功している人に教えてもらうのもよいでしょう。

また時間が必要です。

株やFxはその変動に張り付いていないといけません。

時間のある主婦や営業マンの副業にはいいのかもしれませんが、家事や育児、介護の合間にするのは難しいでしょう。

自宅でサロンや教室を開く

美容関連、例えばネイルやヘアアレンジメント、着付けや手芸を教える。

このような自分の得意分野を活かして、自宅でサロンを開くことができます。

必要物品を揃える必要があるので、初期投資は大きいかもしれません。

言語関係、例えば自分が使いこなせる言語を教える

日本語以外が喋れる方は日本人に教えることができますし、日本語を勉強している海外の人に日本語を教えることもできます。

家で教室を開くこともできますし、パソコンやスマホを使って、ネット上で教えることもできます。

料理や写真などの趣味関連、例えば自宅で料理や写真などを教える

料理や写真、絵など自分の趣味を人に教えることもできます。

自分がそれまで趣味として準備した物品も使えます。

場合によっては題材になるものや食材などを準備する必要があるかもしれません。

これらの仕事は自分の特技を仕事にすることができます。

自宅で行う場合は、自宅を改装したり物を揃える必要がある場合もあります。

動画などで紹介し、それを動画サイトにアップするだけなら改装まではいりませんが、綺麗に見えるよう掃除をしたり、見た目を整える必要はあるかもしれません。

経理や税務、財務の仕事

これらの知識や経験があれば、しっかり稼ぐことができるでしょう。

2月になれば確定申告の代理や個人事業の経理の代理をすることができます。

知識さえあれば、仕事自体はパソコンでできるでしょう。

電話やメールで普段の連絡を取ることはできます。

しかし必要な書類を公的な場所に取りに行ったり手続きをしに行く必要があります。

クライアントとのやりとりもメールやSNSで連絡を取ることはできますが、難しい説明や打ち合わせは外出が必要になります。

まったく家を出ないで塩とを完結させるというのは難しくなります。

在宅秘書や翻訳の仕事

こちらも専門知識や経験があることが望ましいでしょう。

仕事を請け負い、自宅でパソコンやスマートフォンを使って仕事を行うのがメーンとなります。

在宅秘書であればスケジュール管理やアポイントメントの調整、関係各所への連絡が仕事となります。

必要な書類を集めたり、郵便物の発送など、クライアントによって依頼内容は様々です。

翻訳であれば、翻訳する媒体を受け取り、指定された言語に翻訳します。

本や雑誌などの文字媒体を翻訳する場合もあれば、曲や動画など音声媒体を翻訳する場合もあります。

どちらも元の媒体の作者の意図や思いをくみ取りながら行う必要があるため、文法として言語を知っているだけでは翻訳はできません。

スラングや方言も理解する必要があります。

仕事を請け負う場合、雇い主が知り合いだったら別ですが、そうでない場合、雇用に際しては会うことをお勧めします。

メールや電話のみで顔の見えない関係だと、思っていることが伝わらなかったり、トラブルになる可能性もあります。

プログラミングなどシステムエンジニアの仕事

こちらも専門知識と技術、作業環境があれば自宅で仕事をすることができます。

作業は基本的にはパソコン作業となりますので、パソコンとネット環境があればできます。

難しいプログラミングになると専門のソフトや機材が必要になる場合もあります。

基本的な作業は自宅でできますが、在宅秘書や翻訳と同じで仕事を請け負う際や、納品、打ち合わせの際には出かける必要がある場合が多いようです。

ここであげた仕事は副業というよりは、自宅でやる本業になりそうな仕事ですね。

家でできる仕事のおすすめランキング5個~お小遣いを稼ぎたい人向け~

家事や育児、介護の合間にお小遣いを稼ぎたい人にはこちらのお仕事をご紹介いたします。

お小遣いを稼きたい方には、資格もいらず、空いたちょっとの時間にできるお仕事がおすすめです。

アンケートモニター

アンケートサイトで簡単なアンケートに答えるお仕事です。

アンケートの種類は様々で、数分でできるものから、20分程度かかるものもあります。

パソコンやスマホがあれば空き時間に答えるだけ。

指定された媒体を読んでアンケートに答えたり、自分で調べたり、アプリやソフトをダウンロードして、使用した感想を答えるものもあります。

自分が普段行くショップや美容系のサロンについてのアンケートもあるようです。

アンケートの回答に写真の添付が求められる場合もあります。

手間だなと思うかもしれませんが、手間であればあるほど報酬は高くなります。

価格は安く1アンケート0.1~5円程度のものが多いようです。

アンケートサイトのポイントが貯まり、現金や現金代わりに使えるポイントに交換できるものもあります。

直接現金が貯まるものもあります。

一気に稼ぐというよりは、コツコツやるタイプのお仕事です。

懸賞への応募

こちらも懸賞サイトなどで応募するものです。

懸賞の種類は色々あります。

俳句や短歌といった和歌やお店やサイトの名前、ロゴのデザインなど様々です。

中には動物園の赤ちゃんどうぶつの名前の募集といった楽しめるものもあります。

時々、ペットボトル飲料のラベルに俳句や短歌が印刷されているのを見たことはありませんか?

あれも懸賞で応募されたものが多いのです。

懸賞の賞金は現金に限らず、物の場合もありますので、分かりやすくお金になるものばかりではないですね。

データ入力

こちらはパソコンでできるお仕事です。

ワードやエクセルなどを使い、指定されたデータを入力します。

パソコンの基本的な知識や技術は必要ですし、ネット環境とパソコンが必要です。

基本的な技術が分かっていれば、詳しい作業方法は雇い主が教えてくれる場合が多いです。

場合によっては、専門用語の多い説明になる場合もありますので、初めて行う場合はその旨を伝えておくといいでしょう。

ライター

記事を作成する仕事です。

依頼主から記事のテーマや内容を伝えられ、それに沿って記事を作成します。

内容や構成があらかじめ指定されている場合と、マニュアルのみがあり、フリーに記事を書くものがあります。

自分の趣味や好きなこと、得意な分野や本業に関連する記事であれば、簡単に書き進めることができますね。

場合によっては自身で調べながら記事を書くこともあります。

基本的にはパソコンとネット環境があればできる仕事です。

場合によっては使ったことの内記事作成のツールを指定されたり、専門用語で説明されて分かりづらいこともあります。

記事の納期もありますので、仕事を始める時に、経歴や使用するツールを確認するといいでしょう。

記事は3000~5000文字を求められることが多いようです。

少ないと1000文字、多いと10000文字の記事もあります。

記事単価のものもあれば文字単価のものもありますので報酬は様々です。

文字を書くが好きな人にはお勧めです。

自分の時間を売る

今は自分の時間を売ることもできます。

自分の得意な趣味や仕事について話をしたり、サービスを提供します。

例えば料理や写真なら、料理を教えたり写真を撮ったりします。

このような場合は対面になりますが、相談に乗ったり、お話しをするだけなら、自宅でもできますね。

どのような方法で時間を売るかは自分で決めることができます。

専門のサイトやアプリがあるので、自分で企業するほどの資金はなくても、自分の得意を売ることができますよ。

手作りがうまい方は作ったものを売ることのできるフリーマーケットアプリで売るのもいいでしょう。

かわいいアクセサリーやスマートフォンアクセサリー、雑貨を売っているサイトも今は多く存在します。

デザインの才能や手先が器用なことが求められますね。

家で働きたい人が取っておくと良い資格は?

家で働きたい場合、特別な資格や経験がなくてもできるのが1つの特徴です。

家事や育児、介護の合間に働きたいことや、資格・経験がないことを伝えればできる仕事は多いです。

ですが、資格を持っておくことは強みになります。

資格があることで採用されやすくもなりますし、その分報酬も高くなります。

ここでは持っておくと便利な資格をお伝えします。

MOS

MOSとは、マイクロソフト オフィス スペシャリストの略です。

主にマイクロソフトオフィスで利用できる、Word,Excel,Power Pointについての技術を学ぶものです。

学び方には①対策教材などを使って独学する、②学校やパソコスクールで講座を受講する、の2種類があります。

独学の場合は公式サイトで対策教材を購入し、勉強することができます。

公式サイトの教材でなくても書店で購入することもできます。

学習支援サイトがあり、パソコンスキルを無料診断したり、意見交換ができます。

学校やスクールで講座を受講する場合は、公式サイトや試験会場で、対策講座を開講している教室を探すことができます。

教えてもらいながら勉強できるので、分からない時にはすぐに質問することができます。

パソコンが苦手な方には、学校やスクールに通う方がよいでしょう。

WordやExcel、Power Pointの技術があれば、家事や育児、介護が落ち着いて再就職する時にも役に立ちます。

ビジネス検定

ビジネス関連の検定です。

在宅ワークをする場合に役に立つのは、秘書検定、ビジネス文書検定、ビジネス電話検定などがあります。

秘書検定は、オフィスの基本やビジネスマナーを学べる検定です。

敬語のマスターにも役立ちます。

在宅秘書の仕事をする場合には秘書の経験も重要ですが、秘書検定を持っておくと便利です。

その他にもビジネス電話検定や文書検定では、礼儀正しい文章や言葉遣いを学ぶことができます。

通信教育や専門の教材で学ぶことができます。

ネットや動画を使って学ぶこともできるようです。

家でできる仕事だけでなく、再就職など外の仕事でも役に立つ資格です。

ウェブ系の資格

ウェブ系の資格にはいろいろなものがあります。

ライティングやデザインのプログラムを学ぶもの、セキュリティやマーケティングに関するもの、広告やプロモーションのプログラミングなど、様々なものがあります。

基本的にはネット上で学ぶことが多いようですが、書籍も多く販売されています。

難しい専門用語も多く使われていますので、ウェブ系の仕事をしている人がとる資格といったイメージが強いようです。

簿記や経理の資格

自営や副業の経理にも役に立つ資格です。

専用の教材や本も多く販売されています。

自宅で独学し、資格を取ることができますし、講座に通うこともできます。

書籍も多く発売されています。

通信教育で取得して試験のみ会場に出向くことで取得できます。

確定申告にも役立つ資格です。

在宅経理の仕事は継続できますし、給与も高めです。

自宅で行う仕事としてはしっかり稼ぐことができます。

自分がどんな仕事をしたいかはっきりしている場合には、資格を取るのがいいでしょう。

資格取得までに、時間や費用がかかる資格もあれば、安価で・短期間で取得できる資格があります。

資格を取得しなくても、その知識があるだけでできる仕事もたくさんあります。

家での仕事を始めてから、どの資格を勉強するのかを考えてもよいでしょう。

家で仕事をしたい人が持っておくべきものとは?

お家でする仕事でも、最低限必要な物があります。

すでに持っているという方も多いものばかりです。

ここでは最低限必要な物をご紹介いたします。

PC

家で仕事をする上で欠かせないのがパソコンです。

パソコン作業が基本的な仕事となる業務が多いからです。

パソコンの基本的な操作ができるのが条件になることも多いです。

タブレットやスマートフォンでも作業はできますが、ネット上での操作はパソコンでしかできないこともあります。

パソコン操作に関するサポートはできても、スマホやタブレットでの操作はサポートできないという依頼主もいるでしょう。

仕事を始める前に、パソコンのOSを確認しておくことも重要です。

古いパソコンの場合、アプリやソフトが使えなかったりダウンロードできない場合があります。

契約の際に、OSの条件も示されていることが多いので、確認しましょう。

※OSとはオペレーティングシステムのことです。

コンピューターの性能を表すものです。

例えば「Windows8やXP以降、MacBookの倍はOS X以降」というように条件提示されています。

自分のパソコンがどのバージョンなのかを事前に確認しましょう。

基本的に5年以内に購入したパソコンであれば、問題ない場合が多いです。

ネット環境

ネット上で仕事のやり取りをしたり、受注、納品をすることがあります。

打ち合わせもネット上で行うことがあります。

パソコンだけを持っていてもネットには接続されませんので、ネット環境が必要です。

今は自宅になんらかのネット環境がある場合がほとんどなのではないでしょうか。

自宅でネット環境がなくても、フリーWifiスポットで作業をすることはできます。

スマホやタブレット

スマートフォンやタブレットで仕事をすることもあります。

アンケートモニターや懸賞、在宅オペレーターはスマートフォンがメーンの手段になるでしょう。

パソコン作業が主な仕事でも、普段の連絡手段はメールや電話、LINEやスマホのアプリで行うこともあります。

スマートフォンは持っている方がほとんどですよね。

タブレットは持っていた方が便利です。

家に限らずどこでも仕事ができるようになるのがタブレット。

ですがパソコンやスマートフォンで代用できます。

パソコンの作業をスマートフォンやタブレットで共有し、どの媒体でも作業できるようにすることは可能です。

家で働くメリットは?

家でしか働くことができない方もいれば、あえて家で働くことを選ぶ方もいるでしょう。

お家で働くメリットはたくさんあります。

家事や育児、介護の合間に仕事ができる

家事や育児、介護をしており、外に働きに行けない方も多くいるでしょう。

そんな方でも家で仕事をし、稼ぐことができます。

仕事で忙しい方でも、通勤時間や家で空いた時間に気軽にできるのが在宅ワークです。

仕事と両立する場合は、本業の職場で副業が許されているかを確認しておきましょう。

自分の空いた時間で仕事ができる

決まった時間に働くことができなくても、自分の自由な時間で働くことができます。

事前に自分の稼働時間を伝えたり、仕事の期限を長くすることで、育児や介護に忙しくても、無理のない範囲の仕事を請け負うようにしましょう。

自分の得意なことや好きなことを仕事にできる

趣味や得意なことでも、それで生計を立てるのは正直難しい…なんてこともありますよね。

大きなお金にはなりませんが、お小遣いを稼ぐ程度なら十分仕事になります。

得意なことや趣味で経験があれば、新しく資格を取る必要もありません。

経験や趣味を事前に雇い主に伝えることで、自分に合った仕事をもらうことができます。

簡単に始められる

在宅ワークの専門サイトやアプリで簡単に始めることができます。

事前の準備は特に必要ありません。

スマホさえあればできる仕事がほとんどです。

スキルがなくてもできる仕事から始め、徐々にスキルアップをすればいいんです。

育児経験がある人、20~40代の女性、といった不特定多数に向けた応募もあるので、気軽に始められますね。

逆に、難しいことや大変なことと、その対策は?

どんな仕事でも大変なことや難しいことはあると思います。

家でできる仕事だからこそのデメリットもあります。

ここではその対策もお伝えします。

収入が低い、歩合制である

専門の知識や資格を必要とする在宅ワークは収入が高いですが、簡単に始められるものは収入が低いのが特徴です。

アンケートモニターは数円の場合もあります。

懸賞は当たらなければ収入はゼロのこともあります。

歩合制の仕事が多いので、安定した収入ではないですし、収入の額ができ次第で変わる場合もあります。

最初はコツコツと。しっかり稼ぎたいならスキルや経験をつけましょう。

簡単で、開いた時間にできるのが、メリットでもあります。

最初は小さい仕事でもコツコツとやっていきましょう。

信用がつけば、報酬が高い仕事を紹介してもらうことができます。

仕事に慣れれば短時間でこなせるようにもなるでしょう。

しっかり稼ぎたい場合には、経験を積み、スキルを磨くことが大事です。

資格を取るのも1つの手です。

顔が見えない関係。サポートが薄い。

在宅ワークの多くが単発で契約するものばかりです。

やり取りはメールやチャット、SNSが多い。

困った時にすぐ対応してくれる担当者であればいいですが、中にはそうではない人も。

パソコンを使う仕事の場合、その人のパソコンスキルにあっていない説明をされたり、専門用語で説明されるという問題も。

他にもメッセージが冷たかったり失礼だったり、すぐに連絡が取れないなどの問題も発生します。

ニックネームでやり取りするため、素性が知られることはありません。

突然連絡が取れなくなることもあります。

最初に経歴を話しましょう

仕事を請け負う時に、自分の経験やスキルを話しておきましょう。

以前に似たような仕事をしたことがあるか、仕事に関するスキルはどの程度かを伝えましょう。

専門用語が分からない場合には、正直にそれを伝えましょう。

困ったり、分からないことがあったら、すぐ聞きましょう。

仕事に慣れないうちは分からいのが当然。

疑問は解決するまで聞きましょう。

納期を守ったり、連絡をまめにとってコミュニケーションを図ります。

口コミを見てみる

専門サイトなど、家でできる仕事をが集まっているサイトには、口コミがかかれています。

以前仕事をした人が書いたコメントが多いので、参考にしてみるといいでしょう。

また実際にやり取りしてみることや、試用期間の間に、これから一緒に仕事をしていく上で不便がないかを確認してもよいでしょう。

家でできる仕事はどんな人に向いている?

どんな方が家でできる仕事に向いているのでしょう。

簡単な仕事でだれでも始められるのが特徴ですが、特にどんな人に向いている、おすすめなのかをここではご紹介いたします。

いろいろな事情で外に働きに出られない人

育児、家事、介護、その他いろいろな事情で外には働きに出られない方に家でできる仕事はおすすめです。

外に働きに出るより、人に会う機会は少ないですし、自分の空いた時間に仕事ができます。

簡単な仕事であれば、テレビを見ながら、家事をしながら、行うことができます。

家にいる時間が長い方ほど、向いている仕事でしょう。

人との付き合いがちょっと苦手という方もお仕事できます。

外に働きに出ることができなくても、家で稼ぐことができるのが強みですから。

本業とは別にスキルアップしたい人

本業とは別にスキルアップしたい。

でも本業を辞めることはできない。

という方に持ってこいなのが、家での仕事です。

例えばライティングやパソコンのスキルをアップしたいのであれば、本業の空いた時間で家での仕事をすることで、お金を稼ぎながらスキルアップすることができます。

本業に関する内容であれば、新しい知識をたくさん学ぶ必要はありません。

少しずつ経験を積むことでより高い収入を得ることのできる仕事を紹介してもらえるのが、在宅ワークの良い仕事です。

ただ本業の合間に家での仕事をすることになるので、期限がある仕事はキャパオーバーにならないように気を付けましょう。

自分の趣味や得意なことがある人

自分の趣味や得意なことがあれば、それが仕事になります。

写真や手作りのものを販売するのも、家でできる仕事の1つです。

自分の好きなことであれば楽しみながら仕事をすることができますね。

パソコンが得意な方は、すでに家で仕事をしている方も多いでしょう。

パソコン作業を求められる在宅の仕事は多いので、仕事の合間にさらに仕事をすることができます。

Youtuberのように動画を動画サイトにアップして稼ぐ方法もあります。

今は得意なことや強みを売れる時代になっています。

ただお話するだけでもお金になります。

外に出る時間がなくても、家でネット環境があれば、パソコンやスマートフォンでお話することができますよね。

資格を持っている人

上で紹介した、パソコンやビジネスの資格を持っている人にも、家での仕事はおすすめです。

せっかく持っている仕事ですから活かしましょう!

資格があれば、収入が高くなります。

家でだらだらすることが多い人

家でだらだらするのっていいですよね。

まったり何もせず過ごす時間を幸せに感じる人も多いでしょう。

もちろんその時間も大切です。

でもそんな時間が多いな、暇だなと感じている方にお勧めなのが、家でできる仕事です。

短時間でできますし、仕事も自分で選ぶことができます。

暇でやることがないという人。

その時間をお小遣い稼ぎに変えてみませんか。

まとめ

家でできる仕事についてご紹介しました。

簡単なものからスキルが必要なものまで、とにかくいろいろな仕事があります。

家で仕事をする理由も人によってさまざまでしょうから、優先順位を明確にして絞り込んでいくことがが重要です。

今回の記事で取り上げた以外にも、こんなことが仕事になるの?と驚くような内容もありますよね。

家でできる仕事をやるポイントは自分のやりたい仕事をやること。

外での仕事や自分のやりたくない仕事をやらなければいけないことも多いでしょう。

その分ストレスも多い。

どんな仕事でもストレスはあるでしょうが、家にいる自分の時間を使うのですから、せっかくなら自分の好きを仕事にしたほうがいいですよね。

得意なことや好きなことを仕事にしてもいいし、お金をもらうためにコツコツと簡単な仕事をやってもいいでしょう。

自分のスキルアップに使ってもいいですし、そこから本業にしたいと思える仕事に出会えるかもしれません。

まずは自分のやりたい仕事をやってみましょう。

最後に、長い記事を読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ方が、家でできる仕事もあるんだと興味を持ってくれることを祈っています。

そして自分がキラキラ働ける仕事に巡り合えますように。