働きやすい会社の特徴についての写真

みなさん、今の会社との相性はいかがですか?

なんて突然聞かれたら、気分が暗くなる方もいらっしゃるかもしれませんね。

社会人として何処かに雇われて働いていく以上、会社へは嫌でも通わなくてはなりません。

それも、1日のほとんどの時間を費やして。

それなら、なるべく働きやすい環境に身を置きたいものですよね。

ということで今回は、働きやすい会社の特徴や見つけ方について解説したいと思います。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

働きやすい会社の6個の特徴とは?

「働きやすい会社で働きたい!」といっても、具体的に“働きやすい”ってどういうことなのでしょうか。

福利厚生、綺麗なオフィス、人間関係など、答えはひとつではありません。

個人の価値観によって異なると思います。

では、一般的にはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

その一部をご紹介いたします。

オフィスが綺麗である

綺麗なオフィス

「え?そんなこと?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらは意外と重要なポイント。

オフィスをご自身の家だと仮定して考えていただければ、少しイメージしやすいのではないでしょうか。

もし自分の家に清潔感がなったり、空気が淀んでいたり、暗かったり、狭かったりしたら……過ごしにくいですよね。

すぐに住むのが嫌になってしまうと思います。

オフィスもそれと同じ。

できるだけ清潔感があり、風通しがよく、明るく、広々としたオフィスを持つ会社のほうが、働きやすいといっても過言ではないでしょう。

また、きちんと清掃が行き届いているということは、管理が行き届いているということ。

そういった会社の方が内部の制度なども整っている可能性が高いです。

ワークライフバランスを大切にできる

こちらは分かりやすいかと思いますが、労働時間が長すぎる会社はお世辞にも働きやすいとは言えません。

早朝出社が多い、残業は当たり前、それでも足りなければ休日出社……という環境が働きやすいわけありませんよね。

必要最小限の残業であったり時々の休日出社はやむを得ないこともあると思います。

しかし、行き過ぎている会社は要注意です。

プライベートがしっかりと充実することで、労働意欲は高まるもの。

ワークライフバランスを大切にできる会社は働きやすい環境であると言えるでしょう。

福利厚生が整っている

福利厚生とは、労働力の確保や定着であったり、労働意欲の向上などを目的として、企業側が従業員やその家族に提供するもの。

つまり、それがしっかりと整っているということは、働きやすい環境づくりを行なっている会社であると言えます。

福利厚生は、以下の2種類。

法定福利

法律で定められている福利厚生のこと。

各種保険などの一定額を企業が負担するというものです。

具体的には、下記の6つの保険があげられます。

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 児童手当拠出金

法定外福利

こちらは、法律ではなく企業が独自に提供する福利厚生のこと。

企業によって異なりますが、下記のようなものがよくあげられます。

  • 家賃補助
  • 資格取得支援
  • 施設の利用補助
  • カフェテリアプラン
  • 社員食堂の完備

最近では失恋休暇や交際費の補助など、ユニークな福利厚生を設けている会社もあります。

こちらはワークライフバランスの話にも直結してきますので、福利厚生が整っている会社は働きやすいと考えても間違いありません。

人間関係の風通しが良い

人間関係の風通しが良い会社

働きやすさと人間関係は、切っても切り離せませんよね。

風通しの良さは同期や同僚といった横のつながりだけでなく、上司との風通しの良さも重要です。

自分が意見を言える環境なのか、またその意見をしっかりと聞いてもらえる環境にあるのかは、働きやすさを大きく左右します。

また、個々の人間関係だけでなく、会社内の部署同士の風通しの良さもポイント。

各部署が力を出し合って会社を運営していくわけですから、そこの風通しが悪ければ、会社の運営自体がうまく行っていないと考えてもいいでしょう。

評価が明確

仕事をする上で、評価は必ずついてくるもの。

自分の仕事ぶりが評価されれば、その達成感からやる気が生まれたりしますよね。

時には悪い評価をもらうこともあるかもしれませんが、それが成長のきっかけになるということもあります。

しかし、これは公平な評価が行われた場合の話。

大して仕事をしていなかったり、ミスばかり起こしたりするような人が評価されていたらどうでしょうか。

また、自分がすごく頑張って結果を出したのに、評価されなかったらどう思いますか?

きっと、会社や上司に対して不信感を抱きますよね。

それと同時にやる気もなくなってしまうと思います。

このように、評価の基準が明確でなかったり、評価が公平に行われない会社というのは働きにくい会社である可能性が高いです。

自分のやりたい仕事できる・相性のいい仕事である

やや極論に近いですが、自分のやりたい仕事ができる会社、自分と相性のいい仕事ができる会社は働きやすいと言っても過言ではないでしょう。

中には、好きなことができれば環境や人間関係すら気にならないという人もいるかもしれませんね。

もし自分のやりたいことや相性がいいと思える仕事が明確になっているのであれば、それを最重要項目として会社を選ぶのも一つの手。

とは言え、やはりオフィスの環境や人間関係が後々なんらかの影響を及ぼさないとは言い切れませんので、頭の片隅に置いておいてくださいね。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

働きやすい会社を見つけるためにはどうすればいいの?

ここまでで「働きやすい会社」とはどういうものなのか、なんとなくお分りいただけたと思います。

そうなると、働きやすい会社をどうやって見つければいいのかが気になりますよね。

何処かにわかりやすく書いてあればいいものの、残念ながらそんなことはありません。

自分で情報を収集し、探し出す必要があります。

では、何を情報源としてどのようなことをチェックすればよいのでしょうか。

それについて下記にまとめます。

情報を探る上でチェックすべき項目

企業の働きやすさは、以下のような項目に現れていることがあります。

ご自身で調べるとき、まずは下記をチェックしてみてください。

離職率

働きやすい会社ならば、誰もが長く働きたいもの。

よっぽどの理由がない限り、辞めることはありませんよね。

つまり、離職率が低い会社というのは長居したくなるような働きやすい会社である可能性が高いです。

逆に離職率が高い会社というのは、何らかの理由で長居できない環境にある会社ということ。

働きにくいのか、次のステップに進む人が多いのかは数字だけではわかりませんが、少なくとも離職率が低い会社というのは働きやすい会社であると考えても問題はないでしょう。

平均残業時間

上記で「ワークワイフバランスがとれる会社は働きやすい」と述べました。

平均的な残業時間が少ないということは、退社以降の時間をしっかりとれているということ。

つまり、ワークライフバランスについてきちんと考えられている会社であると言えます。

平均残業時間について公開している企業は意外と多くありますので、ぜひチェックしてみてください。

各種休暇の取得率

こちらもワークライフバランスにかかわる重要なポイント。

出産を望む女性であれば、産休や育休の取得率などは要チェックです。

可能であれば男女別の取得率もチェックするといいでしょう。

男性が育児や家事に参加することに対して積極的かどうかについてを測ることができます。

とはいえ、まだ日本の男性で育児休暇を取得する人は少ないもの。

“いれば優良企業”くらいの感覚でチェックしてみてください。

また、有給休暇の取得率もチェックすべき項目の一つ。

休みたいときに「休ませてください」と言える環境なのかどうかがここに表れています。

社内の風通しのよさのチェックにも繋がる項目ですね。

新卒採用の有無

新卒採用を行っている会社というのは、新人を育てるだけの余裕がある会社ということ。

また、新人を採用して事業を大きくしていく予定があるということの表れでもあります。

つまり、新卒採用を行っていればその会社はそこそこ安定しているということ。

環境的にも整っており、働きやすい可能性があります。

情報源となるもの

上記のような情報を得るためには、何を情報源としたらいいのでしょうか。

おすすめは、下記のとおりです。

企業のホームページ、SNSを見る

一番手っ取り早いのがこの方法です。

企業のホームページにある「企業情報」のところに、上記のような情報を開示している企業は少なくありません。

転職サイトや転職口コミサイトにも掲載されている可能性がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、最近では公式SNSを持つ企業もたくさん。

ホームページよりも会社の雰囲気がわかりやすいこともあります。

実際に働く社員の方などが登場することもありますので、会社の内部を知るにはもってこいのツールかもしれません。

周囲の人間

友人や知人などに、気になる会社の働きやすさについて聞いてみてもいいでしょう。

気の知れた仲であれば、利害関係やビジネス上の立場など様々なことに縛られず、お互いフランクな感じで情報交換できるというのが何よりのメリット。

自分のことを本当に思ってくれている人であれば、より親身な情報をくれる可能性もあります。

また、自分のことをよく知ってくれている人であれば、相性が良さそうな他の会社を教えてくれる可能性も。

友人が希望する会社の関係者であれば、企業に直接紹介してくれるなんてこともあるかもしれません。

「持つべきものは友人」とよく言いますが、それはこんなところにもメリットとして現れるのです。

就職関連施設

ハローワークなどの就職支援を行う施設にも、企業の情報がたくさんあります。

また、そこに努めるスタッフも多くの情報を持っている方がいます。

専門的なことはプロに聞くというのも確実な方法のひとつ。

気になる会社があれば、それとなく尋ねてみるのもいいでしょう。

注意していただきたいのは、「働きやすい会社を教えてください!」と聞かないこと。

上記でも述べたとおり、働きやすさのポイントは個人によって異なります。

専門的な人に聞く場合は気になる企業をいくつかピックアップし、その企業に評判について聞くようにしてみてください。

その方が相手も答えやすいですし、より有益な情報を得ることができます。

エージェント

上記同様、エージェントスタッフもたくさんの情報を持っています。

実際に転職希望者や転職を繰り返している人と接する機会が多いエージェントスタッフであれば、一般的に公開されている以外の転職者が多い会社、就業率がいい会社なども知っているかもしれません。

もし気になる会社があるのであれば、その会社について何か知っていることはないか聞いてみるのもありです。

また、もし気になっている会社の評判がよくないのであれば、どういう点が悪いのかというのを洗い出すのも重要。

悪いとされている点が自分は気にならない可能性もありますから、情報はきちんと取捨選択しましょう。

面接

こちらはある程度選考が進まないとできない方法ですが、面接も働きやすさを知る上では重要な情報源。

実際に企業を訪れ、建物や社内の雰囲気を自分の肌で感じることができる唯一のチャンスとも言えます。

また、重役や人事の方と話すことができるため、そこで働く人物のカラーなども知るのにも有効です。

人からの情報やSNSよりもよっぽど確かな情報を得ることができるかもしれません。

仮に「合わないかも」と思ったとしても、面接の段階であればまだ断ることができます。

面接だけでなく、もし見学等を受け付けているのであれば、積極的に活用したほうがよいでしょう。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

以上、働きやすい会社の特徴や、その探し方について解説いたしました。

「働きやすい会社ないかな」なんて口ではよく言いますが、実際何が”働きやすい会社”なのかって漠然としてたりしますよね。

今回の記事をきっかけに、その点が少しでも明確になれば幸いです。

また、”働きやすい会社”の条件が明確になることで、会社探しは格段にラクになります。

気になる企業が見つかったら、本文中で述べたチェック項目も参考にしてみてください。

いくつか挙げた情報源に頼るのもアリです。

ご自身にとっての”働きやすい会社”に出会えるよう、陰ながら応援しております!

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →