働くことは人生において多くの時間を費やす場です。

自分や家族の生活を守るためでもあり、人生のやりがいや充実度を左右することでもあると言っても過言ではありません。

そのため、出来ることなら自分の理想の仕事がしたい、自分に合った楽しい職場で働きたいと思うでしょう。

働く企業、仕事の内容は慎重に選ぶ必要がありますし、その自分が選んだ企業にはなんとしても採用して欲しいですよね。

まずは自分が理想とする仕事や企業を探すこと、そしてその企業から採用してもらうためには何をしたらいいのか、この二点について具体的にご紹介していきたいと思います。

仕事探しのためにやるべき10個のこと

それでは、新しく仕事をしたいと思った時に何をするべきなのかをいくつかご説明していきます。

最適な方法を自分で選択し、活かしていくことができれば、仕事探しがうまく進んでいくでしょう。

求人募集方法を調べる

どこの企業でどのような求人募集があるのか、まずはそれを調べないと何も始まりません。

人材を必要としている企業は、欲しい人材がよく見ると思われる媒体に求人情報を出します。

ネットなどで気軽に見られるものから、ハローワークなど直接行って調べる方法までいろいろありますが、できるだけ効率よく自分にとって必要な情報を得られるかがポイントです。

それでは、まずはどのように調べればいいのか、どのような求人募集の方法があるのかご紹介します。

ハローワーク

ハローワークは「公共職業安定所」のことで、主に仕事の紹介や失業給付の手続きなどを行っています。

厚生労働省によって設置された行政機関で、民間の職業紹介業者などとは異なります。

国の機関なので相談料はかからず、転職指導なども無料で受けることができます。

全国540か所以上にあるので、誰でも近くのハローワークに直接行って仕事を探すことができます。

ハローワークで仕事を探すと、職員がいるので相談することができる、失業給付などほかの手続きも一緒にすることができる、地元の求人が多くある、比較的採用されやすいなどのメリットがあります。

しかし、募集している企業は地元の中小企業が多くて大手企業は少なかったり、親切に対応してもらえるかは相談員によって差があります。

ハローワークを利用する時は、こちらの記事を参考に!

ネットの求人・転職サイト

仕事を探すならまずはネットで調べてみようと考える人は多く、やはりそれだけ求人数や情報量が多くあります。

情報の更新も早いので、いち早くさまざまな仕事の情報を得ることができます。

大手の総合求人サイトから業界や職種に特化したサイトなどもあり、膨大な情報の中からポイントを絞って選びやすいことも特徴です。

画像や動画などで企業の雰囲気を知ることもでき、採用担当者と直接やり取りをすることもできます。

しかし、面接日程の調整など各種手続きは自分で調べてやらなければいけません。

明確な希望がないまま見ていると求人数が多すぎて絞りきれなくなってしまったり、反対に希望の条件で絞り込んで検索すると、条件から少しはずれたくらいでいい条件の求人などを見落としてしまうことがあります。

人材紹介サービス(エージェントサービス)

人材を必要としている企業と、仕事を探している人を仲介してマッチングするサービスのことです。

自分が希望する職種、雇用条件、経験、スキルなどを伝え、それに沿った仕事を紹介してもらいます。

求人情報の収集から面接日時の設定、内定までの手続きなどを全てしてくれるので、効率よく自分に合った仕事を探すことができます。

しかし、人材を募集する企業から見ると、ネットや広告などの一般求人媒体に募集を出す際は掲載する時に掲載料が発生するのに対して、人材紹介サービスは採用した際に年収の○○%支払うという契約をします。

この手数料ですが、一般求人媒体よりも人材紹介サービスで見つけた人を採用する方が、結果的に高くかかることが多いのです。

企業が求める人材をピンポイントで採用することができるというメリットがあるのですが、おのずと人材紹介サービスからの応募は採用条件や見る目が厳しくなります。

そのため、希望に合った求人がない場合や、企業側の採用のハードルが上がることもあります。

転職フェアなどのイベント

転職サイトを運営している会社が主催して、転職フェアなどのイベントが行われることがあります。

大きな会場で複数の企業がブースを出し、企業のPRや情報の収集、優秀な人材を見つけるなどの目的で行われています。

大手の転職サイトに登録しておけばこれらの情報が入ってくるので、積極的に参加してみましょう。

一度に複数の情報を得ることができますし、企業の人から直接話を聞いたり、採用担当者と話したり、それぞれの企業の雰囲気を知ることもできます。

開催場所は都市部が多く、開催期間も限られているので、希望したときにすぐに行けないというデメリットはありますが、行ける範囲でタイミングよく開催されるようなら足を運んでみましょう。

友人・知人の紹介

学生時代の友人、地元の友達、親の知り合い、前職の同僚など、自分にもさまざまな人脈があると思います。

仕事を探していることを伝えたら、何かしらの情報をくれたり、採用担当者と話をしてくれるということがあるかもしれません。

紹介ということは、ある程度信用があるということや、紹介者の立場もあって採用もされやいでしょう。

しかし、やりたい仕事や職種があるか、雇用条件が合うかなど、自分の希望に合致するかどうかはわかりませんし、希望に合わない場合は断ることにも気を使うかもしれません。

また、採用が決まった後や入社後も、紹介者の信用を壊さない節度ある行動が求められます。

気になる企業の採用情報を直接調べる(企業のホームページなど)

求人広告を出していなかったり、エージェントサービスを利用していない企業もあります。

どうしても働きたい企業があるなら、自分でその会社の採用情報を調べて、直接アプローチしなければなりません。

常に募集しているとは限らないので、ホームページなどで調べて採用情報があれば、チャンスなので見逃さずに連絡をしましょう。

採用ターゲットを明確にする

ある程度希望する企業が絞れてきたら、希望する企業の採用基準や必要としている人材の経験やスキルを明確にしましょう。

そうすることで、志望動機を考えたりや自己PRがしやすくなり、採用される可能性も高くなります。

採用ターゲットを明確にすることで、企業が必要としている人材に自分がなりきることが容易になるのです。

もし自分が企業の必要とする人材のターゲットとかけ離れているなら、無理をして面接を受けても時間の無駄となってしまうかもしれません。

採用条件に必要な資格やスキルなどがあるかどうか、今まで働いたことのない職種や業界であれば、未経験者でも可能なのかなども合わせて確認しましょう。

希望する企業のことは徹底的に調べる

面接を受けたときにはほとんどの人は「御社が第一希望です」と言うでしょう。

もちろんそう言わないと採用されないと思うでしょうし、企業側も第一希望でない人を採用したいとは思いません。

「第一希望」と言ったからには、その企業のことはしっかり調べているはずなのです。

しかし、いつごろ創業したか、会社規模、経営理念、売上高など、調べればわかることを質問されたときに答えられないと、「嘘を言っているな」とすぐに見破られてしまいます。

何社も受けていると覚えるのはもちろん大変ですが、企業からするとそんなことは関係ありませんし、より自社のことを好きでしっかり調べて考えている人を採用しようと思うのは当然のことです。

希望する企業のことはホームページを隅々まで見るなどして、何でも知っているというくらいの気持ちで面接を受ける姿勢が大切です。

情報のアンテナは高いに越したことはありません。

しかし、ホームページに載っている情報はあくまでも企業の基本情報にすぎません。

他にも、口コミサイト、新聞、webニュース、企業IR情報など、さまざまなソースを調べてみましょう。

さらにそれ以上の情報を得るためには、コネクションや人脈を活用して実際にその企業の社員や業界の人と話ができれば、より多角的な情報と現場での声を聞くことができます。

この情報は、実際に採用になって働くようになった後も、調べた情報と実際の仕事とのギャップを最小限に抑えることにもつながります。

視野や行動範囲を広げる

「この仕事しかしたくない」「給料は最低○○万以上」と決めると企業を絞りやすくはなりますが、あまりにその条件が多すぎたり厳しすぎると、なかなか仕事が見つけられなくなってしまいます。

最初は自分の条件に限りなく合致するもので探してもいいですが、無駄に仕事探しが長引いてしまうよりは、視野や行動範囲を広げて探す方が結果的に効率よく、自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

ずっとネットで探していたのなら情報誌で探してみる、仕事探しが長引いてしまっているなら気分転換に新しいことをしてみる、興味のなかった業界のイベントに参加してみる、などです。

仕事が見つからないとだんだんネガティブな思考になってきてしまい、その状態でなんとなくみつけた企業で面接を受けたとしても、魅力が半減して結局どこにも採用されなくなってしまいます。

新たな思考や体験をすることで、新鮮な気持ちになって視野も広がり、新たに仕事探しができるようになります。

考えるだけでなく、行動に移す

「仕事がしたいな」「転職したいな」と思うだけでは何も始まりません。

ネットでも気軽に調べられるようになりましたが、調べるまでは比較的誰でも簡単にできますし、転職サイトへの無料登録などであればそこまで手間もかからず気軽にできます。

しかし、実際にはそこから先の行動に移せるかどうかがポイントになってきます。

その行動とは、実際に採用担当者のアポイントを取ること、面接を受けることです。

採用基準は企業によって違いますし、面接を受けるタイミングや採用担当者によっても違うので、まずは面接を受けないと採用されるかどうかはわかりません。

もし採用されなかったとしても、それはタイミングが悪かったと思ってどんどん積極的に面接を受けに行きましょう。

積極的に行動する人ほど、いい仕事に巡り合えるチャンスも増えていくのです。

資格をとる

資格は、その人が持っている能力を示す判断材料として見られるものであり、採用するかしないかを左右するポイントにもなります。

自分が働きたいと思っている業界や職種に関係する資格は、積極的に受けるようにしましょう。

実際に働き始めたらその知識も役に立ちますし、資格手当などで給料に反映されることもあります。

中途採用なら即戦力を求められることもあるので、資格を持っていればそれだけ有利にもなりますし、キャリアアップにもつながります。

資格には数か月間にわたって準備や勉強が必要なものから、数回の講習を受けるだけで取れるものまで、難易度にかなりの差があります。

資格をとるのにかける時間や労力と、その時間と労力をかけるだけのメリットが得られるかを考え、仕事に活かせるような資格を優先的に選んで受けるようにしましょう。

やりたい仕事を具体的に決める

調べてみるとわかるように、求人情報は莫大な数があります。

なんとなく調べていても、絞りきれずに結局あきらめてしまったり、雇用条件だけで探してあまり興味のない仕事しか見つからないこともあります。

仕事探しを成功させたいのなら、やりたいことを具体的に挙げて、モチベーションを高く持てる仕事を探しましょう。

「接客」「企画」「営業」「商品開発」「経理」など仕事の内容や、「アパレル」「商社」「不動産」「飲食」「金融」などの業界まで、複数でもかまわないのでできるだけ具体的に決めます。

企業側はやる気がある人を採用したいと思っているので、実際に面接を受けても、「この仕事がやりたい」という熱意がなければ採用してもらえません。

あまりやりたくないのに無理やりやりたいとアピールして採用になったとしても、実際に仕事を始めてから長続きしません。

やりたいことと適性は必ずしも一致しない

これまでやってきた仕事の経験などを振り返ったり、周りの人に聞いてみて、自分の適性を明確にしましょう。

ネットで仕事の適性診断を受けることもできるので、これを利用すれば自分の適性を客観的にとらえることができます。

その上で、自分がやりたいと思っている仕事と自分に適した仕事が合っているのかを再考してみましょう。

「アイデアを出して実現させる仕事をしたい」と思って商品開発などの仕事を探しても、実際の適性は「丁寧で細かい作業が得意」なので経理などが合っているかもしれません。

「自分が企業にとって必要な人材であること」が、採用されるためには必要です。

やりたいことと適性がかけ離れていると、面接で採用担当者に質問された時などに矛盾点を突かれてしまうかもしれません。

仕事探しを成功させるためには、その点を理解した上で「自分が必要とされる仕事」を探したほうが採用への近道になることもあります。

もし仕事探しがうまくいかない、なかなか採用まで至らないのであれば、この点を再度考えた上で選びなおすのも仕事探しの一つの方法です。

離職期間を長引かせない

理想としては退職前に次の仕事が決まればいいのですが、スケジュール的なものもあって仕事を辞めてから次の仕事を探すという場合もあります。

しかし、離職期間が長くなればなるほど、次の仕事を探す際に不利になってきてしまいます。

仕事探しが長引くと、いろいろな企業を見ているうちにどこがいいのかわからなくなってきたり、モチベーションが維持できなくなってきたり、精神的な焦りがなくなってきてしまうからです。

仕事をしていない期間は当然収入が減るもしくはなくなってしまうので、金銭的にも苦しくなってしまいます。

また、仕事を探し始めてから内定までの期間は「最長で3ヶ月」と言われています。

それ以上かかってしまうと内定に至る確率は低くなり、エージェントサービスは特別な要望がなければサービスを打ち切ることもあります。

そうならないためには、「○月○日までに面接を受ける」「○月中に内定をもらう」「この企業が不採用だったら違う職種も視野に入れる」というように、スケジュールを区切って行動しましょう。

前職の辞めた(辞めようと思っている)理由を具体的に挙げてみる

「なんとなく嫌だから次の仕事を探す」と、仕事探しもうまくいきませんし、結局次の仕事も長続きしません。

まずは「残業や休日出勤が多かったから」「給料が低いから」「人間関係が嫌になったから」など、前職を辞めた理由を具体的に挙げてみましょう。

しかしそれだけではネガティブな理由だけになってしまうので、「ポジティブな理由」に変換します。

例えば、「人間関係が嫌になった」のなら「前職は個人の売り上げが重視されるため人間関係がギスギスしていたが、もっと周りとコミュニケーションを取りながら協力してできる仕事がしたい」というように前向きにとらえるようにするのです。

面接で前職を辞めた理由を聞かれることもありますので、その時にきちんとした離職理由がなくあいまいなことを言ったり、ネガティブな理由を言ってしまうと採用してもらえません。

これは前職の業界合わなかったということだけではなく、職種についても同じことが言えます。

「営業が辛かったから次は内勤がいい」という理由では不十分で、営業で人とコミュニケーションを取ることが辛かったのなら、内勤だからと言ってコミュニケーションを取らずにすむかといえばそういうわけではありません。

「営業が辛かったから」ではなく、「コミュニケーションをとるのが辛かったから」ということになります。

そうであれば、必ずしも内勤である必要はなく、次の仕事を探す条件はもっと広くなりますし、企業を選ぶ際の条件として明確なものがあれば探しやすくもなります。

企業から採用して貰うために身に付けておきたい考え方とは?

続いては、自分が選んだ企業から採用してもらうためには何をしたらいいのか、どのような意気込みや考え方が必要なのかをご説明していきます。

新しい仕事をすることをポジティブなものと考える

どんな場合でも、新しく仕事を探すことはかなりのエネルギーが必要で、たくさんの辛いことや悩みも出てくるでしょう。

そもそも仕事がちゃんとできるか、知識は足りているのか、職場の雰囲気や人間関係はうまくいくかなど、新しい仕事を初めるのには不安なことの方が多いと思います。

しかし後ろ向きな姿勢でいると、新しい仕事を始めることやキャリアアップの役には立ちません。

新卒でも転職でも、フリーターから正社員を目指すのでも、新しい仕事をすることをポジティブなものとして考えるようにしましょう。

新しい仕事を始めることは、長い人生の中で重要な意味を持つターニングポイントです。

「今の仕事を辞めたいから転職する」などのネガティブな理由ではなく、「やりたいことがあるから働く」「この会社で働きたいから応募する」という積極的な姿勢の方が、企業は仕事を任せることができる人材だと必ず評価してくれます。

謙虚な姿勢と、知性を感じられるコミュニケーション

社会人として最低限の知識が必要なことは言うまでもありませんが、ただ知識を詰め込んだだけの頭でっかちの人よりも、相手や状況に応じてその場に適切かつセンスのある受け答えができると、人としての期待度が上がります。

働こうとしている業界の最低限の知識、質問に対する受け答えの仕方、その企業で働くことになった時のビジョンに具体性があるかなど、知性を感じるようなコミュニケーション能力を感じられると魅力的ですし、企業としてもそんな人材を望んでいます。

しかし、知識があることを自慢するような話し方や、ドヤ顔をするような受け答えは好印象ではありません。

普段から、人と話すときに高飛車な態度になっていないか、相手を見下すような考え方をしていないか、謙虚な姿勢でいることを心がけましょう。

前職の不平不満を口にしない

「以前働いていた会社の商品は○○がよくなかったのですが、御社の商品は完成されていて売り上げもよく・・・」などと、前職のことを悪く言ってはいけません。

これでは売れない理由を自分の営業力の未熟さではなく、商品のせいにしていると受け取られてしまいます。

そして何より、現在受けている企業の事をどんなに褒めているつもりであっても、前職のことを悪く言うと、「うちの会社で働いても結局同じように文句を言うのだろうな」と思われてしまいます。

相当理不尽な理由でクビにされたのでなければ、前職を辞めた理由は自分にあるのであって、前職の仕事や会社が悪いわけのではないということを頭に置いておきましょう。

そのためには、先ほども述べたように、「退職理由がネガティブ」なものであっても、「ポジティブな転職理由」に変換します。

そうすることで、前職の不満ではない転職理由と受け取ってもらうことができます。

定型文の様な志望動機にしない

「スキルアップのため」「経営理念に感動したから」など、よくありがちな志望動機は、それが真実であっても、企業側は「またか」と思うだけで、その人に魅力を感じてもらえません。

ネットで探せば定型文のようなものもたくさん出てきますが、そのような志望動機は採用担当者は見飽きていると言ってもいいでしょう。

個性的であればいいというわけではありませんが、自分が働いている姿をイメージし、自分の言葉で企業への想いを伝えましょう。

そのためには、仕事を探す時点で、採用条件や募集要項だけでなく、その企業の事を十分に調べることを徹底するようにしましょう。

待遇への要求や質問が多いなど、自己顕示欲を表に出さない

仕事をする上で、働く身としては待遇については大事な条件であり気になる点です。

しかし、問い合わせるときや面接で「質問は?」と聞かれたからと言って、そのことばかり質問するのは、採用する側からするとあまりいい印象を受けません。

働くということは多かれ少なかれ待遇に不満を持つ人もいますが、それを表に出してしまうと周りの社員にも意欲の低下が伝染してしまうので、会社側としては最も雇いたくない人材です。

どの企業でも共通して不採用とされてしまいますので、質問するのであれば気になるポイントを絞って聞くようにしましょう。

自分に自信を持つ

自分が上司だとしたら、どんな部下がいると心強いと思いますか?

「何事にも率先して取り組む姿勢があり、ハキハキして積極的な人」と、「指示が来るまで何もせず、自分に自信がなくてオドオドしている人」がいたら、間違いなく前者を選ぶでしょう。

これは極端な例ですが、たとえ根拠がなくても堂々としていた方が「一緒に働きたい」と思ってもらう確率は上がります。

面接がどうしてもうまくいかないという人は、とにかく自分に自信を持ち、どんな質問にもはっきりと大きな声で答えましょう。

面接では、仕事でしてしまった失敗や短所を聞かれることがありますが、その質問は失敗したことを聞くことが目的なわけではありません。

失敗したことが問題なのではなく、失敗しても前向きにとらえ、解決することができる人なのかということが大切なのです。

失敗から学んだことは経験と言う財産です。

圧力的な面接もありますが、臆することなく自分に自信を持って答えましょう。

積極性と向上心を持つ

消極的な姿勢やネガティブな考え方の人は「仕事ができない人」と見られてしまいます。

頼まれたことだけをする受け身な姿勢の人を雇っても会社の成長は見込めません。

企業に採用したいと思っているのは次のようなポジティブな考え方や行動をする人です。

  • 自分から進んで仕事を引き受けてくれる人
  • 経験やスキルはなくてもその業界のことを勉強している人
  • できることの幅を広げ、深めていこうと努力する人
  • 周りからのアドバイスを素直に受け入れる人

面接の時などにアピールできるように、これらのことが実感できる具体的なエピソードを用意しておくといいですね。

不採用になってもステップアップのための試練だったと受け入れて落ちこまない

面接で手ごたえを感じ、採用担当者の反応もよかったように見え、「この面接は受かった!」という自信があったのにもかかわらず、不採用の連絡がきてしまったらさすがに落ち込んでしまうと思います。

数ある企業の中から自分が働きたいと思う企業を選び出し、入念にその企業のことを調べ、履歴書も丁寧に書き、申し込みをして実際に面接に行くという課程をひとつずつ積んできただけに、またゼロから始めるのは確かに大変です。

しかし、面接で不採用となるのはよくあることです。

そして、不採用となった理由は多くの場合わかりません。

手ごたえがあっただけに、不採用となった理由を考えても思いつかないかもしれませんし、その理由を知ることが本当に大切なことであるかと言えばそうとは限りません。

ほんの数分から数十分しか話していない人、数回しか会っていない人の評価を気にしても仕方ないですし、気にすればするほど考えはネガティブなほうへといってしまいます。

振り返る暇はなく、不採用となった時点ですでに次の道へ歩み始めているのです。

自分がふさわしい会社ばかりではないことを理解し、また、自分の能力をささげる必要がない会社だったのだと割り切って、「不採用」を「拒絶された」と思うことはないのです。

履歴書や職務経歴書は使い回さない

職務経歴書はパソコンで作成する場合が多いですが、だからといって同じものを複数枚プリントして応募する各企業に提出すればいいというわけではありません。

履歴書や職務経歴書は、応募する企業が複数ある場合はそれぞれの企業ごとに新しいものを作るようにしましょう。

手間もお金もかかりますが、面倒くさいからとその手間を省こうとする考え方は、本当に採用されたいと思っているなら出てこないはずです。

応募動機や自己PRは企業ごとに違うはずですし、少し的外れな文章で他社に提出したような痕跡があると、企業としては採用する気が無くなります。

マナーとして使い回しは避けるべきであることはもちろん、企業からすると「他社でも何度も不採用になっているに違いない」と思われてしまいます。

まとめ

ここまでご説明したことは、あくまでも「やるべきこと」「身につけておきたいこと」の一例であり、これらができれば採用してもらえるというわけではありません。

まずは仕事探しに対して前向きに考え、行動に移すことです。

仕事探しにはタイミングや勢いもあります。

チャンスやタイミングを逃さないためには、「新しい仕事がしたい」と思ったらすぐに行動し、情報を得る努力が必要です。

そういう行動をできる人が、自分が望む仕事を見つけ、採用されることにつながるのです。



関連キーワード

転職ノウハウ

転職ノウハウについてもっと深堀りした情報を見る

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

皆さんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくは、皆さんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前までは、転職というと何だか良くないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職することは、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めていると思われていました。しかしリーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからは、キャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い転職市場も以前に比べると

転職する際に悩む4個のこととは?あなたのお悩みを解決します

労働市場が硬直的といわれる日本では、今日に至るまであまり「転職」に関心を抱かない人も多かったようです。しかし、最近は働き方改革の勢いもあり「自分らしい働き方をしたい」「自分に合った仕事をしたい」といった願望を胸に、行動を起こす人も増えてきているようです。今回は、私たちの人生を大きく左右する一大イベントともいえる、転職活動に関連する情報を提供していきます。具体的には、私自身がこれまでに転職を何回か経験したことを踏まえ、転職活動全般にまつわる悩みのもとを大きく4つに分類して紹介し、あわせてそれぞれの悩みに対応する解決法を提案していきます。もしも皆さんが、今まさに転職をすべきかどうかで悩んでいる、も

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

楽な仕事に転職したい!こだわりたい楽な5個のポイントと、おすすめの仕事を紹介します

突然ですが、皆さんは楽な仕事をしたいですか?それとも激務をしたいですか?極端な質問ではありましたが、要は、皆さんが仕事に対して何を求めているかを確認してみました。人によっては仕事が生きがいで楽しいと思う仕事や生きがいと感じる仕事なら激務でも厭わない人もいれば、趣味や家族・友達との時間を楽しみたいから仕事にはあまり時間を費やしたくないという人もいます。最近は、今の仕事があまりにも激務すぎて周りを見る余裕も将来について考える余裕もないから楽な仕事をしてみたいと考える人も少なくありません。今回は、楽な仕事についてスポットを当てて楽な仕事へ転職するためのポイントやおすすめの仕事について紹介していきます

留学後の就職を成功させるためには?やっておくべきことや留学を活かせる仕事を教えます!

語学のスキルを身につけるためや専門的な勉強をするための海外留学の道。国や言葉は違えど、留学経験者で日本に帰国後語学を活かした仕事に就きたいと希望する方はとても多いのではないでしょうか。せっかく身につけた語学スキル、できればそれを大いに発揮できる就職先を選びたいものですよね。しかし、ただ留学をして海外で語学を学んだというだけではなかなか希望する語学を活かした職種で活躍することは実は難しく、たくさんの方が語学とはあまり関係のない職種への就職を選ばざるを得ません。そこで今回は、留学後の就職で希望の職種へ就くためにやっておくべきことをご紹介して行きましょう。将来はグローバルに活躍したいと願っている方、

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職が多いとしても、しっかりとした理由があったり、目的を持った転職であれば印象が悪くなることはありません。しかし、そんな経歴をお持ちの方は面接時にきちんとした事を面接官に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまい、転職活動がうまくはいきません。そこで今回は、転職をしたい人が就職活動時に気をつけたいことを6つに分けてご紹介させていただきます。ポイントをおさえて次の転職を成功させましょう。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転

仕事探しってどうやればいい?雇用形態別の効率的な仕事の探し方を紹介します

皆さんは仕事を探す時、どうやって仕事を探しますか?仕事探しといっても色々な方法がありますし、色々な雇用形態があります。例えば、アルバイトやパートだと商店街やショッピングモールなど求人広告を目にする機会が多いため、チャンスは広がっています。正社員の場合だと企業のHPに採用情報を設けており、そこで求人情報を手に入れることも可能です。他にも求人サイトや求人広告などを使って求人を見つけることは可能です。今回は、仕事探しに焦点をあてて、仕事をどうやって効率的に探すのか、また、雇用形態別で仕事の探し方について紹介していきます。仕事探しってどうやるの?仕事探しってまず皆さんはどうしてますか?仕事をしたいと思

転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職活動を始める前にやっておきたいこと

終身雇用が一般的だった日本も今では転職をする人が多くなってます。広告やCMでも転職エージェントに関するものがたくさんあります。では実際に転職する人はどんな理由で転職を決意するのでしょうか?この記事では転職のきっかけと転職活動をする前にしておく準備についてご紹介します。転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職のきっかけは人それぞれです。ポジティブな理由で転職する人もいればネガティブな理由で転職する人もいます。特に若い人は転職に抵抗がない人が多く、第二新卒専用の転職エージェントもあります。給料が安い自分の給料に満足している人は多くありません。一昔前であれば終身雇用制度と年功序列制度で長

高学歴ニートになってしまう人の特徴や原因と、再就職するための方法とは?

近年人材不足が叫ばれる中で、よく耳にすることが多くなった「ニート」という言葉。ニートとは、15歳~35歳までの若手で、家事や進学、就職をせず、生活している方々を指します。そして、このニートの中にも様々な種類が存在します。そこで今回は「高学歴ニート」について解説致します。高学歴ニートって何?一般的に有名大学を卒業しており、高学歴と言われる人材で、就職をせず定職に就かない方々を「高学歴ニート」と呼びます。周囲から見れば、「その学歴で何故、就職できないのか?」不思議に感じることでしょう。しかし、高学歴だからこそニートになりやすい傾向が強くなっている現状があります。では、高学歴でニートを選択してしまう

転職が難しいと感じる6個の原因とその解決策とは?

企業にて仕事をされている方は、転職をされたことがある、転職を検討されたことがあるという方はかなりの比率でいらっしゃるのではないでしょうか?十数年前と比較すると日本でも、転職に対するネガティブな感覚は薄れ、転職することについてはかなり敷居が低くなっていることを感じます。また、現在は空前の人手不足であり、転職し新たな仕事を見つける事自体はそれほど困難ではなくなりました。しかしながら、転職したいと思い転職活動を継続しているが、転職できず、転職が難しいと感じている方も少なくないようです。ここでは転職が難しいと感じる原因とその解決策となるヒントについてかいていきたいと思います。転職が難しいと感じる6個の

転職が怖いと感じる9個の原因とその対処法とは?どうせなら楽しく転職活動をしたい!

どんな人でも転職に対して不安や恐怖心を抱いてしまいます。そこで恐怖心を克服して転職を成功させる人、恐怖心から転職を諦めてしまう人がいます。どちらが正解なのかは誰にも分かりませんが、転職によりキャリアップや収入の増加、休日の確保、プライベートの充実に成功した人が多くいるのも事実です。また、転職の失敗談を読んでネガティブになったり、生活や環境の変化に対して強い抵抗心を抱えていると、実際に行動をしたとしても苦痛だらけの転職活動になってしまいます。転職をするなら楽しく転職を活動をしたいと誰もが思うはずです。このページでは転職が怖いと感じる方に、実際に楽しく転職をして、転職に成功した著者がそのコツをご紹

40代転職で失敗しないための5つの注意点と成功するためのコツとは?

転職をするなら35歳までという言葉を耳にした人は多いかもしれません。法律や何かのルールで決まっているわけではありませんが、転職は35歳までにしないと成功しないとか受け入れ先がないと言われています。また、40代になると多くは家庭を持っていたり、現職である程度の地位を築き上げているため、転職先での再スタートを切るのはリスクに思い、気になる仕事ややりたいと思っていた仕事であってもなかなか一歩が踏み出せません。40代では転職をすることができないのでしょうか?実はそうではなく、40代でも転職ができますし、転職を成功させることも可能です。今回は、40代の転職を失敗しないために、転職する際に注意すべき点や成

30代女性の転職に多い悩みと、転職を成功させるコツとは?

30代になると男性だけではなく、女性も今後のキャリアや将来的なことを考えて仕事を変えようかと考え始めます。最近は男性の転職が増えてきていますが、女性の転職はまだあまり馴染みがありません。求人サイトや求人広告をみると決して男性限定というわけではありませんが、まだまだ圧倒的に男性の応募が目立ちます。男性の転職に比べて女性の転職、特に30代女性の転職はハードルが高いのでしょうか?今回は、30代女性の転職事情について紹介します。30代女性の転職でどんな悩みが多いのかや、転職する際に注意した方がいいことなどについてまとめてみました。30代で転職する人は多い?30代は社会に出てある程度経験や実績を積んで人

仕事しながら転職を成功させるための6個のコツと注意点とは?

皆さんは転職を考えた時に仕事を辞めてから転職した方がいいと思いますか?それとも仕事をしながら転職した方がいいと思いますか?最近はインターネットで求人を見つけることが簡単になり、大手求人会社もインターネットで求人サイトを展開しています。リクルートやマイナビはインターネット上の求人サイトだけでなく、転職エージェントのサービスも展開していて忙しい人でも転職先を探すためのチャンスはますます増えています。今回は、仕事をしながら転職先を探すためのコツや注意点などを紹介します。仕事をしながら新しい仕事を探すって大変?何かのきっかけで転職をしたいと思っても今の仕事があるとなかなか転職先を探す時間が割けなかった

30代女性仕事で多い悩みと、6個の対処法を紹介します

いくつであろうと、生きていれば悩みは耐えないもの。この記事を読んでいる皆さんも、日々様々な壁や問題に遭遇しているのではないでしょうか。しかしながら人生の中でもとりわけ悩みが多い時期というのがあります。それが、「30代」です。30代は一般的に、結婚や出産、キャリアチェンジなどライフイベントが多いとされる年代。様々な変化とどのように向き合っていくか、どのようにキャリアを選択していくかなど、悩みは耐えません。そこで今回は、30代の女性が仕事を続けていく中で出くわしがちな悩みと対処法について解説いたします。30代女性の仕事で多い悩みとその対処法とは?冒頭でも述べたように、様々な変化を迎えるタイミングで

40代女性の転職に多い悩みと、転職成功させるコツとは?

女性の転職は、ハードルが高いと言われています。特に40代になると受け入れいている会社が少ないように思われています。男性でも転職するなら35歳までと言われているので女性はさらに難易度が高いとイメージされがちですが、果たして本当にそうでしょうか?10年前や20年前は確かに永久就職という言葉があり、新卒から入社した会社に定年まで勤め上げることが美学とされてきましたが、リーマンショック以後その概念は覆されただけでなく、今や日本にもグローバル化の流れがきているため、転職することは悪というイメージはなくなってきました。そのため、男性の35歳までに転職しなければいけないということもなく、今や様々な年齢で転職

転職を悩むあなたへ!本当に転職するべきかの10個のチェックリストを紹介します

社会人経験を重ねるごとに、転職を考えたことのある方は増えていくのではないでしょうか。転職をするハードルは年々下がってきているといいますが、まだまだ人生の中で転職をした経験のある方、ましてや何度も経験する方は少数だと言えます。転職を考えるまではいいけれど、すべきかどうか悩んだ結果踏み出せない方も多いのではないでしょうか。転職を悩む方はぜひ参考にしてみてください。仕事の悩みにはどんなことがあるの?仕事の悩みの中には人それぞれ十人十色です。しかし大きく分けてみると周囲の環境に対しての自分の内側に向ける担当する業務に関する悩み、人間関係の悩み、普段行っている仕事に対してでてくる問題から、どうしてもマイ

転職を繰り返す人に多い7個のパターンとは?自分に合った職場を見つける方法も紹介します

社会で働いている人のほとんどが、「転職しようかな」と思った事があるのではないでしょうか。しかし、転職には年齢問題やリスク等、様々な悩みが出てくるのも事実ですよね。自分に合った職場に転職出来るか不安で、結局転職を繰り返してしまう事になってしまっても嫌ですよね。今回は、転職を繰り返す人のパターンと自分に合った転職方法を見つける方法をご紹介します。転職とは?一口に「転職」と言っても、同じような業種や職種に転職する場合と、今までとは全く違う業種や職種に転職する場合があります。同じような業種や職種であれば、今までの経験を活かしてのアピールも出来ますし、大きな部分で変わる事は少ないですよね。転職しても、活

彼氏の転職に彼女が思う8個の不安な気持ち。でもこんな会社に行くのだったらハッピーかも!

テレビコマーシャルなどでもしきりに「転職」という言葉が流れ「入った会社には生涯を捧げ、骨を埋める場所」と考える人は今では少数派なのかもしれません。日本経済の不況や外資企業の進出、台頭により入社すれば一生安泰だと思われていた大企業が次々と失脚して、今では「転職」を視野に入れながら仕事でスキルを磨いたり、技術を身に付けるのは当たり前のスタイルのひとつであると言えます。しかし転職にはリスクが付きものです。家族や恋人はそのリスクに対して「不安」抱いてしまいます。彼氏の転職にまつわる「不安」について今回は彼女の抱く「不安」にスポットを当ててご紹介します。プライベートを大事にしたいと考える転職希望者はこの

自分に合った仕事を見つけるには?6個の方法を紹介します

せっかく人生の大半を占める仕事ですから、失敗しないで楽しく働きたいものです。しかし人間は合う合わないがあって当たり前です。仕事を苦に命を断つ人が後を絶たないこの世の中ですから、少しでも苦しい思いをしなくていい仕事をしたいものです。そこで自分というものを知って、そんな自分に合った仕事を探してみましょう。自分に合った仕事を見つけるにはいくらでも方法はあります。その探し方すら自分に合っていたならば、天職との出会いはすぐそこまで迫っています。働くことで得られるものは?貴重な人生経験働くことで得られるもので、一番大切なことです。自分の体を動かして汗水たらして働くことで、人との付き合い方、お金の大切さ、仕

転職情報誌の元編集者が教える、求人を探す時・選ぶ時のポイントとは?

求人探す時の重要なポイントってご存知でしょうか?転職を考える時、何を軸に仕事を探せばいいのか、迷う方もいると思います。そこでここでは、転職情報誌の編集経験のある筆者が、求人を探す際の必須チェックポイントを5つに分けてご紹介させていただきます。紙媒体とWEBの求人の違いや、気をつけておくべき注意点まで、細かく解説させていただきますので、自分に合う職種を上手に選んで素敵な職場で働きましょう!転職情報誌の元編集者が語る!求人情報はこうやって作られます転職情報誌の情報を集める際、編集者が気をつけていることがいくつかあります。求人情報作成の裏側をこっそり紹介します。仕事内容の記載仕事内容は仕事を探してい

転勤と転職どちらを選ぶ?それぞれのメリットと、私が転勤を選んだ理由

仕事をしていると、そのときの環境で転勤や転職の機会に遭遇する場面も少なくありません。仕事をするうえで、フランチャイズや地域に系列店が存在する場合は転勤の可能性があったり、勤務していて条件が合わなくなって転職したりする場合もあります。ここでは、転勤と転職はどちらがよいのか、また、そのメリットなど、さまざまな視点から解説していきます。転勤が嫌で転職する人は多い?企業の業態のなかで、本店と支店、フランチャイズなどさまざまな形態で運営している企業の多くは転勤があります。就職した際に、転勤の有無について確認がある企業もありますが、長く勤務していると、転勤の希望をしていない従業員でも転勤の危機に追い込まれ

転職できない人の6個の原因と改善するための5個の方法と手順

「なんだかパッとした結果が出ない……」「もっと自分に合う仕事があるんじゃないか……」そんな悶々とした思いを抱えつつも、なかなか超えられない『転職』という壁。中には次から次へと職場を変えることができる人がいる一方、なかなか次が決まらないという人も多いのではないでしょうか。今回は転職の壁を乗り越えられない方のために、転職できない原因と対策について解説いたします。次のステップに進みたいけれどもうまくいかないという方、必見です!転職できない人の6個の原因とは?転職できない人と、上手くいく人がいるのはなぜでしょうか。転職したいと思う理由や思い始める時期は、人それぞれ。転職を考える人の数だけ思いがあるとい

やりたいことを見つけるための8個のチェックリスト。やりたい事を仕事で実現するのが一番いい!

学校を卒業後、ほとんどの人が関わることになる『仕事』。少なくとも1日8時間、人生スパンで考えればかなりの時間を費やすことになります。自分の人生を表すと言っても過言ではない存在ですから、嫌々な気持ちで取り組むのは避けたいですよね。せっかく働くなら、やりたいことや好きなことをしたいもの。でも、「やりたいことが見つからない……」「そんなの夢のまた夢……」と諦めてしまっている方も、残念ながら少なくありません。諦める前にぜひ一度しっかり自分と向き合い、”本当にやりたいこと”について考えてみませんか?もちろん、すでに就業している人でも遅くはありません。前向きな気持ちで今からやりたいことを探したいという方も

転職活動の方法を総まとめ。方法からタイミング、具体的なtodoまで転職のプロが詳細に解説

転職活動しようと決意したけれど、何から始めればいいのかわからない人は多いのではないでしょうか。新卒の就職活動と転職活動では企業から求められることが異なるため「就職活動を乗り切れたから大丈夫」と、甘い考えで転職活動をすると痛い目に合います。元採用コンサルタントの私が、しがらみがない今だからこそ紹介できる「転職活動の方法」をご紹介します。転職活動の方法にはどんなものがあるか?求人サイト手軽な転職活動方法として求人サイトがあります。本格的に転職活動をしたい人だけではなく、なんとなく転職したいという人でも登録ができる特徴があります。求人サイトの種類求人サイトには大きくわけて2種類あります。エントリー型

転職したい人がやるべきtodoリストと流れ。3000人以上を担当した現役キャリアコンサルタントが実例を交えて解説

転職希望者の誰もが、できるだけ早く、スムーズに転職したいと願っているはずです。では、転職を成功するためには何が必要なのでしょうか?大手転職エージェントなど人材サービス業界で転職支援を長年行っている現役キャリアコンサルタントが、転職したい人が必ずやるべきtodoリストとその理由、転職活動の流れについて、成功と失敗の実例を交えながら詳しくご紹介します。転職の流れ転職活動には活動を開始するまでの事前準備、転職サイトや転職エージェントへの登録、応募などの実際の転職活動と内定までの流れがあります。この流れを理解し、それぞれのステップのポイントをしっかり押さえて活動することで、転職を成功させることができま

会社選びで失敗しないための8個のチェックリスト

皆さん、就職する際にどういったところを見てこの企業で働こうと決めていますか?最近ではブラック企業も当たり前のように存在します。会社選びはちゃんとできていますか?間違った選び方をしていませんか?どういう風に会社を選べばいいかわからないという方はいませんか?今回は会社選びについて、会社選びで失敗しないためのチェックリストを作りました。このチェックリストを参考に自分に合った会社を見つけてみてください。また、自分の働いている会社は本当に自分に合っているのか見つめなおすのもいいかもしれません。この記事の最後にはブラック企業かもしれない?こんな求人には要注意!求人を見て仕事を決める前に確認すべきことを少し

ハローワークでの仕事探し、ハローワークの使い方からおすすめ求人の見つけ方まで詳しくアドバイスします

これから仕事を探したい。失業してしまった!転職を考えているのだけれど…そんなときに、ハローワークを利用すればいいらしい、ということはなんとなく知っているという人は多いのではないでしょうか。ても、どんなところなのかわからなくて不安だったり、どうすればいい仕事が見つかるのか心配だったりする人も少なくないことでしょう。ハローワークとは一体どんなところなのか、またその利用の仕方を詳しく解説します。ハローワークってどんなところ?耳にする機会も多い、ハローワークという名前。正式には、公共職業安定所といって、国の行政機関の一つです。厚生労働省に属していて、各都道府県の労働局の下部組織になります。「ハローワー

大手に転職するために注意したほうが良い2個のこと

転職活動を行うなかでの企業選びについて、どの様なポイントを重視して企業選びを行っているでしょうか?多くの転職希望者は、主な企業選びにおけるポイントとして「年収」「勤務地」「業務内容」を上げています。働くということの目的を考えた場合、給料や働く場所、仕事に対するやりがいなどを重視した企業選びを行うというのは、至極当然のことではないでしょうか?それでは、このような諸条件をより高い水準且つ、より幅広い選択肢をもって実現できる企業をどのように選択するべきか考えてみると意外と重要となるのが「企業規模」ということになります。企業規模の図るうえでの1つの指標として重要となるのが「従業員数」ということになるの

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

タイプ別の求人の探し方13選。転職の目的や転職先のイメージがあるかどうか次第で探し方は変えましょう!

就職活動で一番悩むのが、会社選びではないでしょうか?やりたい仕事、職種は決まっているのにどの会社がいいの?そもそもやりたい事が決まってない。自分に合う仕事が何かも分からないという人もいるのではないでしょうか?仕事探しの方法はいくつもあります。やりたいことが見つかっている人も見つかっていない人も、ピッタリの仕事探しの方法が見つかるかもしれません。求人を探す手段にはどんなものがある? 求人の探す手段は、たくさんあります。それぞれ特徴があるので、それらを組み合わせて利用すれば、希望に合った求人が見つけやすくなり、効率が良い仕事探しが出来ると思います。自分が利用しやすい手段を見つけてみてくださいね。ネ