1日の大半を占める、仕事。

人生規模で考えると相当数の時間をかけるものですから、なるべく自分に合った仕事を選びたいですよね。

しかし、自分に合った仕事を見つけるのはなかなか難しいもの。

そもそも、仕事探しですら難しいと感じている人も少なくないと思います。

そこで今回は、仕事探しで迷う方に、効率のいい仕事の探し方をご紹介いたします!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事探しって何が大変なの?

記事を読んでいる方の中には、はじめて就職活動をするという方や転職活動を始めたばかりという人もいるかもしれませんね。

いざ仕事を探そうとして、「あれ…なにから始めればいいんだろう…」と戸惑っていませんか?

既に感じているかもしれませんが、仕事探しはとても大変なこと。

どういった点でつまずく、何が大変なのかを下記にまとめます。

これから始めるという方は、心得ておくといいかもしれません。

やりたいことが分からない

早々につまづくポイントとしてあがるのが、こちら。

いざ「就職活動をはじめよう!」と意気込んでも、実は何がやりたいかよくわかっていなかったりしますよね。

そうなると業界や職種を絞り込むことができず、どうやって探していいのかわからなくなってしまうことがあります。

そうならないためにも、やりたい事や向いている事はあらかじめクリアにしておいた方がいいでしょう。

やりたいことを見つけるには、こちらの記事を参考に!

地味にお金がかかる

仕事を探し始め働きたいと思える企業が見つかると、書類を送ったり面接へ出向いたりすることになります。

それと共に、下記のような費用が発生します。

  • 履歴書や履歴書に添付する写真代
  • 必要書類の郵送代
  • 面接地への交通費

すべて数百円単位ではありますが、複数の企業を受けるとなると、意外と出費がかさむもの。

就活は無料ではないと覚えておいてください。

予想以上に時間をとられる

まず、やりたい事がクリアになっていない方は、それを明確にするところから始めなくてはなりません。

やりたい事が分かったところで、ようやく企業探しが始まります。

そして就職したい企業が見つかったら、履歴書を購入し作成。

連絡があれば面接地へ出向き、1時間前後の面接を受ける…。

このように、仕事探しから内定までは意外と時間がかかります。

いつまでに就職したいという明確な期限がある方は、早めに動き出さなければなりません。

精神的に疲れる

やりたい事を探すために自分と向き合ったり、履歴書を作成したり、面接で様々なことを聞かれたりすると、体力的にはもちろん精神的にもものすごく疲れます。

現在仕事を抱えている中での転職活動となると、かなりきついという方もいるでしょう。

就職活動を始めるのであれば、それなりの覚悟が必要です。

一般的な仕事探しの手順とは?

仕事探しは、何からはじめればよいのでしょうか。

これは、はじめての就職か転職なのかによっても異なります。

しかし、仕事探しの第一歩として共通するのは下記のようなこと。

これを行うことで、履歴書の提出や面接など次のステップへと進むことができます。

やりたい事・やりたい仕事を明確にする

上記でも述べましたが、まずはこちらから。

やりたい事が明確になっていなければ、そもそも仕事を探すこと自体が難しくなります。

自分の気持ちを明確にするには、下記のような方法が有効です。

自分自身のことを知る

やりたい事を明確にするためには、自分のことをしっかりと理解する必要があります。

以下のような質問を自分自身に投げかけてみてください。

  • 好きなことは何か?
  • 得意なことは何か?
  • 嫌いなことは何か?
  • 不得意なことは何か?
  • 給料はいくらぐらいがいいか?
  • 休みはどのくらい欲しいか?

これ以外にも切り口はたくさんありますが、まずはこのあたりから考えてみるといいでしょう。

また、この項目については後ほど詳しく説明いたします。

キャリアカウンセリングを受ける

自分一人では自己理解が進まないという方は、外部の専門家を頼ってみるのもいいかもしれません。

仕事にまつわるものでおすすめなのは、キャリアカウンセリング。

こちらはキャリア形成の専門家であるキャリアカウンセラーによって行われます。

専門機関や就職支援施設で受けることができます。

また、個人で活動しているキャリアカウンセラーもいるため、SNSなどで探して連絡してみるというのも手。

料金はピンキリなので、自分の状況に合ったものを選んでください。

就職活動用のサイトや転職エージェントに登録する

やりたい仕事がある程度明確になったら、次はその業界にどのような企業があるのかを知る必要があります。

そこで活躍するのが、就職活動用のサイトや転職エージェントです。

具体的な活用方法についてみていきましょう。

就職・転職サイト

サイトに登録することで、自分の希望する業界や条件で求人を検索することができます。

希望条件を登録しておくと、それに合った求人が出た時にお知らせしてくれることも。

気に入った企業があればサイト経由で連絡し、結果次第では次のステップに進むことができます。

エージェント

サイトでは主に自分で企業を探しますが、エージェントは希望の条件を基に企業を紹介してくれるというメリットがあります。

そのため、登録後はエージェントスタッフとの面接が必須。

やや手間がかかるようにも思いますが、実はこの面接もエージェントに登録するメリットです。

なぜなら、面接でやりたい事や希望の条件などを話すことで、自分自身が求めることがクリアになる可能性があるから。

一人でいろいろなことを考えるのが苦手という方は、エージェントに登録してみるのもいいかもしれません。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

効率的な仕事の探し方とは?

ここまでで、仕事探しの心得や始め方などはご理解いただけたと思います。

予想以上に大変そうだと思った方が多いかもしれませんね。

そんな方のために、ここではどのようにしたら効率よく仕事を探せるかについて解説します。

エージェントに登録する

一番効率がいいのはこの方法。

自分のやりたいことや希望する条件を明確にでき、その上で仕事を紹介してもらえるので効率のよさはピカイチといっても過言ではありません。

さらなるメリットは、他者の介入があること。

自分自身で自己理解を進めていくのは非常に大切なことです。

しかし、時には誤った自己理解をしていたり、少しずれた考えに陥ってしまうこともあります。

そんな時、エージェントスタッフの客観的な目があれば、軌道修正することができますよね。

場合によっては新たな発見をすることもできるかもしれません。

また、希望の条件と自身の市場価値がかけ離れているといった不一致も指摘してくれるため、なかなか仕事が決まらないという状況を防ぐことができます。

ハローワークへ行く

こちらも面談の後に仕事を紹介してくれるため、エージェントと同じ理由でおすすめです。

誤った判断を防ぎながら就職活動ができるので、非常に効率がいいと言えます。

しかし、ハローワークにはエージェントほど大手の求人はありません。

どちらかというとそのハローワークが存在する地域の企業などの求人が多くあります。

立地から仕事を選びたいという人にはいいかもしれません。

ハローワークを利用する時は、こちらの記事を参考に!

知人に紹介してもらう

もし希望する業界や企業に知人がいるなら、その人に求人はないか尋ねてみるというのもアリです。

運が良ければ紹介してもらえるでしょうし、社員の紹介ともなれば選考が進みやすいというメリットもあります。

とはいえ、働きたい企業に偶然知人がいるということはなかなかありませんよね。

条件が合えばラッキーというくらいで、頭の隅に留めておいてください。

自分に合う仕事を見つけるために確認しておきたい9個の項目とは?

仕事を探すためには、まず自分を知ることが必要であると述べました。

その上で、自分がどのような条件や環境で働きたいかという希望を明確にするのも重要です。

以下のような点を切り口に、それぞれ考えてみてください。

また、頭の中で考えるだけでなく、紙に書くなどして可視化すると明確になりやすいです。

少し手間がかかりますが、ぜひ紙に書き出してみてください。

好きなことは何か

まず自分を知る上で重要なのが、「自分は一体何が好きなのか」ということ。

自分の好きなことが分かっていれば、それに関わる仕事を探すことができますよね。

「好きなこと=自分に合う」と完全には言い切れませんが、ストレスをあまり抱え込むことなくできる仕事である可能性が高いです。

単語でも文章でも構いませんので、まずは50個前後書き出してみるといいでしょう。

そしてそこから共通するものを探してみてください。

嫌いなことは何か

「好きなことが浮かばなかった…」という方もいらっしゃると思います。

しかし、落ち込む必要はありません。

逆に嫌いなことをたくさん書き出してみてください。

一通り書き終えた後で共通項を探しだし、それらに関わらない仕事を考えてみましょう。

少なくとも嫌いではないわけですから、自分に合っている可能性があると言えます。

得意なことは何か

好きなことを書き出すというのにも通ずるものがありますが、得意なことを書き出すのもとても有効な方法です。

中には「好きじゃないけど得意」なんてこともあったりしますよね。

得意なことというのも、ストレスなく続けられる仕事である可能性が高いです。

つまり、自分に合う・向いている仕事であると言えます。

不得意なことは何か

上記同様、「得意なことがない!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、焦る必要はありません。

嫌いなことを書き出すのと同様に、不得意なことについて思い切り書き出してみてください。

そこに書き出されたこと以外の仕事を考えれば、きっと自分に合う仕事が見つかります。

給与について

仕事が自分に向いているか否かというのも大切なことですが、給与や休暇といった条件を考えるのも重要です。

その中でも給与は特に、みなさん関心をお持ちかもしれません。

給与について考えるときは、「最低限いくら欲しいか」という切り口から考えるようにしてみてください。

「毎月100万円欲しい。いや、150万円のほうがいいか…」なんて、給料は上を考え始めたら青天井。

それに、現実的ではありませんよね。

自分が不自由なく生活するうえでいくらくらい必要かを基に考えるようにしましょう。

労働時間や時間帯について

「思いっきり仕事に打ち込みたいんだ!」という人でも、労働時間については少し考えてみましょう。

労働基準法では1日8時間と決められていますが、実際ほとんど守られていません。

企業が出している平均労働時間や残業時間をチェックし、こなせそうかどうかをシュミレーションしてみるといいでしょう。

また、労働時間帯についても検討が必要です。

一般企業であれば朝から夕方までというところがほとんどですが、サービス業の場合はシフト制で働くことが多くあります。

シフト制であれば朝から昼、昼から夕方、夕方から深夜など、勤務時間や休暇がまちまちになる可能性も。

そのような働き方でもいいのかどうか、就職前に検討しておいてください。

通勤時間について

小さなことですが、こちらも重要なこと。

1日は24時間しかないのに、通勤に往復4時間かけるのは少しもったいないような気がしますよね。

もちろん、そのくらいかけてでも行いたい仕事であれば問題ありません。

また、近くに引越しできるのであればより良いですよね。

家庭の事情などで遠くで働くのが難しいということもあると思いますので、通勤時間も条件のひとつとして考えておくといいでしょう。

転勤について

離職理由として少なくないのが、地方への転勤。

転勤があるのかないのか事前に分かっていれば無駄な離職を防ぐことができます。

まずは自分が転勤できるのか否か、できないのであれば転勤がない企業を探す必要があります。

職場環境について

会社はほぼ毎日通うところ。

そこの職場環境も一定のイメージを持っておいた方がいいでしょう。

高層ビルだと体調がすぐれないという方や、異性が多い環境だと落ち着かないという方もいます。

自分はどのような環境で働きたいかについても、事前に考えてみてください。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上、仕事の探し方についてまとめました。

仕事を探すというのは決してラクなことではありません。

しかし、仕事を通して成長したり、夢を叶えたりと、乗り越えた先に輝かしい未来があるのも確か。

ぜひ、めげずに取り組んでみてくださいね。

ネットで仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

仕事