子育てがひと段落すると自由な時間が増え、働きに出たいと思う主婦の方も多いのはないでしょうか。

しかし、家事、子育てに追われ、働くことへのブランクがあり、新しく仕事を探すのもなかなか難しいものですよね。

子育てがひと段落したとは言え、まだまだ子供は手がかかるし、家事もこれまでと同じようにやっていかないとならない、家事と子育てをこなしつつ、仕事をしていくとなれば、独身時代のようにはいきません。

家事、子育てをしながら、できる仕事はないものか。。。

そんな主婦の方にピッタリなお仕事をご紹介いたします。

主婦の仕事にはどんなものがある?

家事もこなせて、子育ての邪魔にもならない仕事があればいいですよね。

例えば、子供を幼稚園に預けているあいだにできる仕事や、在宅で完結する仕事なんかは始めやすいのではないでしょうか。

専業主婦の方も、お子さんを持つお母さんもそれぞれに合った仕事を探してみましょう。

主婦の仕事おすすめランキング7選

事務スタッフ

民間企業・官公庁などオフィス等で書類作成やデータ入力等をこなす事務スタッフ。

一見地味な仕事に見えますが、全体の仕事を円滑に運営するために欠かせない仕事です。

その仕事内容とは?

主には書類作成やデータ入力、電話対応や来客対応まで、仕事の幅は広いです。

部署によって任される仕事は異なりますが、経理や総務、人事など、パソコン業務がメインになります。

ワード・エクセルなどのパソコンスキルは必須となりますが、使用レベルはそれほど高くないので、パソコン業務に抵抗がなければ、実際に仕事を始めてからでも習得できるので、ご安心を。

おすすめする理由とは?

基本的にはオフィス等での座り仕事になるので、体力的負担も少なく、その後の家事、育児に支障が少ないです。

短時間勤務を認める職場も多く、「子供の幼稚園のお迎えまで」など、時間的融通も聞きやすいです。

また、一般的には土日休みの仕事となるため、子供の休みにも合わせることができ、スケジュール面で不安がないことも大きなメリットです。

収入面でも安定した収入を得られるため、家計の支えにも大きな助けになります。

医療事務スタッフ

病院やクリニックなどで、受付を行う医療事務のお仕事。

患者さんへの案内や書類整理、会計処理など、来院された方への対応を行います。

その仕事内容とは?

来院された患者さんへの受付手続きや、案内等をしてきます。

外から見える仕事は受付対応ばかりですが、実は外から見えない仕事もたくさんあり、カルテの作成や、会計の計算などもその仕事に含まれます。

予約状況と診察の進行状況を常に把握し、円滑に業務を進めていくことが求められます。

一部専門的な知識も必要なので、資格を取得しておくと、就職に有利に働きます。

おすすめする理由とは?

混雑時は多少の動きもでますが、基本的には座り仕事となるため、体力的負担は軽いです。

正社員、派遣アルバイト、パートなど、広い雇用形態が用意されているため、自分の時間に合わせた勤務形態を組むことができ、スケジュール管理もしやすいのも働きやすい理由です。

仕事でも身につく知識はプライベートでも役に立つため、まさに一石二鳥な仕事ですね。

レストランスタッフ

ファミレスなどの飲食店での配膳・調理スタッフ。

多くの人が利用されたことがあると思いますので、仕事内容についてはイメージがしやく、働き始めの敷居も低いです。

その仕事内容とは?

来店されたお客様へ案内や料理の配膳をするホールスタッフと、料理を作る調理スタッフに分かれ、それぞれの業務をこなします。

ホールスタッフは店舗の顔となるため、接客業務が中心になりますが、注文・提供をスムーズに行うために、お店で扱う料理の内容も覚える必要があります。

他方、調理スタッフはマニュアルに沿って注文された料理を提供していきます。

開店前の仕込みも重要な業務で、お店によっては開店前の仕込みを専業でアルバイトを雇うところも少なくありません。

おすすめする理由とは?

飲食店はシフト制の勤務となるため、スケジュール管理がしやすいのが特徴です。

短時間でも勤務もでき、お昼の忙しい時間帯だけ募集しているお店も多く、働く側と雇う側の利害が一致しているため、時間的融通が利きやすいです。

また、食事補助、いわゆる「まかない」もあり、食費を減らせる点もおすすめの理由の一つになります。

旦那さんも子供もいない一人のお昼ごはんって作るの面倒だったりしますよね。

在宅ワーク

ひと昔前は在宅の仕事といえば内職で封筒作ったり、宛名書きをしたり、延々と箱を作ったり・・・というイメージでしたが、最近ではインターネットの普及により、活躍の場が増えています。

その仕事内容とは?

在宅でできる仕事はパソコンを使った仕事が多くあり、主婦の方にはwebライター、ポイントサイト、アンケートモニターなどが手軽に始められて人気も高いです。

webライターの仕事はネット上に掲載される記事を書く仕事です。

今見ているこの記事を書いている私もwebライターということになりますね。

ポイントサイトは毎日送られてくるメールやサイト上のゲームなどでポイントを貯めていき、一定数貯まると、Tポイントや楽天ポイントなどのネットポイントに交換したり、現金に換金したりできるサイトで、コツコツポイントを貯めておこづかいを稼ぐイメージになります。

大きな収入は期待できませんが、仕事というほどの作業はないため、コツコツ派の主婦の方は利用されている方も多いです。

アンケートモニターもポイントサイトの一種ですが、こちらは定期的に行われるモニター案件は報酬も数千円と収入面がポイントサイトよりも大きいです。

案件は少なめなので、基本的には日々のアンケート回答でコツコツポイントを貯めていくものになります。

おすすめする理由とは?

基本的に在宅ワークは労力に見合った収入が望めず敬遠されがちですが、最近ではやりようによってはそれなりに稼げるようになってきています。

特にwebライターの仕事はひと月に数十万稼ぐ主婦の方もいるくらい、稼げる仕事として注目を集めています。

在宅という時点で主婦の方にとっては十分にメリットとなりますが、在宅ワークで月数十万稼げたら生活は一気に楽になりますよね。

一方、ポイントサイトやアンケートモニターなども、おこづかい程度ですが、パソコン一台でできる手軽さから、利用されている主婦の方は多いです。

作業量も多くはないので、これらを併行して行っていくのが効果的です。

慣れてくれば、普通にアルバイトするくらいの月収入は見込めます。

実際に在宅ワークの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

コンビニスタッフ

ここにでもあるコンビニは働き口も多く、時給は低いが、ルーチンワークで負担は少なめです。

その仕事内容とは?

食品、雑貨、雑誌など、いろいろなものを扱うコンビニですが、その仕事は多くは品出しとレジ打ちです。

扱う品数も多いため、「こんなものまで売っていたのか!」という発見もあるかもしれません。

特にたばこを売っているお店ではたばこの銘柄を覚えるのが大変という声も多いです。

吸わない人にはついていけないかもしれませんね。

公共料金、携帯代の料金代行収納、切手やチケットの販売、宅急便の受け渡し、新聞、ギフト、ケーキ予約、おせち予約、ホットスナックの調理など、たくさんの仕事があるので、最初は覚えるのが大変かもしれませんが、コンビニ業務はほとんど統一されているので、一度覚えてしまえば、どこのコンビニでも働けるようになります。

おすすめする理由とは?

どこにでもあるコンビニは自宅から近い職場で働けるというメリットを生み出します。

また、短時間でも雇ってくれるところが多いため、自宅の近くで空いている時間だけ、というスタイルで働けます。

子供を保育園などに預けているお母さんとしては保育園からの急な呼び出しに備えられるので、安心です。

また、昼の時間帯は主婦の方も多く働いており、情報交換の場となることもあります。

軽作業スタッフ

簡単な単純作業で稼げる、「1日のみ」などの案件も多く、手軽に働ける軽作業スタッフ。

その仕事内容とは?

軽作業と一言で言っても、たくさんの仕事があります。

ラベル貼りや検品、ピッキング作業や、物資の搬入などなど、座り仕事から力仕事までいろいろな仕事が用意されています。

単純作業が多いため、もくもくと作業をこなすことが好きな方には向いている仕事かと思います。

検品の仕事では細かいところまでしっかり見る「女性の目」が重宝されており、主婦をはじめ女性が多数活躍しています。

おすすめする理由とは?

雇用体系としては派遣や日雇いという形になることが多いので、「1日のみの単発」や「給料日払い」など、とにかく手軽で働きやすいです。

登録制としている会社が多く、登録作業が多少面倒ですが、登録さえしてしまえば、働きたいときに働けるようになるため、「とりあえず登録だけ」といった人も多くいます。

ただ、こういった軽作業の仕事は丸1日拘束される仕事が多く、お子さんを持つ主婦の方はスケジュール調整が難しいかもしれません。

勤務地も郊外にあることが多く、通勤にも時間を要するのがネックです。

登録だけしておいて、「必要な時だけ利用する」といったスタンスがいいと思います。

歩合制の仕事

自分のペースで仕事ができる、歩合制の仕事も主婦の方には敷居が低く、手軽です。

その仕事内容とは?

手軽にできる歩合制の仕事にポスティング業務があります。

毎週送られてくるチラシなどの広告物を自宅近くのエリアのポストに投函していく仕事になります。

チラシは1週間で300~500枚程度、配布エリアの地図とともに自宅へ送られてくるので、自分のペースで投函していくだけ。

300~500枚と聞くと多く見えますが、実は数時間で配れてしまう量です。

1枚数円~という単価のため、時給換算すると数百円となることもありますが、自分のペースで配れるので、労力に見合った収入かと思います。

おすすめする理由とは?

自分のペースで仕事ができるため「散歩がてらお昼の1時間だけ」など働き方は自由です。

配布は歩いて行うことになるため、日々の運動不足が解消できるという点が主婦の方に好まれている点でもあります。

また、仕事を始める際は面接らしい面接などもなく、即採用のところが多いので始めやすいのも魅力の一つです。

主婦が働くのに向いている会社の4個の特徴とは?

上記ではおすすめの仕事を紹介してきましたが、職場の環境によっても働きやすい、働きにくいなどがあると思います。

下記では主婦が働くにの向いている会社の特徴を上げていますので、こういう求人を見たら積極的に狙ってみることをおすすめします。

短時間勤務OKの会社

1日3時間~4時間の勤務で雇ってくれる職場はシフト面での融通が利きやすく、長く働ける職場として向いています。

特に朝から昼にかけて短時間で働ける職場は、同じ環境で働く主婦の方も多く在籍しており、情報交換の場としても有効に働きます。

飲食店などのフードサービス関連や、コンビニなどが、こういった求人を多く出しています。

1日の出社人数が多い会社

子供が急に熱を出した!などで、急遽休まざるを得ない状況になるなど、主婦のスケジュールはいつも突発的事象に見舞われます。

このため、急な休みに対応できる会社を選ぶことも、長期間継続して働ける職場の特徴になります。

1日に出社する人数が多い職場は急な休みに対応できるだけのマンパワーを有しているところが多いため、やむを得ない理由であれば当日の欠勤が許されるところも多いです。

ねらい目としては大型のスーパーや軽作業スタッフはこういった職場が多いです。

ただ、急な休みはどこの会社も苦しいものですので、日々の勤務態度や姿勢が重要で、普段から真面目に仕事に取り組むことで会社側の配慮も大きくなります。

注意して欲しいのは、派遣アルバイトなど間接的に雇用されている場合、急な欠勤に対してはペナルティなどを与えるところが多いので、派遣としてのアルバイト形態をとる場合はなるべく当日の欠勤は避ける方がよいでしょう。

自宅から近い会社

お子さんを幼稚園や保育園等に預けている主婦の方にとっては、子供の体調不良やケガのために急なお迎えをお願いされるケースもしばしば。

職場が自宅から近いことで、こういったケースに対応できるようになるため、重視している方は多いです。

近場で仕事を探すなら、はやり、コンビニやスーパーなど最寄りの店舗での仕事になってくるかと思いますが、在宅ワークもこういったケースには強いため、おすすめですね。

託児所設備がある会社

これは言わずもがなですが、自社の託児所を設置しているところはそれだけで魅力的です。

最近では「待機児童問題」を解消するため、政府からの働きかけで企業内保育所を設ける企業も増えてきています。

現時点では医療や介護、保育の仕事で託児所付きの求人をよく見かけますが、大手を除く一般企業にはまだ浸透しきっていない印象で、職種としてもおのずと医療・介護関連の仕事に絞られますが、職場に託児所があることは働く主婦にとって強い味方になることは間違いないですね。

まとめ

家事・育児と仕事を両立させることは大変ですが、働いている時間は日々追われた子育てから離れ、いい気分転換になることもあります。

いろいろな事情・環境の方がいると思いますので、自分に合った仕事を探す参考にしていただければ幸いです。

仕事を探す際には、まずは稼ぎたい金額と自分が使える時間を整理してからいろいろと見て回ることをおすすめします。


関連キーワード

仕事