求人媒体で事務を選択すると、「一般事務」と「営業事務」という職が出てきますよね?

この2つは一体何が違うのでしょうか?

一般事務は部門に関係なく様々な業務を行う事務職です。

仕事の種類としては営業事務よりも多いでしょう。

対して営業事務は営業部門のサポート作業をする事務で、電話応対はもちろんアポイントの予約を取ったり、営業担当から頼まれた資料を作成したりします。

今回は気になる営業事務の給料や仕事内容について解説していきたいと思います。

正社員はもちろん、最近では派遣やアルバイトでの募集も多い職種です。

将来のキャリアアップを目指している人にはぜひ注目してもらいたいと思います。

営業事務の給料の相場はどのくらい?

営業事務のお給料は一般的な事務の1.5倍程が相場でしょう。

任される仕事の量にもよります。

契約数に応じてインセンティブで上がっていくことがほとんどです。

正社員で新卒入社した場合

企業の規模にもよりますが、大体18〜22万円が相場だと思います。

そこからスキルアップして成績が上がれば自ずとお給料も上がるはずです。

営業事務の成績は企業に大きな影響を与えるため、手厚い保障研修があるところも多いと聞きます。

私はその道20年の先輩に一対一でノウハウをみっちり叩き込んでもらいました。

おかげで実践初期から約束を取り付けることができ、本当に感謝しています。

正社員で転職した場合

自らの希望で転職した場合と引き抜き、またはヘッドハンティングで転職した場合とでは少々金額は変わってくるでしょう。

いずれにしても最初は意外と安めのスタートで、実力を発揮して成果が上がればすぐに昇給してくれるところがほとんどです。

まずはお手並み拝見と言ったところでしょうか。

中途採用で求める人材はズバリ即戦力になる者!

入って直ぐに実績を残せば会社からも重宝され、お給料も安定するはずです。

パート・アルバイト

パート・アルバイトの場合は大体時給1100〜1500円程度が相場だと思います。

こちらも一般事務よりも高時給です。

成績が良い場合は正社員として雇用してくれる可能性もあります。

時給も高く、将来に向けての良いスキルアップにもなるおすすめのアルバイトです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

企業によりますが、ボーナスは年2回のところが一般的です。

中小企業だと年に1回のところも。

もちろん成果に応じて賞与も増額します。

やはり前年よりも上がっているとモチベーションのアップに繋がりますよね!

昇給

私が働いていたところでは年に1度見直しがありました。

社員だけでなく、パートやアルバイトも同様に見直しがあり、成績が良ければきちんと増額してくれました。

これもモチベーションに大きく関わってくるので、大事なポイントですよね!

各種手当

その他にも交通費手当や社会保険の完備、有給休暇などがあります。

時にはストレスやプレッシャーを感じることも多い仕事ですから、お休みや待遇などはしっかりと確認しておきましょう。

給与が高い人は何が違うの?

簡単に説明すると成績が良い人=給与が高い人です。

アポイントや契約をとって会社の利益に貢献した分が、給与に反映されます。

スキル

コミュニケーション能力、トーク力のある人が結果を出しています。

最初は電話でアポイントを取ることが多いのですが、この電話で好印象を残すというのはなかなか大変なことなのです。

声のトーンや頷きの間など、成績が高い人の対応はやはり違います。

私は仕事をしながらもそういった人たちの技を盗み、自分の仕事に反映させていくうちに少しずつ契約に繋がるようになりました。

電話越しでも笑顔だったりお辞儀をしたり、そういった目に見えていなくても心のこもった対応をすることが大切だということも学びました。

役職

営業事務で役職に就くということはほとんどないでしょう。

そこから営業職に移ったり、管理役などになればそこで役職をもらうことになる可能性はあります。

勤続年数

勤続年数によって大幅なお給料アップを見込むことは難しいでしょう。

営業事務から営業職に、総合職などに移ってキャリアアップを図る人もいます。

自分にとって優先したいのが給与なのか、やりがいなのか、キャリアアップなのかによって、勤続年数と共に選択肢は増えてくるはずです。

地域

勤務地によってもお給料は変わってきます。

その地域の物価などを考慮したうえで給与が決められるのです。

都心部では家賃などが高いため、少々高めに設定されることが多いでしょう。

営業事務の給料の決まり方

スキル

新卒社員ならば1年目から数年は企業からの提示金額と変わらないでしょう。

経験のある中途採用者であれば経験や資格などのスキルにより交渉の余地があるかもしれません。

資格

専門の知識や資格を持っている人はお給料に反映されることが多いと言えるでしょう。

例えば英語や貿易、宅建などの得意分野があればお給料アップに繋がる可能性は高いはずです。

営業事務で給料をあげるためにやるべき3個のこと

仕事をするにあたり、やはり大切になってくるのはお給料ですよね。

それによって日々のモチベーションもかなり変わってくるはずです。

ではお給料を上げてもらうには一体どうしたら良いのでしょうか?

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

中小企業で社長や上司との距離が近い場合は直接交渉してみることも可能でしょう。

交渉を続けることで自然と日々の仕事に目を向けてもらえるようになり、実力を発揮すれば給料アップにつながる可能性もあるはずです。

大企業の場合は直接ではなく、組合にお願いして交渉してもらうのが良いでしょう。

スキルアップを図る

仕事に必要な資格を取得するのもお給料アップへの着実な道です。

もし転職した時にもきっと役に立つので、持っていて損はないと思います。

思い切って転職する

条件に納得がいかなければ思い切って転職するのもありでしょう。

きちんと自分のキャリアアップにつながるよう転職先の下調べを入念に行うことをお勧めします。

転職先の選び方1:どんな人材を求めているかがしっかりと分かる企業

どんな人材を求めているのかはっきり明記している企業をお勧めします。

その内容に自分が当てはまっているのか、そしてそのスキルを持ち合わせているのかをしっかり吟味して応募しましょう。

転職には時間と労力を使います。

なるべく短い期間でスムーズに転職先を決めるためには、大切なプロセスと言えるでしょう。

転職先の選び方2:自分の希望する仕事をより明確に

営業事務の仕事に特化して働きたいのか、それとも営業をサポートしつつ一般事務の仕事もしたいのかなど、自分の希望する働き方を明確にしておく必要があります。

将来的に営業職に進みたいのであれば、面接時にその旨も伝えるべきでしょう。

できること、やりたいことをしっかりアピールすることが大切です。

給料をアップさせるための求人の選び方

ではお給料をアップさせるにはどのような求人を選んだら良いのでしょうか?

給与相場が今よりも高いところを探そう

業績の良い会社や業界に的を絞って探すのがおすすめです。

全体的な給与相場が高い会社は期待できます。

賞与や昇給制度をチェック

賞与は年に何回、月の何ヶ月分なのか、昇給制度はあるのかはしっかりとチェックしておきたいポイントです。

残業代はちゃんと出る?

営業事務は時期によっては残業が多くなることもあります。

なので残業代の支給についてはしっかりと知っておく必要があるでしょう。

交通費や福利厚生は?

正社員であれば交通費は会社が出してくれます。

福利厚生も利用可能です。

しかし派遣会社の場合は契約する企業によって変わってきます。

交通費は全額支給のところもあれば一部支給のところもあります。

福利厚生は登録している派遣会社のものを利用できる場合があります。

保険に関しても、勤務時間などで変わってくるので確認が必要です。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

外回りが増えた時

営業担当者とともに外回りやクライアントへの訪問が増えた時は給与が一時的にアップしました。

特に遠方への出張では出張手当がついたので金額がアップしたのだと思います。

金額にして3万円相当でしたが、仕事の成果が実感できて嬉しかったです。

資格を取得した後

私は将来も見据えて仕事のために貿易関係の資格を取得しました。

専門的な仕事を任されるようになり、少額ではありますが月々のお給料がアップしましたよ!

上司からは、もう少し成果が見えてきたらまた相談しましょうと言ってもらえました。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

雇用形態が違えば収入面ももちろん変わってきます。

正社員と派遣社員、契約社員だとどのように違いが出てくるのでしょうか?

給料以外における良い点と悪い点

お給料以外にも社会保険や福利厚生、残業の有る無しなどの違いも出てきます。

正社員

正社員の場合は基本月給で、賞与が年に1〜2回あるのが通常です。

また、正社員には昇給の可能性があるので、年齢や経験と共に年収がアップしていきます。

派遣

派遣社員には基本賞与はありません。

社会保険や福利厚生も適応されないのも正社員との大きな違いです。

しかし基本時給が高いので、収入的には正社員とさほど変わりません。

残業もないので、それが目当てで派遣社員として働き続ける人もいます。

契約社員

契約社員の契約内容は働く企業によって様々です。

賞与があるところもあればないところもあり、保険についても就業時間の長さなどで入れるかが決まってきます。

自分の希望に当てはまるならメリットの大きな働き方と言えるでしょう。

アルバイト

基本的には時給で決められた時間内に就業し、残業もありません。

社会保険や福利厚生の適応は基本に無く、時給が上がることもほとんどありませんが、自由な働き方を求める人には向いているでしょう。

この働き方は、こんな人におすすめ!

人によって求める働き方は様々ですよね。

自由に働きたい人、なるべく稼ぎたい人、キャリアアップを目指している人。

それぞれにおすすめの働き方をご紹介したいと思います!

正社員

安定して働きたい人、キャリアアップを図りたい人におすすめです。

保険や福利厚生、賞与や昇給などもあって、安定を求める人にも向いているでしょう。

働いているうちに他の部署に異動したり、転職したりしてキャリアアップすることもできます。

契約社員

自分の希望する範囲で働けるのが契約社員のメリットと言えるでしょう。

保証は正社員ほどはありませんが、お給料はしっかりもらえますし、ある程度自分の時間も自由に持つことができます。

一度営業事務をやってみたい、どんなものか知ってみたいという人は、まず契約社員として働いてみるのがいいかもしれません。

アルバイト

営業事務は将来どんな職に就くとしても、勉強になることが多い仕事です。

社会勉強の一環として働いてみるのはとてとためになると思います。

仕事ぶりが気に入ってもらえれば、そのまま就職というパターンもあるのが魅力的ですよね。

実際に私の周りもアルバイトから入って正社員になった人が数名いました。

派遣

保証は求めず、高時給と自由な時間を求める人におすすめの働き方です。

時給だけで言えばかなり条件は良いほうでしょう。

契約期間も短めなので、合う合わないにより契約を更新するかも自分自身で決めることができます。

自身のステップアップの一環として働いてみるのも良いでしょう。

まとめ

営業事務は営業のサポートをしながら、様々な事務の仕事もこなす大変な職業です。

しかし営業の人たちからはとても頼りにされ、やりがいのある仕事なのは確かだと思います。

お客様と会社を繋ぐ大切な役割を果たすため、信頼されたり感謝されることも多い立場と言えるでしょう。

また営業事務から初めて営業職に移ったり、秘書に引き抜かれたりなど、その後いろいろな方面に転職することができる職業でもあります。

営業事務という仕事は事務能力はもちろん、トークスキルやコミニケーション能力もつけることができる魅力的な仕事です。

将来へのステップアップとして短期間働いてみるのも良いですし、合うなと思ったらぜひ続けてもらいたいと思います。


関連キーワード

営業事務年収

営業事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業事務契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業部門において、営業の仕事をサポートするのが営業事務です。そして営業部門は会社の売り上げに直接関わる仕事なので、会社の業績を肌で感じることのできる、大変やりがいのある部署です。会社の収支に関わる重要な仕事であり、その仕事を支える営業事務もまた、間接的に数字に関わる仕事であるため、会社にとっても重要な業務であると言えます。そんな営業事務には、雇用形態として正社員や派遣社員の他に、契約社員の道があります。契約社員としての営業事務には、どんな求人があるのか、ご紹介します。営業事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主に、商品の受発注業務、在庫管理、納期管理、見積書・納品書・請求書の作成、入金管理

東京営業事務求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

最近の求人媒体でよく見かける営業事務というワード。営業事務とは一般事務よりも少し専門的で、営業部門の人たちをサポートするお仕事です。クライアントにアポイントメントを取ったり、会議用の資料を作成したり、営業さんと一緒に外回りに行ったりすることもあります。仕事内容は大体分かったとしても、何を決め手に働き先選んだらいいのか分かりませんよね?そこで今回は東京の営業事務でお勧めの募集内容の特徴や、人気のエリアなどをまとめてご紹介したいと思います。営業事務はどんな仕事?営業事務の仕事は一言で表すと営業部の人たちのサポートをするお仕事です。会議に必要な資料を作ったり、クライアントにアポイントメントの予約を取

営業事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

私が営業事務の仕事を始めた理由は、単純に時給が高かったからです。企業の受付や電話応対のアルバイト経験はありましたが、事務職は初めてでしたし特に資格も持っていませんでした。なので正直働き始めた当初は毎日が大変で、辞めたいなと思うこともありました。しかし上司がとても良い人だったため、いろいろと根気よく教えてもらったおかげで長く働くことができました。営業事務の仕事をしてからはパソコンのスキルから、臨機応変に対応できるコミニケーション能力、先を読んで行動する力など、様々なスキルが身に付きました。今後の人生に役立つことばかりで、働いて本当に良かったと思っています。一言に営業事務と言われても、どんな仕事な

福岡で営業事務求人を探すなら!人気求人の特徴や時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

一般企業に限らず、レストランやデパートなどの店舗でも必ずあるのが、事務作業です。事務の中でも特に営業事務に、さらに限定して九州地方の経済・行政の中心地である福岡市において、仕事を効率的に探す際のコツをお伝えします。営業事務はどんな仕事?営業担当者のアシスタント、またはサポート業務を行うのが営業事務の役割です。仕事内容としては、商品の発注、受注、契約書、請求書の作成、納期や在庫の管理の他、社内会議や顧客へのプレゼンテーションの資料を作成することもあります。営業が外回りに出ていて不在の時などは、社内にいる営業事務が顧客からの電話に応対することもあります。福岡の営業事務での人気求人の特徴営業事務は女

営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業事務は、営業をサポートする役割で、今とてもニーズが増えています。営業事務正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴、さらには募集内容や正社員として求められることを解説してきます。営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業部などに属し、営業担当の補佐的な役割をする担当者のことです。多くの場合、営業担当は日中ずっと営業回りで外出をしていることが多く、書類作成や調整などに手が回らないこともあります。そんなときに、営業事務はそのサポートとして代わりに契約書作成を行なったり、予定の調整やアポイントメントを代理で行ったりします。さらに、営業担当が営業先で使用する会社資料や営業資料を作成することや、新

メーカー営業事務求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

メーカーの営業事務に興味があるけれど、どんな仕事内容なのか、おすすめの求人内容はどんなものなの?と気になっている方も多いのではないのでしょうか。大手メーカーで正社員として営業事務を担当した経験から、実際の求人内容や仕事内容を詳しく解説します。メーカーの営業事務のおおまかな仕事内容と役割営業事務とは、文字どおり営業担当を補佐する事務作業を行います。具体的に言うと、商品のオーダー受注、発注、在庫管理、営業活動に必要な資料の作成、電話対応、顧客対応、部内庶務などです。メーカーにはどんな種類があるの?そもそもメーカーって?メーカーとは、物を作って売る事を生業としている企業のことです。大手から零細企業ま

営業事務派遣求人のおすすめ働き先5選や良い会社の特徴とは?時給や正規社員求人との違いも解説!

派遣で営業事務の仕事をしたい時、どうやって良い仕事先を見つければよいのでしょうか。派遣会社の選び方から、時給相場、おすすめの業界など、知りたいけれど求人サイトだけでは見えない、実際の事情を知りたいという方も多いと思います。営業事務の派遣を経験した私から、働いてみてわかった営業事務の派遣求人情報をお伝えします!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートをする仕事です。一般的に、商品の受発注業務(デリバリー業務ともいいます)、在庫や納期管理、クライアント対応、庶務など幅広い業務を行います。業界によってかなり内容は変わってきますが、会社ごとに独自システムを使うことが多く、PCを使った業務

営業事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

営業事務の仕事に興味はあるけど、どんなお仕事なのかよくわからないという人は多いのではないのでしょうか。営業事務のお仕事内容と、向いてる人の特徴をわかりやすく解説します!営業事務はどんな仕事?営業事務とは、営業担当のサポートを行う仕事です。営業はクライアントと直接交渉したり外に出て商品を売ったりしますが、営業事務は主に事務所内で事務的なサポートを担当します。事務的な処理を正確に行うことと、営業が仕事をしやすいように適切なサポートをすることを求められる仕事です。営業事務の大まかな仕事内容営業事務の業務の範囲は幅広く、商品の受発注業務、在庫や納期の管理、各種伝票処理などの営業に関することから、庶務的

商社の営業事務求人の募集内容は?おすすめな3個の理由や疑問に答えます

商社とは文字通り、商いをする会社のことです。明確な定義があるわけではありませんが、商品の流通を担ったり、貿易を行うのが主な業務です。最近では投資に力を入れる大手商社も多く、業務は多岐に渡ります。大手総合商社で営業事務の仕事をしていた経験から、商社の営業事務求人の仕事の実態について解説します。そして、働いてみて感じた事、おすすめする理由とは?詳しくお伝えします!商社での営業事務のおおまかな仕事内容商社は多くの商品を扱います。基本的に自社で製品を作るのではなく、メーカーなどから買い取ってクライアントに売るといった仲介的な役割が多くなります。海外の商品を買い付けるなど貿易業務も多く、国際的な舞台で活

営業事務の転職で知っておくべき10個のこと

営業事務への転職を考えた時に、どんなことに気を付けたらいいのかわからないと不安ですよね。「営業事務はどんな仕事なの?」「活かせるスキルや経験を知りたい」「営業事務に向いてるタイプは?」「収入の相場はどのくらい?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では営業事務の転職で、知っておきたいポイントを10個紹介します。営業事務とはどのような仕事で、そのために必要とされている能力や適性はなにかを理解しておきたいですね。営業事務についてよくある疑問にもお答えしていますので、この記事を読んで転職活動を一歩リードしましょう。営業事務に転職したいと思ったら営業事務への転職を考えたら、まずはど