今働く気力が沸いてこないという人だったり、働かないという人は多い世の中になっています。

働かない人が増えるということは、企業では人材不足が大きな問題となりつつあります。

ではなぜ働かない人が増えているのでしょうか。

その背景には、働く気力がないというのも一つの理由となっています。

ここでは、そんな働く気力がないという人が何故働く気力が沸いてこないのかについて述べていこうと思います。

このテーマに該当する人もそうでない人も、いつ誰が何をきっかけにこのような状態に陥るか分かりませんから是非とも参考にしていただければ幸いです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

働く気力がない時ってどんな状態?

では働く気力がない その理由や心理状態などはどういう状態なのでしょう。

人は早ければ高校生のアルバイトから社会で働くようになるわけで、社会人になってからは働くのが当たり前になっているのが普通なんだと思います。

学校の代わりに仕事に行くようなもので、生きていくためにはお金が必要になりますし、そのお金を得るためには働くしかないわけですから。

では何故働く気力がないのか、それをこれからご紹介していきましょう。

無気力な状態

当然ながら無気力な状態と言うのは、働く気力も出てきません。

この時は働く事以外にもすべての事に対して気力が沸いてこないです。

この無気力な状態は様々な要因から陥ります。

例えば夏バテや疲労などです。

夏バテも経験ある人はわかると思いますが、体がダルくて何もしたくない気持ちになったり、体から力が沸いてこないということはあります。

疲労も多く蓄積されると体が重くなったり活力が沸いてこなかったりします。

また家でゴロゴロしてばかりいるだけでも無気力な状態になることがあります。

家はのんびりできて快適で、居心地がいいだけにそこに長居することでヤル気などもなくなってしまうので注意が必要です。

働く意味が見つからない

働く気力がない理由として一番多いのがこれになるかもしれません。

そもそも働く意味とはなんでしょう。

働くことに意味なんてあるのでしょうか。

働かないといけないから働く、お金を得るために働くというのが働く意味だと思いますし、働かなくても一生困らずに生きていけるのだとしたら一体どれだけの人が働かなくなることでしょう。

働く意味が見つからないという人は、それ以外の事を探そうとするから分からなくなってしまうのです。

やりがいや、好き嫌い、楽しさなど仕事に対して色々な事を求めるがために意味を見失うのです。

またやりがいなどを働く意味にしても、そのやりがいがなくなったら働く意味も失うことになってしまうのです。

働く意味がお金であれば働いている限りはお金を得られるわけで、意味を見失うこともないのです。

もし、働く意味を見失ってしまったら、こちらで相談してみると良いでしょう。

働く意味が見つからない時は、こちらの記事を参考に!

面倒くさい

続いて働く気力がない時の状態は面倒くさい時です。

人間誰しも面倒くさいと思うことはあります。

どんなに好きなことでも今日は面倒くさいと思うことがあるのと同様に仕事にしても面倒くさいと思うことはあります。

当然面倒くさいと思うと働く気力がなくなったりもします。

また仕事では面倒くさいと思う場面は多くあります。

仕事を任されたとき、仕事に取りかかるとき、残業をしないといけないときなど思う人は毎日面倒くさいと思っているかもしれません。

この面倒くさいという気持ちが強くなればなるほど、働く気力が出てこなくなったりしてしまうのです。

また面倒くさいが口癖になっている人も稀にいますが、面倒くさいと言葉にしても思っても同様に働く気力がなくなる原因です。

ネガティブな思考はよりネガティブな結果を生むようにポジティブな思考を持つことが大事かもしれません。

精神的疾患を抱えている

働く気力がない時に様々な理由がありますが精神的疾患を抱えている場合は少し別です。

精神的疾患とはいわゆる鬱状態ですね。

この鬱状態に気付かず何故か働く気力がないと感じている人も多いと思います。

よく心療内科に行けば誰だって鬱状態と診断されるなんて言いますがそんな事はありません。

また働く気力がないというのは鬱状態でも初期の頃や症状が軽度の時に多いのが特徴です。

この場合は無理に働こう働こうとしても症状は悪化していくばかりですから、仕事の事を一度忘れて生活をすることが必要かもしれません。

また働く気力がないと言うことは仕事によって鬱状態になった可能性も高く、仕事に真面目で繊細な方が陥りやすいです。

疲れた

仕事などによる疲労が多く、疲れたと感じるときも働く気力が出てこない原因です。

疲れているときは誰でも気力がないのは普通だと思います。

疲れは色々ところから来ます。

例えば気候や通勤、人間関係など様々です。

また疲れというと肉体疲労を想像しがちですが、ストレスによる精神疲労もあるのです。

今の社会では肉体疲労よりも精神疲労のほうが多いかもしれませんね。

先程の例えにだしたものは全て精神疲労に繋がります。

それに気力が出ない時は精神疲労の時が大きくいかにストレスと上手に向き合っていくかが大事になってくるでしょう。

甘えている

働く気力が出ない時、甘えていることが多いです。

この甘えというのは自分に対しての甘えもあるでしょうが、最悪働かなくても大丈夫という環境に対する甘えです。

この甘えがあるとちょっと嫌なことがあって働きたくないと思ったときすぐに気力がなくなってしまいます。

一般的に気力がなくなるとその事に対して向き合わなかったり、放棄したりします。

そうすることができる環境にいることが甘えであり、気力が出ない原因でもあるのです。

退路があれば人は真剣さが欠けたりしますから、もし甘えがあるのであれば退路を断つことをオススメします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

働く気力がない時にやる気を出す方法とは?

働く気力がない時も仕事をしなければいけないときというのはあります。

気力が出ないからと休んだり辞めたりしていては仕事は続きませんし、嫌でもやらなければいけないときは絶対にあるのです。

そんな時に気力を出すにはどうしたらいいのかと考えることでしょう。

ですからこれからは気力を出す方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

外に出る

まずは外に出ることです。

気力が出ないときはおおよそ気分が沈んでいることが多いです。

そんな時に家で引きこもっていても何も解決することがなく、むしろ悪化してしまう原因になるのです。

人間は日光を浴びないと気持ちも落ちてしまったり、気分が憂鬱になりやすいのです。

また家にいるとどうしても内向的になりやすく、尚更気力が出てこなくなってしまいます。

それを防ぐためにも特別用事がなくても外に出ることをオススメします。

外に出ることで気持ちも上がりますし、何気ない発見や気付きを得られるかもしれません。

好きなことに没頭してみる

働く気力が出ないときは、自分の好きなことに没頭してみるというのも一つの方法です。

仕事のことは一度忘れて、自分が夢中になれるものに時間を使うことによって心身ともに大きなリフレッシュができますし、それによってまた新しい気持ちで仕事に取り組むこともできるでしょう。

また好きなことをするために今日仕事を頑張ると思えば自然と気力も出てくるようになりますし、仕事を頑張ったあとの好きなことはまた格段と楽しいでしょう。

好きなことは本当に何でもいいと思います。

趣味でも飲食でも欲しいものを買うでも楽しみが一つあるかないかだけでも気持ちは大きく違います。

好きなことに没頭してみてやる気が出てきたら、こちらから仕事をいくつか提案して貰うと良いでしょう。

規則正しい生活をする

不規則な生活をしているとそれだけで働く気力がでなかったりします。

夜更かしをして日中まで寝ていたり、決まった時間に起きなかったりすると体内時計も狂ってきますし、寝すぎることでダルさが生じたりもします。

また起きている間もダラダラと過ごしている場合は尚更無気力になっていきますし、疲労感を感じることがないため夜も寝れずにまた夜更かしをする悪循環にまってしまいます。

働く気力がないにしても、毎日朝決まった時間に起きて部屋の掃除や軽い運動などをして、規則正しい生活を送るだけで夜もぐっすり寝ることができますし、次第に活力も沸いてきますから働く気力が出ないという場合には、生活を見直すところから始めてみてはいかがでしょう。

自分を否定しない

働く気力が出ない人の中には自分をダメだと否定してしまう人もいます。

例えば、仕事が思うように進められなくて自分を仕事ができないダメな奴だ等と言うように。

自分を自分で否定することで気持ちの面でも大きく沈んでしまいますし、そう思い込むことで精神的疾患にも繋がりかねないのです。

その結果働きたくないとか気力が出ないといった状態になってしまうのです。

自分で自分を誉めるというのは難しいかもしれませんが、否定するよりはいい結果をもたらしますし、自分を肯定するというのは気持ちは少し楽になったりもします。

また、仕事が思うように進められなくて否定的になってしまうのであれば、どうしたら思うように進められるのかを考えて取り組むことで見え方というのはかなり変わってきます。

自分の人生について考えてみる

働く気力が出ないとき自分の人生について少し考えてみるのもいいかもしれません。

よほどの大金持ちでもない限り私達は働かなくてはいけません。

どうしたって働かなくては生きていけないのです。

同じ働くにしても目的や目標を持って働いた方が楽しいに決まっていますよね。

毎日働く気力でないなーとぼやきながらダラダラ働くよりも、今日も目標のために自分の人生を少しでも向上させるために働くぞと気合いを入れて働いたほうが楽しいですよね。

また企業にとっても後者のほうが人材として助かりますし、必然と周りも協力的になってくれたりします。

自分の人生が今の延長線上だと考えたら、前者よりも後者のほうが明るい人生になっているであろうことは想像ができますよね。

そう思うと働く気力が出ないと嘆くよりも自分を奮起させて頑張ろうという気持ちになるはずです。

ゴールを決める

気力がなくなる原因の一つにゴールが見えないということもあります。

ランニングをしたことのある人は分かるかと思いますが、ゴール設定をしないで走ると割りと早く飽きてきたり、気力も下がってくるという経験がないでしょうか。

人はゴールが見えないと不安になりますし、どこまで頑張っていいか分からなくなったりします。

その精神状態では気力がなくなってしまうことはよくありますから、小さなゴールを作ってあげるということが大事になってきます。

例えば、期限を決めてそれまでにノルマを達成するというゴール等です。

最初はできるだけ小さな簡単なゴールから設定することをオススメします。

いきなり遠すぎるゴールではゴールがあってないようなものですから、またすぐに気力をなくしてしまいます。

本気で今の自分を怒ってもらう

私達は大人になるにつれて怒られるということが少なくなっていきますよね。

また怒られたとしても理不尽な言い分だったり、親身になって怒ってくれるなんてことはありません。

ですがこの本気で怒ってもらうというのはとても大事で、自分を正してくれたり、新しい気付きなどを与えてくれたりといい影響をくれるものなのです。

何故働く気力が出ないのか、現状の把握と将来の人生について本気で怒ってもらうことで自分の人生観だったり考え方なども大きく変わるきっかけとなるのです。

両親でもいいと思いますし、学生時代の恩師でもいいと思うんです。

人生経験豊富な人からの意見、客観的な意見はとても大事ですし、それを聞くことで初めて気づくこと見えてくることも多くありますから、是非とも一度怒られてみてください。

在宅でできる仕事をしてみる

会社に通勤することや、人と関わることが嫌でやる気が出ない人は在宅でできる仕事をしてみてはいかがでしょうか。

自宅で仕事が出来るので自分のペースで仕事をすることができます。

今では正社員や契約社員として、在宅で働ける仕事があるので安心して働くことができます。

もし、在宅の仕事の興味を持った人は、こちらから在宅でできる仕事を出して貰うと良いでしょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで働く気力が出ない原因やその対処法などをご紹介してきましたが、少しでも参考になるものはあったでしょうか。

働いていれば誰でもしんどい思いをしたり、仕事行きたくないって思ったりすることはあります。

ですがそれを乗り越えることで少しずつ仕事ができるようになっていったり、仕事の楽しさだったりを味わうことができるのです。

働く気力が出ないからと逃げることは簡単ですが、逃げた先によい結果は待っていないものです。

時には我慢や忍耐も必要だと自分を奮起させることができれば働く大人として立派なんだと思います。

そのためにもここで紹介したことを少しでも参考にしていただければと思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →