昨今、子供のおもちゃの域を脱し、大人も楽しめる成熟した一種のエンターテインメントとなったコンピューターゲーム。

好きな人は一度は憧れるゲームを作る仕事の現場の現実はいったいどういったものなのでしょう。

制作会社に入社するために必要なスキルや、特性上の向き不向きを業界経験者がご紹介していきます。

「ゲームを作る仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゲームを作る仕事はどんな仕事?

ゲームの企画を立ち上げ、企画が決まればコンピューターソフトとして開発し、量産(もしくはネット配信)して流通させる仕事です。

今や娯楽の代表的なものとなっているゲームをトータルプロデュースする仕事といえます。

ゲームを作る仕事の大まかな仕事内容

まずはどんな企画にするかの企画ありき。

それが決まればゲームとしてのルールやシステム作り。

世界観やコンセプトにそったシナリオを書いたり、ビジュアルを作ったりして、それを統合してコンピューターソフトとして開発し、販促をして流通させ、売り上げに繋げます。

仕事上の役割とは?

セクションによって役割が違います。

昨今では一部、ゲームデザイナーのアーティスト化が見られる例がありますが、基本的には分業で開発が進むことが多いアイテムです。

ゲームとしての企画を立てる人、ビジュアルや世界観を絵(CG)で表現する人。

ストーリー仕立てのタイトルならシナリオライターもいます。

もちろんゲーム機やPCでソフトとして動かすためにプログラムをする人もいて、それら全てを包括的に管理する人、そして完成後の流通に関わる人や販促・広報に関わる人まで含めたプロジェクトで動くことが多い仕事です。

ゲームを作る仕事はどんな人に向いている?

それではゲーム制作の職場に向いている人の特性とはいったいどんなポイントがあるのでしょうか。

いくつかあげてみましょう。

ゲームが好きな人

やはり、エンターテインメント要素の強い商品ですから、制作現場で働くにしろ、営業にしろゲームが嫌いでは取り組むことができないと思います。

プライベートでプレイしなくても、ゲームという文化に全く無関心や、むしろ嫌い、というマインドではこの業界で働く事は難しいです。

クリエイティブな人

映像、音楽、ストーリー、そしてなりよりプレイヤーが遊んでいて面白いと思えるゲーム性。

それらを想像力豊かに作り出していくアイデアと感性に溢れた人はゲーム作りの仕事に向いています。

コンピューターゲームは今やおもちゃというより国民的な娯楽メディアですので、その制作にはクリエイティブな姿勢が必要です。

プログラマー以外はあまり文系・理系の垣根はないイメージです。

心身ともに強靭な人

大きなプロジェクトだと企画の動き出しから数年の制作期間があります。

ゲーム開発の現場は、その中で実に様々なことが起こり、それを一つひとつ解決していかなければいけません。

完成予定、発売予定がある以上、それを作る工程にもスケジュールがあり、不測の事態に対応しながらそれらを遵守していかなければなりません。

もともとゲーム好きが集まっていることが多い現場なので、意外とキツい、苦しいといった雰囲気は感じにくい職場ですが、やはり業務実態はトラブルや軌道修正ありきでスケジュールも厳しい現場が殆どです。

とてもやりがいがある仕事なのですが、やはり強靭な心と身体を持っていないと、仕事は好きだけど続けられないということにもなりかねません。

「ゲームを作る仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゲームを作る仕事をするために活かせる、今までの経験は?

ゲームを作る仕事に就きたいと思う気持ちは、ゲームファンなら一度は描く希望ですが、実際に制作会社に入るために活かせる経験や有利なスキルとはどんなものがあるのでしょう。

また、技術職の側面もありますので、業界経験なしでも大丈夫なのか、というのも気になるポイント。

そのあたりの採用事情はどのようになっているのでしょうか。

ゲームクリエイター全般として

ゲームを企画し、制作し、世に出す一連の流れには役割分担的な意味でいろいろなセクションがあります。

そのどれもに言えることは、当然、業界での実務経験を引っさげて転職という場合は、まったくの未経験という条件に比べると非常に有利なのは確かです。

それはバイトやインターンでの経験であっても「業界を知っている」、「実際に現場で作業をしたことがある」という事実は有利に働くでしょう。

未経験の場合は、ゲーム作りに関わる学科のある専門学校で、ひと通りの仕組みや流れを学ぶという方法があります。

グループ制作等の機会があれば、プロジェクトとして案件を動かしていく経験が授業の一環ではありますが体験できます。

ゲームプログラマーとして

ゲーム作りの現場で、ゲームのシステムの部分をプログラム言語で開発する人です。

これも実務経験は非常に役に立ちます。

ただ、こちらも専門学校等で学んだことも活かす事ができる仕事です。

いずれにしろ一定以上のプログラムの知識は必要ですので、それを証明する資格があれば有利です。

国家資格を含めた情報処理系の資格は取得しておいて損はないでしょう。

専門学校でプログラミング系の学科に入れば、それらを取得できるレベルの知識はつくと思います。

昨今では海外の制作会社に入社することを狙う人もいるようで、その場合は英語力は必須です。

プランナーとして

企画の部分を主に受け持つポジションです。

技術職に比べて必須スキルや明確な資格が必ずしも必要でない部門ですが、それでも業界経験者は優遇されます。

なぜなら、プランナーは企画者として、そのプロジェクトが走り出したとき、そのままディレクターやプロデューサー役になるパターンもあるため、その企画が自分の会社やプロジェクトチームで完成までコンプリートできるような内容なのかどうなのか、的確に掴みながら立案する必要があるためです。

単に自分が面白いゲームを作るという視点ではなく、しっかりビジネスとして完成し売れるものを作る企画マンとしての技量が必要です。

そのためにゲーム学科のある専門学校でゲーム制作のフローを学ぶというのも良いでしょう。

シナリオライターとして

技術系のスキルは必ずしも必要ではありませんが、こちらも業界での経験が有利です。

なぜならゲームのシナリオは映画や小説とは違い、ゲームとして面白いポイント、ゲームに適した盛り上げポイントがあります。

現場での実務経験なく、それらを理解するためには専門学校のゲーム関係学科でシナリオライティングや企画立案の実習を経験してみるのもいいと思います。

グラフィックデザイナーとして

ゲームのグラフィックデザイナーは、簡単に言うとキャラクターや画面のCGを作る仕事となります。

必要なスキルは2Dおよび3DCGソフトの知識、画像処理ソフトの知識、キャラクターデザインも受け持つならデッサンやイラストの能力があるといいでしょう。

一部の専門学校等ではAdobeのイラストレーターやフォトショップといった個別のソフトの資格取得を推奨しているところもあると聞きますが、筆者の経験では、それらは3Dソフトとの連携や仕上げなどで必然的に使うことが多いソフトであるというだけで、それ単体の資格が採用に優位に働くというイメージはあまりありません。

ゲームを作る仕事で働くメリットとは?

個人の「やりたい」気持ちに寛容

やりたい仕事ができるイメージです。

新しいサービスや新規タイトルの開発にどんどんチャレンジさせてもらえる機運を持った企業が多い印象です。

ただ、新しいプロジェクトや役割に自分から申し出てチャレンジさせて貰える=それなりの責任はかかる、ということを覚えておきたいものです。

環境、設備が最先端で充実している

ゲーム機の性能が上がってきた歴史と呼応するように、ゲームソフトを開発するツールや環境も非常に高度になり、使う企業も設備投資には積極的です。

常に最新の環境を整える必要があるという事情もありますが、結構、スタッフからのオーダーにも積極的に対応してくれる現場が多いイメージです。

時間が不規則で激務になりがちな開発途中の勤務状態の緩和のため、昔からフレックスタイムやその会社独自の勤務方法の導入が早かった業界ですので、会社の規模や考え方にもよりますが働き方の環境整備も進めている企業があります。

実力重視。重要な仕事を任せてもらえる。世代が近い。

若いうちからどんどんいろいろなことにチャレンジさせてもらえる企業が多い印象。

実力と積極性重視なので、声をあげれば応えてもらえて任せてもらえる柔軟性を持った会社が多いのもゲームを作っている業界の特徴です。

それに比較的平均年齢が若くなりがちな職場が多い業界なので、「同世代感」が強く、互いの仕事に協力的。

制作チーム全体で、一つのタイトルをしっかり作り上げていこうという一体感がうまれやすい現場なのが魅力です。

「ゲームを作る仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

制作総指揮、プロデューサーになる

ゲームクリエーターとして多くの人が目指すのはひとつのタイトルの全ての舵取りを担当するプロデューサーの立場ではないでしょうか。

ゲーム作りの仕事において広範な知識や経験を持ち、ひとつのタイトルの開発チームを総合的に指揮するプロデュースという仕事はゲームを作る仕事の花形といってよいでしょう。

ゲーム雑誌などにも大きく名前が出たりして、有名なプロデューサーにはタイトル毎ではなしに、本人に固定ファンが付いたりします。

作り出したタイトルがシリーズ化して国民的なタイトルになるような成功のイメージはゲームクリエーターなら誰もが想い描く夢だと思います。

企画系出身のプロデューサーが事例的には多いですが、開発系出身のプロデューサーもいます。

コメンテーターやライターとして他媒体で活躍する

開発者、企画者からゲーム評論家やライターになって成功した人もいます。

もともと作り手なので、そこにプレイヤー視点が加われば、発言は説得力を増します。

ゲーム誌やゲーム情報webサイトで活躍されているライターさんが多いです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

プログラマーなら他の仕事とエンジニアとしての技術的な根幹が同じなので、ゲーム以外のシステムを作る仕事に経験とスキルをそのまま活かせます。

シナリオライターや企画者なら出版や小説などの執筆の道に進むなら共通点はありそうです。

キャリアアップの具体的な方法は?

あまり年功序列で立場や地位・役職が上がるといった事例は聞かない業界です。

ただ、作ったゲームの販売経路を開発したり、広報をしたりといった事務系の部署の方は別です。

開発現場に関しては、業界自体の平均年齢が常に世代交代を繰り返し若い方なので、責任ある仕事の任せ方や役割も本人の意欲や意志、今までの実績で若いうちから高いレベルでの活躍の場を与えられている人も大勢います。

ゲームを作る仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

開発ツールなどの使い方

ゲームの開発には独自のツールを使うことがあります。

そういった場合は会社の環境に慣れ、ハードやソフトを使いこなせるようになる必要があります。

一般的に使われているソフトでも、データの保存のしかたなど細かく決めているところもありますので、まずは社内のツールをしっかり理解することが大切です。

ワークフローを覚える

各ゲーム会社で決めている開発作業に関わるルールやワークフローは、その会社なりにスムーズな分業や連携体制を取るために決められたものなので、しっかり理解しないと分業体制・連携が取れないどころかデータトラブルの元になりますので、やはり社内の業務上のワークフローはしっかり覚える必要のあるものです。

逆にゲームを作る仕事に向いていない人の特徴は?

さきほどは業界に適正のある人の傾向を書きましたが、当然、向いている人があれば向いていない人もいます。

少し前まではゲーム好きが「ゲームを作りたい」という強い動機付けで入る業界というイメージがありましたが、昨今では状況が変わってきています。

いままでは家庭用の据え置きゲーム機でインドアで楽しむものであったゲームも、スマホやタブレットでも気軽にどこでも楽しめるものに変わりました。

いままでのゲームを作る会社とは違う仕組みやサービスで大きな収益をあげている会社がでてきて、ゲーム作りに魅力を感じるというより、待遇やサラリーに魅力を感じて業界を目指す人も増えています。

業界の人材の多様性が出来るのはプラス要素とみる向きもありますが、適正が合わない職場で大きなプレッシャーやストレスを受ける人も多くなるでしょう。

心身とも健康でしっかり働くために自分がゲームを作る仕事に向いているか調べてみましょう。

根気のない人

一見、華々しくクリエイティブにみえるゲームを作る仕事。

しかし1本のタイトルを作るのに長い期間をかけ、問題が起これば一つひとつ解決していく実際の仕事は、どちらかというとコツコツ型の仕事でもあります。

特にプログラマーやグラフィックデザイナー系の仕事については、細かい作業であるうえに問題発生や路線変更による足踏みも多くあります。

そんなときは粘り強く、関わっている仕事に集中する根気、気力が必要です。

独創的なアイデアがない、クリエイティブな意欲がない人

ゲームを作る仕事は言葉的にはゲームを「開発する」という言い方をしますが、実際の所は映像や小説に近い「コンテンツをクリエイトする」という言葉のほうが合っています。

ですので、新しいゲームの構想やそれを生むための作業に意欲を持てない、「こんなゲームであそんでみたい!」といったアイデアやイマジネーションに乏しい人は不向きな仕事ですね。

身体が丈夫ではない人

ゲーム開発は苦難の連続になることも珍しくない過酷な仕事です。

発売日の目標が決まっているので、各作業工程のタイムリミットもあります。

開発中のトラブルが出れば、残業を覚悟しての対処も必要です。

ゲームを作る仕事はクリエイティブでありながら、体力勝負の側面もある厳しい世界。

身体が弱いと体調を崩すしてしまうかも知れません。

コミュニケーション能力が低い人

ゲームを作る仕事はチームプレーです。

さまざまなセクションがディレクター、プロデューサーによって取りまとめられ、プロジェクトとして動いているなかで、他者とうまくコミュニケーションを取れないひとには不向きな仕事です。

この仕事において人と人のコミュニケーションは、分業化された開発業務をスムーズに流すためだけでなく、各セクション、各スタッフが意見を出し合い、作っているゲームをよりよいものにしていくための議論をするのに必要という側面もあります。

若いうちから意欲的でチャレンジ精神のある人には会社が大きなチャンスを与えることが多い業界なので、そういった意味においても、自分の意見を判りやすく、冷静にしっかりと伝えられる能力は必須。

他人とのコミュニケーションは苦手、という人で、どうしてもゲームを作る仕事に就きたいという人は、入社する前にコミュニケーション能力を高める訓練が必要です。

ゲームを作る仕事で働くデメリットとは?

複数案件に関わっているといつも忙しい。

1本の開発プロジェクトに関わるだけでも、非常に時間がかかり、個別の作業にもスケジュールがきっちり組まれているゲーム開発の現場。

そんな長いスパンで一つの案件に関わる必要があるゲームを作る仕事においても複数プロジェクトの掛け持ちは普通にある状況です。

その場合、一つの案件が少しの間、落ち着いたと言っても、違う案件の作業が入ってきたりします。

加えて、開発中はけっこうトラブルや課題の連続です。

時にはそれの繰り返しを延々やるのか!と、思われるようなタイミングもあり、そんな時は非常に苦しく、それに耐えられないとやっていけないということになります。

ゲームを作る仕事はどうやって探す?

ゲームを作る仕事をしたい!

そうなれば、その仕事のクチはどうやって探せばいいのでしょう?

一例をあげてみました。

自分の好きなタイトルを作っている会社にアプローチする

自分の好きなシリーズやジャンルを作っている会社の求人が出ていないかチェックする方法。

自分がプレイヤーで楽しんでいるので、意欲も高く持てますし、作風もよくわりますね。

求人サイト等にでていなくても、メーカー公式サイトに、求人情報が掲載されていることも多いので、ホームページをマメにチェックし、もしなければ一度問い合わせてみるのも手です。

意外なところに求人広告が出ていることも!

新作ゲームの情報や、攻略情報が数多く掲載されている月刊や週間のゲーム情報誌に求人広告が出ている例もあります。

ゲームを作る仕事をしたい人の中には、ゲーム好きの人も多いでしょうから、趣味と実益を兼ねて購入し隅々まで記事をチェックしてみるのもいい方法です。

学校の求人票で探す

基本となるスキルがない人はゲーム制作に関する学科がある専門学校でまず必要スキルを学び、学校に来ている求人にアクセスする方法があります。

生徒獲得のために手厚い就職支援を売りにしている学校も多くあります。

知識やスキルが全くないが、どうしてもゲーム業界で働きたい、という場合は闇雲に動いても、なかなか実務が出来ない人の採用は難しい業界ですので、しっかりとした意志と目的を持って学校に入り、学ぶのも一つの手です。

学校に行っていると、バイトとしてソフトメーカーでのインターンシップの話が来る事も期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今や、国を代表する娯楽となったコンピューターゲーム。

その開発に関わるゲームを作る仕事の実態と、向いている人向いていない人、業界の実情を、できるだけ筆者の経験をもとに書きあげてみました。

これだけ多くの方がプレイするようになったゲームだけに、それだけファンも多く業界を目指される方も多いでしょう。

また、昨今はスマホとタブレットで、いつでもどこでもプレイできる環境ができ、さらに多くの方がゲームの世界に足を踏み入れており、開発・運営をする企業にはかなりの急成長を遂げているところもあります。

こういった時勢の中、ゲーム好きという動機以外に、単純に高所得・高待遇を目指してゲーム業界入りを希望される方も増えています。

いずれにせよ、せっかく目的を持って一つの業界にターゲットを絞って就職をするのですから、しっかり仕事のことを理解し、必要なスキルは慌てず、ますはしっかり習得し、憧れの職場で思う存分、活躍できるように調査・対策を練ってゲーム業界への就職活動をしましょう。