肉体労働のおすすめ理由とレベル別の肉体仕事についての写真

肉体労働と聞くと大変なイメージを持ちますが、実は肉体労働はかなりおすすめできる仕事です。

なぜなら肉体労働にはメリットがたくさんあるからです。

おすすめな肉体労働には様々な職種がありますが、分かりやすく、しんどさのレベル別にご紹介するので、自分のレベルに合わせて選ぶことができます。

では早速肉体労働について見ていきましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

肉体労働がおすすめな理由

肉体労働には他の仕事にはないメリットがたくさんあります。

しんどいイメージがありますが、実はメリットが大きい分体の負担を感じにくくなります。

時給がいい

まず肉体労働は体を駆使している分だけ給料がとてもいいです。

時給が1200円以上などが常であり、大学生が夏休みの短期バイトなどに行っていることが多いです。

短時間で稼げるということから選ぶ人がとても多いです。

また肉体労働は結果主義のため、がんばるとそれが給料として反映されやすいです。

そのため時給が他の職種に比べて上がりやすく、努力の結果が感じやすい仕事です。

日雇いが多い

短期バイトとして短い期間でがっつり稼ぐ人が多いです。

一日からオッケーのところもあるので、今月お金が足りないと感じた時に働くことができます。

日雇いができるので、この仕事自分にはあっていないなと感じたらすぐに辞めることができます。

少ない日数から始められるのはお試し期間を設けられるということなので、自分にあった仕事だけを選ぶことができます。

日雇いができるので様々な肉体労働の仕事を体感して、その中から自分にあった仕事で週5日と力を入れることも可能です。

副業としても本業としても働きやすいのが特徴です。

働き方が自由

日雇いバイトなど1日から始められるところや、週1日以上で大丈夫なところが多いです。

そのためシフトの融通が利きやすく、働きたい時に働くことができ、休みたい時に休み希望を出すことができます。

シフトの急な変更にも対応してくれるところが多いので、プライベートを優先させたり副業として仕事をする場合は嬉しいですね。

自由に自分で仕事を組めるので、縛られることがないのでストレスなく働くことができます。

倍率が低い

肉体労働はしんどいイメージがあることから、働く人が少ない傾向にあります。

女性であればデスクワークで動きたくない仕事をしたい人が多かったり、男性であれば営業職に進む人が多いです。

そのため肉体労働はデスクワークに比べると倍率が低いので、採用される確率が高いです。

また肉体労働の仕事は日雇いがあるように短い期間で働く人が多いため、人数が飽和することがありません。

そのため自分が働きたい時に仕事をもらいやすいです。

また肉体労働は人が常に欲しい状態なので、採用人数が最初から多いのが特徴です。

残業が少ない

残業が少ないところが多いのも利点です。

残業が起きても時給の場合は残業代がしっかりと出ます。

肉体労働がハードである職場であればあるほど、通常業務時間に体力を使い切ってしまっているため、残業を行うと危険が伴います。

そのため残業をしてはいけないところもあります。

職場によって異なるため残業があるところももちろんありますが、残業は比較的少ないです。

人間関係のトラブルが少ない

肉体労働が基本の職場では営業職やサービス職のように人と仕事をすることが少ないです。

言われた作業を言われた通りにこなしていくことが多いので、人と関わる時間が少ないです。

そのためお客さんとのトラブルであったり、職場内でのトラブルが少ないです。

コミュニケーションを取らなくても仕事ができるので、人間関係を築くのが苦手な人でも苦に感じることがありません。

自分の仕事をコツコツとこなしていれば、人から何かを言われることもないのでストレスを感じにくいです。

作業をコツコツと行うのが得意な人にはもってこいの仕事です。

覚えることが少ない

工場や現場での仕事、引っ越し業者の仕事などでは基本的な流れを覚えると仕事ができるようになります。

後から覚えることがどんどん増えていったり、内容が更新されていくことが比較的少ないです。

肉体労働は仕事の中身自体はルーティンで行われているため、内容を覚えれば後は簡単に行うことができます。

勿論レベルによって注意をしなければならないことや、覚えるまでが難しいこともあります。

しかし覚える内容の数自体は少ないです。

いい運動になる

デスクワークで仕事をしていると運動不足になったり、反対に体がしんどくなることがたくさんあります。

肩こりや腰痛など様々です。

肉体労働では体を動かすことが仕事なので、仕事をしながら良い運動をすることができます。

体を動かすのが得意な人や、運動不足に解消にもおすすめです。

レベル別の肉体労働16選

肉体労働と一言で言っても、レベルは様々です。

危険と隣合わせのようなものもあれば、一日働いただけでくたくたになるもの、少し体に負担がかかるものまであります。

レベル別に分けたお仕事をご紹介していきます。

レベル高な肉体労働

体力に自信がある人や、一般の人はなることが難しい仕事です。

一番レベルの高いものができれば、これは一つの自分の中でのスキルとして自慢できるほどのレベルです。

工事現場

工事現場の仕事は体を張り、いつ事故が起きてもおかしくないように安全確認が必須です。

工事現場と一言で言っても作業内容は様々です。

道路工事であったり河川の整備や電線の工事など様々あります。

危険がないように注意を払いながら仕事をしていますが、機械を使っての仕事のため誤って操作をして怪我をすることもあります。

電線の工事は特に少しでも間違えると感電してしまうので、集中力も必要になります。

工事現場の仕事は朝から昼にかけて行う場合と、深夜の時間帯に行う場合と様々です。

建設の工事の場合であれば、足場を確保しながら重い荷物を運ぶため、気を抜けません。

完成予定日までに完成させる目標を掲げながらも、焦ると大変なことになります。

注意力が必要な仕事です。

現場仕事は資格をとったり経験を積むことで昇進しやすい業界なので、結果が反映されやすいです。

スタントマン

スタントマンとはアクション映画などで自動車から飛び降りたり、階段から転げ落ちたり、体を張ってアクションシーンを演じる人です。

俳優さんに成り代わって仕事をする人で、リアリティーが追求されます。

スタントマンは事務所に所属し、一つの仕事に対して報酬が払われる制度です。

危険なシーンであればあるほどに報酬が高くなります。

スタントマンになるための資格は特にいりません。

誰でも事務所に入り、仕事をもらうことができれば行えます。

ただオーディションに受からなければ仕事をすることはできないので、高度な技術が求められます。

一般的には養成所やスクールで技術を磨いた後に事務所に入ります。

レベル中な肉体労働

一般的に肉体労働として知られるのがレベル中の職業です。

配送ドライバー

配送ドライバーの男性

配送ドライバーとは個人の家や会社へトラックを使い荷物を運ぶ人です。

運ぶものは様々です。

その会社が扱っている荷物になります。

日用品であったり、食品であったり、個人への宅配物と様々です。

配送ドライバーは運転をしている間は一人で仕事を行うことができますが、到着してから荷降ろしし、取引相手に品物を渡すところまで行います。

その際の顧客に対してのコミュニケーションが必要なので、肉体仕事だけではなくコミュニケーションは必要です。

ただ言葉自体はそれほど交わさないので、必要事項を伝えたり感じよく対応することが求められます。

それをすることによって今後も利用してもらえるかが決まります。

配送ドライバーは時間との勝負でもあるので、慣れるまでは少し大変です。

しかし会社によっては配送先ルートがある程度固定されているところも多いので、慣れればさくさくと行くことができます。

今日はスムーズにできたな、今日は感じよく話せたな、などと自分の中で成長を感じやすい仕事でもあります。

介護系

介護と一言で言っても様々あります。

大きく分けると施設の中での介護と訪問介護です。

お年寄りの方をベッドまで一緒に歩いて連れていったり、お風呂に入れたりと力を使う仕事がたくさんあります。

また施設の場合は介護スタッフが車で送迎を行うこともあります。

送迎を行う際には寝たきりの方から、車椅子の方、歩けるけれど足の不自由な方など様々な方がおられます。

事故が起きないように安全に配慮しながら行うため、神経を使います。

ただ介護はそうした大変なこともありますが、チームワークで助け合いながら仕事ができるのが利点です。

また肉体労働の中でも感謝が直接感じられる仕事でもあります。

大変だからこそ利用者に感謝された時の喜びは大きなやりがいに繋がります。

イベントの設営

イベントの仕事は一日から始められ、時給もよく人気の仕事です。

特に設営の仕事は時給がいいです。

イベント設営はイベントステージを作り上げていく仕事をします。

そのため音楽関係のイベントであればスピーカーなどの大きな機材を運んでいきます。

照明も位置を確認しながら並べたり、イベントによっては大量の椅子を設置することから始めます。

イメージでいうと卒業式の準備をしているような形です。

それの機材なども運ぶため更に体力が必要になる仕事です。

イベント終了後は撤収作業を行います。

イベントが終わるのを待ちながら撤収時間になると短時間で一気に運び出します。

設営は場所を確認しながらでしたが、片付けは車に積み込んだりと決められた場所まで運ぶだけなので、時間が短く済みます。

その代り重い荷物を何度も往復して運ばなければならないので、体力的にはとてもきつい仕事です。

どちらか片方だけを行う場合もあれば、設営と撤収がセットになっていることもあります。

イベント設営は大変ですが、短時間で収入が高いのでおすすめです。

体力に自信がある人がやらない手はありません。

看護

看護師は患者のケアを行う仕事です。

重い物を直接運ぶことはありませんが、ストレッチャーに乗せて運んだり、大量の食事を運んだりと力仕事ではあります。

また看護師は病院内を駆けずり回らなければなりません。

時間までに間に合わせないと、次の患者さんの対応をしないとと一日中走り回っています。

そのため足腰への負担が大きくなります。

また患者さんの中には移動するために患者さんの手を借りなければならない人もいらっしゃいます。

そういった方の手助けをすることもあり、肉体労働の点もあります。

看護師はその大変さから給料は高く、また資格を持っているといつでも仕事ができます。

よく結婚するまで働いてから、一度仕事を辞めて子供が大きくなってからまた戻る人がいます。

そのように資格を持っていると自分のタイミングで働くことができる仕事です。

警備員

警備員の男性

警備員の仕事には工事現場やショッピングモールの駐車場前での交通誘導や、ショッピングモールで不審者がいないかの見回りと仕事内容は様々です。

アルバイトではなく正社員として働く場合では宝石を扱っているお店での警備など、責任の重い仕事もあります。

警備員は長時間立ちっぱなしのことが多く、常に注意して周りを見ていなければなりません。

特に工事現場での交通誘導の場合は、場所によっては警備員の誘導次第で通行が乱れてしまうこともあります。

気を張って意識を向けていなければなりません。

警備員の仕事はショッピングモールでは営業時間中に行う人と、営業が終わってから行う人とがいます。

交通誘導も工事現場の時間に合わせて日中行う仕事と、夜間の仕事とがあります。

様々時間帯で8時間とフルタイムで働くことができたり、数時間から始められるところもあります。

そのため自分の時間に合わせて働くことができます。

警備員は仕事内容自体難しいことがないので、挑戦しやすい仕事です。

実際に若い人もいれば、年配の方もいたりと様々な年代の人が働いています。

ビル管理

ビル管理はビル全体を管理し、不具合があれば自分でメンテナンスをしたり依頼をする仕事です。

ビル管理は裏方の仕事であるため、普段仕事をしているところを目にする機械は少ないですね。

基本的には空調、電気設備やボイラーなどビルを動かすために欠かせないものがしっかり動いているのかを確認します。

定期的な点検を行い、その際に正常に動いていなければ修理を依頼したり、直せるものであればそのまま修繕に入ります。

修繕が必要であり、他社に依頼する場合はビルの管理者に確認を取り依頼します。

そして見積もりなどを出してもらった際にお願いするかどうか再度聞き、依頼するという橋渡しの役割も担います。

オフィスがたくさん入っているところや、お店がたくさん入ったショッピングモールではテナントからビルに対しての要望がある場合もあります。

これをなんとかしてほしい、ここがおかしいという風にテナントからの要望を確認するのもビル管理の仕事です。

その際テナントの要望をまとめてビル管理者に伝え、可能であるかの確認を取ります。

問題にならないようにテナントと管理者が気持ち良い関係を作れるようにするために、ビル管理はとても大切な役割になります。

製造スタッフ

大きい物では自動車の製造を行います。

自動車製造の仕事は部品を役割分担して作っていきます。

一つ一つの部品はそこまで大きいものではありませんが、ライン作業でできるものと手作業で行うものとがあります。

手作業で行うものは技術がいります。

自動車製造をするためには専門学校や大学で学ぶ必要があります。

技術的なものになるため、無知の素人から始めることは難しい仕事です。

ただ自動車好きにとっては自分で好きな自動車作りに携われるとことが大きなやりがいに繋がります。

製造の仕事は他にもパンなどの食品製造から、日用品というように様々あります。

ライン作業としてベルトコンベアーで流れてくるものを担当するものもあれば、機械一台を一人で扱う仕事もあります。

機械一台を一人で扱うところは自分のペースで働ける利点もあり、時間内に仕事を終えられればマイペースに行うことができます。

製造スタッフは黙々と作業ができるので、あまり話しながら仕事をするのが得意でない人、自分のペースで仕事を行いたい人におすすめですよ。

内装工

内装工とは建物の最終工程を担当するお仕事です。

建築士がまず建物の中身を決め、それに合わせて大工が組み立てていきます。

組み立てられた建物に最後床や天井、塗装などを行っていくのが仕事です。

大工は建物の骨組みを作る人であるため、その段階では家であれば床は全てただの板の状態です。

そこに内装工がフローリングであればフローリングを貼り付ける。

お風呂であればタイルを敷き詰めるのも内装工の仕事です。

お客さんが求めている形へと仕上げていくのが内装工の仕事です。

塗装を行ったり、壁紙を張ったりと最後の仕上げをしていきます。

内装工は出来上がった建物に対して、最終の仕上げをするのが仕事です。

できているものにお客様が望んでいる姿へとどんどん変身させていくのが、内装工の何よりのやりがいです。

大工が建物を作る人であれば、内装工はそこに人を運ぶための空間を作る人です。

内装工になるためには決まった資格は必要ありません。

未経験でも見習いから入ることができます。

学べる学校に入って学ぶのも一つですが、現場で一から覚えていくのもいいですね。

現場仕事は体で覚えていくのがポイントなので、現場を重ねていくごとにどんどん仕上げるまでの時間が早くなったり、クオリティーも上がっていきます。

自分の成長姿がわかりやすいのが内装工のいいところです。

レベル小な肉体労働

レベル小な肉体労働の仕事は、主に立ち仕事です。

体を張って仕事をするわけではありませんが、仕事中常に立ちっぱなしの仕事は肉体労働です。

ブライダル系

ブライダルの仕事は結婚式を最高の思い出に残すために補佐をする仕事です。

ホテルでのブライダルの仕事では基本的に食事を運んだり、空いた食器を下げたり準備に専念します。

食事を運ぶ際はゆっくりと落ち着いて、空いた食器を下げる際はすばやく動くことが大切です。

ブライダルの仕事はお客さんが気持ちよく結婚式を過ごすために機敏に動く必要があります。

そのため食器などの重いものを運びながら、常に時間との勝負で構えています。

式中は会場の片隅で立って待機しながら、何か困り事がないかを常に観察する必要があります。

終わった後の片付けの時間が一番大変です。

次の予定までに使える状態にするために片付けから準備を行います。

ブライダルをすることで時間への意識と考えて行動をする技術が身につきます。

またマナーも身につくので、自分の振る舞い方が変わります。

ブライダルは時給も良く人気の仕事です。

ショップ店員

ショップ店員は立ち仕事という面でとても大変です。

特にアパレル関係のショップ店員の場合は待機している時間が長いのも大変なところです。

バックヤードから重い商品を運ぶことがあったり、バックヤードの整理などをする際は体力を要します。

長い時間立ち続けているのも大変ですね。

ショップ店員は様々なお店の広さがあり、お店によって仕事内容も異なります。

自分の好きなお店で働くとやりがいがありいいですよ。

工場

工場は検品の仕事などでは、検品をしてそのまま荷物を車に運びこむところまでが仕事のところがあります。

重い荷物を運ばないといけないので体力を要します。

勿論工場の中ではライン作業で力を使わないところもあります。

しかしライン作業も立ちっぱなしで集中をしていなければなりません。

しかし工場の仕事は一度仕事内容を覚えるとその後がとても楽です。

覚えることが少ないので、頭が混乱することがありません。

単純作業が好きな人にはおすすめの仕事です。

工場の仕事は昼間の仕事だけではなく、夜勤の仕事もあるので自分の好きな時間に働きやすい仕事です。

書店員

書店員はゆったりと働いている印象がありますが、実は体力仕事です。

本は一冊一冊は軽いですが、何冊もの本を運んで搬入したり、棚に入れたりする作業があります。

また返品する本を今度は回収したりと、体力を使う瞬間がたくさんあります。

古本屋さんの場合は特にお店中を駆けずり回ります。

本の入れ替えや、買い取った本をすぐに商品にする仕事などスピードが求められるからです。

買い取りで大量の本を運んだりするので、女性も気づけば体力がついています。

書店員は自分の好きな本に囲まれながら仕事をすることができます。

古本屋であれば買い取りから商品にして、それを販売するまでの一連の作業を自分で行うことができます。

物が売れる経路をお店の中で作り出せる経験は何よりも活かせるものになります。

清掃スタッフ

オフィスや大型チェーンの飲食店、パチンコ店、ビルやマンションというように様々な場所での仕事があります。

掃除の内容は場所によって多少の違いはありますが、基本的には短時間で綺麗に掃除する仕事です。

学校での掃除の時間が場所ごとに微妙にやることが違うのと同じ感覚です。

清掃バイトは大変そう、汚そうというネガティブなイメージがありますが、清掃バイトでのっスキルは日常生活にも活かすことができます。

オフィスやビルの清掃と、飲食店やパチンコ店では清掃する場所も清掃の仕方も違います。

フロアを水拭きするのか、それとも掃除機をかけるのかなど掃除方法は様々あります。

清掃場所でのやり方によったり、最適な掃除の仕方がわかります。

例えば窓の掃除の仕方と、フロアの掃除の仕方は違いますね。

そこで適切な洗剤や綺麗になる掃除の仕方を学べば、他の清掃場所で役立つことは勿論家での掃除にも役立ちます。

タクシー運転手

肉体労働なの?と思いがちかもしれませんが、一日中運転しているのも疲れるものです。

まして自分だけが乗っているわけではなく、お金を払って様々な知らない人を交代交代に乗せていきます。

場所も自分が知っている場所もあれば、初めていくような場所もあるでしょう。

お客様を目的地まで届ける、それだけで大変な仕事です。

タクシー運転手は一般の仕事のように8時間労働で、休憩は何時から何時という風には決まっていません。

15時間ほど労働するのが基本になります。

ただタクシーは当たり前ですがお客様がいなければ仕事にはならないので、常に働いているわけではありません。

駅前やホテルの前に常駐して、お客様が来るのを待つタクシーもたくさんあります。

ホテル前でのタクシーの仕事は荷物を積み込む作業もあるので、重い荷物を運ぶ作業もあります。

ホテルと駅間では道がほとんど決まっているのは楽なところです。

町中を走るタクシーでは色んなところに行くため、地理に詳しくなるのが大事です。

タクシーは深夜から早朝が一番稼ぎ時でもあり、大変な時でもあります。

酔ったお客様を乗せることもあるので、対応の仕方には注意が必要です。

車の運転が苦にならない、お客様と話すのが好きという方には最適なお仕事ですよ。

実際に、タクシー運転手求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった肉体労働の求人の選び方や注意点

様々な肉体労働の職種を見ていきましたが、実際に働こうと求人を探す時の選び方について説明します。

面白そうと感じてすぐに飛び込んでしまう前に、最低限見るべきポイントは確認するようにしましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

まずは自分が肉体労働をどのような形で働きたいのかから決めましょう。

今の仕事をしながらWワークでバイトとして働きたいのか、それとも正社員として働きたいのか、または派遣として登録して働きたいのか、雇用形態によって働き方は大きく変わっていきます。

肉体労働は体力的にはとても大変な仕事です。

そこを考慮しながら自分だったらどの雇用形態で働くのがいいのか、自分はどの雇用形態で働きたいのかをまず選びましょう。

【選び方②】職種から探す

雇用形態が決まったら次は職種から見てみましょう。

肉体労働と一言で言っても前述であげたように様々な仕事があります。

自分はどんな仕事がしたいのか、興味ある仕事を考えて職種で絞り込んでいきましょう。

興味ある仕事がありすぎて悩んでしまう場合は、やりたくない仕事を削除していく方向で絞り込むといいですよ。

職種が多すぎると悩みすぎて選べなくなってしまうので、最小限に絞り込んでいきましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

職種で絞り込めたら次は業態で考えてみましょう。

例えばショップ店員の仕事をしたいと考えた場合、何のショップで働くのかということです。

ショップにも大きさは様々あります。

個人で経営しているお店なのか、それとも百貨店に入っているショップなのか、それとも独立しているショップなのかを考えていきましょう。

業態で考えることでより自分のやりたいことが明確になっていきます。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

自分が働いてみたい仕事の方向性が決まったら、条件面も考えていきましょう。

特に雇用条件は自分の中での許容範囲で設定するのが大切です。

働けるところだったら、好きなところで働けるなら、給料がいいならと妥協してしまうと働いてからが大変です。

休みたい曜日があったり、休みの日数など希望がある場合はそれにそぐうところを選ぶようにしましょう。

残業のありなしや勤務時間なども決めておきましょう。

夜働きたくないのに夜勤勤務があるところに入ってしまうと大変です。

その上で給与面も決めておきましょう。

給与を決める時は最低額と最高額を決めるといいですよ。

特に最低額は必ず決めましょう。

これ以上はほしい、これ以上だったら良いというものを決めておかなければ苦労します。

反対に最高額を決めておくことで、給与が良すぎるところに引かれることがなくなります。

給与が高いところは必ず仕事面が大変だったり、自分が望んでいる仕事とは違うこともあります。

【選び方⑤】エリアから考える

自分の通いやすい距離も考えましょう。

電車で何分以内だったらいいか、または通勤を車でできるところがいいのかなど、希望に合わせてエリアで考えてみましょう。

人が多いから繁華街に近いところは嫌などと決めることで、自分が通いやすい職場にある仕事を探すことができます。

エリアはどこでもいいと思いがちですが、通勤はこれから何年も仕事をし続ける上で大切な要素です。

通勤が遠い、または電車を乗り継ぎして大変だとそれだけで仕事に行くのが嫌になってしまいます。

できるだけ通勤はストレスが少なくいけるような場所を選びましょう。

まとめ

肉体労働にはおすすめできるたくさんの理由と、職種がありましたね。

肉体労働は大変そうと思い懸念しがちですが、大変だからこそのメリットもたくさんあります。

体力に自信がある人や、デスクワークに疲れてしまった人はリフレッシュとして肉体労働を始めてみてはいかがでしょうか?

体を動かす仕事をすることで自分の健康のためにもなり、今まで経験できなかったものが経験できるようになりますよ。

まずは求人を調べるところから始めてみませんか?