失業者や転職希望者の強い味方、ハローワーク。

職業相談や、雇用保険のことでお世話になることも多いはず。

求職者として支援を受けるのではなく、ハローワークで支援をする仕事がしたいという方もいるでしょう。

ハローワークで働くにはどうすればいいのか、どうやってハローワークの求人を探せばいいのか、ハローワーク勤務経験者が徹底解説します!

「ハローワークの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ハローワークってどんなところ?

失業したら、ハローワーク。

最も一般的なイメージはこの一文に尽きるのではないでしょうか。

実際は失業者以外も当然利用できますし、失業者のための業務だけをしているわけでもありません。

「ハローワーク」というのは国の行政機関のひとつである公共職業安定所の愛称です。

ハローワークでは、職業紹介、雇用保険業務、雇用対策等を行っています。

就職困難者の「最後のセーフティネット」という重要な役割があり、誰でも、無料で、利用ができる施設になっています。

各都道府県の労働局の下部組織にあたるハローワークが、地域の雇用サービスを担っていると言っても過言ではありません。

ハローワークで働く人の仕事内容とは?

ハローワークで働いている人は、雇用形態の観点から言うと大きく分けて、正職員と、非正規の職員とに分かれます。

公共の機関になりますので、正職員は国家公務員ということになります。

非正規の職員に関しては、非常勤職員、期間業務職員や嘱託職員、パート職員など、色々な雇用形態があります。

その仕事内容は窓口での相談業務や職業紹介業務のほか、事務的な仕事や、求人開拓、また、いわゆる事務的業務など多岐にわたっています。

職業相談

紹介部門の業務の代表的なもので、窓口で、求職者と面談して行う業務です。

職種としては、職業相談員、ジョブサポーター、就職支援ナビゲーター等があります。

相談内容は幅広く、具体的な求人に関することもあれば、転職の相談、応募にあたっての書類の書き方などを行っています。

それぞれについて、以下に詳しく述べていきます。

求人に関しての相談

一般的な求職者向けの窓口で一番多いのが、求人票をもとに行う求人に関しての相談ではないでしょうか。

特定の求人について、応募ができるかどうか(要件を満たしているかどうか)知りたい、どのくらいの人数が応募しているのか知りたい、といった内容のものです。

要資格要経験の求人に対して、有資格者かつもある程度の期間の経験・成果も有しているという場合は話が早いのですが、「経験はあるがごく少し」とか「これから資格を取得予定」とか、その要件を満たしていないともはっきり言えない場合などには事業所に応募が可能かどうか問い合わせをすることがあります。

あるいは、求職者の選定した求人票と類似の求人を提示したりすることも。

目的が就職(の支援)ですので、求職者それぞれの適性に合った求人に応募ができるよう支援を行っています。

転職の相談

転職を希望する求職者も多く、相談件数も多くなっています。

退職日も決まっていて、応募する求人も決まっているという方もいれば、なんとなく漠然と転職したいという相談に来られる方もいます。

漠然とした内容の相談の時にこそ、窓口相談で提供できる情報は求職者にとっては非常に重要なものになるのではないでしょうか。

思いきり背中を押す情報になるかもしれないし、思いとどまらせる情報になるかもしれないからです。

転職を漠然とでも考えるということは、現在の仕事に対して不満や不足があるということだと言えますので、その不満や不足がなんなのか、どうしてそう思うようになったのかをしっかり聞くということが大事です。

そして、できるだけフラットで有用な情報が提供できるように気をつけたいものです。

職業紹介

求職者から希望のあった求人への応募の手続きを取ります。

このことを「紹介」といいます。

求人票の内容を確認し、応募の要件を満たしているか、求職者本人の希望とずれてはいないか等に問題がないとなれば、事業所に連絡をして紹介状の発行をします(連絡不要求人もあります)。

その際、「求人に関しての相談」の項にも書きましたが、要件について事業所に問合せをすることも。

たとえば普通自動車免許が資格要件になっている場合です。

事業所が同時にいくつかの職種で求人を出す際に運転免許が必要でない職種にも記載してしまったというようなことがあり、その職種に応募するに当たっては運転免許は必要ではないということもありました。

運転免許を持っていない求職者であっても、応募が可能になったケースです。

あるいは年齢要件などでも、緩和ができないか問い合わせをしたりすることがあります。

年齢制限が設定されていても、経験者であれば年齢は制限をオーバーしていても構わないということもよくあります。

ハローワークから事業所への問い合わせをすることで、可能性が広がることがあると言えますね。

ただ、必ずしも条件の緩和がしてもらえるとは思わない方がいいでしょう。

条件は絶対!という事業所も多いからです。

書類作成支援

求人への応募をする際には、履歴書が必要でないという求人はほぼ見たことがありません。

履歴書に加えて、職務経歴書や志望動機書などが指定されていることもあります。

書きなれない書類を書かなくてはならないのは大変なことですし、これらの書類は形式さえ合っていればよいという類のものではありません。

履歴書や職務経歴書を作成する際には、応募する相手に合わせた記載をすることがとても大事です。

実際に下書きをしてきてもらった履歴書等を添削したり、書き方のアドバイスをしたりすることで、よりアピール力が強い書類=就職に結びつきそうな書類の作成ができるよう支援をします。

書類作成支援をする過程の中で、就職活動をする上で重視すべき求職者の強みや興味の傾向、能力などがわかってくることも多く、継続的に支援をすることで求人とのマッチングの精度をあげていくことや早期の就職を可能にすることもできます。

雇用保険事務

雇用保険に関する業務に従事する部門もあります。

給付に関して、受給者と窓口相談をすることもありますし、受給説明会で、雇用保険受給手続き中の失業者に対して雇用保険の受給に関する説明をすることも。

失業の認定にかかる事務なども行います。

雇用保険の受給手続きなど失業者の対応をするのが雇用保険給付課で、加入の手続きや離職時の書類の交付をするなど事業者と対応をするのは雇用保険適応課になっています。

セミナー

ハローワークでは就職に関してのセミナーを開催しています。

そのセミナーでの講師役を務めることも。

基本的なマナー講座、応募書類の書き方の演習や面接対策、労働法にまつわるセミナーなど、転職や再就職に役立ててもらえるように行うものになっています。

求人開拓

ハローワークに登録のある求人は、もちろん事業者側から持ってくるものも多いですが、学卒の求人など、ハローワークの職員が外回りをして求人を依頼することもあります。

求人部門の職員が行う開拓の仕事は、いわゆる営業の仕事に類似していると言えます。

求人を受理した後も、さまざまなフォローをしています。

印刷等の事務補助業務

配布用の求人情報を印刷したり、その印刷したものを綴じて冊子にしたりといった、事務作業もあります。

主にパートでの雇用になっていることが多く、窓口での相談業務を担当することはありません。

庶務等

求職者や事業者を直接支援する部門・職種ではなく、ハローワークの内部の事務を担っています。

勤怠管理や給与計算、郵便物の処理等を行います。

「ハローワークの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ハローワークで働くための求人はどうやって探せばいい?

ハローワークでの仕事に雇用形態や職種、部門が色々とあることはお分かりいただけたでしょうか。

では、実際にハローワークで働くには、どこで求人を探せばいいのでしょう。

雇用形態別に、紹介していきます。

職業相談員(期間業務職員、臨時職員)

いわゆる臨時の相談員ということになります。

主に1年単位の雇用期間の定めのある契約による雇用です。

契約が更新される可能性はありますが、更新の回数には上限があり、その後は公募による選考が行われることになります。

業務内容は、ハローワークの規模も関係しているようです。

大規模所の場合は、部門ごとの固定的な業務になることが多く、小規模所や出張所などだと、部門が固定されずにかえってカバーする範囲が広くなることも多いようです。

求人はハローワークを通じて出されます。

年度の初め(4月)から雇用になることが多く、求人は2月の終わりごろから3月の初めごろまでに出されます。

「応募者が○名になったら募集を締め切ります」といった記載のある求人も多く、応募の希望がある場合はできるだけ迅速に応募の手続きをしましょう。

ジョブサポーター・就職支援ナビゲーター等

専門的な窓口で、ある程度専門的な支援を行っていくことになるため、いくつか持っていた方がいい資格があります。

キャリアコンサルタントやキャリアカウンセラー、産業カウンセラー等の、職業やキャリアに関係した資格が必須であることも。

あるいは、人事や相談業務等に従事した経験が問われることもあります。

こちらもハローワークに求人が出されることになります。

職業相談員と同じく、4月からの雇用になることが多いため、同様に2月から3月に求人が出ている可能性が高いでしょう。

また、応募者の人数で募集を締め切る可能性がある点も同じですので、早めに応募するようにします。

正規職員

国家公務員ですので、公務員試験を受ける必要があります。

厚生労働省の職員ということになります。

配属先が、希望通りのハローワークになるとは限りません。

当然転勤もあり、全国を異動しているという職員も少なくありません。

ハローワークで働く面白さややりがいとは?

ハローワークで働くことの面白さとはいったいなんでしょうか。

どういったことにやりがいを感じるのか、経験からお伝えしていきます。

人生をよくする手伝いができる

人には、職業人生・キャリアというものがあります。

ハローワークは職業人生あるいはキャリアをより良いものにする支援をするところです。

職員はまさにその手伝いをするべくハローワークにいるということになります。

ハローワークで働いている職員たちの、雇用形態や職種はさまざまですが、求職者の手助けをしていることに変わりはありません。

部門によっては、じかに求職者と顔を合わせることはほとんどなく、業務内容も一見すると直接は関連がなさそうな部門もあります。

しかし、就職を希望するすべての人の支援を行うセーフティネットであるというハローワークの存在意義を鑑みると、各部門が行っている業務も、求職者の就職支援につながっていると言えますね。

プロデュースに類似した仕事ができる

求職者が実際に就職活動を成功させるために、必要条件を満たしていないことは多く、その不足を埋めるためのアドバイスをしていくことが業務のひとつです。

スキルが足りないのであれば職業訓練の受講を勧めたり、求職者の適性から、しっくりくる求人を探して応募の案内をしたり、求職者本人が気づいていない強みを見つけて、アピールできるようにその強みの見せ方を一緒に考えたりすることは、おこがましいかもしれませんが、プロデュースをしているのに似たところがあります。

最終的に就職活動がうまくいったときに、「プロデュース」で役に立てた、と思えることにはやりがいがあります。

感謝されることも

就職活動が実を結んだ時、わざわざハローワークにお礼を言いに来てくれる求職者もいます。

職業相談も、書類作成などに関する支援も、すべて仕事ですので当たり前にしていることではありますが、やはりうれしいことではあります。

お礼を言われるため、感謝されるためにしている仕事ではなくても、誰かの役に立てる仕事というのはそれを目的に選ぶこともあってもいいのかもしれません。

「ハローワークの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ハローワークで働くということについて解説しました。

ハローワークはどんなところなのか。

ハローワークで働く仕事にはにはどんなものがあるのか。

雇用形態や部門、職種などの働き方という視点と、主に紹介部門で行っている業務内容別にハローワークの仕事をひも解いてみました。

求職者がより早期に、安定してやりがいのある仕事に就くための支援をするのが、ハローワークで働く意義です。

正規職員=国家公務員であっても、非正規の職員であってもそこは変わりません。

ハローワークで、人を支援するというやりがいのある仕事を探してみるのもいいかもしれません。