人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。

そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。

しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。

それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。

ゆるい仕事とは? 

ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。

精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなくていい、責任がない、指示通りにすればOK、未経験者も可能といったような特徴があります。

続いて、肉体的なストレスが少ない仕事ですと、作業が楽、立ち仕事が少ない、残業や休日出勤がない、ちゃんと有給がとれるといった点が挙げられるのではないでしょうか。

また、ルーティーンワークの仕事には、高いスキルがいらなく、一度覚えてしまえばいいという点が挙げられます。

これらの条件をいくつかクリアする仕事がゆるい仕事であると言えます。

どの条件をクリアしたものがいいのかは個人の考え方によって違ってくるでしょう。

ゆるい仕事おすすめ9選

働く気はあるけどゆるい仕事がいいという人は多くいるでしょう。

それでは、ゆるい仕事には具体的にどんなものがあるのかをみていきましょう。

警備員

施設や工事現場などで人や物を守る警備をする仕事です。

施設警備員は、その施設の巡回、施設関係者の入館受付の対応、電話応対、落し物などの対応などです。

工事現場の警備員は、交通誘導などをおこないます。

そのオススメポイントとは?

激しい肉体労働はなく、時間も決まっているので規定外の長時間勤務がありません。

休憩時間も決まっているので、過労や疲れが溜まって解消できないということもないでしょう。

実際に事故や事件が起こることは非常にまれなので、確認作業ややるべきことをやれば時間が過ぎていきます。

しかし工事現場など屋外では、季節や天候によって快適なときと辛いときの差が大きいです。

また、万が一の場合は人命が関わっていることや、責任も問われる仕事だということは忘れないようにしましょう。

清掃作業員

商業施設やオフィス、病院、ホテルなどで清掃をする仕事です。

そのオススメポイントとは?

もくもくと作業を進めていくだけなので、特別なスキルや知識は必要ありません。

時間に融通が効いたり、2~3時間など比較的短時間の勤務が多いので、副業や短時間だけ働きたいという人にオススメです。

店舗の閉店後や営業時間外などで夜間・早朝・休日に入れば手当がついて高時給で効率よく稼ぐことも可能です。

清掃作業は基本的に一人ですることが多く、自分のやり方で効率よくやればいいので、慣れてしまえばゆるい仕事と言えるでしょう。

マンション管理人

マンションの管理人室に常駐し、居住者の周辺環境を管理することが主な仕事です。

訪問者の受付、簡単な清掃や設備の管理、工事や業者の立ち合い、日報の作成などが主な仕事です。

定年で引退した人がゆるく働くためにやっている人も多い仕事です。

そのオススメポイントとは?

毎日決まった時間に勤務し、残業などもほとんどありません。

マンション内の巡回などを除けばほとんど管理人室で過ごすことになり、決められた仕事や居住者の対応などがなければ自由に過ごすことができます。

接する人もマンションの居住者や業者なので、接客するというよりは対応するだけなのでゆるい仕事でしょう。

イベントスタッフ

ライブやコンサート、スポーツの試合などその時々にやるイベントで、受付や案内、グッズ販売などを行う仕事です。

自分でどのイベントにするか、何をするかを決められることはほとんどなく、男性は警備や設営など、女性は受付やグッズ販売などを担当することが多いです。

そのオススメポイントとは?

案内スタッフや誘導スタッフは基本的に立っているだけです。

トイレやインフォメーションセンターなどの場所を聞かれそうなところの位置を把握しておけば対応できますし、そこまで何かを突っ込まれて聞かれることはありません。

ただ、イベントによっては設営担当などになると体力が必要なハードワークになることもあります。

単発的に仕事が入るので、空いた日があるとか急に現金が必要になった場合などにオススメです。

イベントによっては自分も楽しめたり、若い人が多いのでわきあいあいと楽しく仕事することができます。

工場作業

工場作業には「ライン作業」「ピッキング」「在庫管理」などがあります。

機械製品、食料品など、その工場で生産されるものの組み立てや加工などの作業を、手を使って行うか、または機械の作業を補助する役割などを行います。

そのオススメポイントとは?

目の前の作業を黙々とこなしていけばいいだけです。

作業中は私語禁止が基本ですし、接客や外部の人と話す機会はほとんどありません。

同じ工場で働き続ければ作業も慣れて効率的にできますし、新しいことを覚えたり臨機応変さを求められることもありません。

気が楽という点ではもっとも適した仕事と言えます。

ただ、同じ作業を何時間も、そして毎日続けなければいけないので、飽きたり面白みがない仕事だと感じてしまうこともあります。

受付業務

企業や病院、商業施設などに来訪したお客様の対応をする仕事です。

来客の対応、担当者への取り次ぎ、会議室や応接室の予約管理、お茶出しなどが主な仕事です。

ほとんどが女性で、清潔な身だしなみやきちんとした言葉使いができることが必要です。

そのオススメポイントとは?

来客がなければ特にすることもなく、座って待っているだけなので特に疲れるようなことはありません。

突発的な対応が必要になることもありますが、担当者へ引き継げばそこで自分がすることは終わりです。

残業もなく定時で帰ることができて、休みもきちんととれます。

田舎の公務員

あくまでも田舎などの規模が小さい自治体の地方公務員です。

国家公務員や都会の公務員はむしろ大変な仕事のこともあります。

そのオススメポイントとは?

公務員は営利目的ではないので給料は勤続年数や役職などによって決まっており、福利厚生がしっかりしていて将来の不安もありません。

仕事によっては夜勤や休日出勤もありますが、そのぶんきちんと代休を取ったり、残業代などが支払われます。

ノルマや目標もないですし、基本的にデスクワークがほとんどです。

特に田舎の役所なら窓口の対応もそこまで多くはなく、のんびりと働きながら定時になったらあがるような生活ができます。

大学職員

大学で働く職員です。

会計や経理の仕事、入学や広報を担当する仕事、各学部で在学生の支援や手続きの仕事などがあります。

そのオススメポイントとは?

配属先によって仕事量に差がありますが基本的には残業などはなく、大学の夏休みのような長い休みの時期は仕事量が少ない時もあります。

学食や図書館などの大学の施設が使えたり、家賃補助などがある大学もあります。

接客ではなく、対応するのは学生や教授など学内の人がほとんどなので、その点でも気が楽かもしれません。

国公立の大学はそれほどでもありませんが、私立大学は給料の待遇がいいところもあります。

ルート配送

決められたルートにそって毎回同じ店舗や会社などに荷物を配送する仕事です。

車の免許は必須ですが、それ以外のスキルや資格は必要ありません。

そのオススメポイントとは?

基本的に一人で運転して一人で配送するので、人に気を使うことがあまりありません。

毎回決まったルートへの配送なので、突発的なトラブルも少ないです。

ルートや作業を覚えてしまえば、毎回同じことの繰り返しなので難しいこともなく、交通状況などにもよりますが勤務時間もだいたい読める仕事です。

ゆるい仕事はこんな人に向いている!

ゆるいものからキツイものまでいろいろな仕事がありますが、自分が置かれている状況や仕事への考え方によってゆるい仕事に向いている人、またはゆるい仕事でもやっていける人がいると言えます。

それでは、ゆるい仕事はどんな人に向いているのか、詳しくみていきましょう。

副業の人

本業の仕事が別にあって、それでも時間があったりもっとお金が必要という人、副業として働きたい人にゆるい仕事は向いています。

集中すべきは本業のほうなので、副業も同じように頑張ってしまうと心も体もパンクしてしまいます。

副業はおこずかい稼ぎや余った時間の有効活くらいに考えてやるようにしましょう。

しかし、副業はNGとしている会社もあるので、その点は注意するようにしましょう。

家庭を優先したい人

家事や育児もちゃんとやりたい人や、夫婦共働きで生活費に困っているわけではない人は、ゆるい仕事が向いています。

家事・育児は片手間でできるものではなく、毎日しなければいけない大変な仕事です。

仕事も家庭も両立させるためには、仕事の比重はやはりある程度おさえなければいけません。

趣味を優先したい人

独身や子どもがいない人の中には、趣味に時間をかけたいと思っている人もいるでしょう。

自分一人が暮らしていくだけのお金を稼いでいればいいし、時間は趣味に使いたいというのであれば、ゆるい仕事でも問題ありません。

将来的に結婚して子どもが欲しいとか、人生の目標があるのなら貯金をしておくことが必要なこともあるので、自分の人生設計を考えた上でゆるい仕事でも大丈夫かどうかを決めましょう。

きつい仕事に疲れた人

肉体労働、職場の人間関係、ノルマ重視、残業や休日出勤が多すぎるなど、きつい仕事に疲れた人にゆるい仕事は向いています。

病気やケガをしてしまったり、精神的に病んでしまってからだと、働くこと自体全くできなくなってしまうかもしれません。

まったく仕事ができない無職の状態になってしまうと、金銭面の不安や社会復帰を考えるとよくありません。

自分の体や気持ちのバランスを取るためにも、ゆるい仕事にして働き続けることも選択肢のひとつとして重要なものなのです。

次の仕事までのつなぎの人

それまで働いていた仕事を辞めて次の仕事をやるまでのつなぎの期間にとりあえず働きたい、次の仕事の就職活動をしながら働きたいというような場合、ゆるい仕事をしたいと思う人もいるでしょう。

また、育児が一段落したのでまたバリバリ働きたいけれど、その前に働くことに慣れたい、育児もまだまったく手放しできるわけではないという状況で、ゆるい仕事をするという選択肢もあります。

ゆるい仕事のデメリット 

どうせ働くならキツイ仕事よりもゆるい仕事がいいに決まっていると思うでしょう。

しかし、ゆるい仕事には当然ながらそれなりのデメリットがあります。

このデメリットを理解し、それでも生活していけるという人でないとゆるい仕事を選ぶことはおすすめできません。

ゆるい仕事のデメリットについて、詳しくみていきましょう。

キャリアアップしづらい

ゆるい仕事は単純作業が多く、資格やスキルが必要ないことがほとんどです。

それがメリットでもあるのですが、逆に言うと仕事をすることで身に付くものもあまりありません。

経験を積んでキャリアアップを目指すということは、ゆるい仕事ではあまり期待できないと思っていいでしょう。

転職する際もそれまでのゆるい仕事が経験値としてプラスに見てもらえることも少なく、キャリアアップのための転職もしづらいです。

仕事が退屈

ゆるい仕事は単純作業、ルーティーン、もくもくとこなすものが多い仕事です。

慣れてしまえば簡単な作業は、メリットでもありますがデメリットでもあります。

何もしない時間や頭を使わない作業は、時間が過ぎるのが遅かったり、仕事自体に面白みがないと感じてしまうでしょう。

それを毎日何時間も、それをずっと続けていくのは、辛いと感じてしまう人もいるかもしれません。

やりがいがない

自分で考えて行動したり、やり方や効率を考えて自分なりに仕事ができるのではなく、与えられたマニュアルや指示通りにやる仕事というのは、やりがいや達成感を感じづらいかもしれません。

仕事で目標を設定しづらいので、なんのために仕事をしているのか、ただお金をもらうために働いているだけでいいのだろうかと不安に思ってしまいます。

給料が低い、身分が不安定

ゆるい仕事は給料が低かったり、日雇いや派遣社員などの雇用形態が多くて安定しないというデメリットがあります。

充分な福利厚生がなかったり、契約が更新されなかったり仕事がなくなってしまうと、給料が入らないということになってしまします。

将来の生活の不安や、十分な貯金ができないなどはある程度覚悟する必要があります。

まとめ

仕事は生きるために必要なことではありますが、働くことだけがすべてではありません。

時間も気持ちもすべてを仕事に捧げる必要はもちろんありませんし、自分のやりたいように働くことが、長く働く上でも大切になってきます。

仕事内容も働き方も多様化しているので、自分に合った仕事や働き方やを見つけて、楽しく無理のないように仕事ができるといいですね。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご

音楽に関わる仕事おすすめ18選。その仕事内容とおすすめの理由を紹介します

音楽と言っても様々なジャンルがありますが、皆さんはどんなジャンルの音楽が好みですか。クラッシック、オペラ、民謡・童謡・ロック・ジャズ・ポップス・演歌等いろんな場所で、色々なジャンルの音楽を耳にすると思いますが、皆さんが音楽を耳にするまでに、色々と音楽の仕事に携わっている人がいます。そこで今回は、音楽に関わる様々な仕事についてご紹介させて頂きます。音楽に関わる仕事にはどんなものがある?音楽に関わる仕事には、表で活躍する仕事と裏方での仕事が有ります。表の仕事は、歌手・楽器奏者等、前面に出て活躍する職業なので分かり易いですが、当然音楽制作関係の仕事をする人、その他には、映画やドラマ等に流す音楽を選定