アパレル業界は衣服が好きで、お洒落に興味のある人にとっては、魅力的な仕事に見えるでしょう。

他の仕事にもあるように、アパレルにもイメージ通りな部分とそうでは無い部分が多々あります。

ここでは、アパレルを辞めたくなってしまうその原因と対策、そのような辞めたいという思いをしないためにできることを紹介していきます。

経験者が紹介!アパレルを辞めたい5つの原因と対策とは?

一見楽しそうで華やかな雰囲気のあるアパレルでの仕事ですが、誰にでも辞めたくなる瞬間はあるものです。

ここでは、アパレルでの仕事から離れたくなる原因を、5つほど紹介します。

アパレルを辞めたい原因と対策1:なかなか貯金ができない

アルバイトでは時給約850円ほど、正社員でもボーナスは必ずもらえるとは限らないアパレルでの勤務。

新作が入荷される度に、お客様への販売促進の意味を込めて、まず店員が購入します。

着こなしやコーディネートの面を考えると、一着のみだけでは足りず、数着は購入する必要があります。

いくら社割があるとは言っても、新作入荷のたびに自分も購入する必要があるのは、貯金するにあたって、大きな痛手になってきます。

購入する服は、着まわしやすいものを!

アパレル勤務のお給料は、お世辞にも高いとは言えません。

そのような中から新作商品を購入する際は、着回しのきく服を必要最低限手に入れましょう。

好きだから、気に入ったからと言って何着も購入すると、次回の新作入荷のときに苦しい思いをしてしまいます。

新作入荷の頻度が高いブランドが好きな場合は、よく考えて購入する必要があります。

とにかく節約!

アパレル勤務に限ったことではないですが、買い食いや外食は控えた方が良いでしょう。

朝早い勤務や、閉店後の仕事の都合で自炊するのが大変ではありますが、なるべくお弁当を持参すると良いです。

アパレルを辞めたい原因と対策2:職場内の人間関係が煩わしい

アパレルでの就業は、ほとんどの場合が女性が多いです。

勤務中に着用している服が同じになってしまったときや、新作商品で欲しい物が被ってしまったときは、先輩店員に文句を言われるなど、上下関係が厳しい場合もあります。

先手を打つ!

上下関係が厳しく、何かにつけて文句をつけられてしまう場合は、何も言われないように先に行動するしかありません。

例えば着用する服が同じになりそうなときは、前日退勤する前に、翌日の自分の服装をそれとなく伝えてみたり、欲しい商品が被りそうなときは、仕事に着てくるのではなく、プライベート用にするなど、なるべく波を立てないように動くのが良いでしょう。

できるならば、割り切ってしまうのが一番楽です。

アパレルを辞めたい原因と対策3:昇給がなかなかない

経営する会社の規定によりますが、なかなか昇給するには至りません。

また、ボーナスも必ずもらえるとは限りません。

たくさんのお客様を接客し、購入までに至った回数が多い場合は昇給につながることもあります。

しかし、この場合も必ずではありませんので、気長に待つしかないのが辛いところです。

できることは積極的に頑張ろう!

昇給するのは、少なからず接客した回数も関係してきます。

また、店舗の美化など他の店員が気付かないような面まで気を配ることで、さり気ない努力を継続することができます。

お客様のニーズに合わせた接客をし、在庫管理や雑務も卒なくこなすことで、店長や管理職に少しずつ努力を認めていってもらいましょう。

華やかなイメージとは裏腹な、焦らず堅実な行動が大切です。

アパレルを辞めたい原因と対策4:将来を考えることができない

アパレルの仕事は、華やかでお洒落なイメージがありますよね。

実際に、駅ビルや個人経営のお店で働いている姿を見るのは、20代くらいの人が多いです。

若いうちはお洒落な衣装を見にまとって、接客に勤しむのも良いかもしれませんが、年齢を重ねてもそのまま同じ店の店頭に立ち続けることはできるのでしょうか。

勤務する店の異動はあるかもしれませんが、周囲からの「無理があるのでは…」という視線は拭い去ることはできないでしょう。

勤務する店舗を変える!

店員として働くにあたって、周囲からの目が気になり出したならば、その時の自分の年齢に合ったような衣類を取り扱う店舗へ異動するのが良いでしょう。

同じ系列店で異動できるのが一番良いですが、不可能な場合は、別の会社の経営する店舗へ改めて勤務するのも良いですよ。

それまでの自身の経験が活かせるはずです。

アパレルを辞めたい原因と対策5:土日の休みや、連休が取りづらい

シフト制の勤務であるアパレルは、連休を作ることが難しいです。

また、お客様が多く訪れる土日や祝日などは、なかなか休むことができません。

ゴールデンウィークや年末年始など、多くの人が休みになる時期こそが、アパレルにとっての稼ぎ時になります。

経営する企業によっては、子どものいる社員は、土日の休みが取れるように規定されている場合もあります。

早めの申告が大切!

連休を作りたいときや、土日の休みが欲しいときは、早めに申告しなければなりません。

急な相談はシフトを作る人だけではなく、他の店員にも迷惑がかかってしまうだけでなく、人間関係の悪化を招いてしまいかねません。

特に、連休を作りたい場合は、他の店員が連勤になる可能性もあります。

そのようなことを避けるためにも、自分の予定がわかり次第、連休を作りたい旨を伝えましょう。

ブラックなアパレル企業に入らないための対策

アパレルと一口に言っても、ブラックな会社とそうではない会社があります。

ここでは、ブラックなアパレルで働くことを避けるためにできることを紹介します。

ブラックなアパレル企業に入らないための対策1:事前にリサーチをする

アパレルで働きたいとは思っても、どのような店で働けばいいのか、どのような雰囲気なのか、最初は誰でもわからないものです。

自分に合っているのかどうかを見極めるためにも、前もってのリサーチは大切です。

ネットで調べてみる!

どのような会社が経営しているのかを、事前にしっかりと調べておくと、いざ働くことになった際に、焦ることがありません。

福利厚生がどのようになっているのか?給与形態は?休日数は?ボーナスの有無など、気になることを会社の求人情報欄から見つけて、調べてみると良いでしょう。

働いてみたい店舗で買い物をしてみる!

働いてみたい店舗に実際に行って、どのような雰囲気なのかを感じてみると良いでしょう。

店舗や店員の雰囲気、自分以外のお客様への接客の様子など、自分の思っているような職場となり得るのかを、実際に目で見て確かめることは重要です。

ブラックなアパレル企業に入らないための対策2:店員と仲良くなってみる

もし、働きたい店舗がいつも通っているような場所ならば、店員と気軽に話せるような関係になるのも良いでしょう。

実際に働いている人からの助言ほど、信憑性の高いものはありません。

店員からどのような職場なのかを聞く

店員と気軽に話せるようになるほどになるには、何度もその店舗に足を運ぶ必要もあります。

もし本気でその店舗で働きたいという気持ちがあるならば、こうすることで店員に自分を印象付けることも可能です。

また、実際にアパレルで働く店員から話を聞くことで、自分で調べる以上の情報を引き出すことができます。

どうしてもアパレルを辞めたくなったときは?

どんなに頑張ったとしても、思っていたものと違ったり、他にやりたいことができたりなど、これ以上続けられないと感じたときはどうすれば良いのでしょう。

ここでは、続ける場合と辞める場合について記述します。

続けて働くならば

せっかくアパレルでの勤務が叶ったというのに、辞めるなんてもったいない!と感じる人は、そのバイタリティを活かして勤務していきましょう。

しかし、ずっと悩みを抱えたまま過ごすのは、どのような仕事でも辛いものです。

一人で全てを抱え込まず、店長やエリアマネージャーなどの上司などに相談することが大切です。

もし人間関係の面で辞めたいと思ったならば、別の店舗への異動をお願いするなど、働く場所を変えることも可能です。

辞めると決めたならば

辞めると心に決めたならば、他の店員には自分の気持ちを言いふらさずに、店長にその気持ちを伝える必要があります。

必ずと言って良いほど引き止められますが、なぜ辞めたいのか、これから先どうするのかを明確にして話しましょう。

もし、店長に直接話さずに、他の店員に話してしまうことで、話がこじれてしまうことがあります。

人間関係をすっきりしてその場を離れるためにも、誠意を尽くした対応をしましょう。

アパレルで働くことで次の仕事に活かせること

接客が主な業務であるアパレルですが、他の仕事に活かせるスキルには、どのようなものがあるでしょうか。

アパレルで働くことで次の仕事に活かせること1:コミュニケーション能力が高くなる

アパレルでの勤務は接客が中心のものとなりますので、相手に合わせた対応の仕方が自然と身につきます。

どのような職業に就いたとしても、同僚や上司との関わりはあるものなので、アパレルで身に付けた、相手に嫌な思いをさせないように接するというコミュニケーションの取り方が活かされるはずです。

アパレルで働くことで次の仕事に活かせること2:管理能力が身に付く

接客以外にも大量の商品の在庫管理の仕事をこなすので、物の整理整頓もできるようになります。

アパレル以外の仕事でも書類整理や、重要書類の保管などもありますので、どこに何があるのかを、誰が見ても分かるように管理するスキルが身に付いてきます。

もし辞めるなら、タイミングはどうすればいいの?

辞めると心に決めたとき、どのようなタイミングで職場を去れば良いのでしょう。

辞めるか続けるかをしっかりと決め、後悔のないようにすることが大切です。

思い立ったが吉日、すぐにでも。

辞めたいという気持ちが絶対に揺るがない場合は、すぐに店長に退職したい旨を伝えましょう。

当然のことですが、すぐに伝えたからといって、その当日で辞められるわけがありません。

しかし、可能な限り早くアパレルの仕事から離れることには繋がります。

すぐに辞めたいと伝えても、最低でも2〜3週間は続けて勤務することになります。

これは、代わりの人を採用するまでの期間です。

人間関係などで悩んだときは、すぐにでもその店舗を去りたいとは思いますが、急な退職相談は新たないざこざを生みかねません。

なので、「すぐに」というタイミングでの退職はお勧めできません。

一年以内に。

辞めたいことを店長に相談して、しばらくは働いてから辞めるパターンです。

すぐに辞めるわけではないので、店舗にとっての痛手にはなりません。

また、周りの店員にも迷惑をかけることなく退職となるので、人間関係に波風を立てることなく過ごすことができます。

セール期間などの繁盛期を過ぎて、閑散期となった頃に辞めていくのが最も穏便に退職することができるでしょう。

すぐにでも辞めたい場合は、働いている期間が長くなってしまうこのパターンは辛いかもしれませんが、働きながら転職活動を進めることができます。

人生の節目にあたって。

結婚や妊娠など、自分自身に大きな変化があるときに合わせて退職することもあります。

結婚を機に!

結婚が決まったら、上司に報告をしましょう。

いつ頃辞めることになるのかをしっかりと伝える必要があります。

引っ越しがある場合は、辞めることを伝えたとしても別店舗への異動を勧められるの可能性が高いです。

自分の心としっかりと相談し、辞めるか、それとも続けるのかを決めましょう。

妊娠したら!

妊娠するとつわりがあり、立っていることすらままならない場合もあります。

アパレルでの仕事は立ちっぱなしの時間が長く、元気なときですら大変に感じるときがあるものです。

あまりにも大変なときは、勤務時間の短縮から始め、だんだんと復帰、もしくは退職を決めると良いでしょう。

まとめ

服屋に訪れると笑顔で接客している店員を見ると、お洒落な衣類にかこまれて楽しそうに働いているように見えますが、想像よりも多くのやめたい原因が潜んでいます。

どのような職業に就いたとしても、100%いい場所だとは言えないものです。

せめて、辞めたいと感じないような職場で働くためにも、事前のリサーチは怠ってはなりません。

アパレル勤務の場合は、若いうちは華々しく過ごすことができますが、長く働くには難しい面もあります。

自分にアパレルへの就職は本当に合っているものなのか、そうではないのかをよく考え、就職活動をしましょう。

また、仮に辞めたいと思っても、自分のことだけを考えるのではなく、店舗で一緒に働く店員のことも考慮しながら離職するタイミングを決めましょう。



アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱