人間できれば忙しすぎるよりは暇なくらいがちょうど良いと思いますよね。

それは仕事でも同じです。

世の中の忙しい人からしたら「仕事が暇」なんて言葉とんでもない!と感じることでしょう。

しかし、世の中には「暇でどうしたらよいのかわからない」という人もいます。

仕事中というののは暇すぎても時間が経つのが遅く感じて苦痛なものです。

忙しい人からしたら羨ましいと感じる仕事が暇な状況。

そんな状況になった時、実際どうしたら良いのでしょうか。

今回の記事ではそんな暇な状況を打破する方法についてご紹介していきます。

仕事が暇!と感じるのはどんな時?

1. 接客などで客数が少ない

接客業の「暇」と感じる定番は客数が少ない時間帯です。

お店に買い物に行った際に暇そうにして、おしゃべりしている店員さんを見たことある方もいるのではないでしょうか。

接客業の暇な時間の対応は難しそうですね。

ただし、上で挙げた例は一般的に見たら悪例です。

2. 警備や監視の仕事

警備や監視の仕事は「何か」が起きないように見守り、「何か」が起きた時は対応します。

ただ、「何か」はそうそう頻繁に起こることはありません。

そうすると何もない時はやはり「暇」と感じることが多いかもしれません。

もちろん監視をしているため、暇ではないのかもしれませんが、体を動かさない分時間が経つのが遅く感じてしまいそうですね。

3. 単純作業の連続

単純作業の連続も警備や監視の仕事と同じく、時間が経つのが遅く感じてしまう仕事の一つですね。

作業がある時は「暇」ではないのでしょうけれども、ずっと同じ作業の繰り返しのため色々考える時間が増えるのは「暇」と感じてしまいそうです。

どちらかというと時間的に暇、というわけではなく、精神的に暇と感じてしまう部類の仕事ではないでしょうか。

4. 忙しい時と暇な時の差が激しい

どんな仕事でもありますが、1日の中で決まった時間までに完了させなくてはならない業務がある職場は、忙しい時と暇な時の差が激しくなります。

差が激しいと暇と感じてしまう時は余計に苦痛に感じます。

また、暇な時間が続いた後の忙しい時間は倍忙しく感じてしまいますね。

筆者も同じような状況を経験したことがありますが、差が激しいことで体力的にも精神的にもきついと感じてしまうのです。

5.そもそもの業務がない

会社には繁忙期・通常期・閑散期があります。

一番ベストなのは通常期ですよね。

適度にお仕事があって、忙しくないので焦ってやる必要もないからです。

繁忙期になりますと、職場の人数で対応しきれない量の仕事が舞い込んできます。

ただ、その山をすぎると急に業務量が減ることがあります。

その時に訪れるのが閑散期といって、職場のメンバーで仕事の取り合いになるレベルです。

ただし、休むわけにもいきませんので出勤するものの、やることがない時間が増えると思います。

そういった時に「仕事が暇!」と感じる状況が訪れます。

そんなときの対処法4個

1. 接客数が少ないときの対処法

接客業といっても種類は様々ですが、どの接客業にも共通するものをいくつかご紹介します。

  • 普段の閉店作業の時にできない場所の整頓
  • 商品のポップなどを作成
  • 集客方法、目立つ販売方法など店舗経営の戦略を考える

基本的には顧客対応に関係があまりない部分の業務を行います。

元々接客中に行わなくても良いけれども、忙しいとできないが閉店後だと残業になってしまう。

時間内で仕事を終わらせて帰るためには接客の合間の隙間時間を使ってできる仕事を行うのも、業務効率を上げるタイミングですね。

2. 警備や監視の仕事での対処法

周囲に暇を潰せるような道具等がない業務がほとんどだと思います。

かといって、携帯や本を見ているわけにはいきませんのでどう活用するかは難しいです。

ただ、監視をしている最中に気づいたことをメモする時間等はあるかと思います。

思いついたこと、見ていて気づいたことをメモにしてみるのはどうでしょうか。

あとでまとめてその場の環境改善に役立てるための進言に使えそうですね。

3. 単純作業の連続のときの対処法

複数の人との業務が多いかと思いますので、一人だけ別のことを行うわけにはいかないのが単純作業の辛いところです。

必要最低限のもの以外持ち込み禁止のところもあるかもしれませんので、警備系の業務のようにメモ、というわけにはいかないかもしれません。

できることといえば、動かせる部位のストレッチをする。

意外と良い運動になってストレスも解消するかもしれません!

マシンオペレーターとして時々チェックするだけの仕事で暇、と感じる場合はマニュアルを改めて読んだり、作業内で気づいたことを書き留めておいて業務改善に利用するのも一つの手です。

4. 忙しい時と暇な時の差が激しい場合の対処法

忙しい時間にしかできない業務がほとんどだと思いますが、その業務を効率的に行うための準備をすることはできます。

暇な時間を有効活用するには、忙しい時に動きやすいように導線を確認し、スムーズに動けるような環境づくりをすることも重要です。

例えばメモ用紙を作っておくとか、スムーズにツールが取れるように配置を考えること。

PCの保存フォルダの整理やフォルダ名の変更など、時間に余裕があるときに行っておくと、後から必要な情報を探し出しやすくなります。

また、自分自身だけでなく、職場全体として何か準備しておけることが無いかどうか、先回りして確認しておくことも役立つはずです

忙しさは解消されないとは思いますが、やりやすい環境にするための時間と割り切って動けば暇と感じることもなくなるかもしれません。

暇だと言われている仕事6個と仕事内容

暇だと言われている仕事はどんなものがあるのでしょうか?

「暇」というと語弊があるかもしれませんが、忙しくなくマイペースでできる仕事と考えたらとても良い条件ですね。

この記事では6つの職種をピックアップしてご紹介します。

施設警備

施設警備のお仕事をざっと紹介すると、入館者のモニターチェック、現場での来訪者チェック、館内に異常がないかチェックなど。

意外と確認しなければならないことが多いので、「すごく暇」というわけではなさそうです。

ただ、異常事態が発生した時以外はゆったりと仕事をすることはできそうです。

施設警備の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

ビルメンテナンス

その名の通り、建物の管理をするお仕事です。

館内の備品の整理や配管関係の整理などビルの調子が悪いところがないか、危険な場所がないかをチェックする大事なお仕事です。

広い館内だと特にチェックして回らなければならないところは多いので、思っているよりは暇ではないとは思います。

ただ、隙間の時間は館内利用者からの依頼がない限りは暇になることは多そうです。

マンション管理人

自己管理での管理人か、管理会社への委託かによって変わってきますね。

自己管理の場合は入居者からの苦情処理や清掃の手配、入居者管理、事務処理などやることはたくさんあります。

ただ、普段から忙しいわけではないので待つ時間も多そうですね。

工場内軽作業

基本的には一つの作業をひたすら繰り返す業務がほとんどです。

暇と言われているかもしれませんが、実際は同じ作業を繰り返すため手は意外と暇ではないのですよね。

軽作業の良いところは慣れるとスムーズにできるようになるのが早いところです。

そうなった時に「暇」と感じてしまうものは多いかもしれません。

また、マシンオペレーターとして行う軽作業は監視するだけで手を動かすことはあまりない場合があります。

この場合は手を動かす作業よりも暇と感じることはあるかもしれませんね。

受付

大きな会社に行くと、エントランスに専任の受付がいますよね。

この受付の担当者は基本的には来訪者の対応がほとんどです。

会社によっては遺失物の管理や入管管理などを行う場合もあります。

受付デスクで別の作業をするわけにはいきませんので、できる業務も限られてきます。

会社の顔になる部分ですので、大事な職務ではありますが、忙しく仕事をしたい人にとっては暇と感じてしまうかもしれませんね。

事務

事務とに言ってもかなり色々とありますが、暇になる時間がある業種の事務もあるようです。

業種によっては繁忙期と閑散期がありますが、繁忙期はほんの一瞬で、すぐに閑散期になるということもあります。

部署にもよりますが、一般的な事務部門では、閑散期は何をしたら良いのかわからない、という人もいるそうです。

仕事内容としては、電話の取り次ぎ、備品の管理、書類の整理、入力業務など色々あります。

繁忙期と閑散期での仕事量が異なる場合には、閑散期には暇な時間が発生するということは、ほかの職種にもあることですね。

暇な仕事に就くメリットとは?

仕事に対する価値観は人それぞれだと思います。

では暇な仕事にあえて就きたいと思う人にとってのメリットはどういうものでしょうか。

ここでは4つのメリットについて触れていきます。

焦らずに仕事ができる

世の中には忙しすぎてストレスを溜める人がたくさんいます。

また、焦って仕事をすることになるとミスが増えるというデメリットもあります。

そういったことの積み重ねで心に余裕がなくなってしまい、プライベートでもギスギスしてしまう、ということが増えてきます。

そう考えると「焦らずにできる」ということはゆとりある生活を送る上でとても重要なポイントになってきます。

今まで忙しい仕事をしてきた人にとっては「暇な時間がある」という仕事は心に余裕が生まれるきっかけとなるため、あえて選ぶことにメリットを感じることもあるのではないでしょうか。

プライベートに時間を使うことができる

一般的に「暇」と言われているような仕事の場合、残業があることはほとんどありません。

趣味に時間を使いたい方にとっては残業がないのはとても大きなメリットですね!

仕事に求めることは割り切って「給料をもらうため」と思える人ほど、趣味で充実している人が多いのです。

「仕事命!」という人には信じられないかもしれませんが、このプライベートを充実させるというのは人生においてはすごく必要になってくると思います。

また、仕事とプライベートを両立させるにはとてもパワーが必要です。

若い頃であれば両方でも大丈夫な人が多かったかと思いますが、年を重ねてくると両立というのはとても厳しいものです。

したがって、どちらかを選ぶ必要はどこかで必ず出てきます。

その時に、プライベートを充実させたいのであれば楽な仕事に就くメリットはとても大きいものとなります。

身体への負担がないため長く続けられる

暇な時間がある仕事ちうのは、仕事をバリバリやりたい人にとっては逆に辛い仕事かもしれません。

ですが、仕事はそこそこに、ゆとりのある生活と趣味を楽しみたいという方にとってはとても良い環境なのではないかと思います。

その場合、やはり身体への負担も少ないため長く続けようと思えば続けられるのが最大のメリットです。

仕事は生活するためにある程度の年齢までは続けなくてはなりません。

その時にどういう仕事なら続けられるのかを考えてみた時、どんな仕事が出てくるでしょうか?

年を取っても続けられる方と考えたらゆとりがある仕事の方を選びますね。

暇な時間がある、ということは頭を使うスピードも緩みます。

この時に精神状態が落ち着いてくればまた次の作業にも気持ちの切り替えができそうですね。

また、動きも忙しくないというのもありますし、自分のペースで仕事ができるのであれば体力の調整もしやすくなります。

長い目で見て、激務な仕事と暇な時間の多い仕事、どちらを生涯の仕事にしていけるかと言われたら、筆者は後者だと思っています。

業務時間内を自分の時間として使える

通常であれば、勤務中に仕事以外の作業を行うことを推奨している会社はあまり多くないかもしれません。

職場にもよるので、なんとも言えませんが、読書やインターネットが許可されている職場も中にはあります。

求人情報をよくよくチェックしてみると「空き時間は読書OK」など表記があるものも実際に存在します。

必要な時だけ作業をするという条件の良い職場も探せばあるので、興味の持てる仕事であれば、チャレンジする価値はありそうです。

暇な仕事に向いている人の特徴

暇な仕事に向いている人の特徴はどうでしょうか。

共通して言えるのは「パワーを温存したい人」だと思います。

暇な仕事に向いている人の特徴を今回は3つ挙げてご紹介していきます。

暇な中にも楽しみを見つけられる人

空き時間が増えると、時間が経つのもゆっくりに感じられる人も多いでしょう。

結果的に、「仕事がつまらない」と思ってしまいがちです。

向いていないのはこの「つまらない」と思ってしまうことに対して割り切り方がわからな人です。

向いている人は、空き時間を利用して何かできることを探して楽しむ心の余裕があります。

例えば普段見ない資料を確認し直す、普段掃除しないところを掃除する、普段確認しないところを入念にチェックするなど。

普段目を向けられないところに向ける時間が増えれば、その分新しい発見があります。

そうすると、業務改善につながるアイディアが浮かんでくることもあるかもしれません。

その他にも忙しい時には気が付かないようなことも意識してみると、自分の中の話のネタにもできると思います。

趣味に力を注ぎたい人

仕事をするということはパワーを使います。

自分がプライベートでやりたいことがあるのであれば、逆に仕事には極力パワーを使わないようにした方が楽しめます。

そういう意味では暇を楽しみつつ、パワーを温存してプライベートを楽しみたいという人にはとても向いている環境なのではないでしょうか。

趣味に力を使いたい人は、休日も出かけたり時間を費やしたりすることが多いのです。

実はプライベートを充実させるということは、仕事以上にアクティブなことだったりします。

そういったことを考えたら、暇な時間が多い仕事というのはとても向いているのではないでしょうか。

資格等を取りたい人

もちろん職場にもよりますが、資格を取って別の仕事をやりたい人には暇な時間ができるということはとても良いのではないでしょうか。

仕事内容と職場によっては暇な時間に勉強しても良いという環境になることもあるかもしれません。

仕事が忙しくてはこの資格試験の勉強に当てる時間が取れないので、まずは働きたいけど勉強時間も欲しいという方はぜひそのような仕事を探してみるのも良いと思います。

たとえ勤務中の読書や勉強を許可していなくても、普段プライベートの時間で学習した内容をどれだけ思い出せるかやってみるということや、自分の思考を整理するなど、普段あわただしく生活する中ではなかなかできないことを勤務中に行うこともできます。

テキストや筆記用具が無くても、復習なら脳内でできますね。

暇な仕事に向いていないのは?

暇な仕事に向いていない人の大きな特徴は仕事にやりがいを求める人です。

具体的には次の3点となります。

じっとしていられない人

とにかくずっと動いていたい、常に仕事していたいという方は暇な仕事は苦痛でしょうがないのではないでしょうか。

「仕事をしたー!」という達成感が欲しい方にとっては暇な仕事を与えられてしまった時にやる気が出なくなってしまうと思います。

そういう人達は自分が頼られているという実感が欲しいことが多いからです。

また、いつも忙しく動いていると逆に暇になった時にどうしたら良いのかわからない、というのもこの手の人の特徴です。

営業マンタイプの人

営業マンタイプにも色々いますが、契約をどんどんとってくるようなタイプの営業マンには暇な仕事が苦痛になる人が多いと思います。

まず自分の力で貢献していくという思いが強いため、活力がある人が多いのです。

誤解なきよう言っておきますが、暇な仕事をしている人に活力がないわけではありません。

力の使いどころが違うのです。

暇な仕事を求める人は自分のプライベートに力を使いたいため、仕事では温存しているという人もいます。

営業マンタイプの人は、仕事に全力投球になる人が多く、プライベートが犠牲になることも多々あります。

よく「仕事と私、どっちが大事なの?」と恋愛の場面で見られますが、これはわかりやすい例えになりますね。

恋人との約束を延期にする、友達との集まりに顔を出す余裕があまりないくらい仕事に打ち込んでいる。

こういう人は暇な仕事をすることができません。

極端な話ですが、仕事にやりがいを求めた結果、忙しく仕事するのが自分の生きがい、という意識が生まれてきます。

また、「忙しく仕事をする」というのが思い通りに行かなかったらモチベーションが下がってしまいます。

その時に仕事とプライベート、どちらを取るかに分かれてきます。

仕事を取るタイプの人は全力投球の意識が暇な仕事に向くと空回りしてしまうことが多いので、向いていないと思われます。

自分で仕事を考えることができない人

暇な職場というのは言い方が悪いですが、適当に手を抜いてゆっくりやるか、自ら仕事を探して作る人か、大きく分けるとこの2種類だと思います。

手を抜いてゆっくりやれるのはそれも一つの価値観だとは思います。

「自ら仕事を探す」ことができる人は、暇な仕事をしていても常に改善点を考えて行動に移すことができます。

暇と言われている仕事をしている人であっても、当然業務改善は必要になってきますし、行動力も必要になります。

皆が皆無気力な仕事をしているわけではありません。

中には空き時間が多いだけで、普段は当然重要な仕事をしている人もたくさんいます。

暇、というよりは空き時間ができてしまうと言ったほうが語弊がないかもしれませんね。

この空き時間ができた時に指示待ちしかできない人は当然「暇」と思うでしょう。

自らやれることを探せる人は「暇」に見えても仕事への貢献度はかなり高い意識を持って仕事ができている人達です。

こういった行動ができない人はつまらなくてやめたいと思ってしまうので、空き時間が多い仕事には向いていないのではないでしょうか。

暇な仕事の求人を見つけるには?

就職活動・転職活動中の方は、暇な仕事ってどうやったら見つかるの?と思っていることでしょう。

いくつか探し方をご紹介していきます!

残業がない

求人情報の中で注意してみていただきたいのが「残業の有無」についてです。

会社にもよるとは思いますが、「残業少なめ」と記載してある会社は思っていたよりも残業が多かった、なんてことがあります。

まずは「残業がない」という記載のところを探してみるのも良いでしょう。

また、休憩時間などもはっきりと記載されている会社かどうかもチェックしてみると良いかもしれません。

人とあまり関わることがないという記載のあるもの

求人情報の条件の中に「ノルマなし」「黙々とできます」とあればマイペースに仕事ができる職場である可能性は高いです。

ライン作業の場合は、持ち場が完全に自分だけという仕事もあります。

その時に時間の潰し方を自分なりに持っていればすごく良い条件で探せると思います。

求人としては「軽作業」「一人で黙々できます」「黙々とできます」「座ってできます」「マニュアル完備」この辺のキーワードを探していけば自分の求めている仕事が見つかるかもしれません。

監視・管理・受付業務を探す

誤解をしないでいただきたいのが、監視業務も管理業務も当然やることはたくさんあります。

責任感も必要になってきます。

その上で、「空き時間ができる」というのがこの業務の特徴です。

監視や管理の仕事は時々イレギュラーが発生することもありますが、だいたい毎日の仕事はルーティンワークであったりすることもあります。

ルーティンワークは覚えてしまえばあとはスムーズにできるでしょうから、空き時間も増えてきます。

空き時間を使って何か別の仕事を探したいという人にはとても向いている職種だと思います。

接客系であれば来店してみる

普通の会社だと面接するときくらいしか職場を訪れることはできません。

店舗があるような仕事の場合は自ら客として行くことができます。

その際にどの程度暇になるのか、忙しい時間帯はあるのか、そういったことをリサーチしてから見極めることができます。

ただし、暇なお店を探すというのにはデメリットもあります。

暇なお店であればお店そのものが続かなくなる可能性も出てきます。

長く続けたいと思っているのであれば、その辺はよく考えて探してみてください。

なるべく小さい規模の会社を探す

大企業だと暇になってくると人件費の削減のために人員を減らすことが多いのです。

なぜかと言うと、業務効率が落ちるからです。

大企業であればあるほど隙間時間を作らないようにするための努力をしてきます。

隙間時間を極力作らないようにするためには、業務量が減ったときはリストラだったり部署の異動だったりを求められることが多いのです。

誰でもできる仕事だから、というのがあるからです。

小規模な会社の場合、1人抜けたら厳しいという職場が多いため、多少暇でも置いておく場合があります。

そういった特徴を活かして仕事を探してみるのも良いかもしれません。

ただし、接客系のところでも触れましたが、あまりに業務量が少ない状態が続くような会社であれば、リストラになる可能性も十分にあるというデメリットを理解した上で探してみてください。

自分に合っている仕事を見つけるコツは?

合っている仕事を探すためにはまず自分を知ることから始めてみることが一番の近道です。

これは暇な時間が作れる仕事を探す時だけではなく、すべての仕事を探すために必要になります。

適職診断を受けてみる

リクルートサイトによくある「適性診断」を受けてみるのが自分を知る一歩目です。

適性診断を受ける際に自分の強みが何なのか、どういったものが苦手なのか、ということがわかるかと思います。

ただ、適性診断を受ける時に自分のことを知らないと正確な回答ができない場合があります。

  • 自分の長所、短所を書き出す
  • 自分にどんなスキルがあるのか、どんな仕事をしてきたかを書き出す

最低限これだけは振り返って紙に書き出してみると適性診断の結果がより正確になります。

転職エージェントに相談してみる

転職をしようと思ったら一人で自由にやるのも良いですが、転職エージェントに相談してみるともっと適した仕事に出会う可能性が高まります。

転職エージェントはどういうシステムなのか簡単にご説明します。

  • 自分自身の転職エージェントサイトに登録
  • エージェントとの担当者と電話や対面にて面談

この時にサイトに登録した情報を元に自分が今までどんな仕事をしてきたか、どんなことができるのかを細かくお話します。

自分の希望の仕事がある場合はこの時にどんなジャンルの仕事を希望しているか、具体的に希望している職種を話しましょう。

  • ヒアリングの内容を元に転職エージェントが求人をマッチングし、希望通りのものがあれば紹介してもらいます。
  • エージェントに紹介されたものを自分の希望する条件と合うか確認し、希望通りの職場があれば申し込みます。

エージェントによっては、担当者に連絡で申し込みになる場合や、ホームページの専用ページで申し込みだったりする場合もあります。

  • 申し込みが完了したらエージェントが会社側に申し込みをし、面接のスケジュールの調整をしてくれます。

その時点で就業中であれば、都合がつく日をエージェント側に伝えておくとスムーズに進みます。

  • 面接の対策や書類の作り方など、不明なことがあればエージェントに相談しましょう。

エージェントによっては模擬面接や提出書類の添削をしてくれるところもあります。

  • 面接まで進んだら、結果はエージェントを通して連絡してくれます。
  • 合格した場合、いつから就業するか、給料はいくらになるか等の交渉もエージェント通して行うことができます。

ご覧いただいたように、エージェントと一緒に転職活動をする場合は条件のマッチングだけではなく、色々な調整や交渉などもしてくれます。

忙しくて活動できない、という方にはお勧めの仕事の探し方ですね。

まとめ

全体的に「暇な仕事」と言ってしまうと語弊があるとは思います。

暇な仕事というよりは「仕事の中で暇な時間がある」と言った方が適切かもしれませんね。

「暇な時間」の潰し方は人それぞれだと思います。

ただいずれも共通するのは時間と自分の力の使い方をうまくコントロールできている人ほど「暇な時間」であっても仕事をしていけると思います。

暇な時間が多い仕事ほど自分で考えて動ける人が重宝されます。

自分は隙間時間に行動することができるか、考えた上で仕事を探してみるのも良いかもしれません。


関連キーワード

仕事