皆さんは現場仕事と言われたらどういう仕事をイメージしますか?

現場仕事って耳にしたことありますが、現場仕事と言われたら建築関係の仕事のイメージがほとんどかと思います。

現場仕事は、医療現場、事故現場、教育現場など様々な現場があります。

今回はいくつかのおすすめ現場仕事をピックアップして紹介していきます。

現場仕事がどういうものか、おすすめの現場仕事は何か、ぜひ参考にしてみて下さい。

現場仕事ってどんなもの?

現場仕事は、2通りあります。

一つは、実際の仕事場です。

例えば、工事現場や事故現場などは現場で実際に物事が起きていたり、物事を進めていたりすることです。

工事現場なら実際に工事をしていますし、事故現場は、実際に事故が起きています。

もう一つの現場は、最前線の現場です。

例えば、営業や医師などが該当します。

ある意味ほぼ全ての仕事に現場仕事があるといっても過言ではありません。

現場仕事おすすめ6選

現場仕事は実際の現場で働くことだけでないのは理解頂けたと思います。

ここからは現場仕事と言われる仕事をいくつかピックアップして紹介していきます。

現場仕事に興味のある人や現場仕事をしたい人はぜひ参考にして下さい。

鳶職

鳶職は、学歴が関係なく実力の世界になるため、現場見習いからスタートします。

ほとんど一般的には中学校か高校を卒業してから鳶職人の元か土木関連の建設会社か工務店に勤務して鳶職に必要な知識や技術、実践経験を積んでいきます。

鳶職になるには中学卒業が一番いい時期と過去に言われたこともありますが、現在、法律で18歳未満の高所作業は禁止されているため、18歳になるまでは高所作業ができません。

そのため、運搬や鳶職人のアシスタントをこなしていきます。

その仕事内容とは?

鳶職の仕事は、建設現場などで高所作業を中心に足場を組み立てたり、鉄骨造の骨組みを組み立てたり、建物内部に重量物を据え付けたりします。

そのため、かなりの危険と隣合わせで仕事をするので高い集中力と経験、技術が必要になります。

また、鳶職人とひとえにいっても実はいくつか種類があり、主には、足場鳶、鉄骨鳶と重量鳶がメインになります。

ビルやマンションなどの新築や改修、修復などの建設現場においてはなくてはならない存在です。

そのおすすめ理由とは?

鳶職はまさに現場仕事でイメージされる仕事の一つです。

一人前の鳶職になるまで時間を要しますが、学歴より実力が物を言う世界のため、実力現場主義の中で力を磨きたい人にはおすすめの仕事です。

また、鳶職というと乱暴なイメージがあるかもしれませんが、仕事は繊細にきっちりこなさなければなりませんし、建設現場では欠かすことができない存在のため、特別感を感じる時もあります。

大工

大工は、大工職人に弟子入りするか工務店に所属するかになります。

大工は、個人商店や会社形態など様々な形態があるため、どういう大工になりたいかによってどこに入るかを考えてもいいかもしれません。

工務店でも個人商店でも親方と呼ばれるリーダーの元で大工としての技術を磨いていくのですが、会社形態の場合は、正社員として雇用されるので福利厚生などがありますが、個人事業主として大工見習いをする場合は、福利厚生はなく、自分で年金や健康保険などの支払いをしなければなりません。

また、工務店や修行する大工によって得手不得手があるので仕事が同じのようで違ったりします。

上下関係がとても厳しく、下積みは怒られることが多いですが、大工として技術をつけて独立するとどこでも働くことができるため、手に職がつく仕事といえます。

その仕事内容とは?

大工とは、木造住宅の建設を行う際に家の組み立てを主に担当するのが仕事です。

木材をノコギリやノミ、カンナなどを使って組み立てサイズを調整したり、トンカチやハンマーなどを使い、木材や杭などを打ち込んだりします。

力仕事で現場がメインの仕事になりますが、家を建設していく上で常に図面をチェックしたり、修正したりもしなければいけませんのでちょっとした事務仕事もあります。

鳶職同様長い修行期間が必要ですが、手に職をつけることができ、将来独立することも可能な仕事です。

そのおすすめ理由とは?

一人前になるまでの修行期間が長い大工の仕事ですが、一人前として仕事ができるようになるとどこでも仕事をすることができます。

家を建てるにはまだまだ大工の技術は必要ですし、昨今は大工の人手不足が深刻です。

大工になると将来の職に困らないかもしれません。

また、大工も鳶職同様完全な現場主義ですので、デスクにじっとして仕事をするのは苦手とか体力に自信があるけど、営業や販売、配達などの仕事には興味がないなどの人には大工の仕事はおすすめです。

将来的に独立も可能ですし、天気の良い日は外で仕事して外でランチを食べてとなかなか楽しい仕事ですし、家が完成したら達成感はしっかり感じることができます。

自衛官

自衛官は、目指す目標によって自衛官になるタイミングが異なります。

例えば、将来的に幹部を目指して自衛隊に入隊したいなら大学を卒業して、幹部候補生試験にパスしなければいけません。

しかし、幹部には興味なく、とにかく自衛隊に入りたいというのであれば高校卒業後、自衛隊に入隊する方法もあります。

また、入りたい部隊も明確にしておくことが大切です。

自衛隊には陸上自衛隊、海上自衛隊と航空自衛隊と3つの部隊があるためです。

その仕事内容とは?

自衛隊の仕事は、自然災害などの被災地の救援や戦場の救護活動、遭難者や転覆した船などの救助活動も行います。

どの活動も警察や消防隊と連携を図りながら、速やかに人命救助や支援活動を行うことが仕事です。

また、最近は、密猟が増えてきているため、不法に日本領海に侵入してくる外国船に対して注意や警告などを行い、日本領海に入らないように防ぐのも仕事です。

そのおすすめ理由とは?

自衛隊も完全な現場主義です。

被災地などの現場で人命救助であったり、支援活動だったりを速やかに行うことですが、単独では何もできないため、警察や消防士と連携を図りながら活動していきます。

消防士や警察と違い、業務が多岐に渡る為、現場仕事で人の役に立つ仕事がしたい人にはおすすめです。

消防隊は救助活動や救護活動がメインになりますし、それぞれの地域に消防署がある為、活動エリアが限定されますが、自衛隊の場合は日本全国、場合によっては世界まで活動エリアが広い為、幅広く現場活動したい人にもおすすめな仕事です。

高校教師

高校教師は、高校教諭の免許を大学や大学院の教職課程で所定のコースを修了することで取得し、その後、都道府県などが実施している教員採用選考試験もしくは私立の学校法人が実施する採用選考試験に合格しなければ高校教師にはなれません。

高校教師の場合は、免許を科目別に取得する為、どの科目を教えたいかによってコースの内容が異なってきます。

その為、教職課程を受講前にどの教科を教えたいか決めておく必要があります。

その仕事内容とは?

高校教師は、各教科をシラバスに沿って生徒に教えていくだけでなく、ホームルームや進路・クラブ活動の指導、学校行事の運営やサポートなど学校に関わる様々な仕事が高校教師の仕事になります。

小学校教師と違うのは、教科ごとに教諭免許が必要な為、全ての科目を一人で教えるわけではなく、何人かで教科担当が分かれていることです。

高校教師というと大学受験に向けての指導や対策などのイメージがありますが、実際は、大学受験などの進路指導も含めて、生徒が学校生活を楽しく送るためのサポートをすることです。

そのおすすめ理由とは?

高校教師は、大工や鳶職のような現場とは違い、教育現場の最前線で生徒と向き合って生徒の学校生活が楽しくなるように、充実したものになるようにサポートすることが仕事です。

大工や鳶職のように物作りの技術だけでなく、人と向き合ってしっかりと話を聞く、相手の思っていることを理解する姿勢も必要になります。

そのため、現場といえど技術が必要な現場とは異なる現場になります。

生徒の大切な岐路をサポートして手助けしたい人や教育現場で何か伝えたいことがある人のはおすすめの仕事といえます。

救急救命士

救急救命士は、医療の最前線の医療現場で活躍する仕事です。

高校卒業後救急救命士養成所などで2年間の課程を修了してから消防隊に入隊し、一定期間消防士として業務に携わることで救急救命士の受験資格を得ることが出来ます。

そのため、学校卒業してからすぐに資格取得できるわけでなく、ある程度の実務経験も必要になります。

もちろんですが、消防隊に入隊するには、消防官の採用試験に合格しなければなりませんので救急救命士になるためには二つの試験を少なくともクリアしなければなれません。

その仕事内容とは?

救急救命士の仕事は、消防署で119番で出動要請を受けて、負傷者や救急患者などを救急車に乗せて病院まで搬送することです。

医師の指導の下、症状や状況に応じて救急車の中で救急処置や延命処置などをしなければなりませんし、処置をしながら一刻も早く病院へ送り届けなければなりません。

一刻一秒を争う医療現場なので迅速な対応が必要な時間勝負の現場仕事です。

出動要請がないときは、応急手当てや救急訓練を始め、救急講習をしたり、救急車の整備、設備チェックをします。

そのおすすめ理由とは?

救急救命士の仕事は、医療の最前線で活動します。

人の命預かるため、一刻一秒を争いますし、ミスは許されません。

その反面、人の命を助けた時のやりがいは大きな自信に繋がります。

人の役に立つ仕事なので何か人の役に立ちたい、多くの人の命が助かるようにサポートしたいなどを考えているなら救急救命士はおすすめの仕事です。

消防士

消防士は、学校卒業後、消防士採用試験に合格しなければなりません。

高校卒業していれば受験することは可能なので高校卒業して消防士採用試験を受ける人もいれば、短大や大学に在学しながら消防士を目指す人もいます。

都道府県それぞれの消防署で採用試験が行われるため、地域によって試験内容などは異なってきますし、人気の地域になると競争倍率は10倍を超えるところもあるため、狭き門です。

他には、法律や電気・電子などの専門知識を持った人を対象とする受験区分がある地域もあります。

採用試験に合格するといきなり消防士として活動できず、消防学校へ入学し一定期間、消防士に必要な知識や技術を学びます。

また、救急救命士を目指す場合は、まず消防士になってからなので消防士試験を受ける人の中には消防士を目指す人ばかりではなく、救急救命士を目指す人も含まれています。

その仕事内容とは?

消防士は、火災の消化活動や救急活動がメインの仕事です。

各都道府県に配置されている消防署や消防本部に所属して、火災が発生した際、すぐに出動して消化活動や救助活動などを行います。

火災のほとんどの現場では救急救命士とタッグを組んで人命救助も行います。

緊急出動がない時は、火災などを想定した訓練や作業だけでなく、地域の小中学校などの学校機関や施設をまわり、火事の恐ろしさであったり、災害の怖さを伝えたり、防火活動を行ったりします。

そのおすすめ理由とは?

大工や土木作業員とは違い、火災現場が主な活動現場の消防隊ですが、消防隊だけで活動することはほとんどなく、災害時には、救急救命士や自衛隊、警察官などとチームで仕事をこなしていきます。

普段は別の職場にいる様々な人と連携して救急活動や救護活動をするため、人の役に立ちたい、チームで何かを成し遂げたいと考えている人にはおすすめの仕事です。

災害現場での活動は、医療現場同様、人の命に関わる仕事なので責任感や無事活動が終えた時の達成感は大きなものがあります。

まとめ

現場の仕事というと大工や鳶職などの建設現場を思い浮かべることが多かったのではないでしょうか。

今回のお話しで建設現場以外にも医療現場であったり、教育現場であったり、色々な現場仕事があることを理解頂けたかと思います。

現場仕事は、体力が必要であったり、コミュニケーションが大切だったり、現場だからただやればいいという仕事ではありません。

ただ、目に見えて達成度は実感できるのでやりがいがあったり、達成感があったりします。

現場仕事に興味を持った人、現場仕事をしてみたい人などはぜひチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご