人のためになる仕事についての写真

現代社会には、さまざまな職種があります。

それらの職種1つ1つに役割があり、社会が成り立つためには必要不可欠なものです。

社会人の一員として、与えられた仕事をやり遂げなければならない、という責任感を持つことが大切になってきます。

日々の努力の中で、向上していくことで社会人としての第一歩を踏み出すことができることでしょう。

ここでは、人のためになる仕事について、その分野と具体的な職種をご紹介していきます。

「人のためになる仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人のためになる仕事って?

命を預かる仕事、他人のできないところを手助けする仕事、生活における余暇に貢献する仕事など、人のためになる仕事はたくさんあります。

つまり、人のためになる仕事とは、他人の役に立つための知識や技術を提供し、現代社会における困難を乗り越える手助けをする仕事です。

しかし、どのような仕事が人のためになる仕事といえるのでしょうか。

それは、現代社会に存在する仕事のほとんどが挙げられます。

例えば、医療・福祉業界の仕事は、人の命を預かり、責任を持って社会に貢献します。

他にも、社会で生活するうえで、困難と思われる事項について手助けできる仕事はたくさんあります。

いかに円滑に現代社会で生活していくことができるか、というところが人のためになる仕事が存在する意義だと思います。

それでは、人のためになる仕事は具体的にどのような職種があるのでしょうか。

以下にまとめてみました。

人のためになる仕事12選。その分野と具体的な職種とは?

社会にはたくさんの仕事があります。

一般的に存在する仕事の多くは、すべてが人のためになる仕事でもあります。

社会で円滑に生活できるよう手助けをする仕事が多いことから、どの仕事も社会にとっては大切といえます。

ここでは、数多く存在する仕事の中でも、代表的な仕事について取り上げ、ご紹介していきます。

医療系

医療系の職種は、主に命の現場で働くことから、人命に関する重大な責任を課せられることがあります。

例えば、交通事故などで救急搬送された患者さんに、手当などの処置をする際にも、取り扱う備品や薬品により、その後の患者さんの人生に影響を与えることもあります。

生死に直接関わる職種であることから、時には自分だけでなく、患者さんのご家族の方まで責任を問われることから、決して他人事ではなくしっかりと仕事に対して責任感を持って取り組まなければなりません。

医師

医師の仕事には、外科、内科、整形外科、眼科などさまざまな特徴がありますが、直接命の現場と触れ合う仕事と、そうでない仕事に分かれます。

しかし、医師の仕事は患者の身体的な困難を回復させる手助けをしたり、精神的に苦痛を感じている方の手助けをしたりすることから、社会における困難を感じている方の役に立つ仕事であるといえます。

看護師

看護師の女性

看護師は、医師と同様患者さんの命に直接触れ合う職種です。

体調の変化により、緊急を要する手術において、医師の手助けをしながら患者さんを回復に導くためのサポートをしていく職種です。

さらに、社会で困難を感じている方の、将来の道筋を一緒に考えてあげたり、身体的・精神的な困難についてのアドバイスを行ったりします。

また、患者さんの薬についても不明な点があればアドバイスるなど、医療に関するエキスパートといえます。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

理学療法士

理学療法士は、主にリハビリテーションの役割の担う職種で、一般的にはPTと呼ばれます。

理学療法士の仕事内容は、身体的な機能に困難があり、介助が必要な方を対象として日常生活における行動の回復を目的とした機能訓練を行います。

近年の高齢化社会に伴い、リハビリテーションの需要が高まっています。

このことから、理学療法士はこれからの社会に重要な存在となっていくことでしょう。

「理学療法士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

作業療法士

作業療法士は、理学療法士と同様、リハビリテーションの役割の担う職種で、一般的にはOTと呼ばれます。

作業療法士の仕事内容は、事故や病気で、以前は普通にこなせていたはずの日常生活における行動に困難が生じた方を対象に、機能訓練を通じて日常生活における行動の回復を目的とした機能訓練を行います。

事故や後遺症を残す病気にかかる方が増えており、さらに、近年の高齢化社会も相まって、作業療法士の役割が大変重要となってきています。

言語聴覚士

言語聴覚士は、理学療法士や作業療法士と同様、リハビリテーションの役割の担う職種で、一般的にはSTと呼ばれます。

言語聴覚士の仕事内容は、言葉を話すことができなかったり、耳が聞こえなかったりすることで、社会で生活を送ることが困難な方を対象に、リハビリテーションを通じて、社会復帰を目指していく職種です。

言葉を話すことができなくなるメカニズムとして、生まれつき言葉を話すことができなかったり、ストレスを抱えて精神的な苦痛から失語症となったりすることがあります。

このような方に対して、訓練を行い、普通に言葉を話すことができるようになるために一緒に苦難を乗り越えていく大切な仕事です。

言葉を話すことができない失語症の方や、言葉にコンプレックスを持っている吃音の方など、人と話すことに対して困難を感じている方は、社会にたくさんいます。

そのような困難を持った方の手助けをする言語聴覚士は、社会にとって大切な職種といえます。

福祉系

福祉系の仕事は、医療系とは異なり命の現場に直接触れ合う場面が限られます。

例えば、老人を対象とした福祉は、利用者さんの老衰などで命に直接触れ合うことがあります。

しかし、障害を対象とした福祉は、命に直接触れ合うことはほとんどありません。

介護福祉士

介護福祉士は、老人や障害を対象とした福祉に関する業務を行うことができます。

業態にもよりますが、一般的にはホームヘルパーとして活躍する方が多数います。

自宅へ訪問して介護のお手伝いをする訪問介護や、施設に入所している方に対して介護を行う通所介護や入所系の介護を提供します。

また、身体障害を持った方を対象に移動するときの補助を行ったり、知的障害を持った方には道案内や買い物の内容などのアドバイスを行ったりすることがあります。

「介護福祉士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

職業指導員

介護業界には、障害を持った方の就労支援を行う職種があります。

それが職業指導員です。

一般とは異なり、就職にハンディを背負った障害者の機能訓練を通じて、知識やスキルアップを目的として、一般社会でも通用するための技術を指導する職種です。

障害を持った方の多くは、一般で働きたくてもハンディを背負っていることからなかなか自分の思うようにいかず、身体的にも精神的にも苦痛を強いられています。

そのような困難を解消するために職業指導員が存在します。

救急・消防系

社会には、命に係わる緊急性の高い事例が数多く存在します。

例えば、火事の現場で1分1秒を争うこともあります。

このようなときは、救急・消防系の職種が活躍します。

救急救命士

救急の現場で、いち早く対応し患者さんの生命を左右する職種です。

現場での即座の判断が、その方の一生に関わることからその責任は重大です。

仮に、命を落としてしまったり、後遺症が残ってしまったりするケースが多く存在します。

そのようなプレッシャーの中で仕事をする救急救命士は、命の現場の最前線で活躍できる数少ない職種です。

消防士

消防士

現代社会は、火を扱うことが多く火事になる事例も少なくありません。

消防法により、火事を起こさないための設備が整ってきてはいますが、まだまだ火事の件数は全国的に見てもなかなか減少しません。

他にも、震災などの災害で活躍する消防士は、市民が社会で円滑に生活するためには必要な職種です。

カウンセラー系

社会には、ストレスがはびこり精神的苦痛を強いられている方が多くいます。

精神的にストレスを抱え込んで、統合失調症などの精神的な病を発症することがあります。

このような方を対象に精神的なケアを行う職種がカウンセラーです。

臨床心理士

カウンセラーの代表的な職種として臨床心理士があります。

社会におけるストレスから、精神的な病を発症した方を対象に、心のケアを行うことで社会復帰を目指す職種です。

臨床心理士は他にも、相談業務に特化した職種であり身体、知的障害を持った方にも社会における円滑な生活が送れるようアドバイスを行うことができます。

一般的には、医療や福祉と連携を取りながら、患者さんの支援を行っていきます。

土木・建設系

道路や家などの建築物、他にも水道や電気を取り扱う方は多いと思います。

それらを安全に使用するためには、特別な技術を持った方の手助けが必要となる場合があります。

土木や建築系の職種は、さまざまありますが、ここでは代表的な建築士についてご紹介していきます。

建築士

人が社会で生活していくためには、家は必ず必要なものです。

生活の基盤を構築するためにも、家という存在は重要であり、精神的にも安らぎを与えてくれる空間でもあります。

また、家だけでなく、余暇を過ごすための施設や、日用品を購入するための施設などの建築物を手掛ける職種が建築士です。

建築士は、現場の土木関連の職種や大工と連携をとりながら作業に取り掛かります。

建築士の知識やスキルに応じて資格取得のレベルが異なります。

したがって、安心安全な建築物を建造するために必要な職種であり、社会的にも貢献しているといえます。

土木作業員

道路の整備や整地など、社会で安全かつ安心して生活できるように調整していく職種です。

例えば、普段車で走っている道路に凹凸があったり、途中で終わっていたりするとどう思いますか?

場合によっては、社会で生活を送るうえで支障をきたす恐れがあります。

このように、社会で円滑に安全、かつ安心して生活できるように、活躍する職種が土木作業員です。

土木作業員は、大工や建築士と協力して大規模な施設の建造に携わったり、土地の整地などで連携を図ったりする場合があります。

土木・建築系の職種はいずれも連携が大切であり、社会的にも必要とされている職種です。

人から「ありがとう」と言われる職業は仕事の満足度が高い

仕事をしていると自己満足だけで終わる方も多くいることでしょう。

しかし、仕事をするうえで、他人からの評価は大変重要なものです。

他人から「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えられたらどう思いますか?

決して嫌な気持ちになる方はいないことでしょう。

ここでは、人から感謝される職業について満足度が高いということについて例を挙げながら解説していきます。

感謝されることでモチベーションアップ

仕事をしていて、上司や同僚から褒められて嫌な気分になる方はいないと思います。

普通は気持ちが高揚し、嬉しく思ったりモチベーションがアップしたりすることでしょう。

例えば、飲食店に勤めていて、自分の作った料理に対してお客様が「美味しかったよ!ありがとう!」と言ってきたらどう思いますか?

飲食店の仕事に就いていてよかった、嬉しいと思うのではないでしょうか。

このように、自分のしてきた仕事に対して、他人が評価してくれることは、その人にとってやりがいとなり、モチベーションへと繋がっていきます。

したがって、モチベーションを維持するためにも、他人からの評価とともに、感謝されるように努力することが大切をいえます。

やりがいのある仕事を見つけましょう

社会には、たくさんの職種が存在します。

その中で、どの仕事が一番自分に合っているのか、楽しく仕事ができるのかなど、さまざまな不安がある中で、生活している方も少なくありません。

仕事をしていてやりがいを感じる仕事は、その人にとっても有意義な時間を過ごすことができるうえ、モチベーションを維持するためにも重要な指標でもあります。

自分に合った仕事を見つけることができれば、それがやりがいへと繋がっていくことでしょう。

まとめ

ここでは、人のためになる仕事についてご紹介してきました。

社会にはたくさんの仕事があります。

しかし、どの仕事を選ぶかでその人の人生が大きく変わってきます。

大切なことは挑戦する意欲です。

たくさんのことに挑戦して、自分に合った仕事をすることで、仕事に対してやりがいを感じ、人のために役立っているという実感を得られると思います。


関連キーワード

仕事