学費を稼ぐため、生計を立てるため、或いは自身の社会経験や将来の就職のためなど、アルバイトで働く目的や働き方は様々です。

勤務形態がフレキシブルで働きやすく気軽に始められるのがアルバイトのメリットですが、その一方で入社してもすぐに辞めてしまう人も少なくありません。

中には、無断欠席を繰り返しそのまま出勤しなくなってしまう責任感のない人もいます。

少々言葉は悪いですが、ここではこのような無責任な辞め方を「ばっくれ」と表現しています。

アルバイトをばっくれる前に見てほしい採用担当者の気持ちや、最低限守ってほしいアルバイトの辞め方、そして自分に合ったアルバイトの探し方を解説します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

アルバイトを辞めたいと思っている方へ

あなたがアルバイトを始めたきっかけは何でしょうか?

そこには、生計を立てるため、お小遣いが欲しい、新しい経験をしたいなど様々な理由があると思います。

それでも一旦始めたからには、例えアルバイトであっても社会の一員として責任ある行動を取らなければなりません。

働いて給料を貰うということには、その分の責任が伴うのです。

しかし中には、遊び半分で従事し、仕事への責任感を微塵も感じていない方も残念ながらいます。

アルバイト従業員は会社の貴重な戦力であると同時に、経済がスムーズに回るための重要な働き手として社会の中に位置づけられています。

まずはそれをしっかりと自覚するべきでしょう。

ところで、何故あなたはアルバイトを辞めようと思うに至ったのでしょうか?

この問いに対しては、人それぞれに理由があると思います。

例えば職場の雰囲気が合わないと感じていたり、同じ職場に嫌いな人がいたりすることで、アルバイトを続けることに対する意欲が低下しているとします。

しかしこのような理由でアルバイトを辞めても、それは逃げているとしか言えません。

社会で働く上で他人とのコミュニケーションを図ることは大切ですが、基本的にどの職場にも自分と合わない人は必ずいます。

その中で上手く人と付き合っていくためには、人との距離感を意識したコミュニケーションの取り方が重要となってきます。

アルバイトは正社員よりも短時間勤務である場合が多く時間的にも余裕があるので、その利点を活かして人との付き合い方を勉強してみてはいかがでしょうか。

その努力をせず他の仕事に就いたとしても、また同じような環境になれば辞めてしまうということの繰り返しになってしまいます。

では、そうならないためにはどうしたら良いかを考えてみます。

様々な経験を積みたいという理由でアルバイトを始めてみたものの人間関係が上手くいかず、仕事内容も思っていたものと違うなどの理由で仕事を続けることへの意欲が低下し転々と職場を変えてしまう…よくあるケースですが、どこの職場に行っても自分が変わらなければ何も進歩しません。

やはり自分が求める理想の環境だけを求めて職場を変えるのではなく、自ら今の職場に適応し変わる努力をしてみましょう。

自分が変わることによって周囲との関係性も変わり、良い結果へと繋がっていきます。

そしてもう一つ。

今すぐにでもアルバイトを辞めたいと思っている方でも、身近に相談できる方が必ずいると思います。

気持ちを切り替える意味でも相談することは大切なことです。

自分が思っていること、感じていることを何でも話してみてください。

何か気付きが見つかるかもしれません。

あなたを採用した店長の気持ち

アルバイトを始める際は、情報源として求人誌やハローワークなどを活用して転職先を探す方が多いと思います。

企業が求人広告を出す理由の多くは、人材不足の解決や新たな事業を展開する際に必要な人材を補強するのが目的です。

求人広告に対して実際にアルバイトの問い合わせがあった時は、企業はその方に大きな期待を寄せます。

そして面接の結果採用が決まると、今後の会社の行く末を担う人材に育ってほしいという期待を抱くのです。

ここでは、店長がアルバイトを採用する際の気持ちについて解説します。

まずは研修期間を乗り越えてほしい

アルバイトを採用する時には、大抵の場合は店長が直接会って面接を行います。

店長は面接者のこれまでの経歴や趣味・特技、資格、現在持っているスキル、人柄について確認していきます。

面接者の本気度が疑わしかったり明らかにこの職種に向いていない場合、もしくは性格的に問題がありそうな場合は採用を見送りますが、能力・やる気・性格などに特に問題がなければ採用と判断されます。

そして採用後には、ほとんどの会社で研修期間が設けられています。

新しい従業員を採用した店長がまず心配するのは、新人がきちんと研修期間を乗り越えられるか、です。

せっかく採用したにも関わらず、すぐ辞退されてしまったり研修途中で投げ出してしまう新人が多くいるためです。

まずは研修期間を乗り越えて正式採用に残ってほしいのです。

どれくらい続けてくれるのだろうか

無事研修期間を終了すると正式採用として勤務し、仕事を覚えていきます。

しかし研修期間で学ぶのは基本的なことばかりなので、研修を終えて実践業務に移ると仕事の難易度が上がり、新人にとっては対応が難しいことも出てきます。

人によっては「自分にこの仕事は向いていないのでは?」という不安が芽生え、何とか自己解決しようとしてさらに不安が増す悪循環に陥ることもあります。

このような流れが原因で新人のやる気が低下し、入社早々に退職してしまうパターンも少なくありません。

そこで新人の不安を和らげるためには、店長をはじめ先輩従業員の気配りや協力が必要となります。

新人が困っている局面ををいち早く見つけ対応することで新人に自信を付けさせることができれば、長く続けられる可能性が高まります。

店長は、新人長く勤めてもらうためにはどのようなサポートが必要かを常に意識しながら見守っているのです。

会社にとってどのようなメリットがあるだろうか

アルバイトと言っても、正式採用したからには会社の利益に貢献する存在でなければなりません。

そのために店長は、どのような人材に育てていくか本人の成長過程を見ながら課題を用意していきますが、まずは新人として覚えるべき仕事を最優先に考え、着実に一つずつ学ばせます。

そうして段階を踏みながら、各自のスキルに応じて適材適所に配置していきます。

店長は新人のスキルや仕事に取り組む姿を観察し、会社の利益となる店舗運営と育成の両立を考えているのです。

既存の従業員とも良い関係を築けるか

店長は新人ばかりを気にかけているわけではありません。

先輩従業員との相性や注意点がないかなどにも気を配っています。

例えば従業員の中に他人の悪口を話す人がいるとします。

何も知らない新人には悪気がなくても同調せざるを得ない苦しい立場の時もあるでしょう。

悪口を言われたほうの従業員は居心地が悪いだけでなく、同調する新人を標的にしたいじめに発展しかねないとも限りません。

従業員同士の相性は働く上で大変重要な要素であり、新人の定着度をも左右します。

会社を円滑に運営していくためにも従業員同士の協力は欠かせず、店長は職場の人間関係にも日々目を向けているのです。

将来の店長候補として期待

店長は既存の従業員はもちろん新人に対しても、将来の店長候補になってほしいと期待を抱いています。

管理職や正社員への登用を目標に努力している従業員は必ずいます。

それが将来性ある若い年代でモチベーションの高い新人であれば尚更嬉しく、大事に育て応援したいと思っているでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

こんな辞め方は正直困ります

アルバイト従業員には学生や主婦(夫)、Wワークで働く人も多いため、職場に原因のない間接的な理由で辞められるケースも多くあります。

また、その際の辞め方にも様々なパターンがあります。

中には、会社にとって不利益を被り大迷惑してしまうというケースも…。

その代表例が以下のような辞め方です。

突然音信不通になる

よくある例として、それまで会社へ普通に出勤していたのにある日突然無断欠席するようになってしまうという人がいます。

例えば飲食店で当日シフトに組まれている従業員が出勤時間になっても現れず、連絡をしても繋がらない状態になったとしましょう。

無断欠勤が始まった日から連日連絡が取れず、音沙汰がない状態が続きます。

多くの店では勤務シフトは店長が決める場合が多く、各従業員の希望も踏まえて調整し、ギリギリの人員でやり繰りしています。

そのため誰か一人が無断欠勤をしてしまうと、その日のシフトに大きな影響を与えます。

他の従業員に負担がかかり、翌日以降も欠員体制のままでの営業を強いられることもあるでしょう。

一人の無責任な行動により、従業員だけでなく取引先やお客様にも多大な迷惑をかけてしまうことになります。

したがって、突然音信不通になるような辞め方は絶対に許されません。

辞める理由が本人にもよく分からない

人の考え方はそれぞれ異なります。

他人の考えていることを理解しようと努力すれば、大抵はある程度の考えを理解することは可能だと思います。

しかし、努力しても考えていることが分からない場合があります。

これはそんな事例です。

アルバイト従業員から退職希望の申し出があれば、店長としては必ずその理由を訊きます。

一般的にアルバイト従業員が辞める理由で多いのは、引越しや身内の看護・介護、本人の疾病、進学など家庭や自身の環境の変化によるものです。

ところが不可解な例として「友人と遊ぶ時間を作りたい」とか、もっと酷い場合には「自分でも辞める理由が分からない」などと平然と言う人がいます。

店長としては従業員に少しでも長く勤めてもらいたいと思っており、退職の理由にあたるものを取り除くことで退職を思い留まらせることができないかと、一縷の望みを持って真剣に理由を訊いているのです。

しかし、本人にも分からない理由などと言われると、それまで期待していた分だけ反動も大きく、本当にがっくりときてしまいます。

たっぷりシフトを入れている中で辞める

アルバイト従業員の多くは、シフトに沿って勤務します。

各従業員の希望によってシフト構成を組むため、希望によっては誰かにシフトが集中し連日勤務が続くことがあります。

そんな時に、本人の希望で何日もシフトを入れている従業員に突然辞められると、他の従業員に過度の負担がかかってしまいます。

 

その従業員が勤務するはずだった時間帯を他の従業員で補充しなければなりませんが、その日数や時間が多い場合、補充は容易なことではありません。

元より勤務シフトは各従業員の希望によって組まれています。

他の従業員も突然の追加勤務には限界があり、中には扶養範囲での所得制限がある人や学生など、時間の調整が難しい従業員もいます。

職場は一人で動いているのではありません。

まして自分の事情で退職を希望するのですから、例えどのような理由があるにせよ、せめて周囲への迷惑を最小限にするよう考えて行動してほしいものです。

退職時のルール

例えアルバイトであっても、辞めたい時に自由に辞めて良いわけがありません。

社会的ルールを守ることはもちろん、同僚にも気を配る責任があります。

ここでは、アルバイトを辞める際の留意すべき点について解説していきます。

どのタイミングで伝えるのがいい?

正社員とは異なり、アルバイトは入社しやすく自分自身の環境の変化にも対応しやすい雇用形態です。

一般的にやる気があれば誰でもアルバイトとして働くことは可能で、特別な知識やスキルが必要ない職種もあります。

しかし、だからと言って責任がないわけではありません。

アルバイト従業員は会社の一員であり、職場の貴重な戦力として組織に属しています。

退職によって欠員が出れば、会社は事業運営上大きな支障をきたす場合があります。

したがって、早急に欠員を補充しなければなりませんが、新しい人を採用し研修を経て戦力化するには相当な時間が必要です。

会社が欠員を補充するための期間は、おおよそ1ヶ月を要すると言われています。

アルバイト従業員の服務規則は会社によって異なりますが、勤務先に特別な定めがなければ、遅くても退職希望日の1ヶ月前までに会社に伝えるのが妥当でしょう。

辞める理由はどう伝える?

アルバイトを辞めたいということは、それに対して必ず理由があります。

従業員が会社を辞めたい理由を把握することは会社にとって重要で、その後の会社の指針に影響する場合もあります。

退職理由が本人側の事情ではなく、会社側に問題がある場合も考えられるからです。

例えば会社でいじめがあったとします。

そして退職を求めてきた従業員の退職理由がこのいじめが原因であった場合、会社には監督者として大きな問題があります。

職場にこのような状況がありながら放置することは社会的にもモラルに反しており、いつか会社自体が被害を被る可能性があるのです。

そうなる前に、会社としても何か対策を取らなければなりません。

一方でアルバイト従業員が辞めたいと思う理由の多くは、家族や身内、自分自身の都合による場合が多いです。

この時、辞めるときの理由はどのように伝えるのが良いのでしょうか。

正社員であれば、辞めた後のトラブルを回避する目的で辞表や退職願いを提出するのが一般的です。

しかし、アルバイトの場合はそのような手続きを踏むことは少なく、上司や採用担当者に口頭で申し出るだけで認められる場合が多くあります。

退職を申し出る時には、相手に理由を分かりやすく簡潔に伝えるのが最善と言われています。

回りくどい言い方はせず、単刀直入に話すようにしましょう。

簡潔且つ正直に伝えることで、相手に負担がないようにするのが最善と言えます。

また先に述べたように、理由によっては他の従業員の就労環境の向上に繋げられるかもしれません。

表現や言葉遣いなどは、相手への敬意を忘れないようにしましょう。

最後はやはり円満に退社したいところです。

貸与品の返却

退職時には、会社から支給された貸与品を忘れずに返却しなければなりません。

会社から通知がある場合がほとんどですが、例えば勤務時間の関係で社会保険に加入していれば社会保険証、会社で使用していたネームプレート、制服などが考えられます。

中でも会社の制服は、会社にとって資産の一つです。

その資産を従業員に一時的に貸与しているだけなので、従業員は制服を大切に管理するよう徹底しなければなりません。

例えば従業員が会社の制服を紛失してしまった場合や破損してしまった場合は弁償しなければなりません。

会社によっては従業員の弁償負担を免除したり、一部負担を減免するケースもあります。

一般的には従業員の一部負担が多いようですが、制服などは在職中からきちんと管理するよう注意しておきましょう。

また、退職の際に制服を返し忘れた場合には、発覚した時点ですぐに会社に連絡すると良いでしょう。

会社側も定められた期日までに従業員からの制服の返却がなかった場合の対応として、電話連絡や自宅訪問、場合によっては第三者機関に相談することがあります。

決してそのままにはせず、会社に連絡して郵送や後日の返却などについて指示を仰ぎましょう。

バイトの辞め方は、こちらの記事を参考に!

自分に合ったアルバイトの選び方や注意点

現代社会にはアルバイトとして働ける職種が沢山が存在します。

しかし、自分にどのようなアルバイトが合っているのかは本人にもなかな分からないものです。

アルバイトには大きく分けて室内で勤務する仕事と屋外で勤務する仕事があります。

それぞれに大変なところはありますが、これまでの自分の知識や経験をもとに自分に合っていそうなアルバイトに挑戦してみる姿勢が大切です。

 

ここでは、自分に合ったアルバイトの選び方や注意点について解説していきます。

【選び方①】職種から探す

アルバイト先を探す際にイメージしやすい代表的な職種として、飲食店・居酒屋などの店舗やアミューズメント施設の運営スタッフ、企業の事務職などが挙げられます。

どの職種も責任ある大切な仕事ですが、まずはアルバイトをする目的と自分が働ける時間帯を考えてみましょう。

職種によって求められる就業時間があることを理解しておかなければなりません。

例えば飲食店やアミューズメントスタッフでは世間が休みの日に勤務することが求められます。

居酒屋であれば一般的な休日に加えて夕方以降が営業時間となるので、その時間帯に勤務できることが条件です。

企業の事務職であれば一般的に平日昼間の時間帯が多く、職種によっては勤務する時間帯が前後することもあります。

つまり職種でアルバイトを選ぶ際は、自分が働ける時間帯を把握することが先決であり、その結果必ずしも自分の挑戦したい仕事とマッチするとは限らないため、注意が必要です。

【選び方②】生活スタイルから考える

アルバイトは自分自身の生活スタイルから仕事を選べるというメリットがあります。

これは正社員とは異なり、時間や周囲の環境に合わせやすいためです。

例えばあなたが家族と同居しており、両親の面倒を看ながらアルバイトをしていくとします。

その場合、もし両親に体調の変化があり毎日固定した時間で働くことが困難になった時にも融通の利くアルバイトの勤務形態は、最善の仕事と言えるでしょう。

時間的な融通が利くメリットを重視する人にはおすすめの働き方です。

ただし生活スタイルに合わせて自由にシフト構成を組める反面、1回の勤務時間が短くなり収入が少なくなることもあり得ます。

アルバイトも責任ある仕事の一つです。

やるからには自分の時間を大切にするばかりでなく、自分の成長やスキルアップ、働く意義について、あなた自身がどうしたいのかを再確認しておくと良いでしょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

アルバイトでの就職は、採用された会社によって時給だけでなく福利厚生などの雇用条件が異なります。

例えアルバイトでも、ある一定の時間(例えば週40時間程度)を超えて働く場合は社会保険や雇用保険が適用されます。

また同じ会社でも職種によって時給が異なる場合があるので、職種ごとの条件確認も重要です。

そしてもちろん同じ職種でも企業によって時給には幅があり、繁忙期など時期的要因で時給が変動する場合もあります。

その他、アルバイトにも役職手当や資格手当が付く会社も。

各企業の求人内容をしっかり確認し、少しでも条件の良い企業を選びましょう。

【選び方④】エリアから考える

アルバイトを始める時にもう一つ重要な要素として、自分の住んでいるエリアからの通勤時間が挙げられます。

仕事は短時間の勤務なのに職場までの通勤時間が長いなど通勤に負担を感じるようでは長続きしません。

アルバイトは、職場までの通勤時間も考慮しながら選ばなければ自分が辛い思いをするだけです。

例えば時給が高く雇用条件がどこよりも良い、自分も働いてみたいけれど通勤に車で片道1時間程度かかる会社の場合はどうでしょうか。

通勤時間が片道1時間もかかるとなると、毎日の負担もかなりのものになります。

それではこれが片道30分ならどうでしょうか。

片道1時間と比べればずいぶん短縮されますが、アルバイトで働く人の多くは学生であったり家庭を持っている主婦であったり他に本職を持っているなどで、やはり大きな負担を感じる方も多いと思います。

逆に、ぜひ働いてみたい職種であれば家から遠くても気にならないという人もいるでしょう。

通勤時間はそれぞれ自分が許容できる範囲内であれば問題ないと思います。

職場はなるべく近いエリアが望ましいですが、多少遠くても気になる会社があれば実際にその通勤時刻に足を運び、通勤のイメージを直接体感しておくと良いでしょう。

まとめ

以上のように、アルバイトを採用した店長の気持ちには沢山の思い入れがあります。

一方、その期待に応えられず辞めていったことを気にかけるアルバイトの方は、残念ながら実際ほとんどいないでしょう。

しかし、あなたを採用した店長には、あなたに期待を込めた気持ちがあることを忘れてはいけません。

アルバイトを辞めたいと思っている方、アルバイトをばっくれたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード


仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務を辞めたいという方はぜひこの記事をご一読ください。調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業ですよね?しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあるそうです。この記事では、そんな調剤薬局事務員が辞めたい理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務は忙しいながらも、そのやりがいを知っていただけたらと思います。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見する

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気をつけること

事務の休み事情についてご存知でしょうか?今回は、事務職の方が休みを取る際に気をつけることなどを詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で、雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方は是非ご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、雇用形態別に休みの取り方に違いはあるのでしょうか?事務職と一口に言っても、正社員や派遣社員などその働き方は様々です。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていた

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

育休復帰を悩む方、多いのではないでしょうか?妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎりますよね。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けまでにやっておくことや、心配事、その対処法について紹介していきます。仕事に復帰することを希望されている方は必見です。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員の

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

社会福祉士を辞めたいとお考えの方は必見です。老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな一見やりがいの持てそうな社会福祉士を辞めたいと感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の忙しいというリアルな声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上に問題を抱える相談者や施設の利用者、時にはそのご家族に寄り添う仕事です。相談技術はもちろん制度

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いていない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、私って歯科衛生士に向いていないかも…とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説しますので、今の業務に自信を失くしている現役の歯科衛生士さんにはぜひ最後まで読んでいただきたいと思います。歯科衛生士とはどんな仕事?歯科衛生士の仕事は主に「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などです。歯科医のアシスタント、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士に向いていない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人とはどのような人でしょうか?また、どのよ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きてしまった・・・。他の仕事に転職するなら?オススメな4つの仕事

歯科衛生士としてある程度ベテランになってきて毎日充実しているはずなのに歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...、患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど歯を見る以外の仕事も経験してみたい....、そう感じる瞬間も少なくありません。では、他の職業に転職する時に歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は冬の退勤時です。診療中は忙しくて、飽きたと感じる瞬間もなく時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また午前診療はお昼休憩を楽しみ

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

昨今は歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって起こる様々な病気が見つかっています。人間の歯は一度欠けたり取れたりしたら、再生するということはありません。その場合は歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらうことになりますが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番キツいと言われている仕事の一つでもあります。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの二つが大きいですね。そしてもう一つ、粉まみれになることです。粉ま

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いていない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。それはお金を頂き雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人は皆必ずしも完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗をしながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても「向いているタイプ」と「向いていないタイプ」が存在することもまた事実としてあります。今回は、社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきたいと思います。社会福祉士の仕事とはどんな内容

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

ウェディングプランナーの悩みについてここでお教えしちゃいます。特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできる職業ですが、その反面、悩みを持った方も沢山います。この記事では、そんなウェディングプランナーの大変なことについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーに向いてない人、向いている人、ご自身はどっちなのかをご参照いただけたらと思います。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるので

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士に向いてない人の特徴をここで詳しくご紹介させていただきます。そもそも管理栄養士になるためには何が必要だと思いますか?何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!栄養士に向いていない人に該当してしまった方も、乗り越え方を知って、諦めずに頑張ってみてください。管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情が気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は、働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いのか、連休が取りやすいのかどうかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情についてご紹介します。有給休暇の取り方や歯科衛生士の勤務時間についてぜひ参考にしてみてください。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的には休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いのは、何だと思いますか?現役の方は、今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人により様々な悩みがあると思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々な悩みをご紹介いたします。更に解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内します。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、上手くできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリきますし、自信を失くしてしまいます。上手なア

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

助産師がブラックな職業と感じてしまう理由って何だと思いますか?就職する前は応募した会社がブラックだなんてわかりませんし、そもそもストレスのない職業なんてありません。そんな中でも医療業界、特に助産師は厳しい職業だと言われています。今回は助産師が楽しくない原因についてお話ししていきたいと思います。また、助産師の現実を知った上で、それでも感じられるやりがいについてもご紹介させていただきます。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツいと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは「社会福祉士はやめたほうがいい」と言われてしまうようなブラックな仕事だと感じる原因について、経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックな職業と感じてしまった点をお伝えします。これからお伝えする内容はあくまで個人の主観的部分に当てはまるところなので、ご了承

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

薬剤師を辞めたい原因についてお話していこうと思います。ハローワークなどの求人に掲載されている給料や時給は高い方なので人気のある職業なはずの薬剤師。だからといってお金がたくさんもらえることだけが良い事とは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも特有の悩みだってあるんです。今回は、薬剤師を辞めて違う仕事に就こうかとお悩みの方に向けて、薬剤師を辞めたいと思う理由や乗り越え方、辞めた後のおすすめな仕事を紹介します。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れて

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も併せて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じることの一つに、職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため、歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いのです!今回は、そんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話します。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは、簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行っています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とてもストレスを感じやすい職種と言われています。人の役に立ちたい!と高い志を抱いて社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談に乗るばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士はどのようなことに悩み、どう解決しているのでしょうか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士がどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じやすい社会福祉士は施設や病院に何人もいるわけではなく、1人で業務をこなすケースも少なくあり