仕事でやる気でない、そんな時の対処法についての写真

今日はなんだか仕事のやる気が出ない・・・そんな日は誰にでもありますよね。

体調がすぐれない日もありますし、理由のあるなしに関わらず気分が落ち込む日もあります。

ずっと同じ調子で働き続けることほど難しいことはないかもしれません。

それでも社会人、やる気が出ない日も体調が少し悪い日も仕事を放り出すわけには行きません。

私も飲食業や販売業で10年以上働き続けていますが、もう行きたくないと思った日は数え切れないほど。

今回はそんなやる気がでない日に試してほしい対処法を状況別にご紹介します!

私は飲食・販売で10年以上でこんな仕事を経験していました。

まずは、少し自分の経験について書かせていただきます。

私は飲食業でパティシエとして10年以上、販売業に転職して5年以上社会で働いてきました。

今は派遣社員として働く一方、経験を活かして料理教室の講師をしたりライター業をしながら生活をしています。

派遣社員は不安定な働き方だと言う意見が多いですが、私にはとても合っていたようで正社員として働いていた時よりストレスも少なく、正直に言ってしまうとなんと年収も大幅にアップしています。

最初に就職したケーキ店はしっかりと腕のあるシェフに指導してもらえるとても良い環境でした。

社会人になったばかりの私にとってケーキ店での仕事は楽しくやりがいのある日々でした。

しかし、パティシエの世界の労働条件は私にはあまりにも厳しく感じられ7年で転職。

その後はレストランのパティシエとして働いた後、「自分は飲食業に向いていない」と感じ派遣社員として畑違いの販売業に転職しました。

飲食店の従業員として働くのは向いていませんでしたが、料理やケーキ作りはとても好きでしたので資格を取得し料理教室で講師を始めました。

飲食店で働くほど時間の拘束が少なく、自分の時間をしっかりと持てる今の働き方にたどり着くまでに約15年。

その間には何度も「もう仕事に行きたくない!」と思ったものです。

今の働き方にも不満はありませんが、それでも一生仕事を続けていくために色々模索している最中です。

仕事のやる気を出すための11個の方法

さて続いて本題です。

仕事のやる気が出ない時、世の中の皆さんはどのようにして自分を奮い立たせているのでしょうか。

実際にやっている行動や考え方などをできる限りたくさんご紹介していきましょう。

体調が優れずやる気が出ない

体調が優れない

今日は少し熱っぽい・・・お腹の調子が悪い・・など誰にでも起こりうる体調不良。

体調が優れないときは仕事のやる気もなかなか出ないものです。

一過性のものであれば少し休めば良くなりますが、体調不良が何日も続くようなら検査にも行きたいですし正直仕事どころではない、と言うのが本音ではないでしょうか。

体の調子がいつもと違うと仕事に集中できず小さなミスを繰り返してしまったり、大事な会議で聞き逃しがあったりとまったくプラスになりません。

そんなときの対処法とは?

体調が悪く仕事に集中できないときは、本当は帰ってしまうのが一番です。

無理をして次の日に休むことになったり体調不良が長引いたりしてしまっては、その日一日を乗り切っても意味がありません。

しかし、大事なクライアントとの打ち合わせがある、会議があるなどの重要な仕事が控えていたりとどうしても帰れない、休めない場合もありますよね。

どうしてこんな日にと自己嫌悪に陥ってしまいそうですが、それでは気が滅入ってますます体調が悪くなるというもの。

本当は大事な仕事は延期してもらうのがベストですが、それができない時はその大事な仕事が終わったらすぐに帰宅することです。

真面目な方ほどこのくらいの風邪でと思いがちですが、体調が悪い時に仕事をしても仕方ありませんよ。

私がパティシエとして仕事をしていた時、朝から体調がすぐれない日がありました。

当時私が悩まされていた偏頭痛です。

そんな日に限って大きなホールケーキの予約が入っており、せめてこの仕事だけは終わらせて帰ろうと思いケーキを仕上げました。

が、それを見た上司であるシェフは一言「調子が悪いんだね。今日はもう帰りなさい」と言ってくれました。

どうして分かったのだと思いますか?

その日作ったホールケーキは、たくさんの色のフルーツをバランス良くたっぷりのせるタイプのものだったのですが、その色合いがとても偏っていたのです。

何度も作ってきたケーキでシェフからも任されていた仕事だったのに、その日はバランスが悪く美しく盛り付けられていませんでした。

この様にやり慣れた仕事でも集中力を欠いてしまい周囲に余計な迷惑をかけてしまうことがあります。

無理をしないで帰宅しましょう。

仕事が上手く行かずやる気が出ない時

先程の体調不良で仕事のやる気が出ないのは解決法が簡単です。

続いて仕事が上手く行っていないと感じる時。

これも誰にでも起こり得ることですね。

仕事でミスが続いたり、上司に叱られたりした時はだれでも行きたくないなと感じるものです。

行きたくない、やる気が出ないと言うよりは仕事に行くのが少し怖い、と言う感覚かもしれませんね。

そんな時の対処法を見ていきましょう。

そんなときの対処法とは?

上司に叱られた。

ミスが続いている。

そんな仕事上のトラブルは仕事で取り返すしかありません。

ミスは誰にでもあるものですし、上司が叱ってくれるのはあなたに期待をかけてくれているからです。

確かに一時的にモチベーションが下がってしまうことはありますが、そんな時こそ上手く行った時のことを思い出してモチベーションアップに努めましょう。

ミスは過去に起こったことです。

引きずって今の仕事に影響を出してしまうのはもったいないですよ。

悪いことは続かないものです。

失敗した事はしっかり反省をし、今度こそ上手く仕事をこなすと言うある種の開き直りにも似た心の持ち方が大切です。

人間関係が上手く行かず仕事に行きたくない時

退職や転職の一番の理由が人間関係とされています。

職場の人間関係が仕事そのものに与える影響はとても大きく、人間関係の良い職場であれば仕事に対する社員の満足度も高いと言われています。

逆に職場に一人でも自分と関係の良くない人がいると、仕事へのやる気は削がれます。

人間関係が悪くなってしまう理由は様々ですが、セクハラ・パワハラなどの明らかな理由がある場合は本当に出勤するのが苦痛になってしまいますし、体を引きずって職場に行ってもやる気は出ませんよね。

そんなときの対処法とは?

まずは落ち着いて、どうして人間関係に問題があるのかを考えましょう。

同じ職場で働いているということは、少なくとも同じことに興味のある人だったはずです。

どうして仲良く仕事がきないのか、仲良くまでしなくても割り切って仕事ができないのか冷静に分析しましょう。

そうすることで自分を省みることができ、「あの時は自分も悪かったな」と反省ができたりイライラが落ち着いたりします。

次にセクハラ・パワハラを受けていると感じるときです。

個人的にはそのような職場にいる必要はないと思ってしまいますが、仕事内容に満足している場合は簡単に転職してしまうのも悔しいと感じるでしょう。

職場に相談できる機関や、信頼できる上司はいませんか?

今現在、セクハラ・パワハラは大きな問題として取り上げられます。

会社に相談できる人や場所がない場合は第三者の機関を利用するのも手です。

あなたは気持ちよく働きたいだけですから、気後れする必要はありません。

仕事がキツすぎてやる気が出ない時

仕事がキツすぎてやる気が出ない

多すぎる仕事量などで仕事がキツすぎてやる気が削がれてしまったと言う場合もあるでしょう。

あまりに仕事仕事の毎日が続いてしまうとやる気がなくなってしまうのは仕方のないことです。

「日本人は働きすぎ」だと良く言われますが、クライアントの要求や仕事の期限を気にするあまり、許容量を超えてしまうと言うのは残念ながらよくあることです。

そんなときの対処法とは?

仕事が多すぎると感じる時は迷わず周囲に助けを求めましょう。

自分一人で背負う必要はありません。

なんでも一人でやろうとしてしまうと、いつか必ずパンクしてしまいます。

私は一度飲食店の店長業に就いたことがあります。

オープンしたばかりのお店で、経営者である社長やお店を一緒に作った上司の期待を感じていました。

なんとかしてこのお店を流行らせたい、良いお店にしたい、きちんと部下を育てたいなど様々な責任を感じ仕事を一手に抱えてしまった経験があります。

仕事を抱えすぎてしまうと視野がとても狭くなり、助けてくれるはずの部下やパートさん、アルバイトさんに頼ることができなくなってしまいます。

私はどうにもならなくなった時に初めて「この量の仕事は無理です」と相談しました。

すると社長を始めとするお店の方々は、「もっと早く言ってくれたら良かったのに」と仕事をどんどん分担して行ってくれるようになりました。

この経験から、一緒に働く人に頼ることを私は学びました。

あなたも自分一人でなんとかしようとしていませんか?

もっと周りの人に頼っても良いのです。

仕事がつまらない、やりがいがないと感じる時

上記と反対に、仕事が少なかったりつまらない、やりがいがないと感じるときもやる気は減退してしまいますよね。

仕事量もバランスが大切で、多すぎても少なすぎてもモチベーションは保てません。

「本当はもっと他にやりたいことがあるのに」と考えてしまう原因にもなります。

つまらない仕事ではやりがいも感じられません。

そんな時はどう対処すれば良いのでしょうか。

そんなときの対処法とは?

仕事がつまらないと感じてしまう時は中だるみの時期と言うことができます。

毎日同じ仕事を同じ量こなすのを何年も続けると、どんなにやりたいと思って就いた仕事でも飽きが出てくるのです。

そんな時に必要なのは刺激です。

新しいクライアントと会ってみたり、新しいプロジェクトを提案してみるなど何か新しいことが必要です。

つまらない、だから転職しようと考えてしまうとこれから先の仕事が長続きしないかもしれません。

まずは何か自分からアクションを起こしてみましょう。

上司に他の仕事を任せてほしいと直談判するのも良いでしょう。

新しい仕事を任されると自然とやりがいも出てきます。

また、対策として小さな目標を持つということも効果的です。

この企画書を何時までに仕上げる、一週間に一つは契約を取るなど達成できそうなことを目標に定めるのがポイントです。

小さな目標を立てて成功したと言う体験を積み重ねることで、仕事へのモチベーションが戻ってくることがありますよ。

仕事がつまらないと思った時は、こちらの記事を参考に!

長期休みの翌日

長期休暇の翌日は誰でも少しは「仕事に行きたくないなあ」と感じるものです。

なかなかやる気も出ませんよね。

長期休暇が終わってすぐに「さあ、また仕事を頑張ろう!」と思える人はとても幸せものです。

今の仕事を大切にしてください。

楽しいお休みは終わりがあるもの。

また社会人として頑張らなければいけません。

そんなときの対処法とは?

長期休みの翌日にやる気が出ない人は、お休みの過ごし方を少し変えてみましょう。

休みだからと言ってお昼まで寝ていたり、夜遅くまで起きていたりしませんか?

生活のリズムを大きく変えてしまうと普段の生活に戻った時に体調がすぐれません。

できるだけ普段通りの起床時間を心がけましょう。

また、次の長期休暇のことを考えるのも有効です。

次の休みはここに行こう、こんなことをしようと考えると前向きな気持ちになってモチベーションも上向きになります。

許されるなら休み明けは仕事を詰め込まないことも大切です。

待遇に不満がありやる気が出ない

仕事自体に不満はないものの、お給料や労働時間などの待遇に不満がありやる気が出ないと言う方は多いのではないでしょうか。

どんなに仕事を頑張っても目に見える評価がもらえない場合や、労働に対しての対価が低すぎると言った場合、一度考え出してしまうとやる気を戻すのは至難の業です。

会社から正当な評価をされない不満は心に生まれてしまったら自然に消えることはなく、それまで気にならなかった細かな不満までさらに大きくしてしまいます。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

そんなときの対処法とは?

まず、明らかな長時間労働を求められる、サービス残業などが多すぎると言った会社自体の経営に問題がある場合から考えましょう。

おそらく、あなたが不満を訴えたところで会社が変わるのには膨大な時間がかかります。

そんな時は転職も視野に入れて動き出してみませんか?

転職サイトを眺めるだけでも良いのです。

他にもこんなに仕事があると思うことで少し気持ちが楽になるでしょう。

より良い環境を求めての転職は悪いことではありません。

お給料に不満がある場合は転職を考えるより先に会社と交渉してみましょう。

会社と交渉というと引っ込み思案な日本人は尻込みしてしまいますが、欧米社会では当たり前のことなのです!

自分はこれだけの仕事をしている、これだけの時間を会社のために費やしている。

だから、給料は上げてもらうのは当然の権利と言う考え方ですね。

会社と交渉の場を持つのは決して悪いことでも恥ずかしいことでもありません。

以前、私の上司で他店舗への移動を命じられた途端やる気を失ってしまった方がいました。

一緒に仕事のしやすい先輩社員だったにも関わらず、移動の命令が出てからと言うもの自分は家からも通いやすいその職場に居たかった、どうして自分が移動になったのかと不満ばかりを漏らすようになり、聞いている周囲の社員も疲れてしまうと言う状態でした。

待遇の不満を抱えて仕事をするのはとても辛く、他の社員にも影響を及ぼす場合があります。

部下や同僚に愚痴を言い続けても何も変わりません。

会社と話をしましょう。

今の会社でいいの?将来が見えずさらにやる気が出ない

将来への不安は多かれ少なかれ誰もが抱えているものでしょう。

自分の将来はどうなるのか?このままこの会社にいていいのか?など自問自答してしまうこともありますよね。

現在は大手の優良企業に勤めていても将来への不安が拭いきれない時代になってきました。

しかし、その不安が大きくなりすぎて仕事へのやる気を削いでしまうと言うことも起こります。

そんなときの対処法とは?

将来に不安を抱え、この会社にいてもいいのか?と考える方は恐らく近くに理想となる上司がいないのでしょう。

いわゆる「ロールモデル」ですね。

将来こんな上司になりたい、この人のような仕事をしたいと目標にできる人物が身近に存在していれば、将来への不安は減ります。

しかし漠然とした理由の分からない不安ではなく、実際にボーナスのカットが起こったり、人件費の削減が叫ばれるようになったなど具体的な行動が会社内で起こり始めている時はのんびりしていられません。

将来の不安が現実になる前に転職を考えましょう。

この仕事に向いていないと感じる時

どんなに夢をみて就いた仕事でも理想と現実は違います。

こんな仕事ができると思っていたのにやりたいことができない、またはやりたい仕事だったはずなのに楽しめないなどという状況は、とても辛いですし悩みますよね。

この先何をして行けば良いのか分からなくなることもあるでしょう。

そんなときの対処法とは?

一時的に「向いていないかも」と考えている状況なら、すぐに退職するのはおすすめできません。

転職してしまえばその仕事に再び就くのは困難な職種もありますし、まして今の会社に復帰するのはさらに難しくなります。

今あなたが任されている仕事は向いていないと感じるかもしれませんが、次に任される仕事内容はぴったりのものかもしれません。

じっくりと自分と向き合い、見極めるための時間が必要です。

本当に少しも楽しみを感じられないのか?少しのやりがいもないのか?などを落ち着いて考えましょう。

私は「自分はパティシエに向いていない」と感じ始めてから販売職に転職するまでに2年の時間をかけました。

その間、「パティシエには向いていない」けれど「ケーキを作るのは好き」と言う結論に達し、ではどうすれば自分らしく働けるのか?を熟考しました。

ケーキを作るのは楽しいけれど、パティシエとしてケーキ店に勤務するのは向いていない。

ならどうするのか?

辿り着いたのが料理教室講師でした。

将来は料理教室一本で生活ができるようにと考えています。

私も未だ道半ばです。

仕事が向いてないか見極めるチェックポイントは、こちらの記事を参考に!

プライベートが充実していない

プライベートと仕事は関係ないと思っていませんか?

しかし、実は大いに関係があるものです。

何か楽しみにしている予定がある時や嬉しいことが起こった時、仕事へのモチベーションも同時に上がりませんか?

反対にプライベートで嫌なことが起こってしまった時は仕事へのやる気も減退してしまいませんか?

仕事とは関係のないように思えても、プライベートの充実度は影響を及ぼします。

そんなときの対処法とは?

プライベートが充実していない!と感じる時は無理矢理にでも何か楽しみなことを作りましょう。

友達と食事に出かけたり、近くのカフェに出かけるなど小さなことで良いのです。

小さな楽しみを持つことで、仕事が終われば楽しみが待っていると考えられるようになります。

週末、少し遠くに出かけるのもおすすめです。

気分転換をしましょう。

ストレスを感じている

どれだけやりがいを感じる仕事でも、どれだけ楽しい仕事でも、職場や待遇に不満がなくても今日はやる気が出ない!と言うことも起こります。

人間ですから、そんな日も時にはやって来ることでしょう。

はっきりした理由もなく、昨日はやる気があったのに今日は仕事が全く捗らない。

そんな日はどのように対処すれば良いのでしょうか。

そんな時の対処法は?

体調も良い、仕事内容にも待遇にも不満はない、昨日まではやる気があった。

そんな時、あなたは知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいるのかもしれません。

そんな日は思い切って休んでしまいましょう。

有給休暇を使ったっていいのです。

そんなすぐに休めない!という方。

そうですよね。

真面目で誠実な人ほどストレスを溜め込んでしまうものです。

そんな時はストレス発散のために少し体を動かすのもおすすめの方法です。

デスクに座ったままでも、立ち仕事の方も、ストレッチをしてみましょう。

ストレッチは体をリラックスさせ、ストレスを軽減してくれます。

深呼吸もおすすめですよ。

まとめ

今回は仕事のやる気が出ない、そんな時の対処法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

仕事のやる気がでない日は、そんな日もあると自分の気持を認めることも大事です。

毎日同じモチベーションで仕事ができる人など存在しません。

認めながら、それをどのように乗り越えていくのかが社会人に求められる責任です。

「やる気がない」自分の気持ちを外に出してしまっては評価が下がってしまいます。

「そんな日もある」この言葉をつぶやきながら、なんとか一日を過ごしましょう。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご