アルバイトを始めて仕事にも慣れて、自分にあった職場だったり楽しい職場だとなかなか辞めるタイミングがなかったりします。

けれども、引越しや就職活動、何かの理由でアルバイトを辞めないといけない時がきます。

辞めるってただ言うだけなのですが、これがなかなか難しかったりします。

しかも、円満に退職するならある程度の余裕を持って辞めることを伝えないといけません。

辞めた後の人材確保や教育や引き継ぎなどがあるため、お世話になった職場と思うなら、なおさら余裕を持った日程で退職の旨を伝えないと周りに迷惑がかかってしまいます。

それでも、なかなかアルバイトを始めることより辞めることの方がハードルが高く、精神的に辛いと感じる人も少なくありません。

それはどうしてなのでしょうか?

今回は、バイトを辞められない理由をまとめてみたのと、辞めたくても辞められない時の対処法について紹介します。

バイト辞めたいけど辞めれない7個の理由とは?

アルバイトを始めてもいつかは辞めるときがきます。

就職活動であったり、私事であったり、何か職場に対しての不満があり、改善されなかったりなど、辞めたいと思う理由は様々です。

ただ、「辞めます」って伝えるだけですけど、なかなか「辞めます」と伝えるのは難しいです。

言葉だけだと簡単ですが、色々な理由があり、なかなか辞めるにも勇気が入ります。

ここでは辞めるにあたり、バイトを辞めたいけどなかなか辞めれない理由を7つほど紹介します。

人手が足りていない

色々な職場で問題となっているのですが、人手不足だとなかなか辞めると言い出せません。

経験者の自分が辞めることで、新たに雇ってまた教育して育てないといけない手間が店にあるとなると、なかなか辞めると伝えづらい状況になります。

人手が足りていないと言っても、忙しくて人手が足りていないタイプと少人数精鋭でお店を切り盛りするので、一人でもかけたら人手が足りなくなるタイプなど人手不足のタイプも様々なですが、後者の少人数精鋭タイプの人手不足が一番辞めると伝える際に、辞めたくてもなかなか辞めると言い出せない、言い出しにくいパターンです。

頼りにされている

アルバイトリーダーであったり、経験が長く、社員や店長などから信頼されていると信頼が厚くなり、色々な仕事を任せてもらえたり、色々なチャンスをもらえたりします。

ただし、その反面、替えが効かないからと言って休むと周りが大変だったり、辞めると言ってもなかなか渋られる時があります。

頼りにされているということは、その職場で必要とされていることなので悪いことではないのですが、辞めようと思ってもなかなか辞めづらい雰囲気になるとズルズルアルバイトを続けざるを得なくなってしまうため、言い出すタイミングが難しかったりします。

残される人への負担に対しての罪悪感

アルバイトや仕事を辞めることは当然の権利なのでちゃんとした理由なら辞めても法律上、問題はありません。

ただ、よくあるのが人手不足だとわかっていてもどうしても何かの都合で退職しないといけないけど、自分が辞めるまでに人材確保できるかわからない、人材が育つかわからないなどの理由で残った人に罪悪感を感じてしまうことがあります。

ただ、こちらはどうしても辞めないといけない、けど、人が足りない、育たないというジレンマに苛まれて悩んでしまう人もいますし、少しずつ期間を延ばしてズルズルと自分で抱え込んでしまう人もいます。

お世話になった恩がある

アルバイトとして雇ってもらって色々とお世話になったので恩義を感じ、職場の環境や状況を知っているだけになかなか辞めると伝えづらいという事もあります。

確かに雇ってもらった恩、お世話になった恩を感じてお店のために何か恩返しをすることは大切なことですし、悪いことではありません。

ただ、自分がどうしても辞めないといけない状況下にあるとお店のために、お世話になった恩があるからと無理して頑張るとそのしわ寄せは自分に来てしまいます。

それでもお世話になった恩のために頑張りすぎてしまい、ますます辞めづらくなってしまいます。

辞めると伝えたが引き留められて断りづらかった

バイトを辞めようと思ったり、辞めるとなった場合、まずは店長やその場所の責任者に辞める旨を伝えます。

しかし、人材が不足しているようなお店や職場だったりすると、なかなか辞めることに対して快諾してくれるところは少なく、渋られたり、辞める日の延長をお願いされたり、辞めること自体を考え直して欲しいと逆に要望を受けたりします。

続けて問題ない時は引き受けてもいいですが、どうしても辞めないといけない場合は、きっぱりと断るしかありません。

ただ、お世話になっている店長や仲が良い仲間などから引き留められると、心が揺らいできっぱりと断ることができなくなり、辞めづらくなってしまいます。

店長や職場の責任者が怖くて言い出せない

これもよくあるケースですが、店長や職場の責任者が怖くて辞めるといえない事もあります。

ブラック企業だったり、激務の会社だと周りが妙に暗黙の了解で全てを受け入れていたり、ただただ作業をこなすだけだからそもそもコミュニケーションがないなんて時にはこういった店長が怖くて言い出せない、責任者に怒られるのが嫌で辞めるといえないケースがあります。

辞めると伝えるのがめんどくさい

アルバイトを辞めたい、辞めなければならない時に辞めると伝えて嫌な顔されたらどうしようとか、怒られたらどうしようとか引き留められたらどうしようとかネガティブに考え込んでしまい、辞めると伝えること自体が億劫になり、バックレようかと考える人も実は少なくありません。

仕事を始めるより辞める時の方がハードルは高いのでなかなか辞めると言いたいけど、言い出せないとなると伝えること自体がめんどくさくなり、最終的には開き直って続けるか終わりが決まっているなら、ズルズルと言わずに放置していてギリギリになって急に伝えるなんてケースもあります。

バイトを辞めたいけど辞めれない時の対処方法とは?

基本的にアルバイトや正社員の仕事など職種等に関わらず、法律上は退職する日から遡って2週間前までに辞める意思を伝えたら辞めることができます。

人手不足の職場環境やお店に対しての恩や状況を考えて、1ヵ月前に伝えたりするケースもあります。

いずれにせよ、雇用されている側が辞める意思を示したら拒否することはできません。

しかし、そんな法律があるにも関わらず、辞めることを受け入れなかったり、引き留めたり、辞めること自体を拒否したりされるケースがあります。

バイトを辞めたいけど辞めれない、辞めることを拒否されたなどの場合、どういった対処方法で辞めればいいのかについて紹介していきます。

退職届の郵送

辞める旨をお店や職場に伝えたけど、受け入れてもらえない、はぐらかされて相手にしてもらえないなど辞める意思を伝えたのに辞めさせてもらえない場合は、郵送することをおすすめします。

郵送といっても「内容証明郵便」か「配達証明」の配達記録が残る郵送がベストです。

辞めるという意思を受け入れてもらえないなら郵送で記録に残すことで辞める意思を示しただけでなく、辞める意思を示した日付まで記録されるため、口頭で伝えてもなかなか受け入れてくれない場合は効果的な方法と言えます。

親などの第三者に相談もしくは介入してもらう

辞めたいと伝えたのにはぐらかされたり、受け入れてもらえなかった時の対処法としては親などの第三者に相談したり、最悪の場合は、介入してもらうのも一つの手です。

相手が口達者で言いくるめられてしまう場合や、雰囲気に圧倒されてなかなかノーと言えないような環境下では、自分一人だけで話を続けるのは不利なため、第三者である親などに相談してどう話を進めていくか相談したり、最悪の場合は、介入してもらい、辞める意思を伝える事も方法です。

第三者が介入することでお店や職場が下手なことをすると自分たちが不利になってしまい、お店や職場に別の害を及ぼす可能性があるため、自分だけで話して埒が明かない場合は、第三者を使うのも対処法です。

本部に掛け合う

店長や職場の責任者が話を取り合ってくれなかったり、はぐらかされてしまう場合は、本部や本社に直接退職届を提出したり、人事か総務部に掛け合うのも手段です。

人事や総務部の場合は、労働基準法を遵守するように努めるのが仕事のため、下手なことはできませんし、辞める意思を拒否することはできません。

店長や職場の責任者に頑張って伝えようとしたが受け入れてもらえなかった、拒否されたなどの場合は、本部や本社へ直接掛け合って辞めたい意思を伝えておくことをおすすめします。

法的手段に出る

最終手段としては法的手段として法律専門家に間に入って話をしてもらうしかありません。

ブラック企業などは、たまに店長や責任者が辞めることを悪として罵倒したり非難して、精神的に追い詰めて辞めさせないなんてケースがありましたが、そうなると辞めたいのに辞めれなくなりますし、次が決まっていたら先に進みません。

その場合は、法律専門家に間に入ってもらい、法的に処理していくのがベストです。

そういうケースの場合は、話し合いをしたところであまり意味をなしませんし、こちらの精神的負担が大きくなるため、費用がかかりますが、専門家に処理してもらえばさっと終わらすことができます。

強硬手段に出る

もう一つの最終手段としては、いつ辞めるか具体的な日にちを言い、それを受け入れてもらえなかったらその日までしか働かないことです。

口頭で伝えるだけでは証拠が残りませんので紙面に辞める日付を記載し、受け入れてもらえなくても辞める意思を伝えた証拠を残して、その日以降は欠勤することです。

法的手段に出るのと同じで強硬手段に出るとお店や職場と揉める可能性があり、精神的に負担があったりしますが、辞めさせてもらえない時の最終手段で使うのは有効です。

労働相談窓口や労働基準監督署に相談する

法的手段と似ていますが、辞めると伝えたのになかなか辞めさせてもらえないなら、各都道府県にある労働相談窓口か労働基準監督署に相談するのも対処法の一つです。

専門家からお店や職場が何か言われるとノーとはなかなか言えません。

ましてやブラック企業と疑われると、他にも害が発生して責任者としては辛い立場に立たされてしまいます。

そのため、辞めると伝えても認めてもらえなかった、受け入れてもらえなかったから書面で退職届を出したにも関わらず、見てない、それでもまだ受け入れてないなど一人では手強くて前に進めないのであれば、専門家がいる各都道府県の労働相談窓口もしくは労働基準監督署に相談してみましょう。

まとめ

職場を円満に辞めれることが一番いいことですし、誰もが円満に退職したいと思っていることでしょう。

しかし、中には辞めることを認めてもらえなかったり、拒否されたりして一筋縄ではいかないケースもあります。

最終的には円満に退職したいために頑張って最初は話し合いをするもののなかなか相手が折れず、こちらが精神的に疲労や負担が大きくなったり、次が決まっていると辞められないことへの焦りがあったりして精神的によくありません。

長く働いたバイト先だと愛着があったり、残される職場の仲間のことなどを考えてしまうのですが、辞めなければいけない理由が明確なのであれば留まる意味はありませんし、雇用されてる側といえど、辞めるという権利はあるため、ズルズルと続けてしまうことはよくありません。

また、稀にオーナーや店長、職場の責任者などから「辞めるなら損害賠償を請求するぞ」と言われる事もあります。

ただ、こちら側がきちんとルールに則って退職の旨を伝えて退職するならオーナーや店長、職場の責任者に損害賠償を請求する権利はありませんし、実際に損害賠償を請求することはまずありません。

それは、裁判にかかる費用や手間を考えると人手不足のお店や職場で働くオーナーや店長、職場の責任者にそこまでの時間の余裕がないからです。

裁判はかなり手間のかかることなのでそこまでの手段を取られたケースはありません。

辞めたいと思ったら、辞めたい理由は何か明確化し、ルールに則って伝えることで法律上は辞めることができます。

もし、辞めると伝えて拒否されたり、渋られたりしたらこの記事を参考に対処法を試してみて下さい。