憧れる仕事、将来やってみたい仕事、色々あるかと思います。

将来目指してみたい仕事ってどういうものがあるのか、もしまだ将来何をやりたいかわからない人、将来的にやりたい仕事はどういう仕事か知りたいなどと考えている人に今回は、将来目指したい仕事についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

将来目指したい仕事ってどんなもの?

将来目指し仕事は、何かもう決まっていますか?

将来目指したい仕事は、子供頃や何かのきっかけで憧れている仕事、将来的な安定を考えての仕事、たくさんのやりがいであったり、報酬をもらいたいための仕事など人によって将来目指したい仕事は色々あります。

ここでは、将来目指したい仕事、憧れる仕事について詳しくまとめてみました。

将来目指したい仕事おすすめ10選

将来目指したい仕事は、毎年学生を対象にアンケートをとってデータをまとめている会社があります。

小学生であれ、中学生であれ、高校生であれ、必ずランクインしている職種からその年代別でランクインしているものなどがあります。

ここでは総合的に人気な仕事を選んで紹介します。

医師

医師の仕事もしんどい仕事の代名詞です。

昼夜問わず患者がいれば診察や治療、場合によっては手術をこなさなければなりません。

医師になるまでにも医師国家試験に合格しないといけませんし、合格したからすぐに医師になれるわけではなく、2年間の臨床研修や最低5年の実地研修を行ってから専門医試験に合格して初めて専門医になれます。

医師国家試験を受けるまでに大学の医学部や医科大学で6年間学ばないといけません。

医師になるまでも大変ですが、医師になってからも大変です。

その仕事内容とは?

医師の仕事は、病院や診療所などに勤務して、直接患者さんの治療やリハビリテーションなどに携わったり、研究機関で病気の原因であったり、最近について研究することが仕事です。

医師には2つのタイプがあり、前者の直接患者さんと関わるのが臨床医で後者の細菌などについて研究するのが研究医になります。

そのおすすめ理由とは?

医師の仕事は、なるのも大変、なってからも大変です。

精神的にも体力的にもかなりしんどい仕事です。

ただ、人の命を助けることが直接可能な職業のため、命を預かって患者を助ける使命感と無事患者さんが完治したり、回復したりすると大きな達成感を感じます。

大変な仕事ではありますが、給料も高いため、やりがいも感じることができます。

看護師

看護師は、看護大学、看護短大、大学の看護学科や看護専門学校の看護師養成課程のある学校で3〜4年間学び、国家試験である看護師国家試験に合格して、看護師免許を取得しなければなりません。

今までは看護師と准看護師がありましたが、仕事内容の差があまりなく、准看護学校は年々減ってきていて、今は看護師の資格を取得して看護師として働くことが多くなっています。

その仕事内容とは?

看護師の仕事は、医師の補佐、患者さんやその家族の対応が中心です。

医師の診療中の補佐業務をしたり、患者さんの注射や検温、点検、食事などのお手伝いをします。

医師よりも患者さんに寄り添って献身的にサポートするのが看護師です。

看護師の仕事場は、病院や社会福祉施設だけでなく、最近は教育機関にも活躍の場があります。

そのおすすめ理由とは?

看護師の仕事は、医師同様、人の命に直結した仕事です。

夜勤があったり、患者さんの体調によってはずっと寄り添っていないといけませんのでかなりハードな仕事です。

その反面、人の命を助ける大切な仕事のため、患者さんが回復したり、完治した時は家族同様の喜びややりがいを感じることができます。

モデル

モデルになるにはさまざまな方法がありますが、まずはタレント事務所のスカウトマンからスカウトされることです。

街や空港、ライブ会場など様々な場所でスカウトマンはモデルの卵を発掘すべくアンテナを張り巡らしています。

そのため、スカウトマンが気に入るようなファッションであったり、容姿を兼ね備えていると声をかけられスカウトされることがあります。

他にはファッション誌が主催するモデルのオーディションに参加してグランプリや審査員賞をもらうことでモデルへの道が開けるケースもあります。

中にはモデルになりたいと自分からモデルや芸能事務所へ直接履歴書などを送り、飛び込みでアピールする人もいます。

その仕事内容とは?

モデルの仕事は、企業などがアピールしたい商品を身に着けたり、使ったりして消費者や一般へ魅力的に見せること、欲しいとかいいなと思わせるようにアピールすることが仕事です。

モデルの仕事といっても最初から売れっ子ではないため、最近は、個々にSNSで自らの魅力をアピールしたり、メイクのやり方や着こなしを紹介してファンを増やす活動をしている人もいます。

そのおすすめ理由とは?

華やかなイメージのあるモデルは、憧れる人も多く、自ら積極的に行動することでファンを増やさないといけませんが、メディアなどを通じて自らの個性を発信できる仕事です。

保育士

保育士は、年代別で人気の仕事を調査しても小学・中学・高校生の女子学生がなりたい仕事、憧れる仕事に必ずランクインする仕事です。

短大などをでて保育士の資格を取得して保育園などに就職するのが一般的です。

その仕事内容とは?

保育士は子供を預かって一緒に遊ぶだけでなく、子供たちが生活する上での基本的な生活習慣を身につけるようにサポートすることが仕事です。

例えば、食事であったり、排泄、睡眠、衣服の着脱など幼児期に学ぶ基礎をサポートすることです。

他にも登園してくる園児一人一人の健康状態をチェックしたり、行動や心理状況をチェックし、何か変化がないかどうかも確認し、何か問題があれば園長や親に相談したり、報告しないといけません。

そのおすすめ理由とは?

保育士は、子供が最初に接触する学校の先生の可能性が高く、保育士が学校を好きになるかどうかの今後を左右したり、生活していく上での基礎をサポートすることで園児の成長を見守ることができます。

保育士になるには、こちらの記事を参考に!

弁護士

弁護士は、大学卒業後に法科大学院(ロースクール)へ進学し、所定の課程を修了し、国家資格である司法試験に合格するか、司法試験準備試験に合格して司法試験に合格するかの方法があります。

司法試験に合格後は、約1年間の司法修習を受け、司法修習考試に合格して初めて弁護士としてのスタートを切れます。

その仕事内容とは?

弁護士は、基本的人権を守るために法律のエキスパートとして様々なトラブル解決のサポートをします。

弁護士の仕事でも扱う仕事が様々で民事事件、刑事事件、企業合併などのビジネスに関する仕事や公害などに対して公益弁護活動や講演会などで登壇したり、サポートしたりします。

そのおすすめ理由とは?

弁護士は、法廷で依頼人のためにサポートする姿は、テレビやドラマのシーンとは異なり、綿密な準備としっかりとした事実関係が必要なため、下調べや調べた後どう弁護をするかについても時間を費やしますが、人を助けるという事ではやりがいのある仕事のため、多くの人が憧れています。

薬剤師

薬剤師になるには、大学の薬学部で6年間在籍し、薬剤師免許を取得する事です。

大学の薬学部では薬に関してだけではなく、有機化学や生物学などを学び、これらを用いて薬を作る事で人の体にどう影響を及ぼすかなど、薬の働きについて知ったり、医療にかかるための幅広い知識を身につけます。

その仕事内容とは?

薬剤師は、薬剤の調剤と患者さんへの薬の説明や服用についての諸注意を指導することが仕事です。

街の調剤薬局や病院の院内内薬局などに勤務し、医師が出した処方箋に従って薬を用意し、患者さんに提供しています。

他にはドラッグストア、製薬会社や研究機関などに活躍の場を広げています。

そのおすすめ理由とは?

薬剤師は派手さがないものの人の健康を影で支えています。

しっかりした薬の処方がないと体調が回復しなかったり悪化してしまいます。

薬のプロフェッショナルである薬剤師は、医療に携わり、人を助けるためやりがいのある仕事です。

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターは、専門学校や大学卒業後ゲームソフト開発会社に就職することが第一条件です。

他には最近、公募のゲームコンテストに自分で作ったゲームを出品して認められることでゲームクリエイターの仕事をもらえたり、ゲームメーカーに自らの企画や作品を持ち込んで採用してもらうケースもあります。

その仕事内容とは?

ゲームクリエイターは、ゲーム制作現場においてプロデューサーであったり、ディレクター、プランナーなどの企画職として働きます。

ゲーム作品は様々役割の人たちと共同作業で作られ、ゲームクリエイターは制作予算やスケジュール管理をしながらゲームのシナリオ、デザイン、挿入音楽やシステム、プログラムをみんなで構築していきます。

そのおすすめ理由とは?

ここ最近はクリエイター職は人気があります。

IT関連の成長と高収入、ゲームという好きなことを仕事にできるという観点から人気が高まっています。

自分好みのゲームを開発したり、好きなゲームメーカーの新作に携われたりします。

アパレル店員

アパレル店員は、学歴や資格などあまり関係なく、ファッションに対しての熱意とどれだけの興味があるかで決まります。

基本的にはアルバイトをしながらアパレルの仕事を覚えるか正社員として働いて将来的に独立したりします。

勤務先は様々で個人店、百貨店のブランドショップ、セレクトショップや大手チェーン店などがあります。

その仕事内容とは?

アパレル店員は、店内のディスプレーや装飾、来店したお客様にコーディネートや服のアドバイス、洋服の説明、試着サポートやレジなどがあります。

ただ、接客だけがアパレル店員の仕事に思われがちですが、他にも納品された商品の検品やタグ付け、売れ筋チェックや在庫管理などの裏方の仕事もあります。

キャリアアップとしてはアルバイトや店員から始めて店長やマネージャーに昇格できます。

そのおすすめ理由とは?

アパレル店員は、オシャレな店内と洋服に囲まれて華やかなイメージがあります。

オシャレでトークが面白いなら人気店員間違いなしです。

着こなしやコーディネートに自分の色を入れることもできます。

国家公務員

国家公務員は、国家公務員試験を受け、各省庁に採用されることが必要です。

試験には総合職試験と一般職試験、専門職試験があります。

幹部候補生を採用する総合職試験は、公務員試験で難易度が最も高いと言われています。

筆記試験をパスして最終合格者となったら各府省が独自に実施する官庁訪問で面接などを行い、パスしたら晴れて内定をもらうことができます。

その仕事内容とは?

国家公務員は、国に勤務し、国全体に関わる業務を行うのが仕事です。

憲法によって国民全体の奉仕者と規定され、国の財政運営、外交、防衛、医療や社会福祉、教育などの様々な領域で活動し、政策の企画や立案をはじめとする大きな仕事に携わるのが国家公務員の特徴です。

そのおすすめ理由とは?

公務員は男子学生を中心に人気の仕事で国に奉仕できる、安定したのイメージがあります。

実際には様々な分野で大きな仕事に携わることもできるのでやりがいのある仕事でもあります。

高校教師

高校教師になるためには、国家資格である高校教諭の免許を取得することが条件になります。

大学や大学院で教職課程の所定科目を修了する事で免許を取得することが可能です。

ただし、高校教諭の免許は、科目によって分かれているため、どの教科を教えてたいのかを決めてから教職課程を受講する必要があります。

その仕事内容とは?

高校教師は、学校で各教科の指導をするのが仕事です。

他にもホームルームや進路指導、クラブ活動指導、学校行事の運営など、さまざまな指導を中心とした生徒のサポートが仕事になります。

学校で指導する科目は、中学校より細分化されていて、理科と呼ばれていた科目は、化学、物理、生物などに分かれていて、社会と呼ばれていた科目は、政治経済・地理、日本史や世界史などになります。

そのおすすめ理由とは?

高校教師は、生徒の将来を左右する決断をサポートしたり、生徒に寄り添っての仕事なのでやりがいと使命感溢れる職種です。

未来の大切な人材を育てる役割を担いたい人にはおすすめです。

また、一般企業と違い、教育の現場は経済の波にあまり影響されず安定した仕事でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

将来目指したい仕事は他にもまだまだあります。

これを読んで気になったけど他にどんな仕事があるか知りたいと思った人は、ぜひチェックしてみて下さい。


関連キーワード

仕事