毎日忙しくて、プライベートな時間も取れず、休みは寝てばかり。

忙しいという字は「心を亡くす」と書くように、仕事が忙しすぎると心身共に疲れてしまいますよね。

転職を考えようにも、転職先がまた同じような状況では意味がない。

でも、どんな仕事が忙しくないのかもよく分からない。

そんな方に今回は、忙しくない仕事とはどういう物なのか、メリットやオススメを含めて紹介します。

忙しくない仕事とは?

一口に「忙しくない仕事」と言っても、何を基準とするかが不透明だと分かりづらいですよね。

転職する際にも漠然としていて、探しづらいと思います。

そもそも、人によっても「忙しくない」の基準は違ったりしますからね。

一般的に言われる事になりますが、まずは「忙しくない仕事」の基準を見ていきましょう。

ノルマが無い

会社でのノルマが決められていて、毎月達成しなければならないとなると、やはり忙しくなりますよね。

ノルマというのは、心身共に疲れてしまう要因かと思います。

ノルマ達成をしないと、上司に怒られるという会社も少なからず存在しますしね。

そのノルマがないだけで、かなり忙しさは軽減されると思います。

営業職でも、ノルマがない会社というのは実際にあったりしますからね。

比較的暇な時間が多い

1日の仕事の中でも半分以上暇な時間があるというように、暇な時間が多い仕事は「忙しくない仕事」ですよね。

現在、仕事をしている中で「暇な時間なんかほとんどない」という方には、夢のような話かもしれません。

しかし、実際にそういう会社も存在はしています。

私が現在勤めている企業も、年に数回忙しい日はありますが、ほとんどの場合、暇な時間が多いです。

暇が続くと逆に辛くなりますが、やはりある程度の「暇な時間」というのは必要ですよね。

残業がない

最近は「残業は少なめ」という企業も多くなってきています。

ただし、それでも根強く残業しなければならない空気が残っている会社が多いのも事実です。

また、残業をするなと上層部が言っても、結局仕事が終わらず家に持ち帰ってのサービス残業というのもよく聞く話ですね。

「忙しい仕事」というのは、やはり残業や仕事量が多い所に原因はあります。

転職先を選ぶならば、「残業が少ない」もしくは「残業なし」という所がベストですよね。

忙しくない仕事をするメリット

では、忙しくない仕事をする事で、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ただ漠然と考えるよりは、メリットも一緒に考えていた方が「転職しようかな」という気にもなります。

特に、転職の際はメリット・デメリットをよく考えておく事は重要です。

そして、忙しくない仕事にはメリットが多いものです。

早速見ていきましょう。

プライベートの時間が作れる

忙しいと、どうしても平日は家と会社の往復、休日は出かける元気もなくて寝てばかり、という風になりがちな方もいるかと思います。

しかし、残業がなかったりするような忙しくない仕事をすれば、会社の後に「ちょっと買い物に行ってみようかな」とか、休みの日でも「出掛けようかな」という気になれるんです。

自分のプライベートの時間を好きなように使えるというのは、最大のメリットかもしれません。

「アフター5」の自由度が増すという事で、仕事のある日でも何かもう一つ予定を入れられるわけです。

オンとオフの切り替えは、どんな仕事をしていく上でも必要ですから、オフの時間を作れる事は心身共に良い影響を与えてくれます。

資格取得の勉強が出来る

忙しくしていると、何か資格を取りたいと思っても、勉強をしたりする時間がそもそも取れませんよね。

しかし、プライベートの時間が増える事により、それも実現可能となります。

また、仕事に活かせるような資格であれば、就業中の暇な時間でも資格の勉強をしてもいいという会社もあります。

資格取得は、自分の成長にも繋がるのでとても良いプライベートの使い方ですよね。

社会人向けの資格取得となると、試験はやはり土日が多いので、試験を受ける事も出来るようになります。

習い事が出来る

趣味の習い事、仕事に活かせるような語学の習い事等、定時で帰れる会社なら、会社帰りに習い事やジムに行く事も可能です。

仕事以外の時間を自己啓発に充てられるという事ですね。

仕事もきちんとしながら、趣味の事等も学べるというのは大きいメリットですよ。

ジムに通ったりしてもいいですね。

実際、私が勤めている会社では、会社帰りに習い事に行っている人も多いです。

人間関係も広がり、情報の幅や量も大きくなります。

忙しくない仕事おすすめ5選

「メリットがある事は分かったけど、どういう仕事が忙しくないの?」という事になりますよね。

意外にも忙しくない仕事というのは様々な職種があります。

転職の際の選び方のポイントとして今回は5種類の職をご紹介します。

自分に合う仕事を見つけたいですね。

事務職

女性にオススメなのは、事務職です。

もちろん、男性の事務職の募集もあります。

ピンキリという事もありますが、大体が残業はほとんどなく、要領さえ掴めれば自分のペースで仕事を進めていけます。

それから、ほとんどの仕事がルーチンワークである事もポイントの一つですね。

ただし、やはり女性には人気の職種なので、こまめな求人チェックが鍵となります。

事務職は倍率も高めで、人気の会社であれば、すぐに埋まってしまいます。

実際に事務職の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

清掃業

世間一般では、清掃業というと「掃除のおばさん」や「掃除のおじさん」と言った、ちょっと高齢の方向けと思われがちです。

しかし、実際はそうでもなく、ビルメンテナンスの一環としてなど、正社員としての仕事もあります。

ノルマはなく、一人で黙々と掃除をルーチンワークとして出来る仕事です。

元々掃除が好きな人にはうってつけかもしれません。

残業や休日出勤もほとんどの場合、ありません。

また、一人で作業する事が多いので「人と関わる仕事」が苦手な人にもオススメな職種です。

工場でのライン業

基本的にシフト制の仕事なので、残業はほとんど無いと言っていいでしょう。

また、残業があったとしても、長くなく、ちゃんと残業代も出る所が多いのが魅力です。

こちらも、決められた作業をルーチンワークで繰り返していくので、コツを掴めればひたすら作業をしているだけです。

自分の分担をひたすらこなしていくので、チームワークを求められる事もあまりありません。

ただし、扱っている物によっては流れ作業でチームワークが求められる場合もあります。

基本的には清掃業同様、「人と関わる仕事」や「顧客応対」が苦手な人もオススメです。

郊外のコンビニ

コンビニ激戦区や、駅前等のコンビニはやはり忙しいので、都市から離れた郊外のコンビニがオススメです。

深夜だと、客足は激減するので、テレビを見ながら事務室で待機している事も可能です。

バイトとしても、正社員としてもオススメの「忙しくない仕事」ですね。

シフト制なので、残業もほとんど無いでしょう。

ただ、あまりに売り上げが行かないと閉店となってしまう事もあるので、そこは多少注意が必要です。

警備員

警備員の良い所というと、採用条件が厳しくない所です。

会社にもよりますが、基本的には一人で決められた時間に決められた場所を警備するというのがメインですね。

立ち仕事ではありますが、よっぽどの事がない限り、忙しくはないでしょう。

特に夜中の警備は、人の出入りもほとんどなく、基本は暇な時間が多いです。

一人が好き、という方にはとても魅力的かもしれませんね。

実際に警備員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

忙しくない仕事をするデメリット

メリットも多い、忙しくない仕事ですが、当然メリットがあるならデメリットもあります。

「メリットばかりだ!」と飛びついてしまうと、「自分には合わなかった」となってしまってはもったいないですよね。

また、人によってはメリットになっても、違う人にはデメリットになってしまうという事もよくあります。

何かを選ぶ際には、やはりデメリットもきちんと把握しておく事も重要なポイントです。

時間が経つのが遅い

暇な時間が多いという事は、時間が経つのが遅いという事でもあります。

作業して、チラっと時計を見たら「まだ10分しか経ってない…」という事もよくあります。

そうなると一日がとても長く感じるはずです。

仕事中の暇な時間は自分の時間ではないために、できることやるべきことが無いままに長時間過ごすとなると本当に苦痛です。

それが耐えられないという人は、忙しくない仕事がもしかすると向かない可能性があります。

暇すぎて疲れる

「暇で疲れるなんて贅沢な!」と思う方も居るかもしれません。

しかし、一日暇過ぎると、逆に忙しかった時よりも疲れる事が多いです。

体力を持て余してしまう為、終わった時にどっと疲れが押し寄せてくる感覚ですね。

帰宅してから何もする気が起きなくなってしまう事だってあります。

「暇を潰すのが得意」という人には問題ないかもしれませんが。

やりがいが感じられない

基本的に忙しくない仕事というのは、ルーチンワークの単純作業です。

その為、仕事にやりがいを求めている人にとってみると、「退屈」と感じてしまう事もあります。

実際、淡々と作業をこなしているだけだと、やりがいはありません。

誰かに感謝される事も無いと言っても良いでしょう。

また、「自分は必要ないのではないか」という負の感情が生まれてしまう事もあり得ますね。

暇でも好きな事が出来るわけじゃない

勤める会社にもよりますが、基本的に仕事中、いくら暇だからと言っても読書やネット、ゲームなどができるわけではありません。

暇な時間が多いけど、自分の好きな事は出来ない。

おまけに暇すぎて雑用も終わってしまったとなると、ひたすら時間が過ぎるのを耐える事となります。

ここは、一番知っておいて欲しいポイントです。

自分に合った仕事を選ぶためにできることとは?

「結局のところ、どうしたら良いのか分からない」という方も居る事でしょう。

まずは、忙しくない仕事をしたいと思った時にはメリット、デメリットの他に、自分自身を知る事です。

そこから徐々に消去法で職種を考えていくと良いかもしれません。

自分自身を知って、自分に合った仕事を見つけたいですよね。

自分の強みや弱みを知ること

自分を知るというのは、案外難しく、強みや弱みですら分からないという人も多いでしょう。

最近では、転職サイト等で「適職診断」や「自分の市場価格診断」といった、質問に答えていくと自分に合った職業を教えてくれるサービスがあります。

自分の性格や普段の行動等から結果が出て来るので、弱みや強みも一緒に教えてくれます。

そうすると、客観的に自分を知る事が出来るんですね。

意外と、人間って自分の事を客観視するのって難しいですからね。

自分自身を知って、合う職業も分かれば、選びやすくなるのではないでしょうか。

自分の優先順位を明確にする

仕事をする上で、自分は何がどれだけ重要なのか知る事です。

「給料」なのか、「残業無し」なのか、「暇な時間が欲しい」なのか、人によって、様々な譲れない条件というのはありますよね。

「残業無しを優先するから、給料は多少下がってもいい」という人も居れば、「残業は多少してもいいから、給料は高い所が良い」等。

優先順位が明確になるだけでも、仕事はぐっと選びやすくなります。

転職サイトでも、「こだわり条件」等で情報の絞り込みも出来ますしね。

診断で得た情報と照らし合わせれば、かなり絞られてくるでしょう。

転職エージェントに相談する

現在では、大手転職サイトでは必ずと言っていい程、転職エージェントのサービスがあります。

自分一人では分からない事も、転職のプロである転職エージェントに相談したら上手く行った、という事もあります。

自分の希望も出しつつ、自分に合った仕事を紹介してくれるので、一人で考え込むよりかは良い結果になりやすいでしょう。

また、企業との仲介をしてくれる事がほとんどなので、自分で面接日程を企業と調整する等の作業をしなくて済みます。

他にも履歴書対策や、面接対策をしてくれるエージェントもありますね。

相談は基本無料という所が多いので、相談だけでもまずはしてみても良いかもしれません。

まとめ

忙しくない仕事について、情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

デメリットももちろんありますが、メリットが多い忙しくない仕事。

まずは自分自身を知って、自分に合った忙しくない仕事を選んでみましょう。

考える事は無駄にはなりません。

考えているうちに、もしかすると「今のままでもいいか」という結論になるかもしれません。

それでも、自分で選んだ道なら、きっと良い結果に繋がるはずですよ。


関連キーワード

仕事