これから飲食店のアルバイト面接を控えているという方。

当日はどのような受け答えをしようかと、自宅で色々とアイディアを練っていることかと思います。

筆者もかつては飲食店で働くひとりのスタッフ・正社員として働いていましたので面接前の緊張は良く分かります。

ちなみにホール・キッチンスタッフ問わず、面接官が必ず聞くであろう質問というのはある程度決まっています。

筆者は飲食店でアルバイトから始め、その後飲食企業に就職したり自身で飲食関連会社を起業したりしましたのでアルバイト面接をした経験が多々あります。

そのときいくつか必ず聞く質問を決めていたので、比較的お役に立てる立場にあるかと思っています。

ここでは飲食店のアルバイト面接における質問の傾向とそれに対する適切な応答をご説明していきます。

具体的な例を挙げますのできっとあなたの面接事前練習の役に立つと思いますし、心構えもできるはずです。

それではさっそくいくつかの事例と共にご紹介していきましょう。

アルバイトの面接で気をつけるべき9個の事

アルバイトの面接を受けるに当たって基本的な注意事項をいくつか見ていきたいと思います。

チェックシートの役割にもなりますので、ぜひ自分自身の状況と照らし合わせてみてください。

指定された持ち物は忘れずに準備しよう

求人情報に書かれている持ち物の準備はすんでいますか?

必要なものを忘れるというのはかなりマイナス評価となります。

面接の出来が云々というより、社会人としての注意力のなさが露呈してしまいますので気をつけてください。

また、指定されていないものでもおよそアルバイトの面接に必要であろうものはバッグに入れておきましょう。

たとえばボールペンなどの筆記用具ですが、「相手から借りればいいや」というスタンスではダメです。

「ここに必要事項を書いてもらってもいいですか?」「この点に関して記入漏れがありますが~」などといった際にサッとボールペンなどを出せると好評価にも繋がりますのでぜひ用意していってください。

履歴書は丁寧に。写真も忘れずに貼ろう

「字は人を表す」という言葉があるように、履歴書の字が汚いとそれだけで面接官は相手を見抜いてしまいます。

頑張って丁寧に書いたんだな、ということが分かれば大丈夫ですのでなるべく時間をかけて書きましょう。

ちなみに結果として字が汚い方でも、殴り書きのようなものでなければちゃんと面接官は評価してくれます。

面接の時間5分前には行こう

社会人としてのおよそ当たり前のマナーですが相手を待たせてはいけません。

常に5分前には行動できるように日頃から気をつけておきたいポイントでもあります。

遅刻しそうになった場合は?

電車の遅延ややむを得ない事情で面接に遅れる場合は連絡をしっかりとしておきば大丈夫です。

ただし、電車の遅延などの場合は分かった時点ですぐに連絡しておくことをおすすめします。

「なんとか間に合うかもしれない」という場合に連絡をしてこない方がいますが、結果として面接時間の5分前に連絡をもらっても面接官としては困ってしまいます。

ほかの面接者がいる可能性もあり、その時間をずらしてリスケジューリングをすることにも繋がりますので印象が悪くなってしまいますよね。

こうしたことから、どんなに数分でも遅れそうな場合はなるべく早く店舗に電話をしましょう。

服装や身だしなみはきちんとしよう

まず最初に面接官があなたを判断する材料は「見た目」です。

当たり前ですが人間は相手の見た目や容姿からその人物を想像します。

そして最初に受けた印象というのはかなり根強く残り、面接が終わるまでずっとそのイメージを持ち続けています。

そのため身だしなみには非常に気を配らなければなりません。

男性であればヒゲを剃ったり髪を整えたりと清潔な印象を与えられるように配慮しましょう。

また、女性であれば過度な露出は避けてシンプルで清楚な服装を心がけましょう。

それだけで面接での採用率はグンと上がりますので、ぜひとも実践してもらいたいと思います。

しっかりした敬語を使おう

こちらも当然ながら、初対面の相手に対してしっかりとした話し方・敬語を使って話しましょう。

人が判断するのはまず見た目、そして次に判断する材料は声や話し方です。

この2つによってまず9割の印象が決まってくるといっても過言ではありません。

面接に限らず自分にとって新しい人間と出会うとき、誰でもこの2つで無意識に相手を判断しています。

出来るならばビジネスシーンで必要な敬語くらいは本やネットで調べてから面接の臨むことをおすすめします。

ちなみに一番よくある間違った言葉遣いですが、面接を受ける側から「そちらのお店は○○が大変魅力的で~」といったもの。

「そちら」というフレーズはどこか上からの物言いに聞こえませんか?

対等な取引の場であればおかしくはないかもしれませんが、少なくともこれから働かせてもらおうとしているお店に対しては不適切ですので気をつけてくださいね。

良い印象を与えたくても嘘や出来そうに無いことは言わないようにしよう

面接ではついつい自分のことを大きく見せようと気を張ってしまいがちです。

しかし、だからといって嘘をついてはいけません。

また、出来そうにないことを面接時に伝えるのもルール違反です。

たとえば「週6日勤務することもありますが大丈夫ですか」と聞かれて、「大丈夫です」と答えたのに実際はちょっと難しい場合など。

あとにはなってトラブルや早期退職の原因になりますので、絶対に控えてください。

社会人としての基本的なマナーですが、あなたを選んだ代わりに採用を見送った人材もいるわけですからそうした分も責任をもって働くことが必要です。

その中で出来そうにないことを面接で話すのはNGということになりますので頭の中に入れておきましょう。

雇用条件や契約内容はしっかり確認しよう

アルバイトの面接だからといって雇用条件や契約内容を確認していないとあとで面倒なことに巻き込まれるケースがありますので、しっかりと双方で読み合わせておくことが重要です。

飲食店の場合ですと、たとえば深夜での時給アップや8時間以上の労働に対しての手当ての問題がよく上がります。

これはどちらの考え方が正しいといったものはなく、最初に契約を結んだ条件が給料の対照になりますのでちゃんと確認が必要となります。

また、まかないに費用が発生したり交通費が定期代なのか出勤日数分なのかといった細かい点も事例として挙げられていますのでご注意ください。

無愛想になりすぎないように気をつけよう

アルバイトの面接に来る方で、非常に真面目な方ほど無愛想になりがちです。

せっかくスキルや経歴が充分なのに愛想の差で落ちてはもったいないので、少しリラックスした状態で挑むことが大切です。

もちろんあまりずっとヘラヘラしていると人間性を見られてしまうのですが、相手との会話で笑い合えるポイントがあれば少しくらいは笑っておきましょう。

親近感が沸くというポイントもありますし、人当たりのよさが伝わります。

飲食店はチームスポーツのようなものですから、なるべくコミュニケーション能力が高い人材を欲しています。

そのため、笑顔を見せられる人物というのは好評価の対照となりますので覚えておいてください。

フランクになりすぎないように気をつけよう

前述したとおり、あまり硬くなりすぎてもよくありませんがフランクすぎるのはもっとダメです。

「親しき中にも礼儀あり」というように、いくら少し仲良くなった・場の雰囲気が和んできたといっても過度の笑顔は減点対照となります。

「この人は人懐っこい性格だけど、真面目な場では対応力の引きだしが少ないな」と思われてしまいます。

そして面接に来る男性の方で、もっとも多い残念な応募者は「~~っす」という言葉遣いをにこやかにしてくる人です。

フランクというよりもこれはもう社会人としての常識の問題ですので、気をつけるようにしましょう。

特にスポーツをやっていた方で人柄的には真面目という方に多く見られます。

よく聞かれる10個の質問

さて、それでは飲食店のアルバイトの面接でよく聞かれる質問に関してみていきたいと思います。

ここではなるべく具体的なもので模範的な答えも合わせてご紹介していきますので、参考にしてもらえれば幸いです。

応募した理由は?

これはどの業界の面接でも聞かれる質問ですが、飲食店の場合はより具体的な答えを返すのが正解。

その方が相手に熱意が伝わりやすいからです。

ホールスタッフの場合であれば、「この店舗の雰囲気とサービス能力の高さに憧れを持ち、自分にとって勉強させていただくと共にさらに良いサービスの形を考えて提供していきたいと思っています。」

といったものが模範的な回答のひとつかと思います。

まずはこの飲食店・会社で勉強したいことを述べ、そしてその先にさらにレベルアップしたサービスを相手の会社に付与できるように頑張りますという意思を伝えましょう。

よくあるのが「○○を勉強したいと思ってます」で回答が終わってしまうことです。

一見やる気があるように見えますが、これだとちょっと印象に残りません。

飲食店に限らず会社というのは自社を今より良くしてくれるスタッフを求めています。

そのため、「私を雇ったら○○の部分で貢献しますよ」「雇っておいた方がのちのちお得ですよ」といったことをアピールすることが重要です。

ちなみにキッチンスタッフであれば、「今まで培ってきた調理技術を活かすことができる職場だからという点と、さらに新しい料理を勉強することで調理師としての幅を増やしたいと考えたからです」

といった内容がいいかと思います。

「新しいものにチャレンジしたいという意欲」「創造性」「野心」といったものがアピールポイントとなり、アルバイトながら今後正社員としても採用ができそうな人材として印象づけることに繋がります。

当社(当店)の事はご存じですか?(来店したことはありますか?)

こちらは素直な意見を述べれば大丈夫です。

会社のことについては事前に調べておくことが必要ですが、来店経験などはなければないでかまいません。

アルバイトをするうえで、相手の会社がどんな飲食店をやっているかは最低限知っておきましょう。

ちなみにアルバイトでもヘルプで他の系列店舗のお手伝いに行く可能性がありますので、こうしたポイントは自分のためにも知っておくべきだと思います。

長所と短所を教えてください

面接に来た人物に対してこちらもよくある質問のひとつとなります。

長所と短所はその人の人間性を表します。

たとえば「ひとつのことを黙々とやり続けられます」と答えた方からは、「単純作業ができる裏方気質」「真面目な性格」といったものがうかがえますね。

また、「短所はひとつのことに集中しすぎてしまうことです」という方は、「マルチタスクで効率よく働ける方法を教えよう」といった教育方針が見えてきます。

このように、長所と短所は面接官にとってあなたを採用したあとにどんな職場配置をしようかと考える判断材料になります。

この質問に対しては特に正解があるわけではありませんので、正直に自分が考える長所と短所を答えれば問題ありません。

これまでに経験したことのあるアルバイトは何ですか?

こちらも素直に答えれば問題ない質問となります。

飲食店での経験があればそれを答えればかまいませんし、なければないで正直にいいましょう。

また、飲食店に関係ないアルバイトでもそこで培った能力は飲食の仕事に活かせるパターンも多々あります。

たとえば書店でアルバイトをしていたことがあり、ポップ作成が得意という方であれば店内にある黒板メニューを任せてみようかなと思うかもしれません。

さらにコンビニエンスストアーでのバイト経験がある方などは、スピーディーな作業が行えそうな印象を与えることにもなりますね。

接客技術というのはアルバイトを始めてからでも充分身に付くスキルですから、飲食の現場ではそれ以外の能力を持った人材が貴重とされています。

あまりにもグレーな仕事だったり、一般的に理解されがたいものでなければバンバン相手に伝えた方がいいと思います。

ただし、それらのアルバイトのスパンが短期間すぎると「すぐ辞めちゃう人かな」と思われてしまうかもしれませんので注意が必要となります。

いつから働けますか?

こちらは即戦力を求めている場合によく聞かれる質問です。

もちろんすぐにでも働けるようであれば「明日からでも大丈夫です」と答えておけば好印象を与えることになります。

ただし無理はしないようにしましょう。

ちなみにだいたい1週間以内から働き始められますと答えた方は採用率がアップします。

もし現在ほかのアルバイトなどをしていて、面接を受けた新しい飲食店で働く日にちが遅れそうならばその旨をしっかり伝えましょう。

なにも言わずに「1ヶ月後からお願いしたいです」と答えるとちょっと印象は良くないですね。

なぜなら、1ヶ月後に気が変わられてアルバイトに来なかったとしたらお店側としては大変な損害をこうむることになります。

そのためリスクが大きすぎると判断されて採用を見送る結果になるかもしれません。

お店側はなるべく早く働いてくれる人材を求めて求人広告を出しているわけですから、そういった相手の心情を理解することが大事となってきます。

週どのくらい、何時から何時まで働けますか?

こちらも採用を決める上では重要な要素となる質問です。

お店側が必要とする日数働けるのか?

もしくはそれを超過するほどの日数働きたいのか?

といったところを知るための質問となっています。

「フリーターなどで毎日働ける」という人材を欲しい店、もしくは大学生くらいのアルバイトで週3日程度でかまわないから働いて欲しい店。

それぞれ求めているものが違いますから、一概に正解の答えはありません。

そのため、自分がどれくらいの日数(給料的に)働きたいのかを伝えて、お店側とすり合わせることが必要となります。

お店側が欲しいという人材であればそこで交渉が始まります。

「週6日は働かせてあげられないけど、週5日ならお願いしたい」などの答えが返ってきたら採用はほぼ確定となるでしょう。

また、大学生などで「週2~3日だけ働きたい」と伝えて相手から「たまに週4日入ってもらうこともあるかもしれない」と言われたら自分の都合に合わせて返答すれば大丈夫です。

「そういったときにはなるべく週4日入れるように善処しますが、もしかしたら学校の課題などの都合により無理な場合もあるかもしれません」など、ちゃんとした理由を述べればまったく問題ありませんからご心配なく。

通勤時間はどれくらいかかりますか?

これはそのまま答えれば大丈夫です。

あまり通勤時間が長すぎる場合は、電車の遅延などでアルバイトに遅れる回数が多くなりそうだったり通勤時間がネックとなりすぐに辞めてしまいそうと懸念されるかもしれませんが…。

おおよそどのような方でも、その前までの質問でしっかりと答えていれば問題はないかと思います。

土日や祝日は働けますか?

飲食店は土日や祝日といった日に来客が集中する可能性が高い仕事です。

そのため、週末から祝日は人手が必要なのでなるべく出勤して欲しいとお店側は考えています。

たとえばシングルマザーの方などで、どうしても土日は自宅にいないと問題があるといったケースもあります。

そうしたときにはちゃんとその旨を伝えましょう。

相手もそれを理解してくれると思います。

ちなみにそういったやむなき事情がない限りは、土日・祝日に出勤できる人材を優先して採用します。

これはお店側からすると当然の判断で、曜日関係なく働けるスタッフで固めたいというのはどこの飲食店でも考えている部分となります。

応募と違う職種で働けますか?

たとえばホール希望で面接に行ったけれど、働いていくうえで最初はキッチンからスタートしてもかまいませんか?といわれるパターンです。

もちろん料理をしたことがないからイヤです、という方もいるかもしれませんがそこは我慢するしかないかもしれません。

その反対も然りで、キッチン希望なのにまずはホールから勉強してくださいというケースもありますね。

ただどちらにせよ飲食店で働いていくうえではスキルアップになりますから、そんなに拒まなくてもいいのかなとも思います。

やっていくうちにやりがいなどを見つけられるかもしれませんから。

どうしても働いてみて「自分には向いてないな」と感じたならば、本来希望していた職種に移れるか聞いてみましょう。

その希望が通らなかったら辞めればいいだけですし、正当な退職理由として認められ次のアルバイトの面接でデメリットになる可能性もありません。

将来的に飲食で独立を考えていますか?

これはかなりシビアな質問なのですが、会社にとって有能な人材がいきなり辞められるのはどの業界でも困ります。

特に飲食業界だと「独立目的」で退社するスタッフが多いので最初に「どれくらい在籍するつもりなのか」を確認したいわけです。

「将来的には独立を目標としていますが、数年以内では考えていません。」

独立志向のある方であればこのように返答することがベターだといえるでしょう。

面接担当が知りたいことはどんなこと?

実際に面接を担当していた筆者が教える「面接をするうえで相手の何が知りたいのか?」をご紹介していきたいと思います。

ぜひこれを参考に相手の欲している人材を理解して面接に臨みましょう。

募集している内容と応募者の条件が合うか

ここでいう募集している内容というのは、たとえば「週○日働いて欲しい」といった部分です。

先ほども軽く触れましたが、フルタイムで出来る限り多く働きたいというフリーターが欲しいか週の中で数日だけ働きたいという学生を募集しているかの違いです。

さらに細かく分けると、「平日のランチタイムに必ず出勤して欲しい」「週末は絶対に出勤が必須」「社員候補のような働きをして欲しい」などお店側からの要望は様々です。

そのため、面接に来た方がどういった働き方を求めているのかを知りたいと思うわけですね。

すごく実績や実力があるスタッフでも、この内容がぴったり合わないとすぐに辞めてしまいますので最初に確認しておきたい重要な点といえるでしょう。

会社が求めるスキルがあるか

それぞれ飲食店の求人には「即戦力が今すぐ欲しい」「これからじっくり人材を育成していきたい」など採用スタンスが大きく異なります。

その中で、即戦力であれば会社が求めるスキルをすでにもっているかどうかを確認する必要があります。

しかし、実際に確認するといっても働いてからでないと本当の実力は分かりません。

そのため、過去のアルバイトの経歴などを参考に判断することになるわけです。

他のスタッフと馴染めるか

社交性やコミュニケーション能力というのは飲食店においては大変重要なポイントとなります。

飲食店はチームスポーツ、そのためどんな良い人材だと思ってもほかのスタッフと協調できそうになければ採用を見送る形となってしまいます。

どういったところで判断するかは難しいですが、やはり話し方や敬語の使い方といった部分は大きいですね。

そのため、最初の印象がやはり大事になってくることになります。

ルールが守れる人か

どんな職場にも最低限のルールというものがあります。

一般常識からお店独自のルールなど様々なものがありますが、規律を守れないスタッフはお店側からして非常にやっかいな存在となってしまいます。

そのため今までの職場でトラブルがあった経験などを聞いてくるかもしれませんので、その際にははっきりと事実を語りましょう。

もしお店側に非があるトラブルならそのように伝えれば問題ありませんし、自分が悪かったなと思うことがあったらその旨も正確に話すことが必要です。

一見、トラブルがあったことを告白するのはマイナス評価に繋がりそうですが、実際にちゃんとした理由があったり自分の非を認めて悔い改めなおしているということが分かればお店側は理解をしてくれるはずです。

多くの場合においては正直な人間性として捉えてくれると思いますので、心配する必要はありません。

将来性があるか

その人物を採用することによって、将来的に成長してお店を任せられるような人材に育つかどうかはとても大事なポイントです。

アルバイトであったとしても正社員に登用される可能性を秘めていますし、また会社側からすると新しい店舗が出来たときに異動をお願いしてアルバイトのリーダー的立場を任せることも視野に入れています。

そういった部分で将来性というのは採用するうえで非常に大きな割合を占めています。

独立を希望しているようなアルバイトであればなおさら好評価ですから、ぜひそういった考えがある場合は面接官に伝えましょう。

きっとその後ちゃんと働き続けてお店や会社に貢献したとすれば、独立する際にも手助けをしてくれるはずです。

何か質問はあるか?

ちょっと返答に困りますが、面接の最後には必ずこの質問をされるかと思います。

ちなみに「なにか質問はありますか?」と聞かれた場合は、なかなか脈があるということです。

もちろん形式的に聞いてくる面接官もいるかもしれませんが、大半の人事担当からすると

「今後、あなたを雇うつもりですが確認しておきたいことはありませんか?」というような意味で聞いています。

この場合は、実際にあなたが疑問に感じていることをストレートに聞いて問題ありません。

おそろしく常識から外れた内容の質問をしなければ大丈夫だと思います。

面接官はあなたが職場に対して何を求めているのかを知りたいわけです。

この際、主に聞く内容としては、「働くことになったときの勤務体制」「(試用期間があるなら)どれくらいの期間か?」といったものになります。

なお、なにも聞かないというのはちょっと印象が良くありません。

「ほかにも面接を受けていて、うちに来る気はあまりないのかな」と面接官を不安にさせます。

同じような職歴とスキルの人間が並んだ場合、不利になってしまう可能性がありますので上記のような内容を軽く聞くのが無難といえます。

面接官の心理はご紹介したような感じですから、相手が納得して満足する回答を導き出すことが肝心ですね。

バイトの採用・不採用はいつわかる?

ここからはだいたいの目安でアルバイトの採用・不採用の結果がいつ分かるのかをご説明していきたいと思います。

その場で決まることもある

面接に来た人数が少ない場合には、その場で即決されることもあります。

これは優秀な人材をすぐに確保したいという気持ちの表れでもあり、期待がかかっているということにもなりますね。

ただし、その場で話を聞いてちょっとでも採用に際して分からない部分がある場合はしっかりと採用条件を確認することをおすすめいたします。

後日電話や郵送の場合もある

一番多いパターンとしては数日後に電話で採用・不採用の連絡がくるパターンです。

これは面接の人数が多い場合や、会社規模が大きく採用する際に会社内のお偉いさんの意見も必要となってくることが理由となります。

最近ではアルバイトの面接で手紙やハガキが郵送されることも少なくなりましたが、地方によってはそうした郵送の手段を使うところもありケースバイケースといえるでしょう。

ちなみに採用通知は長くても1週間以内に連絡がくるはずです。

特に連絡が無く不採用とされる場合もある

面接の際にいわれることが多いかと思いますが、「不採用の場合は連絡をいたしません」というスタンスのところもあります。

これはあまりにも面接人数が多い場合にすべての人間に連絡をするのは時間とコストがかかるためです。

だいたいは1週間を目処に連絡が来なかったら不採用という形になりますので、次に向けて頑張りましょう。

まとめ

飲食店でのアルバイトの面接に際して、よく聞かれる質問の内容やそれに対しての模範的な回答をピックアップしてきました。

もちろんお店によって正解・不正解は異なりますが、一番大事なのはお店側がなにを求めているのかを考えることです。

どういったシフトの人材が欲しいのか、どんなスキルや経歴がある人間が採用されやすいかなどを考えたうえで面接に臨むことが必要だということですね。

未経験でも丁寧な言葉遣いや対人スキルがあれば問題なく採用されますので、その点に関しては安心してください。

最語にひとつだけアドバイスを送るとするならば、「面接官も人間、優れたスキルも大事だがそれ以上に人間としての魅力がある人材を求めている」という言葉をしっかりと理解してもらえればと思います。

飲食店のアルバイト面接に対して少しでも役に立てて頂ければ幸いです。