高校教師の仕事には、どのようなイメージがありますか。

高校教師として働くには、どういったキャリアが役立つのでしょうか?

もしかしたら皆さんの中には、「人前で緊張せずに話すことが出来る人が向いているのではないだろうか」といった、なんとなくのイメージはあるかもしれません。

しかし、それだけが高校教師の適性として求められる訳ではありません。

今回は、自分が高校教師に向いているのか知りたい人に向けて、どの様な適性が求められるのかについてお話させていただきます。

高校教師はどんな仕事?

高校教師の仕事は、ただ授業を行ったり、生活指導として制服の着こなしを指導したりするだけではありません。

高校教師は、高校生という社会に出る一歩手前の若者に寄り添いながら、各教科や生活一般に関する教育や部活動などでの技術指導を行い、高校3年間という期間を通して、生徒自身が自分の進みたい道に進めるようサポートする仕事です。

高校教師の大まかな仕事内容

高校教師の仕事内容としてはまず、高校生に向けて授業を行います。

その中で、生徒にとって必要な学力や知識を身につけさせ、生徒が希望する進路に進めるようサポートしていきます。

また、生徒への生活指導を行い、社会でも通用するよう、社会のルールや言葉遣いやマナーを教えることもあります。

その他にも、学校全体が滞りなく運営されるように、学校運営に関する事務作業なども授業意外の時間で行っています。

高校教師の詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

仕事上の役割とは?

高校教師として求められる仕事上の役割は、学校での教育を通して生徒を希望の進路へ導くことです。

時には、生徒を注意することで憎まれ役にならなければならない場面も出てきますが、生徒の為に常に行動することが大切な役割です。

高校教師の仕事はどんな人に向いている?

高校教師として働くには、どんな人が適しているでしょうか。

様々な適性要素がありますが、高校教師に求められる要素をいくつか紹介していきます。

生徒のことを第一に考えられる人

これは高校教師でなくとも、すべての学校の教師に共通することかもしれません。やはり一番重要な適性は、上でも書いているように、生徒のことを第一に考え行動できることではないでしょうか。

生徒のことを一番に考え、時には嫌われ役も引き受ける。

その覚悟がある人は、教師に向いていると言えます。

メンタルが強い人

高校教師の仕事は、人間が相手です。

高校生は年齢的にも多感な時期ですので、時には、感情のままにきつい言葉を投げかけてくることもあるでしょう。

また、それは生徒だけでなく保護者や同僚の教師との関係の中でもあるかもしれません。

 そのような時でも、しっかりと相手の言葉に耳を傾け、自分の意見を持って対応出来るようなメンタルが無ければ、教師は務まらないでしょう。

専門性が高い人

高校教師にとって最も大きな仕事は、生徒に対して授業を行うことです。

担当の教科について、専門的な知識を身に付けていることが必要です。

 授業のための勉強では無く、その分野のさまざまなトピックスについて話ができたり、その面白さを伝えることが出来るよう、日々の情報集めや、最新の研究などにも精通しておく必要があります。

自分の専門性を高めて、さらにそれをかみ砕いて生徒に教えることができる人は、教師に向いているでしょう。

生徒に対して真摯に対応できる人

高校教師は、日々生徒とたくさんのコミュニケーションを取ります。

年齢的に高校生は大人の一歩手前ですので、自分で考えて行動できますが、場合によっては、教師が適切なサポートやアドバイスを行なわなければなりません。

そのような時に、生徒を子ども扱いせず、一人の人間として対応出来なければ、生徒から信用されないでしょう。

社会に出る前の生徒にとって、親以外の身近な大人が教師です。

自分の発言や行動が生徒に与える大きさを理解して、常に真摯な態度で対応できることが大切でしょう。

臨機応変な対応力がある人

学校という現場は、生徒や保護者、教師など様々な人間関係によって成り立っています。

そのため、想定外の出来事が起こることもあります。

例えば、何か人間関係のトラブルが原因で、ある生徒が学校を休んでしまうことや、ある生徒の授業態度が悪く、計画通りに授業が進まないこともあるでしょう。

その様な想定外の状況の中でも、様々な事情を抱えた生徒に対して真摯に向き合い対応できなければ、教師は務まりません。

どんな時でも、冷静で臨機応変な対応を行えることは教師に求められる必須条件でしょう。

高校教師の仕事に活かせる経験は?

高校教師は、人前に立ち生徒を指導する仕事ですので、その職に就くまでに、何かしらのリーダーや人前に立つ経験があればよいと思います。

具体的な例をいくつか挙げてみたいと思います。

塾講師の経験がある

塾での講師経験があれば、生徒への対応や授業の進め方など、事前に経験し知見を貯めることができます。

高校で授業を行う際にも、経験がある分、自信をもって臨むことができるでしょう。

また、採用時の自己アピールにも繋がります。

その際、なぜ塾講師ではなく教師として働きたいのかをしっかり答えられるようにしておくと良いですよ。

インストラクターや人を指導する仕事をしていた

人前に立って、何かを教えたり、たくさんの人をまとめるような経験も、高校教師の仕事に活かせます。

人前で話をする機会は、自分からやろうと思わなければ、中々機会がありません。

しかし、人前で話す経験を積むことで、自然とそういった場面での身のこなしが身についていきます。

最初は緊張してうまく話せなくても、何度も繰り返すうちに、自然と言葉や動きがスムーズになり、最初ほどの緊張も感じづらくなります。

そうすれば、高校教師として教壇に立っても、緊張せずに話すことができるでしょう。

子ども相手のボランティアをしていた

高校教師を目指すのであれば、中学生以上の子どもと一緒に活動するボランティアの経験があれば良いかもしれません。

夏休みなどに開催しているキャンプやイベントでのボランティアやアルバイトの経験などがあれば、高校教師の仕事にも活かせるでしょう。

これまでまったく高校生と関わった経験がなく高校教師になって初めて接するよりは、事前に接点があった人の方が生徒との接し方を知っています。

高校生に対してどういった言葉遣いや声かけをしたら良いかなど、経験として分かっているということは、教師を目指す上で良い知見となるでしょう。

高校教師として働くメリットとは?

安定した立場や収入を得られる

高校教師として働いていれば、社会人としての信用が得られます。

長期的に安定した収入や職を得ることが難しくなってきているので、雇用が安定していることは大きなメリットの一つかもしれません。

人気者になれる

高校生にとって、教師は一番身近な大人です。

若手の教師などは、年齢も近く話がしやすいため、少し年上の先輩として生徒に頼られることも多いです。

いじられているような対応も、生徒たちが心を開いている証でしょう。

またベテランの先生の場合も、授業が分かりやすかったり、教え方が丁寧であれば人気者になれます。

私の経験からも、教師として働いていると誰かしらから感謝されたり慕われたりする機会は多いように感じます。

教師も人間ですので、そうやって感謝されたり尊敬されたりすれば、嬉しいものです。

生徒と一緒に自分が成長できる

社会人となると学生の頃よりも自分自身の成長を感じづらくなるかもしれませんが、高校生と一緒に過ごす生活の中では生徒だけでなく自分自身の成長も感じやすいかもしれません。

目標に向かって努力している生徒達を身近に感じられる環境では、自分自身もその中で一緒に努力し、情熱を持って様々なことに取り組めるからだと思います。

成長とともに成長できることは、教師という職業の醍醐味かもしれません。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

高校教師の職についた後のキャリアプランとしては、教師としての専門性を高める以外にも、その専門性を活かした職業への転職も考えられるでしょう。

体育の教師をしていれば、インストラクターやフィットネスアドバイザー、ヘルスケアや健康の分野で活躍することができますし、英語教師であれば、高校以外で英語教室を開いたり、英語を使った他の仕事に就くことも可能です。

このように、高校教師は自分が持っている専門性を活かして様々な分野にキャリアアップしていくことができる職業だと思います。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

高校教師の仕事経験は、他の仕事にも充分に活かせると思います。

例えば、高校教師は授業以外での事務作業が多いためパソコンを使用した文書作成や情報処理が出来ますし、10代の若者から50代~60代の大人まで様々な年齢、立場の人と接する機会が多いので、コミュニケーション能力や環境への適応能力が比較的高いと思います。

こういったスキルは、教師以外でも様々な仕事に活かせるでしょう。

自分に合った高校教師の求人の選び方や注意点

高校教師として働く場合は、雇用形態や勤務先など、様々な選択肢の中から、自分にあった就職先を選んでいく必要があります。

それぞれ、自分に合った求人に応募できればよいのですが、なかなか難しい場合もあります。

そこで、ここからは、自分に合った求人の選び方や、求人を見る際の注意点をお話します。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は大まかに、「正規の高校教師」と「非正規の高校教師」の二通りがあります。

正規の高校教師とは教員採用試験や学校ごとの求人に応募し採用された教師であり、会社員でいうところの正社員です。

比較的雇用が安定しており、長期で働くことが可能です。

それに対して非正規の高校教師とは、非常勤講師や期限付き教師のことです。

教員採用試験を受けなくても各校実施の面接や試験などで合格すれば働くことができますが、任期が決まっているので、契約更新や給与・福利厚生など待遇の面で正規教師と比べて不安があります。

しかし、正規の高校教師と比較して仕事量や時間的制約が少ないなどのメリットもあります。

正規雇用で働き始めると辞めることも難しくなるので、教師としてスキルアップをしながら自分に合った職場か見極めるために、まずは非正規の高校教師として働いてみるのも良いかもしれません。

【選び方②】公立or私立から考える

公立高校で教師になる場合は、教員採用試験に合格しなければ正規の教師として働くことが出来ません。

合格すれば地方公務員として採用されますので、安定した待遇で働くことができます。

また公立高校は転勤がありますので、良い高校であっても、自分に合わない高校であっても、定期的に環境を変えることができます。

私立高校で教師になる場合は、私学適性検査を受けて私立学校からの採用を待ったり、自身で私立高校の求人に応募したりします。

私立高校の教師の場合は、学校単位での採用のため同じ職場で長期的に働き続けることが多いようです。

公立高校と私立高校のどちらで働くかについては、環境の変化があるかないかが大きな違いでしょう。

【選び方③】エリアから考える

高校は全国どこにでもありますが、都市と地方では、教育に対するスタンスが異なります。

私自身の経験則からですが、都市では保護者や教員同士ともある一定の距離感を持って付き合うことが多かったように感じます。

プライベートの事には必要以上に干渉しない雰囲気がありました。

それに対して地方では、学校とPTAの関係が深く、保護者や教員同士の距離も比較的近く感じました。

保護者や同僚教師とプライベートで接する機会が、都市で働いていたときより多かったように思います。

都市と地方では同僚教師や保護者との関係が異なりますので、どちらが自分に合っているか検討しておくと良いでしょう。

まとめ

今回、高校教師の仕事や教師への適性についてなど、お話しました。

この記事が、高校教師に向いているのか悩んでいる人の役に立てば幸いです。

一言に高校教師と言っても、その働き方は様々です。

ぜひ、この記事を参考に、自分に合った学校や働き方を目指してくださいね。