「趣味」という言葉は、好きなことといい換えることができそうですね。

その好きなことを、または熱中できることを仕事にすることができれば、言うことなし!という方もいるのではないでしょうか。

どのような仕事が趣味を活かせる仕事なのか、そもそも趣味は仕事として成り立つのか、どんな趣味なら仕事につなげられるのか、詳しく見ていきましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

趣味を仕事にするって、そんなことできるの?

仕事と趣味は別、と割り切っている人も多いですし、趣味や好きなことを仕事にできたら…と思ったことはあってもやはりそううまくいかないな、と諦める人も多いことでしょう。

趣味を仕事にすることは可能なのでしょうか?

実際には、趣味の内容によってはといえますし、かつ趣味の活かし方次第というのが正解かもしれません。

どんなに才能があり、技術などを極めていても仕事にはつながりにくい趣味というものもあれば、そこまでではなくても時流に乗って仕事として成り立つものもあるともいえます。

ただし、一見仕事につながりにくい趣味のようでも、活かし方次第で仕事として十分成立し得る場合もあります。

ニッチな部分を追求していったり、高額の収入を求めるわけではなく副業的にする仕事だったりと働き方も含め選択していく必要があります。

趣味を仕事にする7個の方法とは?

では、趣味を仕事にしていくために、まずはどんな考え方をすればよいのでしょうか。

趣味を仕事にするというのがどういうことなのかに注目してみましょう。

どうすれば趣味を仕事にすることができるのか、アプローチについての考え方そのものと、その方法を見ていきます。

資格を取る

たとえば語学が趣味なのだとしたら、英語なら英語検定やTOEICなどの資格を取れば、その趣味を活かす仕事を見つける近道として十分に機能するのではないでしょうか。

他に、アロマやネイルなどの美容系、調理師など、仕事に活かせる資格は数多くあります。

アロマセラピストやネイリストとして実際にサロン等で働いている人には、元々趣味として楽しんでいたという人が少なくありません。

どちらも現在は関連した資格は民間資格で、公的なもの(国家資格など)ではありません。

それでも、技術や知識を示すことはできます。

スタートは趣味でも、資格を取ることで技能を客観的に証明できるということになります。

そうすることで、仕事につなげられる機会が増えるといえます。

就職する

前項「資格を取る」と関係がありますが、趣味によって得た知識や技術・技能を活かすことのできる会社を選んで就職するという方法です。

趣味に使う道具やを扱う会社や、収集しているものを作ったり売ったりしている会社など、趣味に関連したものを扱っている会社に勤務するのも、十分趣味を活かした仕事といえるのではないでしょうか。

たとえば趣味がサーフィンであれば、プロサーファーになるという選択肢もありますが、サーフショップで働くという選択肢もあるということです。

起業する

雇用される形で既存の会社に勤めるのではなく、自ら会社を興す起業という手段をとる人も近年増えています。

起業の手順が難しいものではなく、費用も比較的安価で済むことなどが起業する人の増加の理由になるでしょうか。

どういった形で趣味を活かすのかは様々です。

ものを作る系の趣味であれば作ったものを売る会社を作ったり、料理をするのが趣味だという人が飲食店を始めたりといったことになります。

教える

技術や技能の習得を目指していく趣味であれば、技術・技能を他の人に教えるということを仕事にすることができます。

華道や書道などで、修練を積んで師範になり教室を持つことがあります。

それ以外の、クラフト系の趣味やスポーツなどの趣味でも、自分で教室を開いたり、インストラクターとして働いたりすることができます。

売る

「起業する」の項でも触れましたが、ものを作る趣味では、作ったものを売ることができます。

起業して会社を作るだけではなく、ネットショップなどを持ったり、委託販売をしたりと、販売方法にも色々あります。

発信する

今や誰でもインターネットで情報を配信できる時代です。

なにがしかをインターネットを通じて発信することで収入を得る仕組みにもいろいろなものがあります。

趣味にしていることについて、ブログや動画などで発信することができます。

閲覧者数が多くなり人気が出れば、収入も多くなり、仕事として十分成り立つといえます。

ただし、入り口は広く誰にでも始められることではありますが、一定数以上の閲覧者を確保してそれだけを「仕事」にするのは並大抵のことではないかもしれません。

「プロ」になる

「趣味」程度の取り組み方ではプロになどとてもなれない…というジャンルも確かにあるでしょう。

それでも、趣味で始めたことで、取り組み方次第でプロになれることもあります。

それも、職業として成り立っているというだけでなく、自分の名前そのものに価値がある形での「プロ」です。

すでにいくつかの項で触れてきましたが、ものを作る趣味を仕事に活かしている人は多くいます。

そしてその中には、作ったものを売る、店を持つだけではなく、クラフト作家として本を出したりテレビ出演もしているような人も多々います。

漫画や小説を書く人が漫画賞や文学賞を受賞したり、持ち込みをしたり、ネットでの発表をきっかけにしたりして、プロの作家としてデビューすることも。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パターン別の趣味仕事10選

趣味の特性に合わせて、その趣味をどのような形で仕事に反映させられるのか、どの部分を活かして仕事を選べばよいのかを見ていきましょう。

前章では趣味を仕事にする方法そのものについて、いくつかのパターンとして示しました。

ここでは、パターン別に実際の職種や働き方について、より詳しく解説しながら挙げてみます。

ショップで働く(販売店)

趣味のものを扱う会社に就職するというパターンが一番現実的かつ身近に考えやすい方法かもしれません。

まずは趣味に関するものを扱う店の従業員として働く方法。

例としては、先にも挙げたようにサーフィンが趣味ならサーフショップで、手芸が趣味なら手芸店で働く、といったものがあります。

また、車が趣味という人では、カーディーラーや整備工場などの選択肢があります。

「作る」会社で働く(製造会社等)

そういったショップで扱っている商品を作る会社で働くという方法もあります。

その商品を作っている工場を持つ会社に就職するということになります。

商品についての理解があったり、情報が集めやすかったり、その商品を使った趣味を持っていることで熱意を示せたりと、就職活動が進めやすくなるという利点があります。

思わぬ効果といえますね。

スポーツが趣味であれば、スポーツ用品の製造メーカーで、読書が趣味なら出版社での就職を目指すなどが該当します。

教える仕事1(インストラクター・講師)

こちらも前章で書きましたが、習得した技術・技能・知識を活かして、生徒に教えるという形で収入を得るという方法になります。

インストラクター・講師として雇用されて働くのであれば、給与という形で収入を得ることになります。

スポーツインストラクターでは、特に資格などは必要ではありませんが、各種のスポーツ科学を修めていることが望ましいかもしれません。

また、(財)日本体育協会がスポーツ指導者資格の養成講習会を実施していますので受講するとよいでしょう。

他に、カルチャースクールの講師などでは、業務委託という形での契約になることも多いようです。

教える仕事2(教室開業)

自分で教室などを開いて生徒を集めて教えていく、つまり開業という形をとる場合は、教えるという核の部分だけではなく、教室の運営や生徒の募集、経理などすべてをこなさなくてはなりません。

自分一人ではなく誰かを雇うのであれば、その人に支払う給料分も確保する必要があります。

いずれにしても、雇用されて働くのとは違う制約があります。

前章でも述べたような華道や書道の教室であれば、流派の名前をしょって看板を出すことになります。

また、その流派ごとに決まり事があることも。

そのほかに、パン教室や写真(カメラ)教室といった、まさに趣味から派生して人に教える仕事へと発展した教室も多々あります。

道具の多寡やそれを教えるために必要なスペースにもよりますが、自宅などで開業が可能なものも。

場所としては手軽でも、教えるためには自分がそれをできるというだけではなく、かみ砕いて教えることができるだけの熟練度と、教える技術そのものが必要になります。

そして実際に開業するに当たっては、必ず「開業届」を出します。

作って売る(手作り品の販売)

趣味で作ったものを売ってお金にするということは可能でしょうか?

現在はハンドメイド商品を販売できるアプリやサイトも充実していますし、商品を販売するネットショップを作ることも簡単にできます。

実店舗を作って開業することもできますし、もっと小規模に…ということであれば、ハンドメイド商品の販売をしている店などに委託し販売してもらうという手も。

人気が出れば、店の方から発注がかかることもあります。

ネット・実店舗、自ら販売・委託販売のいずれにしても手芸品であれば特に資格や免許は必要ではないですが、扱うものが食品の場合には異なります。

例えば菓子などを売りたいという場合。

食品衛生責任者証と、営業の形態に合わせた営業許可証が必要になります。

保健所に営業許可を申請することになりますが、厨房の設備などの基準をクリアしなくてはなりません。

自宅のキッチンを利用したいという場合には、改装が必要になる場合があります。

仕入れて売る(ショップの経営など)

自分で作るのではなく、他から仕入れたものを販売するという方法もあります。

商売をする上で、自分自身が趣味として携わっているものになるので、そのものに詳しいとか、その趣味をしている人のニーズがわかるとかといった利点があります。

個人輸入など海外と取引をするということもありますが、その場合も実店舗を持つこともあればネットショップでの販売をすることもあります。

働き方としては、販売店の経営をする自営業や、フリマアプリやオークションを利用しての販売などがあります。

技術・技能を活かせる仕事1(調理・製菓などの仕事)

料理が趣味という場合には、調理の仕事に活かせます。

一口に料理、または調理の仕事といってもその幅は広く、世界的なグルメガイドにも載るような一流店のシェフになる人もいれば、パートとして給食調理に携わる人もいます。

前者には専門学校に行く、留学したりといった専門的な勉強をしたり、一流店での修行などを経たりしてなったという人が多いでしょう。

後者は、雇用形態にもよりますが、特に資格を必要としない調理補助のパートといった求人があります。

またお菓子を作る趣味が活かせる製菓の仕事(パティシエ)などでは、製菓学校を経て菓子店などに就職するのが一般的です。

技術・技能を活かせる仕事2(美容系の仕事)

前章の「資格を取る」の項で触れましたが、ネイルアート、アロマセラピーといった趣味は、技術や技能を活かせる仕事の代表的なものといえるかもしれません。

サロンで働いている人も、元々趣味で始めたという人が少なくないのではないでしょうか。

独学で、という人ももちろんいますが、スクールや通信講座などで学んだという人も多く、その上で資格を取って就職や開業をしています。

どちらも直接体に触れる施術をしますので、やはりしっかりと体系や知識、技術などを学び、資格も取得した方が良さそうです。

「プロ」になる(プロの作家)

仕事をして金銭を得る=プロといえますが、ここでは、前章で触れたように名前そのものにバリューのある「プロ」の職業について見ていきます。

どうすれば「プロ」になれるのでしょうか。

例として、小説家を挙げてみます。

趣味で書く分には、最低限の筆記具と紙さえあればよく特別な道具もいりませんし、手に入れにくい材料が必要だということもないため手軽に始められるものだといえます。

手軽に始めた趣味を、プロの仕事として成り立たせるためにはどのようにすればいいのでしょうか?

簡単に言えば、出版社に認められて出版されるということが必要になります。

賞に投稿したり、編集部に持ち込んだりするなどして、まずは見てもらわなくてはなりません。

そして出版に耐えるものだという評価をされなくては出版には至りません。

最近では投稿サイトもあり、出版社の方でも新たな才能を求めてチェックしていますので、投稿サイトに作品を掲載したことをきっかけにプロへの道が開けるということも。

小説だけではなく、漫画でもよく似たパターンでプロ作家になる人が多くいます。

農業

家庭菜園やガーデニングが趣味だという方も多いですね。

日本人の約半数に家庭菜園の経験があるんだとか。

では、家庭レベルではなく野菜などを作り、仕事にしようと思ったらどのようにすればいいのでしょうか。

近年、全国各地で農業への新規参入者を増やそうといろいろな利点を伴う支援制度が見られます。

格安で住宅と農地(田んぼや畑)を貸してくれたり、移住に際して助成がもらえたり、農業学校などを設けていたりするところがあります。

基本的に(特に日本の)農業は土地に根ざして暮らしつつ行わないと難しい職業です。

支援を受けることを検討したり、行政の制度などを目一杯活用したりて就農への道筋をつけていくとよいでしょう。

何を作りたいかによっても異なってはきますが、先輩農家に教えを請うといいかもしれません。

まとめ

趣味を仕事にする方法と、パターンごとにその職種などをを見てきました。

好きなことを仕事にできたら、と思ってもなかなか難しいのも事実です。

ただしやり方やアイディア次第で、仕事として収入を得ることは十分可能です。

就職するにしても起業するにしても、趣味だからこそ冷静になって、「好きなことだし得意だからカンタンにできる」とは思わずに地に足をつけた準備をするようにしましょう。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご