高齢者でもまだまだ仕事はできるという方は多いでしょう。

実際に60歳を迎えた多くの高齢者は、身体的にも体力的にもまだまだ動ける人が多くみられます。

シルバー人材センターや起業して余生を満喫している人も少なくありません。

ここでは、そんな60歳からの仕事について、おすすめする理由や探し方など詳しく解説していきます。

60歳からの仕事11選

まだまだ動ける60歳からの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

肉体労働は年齢的に無理でも、屋内で静かにできる仕事ならできるという人も多いでしょう。

しかし、なかには肉体労働もバリバリできるという高齢者もいます。

ここでは、60歳からの仕事をピックアップしてご紹介していきます。

パソコンの入力事務

パソコンの仕事には、入力作業やポスターや文章を制作する作業などがありますが、入力作業は簡単で、60歳を超えた高齢者でも容易にできることで人気のある仕事です。

例えば、パソコンで企業の取引先の名称や住所、連絡先などをエクセルで入力して表にまとめる作業であったり、企業内の案内文をワードに文章にしてみたりします。

パソコンの基本的な使い方は必須ですが、現代は60歳前後の高齢者でもパソコンが扱える人が増えています。

それだけ社会に必須の技術であることから、パソコンの需要が広まっています。

基本的には、パソコンでの入力事務の仕事は、もともとテンプレートがあってそこに紙媒体のデータを入力する作業が主です。

つまり、紙媒体のデータをデジタル化して保存するときに便利といえます。

しかし、企業側としてはデータ化する負担をなるべく減らしたいという意識が働いていることから、労働力の1つとして60歳以上を求人のターゲットとしている企業も少なくありません。

まだまだ働ける60歳ですが、高齢者だから新しいことを覚えられないのではありません。

なかには、若かりし頃の盛んな時期そのままに、60歳を迎えても向上心を常に持っている人も多くいます。

このような人にパソコンの入力事務の仕事が向いているといえるでしょう。

おすすめ理由

パソコンの入力事務の仕事をおすすめする理由として、せっかく身につけたスキルを忘れないためにも是非取り組んでもらいたいためです。

年を重ねるごとにできなくなることも多くなってきます。

しかし、今できることはなるべく継続して、長く続けることが大切だと思います。

パソコンの入力事務は比較的簡単な仕事です。

そのため、高齢者でも容易にこなすことができるパソコンの入力事務の仕事はおすすめです。

農作物の箱詰め

60歳を迎えた高齢者の多くは、農業を軸に生産活動を行う人が多くみられます。

若い頃はさまざまなことに挑戦して、自分自身を試したいという気持ちに駆られますが、年齢を重ねるとのどかで優雅な生活をしていたい、安定した生活を送りたいと思うようになります。

そのため、老後は農業で生計を立てるという高齢者も少なくありません。

都会から田舎へ移住し、農業で自給自足する高齢者も増えているなか、農業法人として起業する高齢者も少なくありません。

また、起業した高齢者のもとで従業員として再就職する高齢者も多くみられます。

農業による生産活動から栽培管理、農作物の加工や出荷準備など、すべての工程を担う場合があり、その労働力として60歳を迎えた高齢者が注目を浴びています。

意外に動けて、知識や経験も豊富な人は特に需要も高く、農家からの信頼も大きいです。

農家の仕事はさまざまありますが、農作物の箱詰めは立ち仕事ではありますが、重い物を持ち上げることはなく身体的にも負担が少ないため、高齢者にも人気の仕事です。

おすすめ理由

農作物の箱詰めの仕事をおすすめする理由として、自分のペースで仕事ができるためです。

職種にも寄りますが、相手がいれば基本的に相手にペースを合わせて仕事をしなければなりません。

高齢者ともなると、相手のペースに合わせて仕事をするのがきつく感じます。

農作物の箱詰め作業は、自分のペースで仕事ができるためおすすめです。

清掃

年齢を重ねると、これまで簡単にできていたことが徐々にできなくなり、思うように身体を動かすことができないという場合が出てくることがあります。

清掃の仕事は、あちこち動いたり、しゃがんだりしてリハビリになるため、身体的にも体力的にも高齢者には向いているといえます。

清掃の仕事は、特に重い物を持ち上げたり、ずっと同じ姿勢できつい思いをしたりすることはなく、基本的には肉体労働に入ります。

しかし、土木や建築のような重労働ではなく、一般的には軽作業が中心です。

例えば、庭の除草作業や軽い備品の運搬作業、後片付けなどさまざまなジャンルにおける掃除を中心に行います。

60歳を迎えると、これまでの人生でさまざまな経験と知識を身につけることができているでしょう。

それらの知識や経験を活かして清掃の仕事に取り組む高齢者も少なくありません。

また、清掃の仕事をしていると、場所によっては階段の昇り降りしながら掃除したり、腰を使ってモップで床を磨いたりすることがあります。

これらの行動1つ1つが、高齢者にとってはリハビリになることから人気の高い仕事といえます。

おすすめ理由

清掃の仕事をおすすめする理由として、これまでの人生で経験してきた知識や経験を活かせることが多いためです。

清掃は人生において必須であり、効率的に綺麗にするためには要領が必要です。

年を重ねてきた分、それらに十分対応できる技術を身につけている場合も多く、若い人への指導目的で企業からオファーされるケースも少なくありません。

また、身体的、体力的にもリハビリ感覚で仕事ができるためおすすめです。

警備員

警備員の仕事は、取引のある企業を犯罪や不審者による事件、事故を未然に防いだり、道路などの工事現場で交通整理をしたりするなど、社会の安全を担う重要な仕事です。

警備員になる人は、責任感が強く自分自身をしっかり持っているといえます。

その理由として、警備員は社会の安全を守る義務があり、責任感と使命感を兼ね備えていなければならない為です。

警備員は、基本的に立ち仕事で動き回ることも多いですが、高齢者にとってまだまだ動けるうちは警備員の仕事内容が、そのままリハビリや身体の健康維持に繋がることから、人気の高い仕事です。

しかし、時間が不規則できつい一面もあり、高齢者には一部不向きな面もあります。

そんなときは、夜間ではなく早朝に勤務する高齢者も少なくありません。

夜中だと、眠いときに寝れず日常生活に支障をきたす恐れもありますが、早朝であれば、60歳を迎えて身体的にも体力が低下していても特に問題ありません。

おすすめ理由

警備員の仕事をおすすめする理由として、動くことで身体のリハビリになったり、社会の安全を守る意味で責任感を感じたりできるためです。

高齢者は正義感の強い人も多く、警備員のような安全保守に努める職種は向いているといえます。

また、警備員は、企業のことだけでなく、社会情勢も把握しておかなければならず社会のことをよく知る、忘れないために社会に残って働き続けるという意味も持っています。

高齢者の多くは隠居して、のんびり過ごしますが、まだまだ働きたいという人もいることでしょう。

そんなときに、警備員の仕事はおすすめです。

土木設計

土木の仕事はいわゆる専門職といわれています。

特に、土木設計は資格を取得していなければ仕事として成り立たないことも多く、現場を知り尽くした経験者が高い能力を発揮できる場合も多いです。

若い頃は、重いものも持てて何も心配する必要はありませんでしたが、年を重ねると上手くいかないこともたくさんあります。

土木業界では、60歳以上の知識と経験を兼ね備えた人は、指導者としての立場も兼ね備えているということもあり、企業でも重宝されています。

また、企業側としても、指導者を一から育てるのではなく、もとから知識や技術を習得している高齢者を中心に指導者として求人を募集する傾向もみられます。

土木設計は技術職ですが、肉体労働はそれほどなく、60歳を迎えた高齢者でも十分働くことのできる環境といえます。

おすすめ理由

土木設計の仕事をおすすめする理由として、専門職としてこれまで活躍してきた技術を後世に伝えていくためです。

指導者という立場で、若い人に教育し質の高い仕事が遂行できるようにしてほしいものです。

日本の技術は世界でもトップレベルですが、その根底にはこれまで頑張ってきた現代の高齢者の思いが詰まっています。

せっかく身につけたスキルや知識を伝えていかなければ勿体無いと思うのが人の心理です。

また、これまで専門職として日々精進してきた人にとって、プライドもあることでしょう。

まだまだ働きたいという意欲とプライドを傷つけないためにも、土木設計の仕事を続けることはおすすめといえます。

スーパーのレジ打ち

IT技術の進歩により、スーパーのレジ打ちも近代化しています。

従来のレジ打ちは、店員が商品1つ1つをバーコードスキャンしながら袋詰めしていました。

しかし、近年のレジ打ちは、お客様自らバーコードスキャンに通して、商品を自分で袋詰めし、さらに、支払いもすべて自動化されているお店も増えています。

このように、スーパーのレジ打ちは以前と比べると、格段に負担が減っていることから高齢者から注目を浴びています。

基本的には、購入されるお客様からの商品の問い合わせに対応したり、レジ打ちのサポートを主な業務とします。

そのため、年齢に関係なく負担も生じない仕事として、近年注目されています。

おすすめ理由

スーパーのレジ打ちの仕事をおすすめする理由として、他業種と比べても負担が極端に少ないということが挙げられます。

年を重ねるとなかなか思うようにできなくなってしまいます。

スーパーのレジ打ちなら、重い商品の品出しもしなくて済むし、取引先からの搬入で入荷した品物を運搬しなくてもよいです。

基本的に接客を中心とし、レジを操作することを主な生業とすることから、覚えることは多いですが身体的な負担はほとんどありません。

そのため、身体的や体力的に限界がある高齢者の仕事としてはおすすめです。

工場のライン製造

日本の「ものづくり」は海外でも注目されています。

自動車や食品など、日本ブランドは国内外でも大変人気が高く、品質も良いと評判の的になっています。

このように、日本がものづくり大国として定着したのは、60歳を迎えた高齢者の人が頑張って支えてきたからだといえます。

そのため、ものづくり業界のなかでも特に、工場のライン製造は品質を保つための中心となっており、確かな技術のもとに作られています。

年齢と共に経験も積んだ高齢者は、場合によっては指導者としての役割もあり、企業側にとっても大切な存在といえるでしょう。

工場のライン製造は、複数名で役割分担しながらものづくりしていきます。

そのため、連携だけでなく技術や知識も必要となる場合もあります。

そのなかで高齢者は活躍できるかもしれません。

その理由は、立ち仕事ではあっても体力を維持するためには、自分の限界ぎりぎりまで身体を鍛え上げる必要があるためです。

年を重ねると、さまざまな病気を抱えたり怪我が多くなったりしますが、ライン製造のように、自らのペースではなく機械のペースで仕事をすることでよいリハビリになることがあります。

自分ペースも大切ですが、他人のペースに合わせるのも自分を活かすためには必要なことだといえるでしょう。

おすすめ理由

工場のライン製造の仕事をおすすめする理由として、仕事内容も難しくなくある一定の流れを覚えれば、誰でも簡単にできるためです。

工場のライン製造の仕事は工程ごとに、決まった流れで作業をこなしていきます。

毎回違った作業をすることは滅多になく、すべて同じ流れで作業を行います。

例えば、自動車部品のライン製造の仕事があったとします。

このときに、電線に部品を取り付けながらテープで巻いて補強する場合、ライン製造のため毎回同じ箇所の補強をします。

つまり、ラインには入れば同じ作業の繰り返しであり、覚えるのもそう難しくはないため、高齢者でもできる仕事といえます。

したがって、工場のライン製造の仕事は、比較的簡単でシニアでも容易におぼえることができるためおすすめです。

フリーライター

60歳を迎えてもパソコンは普通に扱えるという人は多くいます。

社会的にも仕事でパソコンは必須のスキルとなっており、どこの企業でも一般的に活用されています。

逆に、パソコンを使わない企業こそほとんどありません。

つまり、どんな企業でも何かしらパソコンを使う機会が増えています。

このことから、パソコンが使えるからといってフリーライターに転身する高齢者も少なくありません。

近年はパソコンとインターネットの普及により、クラウドソーシングが注目を浴びています。

実はシニアでも簡単にお小遣い稼ぎができるシステムになっており、パソコンだけでなく、タブレットやスマホでも十分対応できるところが大きなメリットといえるでしょう。

クラウドソーシングのなかでも、今回人気の仕事がフリーライターです。

自分の考えや経験してきたこと、身につけた知識などを活かせる場であり、老後も楽しく仕事ができるでしょう。

おすすめ理由

フリーライターの仕事をおすすめする理由として、自分の時間を自由に作ることができるためです。

フリーというくらいですので、職場に縛られることなく自分自身で決めた時間で仕事をすることができます。

時期によっては収入が不安定になる場合があり、デメリットな部分も持ち合わせていますが、老後の時間をゆっくり過ごしたい、自分に自由な時間が欲しいと想っているシニアの人にはおすすめな仕事です。

カメラマン

カメラを趣味にしている人も多いでしょう。

老後に向けてカメラを趣味にしている高齢者のなかには、カメラマンとして仕事をしてみたいという人も少なくありません。

一言にカメラマンといっても、専属カメラマンやフリーカメラマンがいますが、仕事をしやすい業態を選ぶのが良いでしょう。

年齢的にも専属カメラマンとして活動することが難しければ、フリーカメラマンとして生計を立てることもできるでしょう。

しかし、60歳を迎えて感性が豊かになることはありません。

逆に衰えていく一方のなか、日々鍛錬して感性を維持しなければなりません。

しばらくすると、気疲れしてしまう人も多く、長続きしないケースも少なくありません。

カメラを趣味にしていてそれが仕事になったという流れが理想であり、新たにカメラに挑戦するという人はほとんどいないでしょう。

このカメラマンという仕事は、カメラが大好きな人のなりたい仕事として人気も高く、高齢者でカメラを趣味にしている人にはおすすめの仕事といえます。

おすすめ理由

カメラマンの仕事をおすすめする理由として、趣味がそのまま仕事に結びつく可能性が大きいためです。

カメラを趣味にしている人は、数多くいます。

しかし、それが仕事としている人はほとんどいないのではないでしょうか。

フリーカメラマンとして活動している人はよくみかけますが、収入は不安定なケースもあるでしょう。

しかし、趣味を仕事として活かせる面は大きいです。

シニアという立ち位置から、老後に向けて何かしたいと考えている人には、カメラは楽しい趣味になるでしょう。

したがって、カメラマンの仕事は高齢者におすすめです。

引っ越し業者

60歳を過ぎても、まだまだ元気で身体的にも体力的にも現役で頑張れるという人もいることでしょう。

そんな人におすすめな仕事が引っ越し業者です。

引越し業者の主な仕事内容は、引っ越す前の住居から家財などを運搬し、新居に運び入れる仕事です。

重い物を持つことも多く、腰や腕に負担がくることがあります。

しかし、まだまだ元気な60歳であれば、それが逆に活力になる場合も少なくありません。

引越し業者は中型トラックの運転やときには大型トラックの運転をする場合があります。

もちろん運転する際は、該当する免許を取得しておく必要がありますが、元気であれば運転するのに年齢は関係ありません。

運転だけでなく、仕事内容にも大きな負担となるケースも多い引越し業者ですが、高齢者の仕事として人気の高い職種です。

おすすめ理由

引越し業者の仕事をおすすめする理由として、まだまだ元気で動けるシニアの頑張りたい欲求を満たしてくれるためです。

年齢を重ねることで、やり続けなければいつかできなくなってしまうという危機感を味わう人も多くいます。

そのような不安を解消させてくれる仕事の1つとして引越し業者があります。

引越し業者は、極度に身体を動かす場面も多く、身体的、体力的にもかなりきつい仕事です。

60歳を過ぎて、このような重労働をやり遂げることで達成感を味わうことに繋がり、生きていくうえでの活力を養う一面を持っています。

このことから、シニアの仕事として引越し業者はおすすめといえるでしょう。

タクシーの運転手

年齢を重ねると、のんびり仕事がしたいと考える人も多くみられます。

そんな人におすすめな仕事がタクシーの運転手です。

乗客を乗せて行き先に向けて楽しくドライブする気持ちで仕事ができるため、高齢者の仕事としては向いています。

しかし、なかには急かすお客様もいて対応に困る場合があります。

そんなときは、あくまで自分のペースを保ちながら、1つずつ仕事をこなしていけばよいでしょう。

高齢者でも元気だからといって無理してはいけません。

運転中は定期的に休憩を取りながら仕事に励みましょう。

また、運転が好きな人もタクシーの運転手の仕事はおすすめです。

街のさまざまな地理について学ぶことができたり、運転技術を身に付けたりすることができます。

年齢を重ねると反応が鈍くなってしまい、運転に支障をきたす人もいますが、そうでなければタクシーの運転手の仕事もよいのではないでしょうか。

おすすめ理由

タクシーの運転手の仕事をおすすめする理由として、あちこち行くことで気が紛れ、ストレスの発散に繋がるためです。

シニアの心理として、年齢を重ねるごとにできなくなってしまうことに危機感を覚えています。

そのような不安を解消するために、外に出ることによってストレスを発散させることができます。

高齢者はさまざまなストレスを抱えています。

しかし、タクシーで外出することで気分転換になり、心のゆとりを生む結果に繋がることもあるでしょう。

また、お客様との会話で独り身のシニアの話し相手になることから、身寄りのないシニアの社会性を維持するためにも、タクシーの運転手の仕事はおすすめです。

タクシー運転手の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

時給(or年収)が高い職種と高くなる理由

60歳からの仕事でも時給や年収は高いほうがよいでしょう。

ここでは、一般的にシニアに向いていて給料が高い職種と高くなる理由を詳しく解説していきます。

専門職

専門職とは資格を持っていなければ従事できない職種のことです。

一般的に、取得している資格に年齢制限はなく、元気であればいつでもどこでも有効利用することができます。

せっかく身につけた技術や知識の習得により、資格を取得したのですから仕事に活かさないのは勿体無いです。

シニアでも専門職に就くことは可能で、有利な一面も多々あります。

そのなかでも、優遇されるのが時給や年収です。

年齢を重ねている分、経験も豊富です。

そのため、企業からも重宝され専門職に従事することで給料が高くなるケースも少なくありません。

時給(or年収)が高い理由

シニアが専門職に就くことで、時給や年収が高くなる理由について、シニアは指導者としての役割があることが挙げられます。

シニアは経験豊かで知識も豊富です。

そのため、若い人への指導や教育にはうってつけといえます。

企業側としてもそのほうが効率的であり、OJTに参加したり、外部からの指導係として役回りを担う場合も多くみられます。

タクシーの運転手

よいタクシーの運転手というのがあります。

このときの「よい」とは、よく道を知っており、お客様のニーズに応えてくれるという意味を含んでいます。

シニアがタクシーの運転手をしていると、長年の経験から現場を見て咄嗟の判断で渋滞を避けることができたり、事故を未然に防ぐことができます。

このことから、お客様に安心感を与えリピートに繋がる傾向が高いです。

つまり、ニーズに応えるシニアのタクシー運転手は、タクシー会社の売上げに貢献するケースも多く、時給や年収が高くなる傾向があります。

時給(or年収)が高い理由

若いタクシーの運転手である場合、落ち着かないというお客様も少なくありません。

一方で、シニアなど高齢者が運転している車は、雰囲気も和やかで過ごしやすいという声が多く寄せられています。

人の性格も考えると一概には言えませんが、お客様のニーズに応えているのがシニア世代が多く、企業の売上げに貢献しているといえます。

そのため、多くの企業が歩合制を取っているタクシー会社では、シニアの時給や年収が高いケースが多いです。

60歳からの仕事の探し方

60歳で仕事探しは難儀と感じる人も多いでしょう。

しかし、就職に年齢は関係ありません。

ここでは、60歳からの仕事の探し方について解説していきます。

ハローワークに行く

求人探しでハローワークを活用される人も少なくありません。

ハローワークは20代や30代などの若い世代だけでなく、60歳を過ぎた人でも十分マッチした仕事を探すことができます。

ハローワークには数多くの求人が出されており、好みの職種や条件とマッチした企業の案内を見ることができます。

高齢者だからといって臆することはありません。

シニアの人でも、ハローワークに行って仕事を探してみましょう。

再雇用制度を利用する

再雇用制度とは、一度定年退職した人を再度雇用する制度です。

主に、高齢者やシニア世代での退職をした人で、現場で活躍してきた人が対象となるケースが多いです。

再雇用制度では、対象となる人が限られてきますが、企業から声がかかれば再雇用に同意するのも良いでしょう。

再雇用制度で再雇用する場合の企業の考えとしては、残った従業員の教育や質を維持した仕事内容が目的です。

今、この人に抜けられたら職場的にきついという場合に用いられることが多いです。

働き方別のおすすめ職種

シニアの働き方にはさまざまな形態があります。

短期で働きたい人、正社員で働きたい人などさまざまでしょう。

ここでは、そんなシニアの働き方についてみていきます。

短期で働くなら

シニア世代であればシルバー人材センターに登録して仕事をするのもよいですが、短期で安定した仕事をするなら早朝の時間帯でのシフトでコンビニ店員として働くのがよいでしょう。

コンビニのシフトは週ごとに決められており、安定した収入を得られます。

さらに、働く期間についても融通が利き短期でも雇ってくれるコンビニも多くあります。

そして、働く時間帯ですが早朝にしたのも、早寝早起きの習慣をそのまま維持できるためです。

年を重ねると、不規則な生活で体調を崩してしまうことがあります。

自分の健康は自己管理して維持しなければならず、健康維持は老後の課題といえるでしょう。

コンビニの仕事は短期だけでなく長期も可能です。

シフトも前もって店長に言っておけば融通が利きます。

つまり、コンビニは自分で自由な時間を選びながらシフトに入って仕事をすることができるため、シニア世代にも人気の高い職種といえます。

正社員でちゃんと稼ぐなら

高齢者でも正社員でしっかり稼ぐなら介護の仕事がおすすめです。

高齢化社会に突入している日本では、介護業界の需要が極端に高まっています。

求人応募に対して実際に応募してくる介護職員は少なく、需要と供給のバランスが崩れていることが背景にあります。

このことから、介護業界はますます求人が伸びてくるでしょう。

シニア世代も例外ではなく、高齢者が高齢者を介護する時代に突入している日本で、今注目されているのが、介護業界のシニアの求人募集です。

正社員での募集のため各種保健も適用されており、安定した収入を得られます。

また、将来両親の介護に不安な人も、勉強の一環として就職するケースも増えており、今後も目が離せません。

まとめ

最後に、60歳を過ぎると人生やりきった感があり、達成感に満ち溢れる人も少なくありません。

しかし、動けるうちは仕事をしながら社会参加し続けることをおすすめします。

仕事をしていない高齢者の多くは、引きこもる傾向にあります。

精神的にも身体的にも病を抱える、もしくは悪化させる原因となってしまうため、今できることはすすんで行うようにしていきましょう。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。「生命保険の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。「商品開発の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なの


仕事に関するコラム

芸術に関わる仕事おすすめ5選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

「芸術」の仕事と聞くと、かっこいいイメージがあるかもしれません。誰でも出来ることではなく、専門的な勉強が必要な場合がほとんど。それでも中には、未経験でもやる気があれば出来る仕事もあります。芸術に関わる仕事には、具体的にどのようなものがあるのか、解説します。「芸術」に関わる仕事ってどんなものがあるの?「芸術」とは、文芸・絵画・音楽など、独特な表現様式によって美を創作することや表現する活動のことを意味します。芸術に関わる仕事は小説家やミュージシャン、カメラマン、ヘアメイクなど幅広いもの。会社勤務をしている人も多いですが、経験を積むとフリーで活動することもあります。自分の考えやメッセージを作品で表現

国家資格を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「国家資格を活かせる仕事」と聞いて、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。お医者さん?弁護士さん?一般人には手が届かないような職業ばかりのように感じる人も多いのではないかと思います。今回は国家資格とはそもそも何なのか、ごく普通の一般人にも取得できる国家資格はあるのかなどを解説していきます。国家資格と他の資格の違いとは?国家資格は、文字の通り国の法律に基づいて証明される資格のことです。また、国家資格の中にはいくつか種類がありますので簡単にご紹介します。一つは、「業務独占資格」というものです。例えば、お医者さんは「医師」資格が必須です。「私は医師です。」と名乗り、病院で医療行為をするには、この医師

仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?

仕事の期限が迫っているのに、眠くて作業が進まない……。集中しなければいけないのに、会議中どうしてもうとうとしてしまう……。なんてこと、大人になってからもありますよね。日中眠くなってしまう癖は学生の頃から、という人も中にはいるかもしれません。学生時代なら叱ってくれる先生がいましたが、会社にそんな優しい人はいないもの。うとうとを断ち切らなければ、手元には大量の仕事が残ります。そう、自分の力で自分自身に打ち勝たなければ、仕事は終わらないのです。今回は仕事中眠くなってしまうことに悩んでいる人のために、その原因や対処方法について解説いたします。仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?仕事中、突然

体力のない人向けの仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

体力のない人でもできる仕事というものは、一見なさそうに見えますが探してみるとそれほど多くはないですが見つけることができるでしょう。もともと体力があまりない人でも継続してできる仕事から、身体的なハンデから体力を必要としない仕事をお探しの方もいるかもしれません。そんな方々へ仕事を探すヒントになればと思います。体力がない人向けの仕事おすすめ7選体力を必要としない仕事と言っても、人それぞれ体力を使う行為というのは異なります。座って仕事する。立って仕事をする。ある程度仕事することはできるが長い時間働けないなどと様々です。その中の条件のいずれかに当てはまる仕事を紹介していきます。施設警備員警備員の仕事は比

職人気質の仕事おすすめ6選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

皆さんは職人気質と聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。なんとなく職人と付くだけでも、少し強面で、頑固で怖い印象が浮かんでしまう人もいるかもしれません。一見怖そうな印象が付くのには理由があるのだと思います。自分の持っているスキルや技術に自信を持っていて、一度受けた仕事はとことんやり抜く気概を感じたり、一見誰も気づかないような、細かい部分なども一切手を抜かずに完璧を求める。仕事に自信は持っているが、決して奢らず自分の力が最大限発揮できる仕事を選ぶ。自分が納得出来る案件だけを引き受ける。あげてみるだけでも職人気質の人は仕事に熱中し、任せておいたら安心だと言える、信頼を持ち合わせているようです。