みなさんはバイトをしていて、「バイトに行きたくない」と思ったことはありませんか?

バイトを始めて間もない頃、バイトを始めて数ヶ月経った頃、そのタイミングは様々だと思います。

また、何故バイトに行きたくないと思うのか、その理由も職種や環境、人によって様々だと思います。

今回は私自身の経験や周りの意見を元に、「バイトに行きたくないと思う時」「バイトに行きたくないと思う原因」をいくつかまとめてみました。

併せていくつかの「乗り越え方」についても紹介していきますので、参考にしていただければと思います!

バイトに行きたくないと思う時って?

人によって「バイトに行きたくない」と思う理由は様々だと思います。

人間関係や環境、そもそもの仕事内容など、なにかひとつでも悩みや問題を抱えていると、「バイトに行きたくない」と思ってしまうものではないでしょうか。

私はこれまでたくさんのバイトを経験してきましたが、「バイトに行きたくない」と思ったことが何度もあります。

その時々でいろんな理由がありましたが、私の経験談からそのいくつかをご紹介します!

朝起きるのが辛い

私は子どもの頃から朝起きるのがとても苦手でした。

人にはそれぞれ活動するのに必要な睡眠時間というものがあるそうですが、私は必要睡眠時間がとても長いタイプだと思います。

それを考慮し、バイトの前の日はなるべく早く寝るようにと意識はするのですが、「早く寝ないと」と考えれば考えるほどなかなか寝付けず、結局当日の朝はスッと起きれず「起きたくない…」「このままバイトを休みたい…」と思うことが多かったです。

起きてしまえば何ともないのですが、この朝起きる瞬間に、何度もバイトに行きたくないと思った経験があります。

朝が弱い人はこういった経験も多いのではないでしょうか。

仲の良かったスタッフが辞めてしまった

一緒に働きだした友達やバイト先で仲良くなった仲間は、私にとってバイトを楽しむためにとても大切な存在でした。

しかし「環境が合わない」「大学を卒業して就職する」「遠方に引っ越す」など、様々な理由で仲間が辞めていった経験があります。

バイトが辛い時など、よくいろんな話をし、助け合った仲間を見送るのは本当に寂しかったです。

当時は辛くてもしんどくても仲間がいたから楽しく働くことができたという場面もたくさんあったので、辞めてしまったあとは寂しさからやる気が出ず、「バイトに行きたくないな」としばらくは思っていました。

仲が良いだけではなくチームプレーが重要になるバイトでは、こういった寂しいという気持ちがより強くなるのかもしれません。

バイトで一番関わる先輩が苦手だった

当時の職場で三番手だった私は、一番手である店長以上に、二番手の先輩と関わる機会がとても多かったのですが、その先輩が少し苦手なタイプでした。

立場上仕方なかったのかもしれませんが、すごく張り合ってきて、仕事とは関係のないところでもライバル視されているような状態で、それがとても居心地悪く感じていました。

中にはライバルの存在がある方がやる気が出るというタイプの人もいると思いますが、私は元々あまり競争心のないタイプだったので合わなかったのだと思います。

休憩時間がかぶるとお昼に誘われることもありましたが、苦手な相手で且つ気を使う相手だったので、休憩した気になれず精神的に疲れることが多かったです。

バイト自体はすごく好きで自分に合っていたと思うので、その先輩が休みの日はやる気が出るのですが、出勤がかぶっている日はとても気が重く、行きたくないと思うことが多かったです。

人間関係ではこのように、苦手な人と出勤がかぶっていると気持ちが乗らずにやる気が出ないという経験をした人も多いのではないでしょうか。

専門職でなかなか仕事に慣れず、孤独感が強かった

当時憧れだった職業が専門職だったのですが、どうしても働いてみたかったので、未経験でなんの知識もない状態からバイトを始めました。

実際に働いてみると思っていた何倍も大変で、覚えることもとても多く、「甘くないな」と思いました。

そこではしっかりとした研修などはなく、「働きながら教えられそうなタイミングがあればひとつずつ教えます」といったやり方だったので、そのタイミングが来るまでは何かしたいけど右も左もわからずに、みんなが頑張っている中で何もできない自分に悲しくなり、疎外感や孤独感をとても強く感じていました。

その頃は毎日バイトに行くのがすごく不安で、前の日から既に「明日バイトに行きたくない」と思っていました。

一切の経験も知識もない私を採用してくれたことにすごく恩を感じていたので、何とか続けたいという気持ちは強かったのですが、やはりどうしても乗り越えることが当時の私には厳しかったので、上司に相談をして辞めることを決意しました。

客層が合っていない

たくさんのバイトを経験してきた中で、客層が自分に合っていないと思うバイトがいくつかありました。

例えばクレームの多いバイトや、酔っ払ったお客さんが多いバイトなどです。

クレームの多いバイトはストレスが溜まり、精神的に疲れることも多くありました。

しかし仕事自体はとても気に入っていたので、「行きたくない」と思うこともありましたが、辞めることなく続けていました。

酔っ払ったお客さんが多いバイトは、私自身が元々あまりお酒を飲まないタイプなので、どう対応して良いのかわからず困ってしまうことが多くありました。

しかしこちらは知人のお店だったので、なるべく協力したいという思いから辞めたいとは言い出せず、しばらくは「バイトにいきたくないな…」と思いながらも続けていました。

体力的に疲れている時

ライブに行った次の日や、少し遠くまで出掛けて歩き回った次の日など、体力的に疲れている時は「バイトに行きたくない」と思っていました。

体を使う仕事ではない場合も、体が疲れているとぐったりして気持ちまで疲れてしまい、なかなか「頑張ろう!」という気持ちになれませんでした。

そんな時は出勤してからもなんとなくやる気が起きずに、普段よりだらだらしてしまうことが多かったです。

そんな経験を踏まえて反省し、体力的に不安がある日程でスケジュールを組むことは辞めようと思いました。

店長より更に偉い役職の人が来社するとわかっている時

私が働いていたあるひとつのバイトでは、定期的にSVという店長よりも更に立場の偉い人が来社し、しっかりと運営できているかをチェックするという日がありました。

事前に「この日に行きます」と知らされており、その日に自分の出勤がかぶっている時は、出勤前から憂欝で仕方なかったです。

SVが来ている間は例え休憩中であってもチェックされているような気がして、1日中気が抜けないといった状態でした。

自分以外のスタッフもみんなピリピリしていて、緊張感の漂う空気に慣れることができず、毎回SVが来るとわかっている日は「バイトに行きたくない…」と思っていました。

バイトに行きたくないと思う原因と乗り越え方とは?

バイトに行きたくない原因がハッキリすれば、乗り越える方法が見つかるかもしれません。

ここではいくつかの解決策や乗り越え方を紹介しますので、もし自分にあてはまると思った人は是非参考にしてみてください!

職場に苦手な人がいる

怖い上司、厳しい先輩、気の合わない同僚など、職場に苦手な人がいると、バイトに行きたくないと感じてしまいます。

私の経験上、バイト先に苦手な人がいる確率というのはかなり高いと思います。

その人と関わる時間が長ければ長いほどストレスを感じてしまい、バイトに行くのが辛いと感じてしまうのではないでしょうか。

その乗り越え方とは?

「この人は自分とは違うタイプなんだ」とわかった時点で、割り切ることが大切だと思います。

「なんでこの人はこうなんだろう」「なんでこんなことを言うのだろう」「なんで思うようにいかないのだろう」と、悩めば悩むほどストレスは溜まっていく一方です。

タイプが違えば考え方や行動も違って当然ですし、そういう人と職場が同じになることもよくあることです。

職場での人間関係も仕事のうちだと割り切り、「まあこんな人もいるか」と受け止めて、少し大人になって対応してみましょう。

そうした考え方をすることでもし少し気持ちに余裕がでてきたら、その人の良い部分にも目を向けてみてください。

苦手な相手だと嫌な部分にばかり目が行ってしまいますが、それでは嫌いになる一方で、自分のストレスが増えるばかりです。

余裕のある時に良いところにも目を向けてみることで、好きになるまではいかなくても、苦手意識が少し和らぐ場合があります。

バイトの人間関係で悩んでいる時は、こちらの記事を参考に!

体調不良などで休んでしまった次の出勤日

中には無遅刻無欠勤だという人もいるとは思いますが、多くの人が一度は体調不良で欠勤した経験があるのではないでしょうか。

「休まないように体調管理をしっかりしてください」と言われていても、どうしても防げない体調不良はありますし、やむを得ず休んでしまうことはあると思います。

そんな時に「迷惑をかけてしまった」という罪悪感から、次の出勤日がなんとなく不安になってしまい、「バイトに行きづらいな…」と感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

その乗り越え方とは?

体調不良で休んでしまうことは仕方のないことで、普段仕事に対して真面目に取り組んでいれば、そこまで気にすることはありません。

普段から仕事に対して不真面目で、休みや遅刻を繰り返している場合は別問題ですが、そうでなければ休む時は気持ちも体もしっかり休めて、また次の出勤日にしっかり頑張ればなんの問題もありません。

仮に体調不良による欠勤ですごく責められてしまうような職場であれば、その会社自体に問題があると思うので、別のバイトを探してみるのも良いかもしれませんね。

とは言っても真面目に頑張っている人にとって、欠勤することに罪悪感を感じてしまう人は多いと思います。

少しでもあなたの「迷惑をかけたくない」という気持ちを伝えるには、休むことが決まれば出来る限り早く欠勤の連絡を入れることが、欠勤する上で最も会社のためになるのではないかと思います。

仕事がきついと感じる

仕事を続けていると、仕事内容が「きつい」「しんどい」と感じてしまうことがあります。

「体力的にきつい」「精神的にきつい」「覚えることが多くて大変」「やることが多くて大変」など、その理由は職種や立場によって様々だと思います。

収入を得るためにある程度の苦労は仕方ないかもしれませんが、しんどいと感じる日々が続くとどうしてもネガティブになってしまいがちです。

そんな時に「バイトに行きたくない」と感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

その乗り越え方とは?

こちらはどのタイミングで「きつい」と感じているのかによって少し変わってくると思います。

もし働き始めて間もない頃、新人の頃に感じているのであれば、仕事に慣れてくることで改善されるケースも多くあります。

仕事に慣れるまでは体力的にも精神的にも疲れることが多いので、「この山を越えれば…!」と、自分で期日やステージを決めて頑張ってみるのも良いかもしれません。

もししばらく続けていて「きつい」と感じているのであれば、例えば「シフトを減らす」「ポジションや担当を変えてもらう」など、できることはあるかもしれません。

それらが難しいようであれば、しばらく続けた結果自分には合っていなかったと考えることもできるので、別のバイトを探してみると良いかもしれません。

職場の雰囲気に馴染めない

仕事内容は自分に合っていても、なんとなく周りのスタッフや職場の雰囲気に馴染めないということもあります。

例えば年齢差が大きく開いていたり、自分と違って大人しい人が多い、または自分と違って元気な人が多い、既にグループができていて入っていきにくいなど、様々な理由があると思います。

職場に馴染めなかったり上手くコミュニケーションが取れないと、居場所がなく居心地が悪く感じてしまい、バイトに行くのが憂欝だと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

その乗り越え方とは?

職場の雰囲気に馴染めないという悩みは、入って間もない頃に感じることが多いと思います。

入って間もない頃は全てが0からのスタートなので、「仕事を覚える」「スタッフと仲良くなる」「環境に慣れる」など、一度にたくさんの課題を与えられているようで疲れてしまうこともあります。

ただ、全てを0から10まで上げる必要はなく、1ずつ少しずつ上げていけば良いと思います。

とりあえずは挨拶やちょっとした仕事の話など、少しずつコミュニケーションをとっていけば良いので、焦る必要はありません。

そのうちスタッフの人間性やタイプなどがわかってくるので、その中から自分と合いそうだと思う人や、自分に良くしてくれる人を見つけて、そういった人と会話を増やしていくと良いと思います。

そうしているうちに、段々と職場の雰囲気にも馴染めている自分に気付くことがあるかもしれません。

ただ私の経験上、入ってすぐに「これはどう頑張っても自分の居心地の良い場所は作れないな」と判断できる場合もあります。

そう感じた場合はたった1日頑張ることも大変かもしれないので、別のバイトを探すことをおすすめします。

早々に辞めてしまうのは迷惑になることもあるかもしれませんが、入ってみなければわからないこと、どう頑張っても難しいことというのはありますので、早めに見切りをつけてしまうのもひとつではないでしょうか。

仕事でミスをして怒られた

仕事でミスをして上司や先輩に怒られると、一気に自信をなくしてしまって、ずっとそのことが気になってしまうというタイプの人もいます。

自信をなくすと消極的になってしまい、「もう怒られたくない」という意識が強くなると思います。

その気持ちがミスの再発防止に繋がるだけであれば良いのですが、「怖い」「不安」というネガティブな考えの方が大きくなってしまうと、「もうバイトに行きたくない」と感じてしまうケースもあると思います。

その乗り越え方とは?

上司や先輩の怒り方によっては、ショックを受けてしまう場合もありますよね。

私も先輩からきつい言われ方をした経験がありますが、当時は他人から怒られるということに慣れていなかったので、腹が立ったり落ち込んだりしていました。

「なにもそんな言い方をしなくても…」と感じた点については、両親や兄弟、友達や彼氏彼女に愚痴を聞いてもらうのも良いかもしれません。

一度自分の中でスッキリさせるというのが大事だと思うので、誰かに吐き出して気持ちを軽くしてみましょう。

その点について少し気持ちが軽くなったら、次は怒られた内容について考えてみてください。

自分なりに次は同じミスをしないように気をつけて、怒られた経験だけで終わるのではなく、自分を成長させるという経験に変えてしまいましょう!

マイナスをプラスに変えることで自信に繋がりますし、ネガティブな考えを払拭することができます。

受け止めるところは受け止めて、どうしても不満が残る点については誰かに吐き出すことで消化し、怒られた経験を自分の成長に繋げてみてください!

やりがいを感じない

少しずつバイトに慣れてくると新鮮味がなくなり、刺激が足りずにマンネリ化してしまう場合があります。

仕事や環境に慣れるというのはとても良いことですが、それまでの試行錯誤していた頃に比べるとどうしても面白みがなくなってしまい、段々やりがいを感じられなくなってしまいます。

やりがいを感じられないとやる気も低下してしまい、なんとなく「バイトに行きたくないな~」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

その乗り越え方とは?

何ヶ月かバイトを続けていると、この問題に直面する人は多いと思います。

「なんとなくやる気が出ない」と感じている人は、まさにやりがいを感じられずに仕事がつまらなくなっている状態かもしれません。

この問題を乗り越えるためには、やりがいを感じられる環境を作り出すことが一番だと思います。

職場によってはその環境を与えてくれる場合もありますが、そうでなければ自分で環境を作っていく必要があります。

具体的には、なにか目標を設定するということです。

自分の中でひっそりと目標を持つだけでも良いですし、「これができるようになりたいです」「これを教えてもらえませんか?」と宣言してしまっても良いと思います。

目標があれば向上心が生まれますし、達成することで満足感ややりがいを感じることができます。

最初から大きな目標を設定してしまうと、その道が困難であった場合にしんどくなってしまい、更にやる気がなくなってしまう恐れがありますで、小さな目標から少しずつクリアしていく方法をおすすめします!

まとめ

今回は私自身の経験や周りの意見を元に、「バイトに行きたくないと思う原因」と「その乗り越え方」について紹介しました!

解決策や乗り越え方、気持ちを楽にする考え方などを紹介してみたので、「自分にあてはまる」「これならできそう」だと感じた人は是非参考にしていただき、乗り越えてほしいと思います!

しかし場合によっては「頑張れない」「解決に至らない」など、乗り越えるのが難しいというケースもたくさんあります。

そんな時に無理をしてしまうと、最悪の場合病気になってしまうことも珍しくありません。

実際に私の周りでも何人かそういった状態になってしまい、健康な心を取り戻すのに苦労をしたり、とても時間がかかったという人もいます。

頑張りすぎたり無理をしすぎることは自分の心や体にとって本当に良くないと思いますので、「自分を奮い立たせる時」と「自分を甘やかす時」をしっかり見極めて判断しましょう。

それを判断するのは上司でも先輩でも世間でもありません。

自分自身です。

自分が「頑張れない」「合っていない」と感じたら、他のバイトを探すという選択肢もあるので、見極めて見切りをつけるということも時に大切なんだと知っておきましょう!

まずは自分が何故「バイトに行きたくない」と感じるのか、原因を探し出してみてください。

その原因からなにか解決策や乗り越え方が見つかれば、無理をしすぎない程度に実行してみましょう!

もしそれでも解決できない場合や、そもそも解決策が見つからないという場合は、他にもっと自分に合っているバイトがあるかもしれませんので、別のバイトを探してみることをおすすめします!

みなさんがポジティブにバイトを頑張れるよう、応援しています!