今の仕事から更にステップアップしたくなったり、別の仕事がしたくなったり。

ふと転職を考えた時、実際に転職を実行する時に本当に必要な情報は何でしょうか?

ここでは転職のやり方で欠かせない情報や手順について紹介します。

転職のやり方をまずは押さえましょう!

まず何のために、何を変えるために転職をするのか、自分の中で整理しておきましょう。

後ろ向きな転職や、逃げるための転職の場合、ここが中々決まりません。

出来るだけ前向きに転職を成功させたい場合、この基本を最後までブレる事がないようにしっかり押さておきましょう。

整理した項目がはっきりしていれば、自ずと選ぶ業種・職種・勤務先は決まってきます。

手順1:今の仕事を振り返る

今の仕事において、自分はどこまで出来ているのか、出来ていない事は何か。

また転職するのなら、現状と何を変えたいのか。

1つ1つを自分の中で整理しましょう。

出来るだけ正確に現状を把握しておく事が、転職を成功させる上で重要です。

今の仕事には何が足りないのか?

現在の仕事には今の自分に必要な物のうち、何があって何が足りないのか。

例えば職種は今のままが理想だけれど、もっとスキルアップできる環境が欲しい、業種は今の業種がいいけれど、職域をもっと広げたい、同じ業界の別の業種に就きたい、全く違う業界の職種を経験してみたい、など、何が足りないから転職したいのか、をはっきりさせましょう。

自分のやりたい事、望む事は何なのか?

現状やりたい事が100%出来ていて、他に何の不満もない場合、人は転職をしようとは思わないでしょう。

転職をしようと思ったその背景には何があるのか、何のきっかけで転職をしたいと思うようになったのか、そこを突き詰めて考えてみましょう。

漠然と「転職したいなあ」では次の企業に行ってもまた同じ事を考えることになってしまいます。

より具体的な理由を自分の中に探してください。

例えば、仕事内容は好きだけれど会社の雰囲気が合わずに楽しく仕事をする事が出来ない、そんな場合に望む事は「同じ職種で楽しく仕事がしたい」なのでしょう。

今の仕事は単調でもう少し責任のある仕事がしたい、給与面でも折り合わない、その場合は「スキルアップできて今よりも高い給料をもらいたい」なのでしょう。

自分の中の希望をできるだけ具体的に考えて見ましょう。

手順2:転職動機と希望を確認しましょう

自分はどうして転職を希望しているのか、転職しなかった場合の自分はどうなるのか、現状が整理できたら次はそこを整理しましょう。

本当にこの転職は必要なのか、その部分も明確になってくるはずです。

転職したい理由を考えましょう

転職を思いついた理由はなんだったでしょう?

仕事内容には不満はなかったけれど、人間関係に疲れてしまった?

仕事の内容が思っていたものと違った?

仕事内容に慣れてしまってもう少し新しい仕事がしたい?

今の仕事をもう少しスキルアップしたい?

理由はもしかしたら1つじゃないかもしれませんよね。

自分の中で転職したい一番の理由、変わったらいいなと思う事を重要な順番に整理してみましょう。

理由がはっきりしたら、それを解決できる転職先を考えましょう

仕事内容に不満がない場合は同じような仕事内容の仕事を探すべきでしょう。

スキルアップしたい場合は同じ職種でもっと任せてもらえる企業を探すか、敢えて難しい職種を希望すると言う方法もあります。

また、業種は今のままが良いけれど、職種を変えたい場合は、業界そのものには知識があるので、まずは自社内で希望の職種で仕事をしている人にそれとなくリサーチしてみるのもいいでしょう。

全く違う業種・職種にチャレンジしたい場合などは業界そのものから研究する必要があります。

手順3:転職に関する情報を集める

今まで整理した内容を踏まえて、次に自分が目指す業種・職種は何なのかを割り出しましょう。

割り出した情報を元に、許容範囲はどこまでなのか、それを考えながら転職に関する情報を集めましょう。

ここではまだ夢をある程度広げていいと思います。

出来るだけ広く情報を集めてみましょう。

知り合いなどに聞いてみる

友人や知人で希望の業界・職種で仕事をしている人がいないか考えてみましょう。

実際に仕事をしている人から直接話が聞けるのはとても参考になると思います。

なるべく忌憚ない話をしてくれる人が見つかったらしめたもの。

友だちの友だちなどに希望の仕事をしている人や希望の業界で仕事をしている人はいないか、探してみると良いでしょう。

雑誌・書籍・ネットなどで情報を収集する

よほどニッチな職種や業界への転職を考えているのでない限り、雑誌やネットで一通りの情報を探す事ができるでしょう。

サイトを調べる場合は、1つだけではなく、いくつかのサイトやいくつかの企業を調べてみて比較できるといいでしょう。

会社の雰囲気や業務内容などを社内の人の口コミなどで紹介してある場合もあるので参考にするとよいでしょう。

手順4:転職目標を決める

集めた情報を元に、現状を把握しましょう。

希望の業種・職種の求人は実際にはあるのか?

希望の職種に求人がない場合、譲れる条件は何なのか、どうしても譲れない条件は何なのか、最初に決めた現状から変えたい条件はブレないようにしながら、目標の転職先を決めて行きましょう。

希望の職種・業界から実際に求人は出ているのか

やりたい職種や働きたい業界が決まった場合、まずはその業界なり職種の求人があるのかどうか、求人の数は多いのか少ないのかを調べてみましょう。

求人の全くない業界や職種というのも少ないとは思いますが、狭き門の職種というのは実際に存在しますので、現実的にその職種に就ける可能性を考えながら、妥協点や譲れる条件を探しましょう。

最初から豊富な求人がある職種の場合は豊富な求人の中から、より自分の条件に合うもの、自分を活かせる仕事を探してみるとよいでしょう。

候補の企業は複数考えておきましょう

どうしても行きたい企業がある場合もあると思いますが、企業は外から見ているのと、実際に中に入って見るのとでは違う場合も少なくありません。

イメージだけで企業を選ぶのは失敗の原因になる事も多いですので、できるだけ複数の候補企業を考えておく事をお勧めします。

また目的の企業とはちょっと趣向の違う企業でも、実際に面接などで行ってみると自分に親和性が高いことに気づく事もあります。

初めから狭い視野で決めてしまわず、少し幅を持たせて候補を考えておく事で結果的にはいい転職ができる事もあります。

手順5:履歴書・職務経歴書を準備しよう

よく言われるのが、履歴書・職務経歴書は企業に宛てたラブレターだという表現です。

自分はなぜその企業を志望したのか、どこに魅力を感じているのか、企業に入れたらどのようにその企業の役に立てるのか。

相手に振り向いてほしい、自分は必要だと思わせたい、そういう意味では企業に宛てたラブレターだという表現は当たっているでしょう。

自分の思いを的確に人事担当者に伝え、自分を必要だと思ってもらうためにはどんな内容の履歴書・職務経歴書を書けばいいのか、ここではそれを解説します。

履歴書・職務経歴書は受ける企業に依って書き分ける

ラブレターを書くのに、どの相手にも同じ内容のラブレターを書く人はいないですよね。

履歴書も職務経歴書も同じです。

受ける企業が違えば、必ず違ってくるのが志望動機でしょう。

その企業によって特色が違い、企業のいいところも違ってきます。

自分が受けたいと思った理由も違うでしょう。

同じように特技も、企業によって書き分ける事が可能であれば書き分けましょう。

特技や資格などはいくつかある場合、全て書いてもいいですし、その企業に役立ちそうな趣味や資格などをクローズアップした書き方をするのもいいでしょう。

例えば資格の勉強をしている場合、まだその資格自体は取れていなくても、現在勉強中である事をアピールするなど、職種や企業に役立ちそうなポイントを書いておきましょう。

もちろん自分の経歴は変わりませんから、学校の入学の年や卒業の年、専攻した学部や学科など変わらない部分は同じ事を書く必要があります。

職務経歴書の書き方

職務経歴書は履歴書以上に受ける業種・職種によってきちんと書き分ける必要があります。

自分のやってきた業務が次の仕事に役立ちそうな場合、その部分は少し他の仕事より詳しく書きましょう。

詳しすぎる必要はありませんが、人事担当者が「お?」と思ってくれる程度に興味をそそる内容が書ければ◎。

面接まで行けた場合にそこを詳しく聞いてくれるはずです。

中途採用者に求められるスキルは即戦力である事が多いですから、「この人は即戦力になりそうだ」と思ってもらえるような内容にできると理想的です。

ただしウソを書いてしまうと実際に企業に入ってから自分の首を締めてしまうので、ウソはいけません。

面接でウソがバレてしまえばまずその面接は採用になりませんから、ウソのない範囲で興味を持ってもらえる内容を書きましょう。

手順6:気になる企業に応募して面接をする。とにかく数を打つ

絞り込んだ企業が決まったら、まずはコンタクトを取るところから。

ネットでの応募や、今は LINEでの応募、電話でのコンタクトなど、それぞれの企業が提示しているコンタクト方法に従ってコンタクトを取りましょう。

まずは書類選考という企業も少なくありませんから、履歴書・職務経歴書はしっかり書く事。

履歴書の志望動機や職務経歴書は受ける企業や職種に依って書く内容も変わってくるばず。

それぞれの企業をきちんと研究し、必要とされるような履歴書・職務経歴書を書くようにしましょう。

電話をかける場合

まずは電話で最初の選考が行われる場合もあります。

電話の受け答えや言葉遣いには気をつけましょう。

そこでいくつか質問をされる場合もありますので、落ち着いて受け答えをする事。

また初めに聞いておきたい事などがある場合は、電話をかける前にきちんと話す内容を整理しておきましょう。

ファーストコンタクトで印象が決まってしまう事も少なくありません。

できるだけ有効に使いましょう。

WebやLINEなど、文章で応募する場合

文章は思っているよりも人柄が出るものです。

言葉遣いやビジネス用語などは間違っていないか、横柄な言葉遣いになっていないか、社内用語を使ってしまっていないか、誤解を招く表現になっていないかなど、何回か推敲してから送りましょう。

面接は複数社受けてみましょう

例えば、「どうしても行きたい企業があり、そこへの転職が出来なかった場合は現職に残る」といったような場合は別ですが、転職ありきで考える場合は、転職先の候補は1つだけではなく複数考えておき、その中で優先順位をつけておきましょう。

しかし実際に面接などで企業の方にお会いしたり、企業の中を見学させてもらったりするうちに、その優先順位が変わって来ることはあるはずなので、できるだけ自分のやりたい事が出来そうな企業や、自分との相性の良さそうな企業を見つけられるよう、複数の企業を実際に見てみると良いでしょう。

転職の面接を受ける時は、こちらの記事を参考に!

手順7:退職手続きも忘れずに

転職先が決まったら、速やかに退職の意向を上司に報告します。

いつまで仕事を続けるのか、転職先にはいつまでに行く事になっているのか、現職はいつまで続ける必要があるのか、それぞれに意向があると思いますので、きちんと調整をして、どちらにも失礼にならないように、業務や引き継ぎに支障の出ないスケジュールを立てましょう。

今の業務はどのタイミングが引き継ぎやすいのかから逆算する

もちろん転職先の内定がいつ出るのか、採用がいつ決まるのかが最初からわかっている事などあるはずがありません。

転職活動をしながら、少しずつスケジュールを立てていくしかないと思いますが、いくら辞めるからといって、現職をおろそかにするようでは転職先でもいい仕事はできないでしょう。

他の人に出来るだけ迷惑がかからないように、引き継ぎ資料の作成や引き継ぎのタイミングを考えながら仕事を進めましょう。

新しい仕事に就くまでの期間について

有給休暇の消化などができる場合、ある程度有給を消化してから次の職場に出勤するスケジュールに出来る場合は、余裕を持って準備をする事ができるでしょう。

逆に転職先の意向や現職の都合などでその期間が全くない場合、準備が中々思うように進まない事になりますので、それぞれの業務の抜け漏れがないか、手続きに不備はないか、1つ1つを確実に行っていく必要があります。

保険の切り替えに必要な書類や手続きは大丈夫か、マイナンバーの提出用の書類やカード類はきちんと手元にあるのかなども確認しておくと良いでしょう。

まとめ

転職を考えた時、必要になってくるのは情報です。

自分の中にある情報と、実際の職種や業界の情報をきちんと整理し、自分にとって必要な情報を上手に取捨選択し、転職が有利に進むように活かしていく事が転職を成功させるための鍵になります。

自分の中の情報も、収集した情報も、その情報に間違いが生じると結果も変わってきてしまいます。

情報を正しく精査し、自分自身に出来る事出来ない事、望むこと望まない事をきちんと整理できていれば、きっと良い転職が出来る事でしょう。


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

神戸市で地域密着型の転職エージェントをご紹介!おすすめのエージェント9選。

今回ご紹介するのは、神戸市での求職に有効な転職エージェントです。大小様々な企業の求人案件を取り扱い、企業と求職者との橋渡しをしてくれる転職エージェント。全国に張られたネットワークを駆使して転職支援してくれる大手のエージェントも良いですが、地元での信頼関係を活かしてそこにしかない隠れた案件を紹介してくれる地域密着型のエージェントも、非常に心強いサポーターです。この記事では、神戸市の「地域密着型転職エージェント」9社を選りすぐってご紹介したいと思います!神戸市の地域密着型転職エージェント、おすすめの9社それでは、早速見ていきましょう。株式会社ウィンウィン「株式会社ウィンウィン」は、神戸市に本社を構

名古屋のおすすめ転職エージェント8選。地元密着型を中心に紹介します。

今回は、名古屋市に焦点をあて、地域密着型の転職エージェントを8社ご紹介します。名古屋市在住で転職を考えている方、名古屋市へのUターン・Iターンを考えている方は是非参考にしてみてください。転職する際の心強い味方となる転職エージェント。「リクルートエージェンシー」「パソナキャリア」などの様に全国展開をしている大手総合転職エージェントももちろんですが、地元に密着した転職エージェントを利用することで、転職の幅はグッと広がります。名古屋市の地域密着型エージェント8選!それでは早速、各社の特徴を踏まえて見ていきましょう。株式会社パーソネル名古屋で20年の実績を持つ「株式会社パーソネル」は、本社のある名古屋

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

転職エージェントとはどんな仕事?その仕事内容や転職業界においての役割、なり方など詳しく解説します!

現役キャリアコンサルタントが語る「転職エージェントとは?どんな仕事?」ここでは具体的な仕事内容から、転職エージェントの業界における役割、転職エージェントへの就職方法、就職するうえでの注意点をエピソードをまじえながら、お伝えしていきます。私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な仕事のイメージがつきやすい内容になっていますので、是非ご一読ください!転職エージェントとはどんな仕事?転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行います。転職エージェントの仕事内容とは?それでは具体的にどういっ

携帯電話販売の転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

近年、携帯電話の飛躍的な進歩により携帯電話会社への転職を考えられている方も多いと思います。未経験だけど大丈夫かな?携帯電話の料金プランは難しそうだけど覚えられるかな?クレームが多いって聞くけど本当?などなど、興味はあるけどなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。携帯電話販売転職に失敗したくないと思われている方や、携帯電話会社への就職を失敗させたくないと思われている方に向けて転職に役立つ知識や成功させる為のコツなどを詳しくご紹介していきたいと思います。こちらの記事では携帯電話販売員としての成功のコツに加えて接客業界に使える事にも触れています。携帯電話販売のお仕事は接客業界以外からも注目さ

客室乗務員の転職を成功させるためにやるべき3つのことやリアルな転職事情、上手な転職方法を解説します

転職して客室乗務員になりたい!と思った時、いざ転職活動を始めるには何かから手をつければいいのでしょう。客室乗務員を志望する際の心構えや入社後の様子、転職事情についてお答えします。客室乗務員の転職事情とは?転職して客室乗務員になる人は実は意外といます。新卒の就職活動の時に客室乗務員試験を受けたけれど不採用だった人が、既卒募集に再チャレンジして見事夢を叶えた人や、一般企業に勤めていたけれど昔の夢を忘れられず一念発起した人など、実際にいろいろな職歴を持っている客室乗務員がいます。国内大手航空会社をはじめ多くの航空会社が、新卒採用とは別に既卒採用を行なっています。応募にあたり航空業界での経験などは不問


転職に関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転