バイトが怖いと思う時の理由と解決法についての写真

「バイトを始めるのが怖い」、「バイトに行くのが怖い」とバイトが怖くなってしまう事って恐らく多くの方にあると思います。

恐らく、理由は人によって様々でしょう。

しかし、一人で悩んでいては一歩が踏み出せませんよね。

今回はよくあるバイトが怖いと思ってしまう理由と、その解決方法をご紹介していきます。

バイトが怖いと思う6個の理由とは? 

まずは、なぜバイトが怖いと思ってしまうのか、その理由について考えていきましょう。

特に学生のバイトで多い理由を考えてみました。

もちろん、人によって様々な思いがあるとは思いますが、バイトを始める時、上位に来る理由をまとめてみます。

初めてのバイトは怖い

誰しも、初めての事は怖いものです。

それはバイトに関しても同じです。

初めてのバイトは、「ちゃんとやっていけるのか」「人間関係は大丈夫か」等、不安は尽きません。

恐らく、多くの方が一番最初に「怖い」と思ってしまう理由かもしれません。

ミスをするのが怖い

「ミスをして怒られるのが怖い」「ミスをしてしまったらどうしよう」といった不安も、バイトが怖いと思ってしまう理由ですよね。

ミスをしてしまったら、お客様だけでなく、バイト仲間や店長・社員の人にも迷惑を掛けて怒られるかもしれない。

そんな事を思うと、バイトが怖くなって行きたくなくなってしまうというのもよくあります。

人間関係が上手くいかない

バイトが怖い、不安と思う理由の一番大きなものかもしれません。

バイトのみならず、社会に出ても、やはり人間関係というのは重要です。

バイト仲間と上手く行かない、社員や店長と折り合いが合わない、と感じるとバイトが怖くなり、行きたくなくなってしまいますよね。

実際、「このバイトをして良かった」と思える理由は人間関係の良さであることがダントツ多いです。

面接が不安

面接

最近では、LINE等のSNSがコミュニケーションツールの代表となっていきていますよね。

そんな中で店長との一対一の面接が怖い、という人も多くなってきているのではないでしょうか。

また、緊張して上手く話せなくてバイトに受からなかったらどうしようという不安も一緒についてきますよね。

初めてのバイトでなくとも、新しいバイトを始める時には必ずついてくる不安だと思います。

ブラックバイトかもしれない

ニュースでもたまに耳にする「ブラックバイト」。

そこに入ってみないと分からないのが、ブラックバイトの怖いところです。

一度入るとなかなか辞められないという噂も聞きますし、「ブラックバイトだったらどうしょう」という不安から「バイトが怖い」という思いに変わってしまうんですよね。

確かにこれは怖い事だと思います。

電話で応募するのが怖い

携帯やスマートフォンが普及している現在、誰が出るか分からない固定電話に電話するのが怖いという人も多いでしょう。

最近はネット応募も増えてきたとは言え、まだまだ電話での応募があるのも事実です。

電話で知らない誰かと話をするのが怖い、という思いからバイトが怖いと思ってしまうという事ですね。

バイトが怖いと思う時の解決方法とは? 

バイトが怖くなって、行かなくなってしまうという事も人によってはあるかもしれません。

最悪の場合「バックレちゃえ」と、連絡も無しに辞めてしまうというパターンもあり得ますよね。

しかし、それでは更にバイト仲間に迷惑を掛ける事になってしまいます。

そして、怖いと思っている物には考え方一つで解決出来る物も必ず存在します。

ミスは繰り返さない

ミスをしてしまうのが怖い、ミスをしてしまってバイトに行くのが怖い、という思いを抱いてしまった場合。

そのまま辞めてしまっては、やっぱり自分の為にはなりません。

では、どういう風に解決していけばいいのか?

それは、「ミスを繰り返さない」事にあります。

人間なので、ミスをしてしまうのはどうしようもありません。

しかし、ミスを繰り返さないように記録を取っておいたり、特に気を付けてみたりすれば、ミスは確実に減ります。

それだけでも一歩成長出来ますよ。

また、「なぜミスしてしまったのか」という原因を考えておく事もミス予防に繋がります。

人間関係は期待し過ぎない

人間関係ばかりは、自分では正直どうしようもありません。

しかし、入る前から心配していても仕方のない事でもあります。

まずは一歩踏み込んでみて、ダメなら仕事に打ち込むという手が一番最善かもしれません。

元を辿れば、バイトは仕事であって、友達作りの場ではないですからね。

どうしても合わない人というのはどこにでも存在しています。

なので、入る前から期待し過ぎず、仕事に打ち込んでみると思いの外気にならなくなりますよ。

客として行ってブラックバイトか見極める

客として行ってブラックバイトか見極める

ブラックバイトかどうか分からなくて怖い、という方は応募の前に一度お客さんとして来店する方法があります。

もちろん、詳細までは分からないものの、お店や従業員の雰囲気等は客側からでも分かりますよね。

従業員が裏では辛そうな顔をしているというのを見かけてしまったら、ブラックバイトを疑った方が良いかもしれません。

あとは、店長や社員らしき人が客の前で大声で叱っていたりするのもブラックバイトの危険性があるかもしれません。

電話応募ではなくネット応募受付のバイトにする

電話で応募するのがどうしても怖い、という事であれば、やっぱりネット応募受付が良いですね。

LINEバイトなどでは、LINEの感覚で応募出来る所も増えてきているので、気軽に応募出来ます。

応募の際の電話も基本的には必要なく、LINEでやり取りが出来る利点があります。

とにかく一歩踏み出してみる

初めての事は、誰でも怖かったり、不安があったりするものです。

しかし、行動する前からアレコレ想像して怖がっていては、いつまで経ってもバイトが出来ません。

もしも自分一人では一歩がどうしても踏み出せない、という場合は友達を誘ってみるのも良いかもしれません。

いきなり知らない人の輪の中に入っていくよりは安心出来ますよね。

どんな怖さも解決する、発想の転換

ここまで、怖いと思ってしまっても解決出来る方法をご紹介してきました。

しかし、そもそもの考え方を変えるだけで、バイトだけでなく、社会に出てからも良い影響を与えてくれます。

すぐにというのは難しいかもしれませんが、少しずつでも自分の中にある考え方や発想を変えていってみてはいかがでしょうか。

人間誰しもミスはする

ミスをすると怒られるから「怖い」と思ってしまう気持ちは分かります。

ミスをして「どうして自分はこんなにダメなんだろう」と思った時こそ、発想の転換です。

バリバリ仕事が出来ているように見える先輩や、社員だって、初めはみんなゼロからのスタートです。

その方々もミスをした事は絶対あります。

「自分だけじゃない」と思うと少し気が楽になりますよ。

人間関係は無理するものじゃない

「あの人に嫌われてるかもしれない」という思いをある日抱いてしまい、人間関係が悪くなってしまうという事はよくあります。

しかし、結局他人を変える事は出来ません。

そして、そんな理由も分からない不安にいつまでも襲われていては疲れてしまいます。

基本的に、バイトをしに行ってるわけですから、仕事上で支障を来さないのであれば、無理に「どうにかしよう」と思わなくていいのではないでしょうか。

もちろん、仕事上で支障が出て来るようであれば何かしら対策を立てる必要はありますけどね。

バイトは辞めやすい

社会に出て、社員になると確かに会社を簡単には辞めづらいです。

しかし、こう言っては何ですがバイトは履歴書に載る訳でもなく、社員に比べれば辞めやすい環境にあります。

どうしてもキツイ、もう無理だと思った時には、辞めてしまうのも手なのかもしれません。

その際は、バックレではなく、きちんと店長等に話を通して辞めるのがベストです。

バイトを選ぶことで避けられる「怖さ」はある?

どうしても不安で、発想の転換もなかなか難しい。

そういう場合は、応募の段階から仕事を選んでしまいましょう。

バイトの職種というのは、実に様々です。

自分が不安に思っている事を回避出来るバイトは、探せばきっとあるはずです。

短期バイトでお金だけ稼ぐ

バイトというと、入ったら学校を卒業するまでや、年単位で考えている人も多いかもしれません。

しかし、そもそも短期バイトなら、数か月や数週間単位というのも多く、あっという間に終わります。

更に仮にミスをしたとしても、いつまでも引きずらずに済みます。

また、期間が最初から限られているというのも「あと少しで辞められる」と目途が立つのもポイントですね。

イベントスタッフ

ライブ、展示会等での臨時スタッフです。

基本的にイベントが開催される時に限られるので、長くても一週間ほどでしょうか。

グッズ販売や、会場案内など、様々な職種があります。

バイトによっては、ステージ設営等の裏方に回れるものもあります。

イベントスタッフの求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

販売スタッフ

バレンタインやホワイトデー、年末年始等のシーズン毎にだけ臨時で働く販売スタッフです。

こちらも、イベントスタッフ同様期間はそこまで長くない事が多いです。

更に、基本は販売・品出しで済むので作業としてもそこまで大変な物はありません。

土日に働けるのであれば、時給アップも見込めます。

軽作業バイトで人間関係を回避する

軽作業というのは、工場や倉庫での検品、梱包、仕分けの事です。

高校生でも出来る、軽作業のバイトは冬休み中の郵便局のバイトです。

期間が限られている上に、基本的には黙々と作業していくので、人間関係の構築はしなくて済みます。

通常のバイトよりも一歩目には踏み出しやすいバイトかもしれません。

工場でのシール貼り

梱包された物に、指定のシールを貼っていくバイトです。

バイトによっては長期可、単発や、履歴書不要という所まであります。

単純作業を黙々とやっていく事になるので、人間関係の構築はほぼしなくて良いでしょう。

単純作業が続いても平気という人にはオススメです。

データ入力

渡されたデータをひたすらパソコンに打ち込んでいくバイトです。

フリーターや主婦に人気ですね。

こちらのバイトも黙々とキーボードを打っていく事になるので雑談等している暇はありません。

ただし、正確さが求められる場合もありますので、正確なタイピングに自信のある方が向いているでしょう。

倉庫内作業

倉庫にある品物をまとめたり、ネット通販等であれば出荷の準備をしたりするバイトです。

短期も多いですが、長期可の所もあります。

基本的にはお客さんと直接接する事はないので、お客さんにクレームを言われたり、怒られたりする事はまずないでしょう。

広い倉庫だったりする場合は、場所毎に振り分けられるので、社内での人間関係もあまり気にせずに済みます。

業務委託バイトで面接回避

面接がとにかく緊張して、怖いと思う方には「業務委託」という方法がオススメです。

完全出来高制になる事がほとんどですが、ネットで出ている業務委託バイトであれば、面接もなく、メールなどのやり取りだけで済む場合も多いです。

また、こういったバイトには在宅で出来る物も多いので、子育てで忙しい主婦の方にも手が出しやすいですね。

アンケートモニター

有名なところだと、楽天インサイト、マクロミル等でしょうか。

完全在宅で、ただアンケートに答えるだけ。

実はこれも立派な「業務委託」という形です。

一つ一つのアンケートのポイントは高くありませんが、サンプル調査となると高額にもなります。

ネット上での登録だけですぐに始められるので、人気のお小遣い稼ぎですね。

覆面調査

アンケートモニターと被る部分ではありますが、こちらは実際の店舗に行って調査をするバイトです。

自分が調査の為に来ている事を悟られないように、さり気なく店員の対応、お店の清潔さなどを調査し、後日依頼された会社に報告書として提出するという流れですね。

細かい所までチェックする必要がありますが、職種としては面白いと思います。

ライティング

業務委託の一番有名な所はこれかもしれません。

渡されたキーワードに沿って、ブログやサイトの記事を書いたりするバイトです。

未経験OKという事も多く、マニュアル等もしっかりしている事が最近では多いので、誰でもすぐに始められます。

多少の文章力は求められますが、慣れてくれば稼げるようになるかもしれません。

まとめ

バイトが怖いと思ってしまう理由や、解決方法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

「バイト」と一口に言っても、世の中には様々なバイトが存在しています。

どうしても不安を拭い切れない、やっぱり怖い、という方は自分の不安を避けられるようなワードを入れて検索してみると意外と見つかります。

今後社会に出ても役立つバイト経験。

是非、最初の一歩を踏み出してみてください。





仕事の悩みに関するコラム

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います