長く働いていると「仕事辞めたいなぁ」と思うこと一度はありますよね。

辞める理由は前向きなものと後ろ向きなものとありますが、多くの場合は給与待遇面・人間関係がうまくいかないこと・仕事の向き不向きや量が不満など後ろ向きな理由が原因になっていることが多いと思われます。

また、前向きな理由であれば転職や仕事を辞めても問題は起きませんが、後ろ向きな理由で退職をしても次の職場でうまくいくかはわかりません。

今回は、辞めたいとき理由から仕事を辞めたいと思ったときに辞める前にやっておきたいことをお伝えします。

働くということは?

働くということは、一体どういうことなのでしょうか?

多くの人は企業に所属しサラリーをもらいながら働いているのではないでしょうか。

それはなんのためでしょうか?

お金?やりがい?社会との繋がり?

この問いには、働く人一人ひとりの解答がある難しい問いです。

この問いにたくさんの解答があるように、仕事を辞めたいと思う理由も人それぞれです。

次の章では仕事を辞める理由について考えていきましょう。

仕事を辞める理由は何が多い?

仕事を辞めたいと思う時は一体どんな時でしょうか?

人それぞれに理由はあるかと思いますが、その中でも多い理由について5つにまとめてみました。

労働時間が長い

一人当たりの業務量が非常に多く、毎日残業続きでプライベートな時間も取れない。

プライベートにも支障が生じ始めると、仕事へのやる気も削がれますしやる気があるにもかかわらず、体を壊し働けないという状況になってしまってもおかしくありません。

特に睡眠時間も確保できないほど残業や休日出勤が多いパターンや深夜帯のシフトや早朝帯のシフトなど様々な時間で働いていると体調を崩しやすいそうです。

辞めるという選択肢が出てくるのも必然といえます。

仕事内容が自分の適性に合ってない

現在の日本の新卒一括採用の制度だと、大学で学んできたことが今の自分の仕事とマッチングしている人はほぼいないと言われています。

学んできたこととのマッチングはしていなくても、向いている業務の方向性やスキルというのは何ヶ月か働いていると見えてくるものです。

そんな中で自分のやりたいことや目標が達成できるかどうかが分かってきます。

しかし、それがよくわからないままであったり、自分が理想とするキャリアプランが築けないと感じる人も多いようです。

給与が低い・仕事内容に対して給与があっていない

この理由は、よく聞く理由の一つだと思います。

自分が頑張って働いているのに賃金が上がらないと、仕事への評価が低いのではと感じてしまいますよね。

特にただ給与が低いだけではなく、業務に専門性が必要であったりかなりの量の業務をこなしているにも関わらず仕事内容に対して給与が見合っていない場合は特に強く感じると思います。

給与が低いと自分自身の生活環境も改善されません、モチベーションも上がらないことから給与が低いことを理由に仕事を辞めたいと思うようになってしまうようです。

職場の人間関係で悩んでいる

どんな環境でも100%満足な人間関係というのは難しいかもしれませんが、自分の中で許せるレベルとそうではないレベルというものが存在します。

無視や当てつけなど、わかりやすいいじめはきっぱりと退社の意を伝えられる人が多いと思いますが、新人が仕事を聞きにくるまで声をかけないと言ったような態度や引き継ぎをきちんとしないというようなパターンも存在します。

人により価値観はそれぞれですので、違和感を感じる人とそうでない人がいると思いますが、なるべく価値観の似た人のそばに居たいと思うのが人間の心理です。

その心理から辞めたいという気持ちにつながるようです。

社風や企業の経営の方向性と合わなかった

長く勤めていると、管理職に昇進したり大きなプロジェクトを任されたりして社内の経営事情が見えたり、今後の事業の方向性を感じる瞬間が増えていきます。

新入社員から若手の時は自分の業務で精一杯だったものが仕事に慣れ、仕事の視野を広く持てるようになることで現れてくる辞めたい理由と言えるでしょう。

特に社風や経営の方向性は一個人でどうにかできないことが多いため、辞めるという選択肢が出てきやすいようです。

仕事を辞めるのを決める前に考えておきたいこと

仕事を辞めたいと思う理由をまとめましたが、思い当たる節はありましたか?

しかし、本当に仕事を辞めてしまっていいのでしょうか?

本当に仕事を辞めてしまう前に考えておくべきことをみていきましょう。

仕事を辞める事で状況が改善するのか考えてみる

仕事を辞めたいと思うときに考えがちな、現状の不満について改めて考えてみましょう。

人間関係・給与に関する不満・仕事の適性が合わないなどの理由であれば、本当にあなたが仕事を辞めて別の会社にいく事で、その状況は改善するのでしょうか?

まずは一旦、自分の今の会社の中で改善できることがないのか、上司や先輩に相談してみるのも一つの手です。

社内の別の部署に異動希望を出してみる

悩みの渦中にいると、どうしても会社の外に出たいと考えがちですが、会社の中で他にやりたいことはないでしょうか?

特に辞めたい理由が、仕事の適性や仕事量の事であるならば、所属部署だとできない事でも社内の他の部署だったらできる場合もあります。

新規事業がやりたい、広報の仕事がしたいなど何かしらこの仕事がしたい!というものがあれば社内で異動希望を出してみるのもありです。

特に過去の社内での評価が高いのであれば、なおさらここで転職か異動かの交渉のカードを切ってみるのもありでしょう。

友人の話を聞いてみる

思い切って他社に勤めている友人に話を聞いてみましょう。

自分が置かれている状況が特殊なのかどうか給与や人間関係の質問などパターンを作って聞いみてみる事で、外から自分の置かれている状況の確認をしてみましょう。

意外と友人の会社より状況がいいということもあったりします。

一部分はよくなかったとしても他の部分が優れているということもあります。

その話を聞くことで本当に今所属している会社を辞めていいのかを判断してみても遅くはありません。

隣の芝生は青く見えがちなのが人間です。

客観的に自分の立場をみてみる事で冷静になれるでしょう。

転職エージェントに話を聞いてみる

会社を辞めようと思うと、まず動き出すのが転職サイトを覗く事だと思います。

転職サイトの活用と並行して試してみてもらいたいサービスが「転職エージェント」サービスです。

通常のサイトからの応募と違い、非公開情報や優良求人情報を持っているのです。

転職エージェントにプロフィールを登録する事で、自分自身の今までやってきた仕事に対してフィードバックや今後どの分野で活かせそうか相談に乗ってくれます。

その相談の中で、自分の今置かれている状況が、他の企業や業界を同じくする転職希望者と比較して、どういった立ち位置なのかをアドバイスしてくれます。

特に最近は無理に転職を勧めるのではなく、会社に残ってキャリアアップした方がいいというようなことをいってくれる転職エージェントも多いのだとか。

転職エージェントを利用する時は、こちらの記事を参考に!

過去の仕事を振り返ってみる

いろいろなことを試した上でそれでも辞めたいということであれば、過去の仕事を振り返ってみましょう。

そこにどんな思い出がありますか?

営業職の人であれば初めてお取引ができた日のこと、事務の仕事であればミスなく全てのフローを終えることができたこと、接客の仕事であれば自分が担当したお客様に褒めていただいた日のこと。

それを思い出してみて今の状況と何が違うか比較してみましょう。

きっと、多くの仕事ができるようになったからこそ次のステージを追い求めているし、様々な意見を持てるようになったからこそ社内の人間関係にイラついてしまうのかもしれません。

できることようになったことを棚卸しして、今の業務でさらに深掘りすれば自分にも会社にも利益になるようなことがないか探してみましょう。

何か状況を打破するヒントが見つかるかもしれません。

番外編!行き詰まった時の私のリフレッシュ方法とは?

仕事を辞めたい!

でも辞められない!

そんな時でもリフレッシュがしたい!

毎日の生活の中で取り入れられるものからスペシャルなケアまで5つご紹介いたします。

とにかくひたすら眠る

仕事が終わって帰宅してから、夕ご飯の支度や掃除や洗濯など日々の雑務に追われている人も多いはず。

今日はそんなこと全てほったらかして寝てしまいましょう。

洗濯物が一日分溜まっただけでは人は死にませんし、夕ご飯も作るのが面倒であればコンビニで買ってしまったり外食で済ませてしまってもいいでしょう。

とにかく寝る時間を確保し10時間ぐらい眠り続けてみましょう、翌日にはすっきりと目覚められ仕事へのやる気も復活してくるでしょう。

一日じゃ足りない場合は三日連続でやってみましょう。

すっきりすること間違いなしです。

山に登ってみる

日々の仕事が忙しいと土日はヘトヘトで、近所のスーパーまで外出するのが精一杯という方も多いのでは?

そんな人におすすめするのが登山です。

まず最初は低めの山でハイキングから初めてみてはいかがでしょうか?

前日におにぎりやチョコレートなどを準備しながら気持ちを盛り上げていき、登り切ったときの達成感は仕事で味わうものとは一味違う素晴らしいものですよ。

友人といくのがおすすめです。

交代浴してみる

自律神経に影響し、気持ちを安定させる作用があると言われている交代浴。

交代浴とは端的にまとめるとにいうと、冷たい水と熱いお湯を交互に浴びる入浴方法のことです。

やり方はいくつかありますが今回は自宅で簡単にできる方法をご紹介します。

まずはシャワーで約18℃の水をまずは足元にかけます。

そこから太ももお腹・背中と上半身に近づけていき首元にかけてください。

冷たい水に慣れてきたら、全身に水をかけるようにします。

そのあとに湯船に1分間浸かります。

これを何回か繰り返し、最後は水で終えるようにしましょう。

これにより体が非常に温まりポカポカ感がずっと続くんです。

血流が良くなっている感じがして気持ちよく、リラックス効果も感じられます。

映画やドラマを見て涙を流す

泣くことによってストレス物質が排出できたり、苦痛の緩和がされるという研究結果もあるそうです。

ストレスで行き詰まってしまったら、映画やドラマを見ながらわんわんと泣いてしまいましょう。

仕事のことを思い浮かべるとムカーッとしてしまうこともあるかもしれませんがその感情は一旦置いておき、映画やドラマに感情を重ね合わせる事で自然と涙が出てくるものです。

ストレス発散のために自分だけの映画ドラマリストを作っておくのもいいでしょう。

LIVEや野外フェス、カラオケで大声で歌う

泣くことと同様に大きな声を出すことでストレスを発散している人も多いのではないでしょうか。

自律神経失調症の治療にも一部使われているという「大声をだす」というストレス発散方法。

さすがに一人でいる部屋で大声で叫ぶのは気が引けるかと思いますので、野外フェスやLIVEで大声で歌ってみてはいかがでしょうか?

そんな暇もお金もない…という方には手軽に一人でカラオケにいって思いっきり好きな歌ばっかり歌うことをおすすめします。

友人といくとつい周りを気にしてしまいますので、ぜひ一人でカラオケにいってみてください、すっきりしますよ!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

辞めたいと思う理由5つと辞める前に考えるべきことをまとめましたがいかがでしたでしょうか。

働いていると必ず打つかる壁といっても過言ではない「辞めたい」という気持ち。

その気持ちの整理の仕方や、ストレスの発散方法は人それぞれですが一番大切なことは自分自身としっかりと向き合うことだと思います。

自分自身と向き合うために、信頼できる先輩や友人、転職エージェントと話をしてみることで外からみた会社の立ち位置や自分の立ち位置をしっかりと見極めることができます。

向き合ってみた結果、一度入社した縁あった会社ですがどうにも改善が難しい場合は、転職をするのも判断としては間違ってはいません。

今の会社でも、転職先の会社でも自分が自信を持って間違っていなかったと判断できる軸を自分の中で持つことが不満を持たない第一歩になるでしょう。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご