「国家資格を活かせる仕事」と聞いて、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。

お医者さん?弁護士さん?

一般人には手が届かないような職業ばかりのように感じる人も多いのではないかと思います。

今回は国家資格とはそもそも何なのか、ごく普通の一般人にも取得できる国家資格はあるのかなどを解説していきます。

国家資格と他の資格の違いとは?

国家資格は、文字の通り国の法律に基づいて証明される資格のことです。

また、国家資格の中にはいくつか種類がありますので簡単にご紹介します。

一つは、「業務独占資格」というものです。

例えば、お医者さんは「医師」資格が必須です。

「私は医師です。」と名乗り、病院で医療行為をするには、この医師資格がなければ出来ません。

万が一、無資格の状態で「医師です」と名乗り、患者に医療行為をしてしまった場合には、法律によって裁かれることがあります。

このように、その資格を持っている人のみが携われる仕事で、尚且つそれ以外の人は就くことが出来ません。

と、国が定めている資格を「業務独占資格」と言います。

もう一つ、「名称独占資格」というものがあります。

例えば、保育士さんもその中の一つです。

保育士には「保育士」資格があります。

こちらも「私は保育士です。」と名乗って保育業務をする場合、保育士資格を有している必要があります。

ただ、「業務独占資格」とは違う点があります。

「保育士」とは言わずに、「保育補助」等の名称で保育業務に携わる職員が存在するのです。

「保育士」という名称を名乗ることは出来ないものの、業務自体にはそれ以外の人も携わっても良いですよ。

と国が定めているものを「名称独占資格」と言います。

このように、その資格を持っていないと出来ない仕事であったり、その職業名を名乗るために必要であったりする、国によって限定された資格が国家資格なのです。

国家資格以外の資格は、公的なものではなく、民間資格であることがほとんどです。

例えば「調剤薬局事務」は、資格がなくても従事することが可能ですし、「私は調剤薬局事務として働いています。」と名乗ることも出来ます。

しかし、民間が発行する「調剤薬局事務」資格も存在します。

勿論、その職業の中で持っていることによって専門性を示すことが出来るので、取得していない人よりも取得している人の方が、就職の際に有利になったりするなどの利点もあります。

とはいえ、やはり資格を取得するとなると、お金や時間が大きくかかるのが現実です。

同じお金と時間をかけるのであれば、国家資格を取得し就職する方が、圧倒的に信用度も高くオススメ出来ると言えるでしょう。

国家資格は取得に時間がかかる?試験に合格しないと取得できない?

社会人の方が仕事をしながら国家資格を取得する場合、多大な勉強時間を必要とするものが多くあります、しかし中には、真面目に勉強さえ行えば半年前後で取得可能なものも存在します。

また、勉強をしたのちに試験を受け、合格することで取得できる国家資格が多いですが、実は、専門学校等に通って必要科目を履修するだけで、申請すれば取得することが出来る国家資格も存在するのです。

国家資格を活かせる仕事にはどんなものがある?おすすめ8選

それでは実際に、受験資格が特に無く、半年前後の短い勉強期間で取得可能な国家資格や、学校に通って必要科目を履修することで取得出来る国家資格をご紹介します。

もちろん、勉強のやり方や環境には個人差がありますので、確実な取得を保証するものではありません。

ご了承ください。

1.第二種電気工事士 → ビル管理や建設電気工事などの仕事

第二種電気工事士資格を取得すると、その名の通り、電気を取り扱う会社等が就職先として見込めます。

また、物件の電気工事関係において必要となってくる資格のため、不動産関連会社にも就職が見込めます。

受験資格もなく、独学や通信講座等で学ぶことが出来ます。

大体6か月~8か月ほどの勉強期間と言われており、試験に合格すると取得可能です。

2.測量士 → 測量会社、建設コンサルタント会社などの仕事

測量士資格を取得すると、測量会社や建設コンサルタント会社など、大規模な建設に携わる会社へ就職先が見込めます。

受験資格もありませんし、独学や通信講座だけでなく、専門学校等で必要科目の履修だけで取得出来ることも特徴です。

独学や通信講座の場合、大体6か月程度の勉強期間と言われており、合格すると取得できます。

3.2級ボイラー技士 → ビル管理会社、病院、工場などでの仕事

2級ボイラー技士資格を取得すると、ビル管理会社を始め、病院や工場、ホテルなど幅広い分野で働くことが出来ます。

受験資格は特にありませんが、試験と別に実技講習が必要になります。

講習は計3日間程、全部で20時間で終了するようです。

大体4か月程の勉強期間と言われており、独学で1か月ほどの勉強で、合格した人もいるようです。

4.潜水士 → 海洋関係会社、水族館などでの仕事

潜水士資格を取得すると、海洋関係会社で海の中で働いたり、ダムや河川、湖の中での仕事もあります。

水族館へも就職が見込めます。

こちらは実技も受験資格もありません。

大体6か月程度の勉強期間と言われており、試験に合格すると取得出来ます。

5.旅行業務取扱管理者 → 航空会社、旅行企画会社などでの仕事

旅行業務取扱管理者の資格を取得すると、旅行に関する業務を取り扱う会社での就職や、航空会社での就職が見込めます。

こちらは「国内」と「総合」の2種類があり、国内であれば4か月ほど、総合の場合は8か月ほどの勉強期間と言われています。

受験資格は無く、合格すると取得できます。

6.調理師 → 料理店、学校等給食関連、ホテルなど宿泊施設関連での仕事

調理師資格を取得すると、レストランや学校、病院など幅広い分野での就職が見込めます。

独学で受験する場合には調理現場での実務経験が条件となりますが、専門学校等に1~3年通って必要単位を履修すれば、試験無しで申請のみで取得することが出来ます。

7.工事担任者 → 電気通信事業、通信機器販売業などでの仕事

工事担任者資格を取得すると、電気通信企業などインターネット関連等の通信業界での就職が見込めます。

受験資格もなく、4か月ほどの勉強期間と言われており、試験に合格すると取得出来ます。

また、専門学校等で認定養成課程を修了すれば、試験は無しで申請のみで取得することも可能です。

8.保育士 → 保育園、児童館などでの仕事

保育士資格を取得すると、保育園などの保育施設や児童館などでの就職が見込めます。

独学で受験する場合には、高校・大学の卒業又は保育現場での実務経験が条件となってきます。

しかし専門学校等に通えば2~4年で試験無しで申請のみで取得することが出来ます。

上記8選の仕事内容とおすすめな理由とは?

1.第二種電気工事士の仕事は、暮らしに欠かせない縁の下の力持ち

第二種電気工事士資格の取得で出来る仕事の中に、エアコンの取り付け取り外しなどの工事があります。

エアコンのみならず、今や家庭の中で電気は重要で欠かせないものです。

その無くてはならない電気の工事を専門的に行う仕事が電気工事士です。

また、電車や駅、建物などの電気のメンテナンス、管理も行っています。

日常の中で当たり前に使っている建物や乗り物が、安全で快適に利用できるのもこの電気工事士のおかげです。

まさに、なくてはならない縁の下の力持ち。

資格取得者のニーズも常にあるので、就職や転職で困ることはほとんど無いでしょう。

2.計量士は施設設備や環境の安定を守る研究家

計量士の仕事は、大きく一般計量士と環境計量士に分かれます。

一般計量士は百貨店やスーパー、工場にある計量器具の安定性を計ることがお仕事です。

基本的に、店舗には国の基準が満たされた適正な計量器が供給されていますが、使用しているうちに誤差が生じてくることがあります。

一般計量士が適性検査をすることで、その誤差が修正されていきます。

そうすることで、私たち一般市民も適切な計量によって販売された商品を、購入することが出来るのです。

また、環境測量士は工場や環境の大気や水質、騒音、振動など、様々な有害物質や人体への影響を調べる仕事をしています。

測量士が適切に環境を測量し、サンプリング、分析を行っていくことで私たちの暮らしを守ってくれています。

都市部の開発や建設が進む中で問題となってくる環境問題。

その研究を担っているのが、計量士であると言えます。

3.2級ボイラー技士は暖かな暮らしを見守る専門家

ボイラー技師は様々な建物の中で必要な仕事です。

私たちが温かいお湯を使うことが出来るのも、暖房器具で温まることが出来るのも、ボイラーがあるから。

このボイラーの安全管理、点検を行っているのがボイラー技師です。

ボイラーは燃料を加熱して高熱を作り出しているため、もしも設備に問題が発生した時には、適切な対処をしなければ大事故につながる恐れも出てきます。

ボイラー技師によって適切に管理されたボイラーが稼働していることで、私たちが年中暖かい暮らしが出来ているんですね。

4.潜水士は水中業務のスペシャリスト

潜水士は湖や海などの水中に長時間潜り、海洋調査や船舶修理、海中での土木建築など、多岐に渡る仕事があります。

また、水族館では水槽の中での清掃業務や設備管理など、やはり水の中で仕事をしています。

水の中での業務は危険も伴いますし、業務を遂行することは難しい場面が多いと思われます。

しかし地上とはまた違う現場での仕事に、憧れる人も多いのではないでしょうか。

5.旅行業務取扱管理者は楽しい旅の案内人

旅行業務取扱管理者はお客様に旅行のプランを提案したり、契約、管理などを行ったりする仕事です。

安全で楽しい旅行には、宿泊施設や移動に必要な乗り物の手配が付き物。

また、お客様のニーズに合わせた企画提案も必要になってきます。

お客様の人数や年齢、希望条件は千差万別ですので、多様な知識や経験が必要となってきます。

また年間を通してニーズがあるお仕事なので、やりがいもあるでしょう。

6.調理師はどこにいても生かせるおいしい仕事

調理師は、レストランや旅館、病院や学校など、食にまつわる場面で活躍する仕事です。

人間が生きてくうえで欠かすことの出来ない食事。

つまり、全国各地どこに行っても必要になるのが調理師です。

調理師資格を元に、独立開業も目指せます。

また、和食や中華、イタリア料理にフランス料理と、各国で料理の内容や調理の仕方も全然違います。

自分に合った調理を極めることが出来るのも魅力的な部分です。

また、日常生活でも活用できる資格なので、資格が無駄になることは無いでしょう。

7.工事担任者は情報通信ネットワークを支える監督

工事担任者は正式には「電気通信設備工事担任者」と言います。

仕事の内容はインターネットや光回線、電話回線などを整備、工事するお仕事です。

今や日常の中で当たり前になった、インターネット環境を設定したり管理したりしてくれています。

インターネット業界は常に進化しており、情報伝達媒体も変化しています。

そのような時代の流れを見つめながら、常に学び進化し続け、情報通信を支えていくことが出来るのが工事担任者です。

情報セキュリティーに関しても専門家ですので、これからどの分野の仕事においても必要不可欠な専門家と言えるのではないでしょうか。

8.保育士は子供と保護者のパートナー

保育士は、保育園で働いていることがほとんどですが、他にも児童館や乳児院など、子どもに関連する場所で多く活躍しています。

様々な観点から注目されている職業ですが、都市部では保育園や保育士が不足している状況が続いており、求人が多くあります。

少子高齢化が叫ばれていますが、まだまだ限られた地域では保育士の需要があるでしょう。

また、保育士は子供の世話だけではなく、保護者のサポートも行っています。

家庭環境も多様化しており、核家族やシングル家庭において、保育士は相談相手や心のよりどころになることも増えてきています。

国家資格を活かした仕事はどんな人におすすめ?

場所を選ばず働きたい人

国家資格を生かした仕事は、基本的に日本各地どこに行っても活躍出来る仕事が多いです。

一つでも国家資格を持っていれば、突然の引っ越しや会社の倒産など緊急の事態に陥っても、新たな仕事を迷わず探すことが出来ます。

また、一つでも資格を持っていることは「一つのことを集中して学ぶことが出来る人」という魅力となり、多様な場面でアピールする材料にもなるでしょう。

人の役に立ちたい人

やはり国が認めただけの資格であり、どの仕事も人間の生活の中で欠かせない物ばかりです。

陰で人を支えたり、直接人の役に立ったり、目に見える仕事も見えにくい仕事もあるけど、全て無くてはならない存在なのが、国家資格を持った仕事をしている人達なのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

聞きなれない国家資格も多くあったと思いますが、実は私たちの日常生活の中に様々な形で関わっていること事がお分かり頂けたかと思います。

また、特別な受験資格が無く、誰にでも挑戦できる国家資格も多数ありました。

勉強のやる気次第で、就職・転職に大きなきっかけを与えてくれると思います。

一生物の国家資格を手に、自分に合った就職先を見つけ、各所で活躍されることを心より願っています。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご