社会人になると、嫌でもついて回るのが「評価」。

仕事の実績や勤務態度から、その評価がくだされます。

しかし、仕事の評価は、会社などの組織から個人に対してくだされるだけのものではありません。

「あの人は仕事ができる」「仕事ができない」と、自分を取り巻く環境からの「評判」も評価のひとつです。

それがポジティブなものであればうれしい限りですが、なぜか噂のように広まるのはネガティブなものばかり。

さらに、そのネガティブな評判がマイナスの印象を生み出し、実際の仕事の評価もイマイチ…なんて、負のスパイラルに陥るのは避けたいですよね。

そんな状況を防ぐため、一度ご自身の仕事ぶりについて見直してみませんか?

仕事ができる人・できない人の差は、意外と身近で日常的なところから生まれるもの。

今回はその差や日常的な行動、さらには会社や仕事の相性について解説いたします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事ができる人の8個の特徴とは?

「あの人は仕事ができるね」と周囲からの評判も良く、会社からの評価も高い人とは、どのような人物なのでしょうか。

仕事の出来不出来は職務内容によってことなるため、一概にはまとめられません。

しかし、共通点として挙げられるのは、仕事以外のプライベートもきちんとしているということ。

「仕事ができる=日常生活も管理されている」といっても過言ではありません。

では、実際にどのような特徴があるのか、下記にまとめます。

朝に強い

まず、仕事ができる人の共通点として挙げられるのが、朝の強さ。

いわゆる「できる人」というのは、時間ギリギリまでだらだらと寝ているようなことはありません。

休日も含めきちんと決められた時間に起き、会社に行くまでの時間を有効に活用している人が多いです。

1日しっかりと頭を動かすために、ゆっくりと朝食をとる人。

ランニングなど運動し、頭を活性化させようとする人。

新聞やテレビから情報を得る人。

時間の使い方やその内容は人それぞれ異なりますが、いずれも自身の仕事に生きるように有効に活用しています。

挨拶がしっかりできる

これは仕事ができるできないに関わらず大切なこと。

しかし、仕事ができる人の印象としてよく挙げられる項目でもあります。

他人と一緒に仕事をしていくうえで、円滑なコミュニケーションは必要不可欠。

コミュニケーションがうまく取れなければ、社内の運営もスムーズでなくなるだけでなく、社外での営業成績などにも影響します。

そんな大切なコミュニケーションのはじまりが、挨拶。

そう考えると、挨拶がしっかりできる人は仕事もできる理由がお分かりいただけると思います。

整理整頓ができる

こちらも仕事ができる人の共通点としてよく挙げられる項目です。

家の中やデスクが整理整頓されているということは、必要な情報がどこにあるのかというのをしっかり把握しているということ。

したがって、タイムロスを防ぐことができます。

また、見た目や家の中の乱れは心の乱れとも言われます。

身の回りをきちんと整えられる人は、精神的にも安定している面があり、それが仕事にいい影響をもたらすこともあると言えます。

好奇心が旺盛

仕事ができる人というのは、必要な情報をその都度引き出して考えることができます。

つまり、その前段階として引き出しを多く持っている人が多いのです。

その引き出しの多さは勉強からくるものだけではなく、日々の生活からも得ることができるもの。

テレビやラジオなどメディアの情報を受けるだけでなく、外出や会食などで自ら積極的に情報を集めることも重要です。

好奇心が旺盛であればあるほど、情報に触れる機会が多く、情報感度や情報リテラシーも磨かれます。

よって、自身の仕事における発想力や創造力も高まり、評価や評判も自然とあがることがあるのです。

計画的に行動できる

きちんと計画立てて物事をこなせるというのも、仕事ができる人の特徴の一つ。

計画を立てることができれば、締め切りや期限に送れるということは、まずありません。

また、複数の業務を抱えた時も、しっかりと優先順位をつけてこなすことができます。

よって、不必要な無理で体を壊すこともなければ、時間に追われて仕事のクオリティが下がることもなく、業務を正確にこなせるのです。

その積み重ねが、会社では評価に繋がります。

一度会った人を忘れない

上記で触れたコミュニケーションの話にも通ずるものがありますが、円滑なコミュニケーションには、相手を敬う気持ちが不可欠。

一度会ったことがあるのに、「はじめまして」と挨拶をするのはかなり印象が悪いですよね。

逆に、向こうが忘れていたのに「●●さん、お久しぶりです」と挨拶できたら、かなりの好印象。

相手も「覚えていてくれたんだな」と、うれしさを感じることもあるでしょう。

その好印象が、ビジネスでは次の仕事に繋がるか否かの鍵を握る大切なものだったりします。

フットワークが軽い

こちらは上記の好奇心の旺盛さにつながる話でもありますが、フットワークの軽さも特徴の一つ。

様々なところへ足を運ぶことで多くの情報に触れ、自身の引き出しを増やすことがあります。

また、フットワークの軽さは、コミュニケーション能力の高さとニアリーイコール。

営業先への訪問、食事や飲み会の誘いに対しては言わずもがなですが、行く先々には様々な出会いがありますよね。

その出会いの中で生まれる挨拶や会話などから、コミュニケーション能力が養われることも多いです。

したがって、フットワークが軽い人というのは情報に触れる機会が多く、コミュニケーション能力も養われる機会が多いため、仕事の成績にいい影響をもたらすことがあるのです。

言い訳をしない

自分のミスを他人のせいにせず、きちんと認められるというのも、仕事ができる人の特徴としてよく挙げられます。

なぜなら、しっかりと認めることで一つの学びを得ると同時に、それを改善することで成長できるからです。

「失敗は成功の母」とも言いますが、その失敗を認めず、言い訳で片づけていたら成長はできませんよね。

だから、言い訳をせずにミスを認められる人は、仕事ができる人であったり、今後仕事ができる人になる可能性が高いと言えます。

他にも仕事ができる人の特徴は、こちらの記事を参考に!

仕事ができる人とできない人の差とは?

上記では、「仕事ができる人は、日常生活もきちんとしている」という話をしました。

では、仕事ができない人とできる人の日常生活には、どのような差があるのでしょうか?

できる人の裏返しでもありますが、その特徴を下記にまとめます。

朝が弱い

仕事のできる人は、時間を効率よく使うことができます。

それは日中だけでなく、朝の出社前の時間も同じ。

ギリギリまで寝て、朝ごはんも食べずぼーっとした頭で出社…という効率の悪いことはしないのです。

一方、仕事ができないと言われる人は夜更かしは当たり前、休日はだらだらと目が覚めるまで寝ているということが日常茶飯事。

それでは、体調を崩したり、外からの情報を得る機会を逃したりと、効率の悪い毎日になってしまいます。

その結果、「仕事ができない」という烙印が押されるのです。

挨拶ができない

上記でも述べましたが、挨拶ができない人って印象が悪いですよね。

さらに、円滑なコミュニケーションを築きにくい傾向にもあります。

そういった心象の悪さやコミュニケーション不足が、マイナスの評価につながるケースは少なくありません。

朝の挨拶はもちろんですが、「お疲れ様です」「お先に失礼します」といった声掛けも同様。

また、社内・社外どちらかのみにきちんと挨拶をするというのも良い印象ではありません。

利害関係を考えず、周囲の人たちには平等に気持ちのいい挨拶をする方が良いでしょう。

身の回りが汚い、散らかっている

ビジュアル的な清潔感というのは、直接的にも間接的にも評価に大きくかかわります。

顔のつくり云々ではなく、見た目や服装がだらしない人が評価されるケースというのはほとんどと言っていいほどありません。

これは容易に想像がつきますよね。

また、整理整頓ができないということは、仕事で必要な情報のピックアップにも時間がかかるということ。

そのタイムロスが生み出す損失は決して少なくないのです。

出不精

仕事ができない人にありがちなのが、こちら。

平日・休日問わず、家にこもってテレビを見たり携帯をいじったりと、インドアな生活を送る人が多くいます。

これでは、目や耳から得る以外の新しい情報に触れる機会が少なく、自身の引き出しも増えません。

また、メディアから一方的に情報を得ているだけの状態のため、情報収集能力や情報リテラシーと言ったスキルも養われにくいのです。

さらに、家にこもっていては他人とコミュニケーションをとる機会も少なくなるため、コミュニケーションのスキルアップも阻まれます。

言い訳が多い

「でも~…」「だって~…」「それは~…」。

仕事ができないと言われる人は、これらの言葉を多く口にします。

自身のミスを認めず、他人やモノのせいにしていては、成長できませんよね。

この言い訳の有無も、仕事ができる人とできない人の大きな差の一つと言えます。

他にも仕事ができない人の特徴は、こちらの記事を参考に!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

会社や仕事との相性は大丈夫?

上記の「仕事ができる人とできない人の差」で述べた項目があてはまらないのに、なぜか「仕事ができない」という評価がくだる方も中にはいらっしゃると思います。

そんな方は、会社や仕事との相性が良くないのかもしれません。

下記の項目に心当たりがある場合は、ご自身の仕事についてもう一度見直してみてください。

単純にミスが多い

睡眠不足でもなく、体調が悪いわけでもなく、なにか病気を抱えているわけでもない。

特に心当たりはないけれど、なんだかミスばかり…という方は、今の仕事が合っていないのかもしれません。

人と接することが苦手なのに接客業に就いていたり、もともと集中力がないのに細かい作業を主とする職業についていたりなど、本来の自分のパーソナリティーに背く仕事をしていませんか?

その場合は無理をせず、仕事を変えることを視野に入れてみてもいいかもしれません。

仕事にやりがいを感じない、楽しいと思えない

いくら仕事が嫌とは言えど、時にはやりがいや達成感を感じたり、「楽しい!」と思ったりすることがあるもの。

しかし、その感覚が一度もないという人は、少し考えものかもしれません。

今は大きなミスもなく、評価が悪くなかったとしても、将来的に何らかのトラブルを招く可能性があります。

また、個人のメンタルにとってもあまりいいことではありません。

好きなことを仕事にすることが正解だとは言い切れませんが、少しでも興味があることや得意なこと、やりがいを感じることを仕事にした方が、「仕事ができる人」という評価にはつながりやすいです。

ストレスで眠れない

評価に関わらず仕事のことが気になり、夜眠れないという症状に見舞われていませんか?

それは、何らかの重大なストレスを抱えている可能性があります。

そのような状態が長く続けば、業務やメンタルに悪影響が及ぶことも。

結果的に業務が捗らず、評価もマイナスになってしまうという可能性も少なくありません。

もし、夜ゆっくりと眠れないほどのストレスを抱えるようであれば、もう一度会社や仕事との相性を考え直してみるのもいいでしょう。

自分の働きやすい環境で働くということが、最終的には良い評価や、「仕事ができる人」という評判に繋がることもあるのです。

仕事が向いてないか見極めるチェックポイントは、こちらの記事を参考に!

まとめ

以上、今回は仕事ができる人とできない人の特徴やその差について解説いたしました。

「仕事ができる人」というのは、単純に優秀な人というわけではありません。

日常生活や身の回りのことをきちんとできる人ほど、仕事もきちんとこなせることが多いのです。

今現在、「どうして仕事ができないんだろう」と悩んでいる人は、まずは身の回りの生活から見直してみましょう。

ちょっとした整理整頓や日々の挨拶によって、いずれその悩みが解決されるかもしれません。

しかし、それでも解決されない場合や、日々の生活をきちんとこなしているのにも関わらず仕事が捗らないという人は、一度仕事や会社など、自分以外を見直してみてください。

自分一人で解決できない場合は、転職エージェントやキャリアカウンセラーなど、外部の力に頼ることも必要です。

今後の充実したワークライフのために、参考にしていただけますと幸いです。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご