学生で学費を稼ぐためにアルバイトをしている方、フリーターとして生計を立てるためにアルバイトをしている方、アルバイトにはさまざまなスタイルがあります。

自分の時間を作りやすいことから、アルバイトで働く方が増えています。

しかし、アルバイトは入社しやすく働きやすいというメリットもある中、入社してもすぐに辞めてしまうという方が多くいます。

中には、アルバイトとして仕事上の責任感が無く、無断欠席してそのまま出勤しなくなる方もいます。

そのようなアルバイトを採用した担当者の気持ちになると心が痛みませんか?

ここでは、アルバイトをばっくれる前に見て欲しい採用担当者の気持ちと、アルバイトの正しい辞め方、さらに自分に合ったアルバイトの探し方について解説していきます。

アルバイトをもう辞めようと思っている方へ

何のためにアルバイトをしているのか考えたことがありますか?

生計を立てるため、お小遣いがほしいため、などさまざまな理由があると思います。

アルバイトをするということは、社会人の一員として責任ある行動をとらなければなりません。

アルバイトとはいえ、給料を貰うということは、それだけ社会人としての責任があるということです。

しかし、中にはアルバイトは遊び半分で責任感を微塵も感じていない方もいます。

このような方は、お客様に迷惑をかけてしまうことがあります。

アルバイトは社会的にもきちんと歯車として回っています。

つまり、自分の時間を作るうえで大変重要な役割を果たしています。

それでは、なぜアルバイトを辞めようと思っているのでしょうか?

この問いには、さまざまな意見があると思います。

例えば、職場の雰囲気が合わないと感じていたり、同じ職場に嫌いな人がいたりすることで、アルバイトを続けることに対する意欲が低下しているとします。

しかし、このような理由でアルバイトを辞めても、それは逃げているとしかいえません。

社会で働くということは、他人とのコミュニケーションを図ることも大切ですが、基本的にどの職場にも嫌な人は必ずいます。

そのような社会の中で上手く人と付き合っていくためには、人との距離感を意識したコミュニケーションの取り方が重要となってきます。

正社員ではなく、アルバイトとして入社することで、時間的にも余裕があると思います。

その環境の中で、人との付き合い方を勉強してみてはいかがでしょうか。

アルバイトを辞めて他の仕事に就いたとしても、また同じような環境になれば辞めてしまうということの繰り返しです。

そうならないためにはどうしたらよいか?という疑問について考えてみます。

さまざまな経験を積みたいという理由で、アルバイトを転々としている方がいます。

しかし、中には人間関係が上手くいかず、さらに仕事内容が思ったことと違うことから、アルバイトを続けていくことに対する意欲の低下に繋がり、アルバイトを辞めたいと思ってしまうことがあります。

しかし、どこの職場に行っても自分が変わらなければ、何も進歩しません。

つまり、環境を変えるためにアルバイト先を変えるのではなく、辞めてしまうような環境を作ってしまっている自分に対して、変わる努力をしなければなりません。

そして、自分が変わることによって、周囲からの対応も変わってくることがあり、良い結果へと繋がっていきます。

今すぐにでもアルバイトを辞めようと思っている方へ、近くに相談できる方が必ずいると思います。

まずは、アルバイトを辞める前に相談して解決していければ、それに越したことはありません。

気持ちを切り替える意味でも相談することは大切なことといえます。

自身で思っていること、感じていること、何でも話してみてください。

今後の人生、何か変わるかもしれません。

あなたを採用した店長の気持ち

アルバイトをしたいと思ったときに、希望する職場に問い合わせて面接を申し込んだり、求人誌や職業安定所を活用する方がほとんどだと思います。

企業が求人を出す理由として、多くは人材不足による解決を目的としていたり、新しい事業を展開する場合に必要な人材を募集したりします。

そして、会社の出した求人に対して、実際にアルバイト求人の問い合わせがあったときは、会社はその方に期待を寄せます。

そして、面接をした結果、その方を採用するときは、今後の会社の行く末を見守るために必要な人材で、大切に育てていき立派な会社員となってほしいという期待を抱きます。

ここでは、店長がアルバイトを採用したときの気持について解説していきます。

まずは研修期間を乗り越えてほしい

アルバイトを採用する前に、面接を行います。

このときに、店長は面接者のこれまでの経歴や特技、趣味、取得している資格や現在持っているスキルについて確認していきます。

面接時に、面接者のやる気を確認し問題なければ採用となる場合が多いです。

しかし、面接者のやる気が低迷していたり、明らかにこの職種に向いていない場合、もしくは性格的に問題がある場合は採用を見送ることがあります。

アルバイトで採用した場合には、ほとんどの会社で研修期間があります。

店長は面接者を採用したときに、新人としてきちんと研修期間を乗り越えることができるのか心配します。

せっかくやる気があって採用したにも関わらず、辞退してしまったり、研修途中で投げ出してしまったりする方が多くいるためです。

店長が新人として入社した方に求めることは、先ず、正式採用となるまでの研修期間だけは乗り越えてほしいということです。

どれくらい続けてくれるのだろうか

新人として入社した方で、無事研修期間を終了すると正式にアルバイトとして活躍します。

しかし、研修期間は基本的なことのみ覚える期間であり、実践するうちにさまざまな困難にぶつかります。

このときに、新人の方は対応が難しく、自分には向いていないという心理が働いてしまいます。

これは、すべて自分で抱え込んでしまい、自己解決してしまうためです。

そこで、先輩の方への相談がない場合が多くあります。

一般的には、このような流れで、新人の方のやる気が低下し、入社早々に退職してしまう傾向があります。

しかし、新人の方のやる気を維持するためには、店長をはじめ先輩の方の協力が必要となります。

新人の方の困難な部分をいち早く見つけ、対応することで長く続けてくれる可能性があります。

店長は、新人の方に長く勤めてもらいたいと考えます。

さらに、長く勤めてもらえるためには、どのようなサポートが必要なのかを常に意識しながら見守っています。

会社にとってどのようなメリットがあるだろうか

アルバイトとして正式採用したからには、会社のためにメリットとなる存在でなければなりません。

どのような人材に育てていくかが課題となってきますが、まずは新人としてできることを最優先に考えます。

会社の仕事としてアルバイトはたくさんのことを学びます。

例えば、飲食店であれば、お客様への対応の仕方や接客について、他にも、円滑に運営できるように細かい気配りができるようになることなどさまざまな場面でのスキルが問われます。

いかなる場合でも、1人1人のアルバイトの協力なしでは、店長の仕事は務まりません。

そこで、アルバイトのスキルに応じて適材適所に配置していきます。

つまり、店長は、採用した新人の方は何ができるのか、どう思っているのかについて意識しながら会社にとってのメリットを考えています。

既存の従業員が刺激となって、良い方向に進んでほしい

店長は、新人の方だけを意識するわけではありません。

既存の従業員との相性や注意しなければならない点においては十分気を付けています。

例えば、既存の従業員の中で、他人の悪口を話す方がいるとします。

そのときに何も知らない新人の方は、悪気が無くても同調します。

すると、悪口を言われた方は居心地が悪くなるうえ、新人であるがゆえに標的にされたり、それが苛めに発展したりすることがあります。

既存の従業員と新人の方の相性は大変重要な要素となります。

会社にとって従業員は大切な存在であり、店長も1人で仕事をしているわけではありません。

会社を円滑に運営していくためには、従業員の協力は必要不可欠といえます。

しかし、新人の方は既存の従業員のことなど知らずにいることが多く、やる気を維持して働き続けれくれればよいですが、入社して人間関係が上手く構築できずに退職してしまう場合があります。

既存の従業員と強調して、会社としてより円滑に運営できるようになることが最善ですが、反対に既存の従業員の足手まといになったり、既存の従業員と協調が上手くいかない場合もあります。

つまり、店長は会社がより円滑に運営できるように、新人の方には良い方向へ進んでほしいという思いがあります。

将来の店長候補として期待

店長は、既存の従業員や新人の方に対して、将来の店長候補としての期待を抱きます。

店長として勤めるなか、店長を目標として勤務している従業員は必ずいます。

そして、新人の方には、現在は店長という役職に興味はなくても、長く勤務していくなかで、いつかは店長としてやってもらいたいという期待を抱きます。

こんな辞め方は正直こまります

アルバイトで雇っている以上、正社員として採用されない限り、いつかは辞めるときがきます。

しかし、アルバイトの辞め方には、さまざまなパターンがあります。

そのなかでも、正直こんな辞め方をされては会社にとって不利益を被り、迷惑してしまうというケースがあります。

ここでは、アルバイトが辞めるときに、正直困る辞め方について解説していきます。

突然音信不通になる

アルバイトのなかには、これまで会社へ普通に出勤していても突然無断欠席してしまう方がいます。

例えば、飲食店で当日シフトに組まれているアルバイトが出勤時間になっても出勤せず、連絡をしても繋がらない状態が続いたとします。

そして、その無断欠席をした日から音沙汰がない状態が続いているとします。

アルバイトのシフトは店長が決める場合が多く、従業員の希望によって判断されます。

しかし、アルバイトが無断欠席をしてしまうことで、その日のシフトに大きな影響を与えます。

シフトに入っていたアルバイトが出勤しなかったことで、他の従業員に負担がいったり、欠員のまま運営しなければならなかったりします。

そうすることで、他の従業員だけでなく、取引先であったりお客様へ多大な迷惑をかけることがあります。

したがって、アルバイトが突然音信不通になるような辞め方は正直困ります。

辞める理由が分からない

人の考え方はそれぞれ異なります。

他人の考えていることを理解しようと努力すれば、理解することは大抵可能ですが、それでも考えていることが分からない場合があります。

これは、アルバイトの辞めるときの対応として、店長はアルバイトが辞めたいと申し出があれば、必ずその理由を聞きます。

しかし、その返答のなかには、店長が理解できないような理由があります。

一般的に、アルバイトが辞める理由として多くは、引越しや祖父母の体調の変化、環境の変化などによる家庭の事情によるものであったり、病気などで勤務に支障をきたす自分自身によるものであったりします。

しかし、アルバイトを辞める理由として理解できないもののなかに、友人との時間を作りたいためやひどい場合には自分でも辞める理由が分からないという方がいます。

店長としての考えは、アルバイトで少しでも長く勤めてもらいたいと思っています。

そして、辞めたい理由として、何か困難な場面にぶつかっており、それを取り除くことで辞めたいという気持ちを解消できればよいと考えています。

会社にとって人材は大切な存在であることから、アルバイトが辞めてしまうことに対して、危機を感じてしまいます。

そこで、店長はアルバイトが辞めたいという気持ちを解消させたいことから、理由を聞きます。

しかし、理由を聞いても理解できないような理由で返答したり、アルバイト本人も分からないということがあるため、店長としては困ることがあります。

がっつりシフト入れてる中で辞める

会社に勤務するアルバイトの多くは、シフトに沿って勤務します。

アルバイトの希望によって構成されるシフトですが、希望によってはシフトにがっつり入ることがあります。

しかし、がっつりシフトに入っているなかで突然辞められると、店長としては困ります。

例えば、飲食店で週5のシフトで20時間程度勤務しているアルバイトがいるとします。

しかし、突然そのアルバイトが辞めてしまったとします。

そのアルバイトがシフトとして勤務していた時間は、他の従業員で補充しなければならりませんが、出勤日数や時間が多いことから、なかなか補充することができません。

もともと、各アルバイトの希望によってシフト構成が決まっており、他従業員も限界のなかで勤務している場合が多いためです。

なかには、扶養に入っていることで所得制限がかかったり、学生など時間の調整が上手くいかずに無理なシフトで調整することができないことがあります。

このように、がっつりシフトに入っているアルバイトが辞めてしまった後の対応が困難な場合があり、店長としては大変困る事態となります。

辞める時の正しい辞め方

アルバイトが辞めたいと思っていても、実際に辞めるまでには社会的なルールを守らなければなりません。

社会的なモラルが欠如しており、ルールを無視した辞め方をすると、会社にとって不利益を被ったり、自分自身のためになりません。

ここでは、アルバイトを辞めるときの正しい辞め方について解説していきます。

どのタイミングで伝えるのがいい?

正社員とは異なり、アルバイトは入社しやすく自分自身の環境の変化にも対応しやすい勤務形態です。

一般的に、やる気があれば誰でもアルバイトとして働くことは可能で、特別な知識やスキルは必要のない場合が多いです。

しかし、アルバイトだからといって責任感がないわけではありません。

アルバイトも会社の一員として責任感ある行動をとりながら仕事をしていかなければなりません。

そこで、アルバイトで働いているときに辞めたいと思ったらどのタイミングで伝えるのがよいのでしょうか。

アルバイトは会社の一員として、職場の歯車の1つとして成り立っています。

つまり、アルバイトも辞めてしまうことで、欠員が出てしまいます。

欠員が出ると、会社は歯車を失ったこととなり、運営上大きな支障をきたす場合があります。

したがって、辞めたアルバイトの欠員を補充しなければなりません。

しかし、アルバイトの補充といっても、そう簡単に補充できるわけではありません。

一般的にも、素行に問題があったり、人間性に問題があるなどの特別な理由がない限りは、その場で退職を許可する会社もほとんどありません。

会社が欠員を補充するための期間は、おおよそ1か月を要するといわれています。

会社によってアルバイトの求人方法は異なりますが、1か月あれば新規でアルバイトを雇い入れ、研修期間などを経て基本的な知識やスキルを身につけさせることができるという判断です。

したがって、アルバイトを辞めたいと思ったら、その1か月前に会社に伝えるのがよいでしょう。

辞める理由はどう伝える?

アルバイトを辞めたいと思うということは、それに対して必ず理由があります。

会社を辞めたい理由は大切で、今後の会社の指針に影響する場合があります。

アルバイトが辞める理由として、家族や身内の事情であったり、アルバイト本人の都合であったりする場合が大半を占めますが、会社側に問題がある場合があります。

例えば、会社でいじめがあったとします。

そして、辞めたいと話してきたアルバイトが対象となっていた場合は会社に大きな問題があります。

このような事例の場合は、社会的にもモラルに反しており、会社自体が被害を被る可能性があります。

そうなる前に、会社としても何か対策を取らなければなりません。

アルバイトが辞めたいと思う理由としての多くは、家族や身内、自分自身の都合によるものがほとんどです。

しかし、辞めるときの理由は、どのように伝えるのがよいのでしょうか。

正社員であれば、辞めた後のトラブルを回避する目的で、辞表や退職表を提出するのが一般的です。

しかし、アルバイトはそのような手続きは踏みません。

ただ、会社の担当者に口頭で辞めたい理由を話すだけで認められる場合が多くあります。

しかし、どのような内容で伝えればよいのでしょうか。

それは、分かりやすく簡潔に伝えるのが最善といわれています。

その理由として、会社の担当者は、アルバイトが辞めたいと思っていて話してきても、その日はいつもと同じ業務を遂行しています。

その時間を割いてまで、アルバイトが辞めたい理由を話してきています。

つまり、会社の担当者の限りある時間を割いて、アルバイトの辞めるときの対応をしているため、それほど時間を割く余裕がない場合があります。

したがって、アルバイトが辞めたい理由を遠回しに話してくる場合もよくありません。

辞める理由は、単刀直入に話しましょう。

そして、分かりやすく簡潔に伝えることで、会社の担当者に負担がないようにすることが最善の方法といえます。

アルバイトの制服を返し忘れたら?

アルバイトの退職を会社が許可した場合は、アルバイトは会社に返却しなければならないものがあります。

会社から通知がある場合がほとんどですが、例えば、勤務時間の関係で社会保険に加入していれば社会保険証、会社で使用していたネームプレート、制服などがあります。

本来は、どれも返さなければならない大切なものですが、ここでは、この中でも制服について取りあげていきます。

会社の制服は、会社にとって資産の1つです。

その資産をアルバイトに一時的に貸与していることから、アルバイトは制服の管理は徹底しなければなりません。

例えば、アルバイトが会社の制服を自宅で失くしてしまった場合や、破損してしまった場合は、弁償しなければなりません。

会社によっては、会社負担でアルバイトの負担がまったくなかったり、アルバイトが一部負担するケースもありますが、一般的には、アルバイトがいくらか負担しなければならない場合が多いです。

このことから、アルバイトが辞めたときに、仮に制服を返し忘れたらどのようにすればよいのでしょうか。

それは、制服を返し忘れたことが発覚した時点で、すぐに会社に返却することです。

返し忘れたからといって、そのまま放置してしまうことが一番よくありません。

その理由として、制服は会社にとって資産の1つであるためです。

制服を返却しないということは、会社の資産を取ったと判断されることから、ひどい場合は警察に相談されることがあったり、裁判沙汰になったりすることがあります。

会社側も、アルバイトが定められた期日までに制服の返却が無かった場合の対応として、アルバイトに電話連絡や、自宅訪問などをとる場合があります。

しかし、それでも制服の返却に応じなかった場合は、第3者機関に相談することがあります。

それだけ、重大な事例に発展する恐れがあることから、アルバイトは、会社の制服を返却し忘れたことに気付いたらすぐに返しにいきましょう。

バイトの辞め方は、こちらの記事を参考に!

自分にあったアルバイトの選び方や注意点

現代社会にはたくさんのアルバイトが存在します。

しかし、自分にどのようなアルバイトが合っているのか、分からないという方も少なくありません。

アルバイトは大きく分けて室内で勤務する仕事と屋外で勤務する仕事があります。

それぞれに、大変なところはありますが、これまでの自分の知識や経験をもとに、合っていそうなアルバイトに挑戦してみることが大切です。

一般的にはアルバイトに必要以上の知識やスキルを求める会社はほとんどありません。

さらに、未経験者可能という会社も多く存在することから、比較的アルバイトは働きやすい環境を構築することができます。

ここでは、自分に合ったアルバイトの選び方や注意点について解説していきます。

【選び方①】職種から探す

アルバイトの職種は、主に室内と屋外で大きく分けられますが、現代社会にはたくさんの職種があります。

その代表的な職種には、飲食店や居酒屋などの店舗でのアルバイト求人や、アミューズメント施設での運営スタッフのアルバイト、企業の事務職などが挙げられます。

どの職種も責任感ある大切な仕事ですが、アルバイトをする目的と自分で働くことができる時間の確保について考えてみましょう。

アルバイトを職種から選ぶということは、職種によって求められる就業時間があることを理解しておかなければなりません。

例えば、飲食店やアミューズメントスタッフでは世間が休日の日に勤務することが求められます。

そして、居酒屋は世間が休日に加え夕方以降の余暇活動時間に勤務することが求められます。

さらに、企業の事務職は一般的に運用している平日日中の時間帯が求められるため、職種によって勤務する時間帯が異なる場合が多いです。

つまり、アルバイトを職種で選ぶということは、自分が働くことのできる時間帯を把握することが前提であり、必ずしも自分の挑戦したい仕事とマッチするとは限らないため、注意が必要です。

【選び方②】生活スタイルから考える

アルバイトは自分自身の生活スタイルから選ぶことができるというメリットがあります。

正社員とは異なり、時間や周囲の環境に合わせやすいためです。

例えば、家族と同居しており、両親の面倒を看ながらアルバイトをしているとします。

両親はその日によって体調の変化があり、毎日固定した時間で働くことが困難だとします。

このようなときに融通の利くアルバイトという勤務形態は最善の仕事といえます。

アルバイトは、会社によっては補充が利くことと、時間的な融通が利くメリットがあるためおすすめです。

しかし、生活スタイルで自由にシフト構成を組めることから、あまりに自由にしすぎて収入が少ないということもあります。

アルバイトも責任感ある仕事の1つであることから、自分の時間を大切にするばかりではなく、アルバイトとして働く意義についても再確認しておく必要があります。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

アルバイトは会社によって時給や雇用条件が異なる場合があります。

アルバイトでも、ある一定の時間(例えば、週40時間程度)を超えて働く場合は、社会保険が適用となったり、雇用保険が適用となったりすることがあります。

また、企業や職種によって時給が異なることから、選ぶ際には細心の注意が必要となってきます。

アルバイトも仕事の1つであることから、時給は少しでも高い方がよいという方も多くいることでしょう。

実際、同じ職種でも企業によって、集客数や売上高が異なることから時給に変動がある場合があります。

また、アルバイトでも役職手当や資格手当がつく場合があることから、企業の求人内容はしっかり把握しておき、少しでも雇用条件のよい企業を選ぶことが整然といえます。

【選び方④】エリアから考える

アルバイトを始めるときに重要な要素として、自分の住んでいるエリアがあります。

アルバイトをしながら、職場までの通勤時間が長くかかり、負担を感じているようだと長続きしません。

アルバイトは職場までの通勤時間も考慮しながら選ばなければ、自分がつらい思いをするだけです。

例えば、時給が高く雇用条件がどこよりもよく、自分もアルバイトをしたいと思っている企業の通勤距離が車で片道1時間程度かかるとした場合はどうでしょうか。

通勤時間が片道1時間もかかると、毎日の負担もかなりのものになります。

それではこれが、片道30分ではどうでしょうか。

それでも負担が大きく感じる方も多いと思います。

アルバイトをしている方の多くは、学生であったり他に本職を持っている方が多いと思います。

なかにはアルバイトで生計を立てる方もいますが、一般的には副業として考える方も多いです。

したがって、アルバイトにかける通勤時間も限られた範囲内であれば問題ないと思います。

一般的には、アルバイトの通勤時間は片道15分前後が目安とされています。

なるべく近いエリアが望ましいですが、最大でも片道15分以内に収めることができれば、日常生活を送るうえでそこまで負担は感じないと思います。

まとめ

ここでは、アルバイトをばっくれる前に見てほしい内容について取りあげてきました。

アルバイトを採用した店長の気持には、たくさんの思い入れがあります。

その期待に応えられなかったことについて、深く考えるアルバイトの方は実際ほとんどいないことでしょう。

しかし、あなたを採用した店長には、期待を込めた気持ちがあることを忘れてはいけません。

アルバイトを辞めたいと思っている方、アルバイトをばっくれたいと考えている方がいれば、見てほしい内容をふんだんに取り入れてみました。

是非参考にしてみてください。