海の家を利用したことはありますか。

そして海の家に対してどのようなイメージがありますか。

暑い、チャラチャラしてそう、酔っ払いや変な人にからまれそう、楽しそう、厳しそうと様々なイメージがあると思います。

今回は実際に海の家でアルバイトしてみて感じたこと、魅力を書いていけたらと思います。

興味のある人もない人も、少しでもここを読んで、より海の家に興味を持ってもらえたらと思います。

私はこんなところで海の家アルバイトをやりました

私は兵庫県神戸市にあります須磨海浜公園で海の家のバイトをしていました。

おそらく関西の人は少しは知っているとは思います。

毎年夏になるとお笑い芸人の方々がロケに来たりもします。

今はたまにyoutuberの人もいたりいなかったりです。

昔は大勢の人で賑わっていましたが、今は少し落ち着いた感じになっています。

最近は浜辺がきれいに整備されファミリースペースや車椅子の道ができたりとかなり利用しやすくなってきています。

海の家アルバイトの仕事の内容は?

客引き

海の家のメインはこの客引きになります。

須磨海浜公園には海の家が10軒以上並んでいます。

そして、料金相場も組合で決められており、基本的にはどこにいっても値段は一緒なのです。

そのため、どこの海の家でもあまり変わらずのサービスを受けられます。

だからこそお客引きによりお客を自分の海の家に入れる必要があります。

何もしなくても入ってくることはありますが、するとしないとではかなり差ができます。

そのため、この客引きが海の家の生命線と言っても過言ではありません。

あとで書きますが、この客引きが海の家の仕事における最大のやりがいの一つです。

荷物預かり&更衣室

海の家は何があるのか。

その一つが荷物預かり&更衣室です。

この須磨海浜公園では基本無料で着替えるところはありません。

そして荷物を預ける場所は駅にあるコインロッカーだけになります。

そのため、しっかりとした設備を利用したい場合は海の家を借りるしかないのです。

私が働いていた海の家では荷物預かりは何度でも出し入れを行うことができ、そして更衣室には温水シャワーとシャンプーとボディソープを完備していました。

遊泳でついた砂や海水を流したり、飲食をするときの財布の出し入れなども何度でも行うことができます。

商売的に言いますとこれが海の家の売り上げの最大の割合を占めます。

だからこそ客引きが重要になってくるのです。

飲食での売り上げよりも粗利だけを考えるとこちらの方が上なのです。

焼きそば、かき氷作り

海の家の仕事の中でこれをイメージする人は多いのではないのでしょうか。

私もこの仕事のイメージとしてとても強く持っていました。

忙しい時は一日中焼きそばを焼いている時がありました、かき氷も20人くらい待っているときがありました。

おかげ様で今でも焼きそばを作ることは得意ですし、かき氷を作らせれば大きいサイズを作ることも可能です。

海の家のメイン料理になりますからこの売り上げはかなりあったと思います。

かき氷は作り手の自分でサイズを決めることができます。

そのため、相手に合わせたサービスを提供することができます。

なので、宣伝用に大きく作るときもありますし、グループで一つ食べるサイズで大きく作ったり、逆に子供やお年寄りの方向けに小さく作ったりもします。

美味しそうに食べてくれると嬉しいですし、大きいサイズを食べきれずにこぼす様子を見ていると楽しいです。

海の家アルバイトの時給は?

みなさん!

一体海の家のアルバイトは時給いくらなのおかと今まで気になったことはありませんか。

私の周りでも何人かに聞かれたことがあります。

季節のバイトだったらたくさんもらえるのではないかとよく言われました。

それもそのはず、スキーシーズンの民宿のバイトだったら一日一万円もらえたりはすると思います。

その辺から予想してきます。

私も実際に楽しみにはしていました。

しかし、実際にふたを開けてみるとあら?と思いました。

最初のスタートは850円でした。

そこから最大1000円まで上がります。

どうだったでしょうか。

これが現実です。

そこに交通費は一日500円、そして売り上げが良ければ手当が500円や1000円ついたりします。

なので、お金だけでは働く気は正直まったく起きません。

ですが、実はこの時給体系は私の働いているお店だけでした。

周りを海の家に聞くと時給1200円~1400円でした。

というわけで正解は「海の家によって異なる」でした。

ですが、やっぱりお金を稼ぐだけで働くことはおすすめしません。

とにかく暑いし、立ちぱなっし、酔っ払いを相手にしたりなどがあるので、痛い目を見ると思います。

海の家アルバイトでやりがいを感じたこと

ここまでは少しですが、読んでみていかがでしょうか。

大変そう。

しんどそう。

そう思っていただいた方、それは正解です。

実は少しだけネガティブな部分を中心に記事を書いてきました。

事実海の家のバイトは大変です。

暑い中ほぼ外で働いています。

時給もそんな高くないです。

ただ、お金をもらうためだけのバイトならばやる理由はありません。

むしろやらない方がいいです。

友達によく言われました。

楽しそうだから働いてみたい!

私はそのように対しては働かない方がいいよと伝えます。

基本長続きしません。

でも私自身は働きます。

それだけ私の中でやりがいや魅力が海の家にはたくさんあるからです。

そのうちのいくつかを今から紹介していけたらと思います。

客引きが成功した時

まずは海の家の生命線である客引きが成功したときです。

これはすっごくうれしいです。

最初は全く上手くいきませんでした。

先輩に上手くいくコツを聞いてもとにかく数をこなすしかないと言われました。

なので、とにかく前を通る人に声をかけまくりました。

何も言わなくても入ると決めている人、どこでもいいやという感覚で入る人もいれば、全く無視する人、話を聞いても違うところに行く人、となりの海の家の客引きと取り合いになるときもありました。

最初の勝率と言えば10%未満くらいです。

ですが、数をこなし続けていくとだんだん話すコツがわかってきます。

この人の求めていることはなんだ。

まずは話を聞いてもらうために全く違う視点から話かけてみようなど、話す内容にも変化がでてきます。

そこからが爆発的に面白くなってきます。

無視して通り過ぎようとする人にも話を聞いてもらうところまでいけたり、話を聞くだけだった人をそのまま入れることができたりしてくるのです。

成功したときは一人でガッツポーズをしていました。

大人数のお客を入れた時や、隣の海の家と取り合いに勝利したときなどもとてもうれしいです。

普段では出会えない友達が増える

これも魅力的でした。

海の家で働き続けれる人は基本的に個性が強いか仕事がめちゃくちゃできる人です。

私は前者かもしれません。

とにかく、普段の生活で会えない人がたくさんいました。

チャラい人もギャルの人ももちろんいました。

学校や社会では絶対に話さないだろうなという人とも友達になれました。

それは海の家マジックです。

海の家というイレギュラーな職場で出会ったからこそかもしれません。

海の家を卒業してからも交流は続いています。

その人達と話すとやはり価値観の違いから勉強になることもたくさんあります。

社会人になっても通用している考え方も多く学べました。

目の保養

これは多く語りません。

海の家のバイトを通して視力が良くなった気がします。

海の家で働く人の特権でもあります。

海ではナンパをする人がいます。

それはさぞかし勇気のいる行動でしょう。

私は絶対にできません。

しかし、無数に客引きをしてきた私にとって従業員の立場を使って声をかけることは朝飯前です。

一言、非常に楽しいです。

売り上げ目標を達成したとき

これは海の家全員で喜びます。

一日の売り上げ目標というものが私の店ではありました。

それに向けて全員が動きます。

達成すると手当がつきます。

だからこそ燃えてやっていました。

一日の後半になるとあとどれくらいで達成かを教えてくれます。

あといくらとわかると疲れかけた後半戦はより燃えます。

お金がすべてではありませんが、やはりお金で燃えたりもします。

リピーターになってくれる

お客が私を覚えてくれていて、また来たと言ってくれたときはとても嬉しかったです。

その人の夏の思い出に自分が入っているのかと考えると涙が出そうになります。

誰かのために今の自分が役に立ってるんだと思うとこの仕事をやっていて良かったと感じます。

もっとその人にもっといろんな人を楽しませたいと思いますし、せっかく海に遊びにきてくれたかたこそ良い思い出を作りのお手伝いをしたくなります。

海の家アルバイトで身についたこんなスキル

次は海の家で得ることができるスキルや能力を紹介できたらと思います。

紹介する3つのことはどれも社会に出て必要なものです。

それは私が社会に出て体感・体験していますので、自信をもって紹介していきます。

コミュニケーション能力

まずはこれです。

間違いなく向上します。

話の切り込み方、盛り上げ方、顔の表情、笑いの取りどころ、テンションの高め方やり続ければやり続けるほど向上していきます。

私は基本的に人見知りで話も決して上手くはありませんでした。

しかし、海の家で嫌でも鍛えてもらいました。

客引きや焼きそば、かき氷作りなどを経てお客を楽しませることばかり追求していくと性格も変わっていきました。

本当にありがたいと思っています。

社会に出ると間違いなく必要なスキルになります。

それをバイトのうちから客引きという実践形式を得て学べたことは大きかったです。

営業能力

コミュニケーション能力に似ていますが、こちらも海の家で学ぶことができます。

売り上げ達成へのこだわりや客引きに対しての意識は営業能力を上げてくれます。

話を聞いてもらうためには相手の意識を引き付けることから始まります。

そして、ニーズの引き出し、共感、提案、クロージングへとつながっていきます。

客引きは営業のすべての基礎基本がつまっています。

そして、売り上げのこだわりも海の家で勉強できます。

あとどれくらいで達成、あと何人で達成と具体的にしてくれるときもあります。

達成数字が見えてくるとモチベーションも変わってきます。

そして、達成したときの喜びも体験できます。

どの会社にも言いたいくらいです。

営業の基本は海の家で学べと。

状況把握能力

海の家の最初に口すっぱく言われました。

周りをよく見ろ、予想して考えて動けと。

目、耳、口、動作をすべて別々に行って働けと。

今でも実践しています。

海の家では一人がその与えられた仕事をこなしてたらよいというわけではありません。

客引きするときもあれば焼きそばも作ります。

オーダーを聞きにいったり、荷物預かりをしたりもします。

それを複数こなしていくためには一つのことに集中し過ぎてもいけません。

目は周りを見ながら、耳は誰かに呼ばれてないか、口は目の前に人に話ながら、動作はみんなを楽しませながらです。

これに慣れてくるとマルチにタスクがこなせるようになります。

荷物預かりはすぐ行えるか、飲食の席は空いているか、焼きそばは作れているか、客引きする人はいているのかなどです。

これも社会に出てかなり役立ちます。

海の家アルバイトをやっていて良かったこと

やりがい、得ることができるスキルや能力を書きました。

海の家実に奥深いと思いませんか。

本当におもしろいですし、自己成長が伴います。

ここまでのまとめとしてやってて本当によかったら3つをお話ししたいと思います。

明るくなる

コミュニケーション能力が身に付き本当に明るくなったことは私の体感から伝えることができます。

最初は嫌々ながら仕事だからと明るくしていましたが、そのうちに明るくが自分のデフォルトになります。

そして、どんな時でも明るくできるようになります。

これは経験値から来ていると思います。

失敗はありますが、あの時に比べたら楽勝となります。

別の言い方をすると打たれ強くなります。

いつでもニコニコできるようになります。

また、明るい曲が好きになります。

そして体が勝手に動きます。

海の家ではあんまり暗い歌は流れません。

どちらかというとアップテンポな音楽が多いです。

私は海の家を通じてラップやレゲエを好きになりました。

社会の縮図

スキル、能力のところで書きましたが、営業の基本は海の家で学ぶべきだと本気で思っています。

コミュニケーション能力、営業スキル、売り上げに対しての意識、明るくなる、上下関係など海の家は本当に社会の縮図だと思いました。

それがお金をもらいながら学べるのですからかなりのお得です。

そういう部分が苦手という人ほど学んでほしいです。

話し方次第で就活に有利

私は就職活動の時海の家の話で内定2,3件はもらいました。

それだけ印象の残る話ですし、周りの人と差別化できる話なのです。

そこから社会に対しての基礎知識がついた話を明るく話す時には、恐らく会社から見てあなたは欲しい人材に見えること間違いありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海の家のイメージは変わりましたか。

ただ暑い、チャラいバイトではありません。

でも、海の家の人は間違いなく楽しそうに働いています。

その裏には私が書いたことが入っていると思います。

学生の時に海の家を体験することができて本当にラッキーだったと思います。

誰しもができる仕事ではありません。

ですが、もともとできるという人も多くはありません。

なので、この記事を読んでもし興味があれば面接に行ってみてください。

あなたにも特別な夏の思い出ができると思います。