旅行会社と言えば、皆さまはどんな仕事を想像しますか?

カウンターでの旅行商品販売?

もしくは、ツアーに参加して添乗業務をする人?

実際のところ、そこまで旅行に関する仕事を詳しく理解している人は、少ないのではないでしょうか。

そんな皆様へ、今回は初心者でも分かる「旅行に関する仕事」についてお話します!

旅行に関する仕事は結構たくさんある

旅行業と一言で言っても、旅行に関する仕事は沢山あります!

ツアーに同行し添乗業務をする人や、カウンター業務でお客様にツアーをご案内する人、裏方で予約手配をする人や、ツアーの企画をする人、旅行会社のコールセンターを担当する人などなど……仕事の分類を挙げていったらかなりの数になることでしょう。

そんな中でも、今回は旅行に関する仕事の中でも人気を集める職種をご紹介していきます!

ツアーコンダクター

ツアーコンダクター(添乗員)とは、旅行会社が企画・実施するツアーに同行し、参加される旅行者全員の日程管理をすることが仕事となります。

ツアーコンダクターには国内のみ添乗できる人、国内・国外旅行両方を添乗できる人の2パターンに分かれ、その決まり方は、取得した資格の内容で変わってきます。

国内ツアーのみを担当する人は「国内旅程管理主任者」という資格を取得します。

また、国内・国外ツアー両方を担当したい人は「総合旅程管理主任者」の資格を取得するのです。

どちらの資格とも、独学で取ることは出来ない資格で「旅行業に従事していること」や「試験後は添乗業務研修を行わなければならないこと」など、誰でもが簡単に取得出来るものではない資格なのです。

更に、資格を保持しない状態で添乗業務を行うことは、旅行業法で禁止されていますので、注意が必要です。

国内向け

国内ツアーでは、日帰りツアーから宿泊ツアーまで幅広い添乗業務が存在します。

出発地からツアーに同行することもあれば、現地でツアーに合流して添乗業務を行うこともあります。

また、国内旅行でも日本人向けのツアーを担当する人もいれば、訪日外国人向けのツアーを担当する人もいます。

更に細かく分けていくと、修学旅行などの団体旅行の添乗業務担当の人もいれば、個人旅行に付き添って業務を行う人もいます。

添乗員と一言で言っても、働き方は様々なのです。

国外向け

国外では、主に宿泊ツアーの添乗業務となります。

また、国内ツアーと同様に、現地でツアーに合流し、業務を行う現地添乗員も存在します。

現地添乗員は地元に住んでいる人が業務を行うことが多く、観光知識を活かして添乗業務兼ガイドの仕事を1人で行う人もいます。

住んでいる人が業務を行うので、ガイドブックには載っていない情報が聞けて楽しい!と観光客にも評判が高いのです。

国内ツアーと違い、長時間の滞在となる上に移動も多いため、かなりの精神力と体力が必要とされます。

バスガイド

バスガイドは、その名の通り「観光バス」や「団体旅行バス」に同行し、観光地の案内や、車窓から見える景色などをガイドするお仕事です。

日帰りバスツアーや修学旅行・社員旅行などの団体バスツアーに参加された経験のある方は「前方に見えますのは富士山でございます!」などのフレーズを、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

バスガイドの仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!

通訳案内士

海外から来日した観光客に対し、日本各地の観光スポットを案内するお仕事になります。

観光地の説明だけでなく、日本の歴史や文化などの説明や、滞在中お客様のサポートも行います。

お客様の付き人のような存在ですね。

通訳案内士になるためには、国家資格が必要となり、資格を保持せずに仕事を行うことは、旅行業法で禁止されています。

そんな国家資格「通訳案内士」の合格率は20%前後と言われており、かなり難易度が高いです。

言語は勿論、日本の地理・歴史など、ありとあらゆる知識が必要不可欠ですので、かなり勉強しなければそう簡単に手に入らない資格なのです。

観光コンシェルジュ

各観光地で観光に来たお客様に対し、観光案内をしたり、交通機関や宿泊施設の予約手配などを代理で行ったりと、旅のサポートを行う仕事です。

日本全国の案内をする通訳案内士とは違い、ある一定の地域を案内することで、より詳しい情報をお客様にお届けできるというメリットがあります。

仕事をする上で、国家資格などの決められた資格も特にありません。

旅行企画

航空券とホテルがセットになった「パッケージツアー」や、既に全行程が決められている修学旅行などの団体旅行などなど…。

旅行会社が販売する旅行商品を、皆様も何度か利用したことがあるのではないでしょうか。

旅行に行く上で、既に行程が決まっているものを利用すると、かなり便利ですよね!

特に初めて行く場所では、パッケージツアーなどを利用することで、安心感も得られます。

これらの商品は、旅行会社の手によって作られているのです。

団体旅行企画

団体旅行の定番と言えば「修学旅行」ではないでしょうか。

学生の誰もが楽しみにしている大イベントですよね!

思い出してみると、昼食場所や宿泊施設、さらには各観光地までの移動手段など、行動する全ての事が計画されていませんでしたか?

これらの行程内容は、旅行会社の中心部でもある企画課で作成されています。

旅行日数は何日なのか、今年の食事内容はどうするのかなど、学校側と相談しながら作成していきます。

また、団体の受注型企画旅行以外にも、募集型のバスツアーなどの企画も、団体旅行として企画をします。

約40名前後のお客様が参加された場合、食事場所も大人数が入れる食事処を見つけないといけないので、個人旅行の企画をする以上に、作成時間はかかります。

個人旅行企画

旅行商品の中には「受注型企画旅行」という分類が存在します。

交通手段や宿泊施設などを、お客様のニーズに合わせて手配していくのです。

団体旅行で紹介した修学旅行も実は「受注型企画旅行」に分類されるのです。

「受注型企画旅行」を分かりやすく言えば、修学旅行の個人版みたいな感じですかね。

「自分の行きたい場所だけに行くプランを企画してほしい」など、個々それぞれの依頼に対応します。

皆様が普段旅行に行く際に、交通機関や宿泊施設、更には観光地の下調べなどを行いますよね。

その作業を代理で行うのです。

パッケージツアー企画

旅行代理店に足を運んだときに、パンフレットになった旅行商品案内冊子を見たことはありませんか?

見てみると「交通機関+宿泊施設」がセットになって販売されていたり、なかには「ご予約の方には、1回分の食事付き!」などのプレゼントも付いて来たりと、お得感を感じることができる旅行商品の1つです。

このパッケージツアーの企画も行っています。

例えば、北海道のパッケージツアーには、海鮮丼の割引券を付けたり、沖縄のパッケージツアーには、同じホテルに三連泊以上のお客様は無料でお部屋をグレードアップできたりなど、お客様が喜ぶ内容を企画していきます。

営業

一口に営業といっても、色々なものがあります。

旅行会社でもただ旅行商品を企画・販売していれば良い訳もなく、より良い商品を作るためには、普段からお世話になっていお客様や取引先、行程に組み込みたい施設等に営業に出向くことも大切になります!

営業に行き顔を広めることで、仕事を紹介していただけるチャンスも出来ます。

また先方と話をしていると、自然と新しいツアーを企画する上でヒントになる情報も教えてもらえたりするので、毎回勉強になることが多くて楽しいですよ!

受付カウンター業務

旅行代理店のイメージとして、一番初めに「カウンター業務」が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

そんな受付カウンター業務の主な仕事内容としては、チラシやパンフレットなどを見て問い合わせをされるお客様の対応をすることです。

受付カウンター業務ですので、お客様と直接話し合いをしながら、その場で色々な対応をしなければなりません。

ご希望のプランに空きがあれば良いですが、満席だった場合は、その場で空きのあるプラン候補をご案内しなければなりません。

また、カウンター業務での仕事以外にも、メールの対応や商品パンフレットの補充など、やることは様々です。

人の面倒を見ることが好きな人には、向いている仕事だと思います。

法人向け営業

法人向けとしては、社員旅行や視察旅行などの団体旅行や、会議・プレゼンなどで使用する全ての手配、またはプロモーションのお手伝いなどを行うために、営業に出向きます。

個人で旅行商品を選ぶ時も、様々な旅行会社と比較をして選びますよね。

同じように、法人でも旅行会社を選んでいただく際には、他社との競争があります。

社員旅行などの団体旅行にもなるとコンペが行われるほど大掛かりなんです。

さらに、プロモーションのお手伝いにもなれば、自社のアピールもできますので、競争率が高くなります。

個人旅行とは違い、法人旅行の場合は、全ての予約内容が大規模になってきます。

上手くいけば次の仕事も任せてもらえるので、旅行会社も必死に営業をするのです。

お客様向けの営業

旅行会社は何と言っても、普段ご利用いただくお客様が大切な存在です。

そんなお客様が常に自社を利用したいと思ってもらえるよう、リピーター客を1人でも多く増やすために、最新のツアー情報をダイレクトメッセージをお送りしたり、リピーターのお客様には特別割引のご案内をしたりなど、「旅行に行こう!」と思った時に自社のことをふと思い出してくれる様な、工夫を凝らした営業を行うこともかなり重要です!

webページ制作

近年、旅行商品を購入する人の大半が、オンラインで予約申込みをされます。

最大のメリットは何と言っても、旅行代理店に行く手間が省けて、商品をゆっくりと吟味できることではないでしょうか。

旅行会社側も、オンライン限定商品を販売したり、ツアー料金の割引をするなどの対応をしていることが多く見受けられます。

このオンライン上に掲載されているツアー、実は旅行会社の人の手によってweb上に掲載されているのです。

販売したいツアーが出来上がると、自社のHP以外に、契約している旅行商品用オンラインページ上に、情報を入力していくのです。

ツアータイトルや出発地・料金、更には各ツアーのアピールポイントなどを、細かく入力していきます。

勿論、大手旅行会社にもなれば、ツアー情報入力などは他の会社に委託をして、代理で入力をしてもらっている事が殆どです。

広告制作

webページの制作以外にも、紙ベースの広告媒体制作も、お客様に商品案内をする上で必要となります。

年齢が若い方になるとオンライン上での予約申込み率が多くなりますが、お年を召された方は、広告紙等を見て電話やカウンターでの予約申込みをされる方が多くなります。

そういった方々の為にも、紙ベースの広告を制作します。

ツアー内容によっては、広告制作会社に依頼をして作ってもらうこともありますし、急に販売したい商品ができると、自社でパソコンを使って広告紙を作るときもあります。

また、地域に配られるフリーペーパー紙や新聞などに掲載される旅行商品も、新聞会社と打ち合わせをしながら作成します。

ツアーが完成すると、出来上がった情報を新聞会社に提出し、どのようなデザインにしたいか、ツアーの何処がポイントでどうしたら見やすい記事になるのかなどなど、意見を出し合いながら作っていくのです。

勿論web同様、大手旅行会社に至っては、旅行の広告紙は広告会社に委託し、制作されています。

ここが大手旅行会社と中小旅行会社との大きな差ですね。

しかし、何処かに代理で記事を作ってもらうよりも、自社で製作した広告の方が、各ツアーのアピールポイントを詳しく把握できるので、お客様に販売をする際により一層営業を頑張る気になりますし、何か質問をされたとしても、制作時に自然とツアー情報が頭に入るので、すぐにお答えする事ができます。

また、何処にでもある広告紙よりも、手作り感の出ている広告紙の方が、お客様の目に留まりやすく問い合わせ率も上がるのです。

それに何と言ってもみんなで議論し製作した物は「愛情」が湧きますし!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

旅行に関する仕事を紹介してきましたが、少しでも興味を持っていただける仕事は見つかりましたでしょうか。

旅行に携わる仕事は他にもまだまだ存在します。

ホテル業界や航空・鉄道業界など多種多様で、近年では2020年の東京オリンピックに向けても、注目されている人気の業界でもあります。

やりがいも多く、達成感も味わえる非常に魅力的な仕事です。

旅行業に興味関心のある方は、この機会に是非、旅行業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか!