あなたの周りで、かなり親しい間柄の友人を持っていたり、人と深い関係を築くことができたりする人はいませんか。

相手と持続的に深い信頼関係を作ることができる人は、「親密性」が高い人と言えるでしょう。

では、その「親密性」が高い人はどのような仕事が適職であるのかを紹介していきます。

親密性が高い人の5個の特徴とは?

親密性が高い人は、相手との深い信頼関係を築き上げる能力に長けています。

「相手と深い信頼関係を築き上げれるか」ということは、ビジネスシーンにおいても重要な要素となります。

では、親密性が高い人はどういった特徴を持っているのかを紹介していきます。

他人と深く繋がることに楽しさを感じる

親密性が高い人は、相手と深い信頼関係を築き上げることに楽しさや魅力を感じます。

相手のことをもっと深く知りたいと思う欲求があり、自分のことについてももっと深く知ってほしいと考えることが多いでしょう。

ある程度相手との関係が構築できると、心を完全に開いてより深い信頼関係を築こうと考えます。

そして、一過性の信頼関係ではなく、継続的な信頼関係を築くことができます。

そのため親密性が高い人は、学生時代の友人と継続的に連絡を取ります。

昔からの友人が多いのも親密性が高い人の特徴です。

特定の気の置けない仲間と一緒にいるときがベストな状態

親密性が高い人は、いつも一緒にいるような気の置けない仲間といることを好みます。

そのため、気の置けない仲間と一緒にいる時が一番才能を発揮する瞬間と言えます。

ビジネスシーンにおいても、信頼関係を築いた親しい人との仕事は、才能を発揮して円滑に仕事を行うことができます。

しかし、あまり信頼関係が築けていない人との仕事は、遠慮してしまったり本心ではないことを言ってしまったりすることで、自分本来の才能を発揮することができないこともあります。

交友関係は狭く深く

親密性が高い人は、狭い交友関係で各相手と深い信頼関係を築きます。

どんな性格の人とも深い信頼関係を築き上げるのではなく、自分と馬が合いそうな人を選んで深い信頼関係を築き上げます。

そのため、仲の良い人と一緒にいることが多いので、他人からすると排他的に見られてしまう可能性があります。

大人数の飲み会の席でも、絶えず親しい人と一緒にいて、席を立って回るということはしない傾向にあります。

初めて会う人達でも気負いなく話をできることを「社交性」があると呼んでいます。

親密性は、この「社交性」と対比されることが多い言葉です。

相手の話をしっかりと聞くことができる

親密性が高い人は、相手と深い信頼関係を築き上げるために、相手の話にしっかりと耳を傾けることができます。

相手の話をしっかり聞かず上の空だったら、相手からすると良い印象は持ちませんし、お互いをもっと知ることもできません。

相手の話をしっかりと聞いて自分の考えを伝えることで、お互いの考えが理解できてより深い信頼関係を築くことができます。

親密性が高い人は聞き上手とも言えるでしょう。

面倒見が良い

相手との信頼関係をもっと深めたいという欲求から、相手のためになることや喜ぶことをしたいと感じることが多いでしょう。

相手の立場になって親身に接することができるので、相手からもより信頼されます。

相手から好かれたいと思ったら、相手が喜ぶことをして心を掴みたいと思いますよね。

そのため、相手に対してあれやこれやと世話を焼くことが多くなります。

結果的に面倒見が良いということになります。

親密性が高い点を活かせる仕事5選

親密性の高さを仕事に活かすことは可能です。

深い信頼関係を築き上げている人と仕事をすると、持っている才能を最大限に発揮することができます。

では、親密性の高さを活かせる仕事を紹介していきます。

スーパーマーケット店員

意外かもしれませんが、スーパーマーケット店員は親密性の高さを活かすことができます。

中で作業をする職種よりも、お店に頻繁に顔を出す職種の方が親密性の高さを活かすことができます。

その仕事内容とは?

特に親密性の高さを活かせる職種は、青果部門、鮮魚部門、総菜部門などが挙げられます。

青果部門は、仕入れた青果をそのまま、或いは加工して商品棚に陳列していきます。

また、定期的に陳列した商品を見回り、鮮度が落ちていないかチェックを行います。

そして、お客さんがどんな物を欲しているのか情報収集を行うこともあります。

鮮魚部門は、仕入れた魚介類を加工して商品棚に陳列を行います。

また、お客さんから要望があれば、魚をおろす作業も行います。

総菜部門も、総菜を調理して商品を陳列する作業が主です。

お客さんとの会話で味の評判を確認することもできます。

親密性が高い点を活かせるのはどんなところ?

親密性の高さを活かせる点は、お客さんとのやりとり全般です。

スーパーマーケットのお客さんは毎日のように来る常連さんが多く、何度も顔を合わせる度に仲良くなっていくことがあります。

そのため、同じお客さんと話しているうちに仲良くなって信頼関係が構築されることで、親密性が高い人の特徴である「気の置けない仲間と一緒にいるときがベストな状態」を作り上げることが可能です。

そして、親密性が高い人は相手の話をしっかり聞くことができることや、面倒見が良いことなどを挙げてきました。

信頼関係が構築されたお客さんに対して、才能が発揮できるベストな状態で親密性が高い人の特徴が最大限活かされれば、お客さんからの評価も高いものとなるでしょう。

介護職

介護職は人と接する職業のため、親密性が高い人に向いている職業と言えます。

介護職においては、親密性が高い人の特徴は重宝されるでしょう。

その仕事内容とは?

介護職は、一人で生活をするのが難しい人に対して、生活全般が行えるように支援・介護する仕事です。

寝たきりであったり認知症であったりと、人によって生活が困難な理由は様々です。

この様々な理由で生活全般が行えない人に、それぞれの理由に対して一番最適な介護方法を選択し、親身に寄り添って介護を行います。

食事や着替え、入浴や排せつなど、生活全般について様々な介護を行います。

日本は少子高齢化社会に突入しているため、今後もお年寄りの数は増大していくことが見込まれています。

介護職は、運送業界と並んで人手不足が顕著な職種です。

そのため、このままでは今後増大するお年寄りを支えることが困難になってしまう可能性があります。

今後は更に需要が見込まれる職種です。

親密性が高い点を活かせるのはどんなところ?

介護職は、対物ではなく対人の仕事です。

そのため、相手に寄り添って親身に対応を行うことが求められます。

また、介護を必要としている人は、実際に介護をしてくれる人に対して信頼をしています。

親密性が高い人は、自分を信頼してくれる人に対して、自分も相手を信頼します。

毎日顔を合わせることで相手と深い信頼関係となり、親密性が高い人の才能が発揮されます。

介護職には「面倒見が良い」という親密性が高い人の特徴が必須要件です。

親密性が高い人の特徴を存分に活かすことができる環境であると言えます。

コンサルタント

コンサルタント業務は、同じ相手と何度もやりとりを行って信頼関係を築き上げる仕事です。

お互いの信頼関係がないと、成り立たない仕事と言えるでしょう。

その仕事内容とは?

コンサルタント業務と一括りに言っても、職種は多岐にわたります。

まず、会計事務所が挙げられます。

会計事務所は、顧問をしている会社のお金の流れを全て把握しています。

そのため、顧問先の会社の社長から経営についての相談を受けることがあります。

その際に的確なアドバイスを行うことが求められます。

次に、ファイナンシャルプランナーが挙げられます。

収入や支出の状況や保険の加入状況、住宅ローンや教育資金などを明らかにして、お客さんの現在とこれからの生活についてのアドバイスを行う仕事です。

お客さんがより良い将来に向かって行けるように、今後の見通しを立てていきます。

親密性が高い点を活かせるのはどんなところ?

同じお客さんと何度もやり取りを行うことで、お互いの信頼関係を築くことができ、親密性が高い人の能力や才能を最大限に活かすことができます。

そして、コンサルタント業務はお客さんのためを思って親身にならなければ務まりません。

面倒見が良いという親密性が高い人の特徴がピッタリ合う仕事です。

また、親密性が高い人はお客さんの話をしっかりと聞くことができるので、お客さんが真に求めていることを汲み取ることができ、とても質の良いコンサルタントを行うことが可能となります。

カウンセラー

カウンセラーは、相談者に親身になって対応しなければいけません。

相談者は、カウンセラーに親身に相談にのってもらうことで、心身ともに健康になっていくことができます。

その仕事内容とは?

カウンセラーは、相談者の悩んでいることを的確に聞き出し、どうすれば解決の方向へ進めるのかを模索し、相談者が自分の力で解決の方向へ歩いていけるように背中を押す仕事です。

悩みやストレスといった心のトラブルを抱えている人を、精神的な部分でサポートします。

また、心のトラブルを抱えている人は様々な場所に存在します。

そのため、企業カウンセラーやスクールカウンセラー、医療カウンセラーなどが存在しています。

企業カウンセラーであったら、人間関係や仕事量、役職に就くことでのプレッシャーやストレスなどの相談を受けることが多いでしょう。

また、スクールカウンセラーであれば、友達との関係、勉強、成長していく上での悩みなどの相談があるでしょう。

医療カウンセラーは、医者が患者に対して対応しきれない深い心の部分の悩みをサポートします。

このように、カウンセラーといっても職種は多岐にわたります。

親密性が高い点を活かせるのはどんなところ?

カウンセラーは、相談者からの信頼を痛いほど受けます。

信頼が置けない人に対して、自分の悩みごとを包み隠さず話せる人は少ないでしょう。

そのため、お互いの信頼関係を深めないと務まらない職務になります。

また、カウンセリングの際は、相談者の悩みごとを一言も聞き漏らさず、的確に聞き出す必要があります。

親密性の高い人は、信頼関係を深く構築することができて、相手の話をしっかり聞くことができるため、特徴を大いに活かすことが可能です。

そして、なによりも親身になってカウンセリングをすることが大事です。

これも、面倒見が良いという親密性が高い人の特徴を存分に活かすことができるでしょう。

ルートセールス

ルートセールスの仕事は、同じ顧客に対して営業を行う職種です。

顧客との信頼関係の構築が大変重要な職種です。

その仕事内容とは?

新規の顧客ではなく、既存顧客に対して営業を行います。

既に販売した商品やサービスを更に拡大して購入してもらったり、新商品が発売されれば売り込みを行います。

また、購入してもらった後のアフターフォローも行います。

既存顧客との深い信頼関係の構築を行うことで、自分の商品を更に購入していただくことが可能になります。

親密性が高い点を活かせるのはどんなところ?

既存顧客に対しての営業なので、毎日のように同じ顧客と顔を合わせることになります。

そのため、新規の人より既存の人と話すのを好む特徴に合っています。

そして、ルートセールスで売り上げを伸ばすには、顧客との深い信頼関係を構築することが必要となります。

また、顧客の話をしっかりと聞くことができて、更に顧客に対して面倒見を良くすると、一層顧客からの信頼を受けることになります。

顧客との深い信頼関係が構築できて情が芽生えれば、一層売り上げを伸ばすことが可能です。

親密性が高い人の特徴である、相手の話をしっかり聞けることと面倒見が良いということで、顧客と深い信頼関係を構築してルートセールで売り上げを増加させることができます。

実際にルートセールスの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

まとめ

親密性が高い人の特徴と、その特徴を活かすことができる仕事を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ビジネスシーンでは、顧客と深い信頼関係を作り上げなければなりません。

親密性の高い人は、顧客と深い信頼関係を結ぶために活かせる特徴を多数持っています。

今回紹介した親密性の高い人に合う仕事内容を参考にして、特徴を存分に活かせる仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

仕事