ハローワークは、公共職業安定所とも呼ばれ、仕事を探すためだけでなく、その他にも様々な役割があります。

今回は、このハローワークを実際に利用し、就職に至るまでの筆者の体験を中心に、ハローワークの使い方をお伝えいたします。

近くのハローワークの場所が分からない人は、以下の厚生労働省のページから探せます。

全国ハローワークの所在案内一覧

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ハローワークとは?

そもそも、ハローワークとはどんなところ?

そして、どんな人が使えて、何ができるのかを、まずご説明します。

ハローワークとは?

ハローワークの正式名称は、公共職業安定所です。

つまり、国が職業を安定させるために、仕事を探す人・仕事を募集する人共に無料で使用できる施設になります。

ハローワークという名称になったのは、平成2年からで、全国から愛称を募集した結果、この名前が使われるようになりました。

ハローが挨拶、ワークが仕事という意味ですが、ハローの挨拶に出逢いという意味を込めて、出会いを大切にする職業安定所になる想いがあり、この愛称がつけられ、16年間変わらず使われています。

ハローワークは、仕事を募集する人を紹介するだけでなく、仕事を募集してもらうために、企業へ働きかけを行う事もしています。

ハローワークはどんな人が使えるの?

ハローワークは、義務教育を終えたすべての人が使えます。

高校生からできるバイトもありますので、16歳から使用でき、実際に仕事が見つかるかは別として、高齢者も使えます。

ハローワークではどんなことができるの?

まず、仕事を探す事ができます。

ハローワークの総合案内に行って、求人を探している旨を伝えれば、パソコンを使い仕事を探す事ができます。

中には60歳以上向けの仕事がファイルになっていて、誰でも見れるようになっているハローワークもあります。

また、やりたい仕事が見つかった場合や、詳しい情報を知るために、ハローワークの職員と相談する事ができます。

この相談の場では、今までその求人の会社へ応募した方の評判等聞く事ができます。

例えば、離職率はどのくらいや、その会社を辞めた人の理由等聞ける場合もあります。

その他雇用保険の手続きや、資格やスキル取得の手助け等もしてくれます。

ハローワークの使い方と流れとは?

ハローワークを使う上で実際に私が行った流れをご説明させて頂きます。

求職申し込み書に記入し登録する

まず、仕事を急に辞める際に、自己都合と会社都合の場合があり、自己都合の場合は次の仕事の目途をつけておかないと3カ月間失業手当が支給されません。

今回は私がかつて行った自己都合の場合の流れを説明させて頂きます。

まず、私は会社が業務停止という事を知り退職しました。

そして、ハローワークの相談窓口に行って事情を説明し、求職申し込み書を書くように言われ記入しました。

求職申し込み書には、名前・住所・電話番号という基本情報の他に、どういう仕事を希望するかや過去の職歴を書く欄があり記入します。

この求職申し込み書を持って相談窓口に行って登録となります。

相談窓口での面談

求職申し込み書を持って、そのまま相談窓口に行っていたら私は、自己都合退職で失業手当は3カ月出ない可能性がありました。

それは、勤めていた会社が業務停止とはいえ、会社名を替えて営業を続けようとしていたため、自己都合で退職させて頂きました。

この事を証明するために、相談窓口において、会社が業務停止になった経緯がわかる新聞記事を持って、見て頂きました。

その結果、今回においては、会社都合という事が認められ、7日間の認定猶予期間の後に失業手当が支給される事になりました。

就職活動を行う

失業手当てを頂くためには、仕事を探している事を証明するために、履歴書を送ったり、面接に行く必要があります。

私の場合では、営業の経験があったものの、幅広く仕事の求人募集を探しました。

警備会社やテレフォンオペレーター、そして営業関係の募集に顔を出し、面接や筆記試験を受けさせて頂きました。

特にやりたいと思っていた訳でもなく、それはそのまま試験や面接に現れることもあり、結果は予想通り不合格でした。

地元の警備会社面接の際には、面接の際に「カーナビがなく、地元の道に詳しいですか?」という質問に「方向音痴なので、ナビがないと自信がないですし、車の運転も苦手です」と答え不合格。

テレフォンオペレーターでは、一般常識がなく、筆記試験で不合格。

水素水の営業販売では、「売り方は自分で考えてやれますか?」に対して「商品の良さがいまいち、わからないので、今は自信がないです」と答えて不合格。

このような就職活動を行い、自分は何がしたいのかわからず、ただ半年間は失業手当が出る安心感のもと、だらだらと過ごしていました。

介護資格習得のため学校に通う

今まで仕事としては、営業経験しかなかった私ですが、大学生時代介護のボランティアを経験していました。

介護の仕事は年を重ねてからと思っていたものの、ハローワークに通う中で、その当時(8年前)であれば、無料でヘルパー2級の資格を取れて、なおかつ失業手当が支給されるという支援がありました。

その当時、特にやりたいと思える仕事がない中で、まず資格だけでも取っておこうと思い、ハローワークの相談員の方と話しをして資格取得のため介護の学校に通いながら、失業手当を頂く生活が始まりました。

ハローワークで得たスキルを基に就職活動

ハローワークの紹介で、無料にてヘルパー2級の資格を得た私は、この資格を基に、合同説明会に参加しながら、ハローワークでも仕事を探し、就職させて頂く事になりました。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際にハロワ利用で就職までこぎつけた私の体験談

ハローワークで就職するには、皆さま様々なパターンがあると思いますが、今回私の個人の就職までの体験談を参考に伝えさせて頂きます。

ハローワークを利用しようと思ったきっかけは?

ハローワーク利用のきっかけは、失業手当を頂く手続きのためです。

それまで、営業の仕事を続けていた中で、会社が業務停止という事があり、一度ノルマに追われて生活するのを一度休みたいと思いました。

ハローワークを利用する前は、地元から遠く離れている場所にいましたが、退職をきっかけに地元へ帰りました。

そして、親から離職票を持ってハローワークにいく事を勧められ、ハローワークという物を知り足を運びました。

親からは特に詳しい話しは聞いていませんでした。

ただ、ハローワークに行けば失業手当が出る可能性があるから詳しい話はハローワークの職員さんに聞くように言われて、言われるがままハローワークへ行き、総合案内で「すみません、仕事辞めて、なんか離職票持って行った方が良いと聞いたのですが、どうすれば良いですか?」という風に聞いて、一から使い方を教えて頂きました。

その上で、再度営業の仕事をするのか、それとも違う仕事の方が自分にあっているのか、ゆっくり探す時間が欲しかったです。

そこで、失業手当てを頂きながら、就職活動をなんとなくしている中で、自分の大学時代のボランティア活動を思い出し、ハローワークであれば介護の資格を無料で取得でき、そして失業手当ても頂きながら生活できる事を知り、利用しました。

就職するまでにハローワークを利用した期間は?

ハローワークを利用した期間は約半年間です。

3カ月くらい失業手当てを頂きながら、履歴書送ったり、面接を受けたりしていました。

そして、残りの3カ月で、介護のヘルパー2級の資格を無料で取得しながら、失業手当てを頂きました。

初めてハローワークへ行った際に失業手当が出る期間を教えて頂きました。

当時30歳になる私の失業手当が支給される期間は半年間で、失業手当てが今までの給料の7割程出して頂いており、なおかつ実家に戻ったため十分生活できました。

親からも特に家賃とかはいらないので、月3万円だけ入れてくれれば生活に困らない状態だったので、その時は完全なるニートでしたね。

月2回ハローワークへ行き就職活動している意思を見せるくらいで、あとは、ゲームしたり本読んだり、地元の友達と遊んでいたのが3カ月間くらい続きました。

その後介護の資格を取るための勉強に3カ月間いったのですが、実際の仕事とは違い責任感もなく、学生生活に戻った感じでした。

欠席せずに、出席していれば当時のヘルパー2級の資格は取ることができました。

ですから、結局3カ月間の研修の結果資格を頂く訳ですが、その上で「やっぱり私には合わない」と介護の仕事でなく、違う職種の仕事を探す人もいました。

この時取ったヘルパー2級の資格は、施設や家で過ごす方への介護するためだけのものではないです。

例えば、介護タクシーという、普通のタクシーでは座位が保てず車いすが必要な方であったり、横になった状態のままでないと移動できない方が利用する車の運転手になる方も好んで取った資格です。

こういう介護タクシー等仕事に生かす方もいましたし、私のようにその後グループホームに就職する事になった人もいました。

職業訓練は受けた?

職業訓練は受けました。

失業手当てを頂いてから3カ月程経った後で、介護のヘルパー2級の資格を得ながら失業手当を頂ける事を知りました。

ただ、8年前当時は、希望者がたくさんいて、皆がそのタイミングで、資格取得のための学校へ行けるものでありませんでした。

それは、はじめに相談窓口の方に言われて、介護の資格を取るための志望動機を考えておくように言われました。

そして、ハローワークの方と面談を行い、大学時代のボランティアの話しをさせて頂き、結果無料でヘルパー2級の資格を取得するための学校へ行くことが決まりました。

時には募集人数が少ない場合であっても、「介護の仕事を一切やる気はないが、お金でるから、とりあえず資格だけもらう」というのを面接の場で言ってしまう方もいるらしく、そういう方は、職業訓練を受ける事ができなくなっていたようです。

職業訓練でヘルパー2級の資格を取るために学校へ行くことになりましたが、職業訓練は学生時代を思い出させてくれるものです。

特に講義を聞いている間は眠くもなりますし、具体的に実際関わらないと、いまいちピンとこない授業もありました。

ただ、実技の勉強では様々な事を学びました。

実技の一つで清拭というのを勉強しました。

清拭というのは、体力的な事や身体上の理由、はたまた時には介助者の理由でお風呂に入れない方に清潔や爽快感を感じて頂くための支援です。

この実習では、足浴という足を洗う実習を行いました。

人によって変わりますが、一般的に眠る前に足を温めると眠りに入りやすいという事がいわれています。

そういう理由もあり、足浴の練習をしました。

研修生同士介護する側と介護される側を交代交代で行いました。

この研修生同士の体験だけでも人によって、感じ方が違うというのを学びましたし、入浴介助の研修の時には、人によっては頭から洗ったり、足から洗ったり等個人によって洗い方がちがい、その洗い方一つ、いつもと違うだけで落ち着かなくなるという感想を言った研修生もいました。

食事に関しても、介護する側よりも介護される側になる方が学びを得ました。

自分で食べる事ができないと、いちいち何を食べたいか伝えたり、一口にどれくらいの量を食べたいのか伝える必要があり、大変だなと感じました。

こんな様々な体験をした介護の職業訓練は、現在仕事をしている自分自身の為になりましたし、自分が老後どのような介護を受けたいのか考えるきっかけにもなり、とても有意義なものになりました。

何社くらい受けた?

介護の資格を取得するまでは、3社受けました。

警備会社にテレフォンオペレーター、そして水素水販売営業の仕事です。

警備会社は面接で落とされ、テレフォンオペレーターは筆記試験で落ち、水素水販売営業の仕事は辞退させて頂きました。

介護の仕事を取得してからは、2社受けました。

一つは書類審査があり、結果を受ける前に、もう一つの会社がすぐ採用という事で、書類審査があった方は辞退させて頂きました。

ハローワークで受けたサポートで役に立ったことは?

ハローワークで職業訓練を受け介護の仕事をするきっかけになった事はとても役に立ちました。

将来的に介護の仕事をしようとは思っていましたが、介護の給料の安さを考えると、自分でお金を払ってまで資格を取得しようという気はありませんでした。

ただ、実際に資格取得サポートを受ける事により、介護の楽しさや、実習を通してやりがいを感じる事になりました。

今まで営業の仕事をする中では、仕事は嫌なもので、給料を得るために行い、休みの日に楽しむというスタイルでした。

ただ、介護の仕事をする事で、仕事自体楽しみながら一日一日生活する事ができるようになり、とてもハローワークで受けたサポートには感謝しております。

ハローワークを利用してよかったことは?

ハローワークを利用してよかった事は、失業手当てを頂きながら、ゆっくりと仕事を探す事ができた事です。

20代前半で、特にやりたい事もなく、なんとなく仕事していく中で、30代になり一度足を止め、振り返る事ができました。

この失業手当を得る事ができなかったら、今でも仕事はお金を稼ぎ生活するためという事で、疲れ切った生活をしていたと思います。

猶予期間を改めて頂いた事はとても、ハローワークを利用してよかったことです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ハローワークでの仕事探しをスムーズに進める6個の方法とは?

ハローワークでやみくもに仕事を探しても時間だけがすぎてしまう事もありますし、自分がやりたい自由な時間が削られ、精神的にも良くないでしょう。

そこで、ハローワークで仕事探しをスムーズに進める私なりの方法を6個お伝えさせて頂きます。

自己分析

ハローワークで仕事を探す際、明確にやりたい事が決まっているなら問題ありません。

ただ、自分は何がやりたいか?そして、何をする事が向いているのか?というのがわからない場合があり、私はそうでした。

その中で、自己分析というのはとても必要になります。

ハローワークで仕事を探す際に、まず、天職と適職を整理するのが結果として仕事探しをスムーズに進める事になると思います。

ここでいう天職は「やりたいこと」、適職は「向いていること」とします。

天職や適職を探す上で、ハローワークでも自己分析シートや適職診断テストのようなものがあり、参考になります。

ただ、もう一つ、お勧めしたいのは「エニアグラム」という性格診断テストです。

このエニアグラムは、人間が生まれて、そもそも持っている特性に焦点をあてた診断で、9つに分類されます。

環境によって、多少性格が変わるというのはありますが、実際それぞれの人がどのような行動を行ってきたか、そして、またその行動の結果どのような感情を抱いたか等の質問があります。

これを基に自己分析すると「天職」と「適職」がより明確になり、仕事探しの際にとても参考になります。

パソコン検索機の設定を行う

一つの職種においても、具体的に絞らないと、数百という莫大な仕事先が出てしまい、見るだけで貴重な時間がなくなってしまいます。

ですから、パソコンの検索機において、年齢をきちんと記入するのはもちろんの事、給料・職業の地域・業種や職種を明確にする事が必要です。

また、正社員かパート等雇用形態を明確にしたり、福利厚生等しっかりしている事等、仕事をいつまでに決めたいかも考慮する事が必要だと思います。

自分が働く所を妥協する事なく探すなら、まずは自分にとって条件の良い場所を絞って応募すると良いと思います。

相談窓口を有効に使う

ある程度やりたい事等決まったら一度自分だけで考えるのではなく、相談窓口で採用状況を聞くのも仕事探しをスムーズにする上で有効な方法といえます。

相談窓口では、ハローワークの職員にもよりますが、実際その探している職種や業種、そして会社の採用状況について聞く事ができます。

実際その会社に勤めた人はどれくらいいるのか?そして、辞めた人はどのような理由で辞めたのか?等聞く事ができます。

この相談窓口では、実際の労働状況についても教えてくれる事があります。

勤務時間において、暗黙の了解で無料残業があるのか、人間関係や給料の面や時には経営状況等も聞く事ができる場合があります。

今後の採用の参考にもなりますし、自分自身が勤めた会社に関して客観的な情報を伝える事で、働く側・雇用する側双方にとって食い違いのない仕事へ繋がるので皆様が勤めた会社の情報を余すことなく伝えて頂ければ良いと思います。

職業訓練を使う

ハローワークを失業手当頂きながら利用する場合には、職業訓練を使うと仕事がスムーズに見つかります。

それは、仕事をはじめてからだと職業訓練を受けられるような時間がなかったり、肉体的にも精神的にも疲れきってしまう方がいるからです。

介護の仕事につく場合は特に求職中にとっておくと良いと思います。

今現在介護の資格は通学が必要な事が増えてきています。

ただでさえ人手不足の介護業界では、例えば介護福祉士の資格を取得するための実務者研修を受けなければいけなく、その研修で通学する間、人がいなく大変な思いをされている事業所がたくさんあります。

そういう中で、採用する側としては、資格を取得するのも必要ですが即戦力が求められます。

実際のところ、介護業界では、急に腰を痛めたり、風邪を引いたり、研修で休みを取ったりとシフト作りに苦労する事業所が多く、ローテーションをしっかり守れる方は重宝されます。

ですから、最低限の資格をすでに取得しておくと仕事探しがスムーズになります。

介護業界は特に資格を持っていたり研修を受けていたり、するしないで介護報酬が加算になったり、減算になったりします。

また、人手不足も非常に重要で人数が達せず営業停止になる介護事業所も増えてきています。

この職業訓練においては、他の仕事においても取っておく方が良いと思います。

一から教えるのと、ある程度基礎知識や技術があるのとないとでは、雲泥の差があります。

教える方にとっても職業訓練をうけている方の方が良いと思います。

仕事における生の話しを聞く

転職で今まで勤めていた業種と違う業種を検討している場合には、仕事における生の話しを聞く事が出来る場合があります。

相談窓口において、現場の生の話しを教えてくれる人を紹介してくれる場合があります。

相談窓口で、間接的に仕事の話しを聞くよりも、生の話しや自分が聞きたい事を直接的に聞く事ができるので、どういう人材を求めているのか、どういう強みを伸ばすべきか明確にわかるきっかけになるので、仕事探しがとてもスムーズになります。

前向きに考える

仕事をスムーズに探すためには、前向きに考える事が必要です。

仕事が見つからない人の特徴として、まだ勤めてもいなく、面接にも行ってないにもかかわらず、悪い職場だったらどうしよう?

どうせ行っても落とされる等マイナス思考で時間を浪費される方がいます。

ハローワークの仕事は山ほどあります。

中には希望に合わない条件の企業もあるかもしれませんが、面接で条件が良くなる場合があります。

また、落ちたことをいつまでもマイナスに考えている暇があったら、「縁がなかった」と次の企業に面接に行くと良いですね。

また、採用する側も面接の際には、態度等見た目や雰囲気を大事にされる方もいます。

前向きでいれば、自信ある雰囲気を出す事ができて結果として仕事が出来そうだと思われやすいです。

ですから、前向きに考える事は仕事をスムーズに見つける方法の一つになります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ハローワークで仕事を探す上で注意すべきこととは?

ハローワークで仕事を探す際に注意するべき事があります。

実際に働いてから思ったのと違う職場だったりする事は多いですし、お金の面でシビアな問題もあります。

簡単にですが、注意すべき点をお伝えさせて頂きます。

ブラック企業がある

ハローワークでの求人は、採用する側と採用される側どちらも登録するのにお金がかかりません。

他の求人サイトだと採用する企業が良い人材を確保するために民間の求人広告にお金をかける所があります。

この求人にお金をかけない所では、求人票ではわからないブラック企業があります。

人が入っても、内情を知ってすぐ辞めてずっと求人を出しっぱなしの企業があります。

そういう求人を常に出している企業は、無料残業が多かったり、聞いていたより給料や福利厚生がなかったり、試用期間中に条件の変更をしたりと、やりたい放題している所もあります。

もちろん、人それぞれ職場の合う合わないは変わってきますので一概には言えませんが、そういうブラック企業がある事も注意して仕事探しをすると良いと思います。

このようなブラック企業に入社しない方法は様々あります。

例えば、求人票の住所を基に下見をしたり、見学させて頂き企業内の雰囲気を把握する事が一つの手です。

実際に企業がある所に足を運び勤めている人の雰囲気や表情を見て見ると良いと思います。

疲れ切っている表情や笑顔がなかったり、人間関係において、自分に合うかな?合わないかな?等見えてくる場合があります。

また、相談窓口でその企業による情報をできる限り聞くようにすると良いと思います。

ハローワークの相談窓口職員の質によって、大きく変わるという意見の方もいますが、自分からも働きかけを行うと良いです。

例えば、相談窓口で企業による詳しい事情を尋ねた場合に「私の今まで担当した方の中には、この企業に勤めた方がいなく、詳しい事はわかりません」と言われた場合があるとします。

それに対して「そうですよね、いろんな職種や会社があるから担当していない所があるのは当然ですよね。他の相談員さんで、この企業に勤めた人や辞めた人の話し知っている人いませんかね?」なんか伝えさせて頂く事で、他の相談員さんに聞いてくれる場合もあります。

相談員を100%あてにしない

当たり前ですが、仕事をするのは相談窓口の相談員でなく、自分自身です。

にもかかわらず、相談員に就職先をすべて委ねようとする方がいるようです。

また、時には相談員さんが自分のお勧めに誘導するように見える事もあるようです。

相談員さんから、例えば企業に関して良いのでお勧めという事を言われたら、どういう点が良いのかというのを聞くべきで、辞めた人はなぜ辞めたのか?

人間関係なのか、その他の理由なのかを聞いて自分に合うか合わないかを判断すべきです。

また、「あまりお勧めできません」という企業においても最終的には自分が実際に面接に行ったり、会社内見学をした上で決めるべきだと思います。

結果として、相談員さんがお勧めできない企業でも、自分が良いと思える企業である場合もありますし、また、最終的にはその職場の雰囲気を変える要素は自分にもある点を知って頂きたいと思います。

会社によっては、とても多人数の企業に勤める場合があります。

そこにおいて、新入社員としての一意見等まったく意味がないと思う方もいらっしゃると思います。

ですが、その一つの意見や一つの行為に触発されて行動を変える職員が出てくるかもしれませんし、一人増えれば二人・三人と増える可能性もあります。

ですから、例えば相談員さんがお勧めできない企業といっても、自分の気持ちのもちようであったり、時には変えるきっかけになる可能性もある事を忘れずにいてくれたら幸いです。

ちなみに私が8年近く務めさせて頂いた介護の会社は、ハローワークへ行った際に離職率がとても高いという事を教えて下さいました。

情報は有難く頂いた上で実際に面接へ行き、特に不振に思う事はなく入社しました。

離職率が高いのは、派閥的な人間関係による場合や社長の方針に異を唱えるのが直接すぎる場合のため等でした。

6月いっぱいで退職させて頂きますが、とても入居者さん的にも職員的にも家族や地域の方にとっても私は良い会社だと思ってます。

人の目につきやすい

仕事をしながら、ハローワークへ訪問する際には、誰かに見られている可能性もある事に注意した方が良いと思います。

仕事をしていて、退職の旨を伝える前にどのような仕事があるかや自分のスキルアップのために条件の良い仕事がないかを探しにハローワークに行く事があるかもしれませんね。

そんな時に、同じ職場にいる知人等に合う可能性やこっそり見られる事があります。

こっそりとハローワークに行っているなんか気づいたら会社の影で言われたら最悪ですね。

事前に、冗談交じりにハローワークへ行く事を伝える等人間関係を維持しておくと、職場で仕事がしにくくなるような事にはならないと思います。

また、ハローワークで誰か知人にあった時には、どのように伝えるかをあらかじめ考えておくとよいかもしれませんね。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ハローワークを利用した時の一部の流れや個人的な体験談を書かせて頂きました。

ハローワークは仕事をただ探すだけのものでないのが少しでも伝わったら幸いです。

仕事探しだけならハローワークだけでなく、他の求人サイトを調べたりする事もできますし、様々な所を見てご自身でハローワークをどのように有効活用するか決めると良いと思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →