コミュ障という言葉をみなさんは聞いたことがあると思います。

コミュ障というのは一言で表すなら話が下手な人、苦手な人や人付き合いが苦手な人のことを言います。

ただ、最近はコミュ障とコミュニケーション障害は違うという主張も出てきました。

それは、コミュ障は、単純に人とのコミュニケーションが苦手な人に対して、コミュニケーション障害は脳の発達が他に人に比べて未熟で上手く他人とコミュニケーションができない一種の病気と主張している人もいます。

実際にはどちらも人とのコミュニケーションが得意ではない人のことを言います。

ただ、コミュニケーションが苦手でも生きていく上でお金を得ないと衣食住は買えません。

そのため、克服したいけど、できないともがいている人も少なくないはずです。

今回は、コミュ障とコミュ障であっても始めやすい仕事や続けやすい仕事を紹介していきます。

コミュ障でもできる仕事にはどんなものがある?

コミュ障は、コミュニケーションをとることが苦手な人をさします。

つまり、コミュ障を克服するにあたり人とコミュニケーションをとるようにすることがカギになりますが、苦手なコミュニケーションをいきなりスムーズにやってみようと思ってもなかなか簡単にはいきません。

人によっては汗が止まらなかったり、人によっては手が震えたり、克服することが難しいように思えるような症状の人もいます。

そのため、コミュ障を克服するにあたり、コミュ障であったも仕事をするためにはまず人とあまりコミュニケーションを取らなくてもできる仕事から始めてみるといいかもしれません。

もう少し詳しくどういう仕事がコミュ障でもやりやすい仕事か始めやすい仕事かについて紹介していきます。

コミュ障でもやりやすい仕事おすすめランキング12選

コミュ障でもやりやすい仕事にはどんなものがあるか気になります。

また、あまり周りとコミュニケーションを取らずにできる仕事もどういうものがあるか気になる人も多いかと思います。

実際の問題として完全に人とコミュニケーションを断ち切る仕事は難しいですし、多少なりとも何かしらのコミュニケーションは発生してしまいます。

そのため、ここでは極力人と接することなく仕事ができる職種もしくはコミュニケーションが少なくて済む仕事について紹介していきます。

参考にして下さい。

1.プログラマー

プログラマーは、学歴というよりはプログラミングについての知識があるかどうかによります。

会社によっては大学卒業であったり、IT関連の専門学校を卒業していたら就職が優位というところはあります。

プログラマーは、プロジェクトベースで仕事をこなすこともあり、新商品の開発プロジェクトの担当になると朝から晩まで徹夜をしながら集中してプログラミングを組み立てなければなりません。

ただ、プログラミングの仕事は、正社員の勤務形態だけでなく、独立してフリーランスとして働くことも可能ですし、プログラミングの知識があれば会社に勤めず、最初からフリーランスのプログラマーとして働くことも可能です。

その仕事内容とは?

プログラマーの仕事は、システムやソフトのプログラミングになります。

プログラミング言語を用いて専用ソフトの上に言語を入力し、システムやソフトを開発していきます。

所属する会社や部署によっては、既存のソフトやシステムのバグを改善を担当したり、アップデートを担当したりと細かな作業をすることもあります。

おすすめする理由とは?

プログラマーは基本的にパソコンとにらめっこでコードを書き上げたり修正したりしていきます。

そのため、人と話すよりはパソコンに集中して作業していることが多く、コミュ障であっても始めやすい仕事になります。

特別な資格も必要としていませんし、どうしても学歴が必要という仕事でもありません。

会社に入るのが嫌だと思うのなら業務委託で募集している会社から仕事をもらえば自宅勤務で他の人とコミュニケーションを図ることなく仕事ができます。

2.陶芸家

陶芸家は、学歴や特別な資格を必要としていませんが、個性的な美的感覚やひらめき、インスピレーションが作品を作る上で必要なことがあります。

また、作品を作り上げるためには妥協せず、納得のいく作品を作らなければならないため、作業期間が1日や2日で終わることはなく、3ヶ月や6ヶ月、長ければ1年など製作に時間を要することがあります。

その反面、仕事は、全て自分の腕次第のため、自分のペースで仕事をすることが可能ですし、自分の好きな作品を追及することも可能です。

その仕事内容とは?

陶芸家の仕事は、陶芸作品を作ることです。

作った作品は、作るだけではお金になりませんので陶芸活動の合間合間で作品の展示会やデパートなどに売り込みを行い、商品価値を高めたり、実際に商品を売っていかなければなりません。

有名陶芸家になるとアシスタントに売り込みなどを委託することは可能ですが、一人で始めて一人で作品を制作する場合は、売り込みであったり、展示会での説明であったりは陶芸家自身の仕事として対応しなければなりません。

おすすめする理由とは?

陶芸家になるために狭き門ではありますが、陶芸家になれば人とコミュニケーションをとることはあまりなく作品作りに没頭することができます。

展示会などのイベントを開催したり、招待されたりした時以外は基本的に工房に籠って自分の好きな作品作りができるため、コミュ障の人でも安心して働くことができる仕事の一つといえます。

ただ、コミュ障を克服したい人にはあまりおすすめは出来ない可能性もあります。

それは陶芸家なので作品作りに集中しなくてはいけないのと作品作りで誰かとコミュニケーションを取りながら仕事をすすめることはないため、完全に孤立して仕事はできますが人と話す機会はぐっと減ってしまう可能性があります。

3.警備員

警備員は、高校や短大、大学などを卒業後、警備会社に勤めるところから始まります。

警備員というと何か武道を経験していないといけないように思われますが、護身などのトレーニングや訓練は警備会社に入社後に研修するケースもありますので必ずしも武道を経験していなくても大丈夫です。

また、仕事内容は複雑でないため、未経験者であっても始めやすい仕事になっています。

勤務形態も様々で正社員、契約社員や派遣社員、アルバイトなどがあります。

その仕事内容とは?

警備員の仕事は、企業や工場の入り口で不審者の侵入を防ぐべく警備に従事したり、重要人物、著名人や有名人の警備を担当したり、現金などの貴重品などの輸送時に輸送トラックを警備したりすることが主な仕事です。

最近は、企業や工場で警備を担当する場合、警備会社に企業や工場の受付業務を委託するところも増えてきているため、警備員が警備兼受付をすることもあります。

おすすめする理由とは?

警備員の仕事は、基本的にコミュニケーションはあまり必要ありません。

企業や工場の受付で守衛として働く場合は、業務委託で警備員が受付を担当したり、訪問者を取りつないだりしますが、施設の見回りや現金などの輸送車を担当する警備員は人とコミュニケーションをあまりせずに仕事をすることができるため、コミュ障の人でも始めやすい仕事の一つといえます。

4. 倉庫作業員

倉庫作業員は、ロジスティクス会社や倉庫管理会社に勤めることでキャリアがスタートします。

倉庫作業員は、学歴よりは体力が求められる仕事のため、肉体労働が中心になります。

大きな倉庫の場合は、フォークリフトを運転することもあるため、フォークリフトの免許を取得する必要があります。

その仕事内容とは?

倉庫作業員の仕事は、倉庫管理をすることです。

例えば、Amazonの倉庫は、オンラインを介して受注した注文を注文書に沿って箱詰めします。

他には、医療に特化した倉庫会社の場合は、手術で使ったメスなどの道具を洗浄し、薬品などで殺菌して真空パックに詰め直したり、精密機械などの倉庫作業員の場合は、営業などから依頼された注文書にしたがって商品を梱包したり、在庫チェックして足りないものがあれば担当部署へ報告して発注や廃止などの手配をしてもらいます。

おすすめする理由とは?

倉庫作業員は、一度作業が始まるとほ

とんど人とコミュニケーションを図ることなく仕事をすることができるため、コミュ障の人にとってはやりやすい仕事の一つになります。

倉庫作業員は、朝や昼、夜と会社によってはシフト制になっていたり、夜勤があったりしますが、基本的に出社時にブリーフィングに参加する時は上司であったり、同僚であったり、営業部などの他部署の人だったりとコミュニケーションをする可能性はありますが、メインの作業は肉体労働になりますのでコミュニケーションを必要としません。

5. 清掃員

清掃員は、ビル管理会社や派遣会社に登録することで働くことができます。

他には公務員としてゴミ収集車に乗車し、街のゴミを清掃する仕事もあります。

清掃場所は勤務する会社によってさまざまで企業やショッピングモールなどの施設内を掃除することもあれば、トイレの掃除をすることもありますし、遊園地などを掃除することもあります。

ビル管理会社によっては高層ビルのガラス吹きの清掃員のケースもあります。

その仕事内容とは?

清掃員の仕事は、基本的には掃除をすることです。

掃除をする場所は務める会社が受注したり、担当したりしているエリアや施設によって異なりますが、企業やショッピングモールなどの施設内を掃除したり、施設のトイレ内だけを清掃したり、遊園地などを掃除することもあります。

市町村の公務員として公共トイレの掃除を担当するケースもあります。

おすすめする理由とは?

清掃員は、出社から退社まであまり人と話すことなく決められたエリアを決められた時間で掃除して巡回するため、コミュニケーションが苦手な人でも始めやすく続けやすい仕事の一つです。

難点はトイレの掃除もあるため、匂いが苦手な人にはちょっと大変かもしれませんが、コミュニケーションは苦手だけど掃除は好きだというような人にはおすすめの仕事です。

清掃会社などによっては一人ではなく二人一組で仕事をすることもありますが、それでも基本的にはずっと掃除をしているので話しながら掃除をすることはあまりありません。

コミュニケーションが苦手な人でも掃除に没頭することができるのでおすすめの仕事の一つです。

実際に清掃員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

6. 工場作業員

工場作業員は、様々な勤務形態が用意されていて正社員だけでなく、契約や派遣社員、アルバイトやパートで働くことが可能です。

取り扱うものは当然ですが工場によって異なり、部品の組み立てや検品を行う工場もあれば、食品のパッキングしたり、弁当の具材を詰めたり、袋詰めをしたりと様々です。

もくもくと時間内に仕事をしていれば残業もなく、夜勤のある工場の仕事を選ぶと時給も良いところが多いため、学生に人気のアルバイト先の一つです。

その仕事内容とは?

工場作業員の仕事は、工場内で部品の組み立てや仕分け、食品を詰めたり、弁当の具材を詰めたりと務める工場によって異なってきます。

勤務時間は基本的にシフト制で朝8時から17時までのところもあれば、夕方6時から朝の5時までといった夜勤があるところもあります。

工場の仕事はシフトの交代制で工程表や作業表に沿って仕事をするため、基本的に残業はありません。

そのため、17時に仕事が終われば17時半には自由時間となります。

また、シフト制のため、平日に休みをとることができるのもメリットです。

おすすめする理由とは?

工場作業員の仕事は、コミュニケーションをあまり必要とせず、決められた持ち場で黙々と作業をこなす仕事が多いのでコミュニケーションが苦手な人やコミュ障の人でも始めやすく続けやすい仕事の一つです。

勤務する工場によっては、朝・昼・夜とシフト制になっていて夜勤の場合は夜中から明け方の勤務になるため、体力を必要としますが、それでもライン作業や組み立て作業など集中できる作業がほとんどなので人と話すことなく作業に集中して仕事ができます。

7. 建設作業員

建設作業員は、体力が必要になります。

建設作業員は、建設現場での力仕事がメインになり、学歴や資格よりは体力がまず必要になります。

朝8時や9時から仕事を始め、17時くらいには終わるところがほとんどですが、建設会社によっては夜中の作業を受注するところもあるため、夜通し作業することもあります。

また、建設現場で使う重機を動かすには資格が必要になるため、建設作業員として重機も使いたい場合は別途免許を取得しなければなりません。

ただ、最近は多くの建設会社で重機の免許を持っていることで時給や給料に資格手当がつくところもありますし、建設会社によっては従業員に取得を義務付けているところもあります。

勤務形態は様々で正社員としても働けますし、派遣や契約社員、アルバイトとしても働くことができます。

その仕事内容とは?

建設作業員の仕事は建設現場の作業になります。

資材を運んだり、積み上げたり、組み立てたり、片づけたりと力仕事がメインになります。

建設現場で使う重機の免許があれば重機を使って作業することもあります。

基本的には朝8時から夕方17時までの勤務形態が多いですが、受け持つ現場によっては夜通し作業をすることもあるため、昼夜が逆転してしまうこともあります。

おすすめする理由とは?

建設作業員の仕事は、基本的に肉体労働なのでコミュニケーションを必要としていません。

現場監督や親方などの指示に従って作業をしていくことが多いため、コミュニケーションを図るというよりは指示通りに動くことになります。

現場によっては周りの先輩や同僚と連携を図ることが大切になりますが、コミュニケーションよりは実際に体を動かして作業するのがメインの為、コミュニケーションが苦手な人やコミュ障の人にも始めやすく続けやすい仕事ではあります。

8. イラストレーター

イラストレーターは、一般的に美術や芸術系の大学や専門学校で基本的なスキルや知識を学び、デザイン事務所、広告制作会社や広報部またはゲーム会社やアニメーション制作会社に就職します。

ただし、基本的なスキルや画力を伸ばすために美術や芸術系の大学または専門学校へ進学するケースが多いですが、イラストレーターになるための特別な資格や学歴は必要ありませんので広告制作会社や広告部などにイラストレーターとして採用されれば未経験でイラストレーターとしてキャリアをスタートすることは可能です。

また、イラストレーターは、ある程度経験を積んでから独立する人も多く、将来的にはフリーランスとして活動する人もいます。

その仕事内容とは?

イラストレーターの仕事は、クライアントの依頼や会社員のイラストレーターの場合は社内の営業部などからの依頼に応じてイラストを描くことです。

以前は画用紙などにイラストを描いて提出することが多かったのですが、最近はパソコンのソフトを使ってデジタルにイラスト作品を仕上げて提出するケースが多くなりました。

イラストレーターのクライアントは様々で広告代理店や雑誌、パンフレットなどの製作会社がほとんどです。

依頼を受けるクライアントによっては分野などが異なるため、相手のニーズに対応できるように様々なイラストが描ける画力があるとクライアントと信頼関係を築きやすくなります。

おすすめする理由とは?

イラストレーターの仕事はイラストの才能が必要にはなりますが、基本的には社内外で依頼されたイラストをイメージ通りに仕上げることが仕事のため、人とのコミュニケーションは多くありません。

そのため、コミュニケーションは苦手だけど絵は得意な人にとってはおすすめの仕事です。

また、イラストレーターはフリーランスとして独立することも可能ですし、最初からフリーランスとして働くこともできる仕事の為、クライアントと信頼関係を作るまではある程度コミュニケーションをしないといけませんが、仕事自体はイラストに集中するため、コミュ障の人でも続けやすい仕事の一つではあります。

9. Webライター

Webライターは学歴を問われることはあまりなく、フリーランスとしても活動できるため、メインの仕事で生計を立てている人や副業として活動する人が多い仕事です。

一般的には出版社や新聞社などで務めて文章力を磨いたり、ライターとしての経験を積んでからフリーランスになることが多いですが、昨今は業務委託でWebライターの仕事を募集している求人サイトが増えたため、いきなりWebライターとして活動することも可能になりました。

そのため、未経験者でも始めやすい仕事となります。

ただ、ある程度の収入を得るためには経験や実績、ライターとしてのスキルが必要になるため、Webライターとして稼げるかどうかは本人次第になります。

その仕事内容とは?

Webライターの仕事は、クライアントから依頼された記事を書いて提出することです。

そのため、クライアントの依頼によって様々な分野の記事を執筆しなければならないため、幅広い知識や何かの分野に特化した知識があると活かすことができます。

また、クライアントの意向に沿った文章が望まれるため、当然ですが自分の思うままに記事を書くことはできません。

あくまでもクライアントの理想や希望の記事を書き上げなければなりません。

Webライターの中には自身のブログを並行して更新していたり、他の仕事と兼業したりする人もいます。

仕事としてはフレキシブルでマイペースにできるためメインでも副業でもこなせる仕事です。

おすすめする理由とは?

Webライターは企業に所属して働くこともできますし、フリーランスとしても働くことができます。

また、メインの仕事は記事を書くことなので人とのコミュニケーションは他の仕事と比べると少なく、フリーランスの場合は、クライアントと信頼関係を築いて安定的に仕事をもらえるようになると電話などで話すこともなく、メールでのやりとりが多くなるため、コミュニケーションが苦手な人やコミュ障の人にとって始めやすく続けやすい仕事といえます。

文章を作り上げることが好きな人でコミュニケーションが苦手という人には最適の仕事ともいえます。

10. 自動車・航空整備士

自動車整備士や航空整備士になるためには、いくつかのルートがあります。

まず、自動車整備士になるためには高校卒業後、自動車整備士養成施設や専門学校、短大に入学し、自動車整備士技能検定に合格してから整備工場やカー用品店などへ就職するか自動車整備士技能検定を取得後、学生のまま整備工場やカー用品店などで見習いとして働きながら卒業と同時に正社員に昇格するか未経験で整備工場やカー用品店に入社し、見習いとして働きながら資格取得を目指す方法があります。

航空整備士の場合は、「二等航空整備士」や「二等航空運航整備士」の国家資格を取得し、航空整備会社や航空会社へ就職するのが一般的です。

その仕事内容とは?

自動車整備士や航空整備士の仕事は、自動車や飛行機が安全に動くように整備や点検、修理などをすることです。

自動車整備士の場合はトラブル発生時に故障個所や不具合の箇所を見つけ、修理したり、タイヤの履き替えやエンジン関連の点検などをします。

航空整備士の場合は、航空機が安全に運航できるようにフライト前のライン整備やドック整備などを行い、航空機の故障個所や欠陥、不具合などのチェックを入念に行います。

おすすめする理由とは?

整備士は車や飛行機など様々な乗り物業界になくてはならない存在ですが、意外とコミュニケーションが多い仕事というわけではありません。

基本的には車や飛行機などの整備がメインの仕事のため、人と話しながら作業をすることはなく、ほとんどの場合は一人が一つの持ち場について作業をするため、コミュニケーションが苦手だったり、口下手だったりする人にはやりやすい仕事です。

整備士としての知識・スキルと資格を取得しておけば就職に有利ですし、航空業界の場合は整備士不足のところもあるため、就職もしやすく、給料の条件もいいところがあります。

11. 長距離トラックドライバー

長距離トラックドライバーは、中型自動車運転免許を保持することで誰でもなることができます。

長距離トラックドライバーは学歴というよりはトラック運転するための資格と積み荷場所や荷下ろし場所に到着して荷物を積み下ろしするためにトラックを最適の場所へ駐車しなければいけないため、トラックの運転技術が必要になります。

今まではトラックドライバーというと長距離や中近距離関係なく、男性の仕事のイメージが強かったのですが、最近では女性の活躍も増えてきている職種の一つです。

その仕事内容とは?

長距離トラックドライバーの仕事は、トラックを運転して荷物を目的地まで安全に届けることです。

ただ、長距離と名前がつくように運転する距離はかなり長く、例えば、東京から福岡や大阪から仙台など夜に出て一晩かけて運転するケースがほとんどです。

長距離トラックドライバーは一度トラックを動かして道路に出ると目的地へ指定時間までに到着すればいいのでどのタイミングで仮眠をとるか、どこで休憩をとるかは自分で管理することになります。

そのため、マイペースで自分の好きなように仕事ができますので運転が好きな人や自分のペースで仕事をしたい人には最適です。

おすすめする理由とは?

長距離トラックドライバーはほとんどコミュニケーションなしで仕事ができる職種の一つです。

長距離トラックドライバーはほとんどが夜通しでトラックを運転し続けるハードな仕事ではありますが、トラックに積み荷をしてから荷下ろしをするまで人と話すことだけでなく、人と接することもあまりありません。

そのため口下手であったり、コミュニケーションが苦手だったりする人には始めやすい仕事といえます。

中型自動車運転免許などの普通自動車運転免許とは違う特殊な免許を取得する必要はありますが、昨今のドライバー不足もあり、給料は高い傾向にあります。

そのため、コミュニケーションは苦手だけどお金は稼ぎたいと思う人には特におすすめです。

12. 調理スタッフ

調理スタッフは、カフェや飲食関係の店舗で勤務することでキャリアがスタートします。

一般的には調理師学校や製菓学校を出て飲食店へ就職することが多いですが、有名料理店を除くとチェーン店などは短大や大学を卒業してから料理に対してまったく知識のない未経験状態で始める人も少なくありません。

そのため、未経験者でも始めやすい仕事になります。

また、調理スタッフになるためには調理師免許などの資格が必要と思われがちですが、実は、調理師免許はあれば就職に有利というだけで必ずしも持っていなければ調理師になれないというわけではありません。

ただし、将来的に独立して自分の店舗を構えたい人は、食品衛生責任者の資格は必要になります。

その仕事内容とは?

調理スタッフの仕事は、料理を作ってお客様に提供することです。

飲食店によってはイタリアンに特化していたり、フレンチに特化していたり、日本料理だったりと様々ですが、基本的には料理を作ってお客様に提供することがメインの仕事になります。

ただ、調理スタッフの仕事はそれだけではありません。

厨房の衛星を保ったり、食材管理をしたり、食材の在庫管理をしたりするのも調理スタッフの仕事になります。

そのため、仕事の終わった後の厨房の清掃やまな板、布巾などの漂白、食材の賞味期限チェックや食材の在庫チェックも行います。

食材の発注をお店によっては調理スタッフが担当することもあります。

おすすめする理由とは?

意外とコミュニケーションをあまり必要とせず働ける仕事の一つが調理スタッフです。

カフェやレストランなどでしゃべりながら仕事をしているイメージがあるかもしれませんが、調理スタッフはしゃべりながら仕事をすることで作業が遅くなってしまったり、異物混入に気づかなかったりしてしまうとあとあと大変なことになってしまうため、作業中は基本的に話をせず黙々と作業をこなします。

そのため、コミュニケーションが苦手な人や口下手な人でも働きやすい環境なのでおすすめの仕事の一つです。

まとめ

コミュニケーションが苦手な人やコミュ障の人は、克服したいとか治したいと思う人が多いですが、すぐに改善したり、人とコミュニケーションが円滑に図れることはありません。

そのため、意識をして改善に取り組まないといけないので時間が必要になります。

ただ、治らない、克服できないものではないため、少しずつ少しずつステップアップしていけば大丈夫かと思います。

もちろん、その間でも仕事はしないと生きていくためのお金を稼げませんので今回紹介したおすすめの仕事を参考にコミュニケーションが少ない仕事から始めてみてはいかがでしょうか?

今回はコミュ障の人におすすめの仕事を紹介しました。

コミュ障の克服の仕方やコミュ障でもできる仕事を他にも知りたい場合は自身でも調べてみて下さい。


関連キーワード

仕事