毎日忙しくて、プライベートな時間も取れず、休みは寝てばかり。

忙しいという字は「心を亡くす」と書くように、仕事が忙しすぎると心身共に疲れてしまいますよね。

転職を考えようにも、転職先がまた同じような状況では意味がない。

でも、どんな仕事が忙しくないのかもよく分からない。

そんな方に今回は、忙しくない仕事とはどういう物なのか、メリットやオススメを含めて紹介します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

忙しくない仕事とは?

一口に「忙しくない仕事」と言っても、何を基準とするかが不透明だと分かりづらいですよね。

転職する際にも漠然としていて、探しづらいと思います。

そもそも、人によっても「忙しくない」の基準は違ったりしますからね。

一般的に言われる事になりますが、まずは「忙しくない仕事」の基準を見ていきましょう。

ノルマが無い

会社でのノルマが決められていて、毎月達成しなければならないとなると、やはり忙しくなりますよね。

ノルマというのは、心身共に疲れてしまう要因かと思います。

ノルマ達成をしないと、上司に怒られるという会社も少なからず存在しますしね。

そのノルマがないだけで、かなり忙しさは軽減されると思います。

営業職でも、ノルマがない会社というのは実際にあったりしますからね。

比較的暇な時間が多い

1日の仕事の中でも半分以上暇な時間があるというように、暇な時間が多い仕事は「忙しくない仕事」ですよね。

現在、仕事をしている中で「暇な時間なんかほとんどない」という方には、夢のような話かもしれません。

しかし、実際にそういう会社も存在はしています。

私が現在勤めている企業も、年に数回忙しい日はありますが、ほとんどの場合、暇な時間が多いです。

暇が続くと逆に辛くなりますが、やはりある程度の「暇な時間」というのは必要ですよね。

残業がない

最近は「残業は少なめ」という企業も多くなってきています。

ただし、それでも根強く残業しなければならない空気が残っている会社が多いのも事実です。

また、残業をするなと上層部が言っても、結局仕事が終わらず家に持ち帰ってのサービス残業というのもよく聞く話ですね。

「忙しい仕事」というのは、やはり残業や仕事量が多い所に原因はあります。

転職先を選ぶならば、「残業が少ない」もしくは「残業なし」という所がベストですよね。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

忙しくない仕事をするメリット

では、忙しくない仕事をする事で、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ただ漠然と考えるよりは、メリットも一緒に考えていた方が「転職しようかな」という気にもなります。

特に、転職の際はメリット・デメリットをよく考えておく事は重要です。

そして、忙しくない仕事にはメリットが多いものです。

早速見ていきましょう。

プライベートの時間が作れる

忙しいと、どうしても平日は家と会社の往復、休日は出かける元気もなくて寝てばかり、という風になりがちな方もいるかと思います。

しかし、残業がなかったりするような忙しくない仕事をすれば、会社の後に「ちょっと買い物に行ってみようかな」とか、休みの日でも「出掛けようかな」という気になれるんです。

自分のプライベートの時間を好きなように使えるというのは、最大のメリットかもしれません。

「アフター5」の自由度が増すという事で、仕事のある日でも何かもう一つ予定を入れられるわけです。

オンとオフの切り替えは、どんな仕事をしていく上でも必要ですから、オフの時間を作れる事は心身共に良い影響を与えてくれます。

資格取得の勉強が出来る

忙しくしていると、何か資格を取りたいと思っても、勉強をしたりする時間がそもそも取れませんよね。

しかし、プライベートの時間が増える事により、それも実現可能となります。

また、仕事に活かせるような資格であれば、就業中の暇な時間でも資格の勉強をしてもいいという会社もあります。

資格取得は、自分の成長にも繋がるのでとても良いプライベートの使い方ですよね。

社会人向けの資格取得となると、試験はやはり土日が多いので、試験を受ける事も出来るようになります。

習い事が出来る

趣味の習い事、仕事に活かせるような語学の習い事等、定時で帰れる会社なら、会社帰りに習い事やジムに行く事も可能です。

仕事以外の時間を自己啓発に充てられるという事ですね。

仕事もきちんとしながら、趣味の事等も学べるというのは大きいメリットですよ。

ジムに通ったりしてもいいですね。

実際、私が勤めている会社では、会社帰りに習い事に行っている人も多いです。

人間関係も広がり、情報の幅や量も大きくなります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

忙しくない仕事おすすめ5選

「メリットがある事は分かったけど、どういう仕事が忙しくないの?」という事になりますよね。

意外にも忙しくない仕事というのは様々な職種があります。

転職の際の選び方のポイントとして今回は5種類の職をご紹介します。

自分に合う仕事を見つけたいですね。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務職

女性にオススメなのは、事務職です。

もちろん、男性の事務職の募集もあります。

ピンキリという事もありますが、大体が残業はほとんどなく、要領さえ掴めれば自分のペースで仕事を進めていけます。

それから、ほとんどの仕事がルーチンワークである事もポイントの一つですね。

ただし、やはり女性には人気の職種なので、こまめな求人チェックが鍵となります。

事務職は倍率も高めで、人気の会社であれば、すぐに埋まってしまいます。

実際に事務職の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

清掃業

世間一般では、清掃業というと「掃除のおばさん」や「掃除のおじさん」と言った、ちょっと高齢の方向けと思われがちです。

しかし、実際はそうでもなく、ビルメンテナンスの一環としてなど、正社員としての仕事もあります。

ノルマはなく、一人で黙々と掃除をルーチンワークとして出来る仕事です。

元々掃除が好きな人にはうってつけかもしれません。

残業や休日出勤もほとんどの場合、ありません。

また、一人で作業する事が多いので「人と関わる仕事」が苦手な人にもオススメな職種です。

工場でのライン業

基本的にシフト制の仕事なので、残業はほとんど無いと言っていいでしょう。

また、残業があったとしても、長くなく、ちゃんと残業代も出る所が多いのが魅力です。

こちらも、決められた作業をルーチンワークで繰り返していくので、コツを掴めればひたすら作業をしているだけです。

自分の分担をひたすらこなしていくので、チームワークを求められる事もあまりありません。

ただし、扱っている物によっては流れ作業でチームワークが求められる場合もあります。

基本的には清掃業同様、「人と関わる仕事」や「顧客応対」が苦手な人もオススメです。

郊外のコンビニ

コンビニ激戦区や、駅前等のコンビニはやはり忙しいので、都市から離れた郊外のコンビニがオススメです。

深夜だと、客足は激減するので、テレビを見ながら事務室で待機している事も可能です。

バイトとしても、正社員としてもオススメの「忙しくない仕事」ですね。

シフト制なので、残業もほとんど無いでしょう。

ただ、あまりに売り上げが行かないと閉店となってしまう事もあるので、そこは多少注意が必要です。

警備員

警備員の良い所というと、採用条件が厳しくない所です。

会社にもよりますが、基本的には一人で決められた時間に決められた場所を警備するというのがメインですね。

立ち仕事ではありますが、よっぽどの事がない限り、忙しくはないでしょう。

特に夜中の警備は、人の出入りもほとんどなく、基本は暇な時間が多いです。

一人が好き、という方にはとても魅力的かもしれませんね。

実際に警備員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

忙しくない仕事をするデメリット

メリットも多い、忙しくない仕事ですが、当然メリットがあるならデメリットもあります。

「メリットばかりだ!」と飛びついてしまうと、「自分には合わなかった」となってしまってはもったいないですよね。

また、人によってはメリットになっても、違う人にはデメリットになってしまうという事もよくあります。

何かを選ぶ際には、やはりデメリットもきちんと把握しておく事も重要なポイントです。

時間が経つのが遅い

暇な時間が多いという事は、時間が経つのが遅いという事でもあります。

作業して、チラっと時計を見たら「まだ10分しか経ってない…」という事もよくあります。

そうなると一日がとても長く感じるはずです。

仕事中の暇な時間は自分の時間ではないために、できることやるべきことが無いままに長時間過ごすとなると本当に苦痛です。

それが耐えられないという人は、忙しくない仕事がもしかすると向かない可能性があります。

暇すぎて疲れる

「暇で疲れるなんて贅沢な!」と思う方も居るかもしれません。

しかし、一日暇過ぎると、逆に忙しかった時よりも疲れる事が多いです。

体力を持て余してしまう為、終わった時にどっと疲れが押し寄せてくる感覚ですね。

帰宅してから何もする気が起きなくなってしまう事だってあります。

「暇を潰すのが得意」という人には問題ないかもしれませんが。

やりがいが感じられない

基本的に忙しくない仕事というのは、ルーチンワークの単純作業です。

その為、仕事にやりがいを求めている人にとってみると、「退屈」と感じてしまう事もあります。

実際、淡々と作業をこなしているだけだと、やりがいはありません。

誰かに感謝される事も無いと言っても良いでしょう。

また、「自分は必要ないのではないか」という負の感情が生まれてしまう事もあり得ますね。

暇でも好きな事が出来るわけじゃない

勤める会社にもよりますが、基本的に仕事中、いくら暇だからと言っても読書やネット、ゲームなどができるわけではありません。

暇な時間が多いけど、自分の好きな事は出来ない。

おまけに暇すぎて雑用も終わってしまったとなると、ひたすら時間が過ぎるのを耐える事となります。

ここは、一番知っておいて欲しいポイントです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分に合った仕事を選ぶためにできることとは?

「結局のところ、どうしたら良いのか分からない」という方も居る事でしょう。

まずは、忙しくない仕事をしたいと思った時にはメリット、デメリットの他に、自分自身を知る事です。

そこから徐々に消去法で職種を考えていくと良いかもしれません。

自分自身を知って、自分に合った仕事を見つけたいですよね。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分の強みや弱みを知ること

自分を知るというのは、案外難しく、強みや弱みですら分からないという人も多いでしょう。

最近では、転職サイト等で「適職診断」や「自分の市場価格診断」といった、質問に答えていくと自分に合った職業を教えてくれるサービスがあります。

自分の性格や普段の行動等から結果が出て来るので、弱みや強みも一緒に教えてくれます。

そうすると、客観的に自分を知る事が出来るんですね。

意外と、人間って自分の事を客観視するのって難しいですからね。

自分自身を知って、合う職業も分かれば、選びやすくなるのではないでしょうか。

自分の優先順位を明確にする

仕事をする上で、自分は何がどれだけ重要なのか知る事です。

「給料」なのか、「残業無し」なのか、「暇な時間が欲しい」なのか、人によって、様々な譲れない条件というのはありますよね。

「残業無しを優先するから、給料は多少下がってもいい」という人も居れば、「残業は多少してもいいから、給料は高い所が良い」等。

優先順位が明確になるだけでも、仕事はぐっと選びやすくなります。

転職サイトでも、「こだわり条件」等で情報の絞り込みも出来ますしね。

診断で得た情報と照らし合わせれば、かなり絞られてくるでしょう。

転職エージェントに相談する

現在では、大手転職サイトでは必ずと言っていい程、転職エージェントのサービスがあります。

自分一人では分からない事も、転職のプロである転職エージェントに相談したら上手く行った、という事もあります。

自分の希望も出しつつ、自分に合った仕事を紹介してくれるので、一人で考え込むよりかは良い結果になりやすいでしょう。

また、企業との仲介をしてくれる事がほとんどなので、自分で面接日程を企業と調整する等の作業をしなくて済みます。

他にも履歴書対策や、面接対策をしてくれるエージェントもありますね。

相談は基本無料という所が多いので、相談だけでもまずはしてみても良いかもしれません。

まとめ

忙しくない仕事について、情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

デメリットももちろんありますが、メリットが多い忙しくない仕事。

まずは自分自身を知って、自分に合った忙しくない仕事を選んでみましょう。

考える事は無駄にはなりません。

考えているうちに、もしかすると「今のままでもいいか」という結論になるかもしれません。

それでも、自分で選んだ道なら、きっと良い結果に繋がるはずですよ。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご