ミドルと呼ばれる40代になると転職をしたくても求人が少ないと言われていて躊躇してしまいます。

確かに求人数は20代~30代に比べて少なくなってきますが、ゼロではありません。

求人の相対数よりも自分に合った求人が見つかるかが勝負です。

この記事でミドルの転職注意点や成功法、よくある悩みをご紹介します。

参考にしてください。

40代の転職で注意すべき6個のこと

思いつきで転職をしない

仕事で嫌なことが重なった、仕事で失敗してしまった、出世争いで負けたなどのきっかけから転職を考えると思います。

しかし、ミドルになると転職活動に平均3ヶ月はかかると一般的に言われているので、思いつきで次々応募を始めると勤務条件が合わない企業や待遇面で合わない企業で働かなければならなくなるかも知れません。

さらに発作的に退職を決意してしまうと経済的に追い詰められて人脈狙いの営業職やブラック企業へ就職して使うだけ使われて最終的にリストラされる可能性が高まります。

ビジネスマナーを守る

応募時のメッセージ文、応募書類送付時に送付書を付け忘れる、電話応対、来社時間、服装など新卒や第二新卒は一生懸命勉強して実践しています。

新卒や第二新卒と接している採用担当はミドルであればビジネスマナーが出来て当たり前と思って接しています。

しかし、意外と気を抜いている人が多く、椅子の座り方や採用担当に対する態度が横柄な人、体系に合わないスーツを着てくる人などがいます。

面接では面接官だけではなくアテンドする採用担当者の印象も合否に反映されるので注意しましょう。

経験のない仕事は避ける

ミドルの人は経験を活かせる仕事を選びましょう。

職種や業界が異なっても構いません。

業務内容の中で自分が経験したことのある業務が含まれているものを選んでください。

転職を決意した人の中にはゼロからやり直したいと未経験の業界・職種にチャレンジしたくなる人もいると思いますが、未経験になると前職の年収を加味した年収をもらうことが難しいため、生活の質を落としたくない人にはおすすめできません。

思い込みを捨てる

「自分くらいのキャリアがあればどこでも受かる」このように思っている人は今すぐその思い込みを捨ててください。

世の中には若くても大きな仕事をしている人もいます。

同じ年齢で何億も稼いでいる人もいます。

さらに、中途採用で求められている人はすごい実績をもつ人ではありません。

経験や実績も選考対象になりますが、重視されるのは人間性です。

多くの企業では中途採用者に、部下と隔たりなくコミュニケーションが取れて指導できて社風を受け入れる柔軟性や謙虚さを持つ、物腰が柔らかく謙虚な人を求める傾向があります。

「どこでも受かる」と高をくくっていると採用担当に見抜かれるので注意をしましょう。

きちんと転職準備をする

社会人経験が長いので転職準備をしなくても大丈夫だと思っている人も多いようですが「ミドルの転職=最後の転職」と言っても過言ではありません。

なぜ転職をしたいのか、という動機から入りたい会社の条件や転職活動期間などをきちんとまとめ、職務経歴書の書き方や面接対策も新卒の就職活動の時よりも念入りに行いましょう。

新卒の時は「前向きで明るく元気であれば採用」してくれる企業もありますが、ミドルになると面接官の見る目が厳しく質問もかなり突っ込んだ内容になります。

志望動機や自己紹介でつまずいてしまうと、「聞かれるとわかっていることの準備もしていないなら入る意欲無し」と捉えられるので、その後どんなに挽回をしても内定を取るのが難しくなります。

業界・職種・企業研究をサボらない

転職準備の一環ですが、同業界・同職種への転職になると企業研究をサボる傾向にあります。

応募企業が取引先や競合企業だと「昔から知っているから大丈夫」と思ってしまいますが、企業理念や支店の場所や数を把握している人は少ないのではないでしょうか。

面接で「企業理念に共感して・・・」と言ったにもかかわらず「具体的にどの部分ですか?」と突っ込まれて困る人がいます。

同じ職種でも企業によって働き方が違うので働き方や企業概要を調べ、業界情報も最新のものにアップデートしておきましょう。

職務経歴書は読みやすさを重視をする

ミドルになると職務経験が豊富になるため職務経歴が長くなります。

職務経歴書はA4用紙2枚に納めましょう。

3枚になっても構いませんがダラダラ書くのはいけません。

採用担当が読みやすいようにプレゼン要素を踏まえて作成しましょう。

コミュニケーション能力と指導力の認識を再確認

中途採用ではコミュニケーション能力が必ず問われます。

さらにミドルでは指導力も問われるものです。

コミュニケーション能力がどのようなものか、きちんと理解できているでしょうか。

コミュニケーション能力とは話す能力だと思って「部下に積極的に話しかけている」「部下との飲み会で自分の経験を伝えている」と得意げに話す人がいますが、コミュニケーション能力で重要なのは傾聴能力です。

どれだけ部下の声に耳を傾けているのか、その声にどう応えたのかという部分に採用担当は興味を持っています。

また、指導力も「自分の方針に従って課題を乗り越えた」「自分の一声で方針転換して成功した」という指導力のエピソードを語る人がいますが、これは指導力とみなさない企業が多いと思います。

なぜなら、多くの企業が求めているのは部下の自主性を引き出す指導力を持った人だからです。

部下にどのような働きかけをすることで、自主性を引き出したのかというエピソードが語れるようにしましょう。

なぜ40代の転職は20代・30代よりやりにくいと思われているか?

1人あたりのコストが高いので求人を出すのに躊躇してしまう

現在、人員不足にもかかわらず費用は人件費削減にしています。

特にミドルは他社からの中途採用で入社させると年収が高くなってしまうため、欠員が出ても社内で調整をして30代を採用する方向で進めることがあります。

良い人材を安く採用して安いランニングコストで働かせたい、というのが企業の本音のようです。

募集が少ないうえ定員1名

20代~30代は営業力や組織力向上、欠員補充でスタッフ職を募集するため、募集が出る機会が多く募集人数も1名~50名まで幅広くあることから応募倍率もそこまで高くなりません。

しかし、ミドルになると募集枠がマネジメントかスペシャリストであるため、定員が1名(多くても2名)になります。

募集背景としては欠員または新規プロジェクトの立ち上げ、組織改編が考えられるため求人が出る機会が少ないため応募倍率が高くなります。

求められるスキルが高い

若手の育成経験、専門的な知識や技術など求められる要件が非常に高くなるため、転職回数が多い人はそこまでのスペックがないため応募すらできません。

また、書類選考では年齢と昇格スピードが伴っているのか、自社で支払える年収と希望年収、前職の待遇と求人の待遇など書類選考が20代~30代よりも厳しくなるため、書類選考で落ちる人が多く出てきます。

ポテンシャルではなく実績と環境適応能力が勝負

20代~30代は実績がなくてもポテンシャルでカバーできますが、ミドルは伸びしろが少ないため実績勝負になります。

ミドルは自分なりの仕事方法が身についているため、自社のやり方に馴染めるのかといった部分を企業が危惧しているため、謙虚さや学ぶ姿勢がることを面接で述べることで環境への適応能力が高いことをアピールできると合格への近道になります。

即戦力しか採用しない

ミドルはどこの企業でも職務経験がすぐに活かせる人しか採用しません。

なぜなら、マネジメントの仕事やスペシャリストの仕事を教える人がいないからです。

会社独自のルールは若手がサポートすることができますが、マネジメントの仕事は自分の経験を活かしながら覚えていくしかありません。

そのため、今までの経験という引き出しが多い人ほど採用されやすくなっています。

企業選びが厳しくなる

ミドルになると家庭を持っていることから、仕事内容よりも年収や福利厚生で外せない要件が多く応募企業へ求めるものが多くなります。

最後の転職と考えると退職金が気になるでしょうし、スキル面が合っていても購入したマイホームから遠い、転勤ができないといったミドルならではの条件で企業選びが難しくなってきます。

特に生活の質を落とせないことから年収への強いこだわりがあるため、スキル面でマッチしていても年収が低いと応募をためらってしまうでしょう。

他にも福利厚生でも家賃補助が出ない、といった面で応募が難しい時は転職エージェントを利用して交渉をしてもらう方法があります。

40代のミドル層の転職を成功させるために必要な6個のこと

新しい会社の文化・やり方を吸収できる素直さ

前途したように募集企業が危惧しているのが入社後に会社のやり方、社風に馴染めるのかといった点です。

この部分を解消するために職務経験のエピソードで謙虚な姿勢や素直さをアピールしましょう。

特に年下の部下に仕事を教えてもらった経験をアピールできると面接官に入社後に働くイメージをしてもらいやすくなります。

マネジメント経験・実績

マネジメント経験・実績では部下が何名いて自分がどんな仕事をしたのか、どのような実績を残したのか職務経歴書に書きましょう。

マネジメントに必要なのはリーダーシップ、指導力、問題解決能力、調整能力(人間関係・スケジュール)、危機管理能力、チャレンジ精神、ストレス耐性です。

これらをうまく絡めたエピソードを述べられると大きなアピールポイントになります。

さらに部下からどう思われていたのか客観的に述べられると良いでしょう。

定量的に示せる実績

職務経歴書作成のルールとして数字で表せるものは数字で表す、というものがあります。

部署の人数、期間、実績や前年比を数字で表すことでマネジメント経験や実績を採用担当にイメージさせることができます。

面接の前は応募書類でしかアピールすることができません。

採用担当に応募書類とは別に自己PRのレジュメを添付してくる人もいますが、採用担当は決められた応募書類以外のものは目を通しません。

履歴書と職務経歴書が応募書類として指定されている時は、履歴書と職務経歴書のみで自分のことを伝えるしかありません。

そのためには、前に述べたように採用担当にプレゼンできるよう見やすくてイメージしやすい応募書類を作成しましょう。

応募ツールは複数使う

ミドルの応募先は前に述べたように限られています。

そのため、使えるツールはどんどん使用しましょう。

【応募ツール】

  • エントリー型の求人サイト
  • スカウト型の求人サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 求人雑誌
  • 新聞
  • リフォラル採用(社員紹介)

ハローワークを使うことを敬遠する人も多いですが、応募前に企業をしっかり調べた上で応募をすれば、使えるツールの1つです。

また、リフォラル採用は近年企業の間でコストがかからずに人材を採用できると積極的に利用しているため、同業種で転職をする時は自身の人脈を使って転職する方法も検討してみましょう。

転職活動の前に転職計画を立てる

ミドルの転職は平均3ヵ月かかるといわれています。

家族がいる人は家族のことも考えなければいけないので、計画をしっかり立てましょう。

今後のライフプランとマネープラン

家族の進学や就職、家を持っている人は家の修繕、車の車検や買い換え時期など大きなお金がいつ、いくら動くのか予測を立てて希望年収を決めます。

また、転職先が決まる前に退職した人はその間経済的な面をどうするのか、転職先を決めるタイムリミットがいつなのかを知っておきましょう。

自己分析と職務経歴の棚卸し

転職活動には自己分析と職務経歴の棚卸しが必要です。

  • なぜ転職をするのか、転職先で何をしたいのかを考える
  • 自己分析
  • 職務経験の棚卸し(マネジメント力、プレゼンスキル、パソコンスキル、コミュニケーション能力など)
  • 転職先に求める条件の洗い出し
  • 条件の優先順位をつける
  • 自分の市場価値

市場価値は下記などのサイトで知ることができます。

@タイプ

https://type.jp/valuetest/input.do

パソナキャリア

https://www.pasonacareer.jp/income/

応募する前に企業が何を求めているのか知る

求人を何度も読んでどのような人材を求めているのか分析をしてください。

的外れな企業へ応募しても意味がありませんし、入社してもやりがいのない仕事ではすぐに転職したくなります。

本当に自分のやりたいことができるのか、スキルと見合った企業なのか見極めてから応募しましょう。

40代の転職でよくある悩みと解決策

未経験職種へ転職したいけれどなかなかない

現在人材不足の職種は下記の職種と言われています。

未経験者歓迎、年齢不問の求人が多いので検討してみましょう。

  • 警備員
  • 介護職
  • 営業
  • 運輸(ドライバー)
  • タクシードライバー
  • 飲食店業界の店員
  • 小売業界の店員
  • セレモニースタッフ
  • 建築業界の土木作業員、鉄筋工、機械オペレーター

体力勝負の仕事が多いですが経験を積んでいけば内勤業務の多い仕事になります。

企業になじめるのか不安

誰でも新しい職場に行くのは不安です。

そんな時は応募先企業のVorkersをのぞいてみましょう。

元社員や嫌気のさした社員が書き込んでいるので、基本的に悪いことしか書いてありません。

話半分で読み「こういう欠点があるんだな」と感じておき、気になることは面接官にぶつけてみましょう。

「昔はそうでしたが改革をして今は違いますよ」という返事が返ってくるかも知れませんし、正直に話してくれることもあります。

面接官の態度を見ることで不安が和らぐことがあるでしょう。

内定後の時は採用担当や配属先部署の上長に面談をお願いして話をしてみましょう。

運が良ければ職場見学ができるかも知れません。

家族の理解が得られない

なぜ、今になって転職をしたいのか理解してもらえないかも知れません。

だからといって隠れて転職活動をするのも後ろめたいものです。

内定が決まってから打ち明けて反対されて内定辞退した人も多くいます。

せっかく希望に合った企業が見つかったのに、内定辞退はもったいないと思いませんか。

それならば、なぜ転職をしたいのか腹を割って話し合ってみましょう。

それでも理解が得られないのであれば家族の意見と自分の意志どちらを選択するかは自分次第です。

年下に仕事を教えてもらいたくない

転職後も「前職は超大手有名企業にいた」「国立大を出てる」とプライドを振りかざしている人がいます。

しかし、入社したら同じ会社の社員です。

年下の社員、アルバイト、派遣社員などの人から仕事を教わることが多々あります。

それが嫌なら転職をするのを辞める、という選択肢をお勧めします。

自分の良さをわかってくれる企業がない

この悩みは年代を問わずあります。

悩みの原因は自己分析が間違っていることから、自分に合っていない企業へ応募をしていためです。

自己分析に自分の思い込みが混じっている可能性があります。

自分の自己分析結果を家族や友人に聞いてもらい、間違いを指摘してもらいましょう。

または自己分析サービス付きの転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

転職エージェントとはどんな仕事?その仕事内容や転職業界においての役割、なり方など詳しく解説します!

現役キャリアコンサルタントが語る「転職エージェントとは?どんな仕事?」ここでは具体的な仕事内容から、転職エージェントの業界における役割、転職エージェントへの就職方法、就職するうえでの注意点をエピソードをまじえながら、お伝えしていきます。私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な仕事のイメージがつきやすい内容になっていますので、是非ご一読ください!転職エージェントとはどんな仕事?転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行います。転職エージェントの仕事内容とは?それでは具体的にどういっ

携帯電話販売の転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

近年、携帯電話の飛躍的な進歩により携帯電話会社への転職を考えられている方も多いと思います。未経験だけど大丈夫かな?携帯電話の料金プランは難しそうだけど覚えられるかな?クレームが多いって聞くけど本当?などなど、興味はあるけどなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。携帯電話販売転職に失敗したくないと思われている方や、携帯電話会社への就職を失敗させたくないと思われている方に向けて転職に役立つ知識や成功させる為のコツなどを詳しくご紹介していきたいと思います。こちらの記事では携帯電話販売員としての成功のコツに加えて接客業界に使える事にも触れています。携帯電話販売のお仕事は接客業界以外からも注目さ

客室乗務員の転職を成功させるためにやるべき3つのことやリアルな転職事情、上手な転職方法を解説します

転職して客室乗務員になりたい!と思った時、いざ転職活動を始めるには何かから手をつければいいのでしょう。客室乗務員を志望する際の心構えや入社後の様子、転職事情についてお答えします。客室乗務員の転職事情とは?転職して客室乗務員になる人は実は意外といます。新卒の就職活動の時に客室乗務員試験を受けたけれど不採用だった人が、既卒募集に再チャレンジして見事夢を叶えた人や、一般企業に勤めていたけれど昔の夢を忘れられず一念発起した人など、実際にいろいろな職歴を持っている客室乗務員がいます。国内大手航空会社をはじめ多くの航空会社が、新卒採用とは別に既卒採用を行なっています。応募にあたり航空業界での経験などは不問

病棟看護師の転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法を解説します

看護師であれば、一度は転職を経験されたという方もいるのではないでしょうか?でも転職は一大イベント!「転職したいけど、何を基準に選んだら良いかわからない!」「転職先で上手くやれるか不安…。」そんな方も多いでしょう。そこで今回は『転職を成功させるためのポイント』を私の経験談を織り交ぜて、ご紹介します。ターゲットは『病棟看護師』!これを読み終わる頃には、あなたの転職への不安が軽減しているかもしれませんよ?病棟看護師のよくある転職理由転職理由は人それぞれです。私は今まで2回の転職を経験してきましたが、理由は『夫の転勤』。しかし他にもこんな理由で転職したいと考えている看護師は多いでしょう。人間関係が上手

栃木での転職で失敗しないために知っておくべき5個のことや人気な職種や業界を教えます!

私自身、今の会社に2年前に転職しました。前職からここへ就職するまでは半年ほど派遣をしながら転職活動をしていました。その際の経験から、栃木での転職について書かせていただきたいと思います。栃木の転職を失敗しないために知っておくべき5個のこと今の仕事を辞めるタイミング栃木に限ったことではないかもしれませんが、同じような業種の仕事で転職を考えている場合、今の仕事のやめ方が悪いと就職活動に影響が出る可能性があります。と、言うのも都会ではないので同市内などですと、結構同じような業種だとそれなりに情報網が繋がっており、情報が伝わりやすいからです。ですので、突発で辞めたり、揉めて辞めたりすると悪い情報が流れる


転職に関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転