人と関わらない仕事にはどんなものがあるかについての写真

仕事をしている中で色々と悩みが少なくありません。

「もう少し自分のペースで仕事をできたら」とか「この上司との人間関係をなんとかしたい」とか「家で仕事をしたい」など色々あるかと思います。

テクノロジーが発達している今なら在宅勤務も難しくはなくなってきました。

今、現在、人とあまり関わらずにできる仕事がどんなものがあるのか興味を持つところです。

今回は、人と関わらずにできる仕事、一人で仕事するメリットやデメリット、どんなタイプの人が人とあまり関わらない仕事に向いているかなどについて紹介していきます。

人と関わらない仕事にはどんなものがある?

人と関わらない仕事には、在宅系、職人系、専門職系があります。

完全に人と関わらずに仕事をすることは不可能ではありますが、人となるべく関わることなく仕事をすることはできます。

人と関わらない仕事、特に在宅系の仕事やフリーランスの仕事は増えてきました。

例えば、今までプログラミングというと会社でパソコンとにらめっこしてC言語などを打ち込んでというイメージでしたが、今ではアウトソーシングして在宅勤務しているフリーランスの人へ依頼することも増えてきています。

「人と関わらない仕事」のほうが自分に向いているか診断するにはこちら →

工場のラインの仕事

工場のラインの仕事は、機械の組立作業やダンボールの組立、商品を詰め込む作業など生産ライン上で決められた役割があり、シフトなどで決められた作業を行います。

作業は、私語厳禁で集中してしないといけないものが多く、話しかけたり、話しかけられたりすることが苦手、苦になる人には、コミュニケーションの苦労をあまり感じず仕事ができます。

勤務時間はシフト制のため、夜勤であったり、早朝勤務であったり、通勤ラッシュを避けて通勤することができます。

生産ラインでの仕事は1日中ずっと同じ作業をすることが多いため、単調で退屈になってしまうこともありますが、それでも一人で黙々とこなせるため、人と関わりたくない人には重宝できる仕事です。

また、プレス機などを取り扱った危険な作業や、重い物を運ぶ作業や重い物を持つ作業があるため、作業は慎重を極めないといけないです。

ただ、作業中は誰とも喋らなくていいのですが、休憩中などで人とか関わらないといけないかもしれないため完全に人と関わらない仕事というわけではないです。

「工場のライン仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力

データ入力の仕事は、会社だけでなく自宅勤務での仕事としても求人が増えてきていますし、子育て中の人に人気の仕事です。

パソコンを使ってエクセルなどに色々なデータを入力することが仕事です。

基本的にはパソコンに向かっての仕事のため、会社勤務であっても人と関わることが少なく、在宅の場合は、クライエントとの打ち合わせをメールやラインなどのSNSにしてしまえば、一人で行う仕事なので人と関わることはありません。

黙々とデータだけをずっと打ち込んでいく仕事のため、会話をしないことに抵抗ない人や几帳面で丁寧な人が向いている仕事です。

「データ入力」が自分に向いているか診断するにはこちら →

プログラマー

プログラミングの仕事は、ITやコンピュータープログラムを使う企業や個人向けのスマートフォンやコンピューターのシステムサービス、商品などをプログラムすることです。

会社勤めの場合は、社内の人と打ち合わせすることがたまにあるかもしれませんが、データ入力の仕事と同様、一度作業に入るとあとはパソコンの画面とにらめっこなので人と接する機会はありません。

根気強い人やパソコンが大好きな人、C言語やパイソンなどのプログラミング言語の知識がある人はプログラミンの仕事は向いています。

もともとフリーランスになる人のメジャーな流れの一つで、プログラマーとして会社に就職し、知識や経験を得て独立し、フリーランスのプログラマーとして活動していくことが多く、在宅勤務として仕事ができる、将来的には独り立ちして仕事ができることもメリットです。

トラック運転手

トラックの運転手は、荷揚げ場と呼ばれる荷物を積み込む場所から荷下ろし場と呼ばれる荷物を運ぶ目的地までトラックを運転していくことが仕事です。

トラックには小型、中型、大型と種類があり、小型トラックの場合は、普通免許でも運転できるのですが、中型や大型トラックの場合は、それぞれの免許が必要になります。

加えて、トラックの大きさによって役割が変わってきます。

小型トラックは街中でもよく見かける配達トラックのケースが多く、中型や大型は比較的距離を走るケースが多いです。

特に大型トラックの運転手は、長距離がほとんどなので荷物を積み込む際と荷物を配達する際以外は基本的に人と関わることがなく、一人で目的地まで黙々と運転していくだけになります。

もちろんですが、長距離になると日中だけの仕事ではなく、夜間に高速を走って九州から大阪や東京へ行ったり、鹿児島から京都へ行ったりなど本当に長い距離を黙々と走らないといけないため、昼夜は逆転しますし、勤務形態は不規則になってしまいます。

あと、荷物の取り扱いに対して責任があるため、配達完了まで破損や荷崩れを起こさないように運んで渡すことが大切ですし、他にも気をつけないといけないのは事故を起こさないようにすることです。

ちなみに長距離トラックの運転手として活躍したい場合は、フォークリフト免許も持っておくと何かと有利です。

「トラック運転手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

翻訳

翻訳家の仕事は、小説や雑誌だけでなく企業のホームページや製品の説明書など外国語から日本語へ、日本語から外国語へ訳し変える仕事です。

基本的には人と接するのではなく、文章などをパソコンに向かって翻訳作業を行います。

通訳の場合は、実際に人が話しているのを訳すのでクライエントと一緒に行動したり、話していることを訳していきます。

翻訳も言語を訳すということ以外は、データ入力やプログラミング同様、パソコンに向かって黙々と作業をこなすだけなので一人で集中してできる仕事と言えます。

ただし、外国語特有の表現や言い回し、ことわざなどを日本語にしたり、日本語独特の言い回しにしたりしないといけないため、作業中に喋る必要はないのですが、最低でも二か国語の言語を操れる能力は必要となります。

また、翻訳には映画だけでなく、医療関係や経済関係、IT、ファッション、食品、電化製品など様々な分野が翻訳家を必要としており、色々な翻訳経験があると仕事の幅が広がりますし、フリーランスとして仕事をするなら色々な経験や知識があることでクライエントからの仕事を増やすことができます。

清掃員

ビルで働く清掃員

掃除の仕事は、ビル、商業施設、マンションやアパート、学校などの大きな建物の清掃をする仕事です。

ショッピングモールや空港などでよく清掃作業している作業員を見かけますがあれが清掃員の仕事です。

ただ、清掃員といってもトイレの掃除が仕事ばかりではなく、例えば会社のビルをみんなが退社した夜間に床掃除や窓を拭いたり、床にワックスをかけたり、掃除機をかけたりすることが主な仕事になります。

高層ビルなんかの清掃の場合、ゴンドラに乗って窓拭きをしたり、屋上に命綱をつけて清掃したりもします。

清掃員の仕事はチームで仕事することもあれば、ショッピングモールのトイレ掃除だとひたすら一人で黙々と仕事をしたりします。

そのため、ちょっとしたコミュニケーションは発生しますがそれ以外は一人での作業を集中してしないといけません。

また、ビルの清掃や商業施設の清掃の中には夜間を通してする仕事も多いため、静かな環境で仕事をすることができます。

実際に清掃員求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

ビルの警備員

ビルの警備員は、清掃員と同じように商業施設やビル、ショッピングモール、最近はマンションなどの警備を行います。

事件や事故がないか確認、警戒する仕事でALSOKなどが代表的な会社になります。

警備の主な仕事内容としてはビルや建物の巡回、監視カメラのモニターチェック、建物の鍵の施錠と解錠などに加えて緊急時の対応になります。

例えば、火災発生や急病人、不審者を発見した場合などです。

ビルの警備員は意外かもしれませんが何か問題が発生しない限りは、人と関わることがなく、待機時間を長く持て余す仕事ですのでトラブルがなければ精神的には楽な仕事と言えるかもしれません。

ただビルや商業施設などの警備は拘束時間が長く、24時間警備のケースが多いため、シフトとして例えば午前8時から翌日朝9時までであったり、1勤2休という1日勤務したら2日休みのようなシフトのため、勤務体系が少し特殊であることから平日の昼間を他の時間にあてることもできます。

伝統工芸家

芸術家のような仕事ですが、木工、ガラス細工、陶器、染色、彫刻や陶芸などの伝統工芸品を作る仕事です。

アトリエや工房でひたすら作品に向かって仕事をするため、人との関わり合いはほとんどありません。

もちろん、いきなり独立して仕事に取り組むことはないので専門学校や誰かのアトリエか工房に弟子入りして修行しないといけませんし、修行期間中は、職人の世界なので気難しい親方に色々と仕事を教わらないといけません。

また、独立まで時間を要することと弟子入りしたから=正社員というわけではないため、独立までのプロセスに耐えれるかどうかも重要にはなってきます。

また、ずっと作業をしているので体力的にはきついですし、腰や膝、腕などの体の一部を酷使して作業をすることが多いので強い興味や憧れがないとできない仕事でもあります。

その反面、中途半端には弟子入りしてこないですし、独立してしまえば自分のアトリエや工房で仕事をするため、人と接したくない人にはハードルがそこまで高い仕事ではありません。

動物飼育員

動物飼育員の女性

動物の飼育員は、動物園や水族館などで主に動物のお世話をする仕事ですが、それ以外にも養鶏場や製薬会社などでも募集されていることがあります。

動物の小屋を掃除したり、餌を与えたり、動物の健康管理をチェックしたりすることが主な仕事です。

基本的には動物と関わることがメインのため、人と関わることはあまりありません。

ただ、飼育計画の打ち合わせや場合によっては来場者に動物の生態などを紹介したりするため、全く人と関わらない仕事というわけでもありません。

校正・校閲

校正・校閲の仕事はごっちゃにされることがありますが、校閲は、原稿や文章の内容を確認して正確な文章であるかどうかを判断し、校正は、本や雑誌などの原稿の誤字脱字を見つけて正す仕事です。

この仕事は、出版社での仕事になりますが、文字のチェックや誤字脱字、表現があってるかどうかを判断するため、基本的には机に向かって文章とにらめっこしていて人と関わることがありません。

静かな環境での仕事が必要であるため、会社によってはパーテーションで区切られて半個室のようになっています。

会社に勤めていても、フリーランスであっても、文章とにらめっこしている際は言葉もあまり発しませんし、人と喋ることはないので孤独と無音状態に耐えれるのであれば、人と接することが苦手な人にもってこいの仕事です。

出版社の場合は、誤字脱字や言い回しが間違っているのを発見したら作家や編集者に連絡して間違っている箇所を伝えたり、言い回しの変更を依頼するのですが、フリーランスの場合は、メールやSNSでクライエントに伝えることが多いため、コミュニケーションはあまりありません。

自動販売機の補充

自動販売機の補充を行う仕事は、トラックに詰め替えや補充用のドリンクを積み込み、指定されたルート上の自動販売機に向かい、売上金の回収と缶ジュースやペットボトルなどの補充や入れ替えを行います。

そのため、営業所を車やトラックで出かけると基本的には誰かと喋ることもなく、時間内に終わらせればいいため、ある程度は自分のペースで仕事をすることができます。

ただし、ドリンク詰め替えや補充の作業は、意外と体力を必要とする作業ですし、腰痛や膝痛、腱鞘炎などにも注意しないといけない仕事です。

農業

農業の仕事も基本的に外部とのコミュニケーションはあまりなく仕事をすることができます。

果物や野菜といった農作物、酪農、畜産、養鶏といった食料を生産する仕事ですが、イメージとしては種付けや収穫時期は夫婦で一緒にとか家族や親戚みんなでやるイメージがあるかもしれませんが、実際はほとんど一人で取り組んだり、家族や親戚に手伝ってもらって運営していくことが多いです。

ただ、農業は一人一人が独立しているため、外部と密にコミュニケーションをとることはあまりありませんし、独立している仕事のため、基本的には自分のペースで仕事をすることができます。

時間に追われず、のんびりと自分のペースで仕事がしたい場合には農業は最適です。

植木職人

植木職人は、植物を相手に仕事をするため、こちらも人との関わりが多い仕事ではありません。

基本的には庭園にある樹木、草花、芝生などのメンテナンスが仕事です。

伝統工芸家同様、専門的な知識と経験が必要なためいきなり独立して仕事をすることができず、知識やスキルを十分に習得するまで庭師の元へ弟子入りして修行をするか、造園会社で働くことになります。

また、植木職人は、基本的に仕事を黙々と自らのペースでこなし、人との関わり合いが少ない仕事ですが、高い所での作業や春もしくは夏だと暑さ、毛虫などの害虫、蜂などに気をつけながら仕事をしないといけないため、体力的にはかなりきつい仕事であると言えます。

そのため、興味本位でできる仕事ではなく、それなりの覚悟が必要になります。

ただ、繁忙期になるとアルバイト募集でアシスタントを必要としているので興味がある程度の場合は、いきなり弟子入りや就職してしまうより体験でアルバイトをしてみてから本格的にやるかどうか決めてもいいかもしれません。

漫画家・イラストレーター

漫画家やイラストレーターは、クライエントや出版社などから依頼を受けて漫画やイラストを書く仕事になります。

基本的には編集者とのやりとりが定期的にありますがそれを除くと一人で黙々とこなす作業が多く、自分のペースで仕事をすることができます。

締め切りに間に合えばいいので自由度も高い仕事とも言えます。

ただし、人気イラストレーターや人気漫画家になるまでの道のりは簡単ではありません。

最近はWeb媒体の雑誌や漫画などのサイトが増えてきたため、作品をWeb常に公開して人気が出れば作品化されるケースもあるため、チャンスは広がってきています。

漫画家とイラストレーターの違いとして漫画家はオリジナリティのあるものをクリエイトしないといけないのに対してイラストレーターはクライエントの依頼に沿ったイメージの作品を制作しないといけないことです。

転売屋

ここ数年で増えてきましたが転売やネットオークションの仕事です。

価値のあるものを見出して安く仕入れ、ヤフオクやメルカリなどのサイトで高く売ることで差額に利益が出れば収入となって生計を立てることができる仕事です。

出店サイトが増えたことと誰でも始めることができるため、ここ最近はネットオークションへの転売だけで生計を立てる人も増えてきています。

基本的に一人で仕入れから販売、発送までこなすと人と関わることがないため、自分のペースで仕事ができますし、自由度もかなり高い仕事になります。

ファッションや本などの得意ジャンルがあれば知識を生かして仕事をすることができます。

「人と関わらない仕事」のほうが自分に向いているか診断するにはこちら →

一人でやれる仕事のメリットとは?

孤独が苦手だったり、人と話せないのは嫌な人にはあまり向いてないかもしれませんが、一人でやれる仕事はどんなものがあるか興味もありますし、実際に一人でやれる仕事を探している人も少なくありません。

一人でできる仕事のメリットとしては、「自分のペースでできる」「黙々と作業できる」「好きなことを仕事にできる」「在宅で仕事ができる」や「人間関係の悩みが減る」ということころです。

自分のペースで働けて気軽

周りの状況に左右されずに自分のペースで仕事をすることができます。

クライエントからの依頼された仕事は、納期があるため、納期に間に合わせることが大前提ですが、納期に間に合うための時間を逆算して自分で休憩や休みを捻出したり、自由に時間を使うことができるところは、一人で仕事をする魅力です。

集中して黙々と作業できる

自分のペースで周りに左右されず仕事ができるということは黙々と集中して作業ができるということでもあります。

人とのやりとりが苦手だったり、職人肌な人の場合、一人で仕事することに抵抗はないため、静かに集中してできる仕事は魅力があります。

好きなことや特技を仕事にできる

ネットオークションやプログラマー、イラストレーターや漫画家、翻訳家など特技や好きなことを仕事にでき、一人で仕事をすることができる職種があります。

仕事の種類も最近は豊富になっていますし、特技と長所を生かして仕事内容を選ぶこともできるようになりました。

好きなことや特技を自分のペース、集中して黙々と作業でき流のは一人でできる仕事のメリットであり、魅力です。

家でも仕事ができる

満員電車に揺られて職場に行ったり、満員のバスに揺られて都心部へ向かうのが苦手だったり、時間の無駄に感じている人には在宅での仕事が可能で一人でできる仕事はメリットがあります。

業務内容によっては、全てが全てあてはまるわけではありませんが、例えば、プログラマーや漫画家、翻訳家、イラストレーターなどは通勤時間を省いて自宅で仕事をすることができます。

そのためストレスを抑えて仕事ができることも家で仕事ができるメリットと言えます。

人間関係での悩みが減る

会社員として働く場合には、上司・同僚・取引先など様々な方々と関わる必要があります。

しかし、一人で仕事をする場合にはそのような人間関係を減らすことが可能です。

人との関わりが嫌いなわけではなく、対人関係における気配りに疲れてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは仕事の効率も下がってしまい、自分の能力を最大限に発揮できないでしょう。

人に流されたり、顔色をうかがったりせずに働けることは一人で仕事をするメリットといえます。

一人でもやれるけど…、一人でやれる仕事のデメリットとは?

一人で仕事をするにあたり、デメリットは何があるのかを考えてみました。

一人で仕事をすることでネックになるのは自分の替えがいないことやアドミンと仕事上の責任を全て担うこと、自ら動いて仕事を取っていかないといけないため、将来への不安を感じることがあります。

ここでは一人で仕事をしていく上で考えられるデメリットをあげてみます。

体調を崩したら自分の代わりがいない

一人で仕事をするなら体調管理に最新の注意を払わないといけません。

病気や怪我をして働けなくなってしまうと自分の代役は誰もいませんので仕事ができなくなります。

会社員なら仕事を休む旨を連絡さえすればあとは誰かが急ぎの仕事を補填してくれるのですが、一人で仕事をしている場合はそれができませんし、仕事ができなくなることはそれだけ収入も減ってしまいますし、休みが長期化してしまうとクライエントからの仕事依頼もなくなってしまう可能性もあります。

ブランクを空けてしまえばそれだけ仕事依頼もなくなりますし、焦って報酬を考えずに仕事を取りにいってしまうと仕事を時給換算したらアルバイトよりはるかに安かったなんて仕事もあります。

体調管理に最新の注意を払うことは会社員よりしっかりしないと今後の死活問題になるので安定した収入が欲しくて一人だけでなく誰か他の人と仕事をしていたい人にはデメリットになります。

仕事上の責任はすべて自分で負う

一人で仕事をするため、仕事の出来栄えや評価は全て自分が責任を負うことになります。

もちろん、一人で仕事をするということは、チームワークがないため、わからないことや知らないことは自分で全部調べなくてはなりません。

会社にいるみたいに誰かがサポートしてくれたり、教えてくれるわけではありません。

そのため、案件によっては調べ物に時間がかかったりもしますし、仕事上、正解のないことが多いのですが、不明確なことや不安なことに関しても決めるのは全て自分になります。

もちろんですが、ミスやクレームが発生した際も自分が全ての責任を負うので一人での仕事のデメリットになります。

将来の不安を感じることがある

会社員と違って一人で仕事するのはフリーランスや独立した人がほとんどのため、決まった給料をもらえるわけではありません。

生活を支える上での収入を得るのに仕事を獲得して気に入ってもらい、継続してもらわないといけません。

もし、一人で仕事をしていても仕事がうまく確保できてなかったら将来に対しての不安を感じてしまいます。

会社員なら決まった月額の収入がありますし、会社がある限りは仕事があり、収入も大きくブレることはありません。

それに対して、一人で仕事は全てが自分の責任で周りのサポートもないため、5年後10年後の先を生き抜くために仕事を獲得したり、考えていかないといけないため、将来への不安が拭えません。

それが一人で仕事することに対してのデメリットになります。

自分で仕事を獲得しなければならない

一人で仕事をするためには、当然ですが仕事を自分で獲得していかなければなりません。

フリーランスや独立した人は、仕事を依頼してくれるクライエントを探してトライアルをしたり、試作を出して気に入ってもらうだけでなくそこから定期的に仕事をもらえるようにしなければなりません。

フリーランスや独立した人は、正社員と異なり、業務委託という形になるので正社員のように決まった収入があるわけではなく、あくまでも契約ベースもしくはプロジェクトベースでの収入になるため、いつ打ち切られるかわかりません。

そのため一つ仕事があるからといって安心できないので次々と安定するように仕事を獲得していかなければならないところがデメリットになります。

確定申告をする手間が増える場合がある

めんどくさいデメリットの一つは、確定申告などのアドミンを全て自分がしないといけないということです。

資金に余裕があればフリーランスや独立した人であっても税理士に依頼して代行してもらう方法があります。

しかし、駆け出しのフリーランスや独立した人の場合は、資金に余裕がないため、自ら確定申告をするのですが、会社員の時は確定申告を会社が代行してくれるので自分でするのはちょっとした資料提出で終わりでしたが、自分で確定申告をすると申告漏れなどがあれば追加課税されるリスクもありますし、どれを申請していいのかもわからないため、結構な時間を要してしまいます。

一人で仕事をするのに向いている人

一人で仕事をすることに対してのメリットやデメリット、どういった仕事が人と関わらないのかフリーランスや独立して働くことができるのかについて紹介してきました。

実際にここまでで一人で仕事をしてみようと思ったり、興味を持ってくれる人も少なくないかもしれません。

そうすると気になるのは、一人で仕事することに向いている人はどんなタイプかどうかです。

ここでは一人で仕事することに向いている人の特徴を紹介します。

自分だけで物事の判断を下せる人

自己判断がしっかりとできる人は、一人での仕事が向いています。

自己判断がしっかりとできるということは仕事に対しての責任感や判断力・決断力が重要になりますが、これらを真摯に対応することができる人です。

一人でいることが平気な人

一人で過ごすことに抵抗がない人は、一人での仕事が向いています。

一人で仕事すると最初は集中できていいなとか黙々と自分のペースで仕事できることに充実しますが、何かミスをしたり、不安やストレスを感じてしまった時は誰とも共有できないのでモヤモヤしてしまいます。

そのため一人で過ごすことに抵抗がない人には一人で仕事をすることに向いています。

仕事のために勉強ができる人

仕事に関しての調べ物や勉強をすることに対して抵抗がない人、情報収集が好きな人は一人で仕事をすることに向いています。

知識を得ることや技術を高めることに前向きに取り組めるならぴったりと言えます。

自己管理のできる人

一人で仕事をするには、自己管理ができる人が向いていると言えます。

会社員やグループの一員として働く場合は、スケジュール管理を誰かがしてくれたり、会議の設定などを代役してくれることが多いですが、一人で仕事をすることになると納期や出張などのスケジュールから手配などを全て自分で行わなくてはなりません。

例えば、プログラマーであったり、ライターであったらクライエントから依頼された仕事の納期を目指して仕事をしますが、納期に間に合えば1日何時間働くとか1週間でこれくらい仕上げるなどは本人次第になります。

そのため、休日調整や請求書作成なども含めて自分で管理ができると一人で仕事することに向いていると言えます。

ストレスの発散方法を持っている人

ストレス発散が上手な人も一人で仕事することに向いていると言えます。

一人で仕事をすることは自分のペースで黙々と作業でき、煩わしい通勤時間などもないため自由度も高いですが、仕事の全ての責任は会社の社長と同じくらい重く、プレッシャーがすごい時があります。

そんな時にストレス発散を上手にできる人でないと精神的に参ってしまうため、一人で仕事をするのに向いているのはストレス発散が上手な人です。

「人と関わらない仕事」のほうが自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

人と関わらない仕事や一人でもできる仕事は色々とあります。

最近は一人でできる仕事も増えてきました。

専門知識やスキルがあれば独立して一人でできるものからいきなり独立してできるものまで色々とあります。

ただ、人と関わらない仕事や一人でできる仕事にはそれぞれリスクがあったり、デメリットがあったりします。

もし興味があってやってみようと思う方がいたらいいことばかりでなくデメリットもあることを理解した上でチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご